« 瑞々しく枯渇 | トップページ | 情熱の森、白き風 »

2015年9月 8日 (火)

秋到来

…あれ、台風来てるの?
熱帯低気圧っぽいのはあったけど…。





艦これの話。


15_summer_boukuuseiki
最後に出たら、悪月ちゃんこと防空棲姫に会えました、はい。
丙のゲージ削り段階から既にダイソンが随伴している事に吃驚しましたけど。


15_summer_sn_lastresult4
っていう訳で、最後の最後のラストリザルト。
悪月ちゃんに少しダメージ与えたから、ちょびっとゲージが減りました。(見えない


15_summer_ikusago
夏の戦の後。

油がなくて補給できなくなりました。


今回の夏イベはかなり大規模で難易度も高かった。
だから、完走できず…その代わり、ドロップ運は中々のものだったようで。
工作艦 明石の他、色々持っていないの来たしねぇ。








F1イタリアGP予選!!
フェラーリの聖地、モンツァ!


…あ、今回もゲストに松田次生さん来てる!


まずは、ペナルティ情報。

マクラーレンのアロンソとバトンは9基目のエンジンを使用する為、10グリッド降格ペナルティ。
レッドブルのクビアトは6基目のエンジン使用で10グリッド、5基目のターボチャージャー使用で5グリッドの合計15グリッド降格ペナルティ。
レッドブルのリチャルドは6基目のエンジン使用で10グリッド、5基目のターボチャージャー、MGU-H、MGU-Kの使用で各5グリッドずつ、合計25グリッド降格ペナルティ。
トロロッソのサインツJr.は5基目のエンジン使用によって10グリッド降格ペナルティ。

超高速サーキットだけに、ここでエンジンを新しくするチームが多いですね。
高速サーキットが苦手なマシンのチームなんかはここで交換してペナルティ受けた方が良い訳ですね。
そんな大して高いリザルトにならないと思われるからね。


さて。
…おぉ、バリチェロがフェラーリガレージにきてるわw


Q1
まずはスティーブンスが出てきたな。
そして、ヒュルケンベルグ。
彼はミディアムタイヤですか…。
そのヒュルケンベルグがアタックに入った。
最終コーナー、パラボリカへ。
前にはエリクソンが…おっと、引っ掛かった!
減速したか?
かなり接近したようだ。
ヒュルケンベルグ、無線で「あいつ何してんだ?」とおこの模様。

ハミルトンが1分24秒649を叩き出してトップタイム。
ボッタス、ベッテル、ライコネン、グロージャン、ロズベルグと続いています。

エリクソンとヒュルケンベルグの件は審議になりましたか。

…ん?
フェルスタッペンのマシンはガレージで作業中。
間に合うか?
リチャルドとかも結構そんな感じだよね。
残り時間は間も無く残り10分切る所です。

…お、マッサが4番手だ。

ハミルトンがタイムを更新!
1分24秒251である。

残り時間は後6分。
サインツJr.がソフトタイヤを使用してアタック中かな?

エリクソンとヒュルケンベルグの件は予選後審議に変更。

残り3分切って、リチャルドがコースへ!
最低1アタックはできそうですね。

そろそろ、皆ソフトタイヤでアタックしている頃かな?

クビアトが8番手に飛び込んだ!
グロージャンは5番手だ!
マルドナドが8番手!
ナスルは5番手に!
エリクソンは7番手。
ヒュルケンベルグが4番手に来たぞ!
おぉっと、ペレスが4番手だ。

残り1分半切ってウィリアムズ勢がコースへ。
どちらもソフトタイヤを投入ですか。

残り30秒!
アタックはできないけど、取り敢えずフェルスタッペンがコースへ出た模様。

チェッカー!
サインツJr.が12番手!
リチャルドは14番手!
バトンは16番手、Q1ノックアウトだ。

…って、ちょっwww
何か破片散らばってるwww

この間にマルドナドがチェッカー。
13番手である。

…あぁ、フェルスタッペンのエンジンカウルが外れてるwww
エンジンチラ見せ走行…これは新しいwww

リプレイ。
走ってたら、左のサイドポンツーン付近から盛大に吹っ飛んだぞwww
止め方緩くて外れちゃったみたいだ。


タイムを記録できなかったうえにエンジンカウルがぶっ飛んだフェルスタッペンがノックアウト。
マクラーレンとマノー・マルシャがダブルノックアウトとなりました。


Q2、まずはロズベルグが出た!
ガレージで待機中のマッサが映っている…。
あ、ハミルトンも出た。

ハミルトンの1回目のアタックは1分23秒383!
勿論、ロズベルグを上回るものである。

…フランク御大が見てる。

今の順位はハミルトン、ロズベルグ、マッサ、ボッタス、ヒュルケンベルグ、ペレス。

フェラーリの動きが中々良いようだ…。
確かに、シケイン曲がる時の挙動とかクイックイッと曲がってるような感じ。
ベッテルは2番手タイム!
ライコネンがそれを上回って2番手だ!


残り1分くらい。
ラストランですね。
マッサはボッタスの後ろでスリップを利用中ですか。
…お、セクター1全体ベストだ!

ヒュルケンベルグが7番手!
ここでチェッカー!
ボッタスは5番手!
マッサが4番…フェラーリ勢を上回れなかったか。。
ナスルは11番手、ノックアウト。
グロージャンが7番手。
エリクソンは8番手に入ってきたぞ!
これでマルドナドがノックアウトゾーンに!
マルドナドは11番手、ここでノックアウトだ。
クビアトは13番手でノックアウト。
サインツJr.が13番手。

クビアトとサインツJr.はペナルティもあるし、軽く走ったって感じなのかな?
リチャルドは走ってすらないしねぇ…。


ほう、ロズベルグは古いエンジンを使ってるのかぁ。
FP3でのトラブルによって、古いものにチェンジしたとの事。
メルセデスは今回、新スペックパワーユニットを導入していたようですからね。


…モンツァって国立公園なのか。


Q3開始!
久々に見た、ペーター御大。
まずはヒュルケンベルグがコースへ。
ボッタスとロズベルグがお互いにスローダウンしてる…どっちも前に行きたくないからのようですね。
おたがいに相手のスリップ使いたいようです。
結局、ロズベルグが前に。

…あ、ロズベルグとボッタスの差がかなり開いた。
マッサはボッタスのスリップが使えそうです。

マッサ、セクター1全体ベスト!
ボッタスがセクター2全体ベスト!
ハミルトンがセクター2全体ベストを塗り替えた!

まずはロズベルグがタイム更新!
1分23秒942!
ボッタスは1分24秒127で2番手!
マッサが1分23秒940、トップタイム!
ハミルトンが1分23秒397でトップタイムだ!
ベッテル、1分23秒705で2番手に!
その後ろのライコネンは1分23秒712で3番手だ。

…このティフォシ達の歓声よ。

ヒュルケンベルグが7番手、グロージャンが8番手に入っています。

間も無く残り時間は2分!
ラストアタックの時間ですね。

ウィリアムズは今回もボッタス、マッサの順だ。
その後ろにはロズベルグがぴたり。
今度はスリップを使えそうな感じか?

まずはエリクソンがいて、グロージャン、ベッテル、ライコネン、ペレスと続きます。
その後ろにボッタス、マッサ、ロズベルグ、少し離れてハミルトン。

ここでチェッカー!
まずはエリクソン…9番手!

