« 突入 | トップページ | 強襲殲滅 »

2015年12月 2日 (水)

夜の沙漠

引きが…。。


引きが!!


悪い意味でも良い意味でも引きの強い日でした。








F1アブダビGP決勝!!


UAE建国44周年だからか、至る所に「44」の文字が…w


スターティンググリッドにアラン・プロストとジャン・アレジがいる。
あ、TENGAおじさん…じゃなくて、ルーベンス・バリチェロだ!


酒禁止だから、フォースインディアのスーツがシンプルなデザインに。
スミノフのロゴ出せないし。


グロージャンがギアボックス交換で5グリッド降格。
メルヒはサスペンションを交換した為、ピットスタートだ。


スターティンググリッド。
ポールポジションはニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
2番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
3番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
4番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア
5番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル
6番手からはバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ
7番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/フォースインディア
8番手からはフェリペ・マッサ/ウィリアムズ
9番手からはダニール・クビアト/レッドブル
10番手からはカルロス・サインツJr./トロロッソ

11番手からはマックス・フェルスタッペン/トロロッソ
12番手からはジェンソン・バトン/マクラーレン
13番手からはパストール・マルドナド/ロータス
14番手からはフェリペ・ナスル/ザウバー
15番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ

16番手からはフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
17番手からはマーカス・エリクソン/ザウバー
18番手からはロマン・グロージャン/ロータス
19番手からはウィル・スティーブンス/マノー・マルシャ
ピットレーンスタートはロベルト・メルヒ/マノー・マルシャ


ベッテル、エリクソン、グロージャン、スティーブンスがソフトスタート。
その他はスーパーソフトでのスタート。

シーズン最終戦!
そのシグナルが…ブラックアウト!!

ロズベルグが好スタート!
ハミルトンは少し出遅れたみたいだ!

1コーナー!
…ん!
後方でロータスが1台コースオフ!
マクラーレンと絡んでいるか?

マルドナドとアロンソのようだ!


レッドブル対トロロッソという姉妹チーム対決。
クビアトとサインツJr.かな?
…おっと、クビアトが少し押し出されている。

ボッタスが後退してマッサより後ろになっていますね。
マッサはクビアト、フェルスタッペンとのバトルに。
ロングストレートで2台をぶち抜く辺りは流石ウィリアムズ。
…おっ、マッサの後ろでボッタスもフェルスタッペンをかわそうとしているな。
後ろではベッテルとバトンが戦っています!

クビアト対フェルスタッペンはまだまだ続く。
フェルスタッペンが行き場所をなくしてコースオフした…姉妹チームで激しいバトルを演じています。
クビアトがフェルスタッペンをまた押しやってるw
厳しい攻めですねぇw
これで減速したフェルスタッペンはボッタスにかわされて後退。
…あ、ベッテルにも狙われています!


2周目、アロンソがピットイン!
ノーズ交換しています。
…あれ、右フロントタイヤが抜けない!
更にタイムロスですか。

尚、マルドナドはリタイアした模様。

クビアト対ボッタス!
ボッタスの方が速いけれど、ストレートではかわせず。


3周目、マッサがサインツJr.を攻略!
2つ目のストレートでサインツJr.がDRSを使うが、並んだだけ。
ウィリアムズのストレートスピードは速いからね。

ボッタスがクビアトをかわして9番手に。
おっと、ストレートエンドで少し膨らんだ…その隙に再びクビアトが前に!


6周目、クビアトがピットイン!
スーパーソフトからソフトに交換。
早めのストップですかね?

リチャルドがストレートエンドでヒュルケンベルグをかわした!
ブレーキを遅らせて飛び込む!
これは凄い。

だけど、次のストレートではヒュルケンベルグがぴったりとリチャルドの後ろに!
DRSでもって軽々と順位奪還して行きました。
…おっと、リチャルドがまたストレートエンドで飛び込んだ!
ヒュルケンベルグのインを突き、またしてもかわして見せた!
熱いバトルだw


オープニングラップの1コーナーの件でアロンソにトライブスルーペナルティ。


…お、ベッテルが10番手にまで上げてきているか。


7周目、リチャルドとマッサがピットイン!
マッサのは3.8秒もかかってる…。


8周目、サインツJr.がピットイン。
右フロント遅れたな…。
あれ、動かない。
あ、動いた。
クラッチがハマってなかった??

