« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月31日 (金)

マイマンドの文化的景観

2015年に登録された、イランの世界文化遺産です。
2件のうちのひとつ。

マイマンドはイラン南東部に位置するケルマーン州にある地域。
ケルマーン州はイラン第三位の面積を誇る州で、世界遺産に登録されている町・バムも含まれています。

ここに住まう人々は遊牧民なのだけれど、冬場は渓谷にある岩をくり貫いた住居穴居生活をすると言う。
だからか、半遊牧民って言われているみたいです。
春から秋にかけては山の上にある住居で暮らし、家畜を放牧しているそうな。
また、農業も営んでいるらしい…。

その生活範囲は山脈の南端にある渓谷や乾燥地帯…沙漠とかですかね。
山脈がどの山脈を示しているのか、あんまりハッキリしないんだよなぁ。位置的にザグロス山脈ではなさそうだけど、イラン中央部は数多くの山脈が走っているらしい…。確かに、地図帳を見るとザグロス山脈の北側はイラン高原等があるけど、山がちである。そのどれか、という事になるだろうなぁ。

今回の登録は半遊牧民の人々の暮らしぶりが文化的景観として評価されたという事ではないでしょうか。
普通、牧畜は家畜が移動するのに合わせて人が移動するって感じだと思うけれど、こちらは人が移動するみたいだし…独特だよね。








次の世界遺産候補が確定。
「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」!
福岡県宗像市と福津市にあります。

さて、登録なるか?





これから例のイベント。
すっかり月末は入れられちゃってるなぁ…。







ネギタレ艦隊2015年7月末版です。
前回は6月末でしたね…。

正規空母
瑞鶴改 Lv.55→Lv.60
葛城改 Lv.55→Lv.60
赤城改 Lv.55→Lv.60
加賀改 Lv.55→Lv.60
蒼龍改 Lv.56→Lv.60
飛龍改 Lv.56→Lv.60
翔鶴改 Lv.55→Lv.60

軽空母
千歳航改二 Lv.55→Lv.60
千代田航改二 Lv.55→Lv.60
飛鷹改 Lv.50→Lv.55→Lv.60
隼鷹改 Lv.50→Lv.55→Lv.60
鳳翔改 Lv.55→Lv.58
祥鳳改 Lv.55→Lv.57
瑞鳳改 Lv.55→Lv.56
龍驤改 Lv.55→Lv.56

水上機母艦
秋津洲改 Lv.43→Lv.54
千歳甲 Lv.50→Lv.53
千代田甲 Lv.50→Lv.51

航空戦艦
伊勢改 Lv.60
日向改 Lv.59→Lv.60
扶桑改 Lv.55→Lv.60
山城改 Lv.55→Lv.60

戦艦
陸奥改 Lv.60
Italia Lv.60
金剛改 Lv.60
比叡改 Lv.60
榛名改 Lv.60
霧島改 Lv.60

航空巡洋艦
最上改 Lv.60
鈴谷改 Lv.55
熊野改 Lv.55

重巡洋艦
那智改 Lv.55→Lv.60
摩耶改 Lv.55→Lv.60
鳥海改 Lv.55→Lv.60
利根改 Lv.55→Lv.59
衣笠改二 Lv.55
古鷹改 Lv.55
加古改 Lv.55
青葉改 Lv.32→Lv.55
足柄改 Lv.55
羽黒改 Lv.55
筑摩改 Lv.55
妙高改 Lv.30→Lv.40
高雄改 Lv.30→Lv.36
愛宕改 Lv.30→Lv.35

重雷装巡洋艦
大井改二 Lv.60
北上改二 Lv.60

軽巡洋艦
五十鈴改二 Lv.52→Lv.55
那珂改二 Lv.50→Lv.55
球磨改 Lv.50→Lv.55
多摩改 Lv.50→Lv.55
川内改 Lv.50→Lv.55
神通改 Lv.50→Lv.55
鬼怒改 Lv.50→Lv.55
阿武隈改 Lv.46→Lv.55
夕張改 Lv.53→Lv.55
大淀改 Lv.55
天龍改 Lv.50→Lv.51
龍田改 Lv.50→Lv.51
木曾改 Lv.50
長良改 Lv.50
名取改 Lv.50
由良改 Lv.35→Lv.36

練習巡洋艦
香取改 Lv.69→Lv.75

駆逐艦
叢雲改 Lv.60
島風改 Lv.60
雷改 Lv.60
電改 Lv.60
秋月改 Lv.60
夕立改→夕立改二 Lv.46→Lv.55
暁改 Lv.50→Lv.55
響改 Lv.46→Lv.55
白露改 Lv.45→Lv.55
時雨改 Lv.50→Lv.55
村雨改 Lv.45→Lv.55
春雨改 Lv.50→Lv.55
望月改 Lv.32→Lv.36
綾波改 Lv.32→Lv.35
陽炎改 Lv.32→Lv.35
黒潮改 Lv.32→Lv.35
潮改 Lv.32→Lv.35
初春改 Lv.32→Lv.35
子日改 Lv.32→Lv.35
若葉改 Lv.32→Lv.35
五月雨改 Lv.32→Lv.35
涼風改 Lv.32→Lv.35
朝潮改 Lv.32→Lv.35
荒潮改 Lv.32→Lv.35
睦月改 Lv.33→Lv.35
如月改 Lv.32→Lv.35
文月改 Lv.32→Lv.35
長月改 Lv.32→Lv.35
菊月改 Lv.32→Lv.35
初風改 Lv.32→Lv.35
秋雲改 Lv.32→Lv.35
巻雲改 Lv.32→Lv.35
弥生改 Lv.33→Lv.35
Z1改<レーベレヒト・マース> Lv.32→Lv.35
浜風改 Lv.32→Lv.35
清霜改 Lv.32→Lv.35
山雲 Lv.32→Lv.34
野分 Lv.32→Lv.34
吹雪改 Lv.32→Lv.34
初雪改 Lv.29
不知火改 Lv.29
曙改 Lv.28→Lv.29
初霜改 Lv.28→Lv.29
皐月改 Lv.29
三日月改 Lv.29
満潮改 Lv.27→Lv.28
霞改 Lv.27→Lv.28

潜水空母
伊58改 Lv.59
伊19改 Lv.59

潜水艦
伊168改 Lv.60
呂500 Lv.59
まるゆ改 Lv.57→Lv.58
伊8 Lv.49







続きからコメント返信!

続きを読む "マイマンドの文化的景観"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ううっ…

頭痛い…ので、ダウン。


早朝に目覚めたり、朝寝てみたり色々と…色々と不規則になっていたなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月30日 (木)

スーサ

2015年に登録されたイランの世界遺産は2件。
どちらも文化遺産です。

そのうちのひとつがスーサ。
エラム王国やアケメネス朝ペルシャの王都だった古代都市で、イラン西南部・フゼスターン州シューシュに位置しています。
イラクとの国境が近く、周辺にはイランの世界遺産が2件、そしてアザデガン油田があります。

王都ではなくなった後も交易拠点等として長く繁栄していたらしいです。
ここはアクロポリス、アバダーナ(宮殿の謁見の間跡)、王の都市、技師の都市で構成されています。
アクロポリスからは紀元前4000年頃の神殿跡が発掘されたとかで…その長い長い歴史も評価されたみたいですね。

ルーブル美術館に保管されているハンムラビ法典碑はここで発見されたらしいですね。
スフィンクスの壁画なんかも出土しているのか。

因みに、スーサの守護神はインシュシナクというらしい。
神殿跡からシルハク・インシュシナク碑文というものが刻まれた青銅製の神殿模型が見つかっているんだとか。
シルハク・インシュシナクは紀元前1200年頃にいたエラム王国の王らしい。
どうやら、インシュシナクは元々神の名前だったみたいですね。
シルハク・インシュシナクはインシュシナクに深く愛されたしもべのアンシャン、スーサの国を広げた支配者でエラムの守護者だったシュトルク・ナフンテの間に生まれた息子…とWikiには書かれていますね。
神との繋がりがあったから、神の名を賜っていたのだろうか。
こういった王は神の代弁者とかって側面を持っていそうだし…。







珍しく朝から…この前みたいに寝坊しないようにと気合入れていたら、早く起き過ぎました。。
寝てから3時間くらいしか経ってなかったけど、寝直すのはリスク高かったんで、録画したアニメ観てました。







アニポケはムサシのバケッチャがパンプジンに進化!
♀である事が正式に言及されてました。

…あー、コスプレイベントえぇなぁ。
フラージェスセレナ可愛い。
で、なんでサトシはカビゴンだったのかw
シトロンはミルホッグだったしw







それが声優!3話目、ユニット回。

まぁ、ユニット組む前に色々あったのだけれど。
薄い本以上に危機感がある印象。
…いや、あっちもあっちで度々ヤバいんだけど。

あっ、打ち上げ!
これも薄い本で言及されていなかった事ですな。
ここで今回のゲスト、銀河万丈さん登場www
…そうきたかwww
これまた大物が…www

WEBラジオのアクセス数右肩上がりなんだ…これは番組名変わって続投と言えど、ライブの時にそんなに苦戦しなさそうな?
薄い本ではかなり苦戦してましたしねぇ。
さて、ライブ回が楽しみですな。

ユニット決まってからの流れは薄い本と同じ感じで…。
ユニットの話自体WEBラジオ最終回終了後だったり、すぐユニット名の話になったり色々違うけど。
それにしても、ユニット名のくだりは薄い本よりパワーアップした表現に…www
これはいつ見ても酷いwww
ロゴが既に完成しているも一緒やwww

通称振り袖がヤバい…www
ユニット衣装のイメージを想像して赤面…だけじゃなくて、ベッドの上でじたばたしておるwww
こちらも表現がパワーアップしています…w

薄い本では自宅での作戦会議(?)でそれぞれの取り組みが分かるけど、今回はインタビューの現場で、という所ですか。
そういや、雑誌のインタビューは薄い本にはなかった話題やなぁ。
今週の浅野さんはインタビュワー…科白は殆どなかったけど、この存在感よ。
薄い本のジャケット撮影回とは違って、雑誌の撮影ではめっちゃリラックスしとるやんwww


EDリクエストはももクロですね。
セーラームーンクリスタル…って新しいやつですな?


来週はイベント回ですか!
薄い本では堀江由衣さんが出てたな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年7月29日 (水)

ベート・シェアリムのネクロポリス-ユダヤ人の再興を示す一大中心地

2015年に登録された、イスラエルの世界文化遺産です。

イスラエル北部、ガリラヤ地方の世界遺産。
ベート・シェアリム国立公園の中にあります。
同国立公園は地中海沿岸の都市ハイファ(ヘーファ)の南東、内陸都市ナザレの西に位置しているみたいですね。
近くには聖書にゆかりのある丘のひとつ、メギドがあったりします。

ネクロポリスはユダヤ教の墓地であり、彼らの文化的な伝統が示されているようです。
ここはローマ帝国との間で起こったバル・コクバの乱(第二次ユダヤ戦争)後のもので、その戦いに破れたユダヤ人達が手がけたものなんだとか。
様々な文化的な影響を受けた痕跡が残っているようで、ギリシャ語、アラム語、ヘブライ語で書かれた壁画や碑文もそうしたもののひとつなんだと思います。
戦いの後に再興したユダヤ人達がここを初期ユダヤ教の中心地としたというのも、そういった様々な文化との接触によって影響された結果なのかもしれませんね。
それまで中心地だったエルサレムは戦いで破壊されてしまっていたようですし、奪われたみたいな感じだったからってのもあるでしょうけれど。

まぁ、何はともあれ、歴史的に見てもユダヤ教にとっても価値があったり、非常に重要だったりするので、そういう所が評価されたんでしょうなぁ。







さて、まだF1ハンガリーGPを観ていないんだけど…。


ハンガリーGPが終了し、夏休み期間に突入。

これから色々な事が起きるかもしれないし、起きないかもしれないし。
取り敢えず、ハンガリーGP週末にザウバーが2015年も現行のドライバーを引き続き走らせる事を発表。
つまり、マーカス・エリクソンとフェリペ・ナスルが続投されます。

…結構早いなぁ、こういった発表。
いつもだったら夏休み中とかに動くような感じだからねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月27日 (月)

ケープ植物区系地方の保護地区群

アフリカの世界遺産シリーズ。

2015年に登録が拡張された、南アフリカの世界自然遺産です。
南アフリカの西ケープ州にあるケープタウン周辺からポートエリザベス周辺までにある8つの保護区がそのエリア。
付近には喜望峰とかアガラス岬があり、本当に南端って感じです。

ここは世界六大植物区のひとつに数えられる潅木植生地域で、約5000種の固有種を含む8000種以上もの植物が生息しています。
アフリカ大陸全体の20%にあたる植物がここにあるらしい。
ヤマモガシ科、ツツジ科、サンアソウ科が代表的な植物なんだとか。
ヤマモガシ科をはじめ、多くの植物は夏に頻繁に発生する山火事に適応した生態になっているようで、これを利用してタネに発芽を促したりしているみたいです。

