« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月30日 (火)

梅雨と初夏

兵庫県丹波市にある白亜紀前期の地層から恐竜の卵の殻の化石が発見されたそうで。
これ、新種らしいね!
…良く分かるな。。
発見された殻の表面には枝状の模様が入っていて、前例のないものなんだとか。
…内部組織の痕跡なのか、表面の独特の模様なのか、殻に付着した枝なのか。。

大きさは大体ニワトリの卵より少し大きいくらいと推測されていて、そうなれば今まで発見されたどの恐竜のものよりも小さいんだとか。
この事から、小型のドロマエオサウルス類のものではないかという事。
このドロマエオサウルス類に「ニッポノウーリサス・ラモーサス」と名付けたという事で…早くね?w
意味は「枝分かれした日本の卵の石」。







ネギタレ艦隊2015年7月版です。
前回は6月でしたね…。

正規空母
蒼龍改 Lv.55→Lv.56
飛龍改 Lv.55→Lv.56
瑞鶴改 Lv.47→Lv.55
葛城→葛城改 Lv.46→Lv.55
赤城改 Lv.51→Lv.55
加賀改 Lv.55
翔鶴改 Lv.46→Lv.55

軽空母
瑞鳳改 Lv.52→Lv.55
千歳航改二 Lv.50→Lv.55
千代田航改二 Lv.51→Lv.55
龍驤改 Lv.51→Lv.55
祥鳳改 Lv.53→Lv.55
飛鷹改 Lv.50→Lv.55
隼鷹改 Lv.50→Lv.55
鳳翔改 Lv.50→Lv.55

水上機母艦
千歳甲 Lv.50
千代田甲 Lv.50
秋津洲→秋津洲改 Lv.29→Lv.43

航空戦艦
伊勢改 Lv.55→Lv.60
日向改 Lv.55→Lv.59
扶桑改 Lv.55
山城改 Lv.55

戦艦
陸奥改 Lv.57→Lv.60
Littorio→Italia Lv.49→Lv.60
金剛改 Lv.60
比叡改 Lv.53→Lv.60
榛名改 Lv.52→Lv.60
霧島改 Lv.53→Lv.60

航空巡洋艦
最上改 Lv.58→Lv.60
鈴谷改 Lv.45→Lv.55
熊野改 Lv.45→Lv.55

重巡洋艦
衣笠→衣笠改→衣笠改二 Lv.23→Lv.55
古鷹改 Lv.52→Lv.55
加古改 Lv.52→Lv.55
那智改 Lv.55
足柄改 Lv.51→Lv.55
羽黒改 Lv.50→Lv.55
摩耶改 Lv.53→Lv.55
鳥海改 Lv.53→Lv.55
利根改 Lv.51→Lv.55
筑摩改 Lv.51→Lv.55
青葉改 Lv.26→Lv.32
妙高改 Lv.30
高雄改 Lv.30
愛宕改 Lv.30

重雷装巡洋艦
大井改二 Lv.59→Lv.60
北上改二 Lv.58→Lv.60

軽巡洋艦
大淀改 Lv.54→Lv.55
夕張改 Lv.50→Lv.53
五十鈴改二 Lv.51→Lv.52
那珂改二 Lv.50
天龍改 Lv.50
龍田改 Lv.50
球磨改 Lv.48→Lv.50
多摩改 Lv.46→Lv.50
木曾改 Lv.45→Lv.50
長良改 Lv.45→Lv.50
名取改 Lv.50
川内改 Lv.50
神通改 Lv.50
鬼怒改 Lv.45→Lv.50
阿武隈改 Lv.26→Lv.46
由良改 Lv.32→Lv.35

練習巡洋艦
香取改 Lv.60→Lv.69

駆逐艦
叢雲改 Lv.55→Lv.60
島風改 Lv.50→Lv.60
雷改 Lv.58→Lv.60
電改 Lv.60
秋月改 Lv.56→Lv.60
暁改 Lv.40→Lv.50
時雨改 Lv.40→Lv.50
春雨改 Lv.34→Lv.50
響改 Lv.40→Lv.46
夕立改 Lv.42→Lv.46
白露改 Lv.40→Lv.45
村雨改 Lv.40→Lv.45
睦月改 Lv.31→Lv.33
弥生改 Lv.30→Lv.33
山雲 Lv.31→Lv.32
野分 Lv.24→Lv.32
吹雪改 Lv.31→Lv.32
綾波改 Lv.31→Lv.32
陽炎改 Lv.30→Lv.32
黒潮改 Lv.30→Lv.32
潮改 Lv.30→Lv.32
初春改 Lv.30→Lv.32
子日改 Lv.30→Lv.32
若葉改 Lv.30→Lv.32
五月雨改 Lv.31→Lv.32
涼風改 Lv.31→Lv.32
朝潮改 Lv.30→Lv.32
荒潮改 Lv.30→Lv.32
如月改 Lv.31→Lv.32
文月改 Lv.31→Lv.32
長月改 Lv.30→Lv.32
菊月改 Lv.30→Lv.32
望月改 Lv.31→Lv.32
初風改 Lv.24→Lv.32
秋雲改 Lv.30→Lv.32
巻雲改 Lv.30→Lv.32
Z1<レーベレヒト・マース>→Z1改<レーベレヒト・マース> Lv.1→Lv.32
浜風改 Lv.31→Lv.32
清霜改 Lv.31→Lv.32
初雪改 Lv.28→Lv.29
不知火改 Lv.28→Lv.29
皐月改 Lv.29
三日月改 Lv.29
曙改 Lv.27→Lv.28
初霜改 Lv.27→Lv.28
満潮改 Lv.25→Lv.27
霞改 Lv.25→Lv.27

潜水空母
伊58改 Lv.55→Lv.59
伊19改 Lv.55→Lv.59

潜水艦
伊168改 Lv.60
U-511改<さつき1号>→呂500 Lv.56→Lv.59
まるゆ改 Lv.54→Lv.57
伊8 Lv.42→Lv.49

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悠久の仲間入り

そうか、もう月末…!!
もう2015年も半分過ぎたのか…!!


…何をしていたのだろうか。







世界遺産委員会が開幕!
ドイツのボンで行われます。
明治日本の産業革命遺産はどうやら行けそうですね…。

む、注目はトルコの候補、「ディヤルバクル城塞とヘヴセル庭園の文化的景観」ですかね。
トルコの城壁都市として知られるディヤルバクルが世界遺産登録申請。
ICOMOSによると「情報照会」(不足情報を追加したのち再審査が可能)になっていますが…これは注目ですよ!

韓国も「百済歴史地区」を登録申請。
百済と言えば、日本史でも出てきますねぇ〜。
こちらはICOMOSによると「記載」勧告なので、ほぼ問題無いでしょう。

そうか、シンガポール植物園も登録されそうなのかぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月29日 (月)

町中公園

寝てしもうた…。
涼しいから寝るのが気持ち良いね!(

さて、また月末か…。。








FEイギリスeP決勝!!
ワンデイイベントであるFEにおいて、土曜日と日曜日どちらもレースが開催されるという大会です。
所謂ダブルヘッダーってやつですね。
その1回戦目です!

予選結果は
ポールポジションはセバスチャン・ブエミ/e.dams・ルノー
2番手からはジェローム・ダンブロジオ/ドラゴン
3番手からはルーカス・ディ・グラッシ/アウディ・スポーツABT
4番手からはネルソン・ピケJr./ネクストEV TCR
5番手からはジャン=エリック・ベルニュ/アンドレッティ
6番手からはニコラ・プロスト/e.dams・ルノー
7番手からはオリバー・ターベイ/ネクストEV TCR
8番手からはブルーノ・セナ/マヒンドラ
9番手からはサム・バード/ヴァージン
10番手からはサルバドール・デュラン/アムリン・アグリ
11番手からはロイック・デュバル/ドラゴン
12番手からはニック・ハイドフェルド/ヴェンチュリー
13番手からはダニエル・アプト/アウディ・スポーツABT
14番手からはステファン・サラザン/ヴェンチュリー
15番手からはヤルノ・トゥルーリ/トゥルーリ
16番手からはカルン・チャンドック/マヒンドラ
17番手からはシモーナ・デ・シルベストロ/アンドレッティ
18番手からは山本左近/アムリン・アグリ
19番手からはアレックス・フォンタナ/トゥルーリ
20番手からはファビオ・ライマー/ヴァージン

ネクストEV TCRから参戦したイギリス人ドライバーのターベイはマクラーレンの開発&テストドライバーを務めている。更に、今季は日本のSUPER GTにも参戦中のようだ。
アンドレッティから参戦したシルベストロはスイス出身の女性ドライバーである。
主にインディに参戦しており、2位表彰台を獲得した事もある。2014年にはザウバーとアフィリエイトドライバー契約を結んでF1との関係を持っていた事も。
尚、同い年の模様。
アムリン・アグリから参戦した山本左近はスーパーアグリやスパイカー、HRTからF1に参戦していたドライバー。フォーミュラマシンをドライブするのはHRTにいた時以来だとか。
トゥルーリから参戦したスイス人ドライバーのフォンタナは良く知らないんだけど、フォーミュラ・ルノー3.5、GP3に参戦中のドライバーとの事。
ヴァージンから参戦したファビオ・ライマーもスイス人ドライバーで、2013年のGP2チャンピオン。日本のスーパーフォーミュラに参戦しかけてたけど、なくなったらしい。今はマノー・マルシャのリザーブドライバーとなり、F1との関係を持っている。

トゥルーリは前回のレースでのペナルティがあって、5グリッドダウンペナルティ。
よって、最後方からのスタート。


スターティンググリッドは
ポールポジションはセバスチャン・ブエミ/e.dams・ルノー
2番手からはジェローム・ダンブロジオ/ドラゴン
3番手からはルーカス・ディ・グラッシ/アウディ・スポーツABT
4番手からはネルソン・ピケJr./ネクストEV TCR
5番手からはジャン=エリック・ベルニュ/アンドレッティ
6番手からはニコラ・プロスト/e.dams・ルノー
7番手からはオリバー・ターベイ/ネクストEV TCR
8番手からはブルーノ・セナ/マヒンドラ
9番手からはサム・バード/ヴァージン
10番手からはサルバドール・デュラン/アムリン・アグリ
11番手からはロイック・デュバル/ドラゴン
12番手からはニック・ハイドフェルド/ヴェンチュリー
13番手からはダニエル・アプト/アウディ・スポーツABT
14番手からはステファン・サラザン/ヴェンチュリー
15番手からはカルン・チャンドック/マヒンドラ
16番手からはシモーナ・デ・シルベストロ/アンドレッティ
17番手からは山本左近/アムリン・アグリ
18番手からはアレックス・フォンタナ/トゥルーリ
19番手からはファビオ・ライマー/ヴァージン
20番手からはヤルノ・トゥルーリ/トゥルーリ


アンドレッティ、マシンカラー変えてる…w
ファンブーストはピケJr.、左近、ターベイが獲得。


いつものスタンディングスタートではなく、セーフティカー先導によるローリングスタートで開始されました。
1コーナーまでがバンピーだし、コーナー曲がった後急に狭くなってるから危ないんだそうだ。

バタシーパーク?
ってとこの特設コースである。
ハイスピードでバンピーでコース幅が狭い!
ってのが特徴のようだ。
しかも、木の葉が落ちてきてるな…。


2周目、いよいよスタート!
でも、1コーナーまでは黄旗である。
ホントにホームストレートはバンピーや。
マシンが上下に揺れてる。

そして、木の葉凄い…。
あれ踏んだらグリップしなさそう…。


3周目、ピケJr.がファステスト!
そして、ファンブーストを使用!
3番手のディ・グラッシとサイド・バイ・サイドに…!
しかし、ディ・グラッシがイン側を握っています。
…あ、当たった!
ディ・グラッシ、抜かせない!
…あっと、ピケJr.がコーナーをちゃんと曲がれなくてスローダウン。
今度は5番手のベルニュがピケJr.に仕掛けて行った!
ベルニュがインに入った!
ベルニュがピケJr.をかわして4番手!
ピケJr.は5番手に後退!


5周目、ベルニュがファステストを出して前のディ・グラッシを追っています。
ピケJr.は突き放されているか?

そして、ディ・グラッシ対ベルニュへ。
…近いですねぇ。
やっぱりピケJr.が遅れています。
唯一残り電力が50%台に入ったから、エネルギーマネージメントし始めたか?


7周目、タイトなシケイン前でベルニュがディ・グラッシに仕掛けていった!
ディ・グラッシのイン側に入ってオーバーテイク!
ベルニュ、3番手へ!

初参戦のターベイが頑張ってるな、今は7番手。
そして、フォンタナは最後尾。


10周目、ピケJr.の電力残量は全体的に見ても少ないな。
単純にペースが上がらない感じか。
そして、ライマーが一番始めに残り電力が20%台に。

好調なベルニュがダンブロジオに近付いてきました。
2番手に上がれるか?


12周目、ブエミがファステスト。
そろそろレースも半分ですな。


13周目、ライマーの電力残量が6%に。
次の周にはピットやな。
1周が長めのコースらしいけど、耐えられるか?
そして、ピケJr.も9%に。
今回は余裕がなさそうですね。

…あ、デュランがビニール袋踏んでったな。
そしてリプレイではブルーノが木の枝を踏んでってた。


14周目、ライマーがピットかな?


15周目、ピットのお時間です。
…あ、ブエミとダンブロジオはもう1周!
ベルニュ、ディ・グラッシ、ピケJr.、ターベイ、デュバル、ハイドフェルドはピットへ!

ここで左近がファンブースト!


16周目、ブエミとダンブロジオがピットへ。
中団~後方勢も入ってきますね。

ブエミとダンブロジオの順位は変わらなかったみたいです。
ここでターベイがファンブーストか。


16周目、アプトがコーナーで少し膨らんだ!
すかさずターベイがオーバーテイク!
その先のコーナーでまたアプトがミスったか?
今度はサラザンが並んで…抜いて行った!
更にデュランが次のコーナーで仕掛けに行っています。
接触しつつもかわしましたね。

順位表変わらんから今どうなってるのか分からんwww


17周目、順位把握できてないうちにアプトがクラッシュしていました!
黄旗!

ブエミ、ダンブロジオ、ベルニュ、ディ・グラッシ、ピケJr.、プロスト、ブルーノ、デュバル、ハイドフェルド、バード、ターベイ、サラザン、デュラン、アプト、シルベストロ、チャンドック、ライマー、トゥルーリ、フォンタナ、左近…かな??

左近が最下位。
ピットで手間取っていたらしい。


18周目、左近がピットレーン出口でストップ?
うーん、マシントラブルでしょうか。

そして、アプトのクラッシュの件はようやくセーフティカーが出ました。
結構危ない位置だったしなぁ。


19周目、左近はピットレーン出口で電源が落ちてしまったらしい。
リタイアです。

相変わらずシカトされるチーム無線。

アプトのマシンはトラブルがあったのでしょうか。
曲がりにくくなっていたのかなぁ。
一連のオーバーテイクされていたのもコーナーで膨らんだからだし。


21周目、リスタート!
1コーナー曲がった所からスタートなんで、あんまり順位変動ないかも?


22周目、ピケJr.とディ・グラッシのオンボードが一気に見られた!
良い見せ方だな…。


23周目、ハイドフェルド対バードの9番手争い。
ディ・グラッシとピケJr.も接近しています。


24周目、ピケJr.がファンブースト!
ディ・グラッシは早めにイン側に入ってブロック!
その後のストレートからシケインへのアプローチもミドルラインを取って並ばせていませんね。
ピケJr.の試みは失敗したようです。

ハイドフェルドが9番手から一気に13番手へ後退。
何かあった?


25周目、ハイドフェルドがシルベストロとチャンドックにかわされて15番手へ。
どうしたのでしょうか。

ブルーノにドライブスルーペナルティ。
ピットレーンでのスピード超過だそうです。
マヒンドラ、このペナルティ多くない?

