« 鐘の島 | トップページ | 雲と薔薇とこねこ様 »

2015年6月 9日 (火)

小さき客人

最近あんまり良くない事が多いような…。
これ以上は問題発生しないで欲しい所だね。
…と言っても、問題って起きるものだし。。

まぁ、速攻で帰ったけどね。
雨降り始めてた…。






F1カナダGP決勝!

バトン、ドライブスルーペナルティを受ける。
本来は15グリッド降格ペナルティだが、既に最後尾からのスタートだったので、その代わりにドライブスルーペナルティとなりました。
パワーユニットのMGU-Hとターボチャージャーを交換してのペナルティです。


さて、モントリオールは土曜日に引き続き、すっきりとした晴れ!
気温はそんなに高くなさそう?

後方にいるマッサ、メルヒ、スティーブンス、フェルスタッペン、バトンがソフトタイヤスタート。
後はスーパソフトですね。

フランク御大やトトが見つめています…。

シグナルが…ブラックアウト!!

1コーナー、2コーナーは…
あ、誰もはみ出てない。
非常にクリーンな立ち上がり。

ヒュルケンベルグがグロージャンとマルドナドの間に!
6番手である。


2周目、バトンがドライブスルーを消化。
現在、マッサは13番手、ベッテルは16番手。


3周目、ヘアピンでベッテルがサインツJr.をかわした!
これで15番手。
アロンソがエリクソンにかわされています。
12番手に後退です。


4周目、マッサがアロンソに仕掛けた!
サイド・バイ・サイドで1コーナー、2コーナーを回る!
マッサが前、12番手!
これは良いバトル…!
クリーンだしね!


5周目、ベッテルがアロンソをかわした!
13番手である。


川井ちゃん「先週でしたっけ、酷いレースが世界各地でありましたんで…。」
おいやめろwww


7周目、11番手争い。
エリクソン、マッサ、ベッテル。
ソフトタイヤのマッサはスーパーソフトのエリクソンに引っ掛かってしまっているようだ…。
それに釣られてスーパーソフトのベッテルも引っ掛かってる。

ここでベッテルがピットイン!
…あれ、左リアが遅いよ!
少し時間がかかってしまったようだ…。
ソフトタイヤでコースへ。
最後尾からの追い上げとなります。

マッサはソフトタイヤだからここでピットに入る訳にも行かず…うーん。
ソフトタイヤスタートが裏目に出たか?


9周目、マッサがエリクソンに仕掛けに行った!!
…うおぉ、またしてもサイド・バイ・サイド!
1コーナー、2コーナーでギリギリの攻防。
挙動乱してるのにギリギリで当たらないのは流石マッサや!
これは熱い!
マッサ、エリクソンを攻略して11番手!


12周目、アル・パチーノが映ったらしい。


13周目、マルドナドに追われるヒュルケンベルグ。
ヒュルケンベルグは無線でフロントタイヤが酷くなっていると訴えているようだ。

マッサがリチャルドをかわして10番手に!
さぁ、何処まで順位を上げつつ引っ張ってピットインできるかな?


15周目、先頭集団。
ハミルトン、ロズベルグ、ライコネン、ボッタスの差はそれぞれ約3秒くらいずつ離れていますね。
ほぼ等間隔だ。

…あ、マイケル・ダグラス。


16周目、マッサが因縁のペレスをかわして9番手に!
前はクビアトである。
因縁の、と付けたのは去年のカナダでファイナルラップ辺りの1コーナーで接触したから。
これでマッサはころりと転がってリタイアしていたのです。

まっさん怒りのオーバーテイク祭りである。
ベッテルも怒りのオーバーテイク祭りだけど。


18周目、14番手争い。
アロンソとフェルスタッペンを追うベッテル。

…あ、ヨスだ。
ヨス・ザ・ボス。
父フェルスタッペン。


20周目、ベッテルが煙幕を…。
少し道を外れたようです。

そのベッテルがアロンソに仕掛けた!
…あ、行き場所なくなって縁石に乗った。

ベッテル無線。
…?
右フロントウイングがアロンソと接触?
そんな風には見えないけど…。
取り敢えず、ベッテルはチームにフロントウイングをチェックして欲しいと訴えています。

…おぉ、最終コーナーで再びベッテルがアロンソに仕掛けた!
サイド・バイ・サイドに…!
ベッテル、アロンソの前へ!
15番手!


ドライバーからチェックしてって言われたら、ピットウォールからマシンをカメラで撮って分析するんだ…www


25周目、ベッテルがエリクソンをかわして11番手!
エリクソンはずっとスーパーソフト履いているし、そろそろタイヤが劣化してきている事でしょう。

アロンソ無線。
ピットウォール「7秒後ろにナスルいるけど、燃料抑えないとダメだよ。」
アロンソ「やだ!」

解説陣
ガス欠でも良いじゃん、データ取れれば。
どうせ0点なんだし。
って思ってるのかもしれませんねー。


ベッテルは10番手にまで順位を上げてきています。
前のマルドナドは粘っています。


28周目、おーっと!
ライコネンがヘアピンの立ち上がりでスピンした!
元に戻ろうとターンしたらグロージャンに当たりそうに…www

無線で「去年と同じ事が起きた!!」と叫んでいます。
これでボッタスがライコネンを抜いて3番手に。
ボッタス、今季初表彰台のチャンス!


29周目、ボッタスがピット!
少し左リアが手間取ったかな?
タイヤ交換時間は4.8秒。

メルセデスはしっかりハミルトンのタイヤを交換していますね。
タイヤ交換時間は2.8秒。
その間にロズベルグがプッシュ!
…と思ったら、ヘアピンでタイヤをロックさせて少しコースオフしてました。

おっ、ベッテルがマルドナドをかわした!
これで7番手!
…最終コーナーでマルドナドを押し出してたけどね。

ハミルトン、タイヤをロックさせてフラットスポット作っています。
…すぐに目立たなくはなるんだね。


30周目、ペレスがフェルスタッペンをかわして11番手に!

マッサ、グロージャン、ベッテルの5番手争いが繰り広げられています。
マッサは後5~10周はコースに残っていたい感じですかねぇ。
ちょっと、ペース落ちててキツそうだけれど。

…あ、グロージャンにかわされた。


ここでベッテルがピット!
やっぱり引っ掛かってたからですかね。
今度もソフトタイヤ…ですか。
まぁ、後40周はあるし。

おや、リプレイ。
おっと…危なーい!!
マッサ、グロージャン、ベッテルの前に小動物…ウッドチャック?が!!
ギリギリで逃げて、マッサも少し避けていますね。


37周目、ロズベルグの無線。
ピットウォール「ブレーキの消耗が激しいから管理してね。
ハミルトンへのアタックは最後にね!」

ここから少しハミルトンとロズベルグの差が広がるのでした。


38周目、マッサがマルドナドにも追われている…あ、ピットイン。
さぁ、スーパーソフトに交換だ…!
これでタイヤレギュレーションは消化。
さて、後は…ワンストップで行けるか?
クビアトの前、9番手に復帰。


39周目、一瞬意味ありげにタイヤウォールが映る。

リチャルドがフェルスタッペンに仕掛けようとして仕掛けられず、最終コーナーをカットしていました。
エスケープゾーンを通って行ったけど、さっきのタイヤウォールはそれか?


43周目、ライコネンがピットイン!
ここでスーパーソフトを投入!
前のボッタスを捉える為でしょう。


44周目、ヒュルケンベルグ対ベッテル!
ベッテルがアウト側から並んで行った!
サイド・バイ・サイドで最終コーナーのシケインへ!

おっと、ベッテルが縁石乗り上げた!
…当たった?!
ヒュルケンベルグがスピンした!
双方にダメージはなさそう?

リプレイ。
ヒュルケンベルグが先に外側の縁石に乗ってバランス崩し、ベッテルがその後に内側の縁石に乗って跳ねているのが分かる。
そして、跳ねたベッテルを避けようとしたヒュルケンベルグが更にバランスを崩してスピン。
そんな感じだろうか。


ベッテルは7番手、マッサは8番手。
完全にベッテルに先に行かれてしまいました。
一番初めのタイヤ交換の時にアンダーカットされてしまいましたからね。
タイヤ戦略違うからマッサは反応する訳にも行かず。

ハミルトンとロズベルグも差が縮まってるなぁ。
ハミルトンもペースを抑えているのでしょうか。
あ、前にレッドブルが…。


47周目、アロンソがガレージへ。
リタイア…これで3戦連続ですぞ。


そうこうしているうちに、昨年の勝者、リチャルドが周回遅れに。


50周目、グロージャンがピットに?
どうした?
慌ててピットクルーが出てきたぞ?

リプレイ。
あーあ、スティーブンス抜く時にライン戻すの早すぎたのか。
スティーブンスのフロントウイングとグロージャンのリアタイヤが接触。
スティーブンスのフロントウイングは破損し、グロージャンはパンク。
2人共一度最終コーナーのエスケープゾーンに逃げてからピットへ向かっていますね。
グロージャン、無線。
おこ。

川井ちゃん「自分から当たりに行ったような感じ。」

スティーブンスの無線。
スティーブンス「アホだろ。」


勿論、審議に。


52周目、マルドナドのガレージに…誰?
多分、ゲストさん。

ハミルトンとロズベルグ、差が1秒切った!
ロズベルグ、プッシュしては…いない筈??

グロージャン、5秒ストップペナルティ!


56周目、マルドナド対ベッテル!
マルドナドが片側だけ少し煙幕張っています。
ベッテルがマルドナドをかわして5番手!

マッサはまだ後方だなぁ…。


ハミルトンとロズベルグは1.5秒離れましたね。
燃費が少しキツいハミルトン。
ブレーキが少しキツいロズベルグ。
さて、この後バトルはあるのか?


58周目、バトン無線。
…え、リタイアか。。

バトン、ガレージへ。
マクラーレン、ダブルリタイアとなりました。


…あ、ハミルトンは大丈夫らしい。
燃費とかの事だろうけど。


63周目、マルドナド対マッサ!
マッサがマルドナドをかわしていって、6番手に!

…メルヒがピットにいるな。。


クビアト対グロージャン。
グロージャン、無線で「クビアトをかわして5秒差つけろ!」
って言われてる。
グロージャンには5秒ストップペナルティがありますからね。
11番手のペレスとの差は十分あるみたいなんで、ペナルティ受けても順位は失わないけど。


メルヒはまだピット…あ、OUTになった。
リタイアです。
いつもみたく、いつの間にかリタイアしているパターンだけど、今回はマシンを降りたメルヒが映りましたねぇ。


ロズベルグ、ハミルトンの燃料状態を訊く。
ピットウォールからは「コメントできない」との返答。
そりゃ教えられないよなw

そこで国際映像にメルセデス2台の燃料状態が。
川井ちゃん「ニコ、これを見るんだ!」
ジャイアントスクリーンに表示しろってwww
ヘアピンのとこなら見られるかもってwww


67周目、トトが無表情で画面を見つめる。

ベッテルとマッサの差は約8秒…流石に後3周じゃあなぁ。

ハミルトンはヘアピンでタイヤをロックする場面を捉えられる事が多いな…。
川井ちゃん、声が裏返ってるwww

ハミルトンが飛ばし始めてロズベルグとの差が開いていっていますね。
あっという間に3.7秒差…。


69周目、トト笑顔。
ニキの冗談に笑ってるのかな?


70周目、ファイナルラップ。
ハミルトン、最後のストレートでザウバーを押し退けてチェッカーを目指します。
ロズベルグはもう追い付けませんね。


ハミルトン、ポール・トゥ・ウィン!
ロズベルグも2位でワンツーフィニッシュ。
今季何度目だ?

ボッタス、今季初表彰台!
フェラーリ、今季初めて表彰台を逃す!


