« 花と粉が舞う季節 | トップページ | 今度は助ける番 »

2015年4月 2日 (木)

世界を駆け巡る

さて、年に一度の四月莫迦…エイプリルフールでしたね。
グーグルマップがパックマンになったりしてたみたいですねぇ…グーグルは変な発明してたしw
デイリーポータルは相変わらずのネタっぷりでしたしw
後、ポケモンワールドチャンピオンシップスのパクリとかあったようでw

でも、全体的に例年より全然楽しめなかったなぁ…と。
堪能するには時間が足りなかった…。

そしてうちも今年は特に何もせず…。
記事も間に合ってないしね。
ツイッターでも嘘のひとつついた訳でなく。

あんまり良いの思い付かなかっただけですが。


まぁ、それにしても…去年も言った気がするけど、年々エイプリルフールのお祭り騒ぎも縮小化してきてるような…と。
ちょっと寂しく感じる半面、あんまり複数の場所で大規模なものがあると全部楽しめないから丁度良いとも感じる。
あー、複雑。





あ、そうそう。
今日は3度寝したんだけど、3度目だったかな、久々に夢を見たんですよ。
真っ昼間の廃虚の学校を舞台に肝試しみたいな事をやる夢。
ゾンビとかそういうクリーチャー系が出る感じの肝試しですね。
で、二人一組で探検するとかそういう感じで。
俺のパートナーは何故かバルテリ・ボッタスでした。何故ボッタスだったんだ…。
挑む前にボーナスチャレンジみたいな抽選が行われて、食堂(2階にある)の食券当たりましたw
それ持って早速食堂に行こうとしたんだけど、ボッタスが先に行っちゃってて、結局一人で食堂に向かうハメに。
中央の階段を上がって食堂に行くんだけど、チャレンジャーが多いのか、凄く賑やかでした。
食堂では普通に人が従業員やってて、背後のガラス窓かなんかに怪しい影が蠢いていても一切気にせず。今は大丈夫だろうけど、夜とか平気なのかなーとか思ってた。
食券使ってカレーかハヤシか何か頼んで、受け取り。
席を物色しがてらボッタスは何処かと辺りを見回したら、食堂のベランダにいたりして。
けど、ガールフレンド(実際にはもう奥さんになりましたけど)のエミリア・ピッカライネンとイチャついてたという…。

その辺で目が覚めました。
遅刻しそうでした。
危ない。

今思うと、割とストーリー破綻してない夢だったかなー。


※本当です






I8
…あ、伊8だw

※本当です


これで現在実装されている潜水艦で手に入ってないのは伊401のみか。
因みに、潜水艦の中で好きなのはU-511と伊168です。

伊507こねーかなー(







続きから、コメント返信!



蒼蟲さん:もうあっと言う間に春ですよ。
新生活ですよ。
そりゃあ、今後一生、長期的に苦しむよりは…ねぇw
…ん、エイプリルフールでしたねw


1ヶ月に1回…w
所属艦数も増えてきましたねぇ〜。
まぁ、一度に最大24隻しか運用できませんけどね!
空母が嫌がられるのではなく、「いずも」が空母と言われるのが嫌がられる…という事です。
細かい所で違うんだぞ、という事かと思います。
まぁ、そりゃあ帝国海軍の艦船の名前って言ったら対外的にも良い顔しない人がいても不思議ではありませんよねぇ。


今は下位のフォースインディアやロータス、マクラーレンがどう盛り返してくるかも注目ですね…w
前者2チームは資金少ないけど。
そうですね、空力学や製造技術等を駆使して作ったようですw
確か、五輪の時だったっけか…。


そうか、パルキアも火吐けるのかw
育てた事なかったからなぁ。
キャモメのでんげきはは謎ですw
Sapphireでその事実が判明した時はびっくりしましたw
ギャラドスはだいもんじ、ふぶき、かみなりも覚えられたと思いますw
かなり芸達者ですよねw
天敵のでんきわざ使えちゃうのは面白い…あ、サイドンやドサイドンのなみのりもそうですねw
ドンファンのこおりのつぶても似たようものかw


コメント、ありがとうございました〜!

|

« 花と粉が舞う季節 | トップページ | 今度は助ける番 »

コメント

自分が行く場所はあんまりエイプリルフールのネタやらないなぁ。

なぜか自分は毎日夢を見ます。
そんなカオスな夢は少ないですがw

ポケモンだって一度に6匹しか運用できませんしな。
成程、「いずも」は飽くまで空母ではないぞって事か。

どのスポーツも下位のチームが上がってくるといろいろ面白いですね。

アーマルドなんてみずに弱いのに水中で活動するんですよw
かつてはいわタイプじゃなかったのだろうな。
ドンファンはマンムーに近いからでしょうかね?

投稿: 蒼蟲 | 2015年4月 2日 (木) 15時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界を駆け巡る:

« 花と粉が舞う季節 | トップページ | 今度は助ける番 »