ここもその保全に課題を抱えているようです。
農業用開発や都市開発による影響、アカシア属等による外来種の影響と。

元々は2004年に登録された世界遺産ですが、今回その拡張が行われました。
…何処がどう拡張されたのか良く分からん。。


2015年に登録されたアフリカの世界遺産は以上。
次はアジアかな。








Kodaiiseki_pb
この前QMAやって、古代遺跡検定SSS取れたー。

ってのをずっと載せてなかったや。








昼寝してから動こうと思ってたけど、起きたら日が落ちてたわ。
さて、寝ようかな。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月26日 (日)

シャンパーニュの丘陵群、家屋群、地下貯蔵庫群

2015年に登録された、フランスの文化遺産の2件目。
こちらも文化遺産です。

シャンパーニュとは、シャンパーニュ=アルデンヌ地域圏に属する地方のひとつ。
今年登録された相方の「ブルゴーニュのブドウ栽培の風土」があるブルゴーニュ地域圏はこの地域圏の南隣。
つまり、お隣さんって事ですね!
…規模がアレだけど。

シャンパーニュと言えば、発泡酒のシャンパンの語源だけれど、今回はワインに関する案件である。

特に記述がなかったんだけど、おそらくはシャンパーニュ=アルデンヌ地域圏の中央部に位置するマルヌ県西部が今回の範囲だと思う。
ヴィニョブル・ド・シャンパーニュってワインの生産で有名だと言われている地方があるし。
この地方にあるのかはイマイチ確証が持てないんだけど、モンターニュ・ド・ランス地区にあるヴェルズネー村近辺がそうなんじゃないかなぁ…と。
特に言及なかったけれど、Wikiの画像一緒だったし。

地図ではシャンパーニュ=アルデンヌ地域圏の首府でマルヌ県県庁所在地でもあるシャロン=アン=シャンパーニュの西、シャンパーニュ=アルデンヌ地域圏最大の都市・ランスの南に位置しているかもしれない。
ランスと言えば、1991年に登録された世界文化遺産「ランスのノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿」があるね。


今回の物件は3つの丘陵地が対象で、ワイン製造の他にブドウ生産そのものが内容に含まれています。
他にも、ワインセラーを地下に持っているシャンパン製造所、販売や物流の拠点であるシャンパン・ハウス等、シャンパンの製造工程を現しているものすら入っているとか。

ここもブドウ栽培からワイン製造に至るまでの一連の工程が産業として確立されたという所が評価されているように思います。
そういう一連の工程が「文化的景観」と見なされているのではないかなぁと。
加えて、それらが音楽や美術にも影響を与えているようで、そこも評価されているようです。

この辺りは17世紀初頭〜19世紀頃にスパークリングワインの生産方法が開発、発展した場所なんだって。
まさに、シャンパンの土地ですなぁ。
因みに、スパークリングワインの生産方法とは、ボトルの中で二次発酵させる手法の事のようです。


これで2015年に登録されたヨーロッパの世界遺産シリーズは終わり。
次はアフリカかなー。








F1ハンガリーGP予選!!


フリー走行1回目ではペレスがクラッシュ。
縁石で体勢を崩してそのままウォールにヒット、その後にひっくり返ってしまっていました。


実況は塩原や!
…あれ、大人しいなw


Q1
先日亡くなった、ビアンキの追悼レースでもある…。
各チーム、マシンやヘルメット等に追悼するハッシュタグ等があしらわれています。

早速ロズベルグがコースへ。
2回くらい縁石から越えちゃってるね…。
結構ハミ出やすいらしい。
ハミルトン、いきなりロズベルグに対して1秒差を付けています。

…おっ、ベッテルが2番手。
リチャルドは4番手だ。
フェラーリとレッドブルのメルセデス以外のトップを争っている印象。

おっ、ここでバトンが4番手!
ミディアムタイヤではなく、ソフトタイヤだけどね…。

マッサはタイムを上げたけど、11番手かぁ…。
ウィリアムズはアップデートはされているものの、ここではトップ争いには絡めないだろうなぁ…。

ここでリチャルドが2番手に!


さて、残りは7分です。
バトン、タイムを更新して3番手!
Q2進出なるか?

ナスルはソフトタイヤで12番手でした。
ザウバーキツそう…。

ロズベルグ、縁石で姿勢を乱して少しコースオフ。
ちょっとマシンに苦戦している?

残り5分半、ラストアタックへ。

ボッタス、ソフトタイヤでアタック。
ここでトップタイムだ!

ロータスガレージにいるジョリオン・パーマー。
彼はロータスのリザーブドライバー。


周囲がソフトタイヤでアタックする中、ハミルトンとリチャルドはミディアム…かな?


ヒュルケンベルグが2番手!
クビアトがトップタイム!

ハミルトンもソフトに履き替えてコースイン!
これで全員がソフトタイヤかな?

ロズベルグがトップタイム!
ベッテルが2番手!
マッサは7番手!
アロンソは14番手…結構ギリギリだ。
これでバトンが16番手に後退。

チェッカー!

エリクソン、ナスルは順位が変わらず、 ザウバーはここでダブルノックアウトだ。
マッサがタイムを更新して8番手!
ハミルトン、ここでトップタイム!
バトンは16番手、ノックアウト。
最後にメルヒがスティーブンスを上回った!


Q2
アロンソが止まった!
黄旗!
ピットレーン入口か?
赤旗に!

アロンソが一人でマシンを押している…。
あ、マーシャルが手伝ってくれた。
マシンを押しながら、歓声を送る観客に手を振るアロンソ。
間も無く赤旗解除である。


さぁ、残りは5分!
ハミルトンはまだ本気でアタックしてなかったのかな?
現在、9番手。
ハミルトンはタイムを更新!
ここでトップタイムである。

ヒュルケンベルグは5番手。
クビアトが5番手に。
リチャルドが4番手に入ってきました。

汗びっしょりのアロンソ、マシンを降りてガレージの奥へ。
アロンソはもう走らないのかな?

ウィリアムズ勢がアタック中!
ボッタスは6番手!
マッサは…?
8番手…うーん、厳しいね。
フェルスタッペンが9番手!
ここでチェッカー!
グロージャンはギリギリの10番手!
サインツJr.は12番手でノックアウト。
マルドナドは13番手、ペレスがそれを上回って13番手。

結局アロンソはタイムを記録出来ませんでした。


Q3
ロズベルグ、そしてハミルトンがコースへ。
ロズベルグのファーストアタックは1分22秒766!
ハミルトンは…1分22秒408!
まずはトップタイムを記録。
リチャルド、セクター2が全体ベスト!
3位以下はベッテル、リチャルド、ライコネン、ボッタス、クビアト、マッサ、グロージャンの順となりました。
フェルスタッペンは1アタックのようですね。

さぁ、残りは2分30秒になるという所。
続々とコースに向かい、ラストアタックの時間に差しかかっています。

まずはロズベルグ!
セクター1でタイムを削ってきているぞ…?
あ、セクター2では遅い…。
ここでハミルトンがセクター1のタイムを縮めてきた!
ロズベルグのタイムを上回ってきているぞ?

まずはボッタス。
タイムを更新するも、6番手だ。
ロズベルグはタイム更新するも、ハミルトンには届かず。
2番手!
ベッテルもタイム更新したが、3番手のまま。
ライコネンも同じくタイム更新するが、5番手のまま。
ハミルトン、タイム更新!
1分22秒020、ポールポジション確実ですね!
クビアトもタイム更新。だが、7番手には変わりはない。
マッサもタイム更新したけど、8番手に変化なし。
フェルスタッペンが9番手に入った!
グロージャンもタイムを更新。
フェルスタッペンに上回られた為、10番手でした。
最後はリチャルド!
タイム更新!
しかし、4番手に変わりはなし。


ロズベルグはアンダーステアに苦しむ予選だったような…。
それでも2番手ではあるが。

ハミルトンはハンガロリンクで5回目のポールポジション獲得。
今週末は全セッショントップタイムのようだ…強いねぇ。


ポールポジションはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2番手からはニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
3番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
4番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル
5番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
6番手からはバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ
7番手からはダニール・クビアト/レッドブル
8番手からはフェリペ・マッサ/ウィリアムズ
9番手からはマックス・フェルスタッペン/トロロッソ
10番手からはロマン・グロージャン/ロータス

11番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/フォースインディア
12番手からはカルロス・サインツJr./トロロッソ
13番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア
14番手からはパストール・マルドナド/ロータス
15番手からはフェルナンド・アロンソ/マクラーレン

16番手からはジェンソン・バトン/マクラーレン
17番手からはマーカス・エリクソン/ザウバー
18番手からはフェリペ・ナスル/ザウバー
19番手からはロベルト・メルヒ/マノー・マルシャ
20番手からはウィル・スティーブンス/マノー・マルシャ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月25日 (土)

ブルゴーニュのブドウ栽培の風土

2015年に登録されたフランスの世界遺産は2件。
どちらも文化遺産です。
ワイン関連を2つ揃えてきたな…w


そのうちのひとつが今回の物件。

ブルゴーニュとはフランス東部にあるブルゴーニュ地域圏の事。
フランスの首都・パリの東南部に位置し、山がちの地方なのだとか。
温暖な気候やセーヌ川に注ぐヨンヌ川とローヌ川に注ぐソーヌ川がある等、農耕が盛んな地域。
また、山がちの割には耕作に適した平坦な土地が多いらしい。

今回はこの地域圏の中でもコート・ド・ニュイ地区とコート・ド・ボーヌ地区、2つのブルゴーニュワイン生産地の文化的景観が対象となっているようです。
この2つは首府・ディジョンが置かれている地域圏東部の県、コート=ドール県にあるようですね。
ディジョンの南隣にあるマルサネ・ラ・コート村という自治体にあるようで、ロマネ・コンティ等の高級ワインの産地として知られているようです。
ロマネ・コンティとか俺でも知ってる!

文化的景観というと、畑でのブドウ栽培からワイン製造工場での作業に至るまで、一連の工程…という事でしょうかねぇ。

因みに、イコモスはここでも保護や管理面で課題を提示し、「情報照会」勧告を出していたようです。


ローヌ川とソーヌ川はQMAの線結び形式で出題されています。
他の組み合わせはセーヌ川-オワーズ川、ロワール川-ヴィエンヌ川である…。








Pokemon_lb
日本未来科学館で開かれている、ポケモン研究所へ行ってきました!


Rekidai_poke_pack
おぉ、歴代のパッケージが…!!
最近のは足りていないけど。


あっ、とても難しいって、そういうことか…www
ギラティナ(アナザーフォルム)、レシラム、ゼクロムとかがいました!
モニターに伝ポケがちょいちょい出るなぁwww


Unknown_hekiga
アンノーン壁…これは上手いことなぞったら、隠し扉が開きそうや…。
とは相方の言葉。


Ippai1
シキジカとメブキジカのバリエーションもそうだったけど、こいつらはもっと盛大だった。


Ippai2
その隣の列のトリミアンもそこそこ…。


Free
自分が好きなのとか誰かさんが好きなのとかイロモノとか。


リアル研究ゾーンで初めてミミズの解剖写真見たかもw

青いダンゴムシかぁ…。。








あ、隅田川の花火は帰り際に合計2分くらい見たよ。





Numa

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月24日 (金)

リューカンとノトデンの産業遺産

2015年に登録された、ノルウェーの世界文化遺産です。
リューカンとノトデンはいずれもノルウェーの首都・オスロから西へ向かった内陸部にある町。
どちらもテレマルク県に属しています。
2つの町は山や滝、渓谷等に囲まれていて、それらを利用した水力発電所、送電回線、工場、輸送施設等が存在しています。
そうした施設はノルスク・ハイドロ社という会社が手がけたようで、同社のそうした取り組みによる産業や技術の発展が評価されたのではないでしょうか。
ここの水力発電所はノルウェー初らしい。

因みに、一連の施設は人工肥料を生産する為なのだそうです。
空気から窒素を固定して作られるらしい…。
この産業は20世紀初頭のヨーロッパにおいて、農業生産の重要が拡大した為に始められたものみたいです。

また、今回の範疇に入っているかは分からないけど、2つの町は産業の為のインフラもしっかり整えられているらしい。
労働者用の宿泊施設や人工肥料を輸送する鉄道、フェリー等といった輸送関連施設…。
これらは産業遺産と自然景観の融合を体現していると評されていて、20世紀初頭における新しいグローバル産業の事例だと見なされているらしいです。


地図帳にはリューカンが載っているけど、詳細はあまり分からん。
山の山頂に巨大鏡を設置して、冬場に太陽光を町へ照射する…なんてプロジェクトの事ならあ書いてありましたが。
逆に、ノトデンは地図帳に載っていないけど、Wikiには載っていました。
どうやら、メタル音楽祭が開かれているようだ…w








先日はレッドブルに新作が出てましたけど、モンスターエナジーにも新作が出たようなので買ってみました!

