« ホットスポット | トップページ | 節目節目×5 »

2015年5月 8日 (金)

戦艦「土佐」

昼間はそれなりだったけど、夕方以降ダメだったわ…。
いつもどうしてそうなる。







どうやら、端島、八幡製鉄所等を含む「明治日本の産業革命遺産」が世界文化遺産登録へ大手をかけているようですね。
イコモスがユネスコに登録を勧告したという事で、これはまた今年の世界遺産委員会が楽しみですなぁ。

「明治日本の産業革命遺産」は8エリアから成る遺産群。
当初は少し範囲が広過ぎるんじゃないかと思っていたけれど、どうやら問題はなさそうですね。
まぁ、フランスが中心となって複数の国の物件をひとつの世界遺産にしよう、なんて取り組みあるみたいだけど、それに日本も含まれているらしいし?

「明治の産業革命」構成エリアは以下の通り。
物件数は23件あります。


萩エリア(山口県萩市)
萩反射炉
恵美須ヶ鼻造船所跡
大板山たたら製鉄遺跡
萩城下町
松下村塾

鹿児島エリア(鹿児島県鹿児島市)
旧集成館
寺山炭窯跡
関吉の疎水溝

韮山(にらやま)エリア(静岡県伊豆の国市)
韮山反射炉

釜石エリア(岩手県釜石市)
橋野鉄鉱山・高炉跡

佐賀エリア(佐賀県佐賀市)
三重津海軍所跡

長崎エリア(長崎県長崎市)
小菅修船場跡
三菱長崎造船所第三船渠
三菱長崎造船所ジャイアント・カンチレバークレーン
三菱長崎造船所旧木型場
三菱長崎造船所占勝閣
高島炭坑
端島炭坑
旧グラバー住宅

三池エリア(福岡県大牟田市、熊本県荒尾市、熊本県宇城市)
三池炭鉱・三池港
三角西(旧)港

八幡エリア(福岡県北九州市、福岡県中間市)
官営八幡製鉄所
遠賀川水源地ポンプ室


八幡製鉄所や「軍艦島」の愛称で知られる端島と、有名なものも含まれていますね。
明治期の重工業を支えたものが多く、まさに日本の近代化の礎になったものと言えそうです。
九州が中心ですが、震災があった岩手県釜石市の物件も登録されているのがポイントかも?
静岡もありますな。
今も稼働しているものもあれば、遺構、廃虚になっているものもあって、中々幅広いですね…w

|

« ホットスポット | トップページ | 節目節目×5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 戦艦「土佐」:

« ホットスポット | トップページ | 節目節目×5 »