ターベイがファンブースト使ったみたいです。
オーバーテイク狙いにしては国際映像にもリプレイにも出てこなかったので、ファステスト狙いでしょうか?


26周目、ブルーノがペナルティ消化で7番手から17番手に後退。
ハイドフェルドはライマーにもかわされて15番手に。

ディ・グラッシがファステスト!
セーフティカーによって電力残量多いからファステスト争いが熱くなりそうです。

ディ・グラッシがベルニュに接近している!
猛プッシュしています。
3番手を取り返せるか?

バードがデュバルをかわして7番手に。


28周目、バードがプロストをかわして6番手に!
バードが飛ばしているようです!

…え?
デュランに審議?


29周目、ファイナルラップ!
ピケJr.にバードが迫る!

ブエミ、2度目のポール・トゥ・ウィン!
ベルニュ、ピケJr.は逃げ切ったようです。
結局ハイドフェルドはライマーより上位でフィニッシュしとる…w
まぁ、ライマーは一番初めにマシン変えたし、電力問題があっただろうからね。

ファステストラップポイントはディ・グラッシである。

e.ダムス・ルノー、チームランキング1位確定!
初代チームチャンピオンに!


結果。
優勝はセバスチャン・ブエミ/e.dams・ルノー
2位はジェローム・ダンブロジオ/ドラゴン
3位はジャン=エリック・ベルニュ/アンドレッティ
4位はルーカス・ディ・グラッシ/アウディ・スポーツABT
5位はネルソン・ピケJr./ネクストEV TCR
6位はサム・バード/ヴァージン
7位はニコラ・プロスト/e.dams・ルノー
8位はロイック・デュバル/ドラゴン
9位はオリバー・ターベイ/ネクストEV TCR
10位はステファン・サラザン/ヴェンチュリー

ここまでがポイント獲得。

11位はサルバドール・デュラン/アムリン・アグリ
12位はシモーナ・デ・シルベストロ/アンドレッティ
13位はカルン・チャンドック/マヒンドラ
14位はニック・ハイドフェルド/ヴェンチュリー
15位はファビオ・ライマー/ヴァージン
16位はヤルノ・トゥルーリ/トゥルーリ
17位はブルーノ・セナ/マヒンドラ
18位はアレックス・フォンタナ/トゥルーリ

リタイアは…
ダニエル・アプト/アウディ・スポーツABT
山本左近/アムリン・アグリ


デュランにペナルティ。
ドライブスルーペナルティを受けたけど、レース後に出されたからなのか、49秒加算ペナルティに。


結果。
優勝はセバスチャン・ブエミ/e.dams・ルノー
2位はジェローム・ダンブロジオ/ドラゴン
3位はジャン=エリック・ベルニュ/アンドレッティ
4位はルーカス・ディ・グラッシ/アウディ・スポーツABT
5位はネルソン・ピケJr./ネクストEV TCR
6位はサム・バード/ヴァージン
7位はニコラ・プロスト/e.dams・ルノー
8位はロイック・デュバル/ドラゴン
9位はオリバー・ターベイ/ネクストEV TCR
10位はステファン・サラザン/ヴェンチュリー

ここまでがポイント獲得。

11位はシモーナ・デ・シルベストロ/アンドレッティ
12位はカルン・チャンドック/マヒンドラ
13位はニック・ハイドフェルド/ヴェンチュリー
14位はファビオ・ライマー/ヴァージン
15位はヤルノ・トゥルーリ/トゥルーリ
16位はブルーノ・セナ/マヒンドラ
17位はサルバドール・デュラン/アムリン・アグリ
18位はアレックス・フォンタナ/トゥルーリ

リタイアは…
ダニエル・アプト/アウディ・スポーツABT
山本左近/アムリン・アグリ


ドライバーランキング。
1位:ピケJr./ネクストEV TCR(138Pt)
2位:ブエミ/e.dams・ルノー(133Pt)
3位:ディ・グラッシ/アウディ・スポーツABT(125Pt)
4位:ダンブロジオ/ドラゴン(95Pt)
5位:プロスト/e.dams・ルノー(88Pt)
6位:バード/ヴァージン(76Pt)
7位:ベルニュ/アンドレッティ(70Pt)
8位:アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ/アムリン・アグリ(51Pt)
9位:アプト/アウディ・スポーツABT(32Pt)
10位:ハイドフェルド/ヴェンチュリー(31Pt)
11位:ハイメ・アルグエルスアリ/ヴァージン(30Pt)
12位:ブルーノ/マヒンドラ(28Pt)
13位:デュバル/ドラゴン(27Pt)
14位:サラザン/ヴェンチュリー(19Pt)
15位:スコット・スピード/アンドレッティ(18Pt)
16位:フランク・モンタニー/アンドレッティ(18Pt)
17位:チャンドック/マヒンドラ(18Pt)
18位:シャルル・ピック/ネクストEV TCR(16Pt)
19位:セルビア/ドラゴン(16Pt)
20位:トゥルーリ/トゥルーリ(15Pt)
21位:デュラン/アムリン・アグリ(9Pt)
22位:ヴィタントニオ・リウッツィ/トゥルーリ(2Pt)
23位:ターベイ/ネクストEV TCR(2Pt)
24位:佐藤琢磨/アムリン・アグリ(2Pt)
25位:ジャスティン・ウィルソン/アンドレッティ(1Pt)
26位:ホーピン・タン/ネクストEV TCR(0Pt)
27位:アントニオ・ガルシア/ネクストEV TCR(0Pt)
28位:シルベストロ/アンドレッティ(0Pt)
29位:ミケーラ・セルッティ/トゥルーリ(0Pt)
30位:マルコ・アンドレッティ/アンドレッティ(0Pt)
31位:マシュー・ブラバム/アンドレッティ(0Pt)
32位:ライマー/ヴァージン(0Pt)
33位:フォンタナ/トゥルーリ(0Pt)
34位:キャサリン・レッグ/アムリン・アグリ(0Pt)
35位:山本左近/アムリン・アグリ(0Pt)

22位〜24位は多分この順番だと思います…多分。


チームランキング。
1位:e.dams・ルノー(221Pt)
2位:アウディ・スポーツABT(157Pt)
3位:ネクストEV TCR(144Pt)
4位:ドラゴン(138Pt)
5位:アンドレッティ(119Pt)
6位:ヴァージン(106Pt)
7位:アムリン・アグリ(62Pt)
8位:ヴェンチュリー(50Pt)
9位:マヒンドラ(46Pt)
10位:トゥルーリ(17Pt)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月28日 (日)

玄武の系譜

昼間の順調さ何処行ったってくらい夜はダメだった…。
って事で、こんな時間ですよ、えぇ…。


今週はFEロンドンePだけど、帰るの遅かったから、まだ観てないんだよなぁ〜。
FEはコロコロドライバーが変わるチームがいて、良い感じにカオスだよなぁ。







ドイツ南部でカメの祖先にあたる生物の化石が見つかった、と一昨日の朝刊に載ってまして。
2億4000万年前…というと、中生代・三畳紀前期か中期でしょうか。
発見されたのは頭、肩、胸等の骨だけど、甲羅に進化しつつある肋骨の痕跡が認められたようです。
推定体長は20cmってんだから、かなり小さいね。
この動物はギリシャ語で「カメのおじいさん」を意味するパッポケリスと名付けられたようです。
学名はパッポケリス・ロシエナ。
想像図を見ると、陸生爬虫類みたいですね。

カメのゲノム解析結果から言うと、2億5000万年前に他の爬虫類から分かれて独自の進化を歩み始めたらしいです。
パッポケリスは1000万年かけて甲羅を得かけた、途中の形態という事ですか。

これまで発見されている最古のカメは中国の貴州省にある2億2000万年前の地層から見つかったオドントケリス。
こいつの全長は約40cm。尻尾を含めるのが全長なので、体長にするともう少し短いでしょう。
それでも、パッポケリスより大型化していると言えるかもしれません。
腹側の甲羅が形成されていおり、その事からおそらくウミガメではないかと言われています。
こいつの発見により、カメへの進化は海で行われたとする説が有力視されるようになったという。
今回の発見によって、海ではなく陸上で既に始まっていたという事が分かったのではないでしょうか。

…同じ1000万年という時をかけての進化だけど、海に進出して腹に甲羅を獲得してってパッポケリスより素早い進化をしているように思えます。
環境の変化(海への進出)が急速な進化を促したのでしょうか。
…あまりにも下から攻撃され過ぎたとか。

んで、更に1000万年経った2億1000万年前の地層(ドイツとかグリーンランドとか欧州の地層)からはプロガノケリスというカメが見つかっていたりするんですよね。
殆ど普通のカメなんだけど。
こいつは再び陸に上がった種類のようです。
甲長50cm…っていうのだから、尻尾や頭を入れたら更に長いですな。
オドントケリスより大型化しております。
因みに、こいつは関節の柔軟性がないから、頭を甲羅の中に引っ込める事ができなかったらしいです。
でも、オドントケリスと同じく歯を持っているらしいと共通点はあります。
本当に同じ系譜の進化種なんですかねぇ…?
1000万年でどうしてそうなった…と言えなくもない進化の進み方ですから。

まぁ、同じ系譜だと思っていた方がロマンがあって良いんですけど!


それにしても、ホント忙しいですね、カメの進化って!
…うーん、やっぱり、オドントケリスだけ別種だったとかそういう事実とか出てきそうな。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月27日 (土)

湖畔の息吹

朝までスマブラ。
まぁ、そうなるよね。

寝ましたよ、えぇ寝ましたとも。
朝寝て午後起きる。







インドネシアのスマトラ島にあるシナブン山が活発なようですねぇ。
近所にある世界最大のカルデラ湖、トバ湖を作るきっかけとなった約7万4000年前の世界最大級と言われる噴火の後に誕生した山だそうですよ。

一方、ペルーでもウビナス山の火山活動が活発だとか。
リマやクスコ、ナスカと言った観光地からは遠いものの、噴火は噴火である。
アレキパ州にも非常事態宣言出ているようで…。
という事は、アレキパの近くだろうか。
位置があんまりハッキリしないけど、チチカカ湖の近くにあるようですね。
アンデス山脈を構成する東コルディエラ山脈に位置する火山かしら?






続きからコメント返信!!

続きを読む "湖畔の息吹"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月26日 (金)

やっと新世代

TLで話題のスプラトゥーンをやってみたけど、あれは面白いね!
FPSはほぼやった事ないから慣れないけど、対戦が熱いな…www






Wii_u
んで、Wii U設置!
スマforを遊べる状態にするのに2時間くらいかかったかな…。

隠しキャラをボチボチ出している所である。


6_25_curry
そして、カレーである。
ピーマン、オクラが入っているぞ。
野菜ジュースも入っているぞ。
玉ねぎは飴色(失敗)だぞ。

難しいね、飴色。
仕込みやらオレ曲セレクト弄りながらやってたら焦げた。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年6月25日 (木)

増減

今日も今日とてイライラ。
そういう周期なのかしら、と思いたくなるくらい毎日不安定だなぁ…。

まぁ、良いや。
久々にゆっくり出来そうだから…。
でも、これを活かせるようにはしておかないとね。


…と言いつつ、もうこの時間。
今日も遅くなったからなぁ。。
まずは、明日、朝から行動したいね。うん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月24日 (水)

丘陵から都市部へ

どうも、アレなイベント明けの翌日が休みじゃないと苛つくな…。
リズムが戻っていないからなのかもしれない。






日本で公道レースを開催する為の手続きを円滑化する法案が提出される事が分かった…!
念頭に置いているのはF1のようだけど、まずはFEじゃないでしょうか。

あれ、全戦公道レースだからね。
今の所は沖縄が興味を示しているようで、確かにロケーションとしては良いかもしれない。
国際通り…もそうだけど、できれば海辺だな。
後は折角なので、東京や神奈川県、千葉県とかも名乗りを上げて欲しいなぁ〜。
大阪市とか京都市とか名古屋市とか福岡市とか札幌市とか…。
復興とかの願いも取り入れるなら、東北で仙台市とか…福島市、いわき市、会津若松市とか?

F1に関しては、開催するとしたら鈴鹿の代わりで日本GPか、パシフィックGPの復活かですかねぇ。
日本GPと称するなら、かなりコースレイアウトが大事になってくるぞ…望まれているハードルは高いだろう。






F1オーストリアGP決勝!!


曇りがちなシュピールベルク。

…あ、アラン・プロストだ。
仲良くしてるベルガーとジャン・アレジ。


マルドナド、ペレス、ライコネン、リチャルドがソフトタイヤでのスタート。
後はスーパーソフトでのスタートですね。


シグナルが…ブラックアウト!!

…お、メルセデスが並んでいる!
ハミルトンがロズベルグに寄せて牽制!
後ろではベッテルがマッサに寄せて牽制しています。

1コーナー!
ここでロズベルグがトップに躍り出た!
以下、ハミルトン、ベッテル、マッサ、ヒュルケンベルグ、フェルスタッペン、ボッタス、ナスル、サインツJr.、グロージャンと続きます。

…なに、セクター2で黄旗!
うおぉ!
国際映像めっちゃパンチ効いてるぞ!
ライコネンのマシンのノーズの上にマクラーレンが乗ってるがな…。
ライコネンとアロンソのようだ。
…あ、2人共大丈夫みたいだ。
自力でマシンから出ているから。

セーフティカー!

ライコネンとアロンソが並んでマシンを後にする光景…。
…む、クビアトがピットイン。
ノーズを交換しています。
全く分からなかったけど、ペレスと接触したらしい。

バトン無線「フェルナンドは大丈夫か?フェルナンドは大丈夫か?」
ピットウォール「問題無い。」

リプレイでライコネンのオンボード!
タイヤだけサーモ映像である。
2コーナー後にライコネンが少しフラついて、その直後にアロンソがライコネンの左フロントタイヤ付近に追突したようだ。
絡んだままコースオフして、ウォールに接触。勢いがあったので、そのままライコネンのノーズに乗り上げたらしい…こんなクラッシュ起きるのね。
もうすぐでフロアがライコネンの手に当たりそうだったけど、乗り上げる寸前にライコネンはステアから手を離して引っ込めてたな。

アロンソは4戦連続リタイア。
彼のF1キャリアの中で初めての事らしい。


2周目、スティーブンスが路肩でストップ。
リタイアである。
レース後のコメントによると、破片でマシンがダメージを受け、それが原因になったようだ。


4周目、バトンがピットイン。
…普通にタイヤ交換しております。
セーフティカー中はペナルティ消化できませんので。


7周目、リスタート!
ロズベルグがしっかりトップを堅持。
順位に変動はなさそうですね。

グロージャンとサインツJr.の順位争い!
…おっと、サインツJr.とグロージャンが軽く接触か?
グロージャンが押し出されて、後続のペレスにもかわされています。

グロージャンとサインツJr.のリプレイ。
続いて、ペレスのオンボードからのリプレイ。
カメラがくるりんぱして後方に下がっていくグロージャンを捉えていますね。


9周目、バトンがペナルティを消化してコースに復帰していますね…あれ?
スローダウンしてる?
エンジン音がおかしいような?

そして、エリクソンにジャンプスタートがあったとして審議に。


10周目、バトンの無線。
ピットウォール「リタイアするからピットインしろ。」
マクラーレン、早すぎる店じまい。
バトンはどうやらギアボックスのトラブルのようだ。


12周目、エリクソンにドライブスルーペナルティ!
ジャンプスタートとか気付かなかったなぁ…。

ガレージに戻ってマシンを降りたバトン。
何となく悔しそうな雰囲気。


15周目、ボッタスがフェルスタッペンをかわして6番手に。
インに入ってしっかり綺麗に抜いたな。
これでボッタスはスタート時の順位を取り戻しました。

ライコネンとアロンソのクラッシュはレース後審議だそうだ。


17周目、キャー小松さーん!!
ペレス対グロージャンが長きに渡って続いています。

クビアトの無線によると、彼のマシンにはダメージがあるようだ。
フロントウイングだけじゃなかったのね。
これは辛い展開になりそうです。
チームのホームレースなのになぁ。


22周目、セクター3で黄旗!
おっと、ホームストレートでエリクソンがスローダウンしていました!