11monster_energy_ultra12summer_monster
MONSTER ENERGY ULTRA!!

白いベースカラーにシルバーとブルー…
いやぁ、夏にぴったりの涼しげなカラーリングですね!!

甘さ控え目ですっきりとした感じ…何だとかで。
こちらも夏を意識した味付けなのだろうか?


13monochrome
プルタブが黒…これはモノクロカラーでスタイリッシュに見えるね!!
良いよなぁ、こういう配色。


開けると、他のモンスターシリーズとは違う、少しミルキィな匂い。
匂いからも甘過ぎない、さっぱりしてそうな感じがします。
今までのシリーズに比べて、控え目な印象。


14clear_white
色は少し濁った白い感じ。
モンスターカオスの色とか見てると、ちょっと安心できるかも…w
モンスターシリーズも言う程ドギつくはないけどねぇ。
どっちかっていうと、burnシリーズの方が…w


味もあっさり。
少しクリーミィだけど、果物系清涼飲料水っぽい感じもする。
例えるなら、ライチとか…そんな印象かな。
エナジードリンクにしては癖が少ないから、飲みやすいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ディヤルバクルの城塞とヘヴセル庭園の文化的景観

2015年に登録されたトルコの世界遺産、2つ目も文化遺産です。

ディヤルバクルはトルコ南東部にある都市。城塞都市として知られており、ディヤルバクル県の県都です。
名前は「銅の国」という意味らしい。
古来からイランやイラク、黒海、地中海を結ぶ各々の道が集まる都市で、交易によって栄えていたようです。
だからなのか、クルド人が多い都市なんだって。

この都市の旧市街地は城壁で囲まれており、これが城塞都市と呼ばれる所以。
この旧市街地とそれに関連する景観が評価されたようです。
時代毎に大きな役割を果たしてきた…とありますが、侵攻に対する防御とか文化の交流とかそういった意味でしょうかねぇ。
それで、関連する景観というのは…ヘヴセル庭園の事でしょうか。
殆ど情報ないっぽいんだけど、どうやら城壁に隣接する庭園のようですね…。
きっと交易によって栄えた都市らしく、異文化のエッセンスが入った庭園だったりするんでしょうかねぇ。

イコモスからは保護法制等への問題点をされており、「情報照会」の勧告が出されていました。
世界遺産委員会で登録が決定したと言う事は、なんらかの解決策が見出された、もしくは糸口が見つかりそうだと言う所なのでしょうか。
割とその辺りがガン無視されていたりして…w

ディヤルバクルはQMAのキューブ形式で出題されていて、ある意味俺にとって馴染み深い都市のひとつなのです。






近所のドラッグストアが潰れて、今度は何になるのか…と思っていたら、なんとマンションになるっぽいのでした。
またか、またマンションができるのか…。
好きだねぇ。。
何でお店を作ってくれないんだ。

…というのは、名乗り出る企業あっての事だけれど。






…なんだ、楽勝じゃなかったか。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月23日 (木)

エフェソス

2015年に登録されたトルコの世界遺産は2つ、いずれも文化遺産です。
そのうちの1つがエフェソス。

トルコ西部、地中海に面するイズミル県のセルチュク近郊にある古代都市遺跡です。
元々は世界七不思議の一つであるアルテミス神殿等を擁するギリシャ人都市だったようですが、後にやってきた原始のキリスト教を受け入れたという柔軟な都市。
元々は港湾都市だったらしいけど、今では土砂が堆積して内陸化しているとか。

アレキサンドリアの図書館、ベルガモの図書館と並んで、世界三大図書館とされていた、セルシウス図書館の跡地もあるみたいです。


イエスの母、マリアも使徒ヨハネと共にこの地にやってきていたようで、マリアは余生をここで過ごしたと言われているらしい。
その時住んでいた土地には今「聖母マリアの家」という礼拝堂が建っているみたいです。
ただ、イコモスはエフェソスの遺跡から7km離れた場所にある「聖処女マリアの家」は構成遺産から外すべきだ、という条件を付けたらしい。
その物件と「聖母マリアの家」が同一かは…。
いや、これは同じだろうなぁ。


ところで、歴史に名を残したくてアルテミス神殿に放火した者がいたらしい…。
その時に神殿は焼けて倒壊し、再建されたものが世界七不思議に数えられたんだって。
因みに、その人物が後世まで記録として残らないよう、揉み消そうとしたらしいけど…失敗したそうな。
ヘロストラトスという名の羊飼いの男だとの事。
「地理書(地理誌)」で知られる地理学者・歴史家・哲学者のストラボンもその事件について触れたそうな。


因みに、万物の根源(アルケー)は火であるという思想で知られる哲学者、ヘラクレイトスの出身地でもあるんだって。
そう考えると、かなり凄い都市のように思えるね!







はい、今日は無理でしたね…。。
無理です、無理。

もうこんな時間だよ…。
って、空が何か夕焼けみたいになっとるwww
これはえぇ空や!
綺麗だなぁ…って、あぁ、雨降ってるのね。
雨雲があったからあんな感じの空になったのだろうか。

…と書いている間にも元の朝焼けに戻って行く。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月22日 (水)

シュパイヒャーシュタット、コントルハウス地区およびチリハウス

2015年に登録された、ドイツの世界文化遺産です。

ドイツ北西部の都市、ハンブルクの市内にある世界遺産です。
ハンブルクはベルリン等と同じように特別市とされています。
エルベ川河畔の港湾都市である。
この世界遺産はハンブルクの中にある2つの商業地区と近代建築をまとめたものだそうです。

1つ目の商業地区は「シュパイヒャーシュタット」。
エルベ川の中州にある商業地区で、1885年〜1927年、一部は1949年〜1967年にかけて開発されたようです。
立ち並ぶ赤レンガの倉庫にはコーヒー、香辛料、タバコ等の贅沢品が保管されていたんだとか。
倉庫街が15ブロック、倉庫関連の建造物や水路ネットワークが6つあり、世界最大の歴史的複合型倉庫街になっているらしいです。

2つ目の商業地区は「コントルハウス」。
もう一つの世界遺産構成資産であるチリハウスに隣接する地区で、こちらは港湾関連事業の為に1920年代〜1940年代にかけて開発されたようです。
広大な土地に6つのオフィス街があるのが特徴だとか。

チリハウスは表現主義的な建築として有名な近代建築との事。
フリッツ・ヘーガーって人が建てたんだって。
詳細はあんまり分からん。
ユネスコのコメントを見る限り、この建物もレンガ建築だろうか?
…あー、なんか、それっぽい。
赤レンガってよりも、赤銅レンガ。
先端が何か鋭くて近代的な感じw

これらは当時の国際商業の急成長を現しているとして評価されたようです。







それが声優!
3話目。
WEBラジオ回。

出た、怖い極意w
不用意な発言は消せない、発言した人は消える。
薄い本より更に怖いっていうか、悪戯っぽい演出になっている…w
つか、さりげなくぽそりと「人が悪い」言われてるぞw

香川県…w

薄い本ではネタ帳に書かれたりしていた事が書かれているだけじゃなくて、結構実際に言っちゃったりしていますな。
なんだよ、味噌田楽定食ってw
おぉ、今回の浅野さんはサイゼリアっぽいとこのウエイトレスさんかw

で、告知の為に生ラジオ…って、田村ゆかりさんwww
めっちゃ輝いとるwww
今回のゲストはゆかり姫さんですかw
ゆかりんワールド炸裂w

そして薄い本以上に緊張でガチガチしてるwww
紹介時点から既に真っ白くなっとるwww
あ、いつもあたふたしてるから「フタフタ」という先輩の罠出たw
「一度付いたあだ名は直らない」も出ましたね!
…それにしても、田村さんと2人して先輩の罠を発動させるとはw

WEBラジオ収録の様子は薄い本にはあんまりなかったかな?
…って、本名言っちゃうのヤバいw
人のネタ先に使っちゃったw
これは想像以上の酷さになっている…w
ぐだぐだって言われまくってるしなw

EDリクエストは田村さんの曲!
そして次回はいよいよユニットですか!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月21日 (火)

溶けるように

いやぁ、帰ってから寝てしまったね…。
そもそも、帰ったのも日付変わった後だけれど。

珍しく朝からだとダメですな、寝坊してしまった…。
そしてドタバタして、ようやく落ち着いて、そして真夜中…と。


さて、少しは落ち着くかなぁ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月20日 (月)

シェラン島北部のパル・フォルス式狩猟の景観

2015年に2件登録された、デンマークの世界遺産のうちの1件です。
世界文化遺産に登録されています。

シェラン島はデンマークの首都・コペンハーゲンがある、バルト海に浮かぶ島です。
この島の北部にある3箇所の狩猟場が世界遺産。
「ストーレ・ディレハーヴェ」、「グリブショウ」、「鹿公園」と名が付いている狩猟場はいずれもデンマーク王家のものらしいです。
では、「景観」とは…。
狩猟場は都市部のようにマス目状の区画整備がされており、番号が振られた石柱や柵があるのだとか。
また、区画内にある狩猟小屋等の建築物はバロック様式のものなのだとか。
狩猟文化そのものもそうですが、そうした整備された景観の美しさが評価されたのでしょうね。
バロック様式の景観を森林地帯に持ち込んだ部分も評価されているみたい。

因みに、「パル・フォルス」はフランス語で「力による」という意味らしく、これがそのままデンマーク語にもなっているようです。
イコモスの勧告書では「シャス・ア・クール」というフランス語で表現されているらしく、この言葉の意味から、どうやら、馬に騎乗して猟犬を伴った狩猟方法の事を言うようですね。







今年もポケモン映画観てきました!
やっぱりこれだね!


…あれ、公開2日目で観客少ないなぁ。
別に良いけど、パンフレットの値段が620円とかいう微妙な感じでなんかもうウズウズ。
なんだよ、20円って!
消費税とか価格高騰とかの影響か?
ただ、例年の値段覚えてないので高くなったのか安くなったのか分からんのですよ。


映画を観た後は優雅にティータイムにしたりとか。
なんちゃって英国式ティータイム…w

??「Tea Timeは大事にしないとネ〜!」




…あ、カメラ男新作?
ポップコーン男って口ないのにどうやって喰ってるんだ…w
つか、驚いてぶちまけ過ぎだろw
映画館でぶちまけたら掃除の人が大変だし、部屋でぶちまけたら後で自分等が掃除するのが大変だろw




さて。
ネタバレの為、続きから。
反転もしてます。

続きを読む "シェラン島北部のパル・フォルス式狩猟の景観"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月19日 (日)

モラヴィア教会の入植地クリスチャンスフェルド

デンマークは今年、2件の世界遺産が登録されました。
まずはその1件目。
2015年に登録された、世界文化遺産です。
ユトランド半島南部にあるクリスチャンスフェルドって町が世界遺産。
この町は1773年に「モラヴィア兄弟団」が入植したことによって形成されており、その都市計画には信仰が大きな役割を果たしたとか。
教会広場を中心とした設計が為されているようですね。
この町の建物も特徴的で、いずれも1〜2階建てで赤いタイルの屋根、黄色煉瓦作りの壁を持つようです。
これはパッと見ただけで綺麗な建物だなぁって思えるね!

「モラヴィア兄弟団」はチェコ東部にあるモラヴィア地方から逃れてきた(迫害等があったのだろうか)という人々が中心となって結成した共同体のようで、プロテスタントの思想を持つ人々みたいですね。
だから、「モラヴィア兄弟団」は信仰共同体と表現される事もあるみたい。
ルター派教会なんて言われ方もするようだ。

尚、「モラヴィア兄弟団」はチェコ語における名称のようで、ドイツ語だと「モラヴィア教会」というらしい。
Wikipediaには「共通の体験、交わり、分かち合いを回復することによって教会の革新を目指す共同体運動の一つ。」と説明されていますね。
まぁ、この辺りのお話は結構複雑だったりして分かりにくいものだけれど。






今日もこの時間。

…そうか、世間様は三連休か。
どうにで最近忙しいと思った!