次はグロージャン…7番手!
ベッテルは…1分23秒685で2番手!
ライコネンが1分23秒631でベッテルを上回って2番手に!
ペレスは7番手。
ボッタスはタイム更新できず、6番手。
マッサもタイム更新できず、4番手。
ロズベルグが1分23秒703で4番手に入った。
ハミルトンはタイムを更新できなかったが、ポール獲得である。


…あ、ハミルトンファンがおるで。


モンツァでフェラーリ2台が2番手3番手。
フェラーリは伝統的にあんまりモンツァ得意なマシンじゃないんだけど、今回は来たね!
これは大きな意義があるぞ。
ベッテルもライコネンも笑顔が見える。

徹子の部屋。
まずはフェラーリを讃えるハミルトン。
彼はスパの方が感触が良かったみたいだね。

ベッテルは本当にライコネンと表彰台に乗りたいんだなぁwww
微笑ましいコメントに少しにやっとするライコネン。
ハミルトンもニコニコしてるwww


そういや、ハミルトンは金髪にしてきてましたな。
最後はポールのハミルトンではなく、フェラーリペアであった。
モンツァだしね!


ポールポジションからはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
3番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
4番手からはニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
5番手からはフェリペ・マッサ/ウィリアムズ
6番手からはバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ
7番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア
8番手からはロマン・グロージャン/ロータス
9番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/フォースインディア
10番手からはマーカス・エリクソン/ザウバー

11番手からはパストール・マルドナド/ロータス
12番手からはフェリペ・ナスル/ザウバー
13番手からはカルロス・サインツJr./トロロッソ
14番手からはダニール・クビアト/レッドブル
15番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル

16番手からはジェンソン・バトン/マクラーレン
17番手からはフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
18番手からはウィル・スティーブンス/マノー・マルシャ
19番手からはロベルト・メルヒ/マノー・マルシャ
おそらく、20番手からはマックス・フェルスタッペン/トロロッソ


めっちゃペナルティ多いで。。

ザウバーのエリクソンはQ1でヒュルケンベルグを妨害したとして3グリッド降格ペナルティ。
マクラーレンのバトンは9基目のエンジン使用により、5グリッド降格ペナルティに訂正。5グリッド分減りましたね。
レッドブルのクビアトは7基目のエンジン使用で10グリッド、6基目の5基目のターボチャージャー使用で5グリッド、ギアボックス交換で5グリッドで合計20グリッド降格ペナルティ。
総計35グリッド降格ペナルティだ。
レッドブルのリチャルドは7基目のエンジン使用で10グリッド、6基目のターボチャージャー、MGU-H、MGU-Kの使用で各5グリッドずつ、合計25グリッド降格ペナルティ。
総計で50グリッド降格ペナルティだ。
トロロッソのフェルスタッペンは7基目のエンジン使用で10グリッド、5基目のターボチャージャー、MGU-Kの使用で各5グリッドずつ、合計20グリッド降格ペナルティ。
トロロッソのサインツJr.は6基目のエンジン使用により10グリッド降格、5基目のターボチャージャー、MGU-H、MGU-Kの使用で各5グリッドずつ、合計25グリッド降格ペナルティ。
総計で35グリッド降格ペナルティだ。


スターティンググリッド。
ポールポジションからはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
3番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
4番手からはニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
5番手からはフェリペ・マッサ/ウィリアムズ
6番手からはバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ
7番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア
8番手からはロマン・グロージャン/ロータス
9番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/フォースインディア
10番手からはパストール・マルドナド/ロータス

11番手からはフェリペ・ナスル/ザウバー
12番手からはマーカス・エリクソン/ザウバー
13番手からはウィル・スティーブンス/マノー・マルシャ
14番手からはロベルト・メルヒ/マノー・マルシャ
15番手からはジェンソン・バトン/マクラーレン

16番手からはフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
17番手からはカルロス・サインツJr./トロロッソ
18番手からはダニール・クビアト/レッドブル
19番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル
20番手からはマックス・フェルスタッペン/トロロッソ


ポールから10番手までにメルセデスパワーユニット勢が全員入ってるw
後方にレッドブル組/ルノーパワーユニット勢が固まるという面白い構図に。

|

« 瑞々しく枯渇 | トップページ | 情熱の森、白き風 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋到来:

« 瑞々しく枯渇 | トップページ | 情熱の森、白き風 »