ヒュルケンベルグ対マッサ。
マッサ、ソフトタイヤが冷えているのか…少しスライドしたりしているな。


9周目、ボッタスがピットイン!
発進…あっ!
ピットインしてきたバトンに当たっちゃった!
ボッタスのフロントウィングが半分くらい吹っ飛んだ…。
バトンの方は良く分からなかったけど、リアウィングの翼端板が吹っ飛んだらしい。


11周目、ベッテルはまだソフトタイヤで走行中。
現在3番手だ。

グロージャン対ペレス。
メルセデスユーザー同士の戦いだけど…グロージャンをかわせないペレス。

…ん、グロージャンも今5番手まで上げてきているんだな。


12周目、ハミルトンがピットイン!
2.2秒…早い!
これでベッテルが2番手に浮上。

バトンとの接触の件で、ボッタスに5秒ストップペナルティ。


14周目、ハミルトンがベッテルをかわして2番手に。
まぁ、タイヤの履歴も違うし…。


15周目、エリクソン対サインツJr.とフェルスタッペン。
まずはサインツJr.がストレートでエリクソンをかわして行った。

ベッテルとライコネンだ。
実質、より上位を走っているライコネンがベッテルの前に出た。


21周目、グロージャン対リチャルド!
6番手争い中です。

フェルスタッペンの無線。
「フラットスポット作っちゃってダメだから交換させて!」
ミスってタイヤが機能不全に陥ったっぽい。


23周目、最近モナコに引っ越してきたフェルスタッペン。
という情報。

マッサは9番手かぁ。
全然順位を上げられないね。


24周目、ここでベッテルが最初のピットストップ!
タイヤはソフトからソフトへの交換か。
じゃあ、次のストップではスーパーソフトを履かないとですね。
6番手で復帰しています。

セクター2で黄旗だ…。
解除された。

バトンがDRSゾーンでグロージャンをパス!
2つ目のストレートでグロージャンに取り返されたけれどね。
タイヤとか戦略の違いはあるだろうけど、メルセデスパワーユニットのロータス相手にこんなシーンを見られるとは。


すっかり空は暗くなっているね。


25周目、エリクソンがヘアピンで少し膨らんだ!
フェルスタッペンがその隙にインに入ってオーバーテイク。
14番手に。
今回は中々厳しそうですね。
7戦連続入賞がかかっているらしいフェルスタッペン。


28周目、ロズベルグがタイヤで苦しみ始めた!
ハミルトンが差を縮めています。

久々にスティーブンス?が映ったな…。


33周目、2番手のライコネンがピットイン!
あっと、右フロントが外れない…外れた!
6.6秒かかりました。
まぁ、3番手は安泰なのだけれど。

ベッテル、アロンソ、ライコネンという豪華な顔触れに…w


37周目、7番手争い!
グロージャン、ヒュルケンベルグ、クビアト、マッサ。
ストレートが速いマシンに挟まれるクビアトです。


40周目、ベッテルが2回目のピットイン!
少し早いタイミングかな…?

ベッテル対ペレス、3番手争いになりますね。
まずはリチャルド対ベッテル。
リチャルドの絶妙なブロックにより、オーバーテイクできず。


ハミルトン無線。
「もうピットインしなくて良いじゃん」みたいな。
ロズベルグがピットインしたから、ハミルトンも…彼はタイヤが持つと思っているようですね。


41周目、ベッテルがリチャルドをかわして4番手に!

ここでハミルトンがピットイン!
タイヤが持たないと判断したのかな?
…あれ、スーパーソフトじゃなくて、ソフトタイヤなのか。


マッサがクビアトに仕掛けるが、ブロックに阻まれている…。
レッドブル勢は中々手強いブロックするからな。。


45周目、ベッテルが3番手のペレスに接近してきたぞ!

…あ、ストレートでペレスをかわした!
ベッテル、3番手に浮上!

フェラーリガレージのバリチェロ。
…あのTシャツなんやwww
タキシード的なwww


46周目、マッサのオンボード。
ブラジル人繋がり?

そして、ウィリアムズガレージのエミリア・ピッカライネン。
ボッタスの彼女ですね。
…ウィリアムズ繋がり?
アシンメトリーな服やなぁ。

そして、再びマッサのオンボード。


バトン対フェルスタッペン!
ストレートでフェルスタッペンがインに入った!
シケインでちょっとフェルスタッペンが膨らんで、バトンが押し出され気味に。
切り返しではバトンも膨らんで、フェルスタッペンが押し出された。
バトン、DRSを使ってオーバーテイクを試みる!
並ぼうとするけど、並べない!
フェルスタッペンはスーパーソフト、バトンはソフト…という違いはありますが。。

バトン対フェルスタッペン、フェルスタッペンのオンボードでリプレイ。
バトンのインを突いたけど、完全に抜けずにホイール・トゥ・ホイールになってましたね。
フェルスタッペンが押し出された場面ではバトンのフロントウィングが少しフェルスタッペンのホイールに接触しているっぽい。