…あ、動き始めた。

リプレイ。
最終コーナー立ち上がりでパワーが出なくなってスローダウンしたようだ。
無線で活発なやり取りがなされていましたw
トラブルシューティングして再起動したら直ったらしい。
システムが複雑になっているから、パソコン載せてるようなもんだよね。

因みに、レース後コメントによると、マシンの電源が落ちたのはこれだけじゃなくて、もう1回あったらしい。


24周目、グロージャンがピットイン。
あまりにもペレスを抜けないので、先に入ったようですね。
ソフトタイヤへ。


25周目、ヒュルケンベルグ対ボッタス!
ストレートでかわしてボッタスが5番手に!
綺麗なオーバーテイクでした。

サインツJr.がピットイン。
…フロントのジャッキは抜けてたけど、左フロントがちゃんと入りきってなかった!
はい、やり直し!

コースに戻ったばかりのグロージャンはナスルとのバトルに突入。
サイド・バイ・サイドだ!
…おっ、ボッタスがピットインしたらしい。
そして、ナスルとグロージャンのバトルはグロージャンに軍配。

…お、ヒュルケンベルグが僅かな差で以てボッタスの前に!
アンダーカットに成功したらしい。
ここも良いバトルをしてますねぇ。


28周目、サインツJr.に審議!
ピットレーンのスピード違反らしい。

ボッタスのピットインのリプレイ。
タイヤ交換を終えてピットレーンに出る時、やってきたフェルスタッペンと交錯しそうなっていました。
フェルスタッペンの前でピットレーンに出たから良かったけど、もう少し遅かったら更にタイムを失っていたかもしれんなぁ。

30周目、クビアト対フェルスタッペン。
親牛対子牛、10番手争いである!

ピットレーンの速度違反によって、サインツJr.に5秒加算ペナルティが科されました。

そして、フェルスタッペンがクビアトをかわしてポイント圏内に!
トロロッソクルーは控え目な喜び方。
相手が親牛だからですかね?


31周目、トップのロズベルグと2番手ハミルトンとの差は約3秒。
ハミルトンとベッテルとの差は約12秒…かなり速いな、メルセデス勢。。


32周目、グロージャンがクビアトをかわして11番手に。
ポイント圏内に入れるか?

ここでサインツJr.の無線。
…なに、ノーパワーだと?


34周目、ロズベルグがピットイン!
最後までかなりハードにプッシュしていましたね…。
ギリギリまでスピードを落とさないでピットレーンに入ってきたけど、最後に凄いタイヤロックさせてたわ。
ブレーキングスモークが凄かったもんね。
タイヤ交換自体は2.7秒、かなり的確ですな!


35周目、マッサがピットイン!
タイヤ交換は3.6秒…まぁ、うん。

さぁ、今度はハミルトンがピットイン!
タイヤ交換は3.1秒…普通ですね。
ロズベルグが余裕でホームストレートを過ぎて行きました。
おぉ、ロズベルグはファステストか!

…おわっ、グロージャンがコースオフ!
芝刈りしていますね…。
無線でギアボックストラブルが発生しているっぽい事を叫んでいます。

ボッタスは再びヒュルケンベルグをかわして7番手に上がっていますね。
すぐ前にはマルドナドがいます。
この辺り、ペレス、マルドナド、ボッタス、ヒュルケンベルグが固まっていて混雑中。
ペレストレイン…。


37周目、ベッテルがピットイン!
…ん?!
右リアが入らない!
タイヤ交換に13秒かかった!

この間にマッサが距離を詰めた!
マッサが3番手!マッサが3番手だ!

そしてトラブルを抱えたグロージャンとサインツJr.がピットへ。

ボッタスはマルドナドもかわして6番手に浮上!
…それにしても、度々ボッタスのブレーキから黒い煙が出ているのが気になる。


38周目、サインツJr.がガレージでマシンを降りてリタイア。

…ん?
ハミルトンに審議?
ピットレーン出口の白線を跨いだ?


何故かマシンから降りる所をリプレイされるサインツJr.。
グロージャンもピットインしてガレージに入る寸前までがリプレイで流されています。

そしてハミルトン、ピットアウト時のリプレイ。
あー、完全に左フロントが白線を跨いでる。
そして、ハミルトンに5秒加算ペナルティ!
これは痛いミスだ!


40周目、5番手争い!
ボッタスとヒュルケンベルグの差が縮まっています。

そして、ナスルとマルドナドによる10番手争いはサイド・バイ・サイドだ!
マルドナドが並んで、かわそうとしています。
…おっと、前にクビアトがいますね。
そして、クビアトも絡んだ攻防に発展。
マルドナドが完全にナスルの前に出て、クビアトもかわしていたので、9番手に。
ナスルもクビアトをかわして、10番手である。


45周目、現在8番手のリチャルド。
まだスタートで履いていたソフトタイヤで走行を重ねています。
かなり引っ張っているようだ。


47周目、レッドブルがタイヤ交換の構え。
リチャルドか…と見せかけてクビアトのピットストップwww

ナスル対ペレス。
かなりナスルが粘ったけど、スーパーソフトのペレスを押さえきれず、11番手に。
今回はナスルが粘っている場面が多く捉えられていますねぇ。

リチャルドにマルドナドが接近!
リチャルドにしたら、かなり厳しい状況でしょうか。
1コーナーまでは何とか耐えていたけど、その後でかわされた。
これで9番手に後退。
この後タイヤ交換を控えているけど、影響はどうなのでしょうか。


52周目、リチャルドがここでピットイン!
5秒ストップか何かのペナルティを消化してから、スーパーソフトへ。
11番手でコース復帰。
ポイント圏内に戻れるでしょうか?

マッサとベッテルの差が縮まってきた…。
差は約2秒。
マッサは3番手を守れるだろうか。。
…あ、ピットウォールのロブ・スメドレーさんが映った。


上空撮影してるヘリが地上カメラに捉えられる。
黄色いんだね…。


59周目、久々に映るロズベルグ。
ハミルトンに十分な差を付けている様子。


61周目、ナスル対リチャルド!
ナスルはソフト、リチャルドは交換したばかりのスーパーソフトだ!
さて、DRSゾーンを利用してリチャルドがナスルのインに並びかけましたよ?
次の高速コーナーはナスルがイン側だ…粘っています。
サイド・バイ・サイドです。
その次のコーナーでは再びリチャルドがイン側に。
これで決着!
リチャルドが10番手に上がり、ポイント圏内に復帰!


64周目、マッサ対ベッテルの3番手争い。
その差は1秒切っています…。
つまり、DRS圏内に入ったという事…この数周で近付いてきたよなぁ。。

ペレスの無線。
タイヤからバイブレーションを感じるらしい。

こちらではフェルスタッペン対マルドナド。
…おぉっと。
追い上げるマルドナド、リアが縁石で滑って挙動を乱しています。
絶妙なコントロールでクラッシュは回避。


66周目、ロズベルグ無線!
こっちもバイブレーションかよwww
あ、酷くなってきたって言ったのか…数周前からバイブレーションを感じているようですね。

マッサとベッテルの差はコンマ3秒…これは怖い。。
気が気じゃない感じのクレア。


68周目、マッサとベッテルの差はコンマ4秒、5秒。
少しだけ差が開いた。。

ロズベルグの無線。
バイブレーションが酷いとい訴えています。
ハミルトンとはしっかりギャップを築いているし、もうすぐチェッカーだけど、かなりナーバスになっていますね。

そして、フェルスタッペン対マルドナドにも動きが!
マルドナドが外側から仕掛けるています!
でも、フェルスタッペンも譲っていないですね…熱いバトルだ!


70周目、遂にマルドナドがフェルスタッペンをかわしました!
これで7番手です!
…そして、その横を通るロズベルグ。

フェルスタッペン対マルドナドのリプレイ。
まずは、ホームストレートでマルドナドが仕掛けていく!
あ、フェルスタッペンがブロックライン取りましたね。
ブロックを受けたマルドナドはラインを変えますが…リアを滑らせて挙動を乱しながらねw
オンボードで見ると、すっげぇステア捌きしてんな…w
その先の1コーナーでフェルスタッペンがタイヤをロックして止まり切れずにコースオフ!
これでマルドナドが前に出ていました。


71周目、ファイナルラップ!
ロズベルグの真後ろでマルドナドとフェルスタッペンがまだ戦っています。
またフェルスタッペンが順位を取り戻そうと食らい付いているようです。
さて、マルドナドは7番手を守れるか?

そして、マッサとベッテルの差はコンマ6秒に広がった…!
最後まで気は抜けないな…。。

ロズベルグ、トップでチェッカー!
タイヤのバイブレーションを乗り越え、見事な優勝でした。
マッサ、3位表彰台獲得!


武器に出来そうなデザインのトロフィだな…w
そして、マッサ大人気www

ラファエラ婦人とフェリピーニョが映るわスメドレーさんは映るわ。
スージーも映ってたな。


インタビュワーはベルガー!

ベルガー「毎レースどうしてこうやらないの?」
ロズベルグ「これから頑張るよ!」
いきなり厳しい質問www

ベルガーwww
ハミルトンにベタベタ触りすぎやwww
変態かwww

マッサ大人気!
ベルガー「結構お歳ですよね?」
おいベルガーwww

フェリピーニョが映ってる。
マッサは結構オーストリアと相性良いよなぁ。
スターティンググリッドの女性が原因?っておい、ベルガーwww


最後にスージーが映る。


最後まで映ってるのがマッサである。


優勝はニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
2位はルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
3位はフェリペ・マッサ/ウィリアムズ
4位はセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
5位はバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ
6位はニコ・ヒュルケンベルグ/フォースインディア
7位はパストール・マルドナド/ロータス
8位はマックス・フェルスタッペン/トロロッソ
9位はセルジオ・ペレス/フォースインディア
10位はダニエル・リチャルド/レッドブル

ここまでがポイント獲得。

11位はフェリペ・ナスル/ザウバー
12位はダニール・クビアト/レッドブル
13位はマーカス・エリクソン/ザウバー
14位はロベルト・メルヒ/マノー・マルシャ

リタイアは…
ロマン・グロージャン/ロータス
カルロス・サインツJr./トロロッソ
ジェンソン・バトン/マクラーレン
ウィル・スティーブンス/マノー・マルシャ
キミ・ライコネン/フェラーリ
フェルナンド・アロンソ/マクラーレン

マッサが今季初表彰台獲得!!
おめでとう!!
さぁ、ここからガンガンやっちゃってよ!!

最近元気なかったヒュルケンベルグが6位入賞。
これは…もしかして、ルマン制覇した効果か?!
ペレスも入賞して、フォースインディアはダブル入賞ですな。

マルドナドはやっという感じで大量ポイントゲット。
…でも、ドライバーズランキング見る限りはグロージャンとあんまり大差なかったわ。

レッドブル、チームの母国で何とか1ポイント獲得。
だが、姉妹チームのトロロッソにも負けているぞ…。


ドライバーズランキング。
1位:ハミルトン/メルセデスAMG(169Pt)
2位:ロズベルグ/メルセデスAMG(159Pt)
3位:ベッテル/フェラーリ(120Pt)
4位:ライコネン/フェラーリ(72Pt)
5位:ボッタス/ウィリアムズ(67Pt)
6位:マッサ/ウィリアムズ(62Pt)
7位:リチャルド/レッドブル(36Pt)
8位:クビアト/レッドブル(19Pt)
9位:ヒュルケンベルグ/フォースインディア(18Pt)
10位:グロージャン/ロータス(17Pt)
11位:ナスル/ザウバー(16Pt)
12位:ペレス/フォースインディア(13Pt)
13位:マルドナド/ロータス(12Pt)
14位:フェルスタッペン/トロロッソ(10Pt)
15位:サインツJr./トロロッソ(9Pt)
16位:エリクソン/ザウバー(5Pt)
17位:バトン/マクラーレン(4Pt)
18位:アロンソ/マクラーレン(0Pt)
19位:メルヒ/マノー・マルシャ(0Pt)
20位:スティーブンス/マノー・マルシャ(0Pt)
21位:マグヌッセン/マクラーレン(0Pt)

8位から下が大混戦になっていますね…。
次戦イギリスGPでもこの辺りは結構変わるんじゃないかな?


コンストラクターズランキング。
1位:メルセデスAMG(328Pt)
2位:フェラーリ(192Pt)
3位:ウィリアムズ(129Pt)
4位:レッドブル(55Pt)
5位:フォースインディア(31Pt)
6位:ロータス(29Pt)
7位:ザウバー(21Pt)
8位:トロロッソ(19Pt)
9位:マクラーレン(4Pt)
10位:マノー・マルシャ(0Pt)

こっちは非常に安定…してないな。
フォースインディアとロータスが良い勝負していますなぁ。
どっちもメルセデスユーザーじゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月23日 (火)

墓場じゃアーケードゲームは出来ません

やっぱり、寝て終わったわ…w

家帰って、F1半分くらい観て、寝て、起きたら夜中。
F1の残り観たし、また寝るっす。






QMAを少しやったけど、ようやくモンスター・妖怪検定SSSランク取れたw
割と好きな範囲だけど、全く知らんやつらが多いなぁ、と感じた次第。
特に、日本の妖怪(特に河童)なんて、地方によって呼び名変わり過ぎやろwww
似たような特性の妖怪の亜種も多いしw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月21日 (日)

野を駆けアスファルトを駆ける

昨日行く時に玄関開けて、鍵閉めてる時にふと上の方を見たら、玄関扉の枠の左上の部分にハチが留まってて吃驚。
夜でお休みしていたからか、ぴくりとも動きませんでしたが。
そして、帰ってきた時に玄関近くでアシナガバチっぽいのが見えたんだよなぁ。







オーストリアGP!!
土曜フリー走行ではウサギも走った、シュピールベルクのレッドブルリンクです。


曇りがちだけど、ドライ!
…あ、午前中に雨が降ったからか、路面濡れてる。
そして、寒いコンディション。

息子マッサかわゆいなぁ…投げキッスwww


Q1
まずは7台がコースへ。
また雨が降るかもって言われているからですかね。
全員雨用のインターミディエイトタイヤを履いているようです。

トロロッソのピットウォールにゲルハルト・ベルガー。
地元ですし、トロロッソの元共同オーナーですし。

路面は濡れてたり乾いてたり微妙な状況。

ペレスがコーナー曲がってる途中で曲がり切れなくなってコースオフ。
元々難しいコーナーが多いみたいだし、濡れてるし。

セクター3で黄旗。
…あ、メルヒがグラベルにハマってた。
何とか復帰。
コーナーで滑ったのか。
しっかりスピンして滑って行ったなぁ。

…あ、ロズベルグも1コーナーでコースオフしてた。
こちらはランオフエリア広いから大丈夫でした。

アロンソのマシンはショートノーズバージョン。
ウィリアムズやレッドブルみたいな萎えたちんこ…小さな突起があるバージョンです。


マッサがソフトタイヤ、ナスルがスーパーソフトタイヤを投入…いよいよドライ用タイヤの出番ですかね!
ベッテルもインターミディエイトタイヤがだいぶ痛むから、ドライタ用のタイヤに変えたいと無線で言っています。

…お、ボッタスもソフトタイヤでアタックしてる。

ヒュルケンベルグも無線でドライ用タイヤのコンディションだって言っていますね。
ボッタスがトップ、マッサが2番手、ナスルは3番手!
いよいよドライタイヤでのタイム更新合戦が始まるな…!

残り6分切って、ハミルトンがスーパーソフトでアタック!
…おぉ、ここでバトンがトップタイムだ!
ハミルトンは2番手タイム!