表彰台。
トロフィすげぇな…泡立て器みたいだwww
…あ、サーキットの形してるのが集まってるトロフィなのね。
泡立て器みたいだw

3位のはより小さいトロフィだから、より泡立て器みたいに見えるwww

シャンパンファイト、映ってないからボッタスがまず飲んでたか分からんwww


…ん?
ハミルトンのインタビュー中にボッタスがシャンパン持ったぞ?
…飲んだwww
画面から見切れたまま飲んだwww
おいwww

ハミルトンもロズベルグのインタビュー中に飲んだwww
やっぱり画面から見切れてるwww
お前ら…www


なんか、すっげぇコール起こってるwww
ハミルトンに対してかな?
カナダで人気だよねぇ。


ウッドチャックの場面は皆ちゃんと見て確認してるのね。
マッサもグロージャンもベッテルも。


優勝はルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2位はニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
3位はバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ
4位はキミ・ライコネン/フェラーリ
5位はセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
6位はフェリペ・マッサ/ウィリアムズ
7位はパストール・マルドナド/ロータス
8位はニコ・ヒュルケンベルグ/フォースインディア
9位はダニール・クビアト/レッドブル
10位はロマン・グロージャン/ロータス

ここまでがポイント獲得。

11位はセルジオ・ペレス/フォースインディア
12位はカルロス・サインツJr./トロロッソ
13位はダニエル・リチャルド/レッドブル
14位はマーカス・エリクソン/ザウバー
15位はマックス・フェルスタッペン/トロロッソ
16位はフェリペ・ナスル/ザウバー
17位はウィル・スティーブンス/マノー・マルシャ

リタイアは…
ロベルト・メルヒ/マノー・マルシャ
ジェンソン・バトン/マクラーレン
フェルナンド・アロンソ/マクラーレン

ライコネンは痛恨のスピンにより、表彰台を逃す。
ベッテルとマッサはそれぞれダメージを最小に抑えた格好。
ロータスはダブル入賞。
マルドナドは今季初ポイントですね。
フォースインディアとレッドブルはそれぞれ一台ずつがポイント獲得と。
トロロッソとザウバーはポイントなし。
だけど、サインツJr.がリチャルドを抑え切っていますね。

マクラーレンはダブルリタイア。
原因は排気トラブルらしい。
パワーユニットのトラブルではないようなので、一安心…か?


ドライバーズランキング。
1位:ハミルトン/メルセデスAMG(151Pt)
2位:ロズベルグ/メルセデスAMG(134Pt)
3位:ベッテル/フェラーリ(108Pt)
4位:ライコネン/フェラーリ(72Pt)
5位:ボッタス/ウィリアムズ(57Pt)
6位:マッサ/ウィリアムズ(47Pt)
7位:リチャルド/レッドブル(35Pt)
8位:クビアト/レッドブル(19Pt)
9位:グロージャン/ロータス(17Pt)
10位:ナスル/ザウバー(16Pt)
11位:ペレス/フォースインディア(11Pt)
12位:ヒュルケンベルグ/フォースインディア(10Pt)
13位:サインツJr./トロロッソ(9Pt)
14位:フェルスタッペン/トロロッソ(6Pt)
15位:マルドナド/ロータス(6Pt)
16位:エリクソン/ザウバー(5Pt)
17位:バトン/マクラーレン(4Pt)
18位:アロンソ/マクラーレン(0Pt)
19位:メルヒ/マノー・マルシャ(0Pt)
20位:スティーブンス/マノー・マルシャ(0Pt)
21位:マグヌッセン/マクラーレン(0Pt)


綺麗にチーム毎に並んでる所が多いなぁ…。
気付いたら結局マッサは6位ですか…。
中々、上位に食い込めないなぁ。。

そして、ナスルがエリクソンを上回り、ペレスがヒュルケンベルグを上回っている…。
トロロッソはサインツJr.が優勢ですね。


コンストラクターズランキング。
1位:メルセデスAMG(278Pt)
2位:フェラーリ(180Pt)
3位:ウィリアムズ(104Pt)
4位:レッドブル(54Pt)
5位:ロータス(23Pt)
6位:ザウバー(21Pt)
7位:フォースインディア(21Pt)
8位:トロロッソ(15Pt)
9位:マクラーレン(4Pt)
10位:マノー・マルシャ(0Pt)

ロータス、ザウバー、フォースインディアが接戦。
特にザウバーとフォースインディアは同点ですか。
フォースインディアはイギリスGP辺りでBスペックカーが投入される見通しだし、今後が楽しみですね。

|

« 鐘の島 | トップページ | 雲と薔薇とこねこ様 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小さき客人:

« 鐘の島 | トップページ | 雲と薔薇とこねこ様 »