フェルスタッペンの無線。
「押し出された!」
絶対に自分が悪いとは言わないなんて言われているwww


48周目、エリクソンとナスルがバトル中。
チームメイト同士ですが、特にポイント圏内を争っている訳ではない。

バトンとフェルスタッペンの件が審議に。


マッサがクビアトの前にいる!
8番手ですか。

クビアト対マッサのバトル、マッサのオンボードでリプレイ。
マッサがクビアトのインを突いた!
…おっと、クビアトがターンインしかけた。
危うく接触…危ない危ない。

クビアトのブロックをものともせずこじ開けたマッサでした。
セクター3がレッドブル向きだからか、直後にクビアトが前を狙ってましたね。


49周目…ん?
フェルスタッペンに5秒ストップペナルティ!
バトンとのバトルでコース外を走ったからのようです。

そうなったか…w


50周目、クビアト対サインツJr.の姉妹チーム対決が再び。
これは9番手争いだ。


51周目、セクター1で黄旗?

ハミルトンのオンボード、リプレイ。
前のフェルスタッペンかな?が中々譲ってくれないからか、怒って抗議する。

メルセデスガレージ。
トト・ヴォルフ、ニキ・ラウダ、ディーター・ツェッツェ ダイムラー会長(かな?)。


52周目…誰?
ハミルトンの実母かな?

グロージャンがサインツJr.に近付いてきた!
10番手になれるだろうか?


53周目、グロージャンがサインツJr.をかわした!
グロージャンはこれでポイント圏内に!


54周目、グロージャンがクビアトをかわした!
これで9番手だ!

ボッタスのオンボード。
前のバトンと戦っていますね。


55周目、ファイナルラップ!
フェルスタッペンにレース後審議?
ブルーフラッグ無視だとか…さっきのハミルトンが怒ってたやつか。

ロズベルグの無線。
リアタイヤがバイブレーションしてるって話。
ちょっと前のだったら分かるけど、もう大丈夫やろw


ロズベルグ、ポール・トゥ・ウィン!!
恒例の花火が迸る!

3戦連続優勝!


表彰台!
…あれ、シャンパンファイト割愛?!
ところで、ライコネンはローズウォーター率高いよな…。


表彰台インタビュワーはDC先生!
インタビュー直前まで飲むロズベルグ。
美味しいってwww
休暇いらないからすぐ2016年度を始めたいロズベルグ。
ロズベルグとハミルトン、後でラウンジで一杯?


UAE建国44周年の年にカーナンバー44のハミルトンが44勝目を獲得…できませんでした。
面白かったとは思うけれどね。


ライコネンへの声援でかいwww
DC先生ズバズバ行くな…www


ロズベルグ、ドーナツターン。
他のドライバーも何人かやってたらしい。

ロズベルグ、カメラに向かってジャブジャブ!


結果。
優勝はニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
2位はルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
3位はキミ・ライコネン/フェラーリ
4位はセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
5位はセルジオ・ペレス/フォースインディア
6位はダニエル・リチャルド/レッドブル
7位はニコ・ヒュルケンベルグ/フォースインディア
8位はフェリペ・マッサ/ウィリアムズ
9位はロマン・グロージャン/ロータス
10位はダニール・クビアト/レッドブル

ここまでがポイント獲得

11位はカルロス・サインツJr./トロロッソ
12位はジェンソン・バトン/マクラーレン
13位はバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ
14位はマーカス・エリクソン/ザウバー
15位はフェリペ・ナスル/ザウバー
16位はマックス・フェルスタッペン/トロロッソ
17位はフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
18位はウィル・スティーブンス/マノー・マルシャ
19位はロベルト・メルヒ/マノー・マルシャ

リタイアは…
パストール・マルドナド/ロータス


2015年シーズン、ドライバーズランキング最終結果!
1位:ハミルトン/メルセデスAMG(381Pt)
2位:ロズベルグ/メルセデスAMG(322Pt)
3位:ベッテル/フェラーリ(278Pt)
4位:ライコネン/フェラーリ(150Pt)
5位:ボッタス/ウィリアムズ(136Pt)
6位:マッサ/ウィリアムズ(121Pt)
7位:クビアト/レッドブル(95Pt)
8位:リチャルド/レッドブル(92Pt)
9位:ペレス/フォースインディア(78Pt)
10位:ヒュルケンベルグ/フォースインディア(58Pt)
11位:グロージャン/ロータス(51Pt)
12位:フェルスタッペン/トロロッソ(49Pt)
13位:ナスル/ザウバー(27Pt)
14位:マルドナド/ロータス(27Pt)
15位:サインツJr./トロロッソ(18Pt)
16位:バトン/マクラーレン(16Pt)
17位:アロンソ/マクラーレン(11Pt)
18位:エリクソン/ザウバー(9Pt)
19位:メルヒ/マノー・マルシャ(0Pt)
20位:アレクサンダー・ロッシ/マノー・マルシャ(0Pt)
21位:スティーブンス/マノー・マルシャ(0Pt)
22位:ケビン・マグヌッセン/マクラーレン(0Pt)

