« 桜と熱帯 | トップページ | 花と粉が舞う季節 »

2015年3月31日 (火)

受け継がれし魂

相変わらずなんか怠い、両足が痛い。
そして鼻が…。
おまけに、たまーにくしゃみ連発。

目は痒くないんですけどねぇ。
ちょっと辛いね、うん。





数日前にツイッターで話題になっていた(?)、海自の最新鋭護衛艦「いずも」。
空母のような広くて平らな甲板を持つ、ヘリ搭載型護衛艦のようです。
でも、決して空母ではない。
このままでは艦載機の廃熱を処理できないとかで、ヘリのみの運用のようです。
そのヘリは9機を搭載、運用可能だとか。
海上自衛隊の艦艇の中で最も大きく、旧海軍の正規空母「雲龍」型より若干でかいらしい。


当然、中国は警戒しているだろうし、国内でもちょっと波紋を呼んだりしてそうですね。
あんまりそういった声は聞かないけど。。
エンブレムかっこいいな…名称については旧海軍の戦艦「長門」の名を受け継いだ「ながと」にする案もあったらしいけど、波紋を呼びそうだと取りやめになったとか。
一般人の立場からは、別に、「ながと」でも良かったんじゃない?と思うんだけど…。
「長門」は戦後まで生き残った艦だし、それを受け継いだら運は強そう。
…ん、装甲巡洋艦「出雲」も終盤まで生き残ってた?
ほら、日露戦争や第一次大戦、日中戦争では活躍はしたけど、第二次大戦ではほぼ練習艦だったみたいだし…。


ところで、旧海軍の艦艇の名前は現在の艦艇にも受け継がれていたりするよね。
退役済み含めると多いなぁ…。

戦艦/航空戦艦「伊勢」、「日向」とか。
戦艦「金剛」、「比叡」、「榛名」、「霧島」…空母「蒼龍」、「雲龍」、重巡「妙高」、「足柄」、「愛宕」、「鳥海」、「利根」、「筑摩」、重巡/航空巡洋艦「最上」、「三隈」、軽巡「天龍」、「大淀」、「夕張」、「川内」、「神通」、「五十鈴」、「阿武隈」、「能代」、軽巡/重雷装巡洋艦「大井」、「北上」、水上機母艦/軽空母「千歳」、「千代田」、駆逐艦「島風」、「天津風」、「初雪」、「白雪」、「村雨」、「春雨」、「夕立」、「五月雨」、「電」、「雷」、「響」、「曙」、「秋月」、「綾波」、「敷波」、「磯波」、「山雲」、「秋雲」、「巻雲」、「夕雲」、「菊月」、「長月」、「望月」、「叢雲」、「若葉」、「満潮」、「黒潮」、「大潮」、「朝潮」、「荒潮」…
被ってるのもちらほら。
潜水艦とかに大幅なクラスチェンジしたのもちらほら。

こうして見ると、面白いかも?







続きから、コメント返信!



蒼蟲さん:花粉症の人はホントに多いですからねぇ。
目は痒くないんで、母からは風邪じゃないかと言われておりますです。


えぇ、移籍2戦目にして優勝ですよ!
予選11位に沈んだライコネンも気付いたら4位フィニッシュ。
今年のフェラーリは戦闘力高いかも…。
ウィリアムズ、レッドブルがメルセデスに及ばない中、唯一の対抗馬になるかも?
フェラーリだけに。


まぁ、艦船の建造費って…と軽く調べてみたら、油抜く方がかかったわw
多分、当時の値段だけど…大和型戦艦は2艦とも約1億2898万、翔鶴型正規空母は約8449万、利根型重巡洋艦は約3126万、陽炎型駆逐艦は約967万、夕雲型駆逐艦は約1742万、秋月型防空駆逐艦は約1209万…伊400型潜水艦は約2886万だそうです(某知恵袋より)。
どうなんだろう…。
費用はかかるかもしれないけど使えない事はないのでは…。
油って水に混ざらないですし。
時間も経ってるし、また同じような用途では使えないだろうけど、別の用途とかで…。


えぇ、短刀のようですw
剣闘士のサブ的な剣のようですね。


炎も吐けるし、ラスターカノンも撃てるし、岩も投げられるしw
結構色々できそうですねw
あぁ、そういえば、ほのおも吐けましたね…ヤドランやヤドキングはエスパータイプが入るから中々芸達者ですねw


コメント、ありがとうございました〜!

|

« 桜と熱帯 | トップページ | 花と粉が舞う季節 »

コメント

体が痛いとなると風邪っぽいですね。
そう言う自分も花粉症です。

新しい戦艦ですか。
少しだけ空母のような機能もあるって事でしょうか?
まぁ物騒な事には変わりないですし波紋も仕方ないか。

フェラーリに期待がかかっているのですね。
F1以外の分野でもライバルかw

ツケが回ってきた感じでしょうか...。
なんかに使って費用を補ってほしいですねぇ。

ほのおを吐けるみずタイプって貴重ですね。
オクタンはほのおに限らずなんでも吐けますけどw

投稿: 蒼蟲 | 2015年3月31日 (火) 14時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 受け継がれし魂:

« 桜と熱帯 | トップページ | 花と粉が舞う季節 »