スーパーソフトを履き続けているナスルは挙動乱したり飛び出したりしているなぁ。

サインツJr.がトップ、フェルスタッペンも2番手に!
今度はトロロッソ勢ですな。
そして、ここでハミルトンがトップ!
…と思っていたら、ロズベルグがまたしてもコースオフ!
まぁ、大丈夫だけど。
マッサが2番手!
すぐにバトンが2番手に!
お、ベッテルがトップ!
今度はロズベルグがトップ!
トップだけでなく、色々な場所で目まぐるしく順位が変わっている!
残りは1分切っています!

そしてチェッカー!
バトンは11番手!
エリクソンは8番手!
グロージャンが2番手だ!!
7番手のハミルトンはアタックを終えてガレージへ戻りました。
アロンソは10番手!
ペレスは11番手!
ここでベッテルがトップだ!
ライコネンは現在17番手。
…タイム更新できないままガレージに戻って行っているようですね。。
ライコネンはまさかのQ1ノックアウト!
クビアトは8番手!
そしてロズベルグがトップに!
ナスルは8番手!
5番手のマッサもガレージに戻りましたね。
マルドナドが3番手だ!
今度はフェルスタッペンが3番手!
おぉ、ヒュルケンベルグが4番手!
ルマンで優勝した勢いを持続させているのか、調子が良いぞ…!
ボッタスは9番手!
スティーブンスは20番手でQ1ノックアウト。
10番手のリチャルドもガレージへ戻りました。
…おぉ、サインツJr.が2番手だ!

アロンソ、ギリギリ15番手でQ2進出!
ライコネンがまさかのノックアウト!
バトンもQ1ノックアウトに終わっています。


Q2
路面はかなり乾いてきているようですな。
マクラーレンのガレージには八郷隆弘さんが…。
あれ、ホンダの次期社長だよね?
直々に来ているの?!

残り5分切って、まだアタックしていなかった遂にベッテルがコースへ。
ワンアタックかなー。

マッサがスーパーソフトで2番手タイム!
ボッタスも3番手タイムだ!
ベッテルがロズベルグを上回ってトップに!
ハミルトンは3番手!

リチャルドが少しコースオフして少しグラベルに乗り上げてる…。
グロージャンもコーナーで滑って、その後のコーナーでコースオフ。
どちらも大丈夫そうですが。

残り30秒!
サインツJr.がタイムを更新、でも11番手だ。
ヒュルケンベルグは4番手!
ナスルが5番手に!
ここでチェッカー!
グロージャンは9番手!ちょっとギリギリか?
ハミルトンは2番手!
マルドナドは11番手、惜しくもQ2でノックアウト!
ウィリアムズの副チーム代表、クレア・ウィリアムズさんが見つめてますね。
エリクソンは12番手でノックアウト!
リチャルド、14番手でここで予選終了…。
クビアトは何とか10番手に滑り込んだ!
フェルスタッペンは6番手!
アロンソはタイム更新するも、15番手。
ここでノックアウトです。
サインツJr.は13番手だったけども、タイム更新できなかったのでしょうか。
ガレージへ戻ってしまいました。

リチャルドとサインツJr.はチームのホームグランプリでQ2敗退。
…まぁ、トロロッソの本拠地はイタリアなんだけどね。
やはりパワー依存のサーキットは厳しかったか。
アロンソ、中団勢の最後尾となる15番手。


Q3
ロズベルグ、まずは1分8秒850を叩き出してトップタイム!
続くハミルトンは1分9秒225で2番手でした。
ヒュルケンベルグ、ナスル、マッサ、ボッタス、クビアトと続いています。
ヒュルケンベルグとナスルが調子良いみたい?

残りは8分切った!
ここでいよいよベッテルがコースへ!
フリー走行でも良かったし、フェラーリは注目ですね…。

ボッタスがタイムを更新して、3番手!
その後ろからやってきたマッサが3番手に!
ハミルトン、セクター1、セクター2全体ベストできているぞ!
その前を走るロズベルグは自己ベストを更新!
ハミルトン、1分8秒455で自己ベストを更新したロズベルグを上回り、トップに!
ベッテルが一発で3番手タイムを叩き出した!

ピットに戻るロズベルグのノーズカメラ。
ジャッキマンの足元が見えて面白い視点だ。

残り2分切った!
各車ラストアタックへ向けて続々と準備を進めていますね。
マッサが自己ベストを更新!
順位は変わらず4番手。
フェルスタッペン、ファーストアタックで6番手タイム!
17歳のルーキーが凄い頑張ってる…。

残り1分!
グロージャンを除く9台がコース上にいます。

…おっと、セクター1で黄旗。
ハミルトンがコースオフしている!
その間にヒュルケンベルグがタイムを更新、5番手!
そしてチェッカー!
ベッテルは3番手タイム!
クビアトは8番手、フェルスタッペンの後ろだ!

…おぉっと、更にセクター3で黄旗が!
今度はロズベルグがグラベルにハマってる!
リプレイはノーズカメラ視点でグラベルにハマるまでの映像。
最終コーナーの途中で曲がり切れなくて真っ直ぐ行った感じ?

ナスルは黄旗の影響も受けたであろう、9番手。


ハミルトンは1コーナー入る手前で華麗にスピンしてコースオフしたのかぁ。
ロズベルグは最終コーナーでやっちゃったから後続のマシンにも影響が…。


そしてドナドナされるロズベルグのマシン。


徹子の部屋。
ロズベルグが明らかにむすっとしてる。


ロズベルグが悔しがっている映像が捉えられているな。
最終コーナーでコースオフしてストップした後、マシン降りてからの事ですな。


結果。
ポールポジションはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2番手からはニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
3番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
4番手からはフェリペ・マッサ/ウィリアムズ
5番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/フォースインディア
6番手からはバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ
7番手からはマックス・フェルスタッペン/トロロッソ
8番手からはダニール・クビアト/レッドブル
9番手からはフェリペ・ナスル/ザウバー
10番手からはロマン・グロージャン/ロータス

11番手からはパストール・マルドナド/ロータス
12番手からはマーカス・エリクソン/ザウバー
13番手からはカルロス・サインツJr./トロロッソ
14番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル
15番手からはフェルナンド・アロンソ/マクラーレン

16番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア
17番手からはジェンソン・バトン/マクラーレン
18番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
19番手からはロベルト・メルヒ/マノー・マルシャ
20番手からはウィル・スティーブンス/マノー・マルシャ


レッドブル勢が姉妹チームのトロロッソ勢の後ろになるという展開。
去年のポールシッター、マッサは4番手。
メルセデス勢やベッテルにはやられたけど、ボッタスより上位グリッドだし、得意なのかな?って。


今回はペナルティが沢山あります。
リチャルドは今シーズン5基目のエンジンを搭載した為、10グリッド降格ペナルティ。
後4グリッド分ペナルティが消化できていないと思うので、決勝のタイムに5秒加算されると思います。

アロンソはエンジンが5基目の為10グリッド降格ペナルティ。また、ターボチャージャーとMGU-Hも5基目を使用する為、それぞれ5グリッド降格ペナルティが発生。合計で50グリッド降格ペナルティとなっています。

バトンはパワーユニットをほぼ丸々交換する事になった為、25グリッド降格ペナルティ。
22グリッド分ペナルティが消化できていないので、決勝でのドライブスルーペナルティに変換されています。

クビアトもパワーユニットのいずれか(多分エンジン)が5基目に到達してしまったので、10グリッド降格ペナルティ。
クビアトは全部消化できたっぽいかな?

アロンソはギアボックストラブルにより壊れたギアボックスを交換した為、5グリッド降格ペナルティが追加。合計で25グリッド降格ペナルティです。
こちらもペナルティが消化しきれないので、決勝でのドライブスルーペナルティに変換されました。
ギアボックスも何戦連続で使用しなければいけませんよって規定があるからねぇ。


スターティンググリッド。
ポールポジションはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2番手からはニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
3番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
4番手からはフェリペ・マッサ/ウィリアムズ
5番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/フォースインディア
6番手からはバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ
7番手からはマックス・フェルスタッペン/トロロッソ
8番手からはフェリペ・ナスル/ザウバー
9番手からはロマン・グロージャン/ロータス
10番手からはパストール・マルドナド/ロータス

11番手からはマーカス・エリクソン/ザウバー
12番手からはカルロス・サインツJr./トロロッソ
13番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア
14番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
15番手からはダニール・クビアト/レッドブル

16番手からはロベルト・メルヒ/マノー・マルシャ
17番手からはウィル・スティーブンス/マノー・マルシャ
18番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル
19番手からはフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
20番手からはジェンソン・バトン/マクラーレン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月20日 (土)

早とちり

今日は日差しが暑かったらしいな…。
午後まで寝ていたから、分からないけど。

そして、明日は雨か…傘を持って行かないとな。。





GCコン接続タップをようやく購入!

スマfor Wii U買った時に見送って以来、品薄とか言われてましたからねぇ。
確かに、そう言われている時は某おもちゃ屋でも全く売ってなかったしなぁ。

後は本体やな…(








そうそう、昨日、FE週末っつったけどそれ来週だったわw
今週はF1のみである!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蒸さない梅雨

今日も少し涼しかったなぁ。
過ごしやすい日々ですね。雨は降るけど。


使ってなかったBOSEのヘッドフォンを下ろしてみたけど、長時間付けてると緩やかに耳が痛くなるのな…。
後、イヤフォンよりも音が遠く聞こえる。






さて、今週末はまたアレなイベントなんだけど、重ねてF1オーストリアGPの週末、そしてFEロンドンePが土日のダブルヘッダーとして行われるので、大忙しになりますね。
FEは通常土曜日のワンデイイベントなんだけど、最終戦であるロンドンePは土曜と日曜どちらも決勝が行われるのでした。
いやぁ、忙しいねぇ。

ここの所ロングスティントが多いので、少し体調に気を付けておかないとなぁ…という所。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月19日 (金)

しっとりウェット

雨降ったり止んだりハッキリしないお天気。
一度普通に降ったようだけれどね。
雨降ったからかな、夜は少し涼しいな…。

梅雨でもこれくらい涼しげな感じだと良いね。






健康診断結果返ってきてたー。
ちょっと、気にしないとなぁ…糖尿病のリスク出てる。
成人病だ、成人病。
BMIも肥満度も最低基準値以下なんだけど、それだけじゃないからなぁ。
因みに、前回はもっと酷かった模様。

腹囲は65.8か…あまり変わらないな。
身長は172.4、体重は54.1でした。
数年前に比べて平均的に2kgは増えてるかもなぁ。
尚、血圧は86/55だった模様。
低い言われるアレですね。

視力はコンディションもあったんだろうけど、悪くなったなぁ。
特に左目。
いや、近視で固定されてしまっただけなんだろうけど。


痩せている要因って、中性脂肪が溜まり難いとかそういう事だろうか?
溜まらずに消費されるから…とか。
つまり、代謝が良いって事か?

その辺良く分からないんだよなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月18日 (木)

着用しなイカ?

昼前くらいにいきなり雨がザーって降ってたみたいですね。
俺は雨音と雷の音を聞きながら二度寝しましたけど。
久々にゆったりゆったり。





落合博満さんの長男が声優業本格スタートの記事、ちゃんと番宣されててワロタwww

コミケに行った時に毎回楽しみにしているサークルがテレビアニメだもんなぁ。






遅ればせながら、スマforの更新パックを購入。
スプラトゥーンなカスタムアイテム入っているのは旬やねw
ロックマン系のカスタムアイテムも入っててイイねぇ。
しずえさんの服、射撃タイプ専用なのかw
…あ、バーチャと鉄拳www
まさかの格ゲー御三家がスマブラで再現できるようになるとは…www

ステージでプププランド(64)が登場!
背景のデデデはちゃんとファイターとして参加してたら出ない仕様。
曲は勿論、あの曲。良いね、良いね!
裏曲の「アイスクリームアイランド」は完全新アレンジのようですな。
ボス戦やファンファーレも入ってるっぽいので、メドレーみたいな感じでしょうか。

リュカはあんまり変更はなさそうですね。
PKフリーズの当たり判定が若干分かりにくくなったような…?
エフェクトがスマートになったからかねぇ。
そして、サイマグネット終了時の攻撃判定、意外と吹っ飛ばし能力高いぞ…?w
空中ニュートラル攻撃が全段当てやすくなったように思います。
後、空中後ろ攻撃のメテオ判定が分かりやすくなった…かな?
まぁ、メテオ攻撃はforになってから全般的に分かりやすくなったけれど。
空中ひもへび、伸びたなぁ…w
地上ひもへびは前作と同じくらいだと思うけど、空中でめっちゃ伸びたから吃驚したw
下スマッシュの3段目は相変わらず密着していれば後ろの相手にも当たりますね。
…あれ、2段目が当たる事も?
上スマッシュが更に強化された印象。
吹っ飛ばし能力がかなり高いな…!
きりふだのPKスターストームはネスと同じ仕様に。
攻撃力低いけど怒濤のラッシュでぶっ飛ばせるから良いか…。
ネスとの差別化はなくなりましたね。
クラウスカラーも健在だし。
勝利画面で針抜いてるじゃないかwww
抜いて大丈夫か…www

ロイはかなり変わりましたねぇ。
まず、見た目から変わってるもんw
剣の根本で当てた方が強いのが顕著になり、動きは素早くなっていますね。
…落下スピードは早いな。
弱攻撃から既に単発になってたりして変わっている。
強攻撃横は中々使いやすい…けど、元々リーチ短めだから、根本で当てようとするとあんまりリーチ的なアドバンテージは得られんな。
スマッシュは普通にパワフル。
空中攻撃は割とそんな感じでしょうって使いやすさ。いや、結構使いやすいと思う。
投げは…あぁ、うん。
あ、上投げは強い…。下投げは追撃できそう。
必殺技は変わってないですな。
相変わらずエクスプロージョンは50%ダメージかw
マーベラスコンビネーションはマルスと同じで割と使いやすい感じかなー。
ブレイザーは上昇スピードが遅いから方向制御やりやすい!
後、割と吹っ飛ばし能力あるな…。
カウンターはアイクとほぼ同じ使い勝手でしょうか。
まぁ、アイクのものが元々ロイのものを参考にしていたでしょうし。
きりふだは取り敢えず普通に発動するのねw
体力ゲージ出たw
残像にも当たり判定あるから、後ろ向きで使うと良いかも…?
と使ってみたら、残像でヒットストップずらし使われると本体外す事が判明。
マジか…場合によりけりだなwww

…あ、そっか。
ロイ(FE)とロイ(子クッパ)の共演ができるのかw


リュウは使っていると何のゲームやってるんだっけ?って感じになってくるw
弱攻撃、強攻撃にボタンを押す長さに依存する強弱があって、必殺技はボタンを押す長さによる3段階の強弱とコマンド入力による技の変化があるという、スマブラ的にはかなり新鮮に思える仕様。
だから普通の格ゲーやってる気になってくるw
リュウを代表する必殺技3つは技の名前叫ぶしなw
灼熱波動拳とコマンド昇龍拳が出し難い…というか、乱闘中に狙ってこれを出すのは大変だーw
地上攻撃も割と爽快感あるんだけど、空中攻撃が楽しいw
ヒット時のSEも格ゲーっぽいからかなw
空中下は斜め下に叩き落とすメテオだから、割と使いやすいかも?
動き回りながら波動拳連発するのはロックマンの強横や空中ニュートラルを移動しながらやるのと似ていてうざったいかも。
下必殺技だけ何故に「セービングアタック」ってカタカナなのw
カウンターだと思ったら、力を溜めて正拳突きをするのねw
溜め中は1度だけ相手の攻撃を受け切ったり、最大溜めで当てたら相手をゆっくりとダウンさせたりと上手く使ったら強力そうである。
きりふだは相手との位置取りで自動的に切り替わる模様。
真空波動拳は威力低いけど、連続ヒットして相手を場外に押し出して行くタイプか。
昇龍拳の方は一撃必殺タイプのやつやね。3段ちゃんとヒットさせたら強い。