チャンピオン獲得するまで圧倒的なシーズンを過ごしました。強かったですね。
ロズベルグは後半の好調をもっと早く迎えていれば…。
精神的な面かなぁ。
ベッテルはメルセデス以外のドライバーで優勝した唯一のドライバー。3度の優勝は見事でしたね…。
フェラーリ初年度の表彰台登壇回数は歴代トップなのだとか。
ライコネンは最終戦でランキング4位を確定。まだ波はあるものの、仲の良いベッテルがチームメイトだからか、去年とかより元気そうに見えました。
ウィリアムズ勢は最後までランキング4位を争うという展開。ボッタスは残念でしたね…。
マッサは途中まで4位だったんだけどなぁ…。中々難しいですね。
今年、レッドブル移籍1年目だったクビアト。序盤こそ苦戦していたものの、気付いたらリチャルドより上位でシーズンを終えていました。僅差ですが、どちらもほぼ均等にポイントを獲得しているので、良いペアのようです。
フォースインディア勢はペレスは3位表彰台もあり、ヒュルケンベルグよりも上位に。ヒュルケンベルグは中盤辺りから一貫性に欠ける…というか、不運な場面もいっぱいありましたからな。
今年はペレスの安定性が光ってました。
ロータス勢はグロージャンがマルドナドを圧倒。マルドナドは来年のエースドライバーなのだから、もう少し頑張って欲しかったですが…。グロージャンはこれで一旦エンストンのチームとお別れ。2009年くらいからずっと懇意にしていただけに、ちょっと寂しいかな。
最後にしっかりポイント獲得していった辺り、ちょっと嬉しいな。
トロロッソ勢はダブルルーキーでどうなるやら…なんて思ったら、両ドライバーとも大活躍!中でも、フェルスタッペンはルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲得する活躍!荒い所もあるけど、楽しみなドライバーですね。
ザウバー勢は初戦からダブル入賞と昨年の不調を払拭。それから辛くなったけど、その中でもルーキーのナスルは良く頑張っていましたね。一方で、エリクソンはもっと頑張らないと…いや、お金落としてるからシートはほぼ安泰だろうけど。
マクラーレン勢は辛いシーズン。バトンもアロンソもほぼ均等にポイント獲得してきている辺りは流石。アロンソの方が致命的なトラブルが多かった印象。
マグヌッセンはインディか何かの参戦を棒に振ってアロンソの代役に出たけど、レースを走れず、残念。せめて走りたかったよねぇ?
マノー・マルシャ勢は3人のドライバーがレースに参加。通年で参戦したスティーブンスよりシートをシェアしたメルヒとロッシの方が上位なのは…単に運が良かったのか、良い仕事をしていたからか。あんまり映らないから、良く分からんのよね。


2015年シーズン、コンストラクターズランキング最終結果!
1位:メルセデスAMG(703Pt)
2位:フェラーリ(428Pt)
3位:ウィリアムズ(257Pt)
4位:レッドブル(187Pt)
5位:フォースインディア(136Pt)
6位:ロータス(78Pt)
7位:トロロッソ(67Pt)
8位:ザウバー(36Pt)
9位:マクラーレン(27Pt)
10位:マノー・マルシャ(0Pt)

今年も圧倒的なメルセデスイヤーでした。
フェラーリは3勝を挙げ、復活の兆し。
ウィリアムズは相対的に見て競争力が落ちた気がするけど、今年も3位を獲得。
レッドブルは去年より順位落ちましたね。
フォースインディアは過去最高成績である5位に。来年はチーム名が変わるかもしれないので、とっても良い流れとなった事でしょう。
ロータスはトロロッソを抑えて6位。ルノーによる買収待ち状態で資金的に厳しいチームが何とか順位を守り切りました。
トロロッソはコンストラクターズランキングの順位より、両ルーキーの活躍が目立ったから…まぁ、良いのでは。
ザウバーはノーポイントだった去年から復活。良かった良かった。
マクラーレンはザウバーに追い付けなかったものの、なんとかポイントは獲得できたから、まぁ初年度としては良かったのでは。
マノー・マルシャは実質去年のマシンだったので、今年は厳しいシーズンに。ノーポイントはまぁ仕方ないな。来年に期待。

|

« 突入 | トップページ | 強襲殲滅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夜の沙漠:

« 突入 | トップページ | 強襲殲滅 »