« 節目節目×5 | トップページ | 情熱の都 »

2015年5月11日 (月)

花よりお菓子

昼過ぎまで寝ている始末…。
おやつの時間くらいまでは寝てたかな。


今年は何にしようか迷った挙げ句、結局お菓子になりました(
まぁ、良いかwww







F1スペインGP予選!!

フライアウェイの4戦を終え、ヨーロッパラウンドへと突入!
まずはアロンソ、サインツJr.、メルヒの母国であるスペインだ!
アロンソやチーム等のスポンサーを務めるサンタンデールのホームレースでもありますな。

…実況、塩原じゃねーか!!www


Q1
おっ、早速メルヒが登場。
オンボードを見てると、ステアを細かく修正しているのが分かります。
マシンはまだまだですね。

ロズベルグ、セクター3で若干飛び出す。
あの辺はレイアウトがうねうねしてるしねぇ…。

メルセデス勢とベッテルまでが上位を独占。
それにマッサ、サインツJr.、フェルスタッペンと続く。

メルセデス、フェラーリ、ウィリアムズ辺りはハードタイヤでのアタックですね…。
マクラーレンは最初からミディアムタイヤですか。
アロンソが5番手、バトンは6番手につけました。


残り4分切って、ヒュルケンベルグがミディアムタイヤでアタック。
…おっ、7番手!
メルセデスはまだハードタイヤみたいだけど、他のチームはミディアムタイヤに替えているのでしょう。
あ、ハミルトンがトップタイムを更に縮めた。
今回もメルセデスは強いですねぇ。

そして、ライコネンが2番手!
ミディアムタイヤ履いてますね。
ベッテルがハードタイヤで3番手に飛び込んだ!
ハードタイヤでも安定していそうですね。

いよいよ終盤です。
まずは、ペレスがミディアムタイヤで9番手!

ナスルは5番手。
マルドナドが4番手。
ボッタスが4番手に飛び込んできた!
クビアトは9番手。
グロージャンが7番手に。
エリクソンは13番手!
リチャルドが9番手。
フェルスタッペンが8番手だ。
マッサは5番手に。
バトンが13番手タイムをマーク!
アロンソは15番手でギリギリだったけれど、ピットへ。
ノックアウトゾーンに落ちていたペレスもピットに戻った事で、アロンソはQ2進出となりました。

マクラーレン勢は揃ってQ2に進出ですね!
フォースインディア勢はダブルノックアウト。マシンへのアップデートもないようですし、まだまだ厳しそうですね。。
母国であるメルヒはチームメイトに勝てず。
マシントラブルがあったようですし、仕方ないですね。


Q2
欧州に戻ってきた事で、パドックがより華やかになりそうですな。
…ここはパドッククラブかな?
スペイン料理とか出てるのだろうか。

さて、コース上にはナスルです。
木が揺れるくらい風強いみたいですねぇ。

ナスルのタイムはQ1でハミルトンがマークしたタイムより1秒くらい遅いかな?
ナスルのミディアムタイヤが中古だったのかどうか分からんけれど。

ボッタスのオンボード。
メルヒのと比べると、ステア捌きが安定してるなぁ…。
マシンの安定感が高いのでしょうね。

ハミルトンがタイム更新、1分25秒台に入った!
…おっと、ロズベルグがトップタイム更新!
遂にロズベルグがハミルトンを捉え始めたか?

…ん?
バトンさん泣き言?w

今のレギュレーションだと、縁石はコースの外って判定。
だから、スライドとかして四輪が全て縁石の上かそれより外側に出てしまっていると、審議される事もあり得る。
さて、フェルスタッペンは4輪が全部コース外に出ていますね…。
スローモーション映像が国際映像に撮られてしまっています。


ここまで、マクラーレン勢はバトンが14番手、アロンソは11番手。
さて、Q3進出はどうでしょうねぇ?


そういえば、リチャルドはもう4基目のパワーユニット。
今年は4基まで交換できます…つまり、レギュレーション内で使える最後のパワーユニットって訳だ。
厳しい戦いを…強いられているんだ!(集中線

…あ、ゑとデ・ラ・ロサさんがいるw
ゑはレッドブルに招待されたのか?


残り3分切って、それぞれがラストアタックへ。

まずはナスル…13番手、ノックアウトです。
マルドナドも11番手でノックアウト。
バトンは…13番手でした。
サインツJr.は7番手!
マッサが4番手に順位を上げました!
グロージャンは11番手、ここで姿を消します。

マクラーレン、ロータスがここでダブルノックアウト!
マクラーレンのドライバビリティの良さは前々からアロンソとバトンが言ってますので、後は競争力だろうか。


Q3
まずはボッタス、ライコネン、ハミルトンがコースへ!
その後からフェルスタッペン、ベッテル、ロズベルグが出ましたね。

ボッタスのアタック!
ロングストレート入る所で少し膨らんだな…。
ここは良く縁石から飛び出しそうになってて危ないですね。
あ、ストレートエンドでリアが少し暴れたな。
ハミルトンが1分24秒948を出してトップ!
ベッテルは2番手だ。
…おぉ、ロズベルグがトップ!
1分24秒681!

まずは1アタック終えて、ロズベルグ、ハミルトン、ベッテル、ボッタス、ライコネン、フェルスタッペンの順になっています。
残りは間もなく4分…。


残り3分切った、ラストアタックだ!
1回目に走っていなかった勢もこのワンアタックに賭けます。

まずはライコネンである。
…あれ、少しミスった?!
チェッカー!

ボッタスは4番手。
リチャルドは6番手。
ライコネンは5番手でした。
ハミルトンは…ロズベルグに届かず、2番手!
クビアトがレッドブルのリチャルドを上回る6番手!
サインツJr.は更に5番手だ!
マッサは8番手…。
ロズベルグ、タイム更新ならずもトップを維持!
リチャルドは10番手に終わりました。

マッサ、3コーナーでミスってたのかぁ…。
うーん、惜しい。。


ロズベルグ、昨年のアブダビ以来となるポール獲得!
つまり、今季初ですな。
ハミルトンは5戦連続ポール記録が途絶えました。

徹子の部屋。
ロズベルグとベッテルが楽しげにお話しているね。


ポールポジションはニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
2番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
3番手からはセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
4番手からはバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ
5番手からはカルロス・サインツJr./トロロッソ
6番手からはマックス・フェルスタッペン/トロロッソ
7番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
8番手からはダニール・クビアト/レッドブル
9番手からはフェリペ・マッサ/ウィリアムズ
10番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル

11番手からはロマン・グロージャン/ロータス
12番手からはパストール・マルドナド/ロータス
13番手からはフェルナンド・アロンソ/マクラーレン
14番手からはジェンソン・バトン/マクラーレン
15番手からはフェリペ・ナスル/ザウバー

16番手からはマーカス・エリクソン/ザウバー
17番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/フォースインディア
18番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア
19番手からはウィル・スティーブンス/マノー
20番手からはロベルト・メルヒ/マノー







続きから、コメント返信!



蒼蟲さん:ありがとうございます!
いつも応援してくれて嬉しいです!
また、いつでも来てくださいね!


コメント、ありがとうございました〜!

|

« 節目節目×5 | トップページ | 情熱の都 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花よりお菓子:

« 節目節目×5 | トップページ | 情熱の都 »