…ところで、頑張ってたら3DSのスライドパットのカバーが外れる事案が発生w

ステージの朱雀城。
ちゃんと看板の近くで相手を吹っ飛ばしたら看板壊れる仕様にw
左側が小さな足場、右側が広い足場と戦い方が変わって行くステージなんですな。
右側のステージ端に行った相手に波動拳かまして押し出して行くスタイル…w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月17日 (水)

若き獅子と格闘王

ふぅ、やっと長いのが終わったー。
今日なんか寝過ぎたのか、まだリズムが戻らないのか、長い事フラフラしていました…。
時間を追う毎に良くなりましたが。

取り敢えず、1日とは言え、完全に休める事は良い事ですね。







遅ればせながら、スマブラforにFEのロイとストリートファイターのリュウが参戦ですね…!
まさかのDLC枠拡張である。

ロイはスマXからずっと復活希望多かったんだろうなぁ。
…参戦動画www
「僕を忘れないで欲しいな…!」
「遂に帰ってきたぞ!」
「イィィヤッ!!」は健在か…w
一部技が変わっているんですね。
8人による集団エクスプロージョン、何かワロタwww
きりふだはマルスと同じく体力ゲージ付きですねw
初手を当てたら発動するタイプかな?
「守るべきものの為に、負けられない…!」

リュウはスマブラでも様になるなぁ…格ゲーキャラだからですかねぇ。

…イラストのフィットレ怖過ぎワロタwww
ラスボスじゃねーかwww

参戦動画流石に渋いなぁwww
フォックスの挑発w
Wii Uにはリュウステージが登場かw
ちゃんと看板…じゃなくてなんだっけ、あれw
壊れるのねw
きりふだは真空波動拳かな?
下必殺はカウンターだけど、相手をダウンさせるタイプっぽい?
…やべぇ、最後何か出てきたwww

リュウを象徴する3つの必殺技はコマンドで強くなるのか…。
ボタンの押す長さによっても強弱付けられたりしてかなりテクニカルそうではありますね。
ファンにとっては本編みたいな形で割と使えたりして?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月16日 (火)

親戚大バトル

帰ってきてから、速攻で寝落ちたわ…。
このロングスティント中、最大のハイライトだったかもしれませんね、今日は!
昼までいたから…。






…え、コルト社が経営破綻ってマジですか??
うわぁ…。。

コルト社と言えば、リボルバーの老舗メーカーってイメージ。
コルトパイソンやコルトアナコンダ等が有名ですなぁ。
この2つはうちのアナサジ擬人化が持ってる銃の参考にしたもの…というか、ほぼそのままなのだが。

それだけに、これ以上潰れては、欲しくは無いなぁ…。







ルマンはスタートから15時間経過した時点で8台がリタイア。
GTE Proクラスの優勝候補もリタイアしています。

スタートから16時間を迎える直前で2番手のアウディ7号車にアクシデントが発生。
エンジンカウルが剥がれ落ちてしまい、ピットイン。
耐久レースのチームってちょっとした破損とかマシントラブルとかならなんとかしてしまうんだけど、今回は破損の仕方が悪かったのか、修復に時間がかかったようだ。
これでアウディ7号車は5番手にまで後退。
代わって、アウディ9号車が2番手。

だけど、スタートから17時間後にLM-GTE Amクラスのマシンがクラッシュ。
4回目となるセーフティカーが導入されると、一気にポルシェが有利な状態に。
リスタートでポルシェ17号車がアウディ9号車をかわして2番手へ。
これでポルシェがワンツー態勢に入りました。

日産の2台は後方でガレージを出たり入ったりしているものの、まだ走れているようです。
22号車が44位、23号車が45位。
トップであるポルシェ19号車との差は98周。

5番手にまで後退したアウディ7号車は激しくプッシュしていたが、黄旗区間で違反をしてしまい、ドライブスルーペナルティを科される。
黄旗違反…その区間でオーバーテイクをしたか、その区間で十分減速しなかったか、かな?

更に、3番手を走っていたアウディ9号車、アウディ8号車にもアクシデントが発生。
アウディ9号車はスタートから20時間半経過した所で原因不明のバイブレーションに見舞われ、ピットイン。
アウディ8号車はエンジンカウルに穴が開いてこちらもピットへ。

日産は長時間ガレージに篭ったりしているらしいが、まだリタイアはしていないようだ。


スタートから22時間半経過して、トップのポルシェ19号車はヒュルケンベルグがドライブしてチェッカーを目指す。
スターティングドライバーも務めたヒュルケンベルグがこのまま逃げ切ったら、F1より前に最高峰カテゴリでの優勝を経験する事になりますねw
2番手にはポルシェ17号車が。
こちらは元F1ドライバーのマーク・ウェバーがおります。

スタートから22時間40分経過した時、日産23号車がバルサンを焚いてストップ。
修復をしようしとした所、火の手もあがってしまって、ここでリタイア。
もうすぐチェッカーだったのに、これは悔しい事でしょう…。

ルマン上空は雨雲で覆われているものの、コースの一部で軽い雨があった程度のようだ。
雨が降る詐欺ですねw


そして、チェッカー!
ポルシェ19号車が優勝!
ヒュルケンベルグが優勝…F1じゃ観られてないから、これは新鮮である!
本人的にも凄い刺激になったのでは…?

2番手にはポルシェ17号車、3番手はアウディ7号車でした。
ヒュルケンベルグとウェバーが一緒に表彰台立っている…でもF1じゃねーんだよなぁw
アウディは7号車が表彰台を獲得。
流石はアウディが誇るエーストリオ。苦しみながらも、ちゃんと表彰台を獲得しましたね。

ポルシェは17年ぶりのルマン制覇。
これでルマン最多優勝記録を17回に増やしました!
流石耐久王者…。
現在ルマン13勝のアウディは6連覇を阻止された格好となりました。

トヨタは2号車が6位、昨年のWEC王者2名を擁する1号車が8位…とかなり厳しい結果ですね。
決勝を見据えたセッティング…なーんて言いながら、アウディにもポルシェにも対抗できませんでしたが…。
是非、挽回してもらいたいものです。


…え?
日産?
テスト走行でしょ?
40位でフィニッシュなれど、トップとの差があり過ぎて完走認定されてないんだもん。

完走率MAX!チルトンもその力を発揮できなかったようですし。


結果。
優勝はポルシェ ポルシェ919ハイブリッド 19号車(ニック・タンディ/アール・バンバー/ニコ・ヒュルケンベルグ)
2位はポルシェ ポルシェ919ハイブリッド 17号車(ティモ・ベルンハルト/ブレンドン・ハートレー/マーク・ウェバー)/+1周
3位はアウディ Audi R18 e-tron quattro 7号車(アンドレ・ロッテラー/マルセル・ファスラー/ブノワ・トレルイエ)/+2周
4位はアウディ Audi R18 e-tron quattro 8号車(ルーカス・ディ・グラッシ/ロイック・デュバル/オリバー・ジャービス)/+3周
5位はポルシェ ポルシェ919ハイブリッド 18号車(ニール・ジャニ/ロマン・デュマ/マルク・リーブ)/+4周
6位はトヨタ TOYOTA TS040 HYBRID 2号車(アレックス・ブルツ/ステファン・サラザン/マイク・コンウェイ)/+8周
7位はアウディ Audi R18 e-tron quattro 9号車(フィリップ・アルバカーキ/マルコ・ボナノミ/レネ・ラスト)/+8周
8位はトヨタ TOYOTA TS040 HYBRID 1号車(アンソニー・デビッドソン/セバスチャン・ブエミ/中嶋一貴)/+9周

40位相当は日産 Nissan GT-R LM NISMO 22号車(ミハエル・クルム/ハリー・ティンクネル/アレックス・バンコム)/+153周

リタイアは
日産 Nissan GT-R LM NISMO 23号車(ヤン・マーデンボロー/マックス・チルトン/オリヴィエ・プラ)
日産 Nissan GT-R LM NISMO 21号車(ルーカス・オルドネス/マーク・シュルツイスキー/松田次生)

LMP2クラスではKCMGのオレカ05・ニッサン 47号車。
LM-GTE Proではコルベット・レーシング-GMのシボレー・コルベットC7.R 64号車。
LM-GTE AmではSMPレーシングのフェラーリ458 イタリア 72号車。
がそれぞれクラス優勝(そのクラスの中でのトップ)しているようですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月14日 (日)

歴史と伝統の持久走

あぁー、確実に体力が減っている気がするわ。。
体力落ちてるなぁ。







世界三大レースのひとつ、ルマン24時間レース!
耐久レースもシルバーストンやスパ・フランコルシャン、ニュルブルクリンク、上海国際サーキット、バーレーン国際サーキット、サーキット・オブ・ジ・アメリカズ、富士スピードウェイと名コースばかりを走るけれど、その中でも花形なのがルマンである。

で、昨日の夜からやっていたけど、そろそろ終盤ですね…。

耐久レースは幾つものクラスが混走するけど、その中でも最高峰クラスであるLMP1は注目ですね。
前から参戦していたアウディ、トヨタに加え、去年から耐久レースに復帰したポルシェ、革新的なマシンを引っ提げてきた日産の4社がエントリーしていますから。

インディ500にも言えるけど、予選方式が特別だよなぁ…。
三大レースで予選方式とか変わらないの、モナコだけかも?
モナコは日程がいつもとは違うけどね。


予選の結果、ポルシェのポルシェ919ハイブリッドがポールポジション、2番手、3番手からのスタート。
アウディのAudi R18 e-tron quattroが4番手、5番手、6番手。
トヨタのTOYOTA TS040 HYBRIDが7番手、8番手から。
日産のNissan GT-R LM NISMOは12番手、13番手、15番手だったけど、ほぼ最後尾である30番手、31番手、32番手からのスタートとなります。
これは、予選タイムが最低予選タイムに満たなかったからペナルティを課された為。
F1の107%タイムと同じかな??
そのカテゴリのポール獲得予選タイムから110%以内のタイムでなければならないのでしょうね。

因みに、31番手スタートのNissan GT -R LM NISMO 23号車がクラッチのトラブルでピットレーンスタートとなりました。

…日産はちょっと革新的過ぎたのかもしれませんね。


ポールポジションはポルシェ ポルシェ919ハイブリッド 18号車。
ニール・ジャニ/スイス
ロマン・デュマ/フランス
マルク・リーブ/ドイツ
のトリオが駆ります。

2番手はポルシェ ポルシェ919ハイブリッド 17号車。
ティモ・ベルンハルト/ドイツ
ブレンドン・ハートレー/ニュージーランド
マーク・ウェバー/オーストラリア
組。
ウェバーがレッドブルからF1に参戦していたのももう2年前ですかね。

3番手からはポルシェ ポルシェ919ハイブリッド 19号車。
ニック・タンディ/イギリス
アール・バンバー/ニュージーランド
ニコ・ヒュルケンベルグ/ドイツ
組。
ヒュルケンベルグはF1のレースの合間に参戦しています。


4番手からはアウディ Audi R18 e-tron quattro 8号車。
ルーカス・ディ・グラッシ/ブラジル
ロイック・デュバル/フランス
オリバー・ジャービス/イギリス
組。
ディ・グラッシとデュバルはロシアでフォーミュラEでレースしてきたばっかりですね。

5番手からはアウディ Audi R18 e-tron quattro 7号車。
アンドレ・ロッテラー/ドイツ
マルセル・ファスラー/スイス
ブノワ・トレルイエ/フランス
組。
世界チャンピオンも獲得していますし、アウディのエースと言えるトリオ。

6番手からはアウディ Audi R18 e-tron quattro 9号車。
フィリップ・アルバカーキ/ポルトガル
マルコ・ボナノミ/イタリア
レネ・ラスト/ドイツ
組。

7番手からはトヨタ TOYOTA TS040 HYBRID 2号車。
アレックス・ブルツ/オーストリア
ステファン・サラザン/フランス
マイク・コンウェイ/イギリス
組。
サラザンもロシアでフォーミュラEに参戦していました。

8番手からはトヨタ TOYOTA TS040 HYBRID 1号車。
アンソニー・デビッドソン/イギリス
セバスチャン・ブエミ/スイス
中嶋一貴/日本
組。
ブエミもロシアでフォーミュラEに参戦していました。


30番手からは日産 Nissan GT-R LM NISMO 22号車。
ミハエル・クルム/ドイツ
ハリー・ティンクネル/イギリス
アレックス・バンコム/イギリス
組。
ミハエル・クルムはクルム伊達さんの旦那さんですね。

31番手からは日産 Nissan GT-R LM NISMO 23号車。
ヤン・マーデンボロー/イギリス
マックス・チルトン/イギリス
オリヴィエ・プラ/フランス
組。
チルトンは昨年までマルシャからF1に参戦していました。
ただ、ピットレーンスタートです。

32番手からは日産 Nissan GT-R LM NISMO 21号車。
ルーカス・オルドネス/スペイン
マーク・シュルツイスキー/ロシア
松田次生/日本
組。
GTアカデミーの出身者が2名、かな?
松田さんはスーパーフォーミュラでの活躍が印象にあります。
割とスーパーGTにも出てる人ですけどね。


レースは序盤からポルシェとアウディの争いという色が濃いですね。
スタートでポールスタートのポルシェ18号車に代わり、ポルシェ17号車がトップに立つ。

スタートから46分後、日産21号車のコクピットのドアが開くトラブルが…。
これは中々の珍事ではないだろうか。
無事、修復されました。

スタートから1時間半後、アウディ7号車がポルシェ2台を一気にパス、トップに躍り出ます。

スタートから2時間半後、トップを走っていたアウディ7号車がパンクに見舞われました。
これにより、再びポルシェがトップに。

スタートから3時間くらい経った時、アウディ8号車がクラッシュ!
フロントが大破するも、自力でピットに戻って、新しい顔になって帰ってきました。
交換もかなり早かったみたいです。

他にも、日産21号車が電気系のトラブルでガレージを出たり入ったりしていたとか。

スタートから5時間後、今度はトヨタ1号車がクラッシュ。
こちらもピットに戻って、新しい顔に。
だけど、リアサスペンションにもダメージがあったらしく、修復しています。

スタートから8時間半、完全にナイトセッションへ。
ここでポルシェ18号車がフロントカウルを破損させてピットへ。
戻ってきたら5番手でした。
更に、トップのポルシェ17号車に1分のストップペナルティが課されます!
黄旗区間でオーバーテイクした為のペナルティでした。
これにより、ポルシェ17号車は4番手に後退。
代わってポルシェ19号車がトップに。
その後ろにはアウディ9号車が約6秒差で、更にその後ろにはアウディ7号車が23秒差でそれぞれ接近戦を演じていました。
ポルシェ17号車は約2分、ポルシェ18号車も約3分差なれど、同一周回を走っています。
その後ろのアウディ8号車は1周遅れ。
尚、トヨタは2号車が3周、1号車が6周遅れと置いて行かれています。
トヨタは決勝を見据えたセッティングだった筈だけど、蓋を開けてみればレースでも及ばず…。

そして、アウディ7号車には無線トラブルが発生。
コースの一部で無線が使用不能になっていたり。
…去年もなかったっけ?w

スタートから10時間後、ポルシェ18号車が再びコースオフ。
3周遅れとなる6番手にまで順位を下げています。

スタートから10時間半後、日産21号車のタイヤが外れてコース脇でストップ。
自力でピットに戻る事が出来ず、そのままリタイアとなってしまいました。
他の日産車2台もピットに出たり入ったりしていたようですが、スタートから11時間45分後くらいにはレースに戻ったようです。

スタートから12時間後、ポルシェ19号車が後続を突き放しにかかっているようです。
そして、トヨタは2号車が4周遅れ、1号車が7周遅れと、どんどん離されていますね。


…起きてから書いてた部分が消えたので、明日改めて書き直す。
誤操作して一切警告でないうちに消えおった。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月13日 (土)

海峡に馳せる

少しだけゆっくり…できた訳ではなく。
1日中ごろごろしてたけど、怠い怠い。
やる気が起きない…6月病だー。


明日は午前中だけ雨かー。
帰る頃だなー。






昼間にテレビ番組でシンガポールの紹介やってたけど、良いね!良いね!
マリーナ・ベイ地区は昼でも夜でも良いわ。
素敵だ。

そして、セントーサ島。
ユニバーサルスタジオとかがあるって知ってたけど、想像以上にリゾートアイランドだったw
ロープーウェイで向かえるってのも楽しそうだ。

…近くの港湾にわんさかタンカーとか貨物船が泊まってるのを見ながらマリンスポーツするってのも面白いもんだなぁ。


俺はジョホール海峡も眺めてゆっくりしてみたいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大西洋横断

金曜日のくせに割とゆったりしてたな…。。
そして、ようやく長丁場も後半戦に。これからが少し忙しいのだが…。。


そういや、浅間山で火山活動が活発になってる的な話があるみたいですな。
浅間火山レース…(

蔵王山でも…とあるけど、火山だし、それなりに活動はしてるっしょ。
御嶽山の件以降、頻繁に火山活動の報道がされているけど、それも注意を促す為…というのは分かる。
だけど、何事も過剰反応にならないように受け取って行きたいもんですねぇ。

地熱発電や温泉だって火山が活動してくれているからだろうしねぇ。






昨日のFEの記事でディ・グラッシとブエミはルマンに行くつったけど、デュバル、プロスト、ハイドフェルド、アプト、バード、チャンドックもルマン勢でした。
ロシアからフランスに向かう人々。

それと、特に言ってなかったけど、ニコ・ヒュルケンベルグも先週末のカナダGPからフランスに向かう勢だったり。

皆さん、大忙しですね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月12日 (金)

赤い中枢

昼間は晴れていたけど、夜には少し雨がパラパラ…。
まぁ、少しで良かったけれど。


一人だとやっぱり大変ねぇ。
遅くに帰ってから色々やらなきゃいけないし。







FEモスクワeP!

