« 鉄が沈む | トップページ | 受け継がれし魂 »

2015年3月30日 (月)

桜と熱帯

1日中ゴロゴロ。
まだ調子は戻らない。

うーん、普通に風邪かなー。
1日中ゴロゴロしてたのは、調子そんなに良くないってのもあったんだけどね。

そういや、うちの近所は桜が満開くらいまできているらしい…。
何か早いな?







F1。
マノーのウィル・スティーブンス、フリー走行3回目に発生した燃料システムのトラブルが回復できず、決勝を欠場。
スティーブンスの受難はまだまだ続く…?


さて、マレーシアGP決勝です。

予選に引き続き、解説にハミーさん。
落ち着いた声の解説が聞けるの良いですねw


ペトロナス旗が揺れているスタンド。
そういや、マレーシアはメルセデスのタイトルスポンサーであるペトロナスのホームですね。
メルセデスのファンも多そう。


…あ、上半身裸男だw


路面温度高い!らしい。
56℃…とか。


バトンとアロンソのマクラーレン勢がハードタイヤスタート。
フォーメーションラップ、メルヒが何だか遅いな…。
トラブルとかじゃなくて、メルセデスみたいにペース遅くしないとタイヤに熱入らないとかか?


シグナルがブラックアウト!
ハミルトンが良いスタートを切った!
ベッテルは若干鈍いスタート。
ロズベルグをブロックしにかかっていますね…。

1コーナー!
ちょっとボッタスはポジショニングが悪かったのか、後退。
マッサがクビアトをかわして6番手か!

おっと、エリクソンとフェルスタッペンが接触!
更に、無線!
マルドナドがパンクした!
右のリアタイヤがパンクしていますね…1コーナー、2コーナー辺りでボッタスが突っついてたみたいです。


2周目、ライコネンにもパンクが!
こちらは左のリアタイヤだ…あ、タイヤが吹っ飛んだ。
ナスルとサインツJr.が接触していたようで、それにライコネンが巻き込まれた感じだろうか?
ライコネンも不運が続くなぁ…。


3周目、ナスルがピットイン!
…あ、交換用のタイヤがころりんしたwww
少しタイムロスですね…。
そして、ライコネンもピットイン。
マシンは大丈夫なのでしょうか?


4周目、ヒュルケンベルグ対エリクソン!
1コーナーでエリクソンがヒュルケンベルグに仕掛けた!
…あ、膨らんだ。
そのままコースオフしてスピン。
あらら、リアタイヤがグラベルにハマってて動けない。
これはリタイアですな。

そして、セーフティカー!
一斉にピットインし始めました…選択されるタイヤはハードとミディアムで分かれている模様。
メルセデス勢はハード、先頭争いをしているベッテルはミディアムか。


7周目、ベッテルがトップでリスタート!
マッサ無線!
…なに、トラブル?!
パワーがない?!

…あ、大丈夫そう?

そのままマッサ対ロズベルグ。
抜いて抜き返しての展開は面白い。
たとえDRS使っててもね。

ヒュルケンベルグって2番手だったのかー。
やるなぁ。


14周目、トップ争いを目指すメルセデス勢。
ハミルトンがようやくトラフィックを抜けられたのに対して、ロズベルグはまだ後2台抜かないとトラフィックを抜けられない状況。
ロズベルグは置いて行かれているな…。
マッサの後ろか前かで状況変わったんだろうなぁ。

…あ、マッサがリチャルドをかわして7番手だ。
順位回復しつつある。


15周目、マルドナドにペナルティ!
セーフティカー中にスピードオーバーしたようです。


17周目、再びバトン対ペレス!
この2人は良くバトルするねぇ…。

お、13番手のライコネンがファステスト!

そしてトップのベッテルがピットイン!
タイヤ交換時間2.4秒、と早いタイムですね…。
順調そうです。

…あ、レッドブル同士のバトルだ。
前クビアト、後ろリチャルド。


21周目、無線でメルセデスは2ストップを狙っているらしいと発覚www
元々タイヤには厳しい方だし、大丈夫なのか?

…アロンソ無線!
マシントラブル発生!


22周目、ベッテルがロズベルグをかわした!
これで2番手だ!

アロンソ、ガレージへ戻ってきてリタイア。
復帰戦、完走したかっただろうなぁ。
しかも、上手くいけばポイント取れただろうし。。

リチャルドがブレーキすると、タイヤから黒いカスが噴出。
ブレーキが高温になっているんだろう。
チームのミスかな?


25周目、バックストレートでベッテルがハミルトンを捉えた!
そのハミルトン、ピットイン。
ベッテルに勢いがありますね…。


26周目、2コーナーでクビアトとヒュルケンベルグが接触!
クビアトが盛大なスピン!
…どちらにも目立った外傷はなさそう?

そういや、クビアトもブレーキング時に黒いカスが出ているな…。
ん、リチャルドはフロントウイングにもダメージか?

