« BGMは「♪大海原」 | トップページ | 敬意を »

2015年10月 9日 (金)

部外者の授業参観

午前中にインターホン鳴って起こされたー。
しかも、出たら返事がないとかいうね。

何か、割と皆インターホン出た事に気付かないんだよなぁ。








広島2日目の続き。

江田島へ上陸。
今止まっているバスが目的地最寄りに行くバスだと分かったので、早速乗車。

…ん?
家族連れ?の乗客が「間に合うか」確認しているぞ?
急ぎかな…。

バスが出発。
山間の道を揺られる事約10分程。
…目的地の最寄りに着いたようですな。


127hiroshima
海上自衛隊 幹部候補生学校、第1術科学校。

…幹部候補生学校は良いとして、「術科学校」とはなんぞや。
Wikiによると、「機関及び潜水艦に関係する術科を除く艦艇術科教育を担当している。」との事。
具体的には、「砲術、水雷、掃海、航海、通信、応急、潜水、陸上警備等」に関する知識や技能を修得する場なのだとか。
また、それらの術科を用いた部隊の運用等に関する調査研究も行われているらしい。


門の所で受付を済ませると、「間も無くツアーが始まりますので、急いでくださいね。」との事。
成程…だから先程の家族連れ(?)は急いでいたのか。

ここでは構内ツアーができると聞いていたけど、その時間が今なのね。
…という訳で、ツアーの開始地点へと向かいます。
そこは、売店や食堂がある「江田島クラブ」という建物らしいです。


因みに、この時点で既に脳内BGMがアニメ「艦これ」の日常で流れる曲だったりしますw


128hiroshima
角を曲がった所にあった、赤いホーン。
サイレンとか鳴るのかなー。

…あ、この建物は「第1術科学校庁舎」のようですね。


「江田島クラブ」は既に入り切らないくらいの人が集まっていました。
入り口近くでツアーガイドさんの話を聴き…このガイドさん、レギュラーでやっているのか、ユーモアを混ぜてくるw

いざ、ツアーへ!


129hiroshima
まず、着いたのは「大講堂」。


9月も半ばだというのに、この晴天でこの日差し。
参加者を気にして、影の部分で集合かけてくれるこの優しさである。


まず紹介されたのは、この建物ではなく…右奥にある「古鷹山」。
画像では見えませんがね。
「海軍兵学校」時代から常に重要視されてきた山。
この山への登山は海軍/海上自衛隊の恒例行事のようですね。

古鷹山の山頂から声を出して、ここまで聞こえたらOK…という「声の訓練」があるのだとか。


さて、「大講堂」ですが…こちらは、所謂「裏手」にあたるそう。
あのスロープのついた入り口は皇族等の位の高い人専用のものなんだって。


130hiroshima
「大講堂」の壁は瀬戸内海産の花崗岩。
数年前に綺麗に掃除したらしい。
銅で出来た梁…で良いのかな?あの部分も綺麗にするとか何とかって話があったらしいけど、歴史感を出すとかでそのままになったんだって。
因みに、この建物は大正6年(1917年)完成。
…ほぼ100年前ですか!


131hiroshima
「大講堂」の正面玄関。
扉が重厚そう。


132hiroshima133hiroshima
中は吹き抜けになっていて、音が非常に響きます。
これは、構造的なものだけでなく、和紙を張り巡らせているからなのだとか。


134hiroshima
135hiroshima
講堂の壇上。
赤絨毯が引いてあります。

ある種シンボルみたいなもので、話す時は壇上からではなく、部屋の中心で話す…らしい。


136hiroshima
因みに、赤絨毯は一般の人は踏むの禁止。
首席…だったっけな?優秀な生徒のみがこの絨毯の上に立つ事が出来るらしい。


137hiroshima
「大講堂」の入り口と講堂部屋の間にある廊下…その両側にある扉。
用具室とかでしょうか。


138hiroshima
「大講堂」の正面全体像。
荘厳な佇まいですなぁ…。


さて、次の場所へと向かいます。


139hiroshima140hiroshima
…ん?
おっ、これは…。


141hiroshima
鎮守府の建物だ〜!!(

宿舎か校舎か分からないけど、これはアニメ「艦これ」のモデルとなった建物のひとつですね!
ここ、「幹部候補生学校庁舎」です。
通称「赤レンガ」。
ゲームの艦これで飛龍さんが「赤レンガ」って言うけど、多分ここの事。

明治26年(1893年)に完成し、「海軍兵学校生徒館」として使われていたそうです。
戦艦「大和」の方が少し長い、だったかな?


142hiroshima
…てな訳で、ちょっと遅い学校見学みたいなノリになっています。


あ、階段に登らなければ入り口近くで撮って良いらしいです。
その場合は重要な事を聞き逃すらしいですがw


続いて紹介されたのは、グラウンドの向こう側に安置された、これ。


143hiroshima
戦艦「陸奥」の主砲である。
…あれ、またあるのw
これ、「陸奥」の4番砲塔らしい。


ここで、「陸奥」の4番砲塔の件を整理してみましょう。

「陸奥」の4番砲塔は付け替えられています。
ここにあるのは旧4番主砲。
連装砲がそのまま残っています。
つまり、旧4番主砲がそのまま置かれているという事になりますね。

で、「大和ミュージアム」に4番砲塔が1本ありましたね。
で、新4番砲塔の一部は高野山奥の院?に祀られているらしい。
基部とかだっただろうか。
で、東京都の「船の科学館」に4番砲塔が1本あります。

…つまり、大和ミュージアムと船の科学館のは新4番砲塔?!
新4番砲塔は「出る」という曰く付きのものだったような…。。
だからか、旧4番砲塔もそういう噂があるらしく、話のネタにされているらしいです。
ですが、こちらはそんな事なく、ただの風評被害らしい。


尚、やっぱり説明されました、「陸奥」の爆沈事件。
無人の艦が爆沈したんじゃなくて、中に人がいた状態で爆沈しています。
勿論、犠牲者多数…。


144hiroshima
145hiroshima
ここで、再び「赤レンガ」に接近!
触って良いよ、との事だったので触ってみました。

…あぁ、滑らか。
すべすべしてるね!
こんな滑らかなレンガ作るのって大変なのでは。。


146hiroshima
…ん?
こっから何か裏庭行けそうですね。

行かないけど。


147hiroshima
そして、ツアーは「教育参考館」に到着。
今までの建物とは趣向の違う、ギリシャ建築のような佇まい。
あの柱はドリス式(ドーリア式)…かな?


ここからは時間まで自由行動である。
館の周り、館内、自由に見て良いとの事。
ただ、館内は撮影禁止である。

|

« BGMは「♪大海原」 | トップページ | 敬意を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 部外者の授業参観:

« BGMは「♪大海原」 | トップページ | 敬意を »