« フォース橋 | トップページ | サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路:カミノ・フランセスとスペイン北部の巡礼路群 »

2015年7月17日 (金)

パレルモのアラブ=ノルマン様式建造物群およびチェファル大聖堂、モンレアーレ大聖堂

2015年に登録された、イタリアの世界遺産です。
パレルモはイタリア南部シチリア島の北西部にある都市。
歴史的に国際色豊かだそうで、それがこの都市の建造物群を独特な様式にしているようですね。
フェニキア人が基礎を築き、ローマ、イスラム、ノルマン人と様々な勢力の支配下に置かれた都市なんですって。その後も神聖ローマ帝国、フランス、スペインとまだまだ支配者が変わっているなぁ…。
そりゃあ、色々混ざるよね。
モンレアーレ大聖堂はパレルモ近郊の都市、モンレアーレにある大聖堂のようです。建設当時は大規模な施設だったみたいですよ。
司教宮と修道院が巨大な壁に囲まれていて、そこには12の塔が建っていたと言う…。要塞みたいじゃないか。
教会の構造も色々混ざっているみたいで、独特そうですねぇ。大規模なガラスモザイクがあるようですよ。
チェファル大聖堂もシチリア島北部の都市、チェファルにある大聖堂みたいですな。岩山の麓にあるみたいで、こちらは金色のモザイク画で有名なようです。
チェファルは海沿いの都市のようで、リゾート地としても人気があるそうだ。

これらの都市はパレルモ県に属しているんだけど、登録名の「パレルモ」は州名なのか、都市名なのか…。
パレルモにある建築物も指定されている所を見ると、都市名を指していそうですねぇ。







いやぁ、この時間ですよ…。
繁忙期はまだの筈なのだが…。




先日もらったフィギュア達。
Fig_shimakaze_2
島風ズ。


Fig_sukumizu
イクとシャローン
スク水ズ。


Fig_wo
ヲ級ちゃん。

|

« フォース橋 | トップページ | サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路:カミノ・フランセスとスペイン北部の巡礼路群 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パレルモのアラブ=ノルマン様式建造物群およびチェファル大聖堂、モンレアーレ大聖堂:

« フォース橋 | トップページ | サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路:カミノ・フランセスとスペイン北部の巡礼路群 »