« 涼しげなスコール | トップページ | 気まぐれ雨天 »

2015年7月 5日 (日)

息づく伝統

「百済の歴史地区」が世界遺産に登録!
忠清南道の公州市、扶余郡と全羅北道益山市等にある古墳群や建物等8ヶ所が対象だそうで。


…で、「明治日本の産業革命遺産」は?


そういや、韓国さんと足並みを揃えるように「明治日本の産業革命遺産」の世界遺産登録反対って言ってた中国さんは今どんな風に活動しているのだろう?
日本時間の4日夜に審議される予定が、5日夜に変更になったみたいだけど、その要因のひとつ…とか…?








F1イギリスGP!!
伝統のシルバーストンサーキットである。
イギリス人ドライバーはもとより、多くのチームがイギリス国籍だったり、本拠地をイギリスに置いていたりするので、ホームグランプリなチームが本当に多い。
しかも、その本拠地はこのシルバーストンの周辺に構えられている事が多く、本当に地元中の地元。
皆さん、気合入ってますね!

マクラーレンは新型ノーズを含むアップデートをバトンのマシンにも適用。
アロンソ、バトン、どちらもショートノーズとなりました。

フォースインディアはオーストリアでのインシーズンテストで走らせたBスペックマシンを実戦投入。
一番目を引くのは、ノーズですね。
2つの穴が空いていて、鼻の穴みたいなノーズである。
…ノーズの穴みたいなノーズ。。

マノー・マルシャは今季初となるアップデートパーツを投入。
更に、新スポンサー「Flex Box」を発表。
香港に拠点を置くコンテナ製造会社だそうです。
サイドポッドにロゴ入って、サイドポッド下部にコーポレートカラーの青が追加!
トリコロールカラーやな…あ、ユニオンジャックカラーとかロシアカラーとか割と色々言えるぞw

マノー・マルシャもいよいよ本格的に動き始めた感じで良いね。
人材リクルートにアップデートパーツ投入にスポンサー獲得、と。


さて、曇っているような…あ、晴れているな。
大体ブリティッシュウェザーで荒れる事もあるイギリスGPだけど、良い天気ですね!
FEも予選で雨降ったりして荒れているからな…マジで。


…ん?
フレディ・ハント?

ジェームス・ハントの息子さんですか。
元々父親と同じようにレースをしていたけど、ここ数年はビジネスの分野に力を入れているらしい…。
地味にフォーミュラEのアンバサダーとかやってたんだなw


Q1
今年のイギリスGP予選日は14万人の観客動員!
いやぁ…流石、聖地ですなぁ。

そして、ここ数年で一気に母国での人気が高まったハミルトンがコースへ。
…凄い歓声だ!


…ん?
黄旗?

フェルスタッペンのリプレイ。
すっげぇフロア擦ってるなぁ…火花がめちゃめちゃ出てるw
…あ、スピンした。

残り7分半。
アロンソがミディアムで10番手に!
マクラーレン、母国でQ2進出できるでしょうか?

ペレスとフォースインディアのBスペックマシン。
速い方のタイヤ、ミディアムタイヤで4番手だ!
鼻の穴ノーズ…w
平たいからまだ何か良く見えるなw

…ん?
フェルスタッペン、トラブル?
トラクションがないって訴えていますね。
つまり、タイヤがスリップしてしまって、クルマが前に進まないって事ですね。
コーナー立ち上がりとかに影響がありますよね。

スポンサー増えたしアップデート入ったけど映らないマルシャ。

チェッカー!
アロンソは14番手!
ナスルが14番手!
これでアロンソはQ2進出がギリギリの状態に。
ライコネン、ミディアムタイヤでトップタイム!
エリクソンが自己ベストで来ている…!
エリクソンは11番手!
これでアロンソがノックアウト!
バトンは17番手、母国で良い所が見せられなかったみたいな感じに。

マクラーレンがここでダブルノックアウトである。


Q2
フランク御大も見つめる中、ボッタスがコースへ。
チーム副代表のクレアも見つめていますね。

マッサがアタック中。
…あ、片輪がコース外に。。
これでタイムを失ったので、2回目のアタック。
うーん…。
ちょっと、伸びないな…。

ロズベルグがトップに!
そして、リチャルドが4番手。
レッドブルが少しずつ調子を上げてきているか?

ロータスの女性テストドライバー、カルメン・ホルダ。
グロージャンのガレージで見守っていますね。

ハミルトン、2番手!

フェルスタッペン、再びトラブル!
Q1と同じくトラクションがない状態。

残り5分切ってフェラーリがアタック開始!
ライコネンは8番手、ベッテルは4番手タイムだ。
…え?
ライコネンがコースを飛び出したからタイム抹消だって?
アタックやり直しですね。
そこの所の余裕持っておいて良かったですね…。

マルドナドの無線なんかじゃしきりにコースオフに気を付けろって言われているくらい、コースオフによるタイム抹消が多いからねぇ。

マッサが6番手タイム。
Q3行けるかな?
今週末苦戦気味のウィリアムズだけど、ここまでの予選でボッタスに比べて更に苦戦してる感じなのがマッサだなぁ…。
…あ、クレアとFIA会長のジャン・トッドが話してた。

チェッカー!

ライコネンは8番手!
Q3進出できそうかな?
リチャルドが7番手!
こちらも行けそう?
ボッタスは2番手!
おぉ、これはQ3でも期待が持てそう?
ヒュルケンベルグは飛び出しによるタイム抹消により、タイムを更新できず。
でも、まだQ3進出できる位置だ。
エリクソンは14番手、ノックアウト。
マルドナドが14番手。

本当にコースを飛び出してタイム抹消される事が多いですね…。

ここでロータスの2台がまさかのノックアウト!
メルセデスエンジンだし、割と良い線行くと思っていたんだけどなぁ。

好調そうだったトロロッソもフェルスタッペンがノックアウト。
まぁ、彼はトラブル起因っぽいけどなぁ。

ヒュルケンベルグは結局Q3進出ですね!
勢いに乗れているみたいで良いねぇ。


Q3
何か、風強いなぁ。
この風もあって飛び出したりしているっぽい。

ハミルトンがコースへ。
ステア内側からコクピット内に向いたオンボードカメラ…この角度も面白いな。
…ステア切ると見えなくなるけどな!

まずは1回目のアタック…。
ハミルトン、1分32秒248!
トップタイム!
ロズベルグは1分32秒361で2番手である。

1回目のアタックを終えた時点では
ハミルトン、ロズベルグ、ボッタス、マッサ、ライコネン、ベッテル、クビアト、サインツJr.、リチャルド、ヒュルケンベルグの順。
全員走りましたね。

残り3分!
ラストアタックの時間です。
ハミルトン…ラストアタックに向かう前にタイヤをロックさせてスモーク上げています。
気合いが入り過ぎたか?

チェッカー!

ここでリプレイ。
ベッテルのオンボードですね。
マッサのすぐ後ろにぴったりひっついています。
これ、アタックする時大丈夫?

…おっと、マッサの左側からメルセデスが現れましたね。
スローダウンしているようですが…あれ、ハミルトン?

ヒュルケンベルグは9番手!
リチャルドがタイムを更新、7番手!
ボッタスは3番手のまま。
ライコネンも5番手のまま。
ハミルトン、ピットレーンへ入って行きましたね…。
まぁ、途中でスローダウンしているならそうなるな。。
…あぁ、途中でやめてたのか。

リチャルド、最速ラップでコース飛び出しをしたのか、タイムが抹消!
結果、1回目のタイムしか有効にならず、10番手に。
…おぉ、マッサが3番手に!
ロズベルグは変わらず2番手。
クビアトが7番手だ!
サインツJr.もコースを飛び出した為、タイム更新ならず。

2回目のアタックに失敗したものの、ハミルトンがポールポジションを獲得!
ハミルトンは母国で通算46回目のポールとなりました。
これは現役トップ、歴代で3位だ。

メルセデスAMGは昨年のイギリスGPから20戦連続でポールポジションを獲得しています。
これは新記録だそうだ。

そして、ウィリアムズが2台共にトップ4に入ったのは2002年のイギリスGP以来だそうだ。


フェリピーニョがはしゃいでるwww
可愛いwww


徹子の部屋。
マッサwww
なんであんな不機嫌そうなのwww

ロズベルグはマシンのフィーリングとかあんまり良くなかったのか。
それでも2番手なのだから、それだけベースが強いんだなぁ。

マッサの最後のラップは良かったみたいだね!
素晴らしい…決勝もこの調子で行っちゃえ!
…残りのタイヤ的には厳しいかもしれないけど。
Q1でミディアム使っているし…。


フォースインディアの鼻の穴ノーズがクローズアップ!
そして、やっぱり最後まで映るマッサ。


ポールポジションはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2番手からはニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
3番手からはフェリペ・マッサ/ウィリアムズ
4番手からはバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ
5番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
6番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
7番手からはダニール・クビアト/レッドブル
8番手からはカルロス・サインツJr./トロロッソ
9番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/フォースインディア
10番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル

11番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア
12番手からはロマン・グロージャン/ロータス
13番手からはマックス・フェルスタッペン/トロロッソ
14番手からはパストール・マルドナド/ロータス
15番手からはマーカス・エリクソン/ザウバー

16番手からはフェリペ・ナスル/ザウバー
17番手からはフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
18番手からはジェンソン・バトン/マクラーレン
19番手からはウィル・スティーブンス/マノー・マルシャ
20番手からはロベルト・メルヒ/マノー・マルシャ


ライコネンがベッテルの上位から、クビアトがリチャルドの上位からスタートですか。
まぁ、リチャルドはタイム取り消しされちゃったからだけど。

|

« 涼しげなスコール | トップページ | 気まぐれ雨天 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 息づく伝統:

« 涼しげなスコール | トップページ | 気まぐれ雨天 »