昨年のF1日本GP決勝でクラッシュし、意識不明となっていたフランス人ドライバーのジュール・ビアンキが亡くなったと報じられました。
先日の岩田社長の時もそうだったけど、突然の訃報で驚いています。
確かに、最近はビアンキに関するニュースも少なくなっていたけれど、それ程までに状況が悪化していたとは…。

レース中のクラッシュが原因で亡くなったF1ドライバーは1994年にイタリアのイモラで行われたサンマリノGPの決勝で亡くなったアイルトン・セナ以来でした。
それ以降、2007年のロバート・クビサや2009年のフェリペ・マッサ等大クラッシュはあったものの、マッサが半年間欠場したものが最も重いものだったように思います。
その間、他のカテゴリーでは死亡事故も起きているし、F1だってテストでマリア・デ・ヴィロタの事故があって、彼女はその事故が原因で亡くなったのだけれど。

F1ではセナの死後、安全面が大幅に見直されて、改善がされていったからレース週末では死亡事故が起きていなかった訳です。
今回の件で更なる安全性の強化…次のステップへ進む必要があるという事を示していそうです。
既に事故当時から幾つかの案が検討されていたりしているけど、どうなる事やら。


ビアンキは台風と夕暮れが近付きつつあったレースの終盤で、ダンロップカーブの終わり辺りで濡れた路面によって挙動を乱し、あまりスピードが落ちないままウォールに直進。
前の周に同じ場所でクラッシュしていたエイドリアン・スーティルのザウバーのマシンを撤去しようとしていた重機に衝突しました。
マシンは左側が特に大破していた事から、重機と正面衝突したのではなく、左側を擦るように接触していたようです。
衝突によって頭部にダメージを負い、その時点で意識不明に。
そして、状況が分かってから、レースは終了。
彼はすぐに三重の病院で処置を受けた後、故郷近くであるフランス・ニースの病院に移って入院していました。

去年のモナコGPでは所属していたマルシャに初のポイントフィニッシュを届けていたビアンキ。
フェラーリの育成プログラムに入っていた彼は将来を有望視されていたドライバーでした。
25歳…若過ぎる。

ありがとう、お疲れ様。
御冥福をお祈りします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月18日 (土)

サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路:カミノ・フランセスとスペイン北部の巡礼路群

2015年に拡張登録された、スペインの世界文化遺産です。
元々は1993年に「サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路」として登録された、世界遺産の中でも数少ない「道の世界遺産」です。
スペイン北西部にあるガリシア州の州都、サンティアゴ・デ・コンポステーラはキリスト教の聖地とされており、そこへ至るまでの巡礼路が世界遺産となっているのである。
フランス各地からピレネー山脈を通り、スペイン北部を伝ってサンティアゴ・デ・コンポステーラに入るらしく、そのスペイン側の道が世界遺産の範囲なのだとか。
そもそも、サンティアゴ・デ・コンポステーラはローマ、エルサレムと並ぶ三大巡礼地とされているようで、その巡礼路は1000年以上の歴史を持っているようです。

今回の拡張登録では、北部スペインにある巡礼路の4区間と16件の記念建造物群が追加されたようです。
それに伴って、「サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路」から「サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路:カミノ・フランセスとスペイン北部の巡礼路群」へと名称が変更されています。

尚、フランス側の巡礼路に関して別途フランスの世界遺産として登録されている模様。







本日もこんな時間で…ん?

あれ、珍しくハモがあるぞ…w
少しだけだけどね…ハモなんて食べたの、久々だなぁ。
梅酢ソースがさっぱり爽やか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月17日 (金)

パレルモのアラブ=ノルマン様式建造物群およびチェファル大聖堂、モンレアーレ大聖堂

2015年に登録された、イタリアの世界遺産です。
パレルモはイタリア南部シチリア島の北西部にある都市。
歴史的に国際色豊かだそうで、それがこの都市の建造物群を独特な様式にしているようですね。
フェニキア人が基礎を築き、ローマ、イスラム、ノルマン人と様々な勢力の支配下に置かれた都市なんですって。その後も神聖ローマ帝国、フランス、スペインとまだまだ支配者が変わっているなぁ…。
そりゃあ、色々混ざるよね。
モンレアーレ大聖堂はパレルモ近郊の都市、モンレアーレにある大聖堂のようです。建設当時は大規模な施設だったみたいですよ。
司教宮と修道院が巨大な壁に囲まれていて、そこには12の塔が建っていたと言う…。要塞みたいじゃないか。
教会の構造も色々混ざっているみたいで、独特そうですねぇ。大規模なガラスモザイクがあるようですよ。
チェファル大聖堂もシチリア島北部の都市、チェファルにある大聖堂みたいですな。岩山の麓にあるみたいで、こちらは金色のモザイク画で有名なようです。
チェファルは海沿いの都市のようで、リゾート地としても人気があるそうだ。

これらの都市はパレルモ県に属しているんだけど、登録名の「パレルモ」は州名なのか、都市名なのか…。
パレルモにある建築物も指定されている所を見ると、都市名を指していそうですねぇ。







いやぁ、この時間ですよ…。
繁忙期はまだの筈なのだが…。




先日もらったフィギュア達。
Fig_shimakaze_2
島風ズ。


Fig_sukumizu
イクとシャローン
スク水ズ。


Fig_wo
ヲ級ちゃん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月16日 (木)

フォース橋

さて、2015年の世界遺産登録委員会も終わりましたんで、今回も…。

2015年に登録された、イギリスの世界文化遺産です。
スコットランド地方エディンバラ近郊にあるフォース湾に架けられた鉄道橋で、1890年に完成したものなのだそうです。
100年以上経った現在でも現役!
風の強いスコットランドに架ける橋、という事で、強風に強いカンチレバートラス橋という形式を用いており、材料は鋼鉄なのだとか。
5万1千t以上の鋼鉄を使用していて、「鋼鉄の怪物」とも呼ばれているそうな。
開通時話題になった東京ゲートブリッジもカンチレバー橋の仲間だそうで。
そうそう、カンチレバーって言ったら、今年登録された「明治日本の産業革命遺産」にカンチレバークレーンってあったね。
あれもまさに同じカタチなのである…。

この橋、ポケモンBWのイッシュ地方にあるシリンダーブリッジのモデルになったそうですよ。
成程、似てる…!







平日の夕方に5人集まるとは…。
いや、今の環境からしたら、あるようでないような…といった感じ。
そして、皆でスマブラfor Wii Uやって、カレー食べると言う贅沢…w
やっぱ、複数人数でワイワイやるの楽しいねw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月15日 (水)

フラグは成立させるもの

ギリギリ終電…。
先週からずっとこんな感じで引きが強い…。





それが声優!2話目観ました。
オーディションが主軸だったか。
今回も薄い本にはなかったあれこれがあってへぇってなった。
オーディションってあんな感じでやるんだーとか。

…って、ローソンwww
ローソンそのもの出てきたwww
タイアップしているみたいだしねw
上島珈琲は違ったw

メインキャラはほぼ出揃いましたねぇ。
…ん、若干違う立場やな。
ここでまさかのマスコットキャラ爆死エンド事件…w
そっちに回ってきたかー。

あ、WEBラジオや…w
段々仲良くなってきてってプロセスは薄い本にはなかったものですね。
そして、その仲の良さを見てプロデューサがWEBラジオのパーソナリティに…。


そして、神谷さん登場!
登場早いよwww
シチュエーションは違うけど、神谷さんの凄さが伝わる場面はしっかりありましたね!
で、猫ネタを振りまいて去って行きました…w

EDは絶望先生のか。
そういや、神谷さん、糸色役だったっけ。






続きからコメント返信!!

続きを読む "フラグは成立させるもの"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月14日 (火)

西の衝撃

昼までいて、終わった時にふとツイッターを見てみたら…桜井さんとか増田さんとか糸井さんとか呟いていて。 
そうか。。
岩田社長が亡くなったとは…。
まだ若かいよな…。
急な話ではあったけど、確かに、思えば最近は昔に比べて痩せていたような気が…。


そうだね…まずは、青春をありがとう、と言いたいですね。
カービィとかスマブラとか、ほぼ岩田社長が携わっていたものですし。
あんまり意識はしていなかったけど、凄いよね…。
「社長が訊く」とかニンダイとか目新しく思えたし。
時には自分もネタにしちゃう所とかもあって、親近感も湧くし、カリスマと言えたんでしょうなぁ。

今はただ、御冥福をお祈りします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年7月12日 (日)

季節に則した

起きた時のあの暑さ…。
いやぁ、夏だね。








16bakauke_masakano_suika
ばかうけ
まさかのスイカ風味!!

25周年記念人気投票特別賞…ってwww
幻のスイカ風味…w

17non_suikabun
流石、「風味」だけあって、スイカ成分が見当たらないですね…w

だけど、これがまた割と本気らしい。
袋を開けた瞬間、控え目な甘さが広がるのです。
…あぁ、うん、メロンっぽいっていうか、スイカ系お菓子っぽい。
甘いウリ系のフレーバーと言えば良いかな?


18pink_bakauke
ピンクのばかうけ…w

スイカバーみたく、黒ゴマでタネも再現しているのが憎い演出…w

食べると…
あ、甘い…あ、しょっぱい。
何だろう、不思議…w
しょっぱいスイカバー食べてるみたいだぞ、これw


しょっぱい米菓との相性が良いかっていうと、ハッキリ言って良くないねw
これは不味いwww

しかも、甘さだけが後々まで残ってるんだわ…w
これは凄いぞw
スイカって言うとさっぱりした印象があるのに、まさかのしつこさである!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月11日 (土)

違う畑でもコラボ

布団干して掃除機かけてってやるだけで暑い…w
急にドカンと暑くなった感じ。
遂に扇風機を導入…。暑さに付いて行けるように調整していかないとなぁ。

…あ、でも、風は中々気持ち良かったね。







14potechi_syouyu_avocado_wasabi_kor
ポテトチップス
しょうゆ×アボカド×わさび
これって?大トロ味!!

何か、コンビニで売ってた。
こういう、異彩を放つ商品がたまにいるのが面白いですね。

確かに、食べ合わせとしては有名だけど…これをポテチって、正直どうなの?w


15creamy
クリーミィ成分を補っていそうな原材料名が。
後は普通みたいな感じだなぁ。

40周年記念なのか、新フレーバーオーディションとかやっているらしいですよ。
なんでも、100種類の食材から3種類選ぶらしい。
…どう見ても吃驚フレーバーコンテストにしかならない気がしますがw


味は…うーん、大トロ??

確かに、クリーミィな感じがしたりしなかったりだけど…。
それと、若干わさびが効いているな…w
原材料名では結構後ろの方だけどねぇ。


まぁ、ポテチであれを再現しようというのは無理があったんや…w
釣られたクマー感あるな…www

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月10日 (金)

さっぱり夏の香り

急に暑くなってきたなぁ…w
これから更に気温上がるのね。
これは夏の予感…?!


そういや、納豆の日か…。






そろそろ夏だからか、塩を使った商品や酸っぱい商品等さっぱりしたもんが出てきていますなぁ。
いよいよ夏か…。
そして、こいつも夏向けの商品が登場。

11red_bull_the_summer_edition12tropical_fruit
Red Bull THE SUMMER EDITION!!

発売日に買ってはありましたが、まだ飲んでませんでしたw

いやぁ、明るい黄色でこれまた夏らしいですね…眩しい!
色でちょっと分かりにくいですが、「トロピカルフルーツ」と書いてあります。


13normal_red_bull
見た目的にはノーマル版と然程変わらないように見えます。
だけど、匂いは既に違いましたw
柑橘系の香りだね。
味も同じ…うーん、グレープフルーツとかが近いかな?

味が飲み難いとの声もあるけど、こういうフレーバー付きなら問題無さそうかなぁ…と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

時は駆けるもの

俺はどうやら辛いもん中でも特に花椒が好きらしい…。

と、「暴君ハバネロ シビ盛」や「アジアンばかうけ 四川麻婆風味」を食べつつ思うのであった。
あの、後から来るコクが大好きなんだな、うん。
鈴鹿サーキット稲生駅前で食べた麻婆豆腐も花椒が非常に良く効いていたし。
…あれは辛かったけどw







アニポケ観た!

…えっ、もうフウジョタウン回終わりなの?!
あの町はカロスの街でも好きな町のひとつなのになぁ…。
あのBGMと町の雰囲気が良い感じなんだよね。

まぁ、ヒャッコクも好きなんだけどさ!


そして、今回はタイムスリップ話。
あっさり過去を変えて行く御一行様…www

10年前ってロトムがフォルムチェンジできるって知ってたのかな?
対戦相手も知らなかったみたいだし、多分皆知らなかったっぽい?
だとすると、かなりの歴史改変…www
まぁ、良いかw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 9日 (木)

ダイレクトアタック!

最近水曜が凄い大変…。
まぁ、ここ数日ずっとそうなんだけれど。

あー、疲れるわー。。





「それが声優!」アニメを視聴!

薄い本の内容そのままではないんだね。
肉付けされていたり、色々な場面から引っ張ってきていたり。
薄い本は漫画部分と四コマ部分が交互に折り重なるような構成になっているし、そのまんまっていうより、色々加えた方が良かったのかもね。
2話目でほぼメインキャラは登場するみたいだし。
確かめてないけど、薄い本は2巻目でメインキャラ出揃ってなかったような…w


OPは映像に集中してたからあんまり見れてなかったけど、作詞は浅野さんだったっぽいなw
声優っぽい歌、かな?

