« 早とちり | トップページ | 墓場じゃアーケードゲームは出来ません »

2015年6月21日 (日)

野を駆けアスファルトを駆ける

昨日行く時に玄関開けて、鍵閉めてる時にふと上の方を見たら、玄関扉の枠の左上の部分にハチが留まってて吃驚。
夜でお休みしていたからか、ぴくりとも動きませんでしたが。
そして、帰ってきた時に玄関近くでアシナガバチっぽいのが見えたんだよなぁ。







オーストリアGP!!
土曜フリー走行ではウサギも走った、シュピールベルクのレッドブルリンクです。


曇りがちだけど、ドライ!
…あ、午前中に雨が降ったからか、路面濡れてる。
そして、寒いコンディション。

息子マッサかわゆいなぁ…投げキッスwww


Q1
まずは7台がコースへ。
また雨が降るかもって言われているからですかね。
全員雨用のインターミディエイトタイヤを履いているようです。

トロロッソのピットウォールにゲルハルト・ベルガー。
地元ですし、トロロッソの元共同オーナーですし。

路面は濡れてたり乾いてたり微妙な状況。

ペレスがコーナー曲がってる途中で曲がり切れなくなってコースオフ。
元々難しいコーナーが多いみたいだし、濡れてるし。

セクター3で黄旗。
…あ、メルヒがグラベルにハマってた。
何とか復帰。
コーナーで滑ったのか。
しっかりスピンして滑って行ったなぁ。

…あ、ロズベルグも1コーナーでコースオフしてた。
こちらはランオフエリア広いから大丈夫でした。

アロンソのマシンはショートノーズバージョン。
ウィリアムズやレッドブルみたいな萎えたちんこ…小さな突起があるバージョンです。


マッサがソフトタイヤ、ナスルがスーパーソフトタイヤを投入…いよいよドライ用タイヤの出番ですかね!
ベッテルもインターミディエイトタイヤがだいぶ痛むから、ドライタ用のタイヤに変えたいと無線で言っています。

…お、ボッタスもソフトタイヤでアタックしてる。

ヒュルケンベルグも無線でドライ用タイヤのコンディションだって言っていますね。
ボッタスがトップ、マッサが2番手、ナスルは3番手!
いよいよドライタイヤでのタイム更新合戦が始まるな…!

残り6分切って、ハミルトンがスーパーソフトでアタック!
…おぉ、ここでバトンがトップタイムだ!
ハミルトンは2番手タイム!

スーパーソフトを履き続けているナスルは挙動乱したり飛び出したりしているなぁ。

サインツJr.がトップ、フェルスタッペンも2番手に!
今度はトロロッソ勢ですな。
そして、ここでハミルトンがトップ!
…と思っていたら、ロズベルグがまたしてもコースオフ!
まぁ、大丈夫だけど。
マッサが2番手!
すぐにバトンが2番手に!
お、ベッテルがトップ!
今度はロズベルグがトップ!
トップだけでなく、色々な場所で目まぐるしく順位が変わっている!
残りは1分切っています!

そしてチェッカー!
バトンは11番手!
エリクソンは8番手!
グロージャンが2番手だ!!
7番手のハミルトンはアタックを終えてガレージへ戻りました。
アロンソは10番手!
ペレスは11番手!
ここでベッテルがトップだ!
ライコネンは現在17番手。
…タイム更新できないままガレージに戻って行っているようですね。。
ライコネンはまさかのQ1ノックアウト!
クビアトは8番手!
そしてロズベルグがトップに!
ナスルは8番手!
5番手のマッサもガレージに戻りましたね。
マルドナドが3番手だ!
今度はフェルスタッペンが3番手!
おぉ、ヒュルケンベルグが4番手!
ルマンで優勝した勢いを持続させているのか、調子が良いぞ…!
ボッタスは9番手!
スティーブンスは20番手でQ1ノックアウト。
10番手のリチャルドもガレージへ戻りました。
…おぉ、サインツJr.が2番手だ!

アロンソ、ギリギリ15番手でQ2進出!
ライコネンがまさかのノックアウト!
バトンもQ1ノックアウトに終わっています。


Q2
路面はかなり乾いてきているようですな。
マクラーレンのガレージには八郷隆弘さんが…。
あれ、ホンダの次期社長だよね?
直々に来ているの?!

残り5分切って、まだアタックしていなかった遂にベッテルがコースへ。
ワンアタックかなー。

マッサがスーパーソフトで2番手タイム!
ボッタスも3番手タイムだ!
ベッテルがロズベルグを上回ってトップに!
ハミルトンは3番手!

リチャルドが少しコースオフして少しグラベルに乗り上げてる…。
グロージャンもコーナーで滑って、その後のコーナーでコースオフ。
どちらも大丈夫そうですが。

残り30秒!
サインツJr.がタイムを更新、でも11番手だ。
ヒュルケンベルグは4番手!
ナスルが5番手に!
ここでチェッカー!
グロージャンは9番手!ちょっとギリギリか?
ハミルトンは2番手!
マルドナドは11番手、惜しくもQ2でノックアウト!
ウィリアムズの副チーム代表、クレア・ウィリアムズさんが見つめてますね。
エリクソンは12番手でノックアウト!
リチャルド、14番手でここで予選終了…。
クビアトは何とか10番手に滑り込んだ!
フェルスタッペンは6番手!
アロンソはタイム更新するも、15番手。
ここでノックアウトです。
サインツJr.は13番手だったけども、タイム更新できなかったのでしょうか。
ガレージへ戻ってしまいました。

リチャルドとサインツJr.はチームのホームグランプリでQ2敗退。
…まぁ、トロロッソの本拠地はイタリアなんだけどね。
やはりパワー依存のサーキットは厳しかったか。
アロンソ、中団勢の最後尾となる15番手。


Q3
ロズベルグ、まずは1分8秒850を叩き出してトップタイム!
続くハミルトンは1分9秒225で2番手でした。
ヒュルケンベルグ、ナスル、マッサ、ボッタス、クビアトと続いています。
ヒュルケンベルグとナスルが調子良いみたい?