マジで赤の広場だ!
クレムリンだ!
本当にモスクワのど真ん中でやるのなw


左近がゲストwww
えっ…次回のロンドン大会でアムリン・アグリから参戦www
ダブルヘッダーで行われるレース、どっちにも参戦するのねw


予選結果。
ポールポジションはジャン=エリック・ベルニュ/アンドレッティ
2番手からはネルソン・ピケJr./ネクストEV TCR
3番手からはルーカス・ディ・グラッシ/アウディ・スポーツABT
4番手からはセバスチャン・ブエミ/e.dams・ルノー
5番手からはジェローム・ダンブロジオ/ドラゴン
6番手からはニコラ・プロスト/e.dams・ルノー
7番手からはダニエル・アプト/アウディ・スポーツABT
8番手からはニック・ハイドフェルド/ヴェンチュリー
9番手からはヤルノ・トゥルーリ/トゥルーリ
10番手からはステファン・サラザン/ヴェンチュリー
11番手からはサルバドール・デュラン/アムリン・アグリ
12番手からはサム・バード/ヴァージン
13番手からはジャスティン・ウィルソン/アンドレッティ
14番手からはアントニオ・ガルシア/ネクストEV TCR
15番手からはアントニオ・フェリックス・ダ・コスタ/アムリン・アグリ
16番手からはブルーノ・セナ/マヒンドラ
17番手からはカルン・チャンドック/マヒンドラ
18番手からはハイメ・アルグエルスアリ/ヴァージン
19番手からはロイック・デュバル/ドラゴン
20番手からはヴィタントニオ・リウッツィ/トゥルーリ


ネクストEV TCRはピックが抜けて、久々にガルシアがエントリーしています。
第3戦のウルグアイeP以来みたいですね。
アンドレッティのウィルソンは知らないドライバーだけど、身長191cmなのだとか…www
ドライバーの中ではでかいですよ、これ。
2003年にF1に参戦していました。
スピードに代わっての参戦なので、元F1ドライバー率が1名分減りましたね…。
相変わらずの元F1ドライバーが多いカテゴリーですね状態ですがw


サラザンは予選後のパルクフェルメで違反。
10グリッド降格ペナルティ。


スターティンググリッド。
ポールポジションはジャン=エリック・ベルニュ/アンドレッティ
2番手からはネルソン・ピケJr./ネクストEV TCR
3番手からはルーカス・ディ・グラッシ/アウディ・スポーツABT
4番手からはセバスチャン・ブエミ/e.dams・ルノー
5番手からはジェローム・ダンブロジオ/ドラゴン
6番手からはニコラ・プロスト/e.dams・ルノー
7番手からはダニエル・アプト/アウディ・スポーツABT
8番手からはニック・ハイドフェルド/ヴェンチュリー
9番手からはヤルノ・トゥルーリ/トゥルーリ
10番手からはサルバドール・デュラン/アムリン・アグリ
11番手からはサム・バード/ヴァージン
12番手からはジャスティン・ウィルソン/アンドレッティ
13番手からはアントニオ・ガルシア/ネクストEV TCR
14番手からはアントニオ・フェリックス・ダ・コスタ/アムリン・アグリ
15番手からはブルーノ・セナ/マヒンドラ
16番手からはカルン・チャンドック/マヒンドラ
17番手からはハイメ・アルグエルスアリ/ヴァージン
18番手からはロイック・デュバル/ドラゴン
19番手からはヴィタントニオ・リウッツィ/トゥルーリ
20番手からはステファン・サラザン/ヴェンチュリー


ファンブーストはピケJr.、ディ・グラッシ、ブエミが獲得。
見事にドライバーランキング上位の人達が獲得していますねぇ。


モスクワ川の川岸からのスタートなのね。

シグナルが…ブラックアウト!

ピケJr.が良いスタート!
ベルニュがカバーにかかるけど、1コーナーでピケJr.がトップに!

シケインでデュバルが直進、エスケープゾーンを突っ切って行ったぞ。
他車がいたから、アプローチできなかったようだ。
それにしても、シケイン凄いな…。
道幅狭いし、結構タイトだし、シケイン出口とかすぐ壁があるし…w

その先のヘアピンも凄いわw
これまたタイトなヘアピン。
出口も結構狭いしなぁ。


6周目、デュランがヘアピンでリアを滑らせた!
トゥルーリは11番手かぁ…順位を落としています。

ピケJr.が2位以下を引き離しにかかっています。
今回は序盤からかなり飛ばしています。


8周目、バードがデュバルとサラザンにかわされたな?

あれ、バードの電力消費表示ないな…。
バードとリウッツィがピットインしたようだ。
バードはマシンを乗り換えたかな?
電力消費表示が100%になったし。
リウッツィは乗り換えてないみたいだ。


12周目、あの女性は誰?


13周目、ダ・コスタがトゥルーリに仕掛けたけど、そこはシケイン前…。
あーっぶね!
接触しそうになった!
ダ・コスタは減速、トゥルーリがエスケープゾーンを直進。

トゥルーリ対ダ・コスタはまだ続いています。
またシケインで接触しそうに…。
トゥルーリはまたエスケープしていますね。


17周目、3番手を争っているディ・グラッシとブエミがファンブーストを使用!
どっちも使ってるから、現状維持だ。

…あ、先頭を走ってるピケJr.もファンブーストを使った。
そして、ピットイン!
ドイツePの時とは打って変わって、序盤からペース速かったし、ピットインのタイミングも早いなぁ。
因みに、ピケJr.の残り電力は2%でした。
ピットインする時に残り電力が2%以下になっていたらいけないらしい。
初めて知ったわw

おぉ、リアウイングが落ちてるwww
黄旗!
1コーナーでスピンしてリアをウォールにリアをぶつけたらしい。
リアからバラバラ何か落ちてますよー。
えーと、誰やっけ。
ガルシアやったかな?

19周目、ディ・グラッシがピットイン!
その後ろにいたブエミはステイアウト!
さぁ、ここはプッシュプッシュ!

ディ・グラッシ、コースへ復帰。
…あ、ベルニュの前に出た!
ディ・グラッシ、2番手に浮上かな?

…え?
ブエミは少し長くガレージにいすぎた?
そして、ピットロードでハイドフェルドと接触しそうに…!
危ないw

1回目のピットインを終えて、この順位。
ピケJr.、ディ・グラッシ、ベルニュ、ブエミ、ハイドフェルド、アプト、デュラン、プロスト、アルグエルスアリ、トゥルーリ、ダ・コスタ、ウィルソン、バード、サラザン、デュバル、チャンドック、ダンブロジオ、ブルーノ、リウッツィ、ガルシア

バードはかなり早い段階でマシンを乗り換えているんで、辛いかもしれん。

それにしても、ピケJr.は後半戦もかなりアグレッシブ。
残り電力は83%。


右京さんはやっぱりトゥルーリをヤルノって言うねぇ。
元チームメイトだったし。


22周目、サラザンにドライブスルーペナルティ!
ピットタイムが不足していた為だそうで。
FEってピットイン時に最低何分以上ピットにいなきゃダメですよって決まりがあるのが新鮮だなーと。
まぁ、普段F1以外のカテゴリーをほぼ観ないからかもしれませんが。
少なくとも、インディにはなさそう。

トゥルーリがダ・コスタにかわされたようです。
すぐにトゥルーリ対ウィルソンのバトルへ。
シケインでまた当たりそうになって、トゥルーリがエスケープゾーンへ。
トゥルーリは何度もエスケープしていますね…。


24周目、サラザンがドライブスルーペナルティを消化。

バードは残り電力が6%だけど、後10周残っています。
…これは厳しいだろう。。

…あ、e.damsルノーの共同チーム代表、アラン・プロストのインタビュー。
ブエミのピットタイムが少し長かった件は計算ミスによるものらしい。


26周目、バードがガレージへ。
ここでリタイアですか。


29周目、ポイント圏内をかけたバトル!
トゥルーリ、ウィルソン、デュバルが連なってバトルしています!

ブルーノにドライブスルーペナルティ。
ピットレーンの速度違反があったようです。
FEって結構ピットレーンの速度違反多いよなぁ。。

…あ、サラザンがヘアピンでスピンしてた。
これは危ない危ない。
前を行くアルグエルスアリのインに入りかけた時にスピンしたらしい。
その際、少しアルグエルスアリのリアに当たっていますね…。
両者共目立ったダメージはなさそうですが。


32周目、先頭を行くピケJr.とそれを追うディ・グラッシの差が1.6秒に!
相変わらず飛ばしていたピケJr.だけど、電力的には…割と行けそうか?


33周目、トゥルーリのリアウイングが落ちてる…。
黄旗!
ヘアピンの立ち上がりの所ですね。

リプレイ。
ヘアピンでトゥルーリのアウト側からウィルソンが仕掛ける!
トゥルーリの後ろが空いた所、デュバルが突っ込んで行った!

おぉ…。。
トゥルーリにデュバルが乗り上げて壊して行ったようですね。。
その横でほぼ被害を被らなかったウィルソン。

トゥルーリはリアウイングを失ってズルズル後退して行きます。
またしてもな不運。


35周目、ファイナルラップ!
ピケJr.とディ・グラッシとの差は2.2秒に広がってましたね。
いやぁ、完全にコントロールできていたなぁ。。

…ん?
ベルニュが2つ順位落とした?

プレイ。
ベルニュ対ブエミが行われていました。
2台が並びかけた所、例のシケインへ突入。
ブエミがエスケープゾーンへ逃げて、一瞬だけ減速。
でも、ベルニュも完全に前に出てなくて(出れなくて?)そのままブエミが前に出てました。
で、その先のヘアピンではそのブエミにハイドフェルドが追突してましたね。
何気にベルニュをかわしていたハイドフェルドです。

ピケJr.、2勝目!

優勝したピケJrがインタビューを受けています。
すぐにルマンに行くディ・グラッシさんとブエミさんのインタビューだ。
ディ・グラッシは2番手、ブエミは3番手になりました。


尚、ブエミ、ハイドフェルド、ベルニュ、ダ・コスタ、プロストが審議中。


結果。
優勝はネルソン・ピケJr./ネクストEV TCR
2位はルーカス・ディ・グラッシ/アウディ・スポーツABT
3位はセバスチャン・ブエミ/e.dams・ルノー
4位はニック・ハイドフェルド/ヴェンチュリー
5位はジャン=エリック・ベルニュ/アンドレッティ
6位はダニエル・アプト/アウディ・スポーツABT
7位はサルバドール・デュラン/アムリン・アグリ
8位はアントニオ・フェリックス・ダ・コスタ/アムリン・アグリ
9位はニコラ・プロスト/e.dams・ルノー
10位はジャスティン・ウィルソン/アンドレッティ

ここまでがポイント獲得。

11位はロイック・デュバル/ドラゴン
12位はジェローム・ダンブロジオ/ドラゴン
13位はカルン・チャンドック/マヒンドラ
14位はハイメ・アルグエルスアリ/ヴァージン
15位はステファン・サラザン/ヴェンチュリー
16位はブルーノ・セナ/マヒンドラ
17位はヴィタントニオ・リウッツィ/トゥルーリ
18位はヤルノ・トゥルーリ/トゥルーリ
19位はアントニオ・ガルシア/ネクストEV TCR

リタイアは…
サム・バード/ヴァージン

ファステストラップポイントはブエミ。

ウィルソン、初参戦で1ポイント獲得!


審議結果が出ました!
ブエミとデュバルはピットからコースへ戻る際のアンセーフリリースで、それぞれ29秒加算ペナルティ。
これにより、それぞれ9位と15位に順位が下がっています。

トゥルーリはシケインをカットした際、3回とも十分な減速を行ってからコースに戻らなかったと判断された為、次戦で5グリッドダウンペナルティ。順位に変動はありません。

他の人達は大丈夫だった模様。


最終結果。
優勝はネルソン・ピケJr./ネクストEV TCR
2位はルーカス・ディ・グラッシ/アウディ・スポーツABT
3位はニック・ハイドフェルド/ヴェンチュリー
4位はジャン=エリック・ベルニュ/アンドレッティ
5位はダニエル・アプト/アウディ・スポーツABT
6位はサルバドール・デュラン/アムリン・アグリ
7位はアントニオ・フェリックス・ダ・コスタ/アムリン・アグリ
8位はニコラ・プロスト/e.dams・ルノー
9位はセバスチャン・ブエミ/e.dams・ルノー
10位はジャスティン・ウィルソン/アンドレッティ

ここまでがポイント獲得。

11位はジェローム・ダンブロジオ/ドラゴン
12位はカルン・チャンドック/マヒンドラ
13位はハイメ・アルグエルスアリ/ヴァージン
14位はステファン・サラザン/ヴェンチュリー
15位はロイック・デュバル/ドラゴン
16位はブルーノ・セナ/マヒンドラ
17位はヴィタントニオ・リウッツィ/トゥルーリ
18位はヤルノ・トゥルーリ/トゥルーリ
19位はアントニオ・ガルシア/ネクストEV TCR

リタイアは…
サム・バード/ヴァージン

ハイドフェルド、気付いたら3位表彰台だった。(実際乗っていないけど)
ステルス・ニックの本領発揮やでぇ…。


ドライバーランキング。
1位:ネルソン・ピケJr./ネクストEV TCR(128Pt)
2位:ルーカス・ディ・グラッシ/アウディ・スポーツABT(111Pt)
3位:セバスチャン・ブエミ/e.dams・ルノー(105Pt)
4位:ニコラ・プロスト/e.dams・ルノー(82Pt)
5位:ジェローム・ダンブロジオ/ドラゴン(77Pt)
6位:サム・バード/ヴァージン(68Pt)
7位:ジャン=エリック・ベルニュ/アンドレッティ(55Pt)
8位:アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ/アムリン・アグリ(51Pt)
9位:ダニエル・アプト/アウディ・スポーツABT(32Pt)
10位:ニック・ハイドフェルド/ヴェンチュリー(31Pt)
11位:ハイメ・アルグエルスアリ/ヴァージン(30Pt)
12位:ブルーノ・セナ/マヒンドラ(28Pt)
13位:ロイック・デュバル/ドラゴン(23Pt)
14位:フランク・モンタニー/アンドレッティ(18Pt)
15位:スコット・スピード/アンドレッティ(18Pt)
16位:カルン・チャンドック/マヒンドラ(18Pt)
17位:ステファン・サラザン/ヴェンチュリー(18Pt)
18位:シャルル・ピック/ネクストEV TCR((16Pt)
19位:オリオール・セルビア/ドラゴン(16Pt)
20位:ヤルノ・トゥルーリ/トゥルーリ(15Pt)
21位:サルバドール・デュラン/アムリン・アグリ(9Pt)
22位:ヴィタントニオ・リウッツィ/トゥルーリ(2Pt)
23位:佐藤琢磨/アムリン・アグリ(2Pt)
24位:ジャスティン・ウィルソン/アンドレッティ(1Pt)
25位:ホーピン・タン/ネクストEV TCR(0Pt)
26位:アントニオ・ガルシア/ネクストEV TCR(0Pt)
27位:ミケーラ・セルッティ/トゥルーリ(0Pt)
28位:マルコ・アンドレッティ/アンドレッティ(0Pt)
29位:マシュー・ブラバム/アンドレッティ(0Pt)
30位:キャサリン・レッグ/アムリン・アグリ(0Pt)


チームランキング。
1位:e.dams・ルノー(187Pt)
2位:アウディ・スポーツABT(143Pt)
3位:ネクストEV TCR(132Pt)
4位:ドラゴン(116Pt)
5位:アンドレッティ(104Pt)
6位:ヴァージン(98Pt)
7位:アムリン・アグリ(62Pt)
8位:ヴェンチュリー(49Pt)
9位:マヒンドラ(46Pt)
10位:トゥルーリ(17Pt)

相変わらず、ネクストEV TCRのチームポイントが意味不明…と思ったら、分かったわw
開幕戦・中国ePでピックが所属してたの、チャイナ(現ネクストEV TCR)じゃなくて、アンドレッティだ…。
だからか。
確か、ポイントが合わなかったもう一つのチームはアンドレッティだったから、それで説明付くわ。






続きからコメント返信!