EDではまさかのリクエスト曲でテーゼが来るとはwww
ED曲が薄い本の中でも登場していた声優ユニット「イヤホンズ」のオリジナル曲w
そして、薄い本の中では「イヤホンズ」の3人に不評だった曲名もそ の ま ま www
まぁ、流れからして当然なんだけどね、どうしてそうなったwww
ちゃんとした曲っぽいんだけど、途中でリクエスト曲入るし、流れるように次回予告入るし、中々にカオスw


で、内容は…声優さんがアフレコを行う時の流れが更に良く分かったわ。
薄い本より肉付けされている部分の効果だね。
音響機器の描写とかめっちゃ綺麗でしたw

後々「イヤホンズ」を組む事となる3人の出会いも薄い本以上に肉付けされていて更に丁寧になっていたように思えます。
薄い本にはなかった、「イヤホンズ」を組む事になるフラグも立っていたし…w
これも薄い本にはなかったけど、「例え新人だろうと容赦のない先輩」ポジの人がいたのも注目かな。
こういうメインキャラに懐疑的な人がいると、メインキャラの成長や乗り越えなければならない壁の存在っていうのが凄く実感しやすいと思う。

原作たる薄い本のメッセージ性を失う事なく、且つ補完しつつアニメ向きに構成し直されている感じ、凄く丁寧なアニメだなぁ…と。


…で、開幕まさかの野沢雅子さんだったんだがwww
勿論、御本人役www
そしてエンドクレジット見るまで気付かなかったんだけど、檜山様が…w
浅野真澄さん本人も御本人役で入ってたwww
気付かなかったw
更に、ツイッター観たらアパートの大家さん役もやってたのか…気付かなかったw
薄い本にも登場していた先輩役は生天目さんか…w
浅野さんが薄い本のネタをまとめる時に取材していたな…確か、サインが題材の回だった。
かと思うと、薄い本でも描かれていた、モブの声優さんもしっかりいたりして。

それと…時間帯的にアングルとか描写にほんの少しだけアダルトな要素が入っているな…w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 8日 (水)

川も見えない

とてもじゃないけど、七夕なんて感じではなかったな…。

雲に隠れてうっすらとぼんやり見える月…。
まぁ、それはそれで味があるんだけどね。





「それが声優!」アニメ化!
まだ観てないけど、録画しといたからゆっくり観よう…w
意外と、発表からオンエアまで早かったなぁ。






さて…色々ありましたが、「明治日本の産業革命遺産」が世界文化遺産に登録して一息。
既に次回以降の世界遺産について話が出ていますね…。
所謂、「暫定リスト」ですかね。

朝刊によると、文化遺産ばかりのようですが。

来年審議される予定になっているのは昨日も書いた「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」(長崎県、熊本県)。
それと、もう一つ…フランスが中心となっている、7ヶ国に渡る案件「ル・コルビュジエの建築作品」。
日本では東京都にある「国立西洋美術館本館」が該当するようです。
これが昨日の最後の方に書いたやつ。
来年審議予定だったんですねぇ。
過去2回登録を見送られているようで、3度目の正直なるか…?

そして、再来年…2017年に審議されるのを目指しているのは4件。
世界遺産登録は確か1ヶ国につき1年で1件になったようなんで、絞り込まなければなりませんね。
まずは「北海道・北東北を中心とした縄文遺跡群」(北海道、秋田県、山形県、岩手県)
それから、「金を中心とする佐渡鉱山の遺産群」(新潟県)
更に、「百舌鳥・古市古墳群」(大阪府)
最後に「宗像・沖ノ島と関連遺産群」(福岡県)
と。

「北海道・北東北を中心とした縄文遺跡群」は縄文遺跡や貝塚を中心とした案件ですね。
特別史跡である青森市の三内丸山遺跡、鹿角市の大湯環状列石も含まれている模様。

「金を中心とする佐渡鉱山の遺産群」はその名の通り、佐渡島(佐渡市)の案件。
日本最大の金銀山がある島として有名で、歴史もある事から名乗りを上げているのでしょうね。
ただ、ここは朝鮮人の労働が行われた場所であるらしいので、世界遺産に登録しようとなるとまた今回のような事が起きかねな…いや、起きるのがネック。

「百舌鳥・古市古墳群」は大阪府堺市にある百舌鳥古墳群と大阪府羽曳野市・藤井寺市にある古市古墳群をまとめた案件。
パッと見、古市は割と有名所はない印象だけど、百舌鳥は歴史の教科書にも載ってる大仙陵古墳がありますね。
大型古墳は百舌鳥が3基、古市は6基(前方後円墳)あるとの事…。

「宗像・沖ノ島と関連遺産群」は一番内容が分かりにくい案件かも。
簡単に言うと、自然崇拝を元とした信仰に関する案件ですね。
宗像市や福津市にある宗像三女神を祀る宗像大社信仰や大宮司家にまつわる史跡や文化財をまとめたものだそう。
宗像大社は境内が史跡だったり、重要文化財があったりするようです。
沖ノ島は「神の島」と呼ばれている天然記念物のようですね。島全体が御神体で、女人禁制なのだそう。
…御神体に灯台建てちゃう海上保安庁。。
宗像市、福津市双方にある古墳は国の史跡に指定されているものもあるみたいです。


まだ何年に候補に名乗りを上げるか決まってないようですが、「彦根城」(滋賀県)や「飛鳥・藤原の宮都とその関連資産群」(奈良県)、前に一度新生して登録を見送られた「武家の古都・鎌倉」(神奈川県)もあるようです。
また、「奄美・琉球」(鹿児島県、沖縄県)はユネスコの暫定リストには入っていないけど、日本の暫定リストには入っているようです。
名前だけ見ると、複合遺産行けそうな雰囲気…w


それと、2011年に世界文化遺産に登録された「平泉」に史跡を追加登録しようという話もあるようですねぇ。
ふむ。
日本の案件で追加登録って初めてだったりするような…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 7日 (火)

土佐の空似

おぉ、「明治日本の産業革命遺産」が世界遺産に!
良いね!


「明治日本の産業革命遺産」は8エリア23件で構成されています。

萩エリア(山口県萩市)
●萩反射炉
●恵美須ヶ鼻造船所跡
●大板山たたら製鉄遺跡
●萩城下町
●松下村塾

鹿児島エリア(鹿児島県鹿児島市)
●旧集成館
●寺山炭窯跡
●関吉の疎水溝

韮山エリア(静岡県伊豆の国市)
●韮山反射炉

釜石エリア(岩手県釜石市)
●橋野鉄鉱山・高炉跡

佐賀エリア(佐賀県佐賀市)
●三重津海軍所跡

長崎エリア(長崎県長崎市)
●小菅修船場跡
●三菱長崎造船所第三船渠
●三菱長崎造船所ジャイアント・カンチレバークレーン
●三菱長崎造船所旧木型場
●三菱長崎造船所占勝閣
●端島炭坑
●高島炭坑
●旧グラバー住宅

三池エリア(福岡県大牟田市、熊本県荒尾市、熊本県宇城市)
●三池炭鉱・三池港
●三角西(旧)港

八幡エリア(福岡県北九州市、福岡県中間市)
●官営八幡製鉄所
●遠賀川水源地ポンプ室


イコモスに勧告された時と同じラインナップかな?
軍艦島の愛称で知られる端島や歴史の授業でも習う官営八幡製鉄所、三池炭鉱等有名所も含まれていますね。
後は、QMAでもエフェクトで出題される遠賀川とか…。


だけど、手放しで喜べないなぁ…。。
「多数の朝鮮人らが1940年代にいくつかのシッ参で、意思に反し厳しい状況の中、労働を強いられたということを理解させる手段を準備する」と表明させられた訳で。
韓国の要求をほぼ飲む形になったっぽいのが残念でなりませんね。

いやぁ、素晴らしい手のひらクルーでしたねぇ。
協議でお互いの案件の登録に向けて協力しましょうとかってやっておいて、土壇場になってのこのゴネである。
あんまりこういう事は言わない方が良いけど、これにはちょっと失望したね。
確かに、言いたい事は分からなくはないんだけど…やり口が汚いな。

誠実さじゃなくて、こういう賢さが必要なのかなぁ…。


来年に向けては長崎県、熊本県の「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」が推薦されているようで。
4年連続世界遺産登録なるか…?
世界遺産も1000件越えて、かなり評価も厳しくなっていますからね。

…ところで、欧州とかと共同で申請予定の遺産ってまだ煮詰め中なのかな??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 6日 (月)

気まぐれ雨天

アニポケ観たー。
トライポカロンのモブの子は可愛い子が多いなぁ。
スワンナの子、プラマイの子、ヒトツキの子とか良いねw(




F1イギリスGP決勝!


…お、ナイジェル・マンセルだ。

風が強いみたいね…?
雲も多いみたいだし。


…ん?
ナスルがインスタレーションラップでトラブル?

ナスルのマシンはガレージでした。
カバーまでかけられちゃって、もう出られないじゃないか…。

チームの発表だとギアボックスに関連したトラブルのようだ。。
残念…。


あ、ジョージ・ルーカスだ。


今回、固い方のハードタイヤでスタートするのはフェルスタッペンのみ。
…という事で、レース作戦に注目ですね。


レッドブルガレージでエイドリアン・ニューウェイとクリスチャン・ホーナーが見ていますね。
メルセデスガレージではトト・ヴォルフ。パディ・ロウもじっと見守っています。

ジェームス・ハントの息子、フレディ・ハントも見ています。


シグナルが…ブラックアウト!!

マッサがロケットスタート!
華麗にメルセデス勢の間を縫ってトップに躍り出た!!
その後ろではボッタスも素晴らしいスタートを決めて、ロズベルグを攻略!
ハミルトンと並んだ、少しボッタスが前になった状態で1コーナーへ!

…おぉっと!
バトンがコース脇でマシンを止めている!
何という…。。

セーフティカー!

グロージャンもコース外に歩いている所を国際映像に捉えられています。
接触があったんでしょうか。

そして、アロンソがピットイン!
タイヤをミディアムからハードに替えて、ノーズも交換。
ウイングがガタガタしてたから、接触があったかな?
…あれ、ノーズが中々付かないな。。

そして、マルドナドもコース脇でストップしていました!
これも接触の影響でしょうか。


リプレイ。
遠目からの映像とかフェルスタッペンのオンボードとかあるけど、あんましハッキリした場面は映ってないなぁ…。
レッドブル(グロージャンのコメントからリチャルドのようだ)と接触したロータス(順位的にはグロージャンだろうか)がロータスのもう一台と接触したのがきっかけかな?
ロータスを避けようとしたアロンソが体勢を崩して後ろからやってきたバトンにノーズを突き刺してしまったようだ…。
バトンのオンボードからはそう見えるな。


4周目、リスタート!
ハミルトンがマッサに仕掛けて行った!
だけど、そう易々とは行かせんよ。
…おっと、ハミルトンが少し膨らんだ!
その隙にボッタスがハミルトンのインを突いて2番手に浮上!
ウィリアムズ、ワンツー体勢だ!
そして、ロズベルグもすぐにハミルトンに仕掛けて行っていますね!


…おっと、フェルスタッペンがスピン!
長い事滑って行って、エスケープゾーンを横切ってウォールまで。
セーフティカーでハードタイヤが冷えちゃったのかな?
リタイアである。

ヒュルケンベルグは現在5番手…相変わらず好調ですねぇ。
…おっ、クビアトがベッテルをかわした!
†逆襲の翼†

グロージャンとバトンが審議。
…ん?
グロージャンとバトン?
なんでや?


ウィリアムズのピットウォールにいるロブ・スメドレー。


9周目、ロズベルグがファステスト!
トップ4が飛ばしています!
ヒュルケンベルグが抑えているのか、それ以降は結構離れているようだ。


10周目、ベッテルがペレスをかわした!
ストレート部分じゃない所で行きましたね…。
抜き難いシルバーストン、コーナーならかわせるのか。


11周目、ボッタスが飛ばしています。
マッサがあんまりペース上がらないってのもあるけど…。
ハンガーストレートでボッタスが並んでいった…。
でも、無線でチームメイトとレースすんなって言われていますからね。
まぁ、ボッタスのすぐ後ろにはハミルトンがいるんですけどね。

…お、アロンソは12番手か。


14周目、メルセデスのピットが動…かないw

ところで、フェラーリ勢のピット早いな。
もうどっちのドライバーも1回目のピットストップ終えています。

ウィリアムズとメルセデスはお互いの出方を伺っている感じでしょうか。
どっちかが動かないと動けない…状況的にはメルセデスが先に動いて、それをカバーする為にウィリアムズが動くって感じかな。
今のタイヤで十分周回数を稼いでおきたいっぽい?


18周目、ベッテルがハードタイヤでファステスト。
フェラーリ勢がハードタイヤで良いペースのようです。
…あ、エリクソンに引っ掛かった。

アロンソがピット!
ハードからミディアムへ交換だ。

19周目、先にメルセデスが動いた!
ハミルトンがピット!
タイヤ交換は2.4秒…ミディアムからハードへ交換。
これでウィリアムズの少なくとも1台をかわせればっていう感じ?

