« 記憶の宣言 | トップページ | 遂にきたか… »

2016年4月12日 (火)

先人に学べ

広島行かねーかなー。






うーん、話す事がないね。
こういう時って、話の引き出し沢山持ってる人良いなぁって思うよ。

規則的な毎日を送っている人でも、感度の高い人は色々なネタを拾っているんだろうけど、俺なんかはダメさね。
昔はもうちょっと感度高かったような気がするけど…まぁ、割と情報開示してたってのもあるから何とも言えませんな…。

今でもコンプライアンスや政治的な話題を避けつつ何かしら話が展開し続けられる筈なのだ…感度が高ければ。
何か、鈍ってないかな。
うーん……。


何かネタを拾っても忘れるってのもあるな。




ところで、某所にあった、「説明する時に詳細ばかり伝えて、全体像を伝えてない」という現象は良くある事だね。
社会に出ても良くある事だ。
俺は説明が苦手だから勿論、説明を受ける側になっても感じる事が多い。
俺もそうだけど、こういう事が苦手な人って多いんじゃなかろうか。
これって、そういった能力を使わなくて良い環境にいた人とかが多いんじゃないかな?


この現象、良く人に説明する時やプレゼンをする時に「結論先出し」というのがあるけど、それに近しいものがあると思う。
「結論先出し」って意外と、めっちゃ意識してないとできない事じゃないかな。

両者は似て非なるものだけれど、共通しているのは「まず、大枠を掴んでもらう事」。
そうすれば、話し手も話しやすいし、聴き手も聴きやすくなる。

わかっちゃいるんだけど、難しい。
これは話し手がまず試されているからだと思う。
瞬時に「分かる力」と「纏める力」が必要だから。
ここで何を伝えるか、ある程度再構成されてないと伝わらないよね。

その辺が弱いのは…きっと、コミュニケーションスタイルによるのかもしれない。
ネットが発達したからとかじゃないんだろうけど、あぁ言えばこう返ってくるっていうような、割と「阿吽の呼吸」的なスタイルをしているんじゃないかなぁと。
現代的なスタイル…かもしれないけどね。
「皆まで言わなくても分かる」ってコミュニティの形成とかがあるから、そういう「全体像を先に言う」力が伸びないのかも。


因みに、「分かる力」は「理解力」と同義…かな。
理解って言葉がどうも好きになれなくてね…使いたくないんだ。






そうそう。
集まりに何かしら持って行こうと思っているけれど、それにしてもリードタイムが少なくて愕然としてる。
だって、もう半月しかないもん。

|

« 記憶の宣言 | トップページ | 遂にきたか… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 先人に学べ:

« 記憶の宣言 | トップページ | 遂にきたか… »