おっと、ペレス対グロージャン…。
あ、何か怖いな…って、やっぱ接触!
ペレスがグロージャンのリアタイヤを突っついた!
グロージャンが盛大にスピン!
復帰はしたけど…グロージャン激おこ!

ハミルトンがペース上げてるけど、ベッテルとの差はまだまだ。
これ、ベッテル優勝あるで?


34周目、フェルスタッペン対ボッタス
フェルスタッペンのディフェンスが粗いwww
なんか恐いぞwww
ボッタスはスペースの空け方もベテランっぽいな…。
攻めてはいるけど、様子を見ながらチャンスを窺っている感じ。


36周目…
「リチャルドが入ります。」
「ん、出ます。」

バトンが10番手…上手くいけばポイント取れるで!

ヒュルケンベルグにペナルティ確定か…。
まぁ、クビアト引っかけたからな。
ペレスとグロージャンの件は審議?

…あ、ペレス、ペナルティ確定してたか。
10秒ストップペナルティを消化していますね。


38周目、ベッテルがピットイン!
フェラーリはたまーにピットでやらかすから、慎重に…タイヤ交換は3.0秒。
ロズベルグの前、2番手て復帰。
解説陣も固唾を呑んで見守る一瞬でした。


39周目、ベッテルに代わってトップだったハミルトンがピットイン!
3番手でコースへ復帰。
さて、ベッテルを追えるのか?

マッサがピットイン!
…あー、遅れた!
左リアタイヤの交換が遅かった!
約2秒は遅れたね…。


41周目、フェルスタッペンがピットイン…って、勢い余って芝刈り。
グラベルも整地したようですw
危ない危ないw

バトン無線!
ロスパワー!
マジか、トラブルか…。


44周目、バトンがガレージへ戻り、リタイア。
マクラーレンはダブルリタイアとなりました。

ベッテル無線。
「ブルーフラッグ、ブルーフラッグ、ブルーフラッグ♪」
楽しそうだな…おいw
前にはバトル中のヒュルケンベルグとマルドナドがいる場面でした。

…気付いたらライコネンが4位やwww
メルヒがまだ1周しか周回遅れになってない。


53周目、メルヒがいつの間にか3周遅れになってた。
それとも、44周目の時見間違えたのかな。。

古巣であるレッドブルをかわしていくベッテル。
レッドブルが周回遅れにされました。

マッサ5番手、ボッタス6番手。
接近していますね…。
スタッフからするとチームメイトバトルは「やめて欲しい」もの。
メカニックからすると、「エキサイトする」もの。
そりゃあ、メカニックは自分の担当ドライバーに少しでも前にいて欲しいものですよね。


56周目、ファイナルラップ!
マッサ対ボッタス!
ギリギリのホイール・トゥ・ホイールバトル!
最後のDRSゾーンを凌いだな…後もうちょっと…。

あー!!
ちょっとミスった!
抜かれた!
惜しい!

他にもトロロッソとかレッドブルとかチームメイト同士で並んでいる所あったけど、特にバトルにはなってないみたいね。

ベッテル、フェラーリ移籍後初の優勝!
ベッテルは2013年最終戦ブラジルGP以来の優勝です。
フェラーリにしても、2013年スペインGP以来の優勝。
ベッテル無線。
イタリア語だ…www
そして叫ぶwww
めちゃめちゃ興奮してるwww

降りてからもフェラーリ旗を振りながら跳び跳ねていますね!

表彰台でトロフィを上に放り投げるベッテルwww
そしてEJ…エディ・ジョーダンがインタビュワーかwww

インタビュー終わって表彰台に座るベッテル。
インタビューを終えたハミルトンも座ったwww
なんだ、このパブみたいなのwww


次戦の中国はロズベルグ初勝利の地。
今年はハミルトンに後れを取っているように見えるから、「隣の人を負かす」勢いを見せて欲しいものですね。

この後、BSには映らなかったけど、ベッテルにインタビューが戻った時にジョーダンも座るのでしたw
集団でたむろしてる不良の集まりみたいだぞwww
そしてロズベルグは座れず、ハブになる、とwww


優勝はセバスチャン・ベッテル/フェラーリ
2位はルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
3位はニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
4位はキミ・ライコネン/フェラーリ
5位はバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ
6位はフェリペ・マッサ/ウィリアムズ
7位はマックス・フェルスタッペン/トロロッソ
8位はカルロス・サインツJr./トロロッソ
9位はダニール・クビアト/レッドブル
10位はダニエル・リチャルド/レッドブル

ここまでがポイント獲得。

11位はロマン・グロージャン/ロータス
12位はフェリペ・ナスル/ザウバー
13位はセルジオ・ペレス/フォースインディア
14位はニコ・ヒュルケンベルグ/フォースインディア
15位完走扱いはロベルト・メルヒ/マノー

リタイアは…
パストール・マルドナド/ロータス
ジェンソン・バトン/マクラーレン
フェルナンド・アロンソ/マクラーレン
マーカス・エリクソン/ザウバー




ドライバーズランキング。

1位:ハミルトン/メルセデスAMG(43Pt)
2位:ベッテル/フェラーリ(40Pt)
3位:ロズベルグ/メルセデスAMG(33Pt)
4位:マッサ/ウィリアムズ(20Pt)
5位:ライコネン/フェラーリ(12Pt)
6位:ナスル/ザウバー(10Pt)
7位:ボッタス/ウィリアムズ(10Pt)
8位:リチャルド/レッドブル(9Pt)
9位:ヒュルケンベルグ/フォースインディア(6Pt)
10位:フェルスタッペン/トロロッソ(6Pt)
11位:サインツJr./トロロッソ(6Pt)
12位:エリクソン/ザウバー(4Pt)
13位:クビアト/レッドブル(2Pt)
14位:ペレス/フォースインディア(1Pt)
15位:バトン/マクラーレン(0Pt)
16位:グロージャン/ロータス(0Pt)
17位:メルヒ/マノー(0Pt)
18位:マルドナド/ロータス(0Pt)
19位:アロンソ/マクラーレン(0Pt)
20位:マグヌッセン/マクラーレン(0Pt)
21位:スティーブンス/マノー(0Pt)


コンストラクターズランキング。
1位:メルセデスAMG(76Pt)
2位:フェラーリ(52Pt)
3位:ウィリアムズ(30Pt)
4位:ザウバー(14Pt)
5位:トロロッソ(12Pt)
6位:レッドブル(11Pt)
7位:フォースインディア(7Pt)
8位:ロータス(0Pt)
9位:マクラーレン(0Pt)
10位:マノー(0Pt)


2戦目にして、早くもメルセデスの優勝を阻止!
しかも、名門・フェラーリが止めた!
今年もメルセデス圧勝だと思っていたから、残りのシーズン少しは楽しめるかも?

今年も今の所だとウィリアムズはメルセデスには挑戦できなさそうだなぁ…。

ロータス、シーズン前の期待に反して、未だノーポイント。
不運もあるんだけどね。

トロロッソがレッドブルを上回っている…。
そしてフェルスタッペンはおそらく、F1史上最年少でのポイント獲得になったかと思います。
開幕戦でのポイントは逃したものの、これは快挙ですね!

マクラーレンとフォースインディアはまだまだ道のり長そうですね。
マクラーレン、ポイントならぽろっと取ってきそうなんだけど。

マノーは結構頑張ってたな…w







続きから、コメント返信!



蒼蟲さん:今日も一日ゴロゴロ。
それでも治らんのは…もしかして、花粉症?


当時は後先の事考えられないでしょうからね。
戦争なんてそんなものかと。
地雷や不発弾の問題と同様ですね。
記事にはアメリカ軍の沈没艦船にまつわる事例が載ってました。
ミクロネシア連邦のヤップ島近海で撃沈されたタンカー(回天によって撃沈されたらしい)から油が漏れ出した事故があったようで、アメリカ政府が油の抜き取りを行った模様。
この1回だけだよ、との約束の元行われたそうですが、約7億円がかかったとか…。
サルベージ自体にも費用かかるし、その後の解体費とか処理費も凄そう…。
勿論、船体が壊れて油や搭載されている爆雷等に含まれる有害物質が漏れ出すとかっていうリスクも…。


全国的に調子悪かったみたいです。
三菱のテレビに多く出ていたとか…今は大丈夫みたいですね。
ベッテルは良い時期にフェラーリに移籍したかも?
まぁ、アロンソが離脱しなければ加入はできなかったでしょうから、全てがハマったかも?
まだ赤いスーツのベッテルは見慣れませんが…w


重いからな…w
クリムガンはスマブラとかに出たら映えるポケモンかもw
ポッ拳とか…w
つ【バブルこうせん】
ヤドラン及びメガヤドランの主力わざとして人気高そうですね…。
範囲の広いれいとうビームも好まれていそう。
ヤドキングにももしかしたら採用されるかも…?


コメント、ありがとうございました〜!

|

« 鉄が沈む | トップページ | 受け継がれし魂 »

コメント

今は結構花粉も多いようですね。
花粉症と思ったら風邪って事もあるので安静に。

ベッテル優勝じゃないですか。
移籍した選手のユニフォームが見慣れないってよくありますねw

7億か...それぐらいの事をしてしまったと言う事でしょうか。
流石に沈没した艦の油はもう使えませんよね...。

書き忘れてたけどグラディウスって短刀なんですね。
剣闘士の剣だから大剣だと思ってました。

ドラゴンの中では対戦ゲーム向きの体型ですねw
ヤドランやヤドキングと言えばれいとうビームだけでなくかえんほうしゃやだいもんじも覚えますね。
一致火力が無い分器用ですね。

投稿: 蒼蟲 | 2015年3月30日 (月) 16時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桜と熱帯:

« 鉄が沈む | トップページ | 受け継がれし魂 »