続きを読む "赤い中枢"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月11日 (木)

ちょっと一手間。

いやぁ、今日は酷かった…。
こんなだったっけ…と思えるくらいでした。

少し早く行った甲斐はなかったような…。







Cook1
お肉を用意します。


Cook2
ご飯にチーズを入れて、丸めます。


Cook3
肉で巻きます。


Cook4
焼きます。


Cook5
塩コショウを少し…あっ。
崩れた。

これは大惨事。。


Cook6
皿に置きます。


Cook7
カレーをかけます。

完成。


っていうのを、帰ってすぐ、真夜中にやってました。


反省点は主に2つ。

・ご飯をライスボールにする等、強度を高めた方が良かったか。
・豚肉じゃなくて牛肉のが良かったか。

以上!!(

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年6月10日 (水)

雲と薔薇とこねこ様

梅雨の季節ですねぇ…。
関東でも梅雨入りだそうで…。




さて、そんな折…10年前の今日、6月9日。
今はサービス終了してしまったブログパーツのブログペットを導入した日です。
ブログ開始から丁度1ヶ月後の事でした。
確か、意図してなかった。
筈。

つまり、おめでたい日なのである!!
…日付過ぎちゃったけど。

そして、例の如く記念イラストは間に合っていないのでした。
後日公開!
…という事にしておく((

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 9日 (火)

小さき客人

最近あんまり良くない事が多いような…。
これ以上は問題発生しないで欲しい所だね。
…と言っても、問題って起きるものだし。。

まぁ、速攻で帰ったけどね。
雨降り始めてた…。






F1カナダGP決勝!

バトン、ドライブスルーペナルティを受ける。
本来は15グリッド降格ペナルティだが、既に最後尾からのスタートだったので、その代わりにドライブスルーペナルティとなりました。
パワーユニットのMGU-Hとターボチャージャーを交換してのペナルティです。


さて、モントリオールは土曜日に引き続き、すっきりとした晴れ!
気温はそんなに高くなさそう?

後方にいるマッサ、メルヒ、スティーブンス、フェルスタッペン、バトンがソフトタイヤスタート。
後はスーパソフトですね。

フランク御大やトトが見つめています…。

シグナルが…ブラックアウト!!

1コーナー、2コーナーは…
あ、誰もはみ出てない。
非常にクリーンな立ち上がり。

ヒュルケンベルグがグロージャンとマルドナドの間に!
6番手である。


2周目、バトンがドライブスルーを消化。
現在、マッサは13番手、ベッテルは16番手。


3周目、ヘアピンでベッテルがサインツJr.をかわした!
これで15番手。
アロンソがエリクソンにかわされています。
12番手に後退です。


4周目、マッサがアロンソに仕掛けた!
サイド・バイ・サイドで1コーナー、2コーナーを回る!
マッサが前、12番手!
これは良いバトル…!
クリーンだしね!


5周目、ベッテルがアロンソをかわした!
13番手である。


川井ちゃん「先週でしたっけ、酷いレースが世界各地でありましたんで…。」
おいやめろwww


7周目、11番手争い。
エリクソン、マッサ、ベッテル。
ソフトタイヤのマッサはスーパーソフトのエリクソンに引っ掛かってしまっているようだ…。
それに釣られてスーパーソフトのベッテルも引っ掛かってる。

ここでベッテルがピットイン!
…あれ、左リアが遅いよ!
少し時間がかかってしまったようだ…。
ソフトタイヤでコースへ。
最後尾からの追い上げとなります。

マッサはソフトタイヤだからここでピットに入る訳にも行かず…うーん。
ソフトタイヤスタートが裏目に出たか?


9周目、マッサがエリクソンに仕掛けに行った!!
…うおぉ、またしてもサイド・バイ・サイド!
1コーナー、2コーナーでギリギリの攻防。
挙動乱してるのにギリギリで当たらないのは流石マッサや!
これは熱い!
マッサ、エリクソンを攻略して11番手!


12周目、アル・パチーノが映ったらしい。


13周目、マルドナドに追われるヒュルケンベルグ。
ヒュルケンベルグは無線でフロントタイヤが酷くなっていると訴えているようだ。

マッサがリチャルドをかわして10番手に!
さぁ、何処まで順位を上げつつ引っ張ってピットインできるかな?


15周目、先頭集団。
ハミルトン、ロズベルグ、ライコネン、ボッタスの差はそれぞれ約3秒くらいずつ離れていますね。
ほぼ等間隔だ。

…あ、マイケル・ダグラス。


16周目、マッサが因縁のペレスをかわして9番手に!
前はクビアトである。
因縁の、と付けたのは去年のカナダでファイナルラップ辺りの1コーナーで接触したから。
これでマッサはころりと転がってリタイアしていたのです。

まっさん怒りのオーバーテイク祭りである。
ベッテルも怒りのオーバーテイク祭りだけど。


18周目、14番手争い。
アロンソとフェルスタッペンを追うベッテル。

…あ、ヨスだ。
ヨス・ザ・ボス。
父フェルスタッペン。


20周目、ベッテルが煙幕を…。
少し道を外れたようです。

そのベッテルがアロンソに仕掛けた!
…あ、行き場所なくなって縁石に乗った。

ベッテル無線。
…?
右フロントウイングがアロンソと接触?
そんな風には見えないけど…。
取り敢えず、ベッテルはチームにフロントウイングをチェックして欲しいと訴えています。

…おぉ、最終コーナーで再びベッテルがアロンソに仕掛けた!
サイド・バイ・サイドに…!
ベッテル、アロンソの前へ!
15番手!


ドライバーからチェックしてって言われたら、ピットウォールからマシンをカメラで撮って分析するんだ…www


25周目、ベッテルがエリクソンをかわして11番手!
エリクソンはずっとスーパーソフト履いているし、そろそろタイヤが劣化してきている事でしょう。

アロンソ無線。
ピットウォール「7秒後ろにナスルいるけど、燃料抑えないとダメだよ。」
アロンソ「やだ!」

解説陣
ガス欠でも良いじゃん、データ取れれば。
どうせ0点なんだし。
って思ってるのかもしれませんねー。


ベッテルは10番手にまで順位を上げてきています。
前のマルドナドは粘っています。


28周目、おーっと!
ライコネンがヘアピンの立ち上がりでスピンした!
元に戻ろうとターンしたらグロージャンに当たりそうに…www

無線で「去年と同じ事が起きた!!」と叫んでいます。
これでボッタスがライコネンを抜いて3番手に。
ボッタス、今季初表彰台のチャンス!


29周目、ボッタスがピット!
少し左リアが手間取ったかな?
タイヤ交換時間は4.8秒。

メルセデスはしっかりハミルトンのタイヤを交換していますね。
タイヤ交換時間は2.8秒。
その間にロズベルグがプッシュ!
…と思ったら、ヘアピンでタイヤをロックさせて少しコースオフしてました。

おっ、ベッテルがマルドナドをかわした!
これで7番手!
…最終コーナーでマルドナドを押し出してたけどね。

ハミルトン、タイヤをロックさせてフラットスポット作っています。
…すぐに目立たなくはなるんだね。


30周目、ペレスがフェルスタッペンをかわして11番手に!

マッサ、グロージャン、ベッテルの5番手争いが繰り広げられています。
マッサは後5~10周はコースに残っていたい感じですかねぇ。
ちょっと、ペース落ちててキツそうだけれど。

…あ、グロージャンにかわされた。


ここでベッテルがピット!
やっぱり引っ掛かってたからですかね。
今度もソフトタイヤ…ですか。
まぁ、後40周はあるし。

おや、リプレイ。
おっと…危なーい!!
マッサ、グロージャン、ベッテルの前に小動物…ウッドチャック?が!!
ギリギリで逃げて、マッサも少し避けていますね。


37周目、ロズベルグの無線。
ピットウォール「ブレーキの消耗が激しいから管理してね。
ハミルトンへのアタックは最後にね!」

ここから少しハミルトンとロズベルグの差が広がるのでした。


38周目、マッサがマルドナドにも追われている…あ、ピットイン。
さぁ、スーパーソフトに交換だ…!
これでタイヤレギュレーションは消化。
さて、後は…ワンストップで行けるか?
クビアトの前、9番手に復帰。


39周目、一瞬意味ありげにタイヤウォールが映る。

リチャルドがフェルスタッペンに仕掛けようとして仕掛けられず、最終コーナーをカットしていました。
エスケープゾーンを通って行ったけど、さっきのタイヤウォールはそれか?


43周目、ライコネンがピットイン!
ここでスーパーソフトを投入!
前のボッタスを捉える為でしょう。


44周目、ヒュルケンベルグ対ベッテル!
ベッテルがアウト側から並んで行った!
サイド・バイ・サイドで最終コーナーのシケインへ!

おっと、ベッテルが縁石乗り上げた!
…当たった?!
ヒュルケンベルグがスピンした!
双方にダメージはなさそう?

リプレイ。
ヒュルケンベルグが先に外側の縁石に乗ってバランス崩し、ベッテルがその後に内側の縁石に乗って跳ねているのが分かる。
そして、跳ねたベッテルを避けようとしたヒュルケンベルグが更にバランスを崩してスピン。
そんな感じだろうか。


ベッテルは7番手、マッサは8番手。
完全にベッテルに先に行かれてしまいました。
一番初めのタイヤ交換の時にアンダーカットされてしまいましたからね。
タイヤ戦略違うからマッサは反応する訳にも行かず。

ハミルトンとロズベルグも差が縮まってるなぁ。
ハミルトンもペースを抑えているのでしょうか。
あ、前にレッドブルが…。


47周目、アロンソがガレージへ。
リタイア…これで3戦連続ですぞ。


そうこうしているうちに、昨年の勝者、リチャルドが周回遅れに。


50周目、グロージャンがピットに?
どうした?
慌ててピットクルーが出てきたぞ?

リプレイ。
あーあ、スティーブンス抜く時にライン戻すの早すぎたのか。
スティーブンスのフロントウイングとグロージャンのリアタイヤが接触。
スティーブンスのフロントウイングは破損し、グロージャンはパンク。
2人共一度最終コーナーのエスケープゾーンに逃げてからピットへ向かっていますね。
グロージャン、無線。
おこ。

川井ちゃん「自分から当たりに行ったような感じ。」

スティーブンスの無線。
スティーブンス「アホだろ。」


勿論、審議に。


52周目、マルドナドのガレージに…誰?
多分、ゲストさん。

ハミルトンとロズベルグ、差が1秒切った!
ロズベルグ、プッシュしては…いない筈??

グロージャン、5秒ストップペナルティ!


56周目、マルドナド対ベッテル!
マルドナドが片側だけ少し煙幕張っています。
ベッテルがマルドナドをかわして5番手!

マッサはまだ後方だなぁ…。


ハミルトンとロズベルグは1.5秒離れましたね。
燃費が少しキツいハミルトン。
ブレーキが少しキツいロズベルグ。
さて、この後バトルはあるのか?


58周目、バトン無線。
…え、リタイアか。。

バトン、ガレージへ。
マクラーレン、ダブルリタイアとなりました。


…あ、ハミルトンは大丈夫らしい。
燃費とかの事だろうけど。


63周目、マルドナド対マッサ!
マッサがマルドナドをかわしていって、6番手に!

…メルヒがピットにいるな。。


クビアト対グロージャン。
グロージャン、無線で「クビアトをかわして5秒差つけろ!」
って言われてる。
グロージャンには5秒ストップペナルティがありますからね。
11番手のペレスとの差は十分あるみたいなんで、ペナルティ受けても順位は失わないけど。


メルヒはまだピット…あ、OUTになった。
リタイアです。
いつもみたく、いつの間にかリタイアしているパターンだけど、今回はマシンを降りたメルヒが映りましたねぇ。


ロズベルグ、ハミルトンの燃料状態を訊く。
ピットウォールからは「コメントできない」との返答。
そりゃ教えられないよなw

そこで国際映像にメルセデス2台の燃料状態が。
川井ちゃん「ニコ、これを見るんだ!」
ジャイアントスクリーンに表示しろってwww
ヘアピンのとこなら見られるかもってwww


67周目、トトが無表情で画面を見つめる。

ベッテルとマッサの差は約8秒…流石に後3周じゃあなぁ。

ハミルトンはヘアピンでタイヤをロックする場面を捉えられる事が多いな…。
川井ちゃん、声が裏返ってるwww

ハミルトンが飛ばし始めてロズベルグとの差が開いていっていますね。
あっという間に3.7秒差…。


69周目、トト笑顔。
ニキの冗談に笑ってるのかな?


70周目、ファイナルラップ。
ハミルトン、最後のストレートでザウバーを押し退けてチェッカーを目指します。
ロズベルグはもう追い付けませんね。


ハミルトン、ポール・トゥ・ウィン!
ロズベルグも2位でワンツーフィニッシュ。
今季何度目だ?

ボッタス、今季初表彰台!
フェラーリ、今季初めて表彰台を逃す!