残りは8分切った!
ここでいよいよベッテルがコースへ!
フリー走行でも良かったし、フェラーリは注目ですね…。

ボッタスがタイムを更新して、3番手!
その後ろからやってきたマッサが3番手に!
ハミルトン、セクター1、セクター2全体ベストできているぞ!
その前を走るロズベルグは自己ベストを更新!
ハミルトン、1分8秒455で自己ベストを更新したロズベルグを上回り、トップに!
ベッテルが一発で3番手タイムを叩き出した!

ピットに戻るロズベルグのノーズカメラ。
ジャッキマンの足元が見えて面白い視点だ。

残り2分切った!
各車ラストアタックへ向けて続々と準備を進めていますね。
マッサが自己ベストを更新!
順位は変わらず4番手。
フェルスタッペン、ファーストアタックで6番手タイム!
17歳のルーキーが凄い頑張ってる…。

残り1分!
グロージャンを除く9台がコース上にいます。

…おっと、セクター1で黄旗。
ハミルトンがコースオフしている!
その間にヒュルケンベルグがタイムを更新、5番手!
そしてチェッカー!
ベッテルは3番手タイム!
クビアトは8番手、フェルスタッペンの後ろだ!

…おぉっと、更にセクター3で黄旗が!
今度はロズベルグがグラベルにハマってる!
リプレイはノーズカメラ視点でグラベルにハマるまでの映像。
最終コーナーの途中で曲がり切れなくて真っ直ぐ行った感じ?

ナスルは黄旗の影響も受けたであろう、9番手。


ハミルトンは1コーナー入る手前で華麗にスピンしてコースオフしたのかぁ。
ロズベルグは最終コーナーでやっちゃったから後続のマシンにも影響が…。


そしてドナドナされるロズベルグのマシン。


徹子の部屋。
ロズベルグが明らかにむすっとしてる。


ロズベルグが悔しがっている映像が捉えられているな。
最終コーナーでコースオフしてストップした後、マシン降りてからの事ですな。


結果。
ポールポジションはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2番手からはニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
3番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
4番手からはフェリペ・マッサ/ウィリアムズ
5番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/フォースインディア
6番手からはバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ
7番手からはマックス・フェルスタッペン/トロロッソ
8番手からはダニール・クビアト/レッドブル
9番手からはフェリペ・ナスル/ザウバー
10番手からはロマン・グロージャン/ロータス

11番手からはパストール・マルドナド/ロータス
12番手からはマーカス・エリクソン/ザウバー
13番手からはカルロス・サインツJr./トロロッソ
14番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル
15番手からはフェルナンド・アロンソ/マクラーレン

16番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア
17番手からはジェンソン・バトン/マクラーレン
18番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
19番手からはロベルト・メルヒ/マノー・マルシャ
20番手からはウィル・スティーブンス/マノー・マルシャ


レッドブル勢が姉妹チームのトロロッソ勢の後ろになるという展開。
去年のポールシッター、マッサは4番手。
メルセデス勢やベッテルにはやられたけど、ボッタスより上位グリッドだし、得意なのかな?って。


今回はペナルティが沢山あります。
リチャルドは今シーズン5基目のエンジンを搭載した為、10グリッド降格ペナルティ。
後4グリッド分ペナルティが消化できていないと思うので、決勝のタイムに5秒加算されると思います。

アロンソはエンジンが5基目の為10グリッド降格ペナルティ。また、ターボチャージャーとMGU-Hも5基目を使用する為、それぞれ5グリッド降格ペナルティが発生。合計で50グリッド降格ペナルティとなっています。

バトンはパワーユニットをほぼ丸々交換する事になった為、25グリッド降格ペナルティ。
22グリッド分ペナルティが消化できていないので、決勝でのドライブスルーペナルティに変換されています。

クビアトもパワーユニットのいずれか(多分エンジン)が5基目に到達してしまったので、10グリッド降格ペナルティ。
クビアトは全部消化できたっぽいかな?

アロンソはギアボックストラブルにより壊れたギアボックスを交換した為、5グリッド降格ペナルティが追加。合計で25グリッド降格ペナルティです。
こちらもペナルティが消化しきれないので、決勝でのドライブスルーペナルティに変換されました。
ギアボックスも何戦連続で使用しなければいけませんよって規定があるからねぇ。


スターティンググリッド。
ポールポジションはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2番手からはニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
3番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
4番手からはフェリペ・マッサ/ウィリアムズ
5番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/フォースインディア
6番手からはバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ
7番手からはマックス・フェルスタッペン/トロロッソ
8番手からはフェリペ・ナスル/ザウバー
9番手からはロマン・グロージャン/ロータス
10番手からはパストール・マルドナド/ロータス

11番手からはマーカス・エリクソン/ザウバー
12番手からはカルロス・サインツJr./トロロッソ
13番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア
14番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
15番手からはダニール・クビアト/レッドブル

16番手からはロベルト・メルヒ/マノー・マルシャ
17番手からはウィル・スティーブンス/マノー・マルシャ
18番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル
19番手からはフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
20番手からはジェンソン・バトン/マクラーレン

|

« 早とちり | トップページ | 墓場じゃアーケードゲームは出来ません »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野を駆けアスファルトを駆ける:

« 早とちり | トップページ | 墓場じゃアーケードゲームは出来ません »