…お、ライコネンがエリクソンをかわした!
ストレート区間ですかね。


20周目、マッサとロズベルグがピットイン!
ハミルトンがアンダーカットを狙っているので、マッサは動かざるを得ませんね。
ロズベルグ的にはハミルトンの前に出たいけど、マッサと同じタイミングなのは辛いかもね。

マッサのタイヤ交換は3.8秒…ウィリアムズはメルセデスに比べるとピットが少し遅いよなぁ。。
ロズベルグがピットレーンを進んできた!
ピットレーンで並んでいます!
マッサが前!
よし、何とか抑えた!

…あ、ハミルトンが先行してる。。
トップのボッタスが次の周でピットインするんで、ハミルトンがトップですね…。。

この大歓声!


21周目、ボッタスがピット!
マッサのすぐ後ろ、3番手でコースに復帰。
すぐ後ろにいたロズベルグがボッタスにアタックをしていますが、ここはボッタスが抑え切っています。


23周目、ロズベルグの無線。
プランBらしいですよ…タイヤ労らなくて良いから、アタックしろって。

リチャルド、ガレージに入ってリタイア。
前周くらいでピットインしてたけど、発進する時、おかしな音していたしなぁ。
もしかして、オープニングラップの接触も関係しているのだろうか?

…何、30分後に雨の可能性?
雨雲が見えています。。
これはウィリアムズにとっては不味い展開だぞ。。
特に、マッサは…スピンしては走り、スピンしては走りってのが思い出される。。


31周目、雨は強い雨との予報も…?
ひえぇ…。
これはブリティッシュウェザー来ちゃうのか…。
辛いなぁ。。


32周目、ロズベルグに改めて全力プッシュを指示する無線が。
まぁ、前からやってるだろうけど。


33周目、ペレスが少しコースオフ。
気温が低くなってきて、ハードタイヤが冷えてきたか?

6分後に雨の予報…。

サインツJr.が最終コーナーのエスケープゾーンでストップ!
パワーがなくなっているような感じかな?
コメントでは突然スイッチが切れたと言っていますね。アロンソとかにもあったな、突然シャットダウンしちゃうやつ。

バーチャルセーフティカー!

ハミルトン、ボッタス辺りがウェービングしているのが見えます。
多分、バーチャルセーフティカー区間とかだと思う…。
気温が低くなってきているのもあって、タイヤの温度を上げているんでしょうね。
どうせ全速力で走れない区間ですし。


35周目、バーチャルセーフティカーが終了。

…おっと、雨だ!
雨がきた…。。

メルセデスピットでは雨用タイヤのインターミディエイトが準備されとる。
でも、まだ替えるには早い、軽い雨。

…あれ、止んだ?


…いや、降ってる?

場所によってコンディションが違いますね…。
ブリティッシュウェザー。。


38周目、セクター2で黄旗出たりなくなったりしてる…。
雨だからか?

ベッテルが滑っている!
ボッタスもロズベルグもリアがゆらゆらしているなぁ。
…あ、ロズベルグが少し飛び出した!

エリクソン、アロンソがピットしたらしい。

…あ、ベッテルがライコネンをかわしてた。
そして、ライコネンはピットへ!
インターミディエイト!
アイスマンの賭けってw

リプレイ。
…あ、右フロント少し遅れてたのか。

ボッタスのマシンの挙動が安定していませんね…。
後ろのロズベルグの方が安定しているような?
あ、ロズベルグがボッタスをかわして3番手!

予選でタイム抹消が多発した9コーナー、コブス辺りですかねぇ。


…あ、メルヒもインターミディエイト履いているのか。


あらら、トップのハミルトンも少しコースオフ!
後ろにマッサがいるけど、マッサもきっとそんなプッシュできないな。


雨のベッテルとその後ろにいるクビアトが速いらしいw


一旦雨が止んだみたいね。


いつの間にかロズベルグがマッサの後ろに…!

あー、マッサも耐え切れないか…。
ロズベルグにかわされて3番手に後退。
あの場面でインに飛び込まれたらあかんなぁ。

ウィリアムズは雨が苦手…。
今年もかな…。


42周目、インターミディエイトは失敗みたいですね…。
ライコネンが後ろに下がって行ってる。
他のインターミディエイトにしたドライバーもタイム落ちてるみたい。

…でも、また雨来るって?


ロズベルグ、作戦変更してステイする事に。
プッシュしたであろうタイヤで大丈夫なんですかね?


43周目、ハミルトンがピット…?
インターミディエイト…だと…。

そして、ベッテルもインターミディエイトを履き出した!

あらら、雨が…。
強い雨が…。

マッサ、スピンはしないでね…。。


44周目、ロズベルグがピットイン!
マッサがピットイン、すぐにボッタスもピットインしてウィリアムズはダブルピットイン!
スムーズなピットストップでした。

ああっと、雨強い!
コースに戻ったばかりのボッタスが少しコースオフしてる…。
これはインターミディエイトでもキツいか?

セクター1、3で一瞬黄旗が出たりしている…。

気付けば、早めにインターミディエイトに変えたベッテルが3番手。
うーん、ウィリアムズ。。
…1周早く入れてればなぁ。。

む、アロンソが10番手に入ってきたな?


強い雨がここまでみたいですね?


48周目、ライコネンが再びピットへ。
インターミディエイトから…インターミディエイトにしてますね。
入るタイミング早過ぎたからか、タイヤを使い切ってしまったようだ。
そして、ハミルトンがライコネンを周回遅れにしてました。

…あれ、なんかまだ降ってる所もあるなぁ。

雨でもハミルトンへの歓声が兎に角凄い。


すっげぇ晴れてる所もある。
そして、もう乾いてる所もあるんだな…。


52周目、ファイナルラップ!
アロンソのオンボード。
結構苦労していそうだけど、まだ10番手を守っています。


…あ、ハンガーストレートで虹が見えた。


ハミルトン、ポール・トゥ・ウィン!
母国で2年連続となる優勝である。
ポール・トゥ・ウィンを母国で達成するのは初めてらしい。


内容は凄かったんだけど、結局はいつものメンバーか…。
チーム力…。。
うーむ。。


かっこいいとってのついたトロフィやね。

表彰台インタビュワーは騎手のランフランコ・デットーリという人なのだとか。
フェラーリ好きって言っちゃうデットーリ。
まぁ、馬乗ってるしな。
馬乗りと跳ね馬乗り…w

っていうか、デットーリってイタリア人なんw
フェラーリファンでもおかしくなかったわwww


あー、何かマノーも滑ってたのね。


優勝はルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2位はニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
3位はセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
4位はフェリペ・マッサ/ウィリアムズ
5位はバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ
6位はダニール・クビアト/レッドブル
7位はニコ・ヒュルケンベルグ/フォースインディア
8位はキミ・ライコネン/フェラーリ
9位はセルジオ・ペレス/フォースインディア
10位はフェルナンド・アロンソ/マクラーレン

ここまでがポイント獲得。

11位はマーカス・エリクソン/ザウバー
12位はロベルト・メルヒ/マノー・マルシャ
13位はウィル・スティーブンス/マノー・マルシャ

リタイアは…
カルロス・サインツJr./トロロッソ
ダニエル・リチャルド/レッドブル
マックス・フェルスタッペン/トロロッソ
パストール・マルドナド/ロータス
ロマン・グロージャン/ロータス
フェリペ・ナスル/ザウバー
ジェンソン・バトン/マクラーレン


うーん、マッサ…惜しい。。
雨さえなければ…まぁ、それでも2位が最高位なんだけどね。。

クビアトが調子を上げてきているようで…。
そしてフォースインディアはBスペックマシンの影響もあるのか、ダブル入賞!
ヒュルケンベルグはルマンで優勝してから本当に流れが良くなっているような感じだね。

今回もあかんかったライコネン。
これはマジで来年怖い…。

アロンソが今季初ポイント獲得!
俺的にはホッとしたんだけど、その後のプレスリリース…。。
早いよ、うん。

ザウバーはここの所苦しんでいますね…エリクソンはノーポイント。

マノー・マルシャは安定のダブル完走。
下位チームにとって、完走するってのは重要ですね。
データが集まりますし。

マクラーレンもやりかけたけど、ロータスは完全に同士討ちしたからなぁ。
何とも言えないや。


ドライバーズランキング。
1位:ハミルトン/メルセデスAMG(194Pt)
2位:ロズベルグ/メルセデスAMG(178Pt)
3位:ベッテル/フェラーリ(135Pt)
4位:ボッタス/ウィリアムズ(77Pt)
5位:ライコネン/フェラーリ(76Pt)
6位:マッサ/ウィリアムズ(74Pt)
7位:リチャルド/レッドブル(36Pt)
8位:クビアト/レッドブル(27Pt)
9位:ヒュルケンベルグ/フォースインディア(24Pt)
10位:グロージャン/ロータス(17Pt)
11位:ナスル/ザウバー(16Pt)
12位:ペレス/フォースインディア(15Pt)
13位:マルドナド/ロータス(12Pt)
14位:フェルスタッペン/トロロッソ(10Pt)
15位:サインツJr./トロロッソ(9Pt)
16位:エリクソン/ザウバー(5Pt)
17位:バトン/マクラーレン(4Pt)
18位:アロンソ/マクラーレン(1Pt)
19位:メルヒ/マノー・マルシャ(0Pt)
20位:スティーブンス/マノー・マルシャ(0Pt)
21位:マグヌッセン/マクラーレン(0Pt)


コンストラクターズランキング。
1位:メルセデスAMG(371Pt)
2位:フェラーリ(211Pt)
3位:ウィリアムズ(151Pt)
4位:レッドブル(63Pt)
5位:フォースインディア(39Pt)
6位:ロータス(29Pt)
7位:ザウバー(21Pt)
8位:トロロッソ(19Pt)
9位:マクラーレン(5Pt)
10位:マノー・マルシャ(0Pt)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 5日 (日)

息づく伝統

「百済の歴史地区」が世界遺産に登録!
忠清南道の公州市、扶余郡と全羅北道益山市等にある古墳群や建物等8ヶ所が対象だそうで。


…で、「明治日本の産業革命遺産」は?


そういや、韓国さんと足並みを揃えるように「明治日本の産業革命遺産」の世界遺産登録反対って言ってた中国さんは今どんな風に活動しているのだろう?
日本時間の4日夜に審議される予定が、5日夜に変更になったみたいだけど、その要因のひとつ…とか…?








F1イギリスGP!!
伝統のシルバーストンサーキットである。
イギリス人ドライバーはもとより、多くのチームがイギリス国籍だったり、本拠地をイギリスに置いていたりするので、ホームグランプリなチームが本当に多い。
しかも、その本拠地はこのシルバーストンの周辺に構えられている事が多く、本当に地元中の地元。
皆さん、気合入ってますね!

マクラーレンは新型ノーズを含むアップデートをバトンのマシンにも適用。
アロンソ、バトン、どちらもショートノーズとなりました。

フォースインディアはオーストリアでのインシーズンテストで走らせたBスペックマシンを実戦投入。
一番目を引くのは、ノーズですね。
2つの穴が空いていて、鼻の穴みたいなノーズである。
…ノーズの穴みたいなノーズ。。

マノー・マルシャは今季初となるアップデートパーツを投入。
更に、新スポンサー「Flex Box」を発表。
香港に拠点を置くコンテナ製造会社だそうです。
サイドポッドにロゴ入って、サイドポッド下部にコーポレートカラーの青が追加!
トリコロールカラーやな…あ、ユニオンジャックカラーとかロシアカラーとか割と色々言えるぞw

マノー・マルシャもいよいよ本格的に動き始めた感じで良いね。
人材リクルートにアップデートパーツ投入にスポンサー獲得、と。


さて、曇っているような…あ、晴れているな。
大体ブリティッシュウェザーで荒れる事もあるイギリスGPだけど、良い天気ですね!
FEも予選で雨降ったりして荒れているからな…マジで。


…ん?
フレディ・ハント?

ジェームス・ハントの息子さんですか。
元々父親と同じようにレースをしていたけど、ここ数年はビジネスの分野に力を入れているらしい…。
地味にフォーミュラEのアンバサダーとかやってたんだなw


Q1
今年のイギリスGP予選日は14万人の観客動員!
いやぁ…流石、聖地ですなぁ。

そして、ここ数年で一気に母国での人気が高まったハミルトンがコースへ。
…凄い歓声だ!


…ん?
黄旗?

フェルスタッペンのリプレイ。
すっげぇフロア擦ってるなぁ…火花がめちゃめちゃ出てるw
…あ、スピンした。

残り7分半。
アロンソがミディアムで10番手に!
マクラーレン、母国でQ2進出できるでしょうか?

