« 三日月違いと明石違い | トップページ | 猛禽の系譜 »

2016年1月29日 (金)

王者の帰還

零戦が日本の空を飛んだぁ〜!!
飛行試験だったようで。

…いや、ライブ中継観てなかったけど。
んで、零戦22型…というマイナー機体みたいですけどね。


飛んだのは、鹿児島県鹿屋市。
海上自衛隊鹿屋航空基地で行われたようです。
鹿屋基地と言えば、うちの艦これのサーバ名…げふん。
第二次大戦では多くの特攻機が離陸した場所でもあります。
そこに零戦が帰ってきた。
操縦桿を握るのは、エアレースでも複数回チャンピオンを獲得しているアメリカ人パイロット。

いやぁ…これは非常に大きな意義がありますね!


飛べる零戦なんて世界的に見ても貴重だし、是非、良好な状態を保って頂きたいものです。
願わくば、飛んでいる所を見てみたいね…。


レッドブルエアレースの千葉ラウンドとかでデモンストレーション飛行とかしないかなー?((




ところで、今回、メディア向けの取材エリアが設けられていたようですが…零戦の助走距離が短かった為に、離陸する所を観られなかったみたいですねw
流石は艦上攻撃機…地上の滑走路に比べて短い艦上甲板から飛び立てるだけはあるw






後1週間かぁ。
どうなる事かな。

|

« 三日月違いと明石違い | トップページ | 猛禽の系譜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 王者の帰還:

« 三日月違いと明石違い | トップページ | 猛禽の系譜 »