« 霞・春雨 | トップページ | 何度でも散る »

2016年4月17日 (日)

変則ストラテジー

さて、今回は状況が変わったので、いつもと違う感じでやってみようかと。
午後に起きてF1観て、それから例のイベント突入…というここ最近やってなかったロングスティント。

さて…それなりに寝たは寝たけれど、どうなるか様子を見てみよう。








F1中国GP決勝!!


予選Q2でヒュルケンベルグのタイヤが外れた事故について、アンセーフリリースとの裁定が下されました。
これにより、ヒュルケンベルグは3グリッド降格ペナルティ。
予選10番手だったので、13番手からのスタートとなります。

一方のハミルトンはピットレーンではなく、普通にスタートするみたいです。


スターティンググリッド。
ポールポジションはニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
2番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル
3番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
4番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
5番手からはバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ
6番手からはダニール・クビアト/レッドブル
7番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア
8番手からはカルロス・サインツJr./トロロッソ
9番手からはマックス・フェルスタッペン/トロロッソ
10番手からはフェリペ・マッサ/ウィリアムズ

11番手からはフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
12番手からはジェンソン・バトン/マクラーレン
13番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/フォースインディア
14番手からはロマン・グロージャン/ハース
15番手からはマーカス・エリクソン/ザウバー
16番手からはフェリペ・ナスル/ザウバー

17番手からはケビン・マグヌッセン/ルノー
18番手からはエステバン・グティエレス/ハース
19番手からはジョリオン・パーマー/ルノー
20番手からはリオ・ハリアント/マノー
21番手からはパスカル・ウェーレイン/マノー
22番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG


さて、決勝日。
晴れましたね…!
結構良い天気みたい。


ピットレーンを進むハミルトン…おっと、危ない。
トロロッソのクルー2人がピットレーン横断してきて、危うく跳ねかけた。
ハミルトンが避けたけど…危ない場面でした。


ロズベルグは勿論ソフトタイヤでスタート。
後方ではマッサ、アロンソ、グロージャン、エリクソン、ナスル、グティエレス、パーマー、ハリアント、ハミルトンがソフトタイヤスタートみたいですな。
後はスーパーソフトタイヤスタート…ミディアムタイヤを使う人はいませんか。
バトンがスーパーソフトでのスタート…どう絡んでくるかな。


ロズベルグがグリッドに斜めについてます。
度々見るこの光景、スタートダッシュ、狙ってますね…。

シグナルが…ブラックアウト!!
おっ、リチャルドが良いスタートだ!

1コーナー!
気合いが入っていたであろうロズベルグをかわしてトップに躍り出た!!
ロズベルグ、2位に後退!
ボッタス、膨らんだライコネンに影響されたのか、少しコースオフ!

ライコネン、接触してフロントウィングを失う!
ベッテルもダメージあり!
あっと、ハミルトンもフロントウィングがない!

ベッテルはレッドブル…クビアトにインに入り込まれてライコネンと接触。
サンドイッチにされていましたね。
ライコネンは接触した時にクビアトに当たってる感じ?
グロージャンがピットイン!
ハミルトンもピットに戻ってきました。


マッサ、順位を上げて現在7番手。
バトン、ボッタスと争っていますね。


ロズベルグ、DRSでリチャルドをパス、トップに!
…っと、リチャルド?!
左リアがバーストした!
ピットが近くて良かったね…ソフトタイヤにチェンジしました。


4周目、ヒュルケンベルグが4番手を走行。
フォースインディアは中々良いスタート。

ハミルトン、怒りのファステスト。


うん、確かにコース上に色々パーツが落ちてるっぽい…。

ここでセーフティカー!
クビアト、ベッテル、ペレス、ヒュルケンベルグ、バトン…スーパーソフト勢はかなり入ったようですね。
ベッテルはダメージを受けたノーズも交換だ。
タイヤはスーパーソフトなのね。
おっと、バトンはミディアムでコースへ!


スタートリプレイ。
ライコネンとベッテルの接触。
ベッテルのインに飛び込んできたクビアトをかわそうとしたら、膨らだライコネンが戻ってきて挟み込まれるような位置に。そして当たってしまったようだ。
ハミルトンは後退したフェラーリ…ベッテルかな?をかわそうとしたナスルと当たってフロントウィングが外れたのか。
ナスル、緊急回避する為に凄い動きしてて、それで当たっちゃったみたい。
グロージャンは若干コースオフした後、コースに復帰した所でエリクソンに当たってフロントウィング破損…と。


ハミルトン、ピットイン。
おっと、スーパーソフトか!
あ、1周してまたピットイン、今度はソフトタイヤに交換。
タイヤ交換の義務を果たし、後はソフトタイヤでプッシュでしょうか。
面白い戦略できたね。


セーフティカー後のピット大混雑をリプレイ。
ベッテルはピットレーンでヒュルケンベルグとトロロッソ…サインツJr.をかわして前に出たり。
フォースインディアはダブルピットストップするからか、ヒュルケンベルグはピットレーンでかなり速度を落としていた模様。
トロロッソやフォースインディアが出たり入ったりするから危なくて仕方ないねw
マクラーレン…バトンのオンボードだっただろうか。


9周目、セーフティカー入ります!
リスタート!

ロズベルグ、マッサ、アロンソ、ウェーレイン、クビアト、グティエレス、パーマー、ペレス…。
抜きやすいサーキットだからか、すぐにコロコロと順位が変わる!

ハミルトンは19番手か。
…あ、マグヌッセンをかわして18番手に上がった。

6番手争いが激しいな!
グティエレス、ペレス、ボッタス、ベッテルの4台。
そのすぐ後ろにバトン、サインツJr.、リチャルド、ハミルトンがいます。


13周目、むぅ…クビアトのペースが良いな。。
マッサがかわされて3番手に後退。

リチャルド対ハミルトンが行われています。
ベッテルはペレスをかわして5番手に浮上。


14周目、ベッテルがアロンソに近付いた。
うーん、流石にスーパーソフトでこられたんじゃ無理だね。

…ベッテルがなんか落とした?!
フロントウィング翼端板みたいだ。
大丈夫か?


17周目、ボッタスがアロンソをかわして6番手。
ここでアロンソがピットイン…おっ、ミディアムできた!


18周目、マッサがベッテルに近付かれてる…。
ん、ベッテルがピットイン。
こちらはソフトタイヤですな。
タイヤ交換時間は2.5秒。

…おっ、エリクソンはミディアムなん。
エリクソンのタイヤ選択忘れたけど、ミディアム2回履く作戦か?
彼はこの時点でタイヤレギュレーション満たしているしな。


19周目、リチャルドのオンボード。
なんかノーズにピラピラしたもんがついてる。


20周目、クビアトとマッサとリチャルドがピットイン。
レッドブルはダブルストップだね。
機微後がコースに。
バトン、クビアト、フェルスタッペン、ベッテルと混雑中である。
この辺の順位争いも激しいなぁ。

マッサはソフトソフトミディアムの作戦かな?
ミディアムは…バーレーンであんまり相性良くなかったから、心配。


21周目、ヒュルケンベルグに審議。
ピットレーンでの速度が遅かったから。

更に、ペレスにアンセーフリリースの審議。
ヒュルケンベルグが来るからって焦ってたのかな…フォースインディアのピット戦略ミスのような、そんなかんじ。


22周目、ヒュルケンベルグにレースタイムへの5秒加算ペナルティ。
勿体ないなぁ…。

至る所で混戦になっていて面白いなぁw
…ロズベルグは楽な展開だけどな!


24周目、エリクソン8番手…から9番手に後退。
頑張ってるけど、速いマシンにガンガン抜かれ始めてる。


25周目、マッサがペレスをかわして5番手に浮上。
前にミディアムのバトンがいますね。
そして、バトンをかわして4番手に。

ライコネン対ハミルトン。
豪華だけど、これ、10番手争いだ。


ヒュルケンベルグ無線「もうダメだから他の作戦で行こうよ…。」
ピットウォール「今考えてるよ!」
おこられた。


5番手争いはバトン、ペレス、ボッタス!
バトン、頑張ったけど後退しています。
ペース的に遅いミディアムタイヤなうえにちょっとキツくなってきたのでしょうか。

マクラーレン、ウィリアムズとのストレートガチ勝負。
最後近くまで張り合っていたけど、最後で前に出られましたね。
長谷川さんが言っているのはこういう事か…。


28周目、ちょっと早いけど…バトンがピットイン!
ミディアムで戻りました。


29周目、ペレスがピットイン!
タイヤ交換時間は2.6秒…フォースインディアも中々早いな!
色々起こってるヒュルケンベルグに比べればまだマシなペレス。


30周目、ハミルトン無線。
ピットウォール「全部出しきれよ!」
ハミルトン「やってるよ!!」
川井ちゃん…www


31周目、ハミルトンがピットイン!
ここでミディアムだ!
タイヤ交換するから「(タイヤから)全部出しきれよ!」って無線が出たのか?


32周目、マッサがピットイン!
やっぱりミディアムでしたか。
9番手でコースに復帰。
ペース的にはどうだろうか…。。


37周目、ベッテルがクビアトをかわして4番手に!
今日は因縁のある2人です。

フェルスタッペンにマッサが近付いてきた!
これは6番手争い。

…ん?
グティエレス、スーパーソフト履いてるのか?


39周目、フェルスタッペンはえぇなぁ…。
中々抜けない。
マッサ、ボッタス、ハミルトンが数珠繋ぎになってきた…。


40周目、マッサは5番手。
後ろのボッタスがこらえ切れてないな…ハミルトンがボッタスのインに飛び込んで、かわしています。
その後ろのリチャルドも速いな…。。
ストレートではボッタスに分があるけど、ストレートエンドのブレーキング勝負で抜いてった。


42周目、フェルスタッペンがファステスト。
クビアト無線、ピー入りました!
バックマーカーのパーマーにおこ?


43周目、うーん…マッサ厳しそうかな。。
ハミルトンとリチャルドにプッシュされています。

…っと、リチャルドがハミルトンをかわした。


44周目、やっぱきたか…
リチャルドにブレーキングでやられた!
マッサ、5番手に後退です。

後ろではライコネンがボッタスをかわしていました。
ボッタスも辛そうだな…。


クビアトのオンボードリプレイ。
パーマーをかわす時に抗議の手を挙げていました。


47周目、ハミルトンがマッサのインにきた…!
サイド・バイ・サイド!

…おぉ、マッサ、順位を守ったぞ!
踏ん張っています!


って、そうこうしてる内にライコネンがきた!
ヘアピン立ち上がりでハミルトンをかわしますか、そうですか。

スーパーソフトのバトンがファステスト。


マッサ対ハミルトンのリプレイ。
マッサ防御でマッサパパガッツポーズ。


うーん、でも、ライコネンは抑えられんな…。
マシンは特に傷付いている訳じゃないみたいだし、ミディアムよりペースのあるソフトタイヤだ。

…お、今度はグロージャンがファステスト。
ハースもファステスト取ってくるんだな。

ファステスト祭り感ある。


50周目、あっと危ない…。。
うん、マッサ、良く見て守った!
ハミルトンに仕掛けられたけど、抑えています。

更に、ヒュルケンベルグがファステスト!


51周目、久々に映るロズベルグ。
エリクソン対グティエレスの14番手争いのついでみたいな感じですが。
…あ、グティエレスがかわしてった。


ハミルトンは少し距離を取ったな…。
ブレーキ冷やしたりしているのだろうか?
だとしたら、残り2、3周でガツンときそうだね。


54周目、残り3周。
ロズベルグのオンボード。
今までガン放置だったロズベルグをちょいちょい映すようになったなwww


55周目、マッサとハミルトンの差は2秒ちょいか。
そろそろ、来るかな…?

ボッタスに子牛…フェルスタッペンがきた!
あー、ボッタスミスった!
バックストレートエンドのヘアピンで膨らんでしまい、フェルスタッペンにかわされた!
9番手だけど、すぐ後ろにサインツJr.も来ています。
このポジションを守れるでしょうか?


56周目、ファイナルラップ!
ボッタス対サインツJr.が続いています!
抑え切れるでしょうか?


ロズベルグ、ポール・トゥ・ウィン!!
開幕から3連勝、去年から数えると6連勝です!

ベッテルが2位!
3位はクビアト!

リチャルド、チェッカー時の無線にピーがwww

ハミルトンはタイヤキツかったのか…?
最後はフェルスタッペンに近付かれていたけど。

何気に全車完走!
尚、ファステストラップはヒュルケンベルグでした。


ウィリアムズはミディアムのペースが特に良くないな…。
相対的な戦闘力は去年のマシンがいたポジションより後退しているように見える。


ベッテル、無線で「キミごめん、ホントごめん!」
ロシアントルピードwww
ロシア魚雷ってwww
川井ちゃん、300kmで走る魚雷を持つロシアの話をする。

ベッテルがめっちゃライコネンに説明してるwww
クビアト魚雷がきたからだよ!とか言ってそうwww


そのロシア製魚雷はF1昇格後2度目の表彰台である。


そして、控室で魚雷と一緒のベッテル。
ベッテル、やっぱりクビアトに苦言を呈しているwww
クビアトは始終苦笑にも似た笑顔…お説教にも動じてないみたいだwww


表彰台は3回連続F1公式テーマソング(ドイツ国歌)。

まず飲むベッテル。
真っ先にベッテルにかける辺り、クビアトは何となく気を使ってる??


表彰台インタビュワー誰や?
カンペがwww

ベッテル「ダニールが襲いかかってきて」www
思わずクビアトもニヤッとしちゃうねwww

インタビュワー「ロケットスタートしたようですけど」
クビアト「突進しました!」
それにしても、「僕はセブと違って良いスタートを切りました」ってwww
すげぇなwww
お互いに言い合ってるwww

インタビュワー、ドイツの人か。
場を引っ掻き回まわして、最後はロズベルグへの当たり障りのないインタビューでお茶を濁すw


次回はシーズン後半のフライアウェイから前半のフライアウェイに前倒されたロシアやな。
…魚雷の母国である!
今回の勢いを持ち込んで、頑張って貰いたい所だね。

勿論、ウィリアムズにも期待!
パワーが必要な割と速いサーキットだしね!


中国っぽいシャツの川井ちゃん。
…合わせたんだ。
それにしても、前回着てきたという、バーレーンに合わせたシャツ #とは


結果
優勝はニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
2位はセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
3位はダニール・クビアト/レッドブル
4位はダニエル・リチャルド/レッドブル
5位はキミ・ライコネン/フェラーリ
6位はフェリペ・マッサ/ウィリアムズ
7位はルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
8位はマックス・フェルスタッペン/トロロッソ
9位はカルロス・サインツJr./トロロッソ
10位はバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ

ここまでがポイント獲得。

11位はセルジオ・ペレス/フォースインディア
12位はフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
13位はジェンソン・バトン/マクラーレン
14位はエステバン・グティエレス/ハース
15位はニコ・ヒュルケンベルグ/フォースインディア
16位はマーカス・エリクソン/ザウバー
17位はケビン・マグヌッセン/ルノー
18位はパスカル・ウェーレイン/マノー
19位はロマン・グロージャン/ハース
20位はフェリペ・ナスル/ザウバー
21位はリオ・ハリアント/マノー
22位はジョリオン・パーマー/ルノー


ヒュルケンベルグは5秒プラスされても順位変わんなかったっぽい?


ドライバーズランキング。
1位:ロズベルグ/メルセデスAMG(75Pt)
2位:ハミルトン/メルセデスAMG(39Pt)
3位:リチャルド/レッドブル(36Pt)
4位:ベッテル/フェラーリ(33Pt)
5位:ライコネン/フェラーリ(28Pt)
6位:マッサ/ウィリアムズ(22Pt)
7位:クビアト/レッドブル(21Pt)
8位:グロージャン/ハース(18Pt)
9位:フェルスタッペン/トロロッソ(13Pt)
10位:ヒュルケンベルグ/フォースインディア(6Pt)
11位:ボッタス/ウィリアムズ(7Pt)
12位:サインツJr./トロロッソ(4Pt)
13位:ストフェル・ヴァンドールン/マクラーレン(1Pt)
14位:マグヌッセン/ルノー(0Pt)
15位:ペレス/フォースインディア(0Pt)
16位:パーマー/ルノー(0Pt)
17位:エリクソン/ザウバー(0Pt)
18位:アロンソ/マクラーレン(0Pt)
19位:バトン/マクラーレン(0Pt)
20位:ウェーレイン/マノー(0Pt)
21位:ナスル/ザウバー(0Pt)
22位:グティエレス/ハース(0Pt)
23位:ハリアント/マノー(0Pt)


コンストラクターズランキング。
1位:メルセデスAMG(114Pt)
2位:フェラーリ(61Pt)
3位:レッドブル(57Pt)
4位:ウィリアムズ(29Pt)
5位:ハース(18Pt)
6位:トロロッソ(17Pt)
7位:フォースインディア(6Pt)
8位:マクラーレン(1Pt)
9位:ルノー(0Pt)
10位:ザウバー(0Pt)
11位:マノー(0Pt)

|

« 霞・春雨 | トップページ | 何度でも散る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 変則ストラテジー:

« 霞・春雨 | トップページ | 何度でも散る »