ペレスとフォースインディアのBスペックマシン。
速い方のタイヤ、ミディアムタイヤで4番手だ!
鼻の穴ノーズ…w
平たいからまだ何か良く見えるなw

…ん?
フェルスタッペン、トラブル?
トラクションがないって訴えていますね。
つまり、タイヤがスリップしてしまって、クルマが前に進まないって事ですね。
コーナー立ち上がりとかに影響がありますよね。

スポンサー増えたしアップデート入ったけど映らないマルシャ。

チェッカー!
アロンソは14番手!
ナスルが14番手!
これでアロンソはQ2進出がギリギリの状態に。
ライコネン、ミディアムタイヤでトップタイム!
エリクソンが自己ベストで来ている…!
エリクソンは11番手!
これでアロンソがノックアウト!
バトンは17番手、母国で良い所が見せられなかったみたいな感じに。

マクラーレンがここでダブルノックアウトである。


Q2
フランク御大も見つめる中、ボッタスがコースへ。
チーム副代表のクレアも見つめていますね。

マッサがアタック中。
…あ、片輪がコース外に。。
これでタイムを失ったので、2回目のアタック。
うーん…。
ちょっと、伸びないな…。

ロズベルグがトップに!
そして、リチャルドが4番手。
レッドブルが少しずつ調子を上げてきているか?

ロータスの女性テストドライバー、カルメン・ホルダ。
グロージャンのガレージで見守っていますね。

ハミルトン、2番手!

フェルスタッペン、再びトラブル!
Q1と同じくトラクションがない状態。

残り5分切ってフェラーリがアタック開始!
ライコネンは8番手、ベッテルは4番手タイムだ。
…え?
ライコネンがコースを飛び出したからタイム抹消だって?
アタックやり直しですね。
そこの所の余裕持っておいて良かったですね…。

マルドナドの無線なんかじゃしきりにコースオフに気を付けろって言われているくらい、コースオフによるタイム抹消が多いからねぇ。

マッサが6番手タイム。
Q3行けるかな?
今週末苦戦気味のウィリアムズだけど、ここまでの予選でボッタスに比べて更に苦戦してる感じなのがマッサだなぁ…。
…あ、クレアとFIA会長のジャン・トッドが話してた。

チェッカー!

ライコネンは8番手!
Q3進出できそうかな?
リチャルドが7番手!
こちらも行けそう?
ボッタスは2番手!
おぉ、これはQ3でも期待が持てそう?
ヒュルケンベルグは飛び出しによるタイム抹消により、タイムを更新できず。
でも、まだQ3進出できる位置だ。
エリクソンは14番手、ノックアウト。
マルドナドが14番手。

本当にコースを飛び出してタイム抹消される事が多いですね…。

ここでロータスの2台がまさかのノックアウト!
メルセデスエンジンだし、割と良い線行くと思っていたんだけどなぁ。

好調そうだったトロロッソもフェルスタッペンがノックアウト。
まぁ、彼はトラブル起因っぽいけどなぁ。

ヒュルケンベルグは結局Q3進出ですね!
勢いに乗れているみたいで良いねぇ。


Q3
何か、風強いなぁ。
この風もあって飛び出したりしているっぽい。

ハミルトンがコースへ。
ステア内側からコクピット内に向いたオンボードカメラ…この角度も面白いな。
…ステア切ると見えなくなるけどな!

まずは1回目のアタック…。
ハミルトン、1分32秒248!
トップタイム!
ロズベルグは1分32秒361で2番手である。

1回目のアタックを終えた時点では
ハミルトン、ロズベルグ、ボッタス、マッサ、ライコネン、ベッテル、クビアト、サインツJr.、リチャルド、ヒュルケンベルグの順。
全員走りましたね。

残り3分!
ラストアタックの時間です。
ハミルトン…ラストアタックに向かう前にタイヤをロックさせてスモーク上げています。
気合いが入り過ぎたか?

チェッカー!

ここでリプレイ。
ベッテルのオンボードですね。
マッサのすぐ後ろにぴったりひっついています。
これ、アタックする時大丈夫?

…おっと、マッサの左側からメルセデスが現れましたね。
スローダウンしているようですが…あれ、ハミルトン?

ヒュルケンベルグは9番手!
リチャルドがタイムを更新、7番手!
ボッタスは3番手のまま。
ライコネンも5番手のまま。
ハミルトン、ピットレーンへ入って行きましたね…。
まぁ、途中でスローダウンしているならそうなるな。。
…あぁ、途中でやめてたのか。

リチャルド、最速ラップでコース飛び出しをしたのか、タイムが抹消!
結果、1回目のタイムしか有効にならず、10番手に。
…おぉ、マッサが3番手に!
ロズベルグは変わらず2番手。
クビアトが7番手だ!
サインツJr.もコースを飛び出した為、タイム更新ならず。

2回目のアタックに失敗したものの、ハミルトンがポールポジションを獲得!
ハミルトンは母国で通算46回目のポールとなりました。
これは現役トップ、歴代で3位だ。

メルセデスAMGは昨年のイギリスGPから20戦連続でポールポジションを獲得しています。
これは新記録だそうだ。

そして、ウィリアムズが2台共にトップ4に入ったのは2002年のイギリスGP以来だそうだ。


フェリピーニョがはしゃいでるwww
可愛いwww


徹子の部屋。
マッサwww
なんであんな不機嫌そうなのwww

ロズベルグはマシンのフィーリングとかあんまり良くなかったのか。
それでも2番手なのだから、それだけベースが強いんだなぁ。

マッサの最後のラップは良かったみたいだね!
素晴らしい…決勝もこの調子で行っちゃえ!
…残りのタイヤ的には厳しいかもしれないけど。
Q1でミディアム使っているし…。


フォースインディアの鼻の穴ノーズがクローズアップ!
そして、やっぱり最後まで映るマッサ。


ポールポジションはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2番手からはニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
3番手からはフェリペ・マッサ/ウィリアムズ
4番手からはバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ
5番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
6番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
7番手からはダニール・クビアト/レッドブル
8番手からはカルロス・サインツJr./トロロッソ
9番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/フォースインディア
10番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル

11番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア
12番手からはロマン・グロージャン/ロータス
13番手からはマックス・フェルスタッペン/トロロッソ
14番手からはパストール・マルドナド/ロータス
15番手からはマーカス・エリクソン/ザウバー

16番手からはフェリペ・ナスル/ザウバー
17番手からはフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
18番手からはジェンソン・バトン/マクラーレン
19番手からはウィル・スティーブンス/マノー・マルシャ
20番手からはロベルト・メルヒ/マノー・マルシャ


ライコネンがベッテルの上位から、クビアトがリチャルドの上位からスタートですか。
まぁ、リチャルドはタイム取り消しされちゃったからだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 4日 (土)

涼しげなスコール

午前中の結構な雨で目が覚めました…。
2回くらい強い時があったと思うんだけど、もっとあったのかもしれない。
その2回、目を覚ましただけですからね…。

そして安定の二度寝…いや、三度寝。


正午になってまた強く降り始めるとかね。
すぐに足が濡れるし。
そして、帰りは行き以上に強かった…w
びっちゃびちゃですね!
暗いから水溜まりが深いかどうかあんまり分からないしw




えーと、そろそろだったっけ?
世界遺産委員会が終幕するの。
まだあんまり情報流れてきてないのかね…?








…夜戦の季節って何だよ!!www

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 3日 (金)

霧の都決戦

7月に入って本格的に雨の季節って感じかなぁ。
台風も来ているようで…直撃は嫌ですね。


そういや、金縛りのメカニズム(?)が解明…っていうか、説明されたようで。
だからどうという話ではありませんが。。








FE最終戦、ロンドンeP!!
ダブルヘッダーレースの2日目である。


…前日に行われた1戦目の表彰台、チームチャンピオンを決めたe.dams・ルノーの共同設立者、アラン・プロストも登壇。
アランにぶっかけるベルニュという画が…w

予選の間に雨が降ったのか。
ピケJr.の出走する3組目がアタックする時が一番雨足が強い時だったそうだ。
左近はその3組目となった予選でウォールにヒット。
左フロントのサスが破損して止まったな…。
リアが縁石に乗ってホイールスピンしたのかな?
それで姿勢を崩してウォールにヒットしたようだ。

これで黄旗が出て後ろから来たピケJr.が減速する事に。
そして赤旗へ。
4組目は再び雨も小康状態になって、アタックしやすくなって行ったらしいですが。


スターティンググリッド。
ポールポジションからはステファン・サラザン/ヴェンチュリー
2番手からはジェローム・ダンブロジオ/ドラゴン
3番手からはロイック・デュバル/ドラゴン
4番手からはサム・バード/ヴァージン
5番手からはブルーノ・セナ/マヒンドラ
6番手からはセバスチャン・ブエミ/e.dams・ルノー
7番手からはニック・ハイドフェルド/ヴェンチュリー
8番手からはサルバドール・デュラン/アムリン・アグリ
9番手からはアレックス・フォンタナ/トゥルーリ
10番手からはヤルノ・トゥルーリ/トゥルーリ
11番手からはルーカス・ディ・グラッシ/アウディ・スポーツABT
12番手からはオリバー・ターベイ/ネクストEV TCR
13番手からはシモーナ・デ・シルベストロ/アンドレッティ
14番手からはジャン=エリック・ベルニュ/アンドレッティ
15番手からはニコラ・プロスト/e.dams・ルノー
16番手からはネルソン・ピケJr./ネクストEV TCR
17番手からはファビオ・ライマー/ヴァージン
18番手からはダニエル・アプト/アウディ・スポーツABT
19番手からはカルン・チャンドック/マヒンドラ
20番手からは山本左近/アムリン・アグリ


ファンブーストはピケJr.、ブエミ、ターベイが獲得。
ターベイ、人気ですねぇ。


左近のノーズが黒い。
予選のクラッシュもあって、マシンを直していたからな…。

2回戦目はスタンディングスタートなのね。

シグナルが…ブラックアウト!!
おっと、フォンタナがスタート失敗!
順位を下げています!
バードのマシンでしょうか、1コーナーを曲がる際にリアをブエミのフロントウイングにぶち当てています。
破損はしていないけどね…。


ロケーション的に上空からマシンが見えないwww


3周目、サラザンがファステスト!
更に翌周もファステストを更新しています。

ピケJr.は前にいるターベイとの差が広がっていますねぇ。


5周目、ダンブロジオがファステスト。

ライマーのフロントウイングの翼端板がガタガタしてるなぁ…。
…あ、飛んだ。
並んでいた左近のマシンに当たる…www

トゥルーリがシルベストロにかわされています。
10番手からスタートして、早くも16番手にまで後退していますねぇ。

ピケJr.とターベイの差は6秒くらい…。
結構離れました。

トゥルーリはライマーにもかわされて17番手になっています。
マシンの調子が良くないのでしょうか。


7周目、サラザンがファステスト。

左近がトゥルーリの後ろにピッタリついてますね。
…あっ、左近が姿勢崩した?!
何か飛び散ってるから、当たったか?
黄旗!
トゥルーリと左近は自力でピットへ向かっているのかな?

左近のオンボードリプレイ。
減速したトゥルーリを避け切れずに追突してしまっていますね…。

そして、ターベイがファンブースト。

左近はピットへ行った模様。
トゥルーリはまだ走っているかな?


9周目、ハイドフェルドが一気に7番手から10番手にまで後退。
ん、ピットに入ったようだな。

…あれ、ハイドフェルドはオフィシャルと一緒にマシン押してるなwww
マシントラブルか?
これリタイアか??


10周目、ピケJr.がファンブースト。
残り電力は43%…他のマシンより残しているぞ?
他は大体30%台だからね。
あぁ、30%切ったマシンもいるからなぁ。

…あ、ハイドフェルドがマシンを替えた。
まだリタイアはしないようだ。


11周目、ベルニュにドライブスルーペナルティ!
パワーを使いすぎたようだ。


12周目、ブエミがファンブースト!

左近とトゥルーリの接触は審議中。

今度はデュバルがファステスト!
更にブエミがファステストを塗り替えた!


13周目、ベルニュがドライブスルーペナルティ消化。
9番手から17番手に後退。
これでピケJr.は10番手、ポイント圏内に上がりました。


14周目、トップ争いをしているサラザンとデュバルがピットへ。
後続のダンブロジオ、バード、ブエミ、ブルーノ等はまだ残っていますね。
ピケJr.は残り電力が後2周分くらい残ってる…かなり抑えていたからあのペースだったのか。
このタイミングでプッシュを始めたようですね!


15周目、先にピットに入った人達がコースに復帰かな?
サラザン、デュバル、ディ・グラッシ、デュラン、ターベイ…辺りだろうか。
そして、ブエミとか1周遅らせた勢が入ってきましたね。
ピケJr.はもう1周。
ここで暫定トップである。

…ん?
ディ・グラッシがピットから出る時に他のマシンと交錯しかけた?
ペナルティの可能性?

左近さんはまだピット。
これは…ダメかもね。


16周目、ピケJr.がピットへ。
…あれ、バードがトップになるぞ?
トップが入れ替わった?

…あ、トゥルーリがピット入った。
トゥルーリも事故があって後退したからか、割と電力持ってましたね…。

…あぁ、サラザンがトップになるか。
その後はデュバル、バード、ダンブロジオの順になるな。

おっと、ブエミがスピン!
その間にブルーノが先行して、7番手に後退!
実質6番手ですかね。
後ろにはディ・グラッシが迫ってきています!


17周目、ピケJr.がコースへ復帰。
プロストの直前、10番手…順位変わらないね。
おっと…タイヤが暖まっていないのか、滑ってますね。
このラップは我慢のしどころか。

今の順位はサラザン、デュバル、バード、ダンブロジオ、ブルーノ、ブエミ、ディ・グラッシ、デュラン、ターベイ、ピケJr.、プロスト、チャンドック、シルベストロ、ライマー、アプト、ベルニュ、フォンタナ、トゥルーリ、ハイドフェルド。


18周目、ハイドフェルドがトゥルーリをかわして18番手…かな?
ここでターベイがファステスト!
ブエミからファステストポイントを奪った!
ナイスアシストwww

ライマーがシルベストロをかわして13番手になっています。


19周目、あー。
ライマーがシケインで曲がれずにウォールに突っ込んだ!
リタイア!
そして黄旗である。

…あれ、トゥルーリもピット?

ピケJr.は最速ラップ中だったものの、ライマーの黄旗の影響を受けた為にファステストを記録できず。


20周目、ピケJr.がセクター1ファステストで仕切り直し…
って、え?!
ここでセーフティカー!
導入遅いよ!

まぁ、ピケJr.とターベイの差が縮まるからピケJr.にとっては若干楽になるのかな?
ターベイはチームメイトだし、譲ってくれるだろう…。
ピケJr.の残り電力は73%。
他は大体60%台だから、他の人達より少し余裕がありますね。

そしてシカトされる無線。


22周目、リスタート!
ターベイ、ピケJr.がファンブーストを使用!
ターベイは譲る気なし?www

…おっと、ドラゴンの2台が争っている!
あれ、前にバードが…?
抜いた?

23周目、変わらずサラザンがトップである。
その後ろはバード、ダンブロジオ、デュバルの順に変わっていました。
デュバルがバードにかわされて、更にダンブロジオにもかわされた模様。

あ、ターベイがピケJr.に順位を譲った。
これでピケJr.は9番手。
8番手になったら、このまま行くとワールドチャンピオンかな?

…あれ、ピケJr.がデュランの前に出ている?
いつの間に。

リプレイ。
タイトなシケイン前の高速コーナーでデュランのアウト側から抜いて行っていました。
デュランがそんなにスピード出していたようには見えなかったけど、相対的にピケJr.の方が速く見えただけか?


25周目、ここでバードがファステスト!
バードが後半にペースを上げていますねぇ。

ブルーノ対ブエミ!
ここでブエミがファンブーストを使った!
ブルーノの絶妙なブロックにより、順位を奪えず!

…あ、またバードがファステスト!

サラザン対バードのトップ争いが展開されています!
勢いのあるバードが猛プッシュしていますねぇ。


27周目、この時点でハイドフェルドがピットへ。
残り電力が切れたからでしょうか。

ブルーノ対ブエミの5番手争いも熱い!
軽く接触する程の至近距離でのバトル!
ブルーノが順位を守っています!

…あ、ベルニュとシルベストロの順位が入れ替わった。
ベルニュは15番手。
何か、完全に存在感なくなっているね。


28周目、バードがシケイン飛び込みでサラザンのインに入った!
…当たった!
サラザンが被せるようにブロックして抜かせない!
…あら、バードのフロントウイング翼端板がガタガタしちゃってる。


29周目、ファイナルラップ!
サラザンの残り電力は7%!
1周の消費電力が大体7%くらいらしいので、ギリギリ…しかも、バトル下である。
これ、1周持つのか?

ブルーノ対ブエミもファイナルラップへ!
1コーナーでブエミがブルーノに軽く追突しています…初のワールドチャンピオンに向け、猛プッシュしています!

サラザンの残り電力が1%に…!
まず、走り切れるのか心配になってきました…w
っていうか、フィニッシュ時に1%分の電力残しておかないといけないんじゃなかったっけ?
まだラップはあるぞ…?

…あ、ベルニュの電力表示が消えた!
ピットか?

サラザン、残り電力が0%に!
でも、走れてますね。
ミラーでバードを確認しながらチェッカーを目指すサラザン。

…おっと、デュバル、ブルーノ、ブエミがコーナーで絡んでるぞ!
またしてもブルーノとブエミが接触!
ブエミがブルーノのイン側に入りかけるが、抜けない!
今度はブルーノがイン側だ…ブエミに擦ってるwww

レース後に流れてきたリプレイ。
早めにブレーキかけたデュバルとブルーノが並びかけて接触、それと同時にブエミがブルーノに追突したみたいですね。
ブルーノも4位を取りかけていた事が分かります。

チェッカー!
サラザンがトップでチェッカー!
でも、電力は0%。

おっと、デュバルがホームストレートでいきなり端に寄せて減速!
ブルーノも端に寄せて減速。
その横でブエミも減速しつつ何かジェスチャーしてる…w
何だこれ www
分からんwww


チェッカー後も残り電力0%で走れているサラザン。


ピケJr.、FE初年度のワールドチャンピオン獲得!!
初代ワールドチャンピオンだ!

ピケJr.のコクピットを映したオンボード映像。
あー、泣いています…っと、ここでテロップが。
サラザンにドライブスルーペナルティ。
レースは終わったので、49秒加算ペナルティに変わりましたね。
エネルギーの使いすぎらしい。
これで順位が変動するな…。
でも、ピケJr.のチャンピオンは変わらない。


ピケJr.のインタビューに乱入するダンブロジオwww
ダンブロジオは2位表彰台。
1回戦目も良い成績だったし、このコース得意らしいな?

バードのインタビュー。
地元であるイギリスでの優勝である…サラザンにペナルティがあったとは言え、嬉しいだろうなぁ。


表彰台!
ダンブロジオの人気よ…バードは更に人気だけどな!
まぁ、地元だから。
そして、イギリス国歌!

デュバルが3人で自撮りしとるwww


モデルのジョディ・キッドって人がデュバルにトロフィ進呈。
…あれ、レース好きな人?
ダンブロジオへのトロフィ進呈はロンドン市長とかだろうか?
…いや、何か違うな。
ヨークのダッチェス、セーラ・ファーガソン?
…あ、王室関係者!?
優勝者であるバードにトロフィ進呈しました。

シャンパンファイト!
…おい、横からなんか白煙ぶちまけてる人が出てきたぞwww
何してるwww
結果的に一番目立つのでしたw


結果。
優勝はステファン・サラザン/ヴェンチュリー
2位はサム・バード/ヴァージン
3位はジェローム・ダンブロジオ/ドラゴン
4位はロイック・デュバル/ドラゴン
5位はブルーノ・セナ/マヒンドラ
6位はセバスチャン・ブエミ/e.dams・ルノー
7位はルーカス・ディ・グラッシ/アウディ・スポーツABT
8位はネルソン・ピケJr./ネクストEV TCR
9位はサルバドール・デュラン/アムリン・アグリ
10位はオリバー・ターベイ/ネクストEV TCR

ここまでがポイント獲得。

11位はニコラ・プロスト/e.dams・ルノー
12位はダニエル・アプト/アウディ・スポーツABT
13位はシモーナ・デ・シルベストロ/アンドレッティ
14位はカルン・チャンドック/マヒンドラ
15位はアレックス・フォンタナ/トゥルーリ
16位完走扱いはジャン=エリック・ベルニュ/アンドレッティ

リタイアは…
ニック・ハイドフェルド/ヴェンチュリー
ファビオ・ライマー/ヴァージン
ヤルノ・トゥルーリ/トゥルーリ
山本左近/アムリン・アグリ


最終結果。
優勝はサム・バード/ヴァージン
2位はジェローム・ダンブロジオ/ドラゴン
3位はロイック・デュバル/ドラゴン
4位はブルーノ・セナ/マヒンドラ
5位はセバスチャン・ブエミ/e.dams・ルノー
6位はルーカス・ディ・グラッシ/アウディ・スポーツABT
7位はネルソン・ピケJr./ネクストEV TCR
8位はサルバドール・デュラン/アムリン・アグリ
9位はオリバー・ターベイ/ネクストEV TCR
10位はニコラ・プロスト/e.dams・ルノー

ここまでがポイント獲得。

11位はダニエル・アプト/アウディ・スポーツABT
12位はシモーナ・デ・シルベストロ/アンドレッティ
13位はカルン・チャンドック/マヒンドラ
14位はアレックス・フォンタナ/トゥルーリ
15位はステファン・サラザン/ヴェンチュリー
16位完走扱いはジャン=エリック・ベルニュ/アンドレッティ

リタイアは…
ニック・ハイドフェルド/ヴェンチュリー
ファビオ・ライマー/ヴァージン
ヤルノ・トゥルーリ/トゥルーリ
山本左近/アムリン・アグリ


ドライバーランキング。
1位:ネルソン・ピケJr./ネクストEV TCR(144Pt)
2位:セバスチャン・ブエミ/e.dams・ルノー(143Pt)
3位:ルーカス・ディ・グラッシ/アウディ・スポーツABT(133Pt)
4位:ジェローム・ダンブロジオ/ドラゴン(113Pt)
5位:サム・バード/ヴァージン(103Pt)
6位:ニコラ・プロスト/e.dams・ルノー(88Pt)
7位:ジャン=エリック・ベルニュ/アンドレッティ(70Pt)
8位:アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ/アムリン・アグリ(51Pt)
9位:ロイック・デュバル/ドラゴン(42Pt)
10位:ブルーノ・セナ/マヒンドラ(40Pt)
11位:ダニエル・アプト/アウディ・スポーツABT(32Pt)
12位:ニック・ハイドフェルド/ヴェンチュリー(31Pt)
13位:ハイメ・アルグエルスアリ/ヴァージン(30Pt)
14位:ステファン・サラザン/ヴェンチュリー(22Pt)
15位:フランク・モンタニー/アンドレッティ(18Pt)
16位:スコット・スピード/アンドレッティ(18Pt)
17位:カルン・チャンドック/マヒンドラ(18Pt)
18位:シャルル・ピック/ネクストEV TCR(16Pt)
19位:オリオール・セルビア/ドラゴン(16Pt)
20位:ヤルノ・トゥルーリ/トゥルーリ(15Pt)
21位:サルバドール・デュラン/アムリン・アグリ(13Pt)
22位:オリバー・ターベイ/ネクストEV TCR(4Pt)
23位:ヴィタントニオ・リウッツィ/トゥルーリ(2Pt)
24位:佐藤琢磨/アムリン・アグリ(2Pt)
25位:ジャスティン・ウィルソン/アンドレッティ(1Pt)
26位:ホーピン・タン/ネクストEV TCR(0Pt)
27位:アントニオ・ガルシア/ネクストEV TCR(0Pt)
28位:シモーナ・デ・シルベストロ/アンドレッティ(0Pt)
29位:ミケーラ・セルッティ/トゥルーリ(0Pt)
30位:マルコ・アンドレッティ/アンドレッティ(0Pt)
31位:マシュー・ブラバム/アンドレッティ(0Pt)
32位:ファビオ・ライマー/ヴァージン(0Pt)
33位:アレックス・フォンタナ/トゥルーリ(0Pt)
34位:キャサリン・レッグ/アムリン・アグリ(0Pt)
35位:山本左近/アムリン・アグリ(0Pt)


チームランキング。
1位:e.dams・ルノー(232Pt)
2位:ドラゴン・レーシング(171Pt)
3位:アウディ・スポーツABT(165Pt)
4位:ネクストEV TCR(152Pt)
5位:ヴァージン・レーシング(133Pt)
6位:アンドレッティ・フォーミュラE(119Pt)
7位:アムリン・アグリ(66Pt)
8位:マヒンドラ・レーシング(58Pt)
9位:ヴェンチュリー(53Pt)
10位:トゥルーリ(17Pt)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 2日 (木)

とある世界の言い伝え





続きから。



続きを読む "とある世界の言い伝え"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

荒野の原住民

割と、体力をセーブ出来ていた…。
いつもこんな感じだと良いんだけどねぇ。

そういや、南アルプスの天然水 ヨーグリーナが復活したんですねw
レモンジーナと同じく、売れ過ぎて販売中止商法になったやつw

地元のスーパーでしあわせバタ〜発見!
普通サイズだけれど、正直この時期に見られるとは思ってなかったわ。




うるう秒…とか言ってたけど、その時間特に気にもせず仕事してたわw
通常の生活では影響もなにもないわな、うん。






久々にQMAやりに行って、検定見たら「古代遺跡検定」とかいう凄いコアなもんが…。
いや、割と楽しかったんだけども。

A_na_sa_zi_2
アナサジーーーーーーーーーーーーーーー!!!
キターーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »