« 土佐の空似 | トップページ | ダイレクトアタック! »

2015年7月 8日 (水)

川も見えない

とてもじゃないけど、七夕なんて感じではなかったな…。

雲に隠れてうっすらとぼんやり見える月…。
まぁ、それはそれで味があるんだけどね。





「それが声優!」アニメ化!
まだ観てないけど、録画しといたからゆっくり観よう…w
意外と、発表からオンエアまで早かったなぁ。






さて…色々ありましたが、「明治日本の産業革命遺産」が世界文化遺産に登録して一息。
既に次回以降の世界遺産について話が出ていますね…。
所謂、「暫定リスト」ですかね。

朝刊によると、文化遺産ばかりのようですが。

来年審議される予定になっているのは昨日も書いた「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」(長崎県、熊本県)。
それと、もう一つ…フランスが中心となっている、7ヶ国に渡る案件「ル・コルビュジエの建築作品」。
日本では東京都にある「国立西洋美術館本館」が該当するようです。
これが昨日の最後の方に書いたやつ。
来年審議予定だったんですねぇ。
過去2回登録を見送られているようで、3度目の正直なるか…?

そして、再来年…2017年に審議されるのを目指しているのは4件。
世界遺産登録は確か1ヶ国につき1年で1件になったようなんで、絞り込まなければなりませんね。
まずは「北海道・北東北を中心とした縄文遺跡群」(北海道、秋田県、山形県、岩手県)
それから、「金を中心とする佐渡鉱山の遺産群」(新潟県)
更に、「百舌鳥・古市古墳群」(大阪府)
最後に「宗像・沖ノ島と関連遺産群」(福岡県)
と。

「北海道・北東北を中心とした縄文遺跡群」は縄文遺跡や貝塚を中心とした案件ですね。
特別史跡である青森市の三内丸山遺跡、鹿角市の大湯環状列石も含まれている模様。

「金を中心とする佐渡鉱山の遺産群」はその名の通り、佐渡島(佐渡市)の案件。
日本最大の金銀山がある島として有名で、歴史もある事から名乗りを上げているのでしょうね。
ただ、ここは朝鮮人の労働が行われた場所であるらしいので、世界遺産に登録しようとなるとまた今回のような事が起きかねな…いや、起きるのがネック。

「百舌鳥・古市古墳群」は大阪府堺市にある百舌鳥古墳群と大阪府羽曳野市・藤井寺市にある古市古墳群をまとめた案件。
パッと見、古市は割と有名所はない印象だけど、百舌鳥は歴史の教科書にも載ってる大仙陵古墳がありますね。
大型古墳は百舌鳥が3基、古市は6基(前方後円墳)あるとの事…。

「宗像・沖ノ島と関連遺産群」は一番内容が分かりにくい案件かも。
簡単に言うと、自然崇拝を元とした信仰に関する案件ですね。
宗像市や福津市にある宗像三女神を祀る宗像大社信仰や大宮司家にまつわる史跡や文化財をまとめたものだそう。
宗像大社は境内が史跡だったり、重要文化財があったりするようです。
沖ノ島は「神の島」と呼ばれている天然記念物のようですね。島全体が御神体で、女人禁制なのだそう。
…御神体に灯台建てちゃう海上保安庁。。
宗像市、福津市双方にある古墳は国の史跡に指定されているものもあるみたいです。


まだ何年に候補に名乗りを上げるか決まってないようですが、「彦根城」(滋賀県)や「飛鳥・藤原の宮都とその関連資産群」(奈良県)、前に一度新生して登録を見送られた「武家の古都・鎌倉」(神奈川県)もあるようです。
また、「奄美・琉球」(鹿児島県、沖縄県)はユネスコの暫定リストには入っていないけど、日本の暫定リストには入っているようです。
名前だけ見ると、複合遺産行けそうな雰囲気…w


それと、2011年に世界文化遺産に登録された「平泉」に史跡を追加登録しようという話もあるようですねぇ。
ふむ。
日本の案件で追加登録って初めてだったりするような…。

|

« 土佐の空似 | トップページ | ダイレクトアタック! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 川も見えない:

« 土佐の空似 | トップページ | ダイレクトアタック! »