表彰台。
トロフィすげぇな…泡立て器みたいだwww
…あ、サーキットの形してるのが集まってるトロフィなのね。
泡立て器みたいだw

3位のはより小さいトロフィだから、より泡立て器みたいに見えるwww

シャンパンファイト、映ってないからボッタスがまず飲んでたか分からんwww


…ん?
ハミルトンのインタビュー中にボッタスがシャンパン持ったぞ?
…飲んだwww
画面から見切れたまま飲んだwww
おいwww

ハミルトンもロズベルグのインタビュー中に飲んだwww
やっぱり画面から見切れてるwww
お前ら…www


なんか、すっげぇコール起こってるwww
ハミルトンに対してかな?
カナダで人気だよねぇ。


ウッドチャックの場面は皆ちゃんと見て確認してるのね。
マッサもグロージャンもベッテルも。


優勝はルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2位はニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
3位はバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ
4位はキミ・ライコネン/フェラーリ
5位はセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
6位はフェリペ・マッサ/ウィリアムズ
7位はパストール・マルドナド/ロータス
8位はニコ・ヒュルケンベルグ/フォースインディア
9位はダニール・クビアト/レッドブル
10位はロマン・グロージャン/ロータス

ここまでがポイント獲得。

11位はセルジオ・ペレス/フォースインディア
12位はカルロス・サインツJr./トロロッソ
13位はダニエル・リチャルド/レッドブル
14位はマーカス・エリクソン/ザウバー
15位はマックス・フェルスタッペン/トロロッソ
16位はフェリペ・ナスル/ザウバー
17位はウィル・スティーブンス/マノー・マルシャ

リタイアは…
ロベルト・メルヒ/マノー・マルシャ
ジェンソン・バトン/マクラーレン
フェルナンド・アロンソ/マクラーレン

ライコネンは痛恨のスピンにより、表彰台を逃す。
ベッテルとマッサはそれぞれダメージを最小に抑えた格好。
ロータスはダブル入賞。
マルドナドは今季初ポイントですね。
フォースインディアとレッドブルはそれぞれ一台ずつがポイント獲得と。
トロロッソとザウバーはポイントなし。
だけど、サインツJr.がリチャルドを抑え切っていますね。

マクラーレンはダブルリタイア。
原因は排気トラブルらしい。
パワーユニットのトラブルではないようなので、一安心…か?


ドライバーズランキング。
1位:ハミルトン/メルセデスAMG(151Pt)
2位:ロズベルグ/メルセデスAMG(134Pt)
3位:ベッテル/フェラーリ(108Pt)
4位:ライコネン/フェラーリ(72Pt)
5位:ボッタス/ウィリアムズ(57Pt)
6位:マッサ/ウィリアムズ(47Pt)
7位:リチャルド/レッドブル(35Pt)
8位:クビアト/レッドブル(19Pt)
9位:グロージャン/ロータス(17Pt)
10位:ナスル/ザウバー(16Pt)
11位:ペレス/フォースインディア(11Pt)
12位:ヒュルケンベルグ/フォースインディア(10Pt)
13位:サインツJr./トロロッソ(9Pt)
14位:フェルスタッペン/トロロッソ(6Pt)
15位:マルドナド/ロータス(6Pt)
16位:エリクソン/ザウバー(5Pt)
17位:バトン/マクラーレン(4Pt)
18位:アロンソ/マクラーレン(0Pt)
19位:メルヒ/マノー・マルシャ(0Pt)
20位:スティーブンス/マノー・マルシャ(0Pt)
21位:マグヌッセン/マクラーレン(0Pt)


綺麗にチーム毎に並んでる所が多いなぁ…。
気付いたら結局マッサは6位ですか…。
中々、上位に食い込めないなぁ。。

そして、ナスルがエリクソンを上回り、ペレスがヒュルケンベルグを上回っている…。
トロロッソはサインツJr.が優勢ですね。


コンストラクターズランキング。
1位:メルセデスAMG(278Pt)
2位:フェラーリ(180Pt)
3位:ウィリアムズ(104Pt)
4位:レッドブル(54Pt)
5位:ロータス(23Pt)
6位:ザウバー(21Pt)
7位:フォースインディア(21Pt)
8位:トロロッソ(15Pt)
9位:マクラーレン(4Pt)
10位:マノー・マルシャ(0Pt)

ロータス、ザウバー、フォースインディアが接戦。
特にザウバーとフォースインディアは同点ですか。
フォースインディアはイギリスGP辺りでBスペックカーが投入される見通しだし、今後が楽しみですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 8日 (月)

鐘の島

ほぼ1日中寝てた感じ。
録画したビデオ観たりとかしてたけど、夜には頭痛くなって寝た…しかも、色々点けっ放し。
ベッドも上に物を置きっ放しで。

おかしいな…計画では、日曜に完成させる筈が…火曜日だぞ?
もう時間ないぞ??







F1カナダGP!!
予選はすっきりと晴れた!
金曜の午後は雨が降ってたけど、青空である。

…お、解説にハミーさんか!

実況「ジル・ヴィルニ…ジル・ヴィルヌーブ・サーキット」


バトン、ERS関連のトラブルで予選出走できず。
FP3でクラッシュしたナスルもマシンの修復は間に合っているのだろうか?


Q1
まず、姿を見せたのはアロンソ。
…あ、スタートの練習してる。

初っぱなからコースが混み合っています。
ナスルはまだコースに出ていませんね…。

残りは14分を切りました。
ベッテル無線!
…なに、MGU-Hにトラブル発生?
ガレージへ。
残り時間で直るのかどうか…。

エリクソン、4番手!
あれ、以外とザウバー良い感じ?

ボッタスが4番手に。
その後ろでマッサがウェービングしていますね。

グロージャン、5番手。
ロータスが好調みたいですねぇ。


…あ、グティだ。
レアル・マドリードのメキシコ人サッカー選手と話してる。


FP3でほぼ走れなかったハミルトン。
それにも関わらず、調子は良いようだ。


…おっと、セクター1で黄旗!
マルドナドがスピンしていました。
復帰時にエスケープゾーンを通ったけど、少しコースを逆走したような…?
逆走したと判定されるか…?

おっと、ここでロズベルグがトップに!

残り4分。
マルドナドがスーパーソフトを履いて3番手に。
ほぼスーパーソフト履いているな…。
レッドブルもスーパーソフトか。

…おっ、ベッテルがコースへ復帰!
さて、タイムを記録できるのだろうか?

グロージャン、スーパーソフトでトップタイム!
中々なかった展開だなぁ。

…お、ナスルも走れていますね。
スーパーソフトで12番手に。

…マッサ無線!
パワーがない!
あぁ…あかん。。
タイム出せない…。


ベッテルがタイムを出した…16番手、ノックアウト圏内だ。

マッサはガレージへ…。
最後のストレート、全然スピード感がなかった…。
うーん、また不運症を発症しているような…。

ベッテル、2回目のアタックを行うも、タイム更新ならず。
マッサ、ベッテルがまさかのノックアウトとなりました。


Q2、まずはナスルが走行。

…ん?
マイケル・ダグラス?
前にジャン・アレジがいるなぁ…何処にいるのかな?

トップはロータス2台。
そこに割って入ったヒュルケンベルグ、2番手です。
フォースインディアのピットウォールにいるボブ・ファーンリーが映っているな…。

…お、ライコネンがトップ。

マルドナド、スーパーソフトでアタック。
…あ、タイヤをロックさせた。
これでQ3行ったら、そのタイヤを決勝で使うかもしれないけれど…。

ハミルトンがトップ!
ロズベルグは2番手。
セクター1、セクター2が速いロズベルグ。
セクター3が速いハミルトン。

ボッタス、3番手!

残り3分切った。
マルドナド無線。
決勝は2ストップ作戦か?
そのマルドナドはタイムを更新して5番手!
ヒュルケンベルグが5番手!

ナスル、タイヤをロックさせてシケインカット。
縁石でぴょんぴょん跳ねてます。

マルドナド、6番手!
ライコネン、4番手!
チェッカー!
アロンソは13番手、ノックアウト。
ナスルは15番手。
リチャルドは9番手、ギリギリか?
フェルスタッペンは12番手、ノックアウト。
クビアトが8番手に入った!
10番手だったサインツJr.がこれでノックアウト!
レッドブル勢が子牛を押し退けてQ3へ。
フェルスタッペンの父、ヨスはがっかりって感じですね。


Q3、ライコネンに注目が集まる。

ハミルトン、ロズベルグが2周目にアタック開始。
ハミルトンは1分14秒393でトップ。
ロズベルグは1分14秒702…2番手!
ハミルトンに対して、ロズベルグはセクター3でかなり失っているらしい。
最終コーナーの立ち上がりがその差に繋がっているとかなんとか。

1回目のアタックを終えた時点で、
ハミルトン、ロズベルグ、ライコネン、グロージャン、マルドナド、ボッタス、ヒュルケンベルグ、クビアト、ペレス
の順。
リチャルドは1回のアタックのみのようなので、この時点ではまだコースに出ていません。


残り4分、各車ラストアタックへ!

ロータスの2台が同時にピットレーンへ!
並んだままコースに出て行った…w

右京さん「小松さーん…(苦笑」

1コーナーでグロージャンが先に出たけど、結局マルドナドが先になった。


ライコネン、3番手!
ヒュルケンベルグは7番手!
ここでチェッカー!
リチャルドが8番手。
ボッタスはロータス勢を上回って4番手に!
クビアトが8番手。
ペレスは10番手。

ライコネン、セクター1のコーナー立ち上がりでリアが滑ってた。
これは本当のラストアタックかな?

ハミルトン、セクター2全体ベスト!
最後は流してチェッカー。
ロズベルグ、セクター2でもチームメイトに及ばず、2番手。
ハミルトン、ポール獲得!
ポール数はこれで44回!
カーナンバーと一緒ですねぇ。

ロズベルグはセッティングが間違っていたのか、かなり機嫌悪い感じ。


結果。
ポールポジションからはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2番手からはニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
3番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
4番手からはバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ
5番手からはロマン・グロージャン/ロータス
6番手からはパストール・マルドナド/ロータス
7番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/フォースインディア
8番手からはダニール・クビアト/レッドブル
9番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル
10番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア

11番手からはカルロス・サインツJr./トロロッソ
12番手からはマックス・フェルスタッペン/トロロッソ
13番手からはマーカス・エリクソン/ザウバー
14番手からはフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
15番手からはフェリペ・ナスル/ザウバー

16番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
17番手からはフェリペ・マッサ/ウィリアムズ
18番手からはロベルト・メルヒ/マノー・マルシャ
19番手からはウィル・スティーブンス/マノー・マルシャ
おそらく20番手からはジェンソン・バトン/マクラーレン


ベッテル、FP3の赤旗中に追い越しをしたとして5グリッド降格ペナルティ!
フェルスタッペンは前戦モナコGPでのグロージャンとの接触による5グリッド降格ペナルティに加え、パワーユニットを構成する要素のどれかを交換。それが5個目になった為、10グリッド降格ペナルティ。
今季はシーズン中に4個まで、パワーユニットの各構成要素を交換する事ができるので…って、早いなぁ。。
レッドブルの両ドライバーやアロンソも4つ目に達しているのがあるので、かなり厳しいですね。
フェルスタッペンはグリッドペナルティを消化しきれていないので、レース時にタイム加算とかドライブスルーとかに変換されるんだと思います。


スターティンググリッド。
ポールポジションからはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2番手からはニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
3番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
4番手からはバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ
5番手からはロマン・グロージャン/ロータス
6番手からはパストール・マルドナド/ロータス
7番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/フォースインディア
8番手からはダニール・クビアト/レッドブル
9番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル
10番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア

11番手からはカルロス・サインツJr./トロロッソ
12番手からはマーカス・エリクソン/ザウバー
13番手からはフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
14番手からはフェリペ・ナスル/ザウバー
15番手からはフェリペ・マッサ/ウィリアムズ

16番手からはロベルト・メルヒ/マノー・マルシャ
17番手からはウィル・スティーブンス/マノー・マルシャ
18番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
19番手からはマックス・フェルスタッペン/トロロッソ
20番手からはジェンソン・バトン/マクラーレン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 7日 (日)

華麗なる海岸

昼間はゆったり、夕方から夜にかけてバタバタ。
ホント、引きが強いなぁ…。







ほう、来年のサミットは三重県志摩市の賢島かぁ。
伊勢志摩国立公園に含まれる島で、リアス式海岸が見所の景勝地として知られているようで。
近くには伊勢神宮もあるし、要人警護の観点からも良いようですね。
しかも、賢島は陸路だと2本の橋しか連絡手段がないから、それも警備の点で良いポイントですな。

んで、伊勢神宮があるという事は日本の伝統や歴史にも触れるチャンスがありそうですなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 6日 (土)

春雨五月雨

さて。
思いがけず2連休ができてしまった訳だが…どうしようかなぁ。
1.おうちで大人しくしている
2.日帰りでどっか遊びに行く

うーむ…。
さて、どうしようかなぁ。

まぁ、季節的に雨の可能性あるけどね。。






今日は雨。
そろそろ梅雨になっていくのかな?
割と蒸し暑くなく、寧ろ涼しい…寒いな、夜とか。

それにしても、先日2日間くらい見えていた、薄雲で霞む月は綺麗だったなぁ。
ハッキリ見えている月も好きなんだけど、あぁいうのも良いね。

風流じゃのう〜(






金曜ロードショー、何故8週連続ではなく、4週連続止まりなのか…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 5日 (金)

上昇傾向

最近思うのは、絵を描くにしろ文章を書くにしろ、コミュニケーションを取るにしろ、表現するのは難しいという事。
…前々から思っていたけど、最近特にそう思うわ。

いや、文章難しいな…w
ちょっと穴の開いた感じの文章とか難しいんだ。うん。






F1は今週末、カナダGPへ。
マノー・マルシャがそろそろ本格的にチーム力を高めに入ったように思います。
まず、ボブ・ベルを起用。
ルノーやメルセデスAMGで活躍していたベテランエンジニアである。
その他にも、トロロッソに所属してたデザイナーやケータハムで技術主任をしていた技術者とも契約したようだ。
それから、リザーブドライバーとしてスイス人ドライバーのファビオ・ライマーと契約。
2013年のGP2チャンピオンである。
いくつかの週末のFP1で出走するとの事。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 4日 (木)

疾走の軌跡

本日も昼過ぎに起き…髪切りに行くの、予約してたのに寝坊しました。。

今日もQMAを少し。
モンスター・妖怪検定面白いけど、何故か全国対戦もやりたくなるという不思議な状況。
…ところで、全国対戦で決勝まで行くと野球かサッカーが飛んでくる率が高いのは何故でしょう。






実は、月曜辺りに訃報を受け取っていまして、今日はお通夜に行ってきたのです。
大学のサークルの同世代の人だったんだけどね…。

久々にサークルの人達と会ったし、その後に喜ばしいお話もあったりしたけど、色々考えさせられるなぁ…。


最近、通勤時に時間ができるからって歩きスマフォとかやってるし…気を付けなければなぁって。
それと、色々並べられちゃうのね…オタクの人の場合って趣味のものを並べたりされる訳で…。
こ、怖い……。
と思ったけど、どの年になってもオタクは治らないだろうから、同じだね!

同級生の訃報は2回目です。
最初は高校の時で、中学の同級生のものでした。
若いうちはあんまりこういう事ないんで、ちょっとこれはショックですね…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 3日 (水)

天秤にかける

暑い時もあれば、同じように日差しが出ているのに割と涼しげな時もある。
風吹いてたりすると特にそうなるような気がします。
体感温度下がるのもそうなんだろうけど、何らかの気象条件もあるでしょう。
そこら辺はあんまり詳しくないから分からん。





それはそうと、今朝までぐっだぐだでした。
っていうか、まだリズムが戻っていないからか、昼間の割と辛かったなぁ。







何が、とは言わないけど…局所的だけど、最近の動向を観ているとなんだかなぁ…って思う。
なんていうか、リスクなんて小さくする事はできるけど、0にする事なんてできないのにって。
どうにも、リスクをなくそうとしているようにしか思えないんだよなぁ。
と。

うーんと、取り敢えず、この辺で。
うん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 2日 (火)

大陸疾駆

久々にQMAやりました。
新作稼働初期以来ですかね…実に3ヶ月振りくらい?
全然やってなかったなぁ。

モンスター・妖怪検定は取り敢えず訳分からんけど面白いやw
中国の幻獣とか…w






家に帰ってからは日曜の晩に放送されていたF1総集編、録画したので観てました。
普段のBSでは観られない場面も観られたのは良いね!
ウィリアムズも割とそうだったけど、フォースインディアが空気でした。
ウィリアムズは簡易結果画面に名前が載るくらいは出てたし、フランク御大やクレアさん、ロブ・スメドレーさんが出ちらちら出てきてたけどね。
…そういや、スージーは出てこなかったな。

後、ザウバーは前々からフェラーリエンジン/パワーユニットだよ!!
とツッコミ。







そして、寝落ちるのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »