« 守護のツインタワー | トップページ | 新たな幕開け »

2015年2月 9日 (月)

水上と樹上の戦い

昼過ぎまで寝てからの行動、休日の安定の過ごし方ですね…。


…あ、冬イベは何とかボス撃破できるくらいになってます。
道中支援も入れているってのもあると思うけど、以外と安定している…ように思える。

道中の戦艦2隻を凌げればいける…。
フラッグシップとeliteの組み合わせでも怖いのに、フラッグシップ×2は怖い怖い。






世界遺産!

ペルー!!
マヌー国立公園!!

アンデススペシャルでも登場した、サル達の楽園。
四国くらいの面積があるとか。
川を船で7時間進んでようやくアマゾンの源流の一つ、マヌー川へ。
この流域にあるのがマヌー国立公園。

…おっ、カピバラが住んでいるのね。
クロカイマンってワニも生息しているぞ。

そして、全長2mにもなる世界最大のカワウソ、オオカワウソも生息。
彼らは家族で行動するらしい。
家族による共同の狩りか…好物はピラニアでした。
美味しいらしいしねぇ。
1日4kgもの魚を食うのかw
そんな彼らの天敵はクロカイマン。
子供を狙って襲ってくる事もあるそうで…お、この家族は家族総出で応戦して撃退した。
アマゾン最強と言われるオオカワウソは逆にクロカイマンを襲うこともあるとかw
クロカイマンと並んでも体格は劣ってないからな…。
オオカワウソは縄張りが広いらしいけど、大食漢だし、家族で暮らしているからなんだろうね。
そんな彼らも毛皮を狙われて乱獲され、個体数が激減。
家族で行動しているから、一網打尽にされてしまうんだろうね。
…あ、オオカワウソは川から離れた湖に住んでいたのか。
元々川だった場所が取り残されて、三日月湖になった部分が彼らの住み処。
ここには魚も取り残されているようですし、餌にも困らないんだろうね。


クスコにはマヌーへ行くエコツアーが沢山存在しているらしい。
車でアンデスを越えて船でマヌーへ行くというルート…片道14時間くらいw
ほう、大自然の中にロッジあるのか…でも、ここってジャガーがいたようなw
訪れるのにも時間かかるからなのか、7泊8日が主流だとか。
食事は素晴らしいw
マスのソテー…美味しそう!


ティミクワ…ってクワの仲間か?
サルの好物らしいけど…皮を剥いたら赤い果実が。
…あ、甘いんだなぁ。
ここでアカホエザルが登場。
樹上をうろうろ。
続いて、シロガオオマキザルにクロクモザルと登場。
皆尻尾が長い種類よね。
ここにはサルは13種も生息しているらしい。

アカホエザルは体長程もある尻尾で枝にぶら下がれる。
母親は子供に尻尾を巻きつけて命綱代わりにもするらしい。
彼らは葉っぱが主食みたいですね。

フンボルトウーリーモンキーは虫も食べるそうで。
木の幹に巣を作ったシロアリを食ってました。

ボリビアリスザル、リスザルと言えば、みたいなリスザルである。
細い枝にも行けるから、花の蜜や果実を食べられるようだ。

食べ物の違いが13種の共存を可能にしています。
まぁ、結局はそこなのよね。

今度はセマダラタマリンがいます。
体長20cm、可愛いなぁ。
彼らの群れには別種のエンペラータマリンが混じってました。
鼻の下の白いヒゲのような体毛が特徴ですね。
小さいけど威厳がありますw
別種が混ざっていると、食べ物を見つけやすくなり、外敵にも襲われにくくなるとか。

オオハシノスリVSセマダラタマリン、樹上の対決!
タカ対サル軍団。
成程、鷹の巣を狙って攻撃を仕掛けているのね。
タマリンは卵も食べるそうなので、こうして猛禽類も相手にするそうだ。
エンペラータマリンも攻撃に参戦!
…オオハシノスリはなんとか巣の防衛に成功したようだ。


再びクスコ。
サンペドロ市場を覗くと、フルーツをジュースにしてくれるみたい!
ペルー原産のルクマという果物が一際目立ちますね。
ビタミン、鉄分、食物繊維がたっぷり入っているという。
健康に良さそうだな…!
皮を剥くと粘り気のある黄色い果肉でした。
これ、インカの神話にも登場するんだそうな。
ココアやチョコみたいな甘さと濃厚さを持ったジュース…これは飲んでみたい!


11月は雨季、子育てシーズン。
食料が豊富だからみたいね。

…おっ、ジャガーが寝てる。
しかも、妊娠したメス!
ハッとした感じ、可愛いwww
木の枝にはツメバケイ!
南米特有の鳥だそうです。
トサカとか中々ユニーク。
サル達も子育てシーズン。
ダスキーティティというサル。
タマリン系の小柄なサルやね。
両親と子供の3匹で暮らすそうです。
で、このサルの特徴は父親が育児に積極的に参加する事だそうだ。
何故父親が参加するかというと、子供が生まれた時点で親の半分程の大きさだからだそうだ。
母親だけでは育児を続ける体力がもたない為、父親が手伝うのだとか。
父親がずっと子を背負っています…かなり体力使うんだろうなぁ。
背負ったまま枝から枝へジャンプ!
イクメンダイブwww


最後は森に訪れた夕日。
夕日に照らされたマヌー川も。
そして、現地の子。後ろに青いバナナがありますね。







続きから、コメント返信!



蒼蟲さん:今回、難しい順に甲乙丙って難易度が選べるんですが、乙で十分難しい…。
甲は格段に難易度が高い…とか。
まぁ、期間中も鍛えないといかんのですがね、資源ががが。。
制空をある程度握っておかないと重巡や戦艦が連撃とか弾着観測射撃といった高ダメージが期待できる攻撃ができなくなりますので…。


サトシは天然リア充…。
フクジさんのゴーゴートとか色々出てきたんだけどなぁ。
サトシ達のポケモンでも良かった訳だしw
ヤンチャムはちょい悪でしょうからねw
頭を撫でられるとニヤけちゃうし。


そうか、サラダとご飯も一緒にはたべないのかー。
タコライス、結構食べるんです?


最初から自滅しましたっけw
全く覚えてない…w
たまに意図的ですよね…w
ほう、メガガブリアスは砲撃したいタイプ…w
元が強いし、運用方法ががらりと変わるし…中々に辛いですね。


コメント、ありがとうございました〜!

|

« 守護のツインタワー | トップページ | 新たな幕開け »

コメント

ネギタレ提督頑張ってますな。
今は倒産しちゃったけど「フラグシップ」ってゲーム会社がありましたね。

スタフォ64にカイマンって言うワニのキャラがいました。
彼ならカワウソに襲撃されてもおかしくないな。

以前はタコライスよく食べてたんですけど最近は食べないですね。
気が向いたらまた食おうかな、なかなか美味いですよ。

ダイパの時点から自滅するので捕獲が難しいと言われてました。
今はギルガルドにみねうちを習得させれば自滅は防げますね。
眠らせるのがちょっと難しいですけど。
まぁ元が強すぎただけでメガも悪くないですよ。
ドラゴンと言うよりはじめんタイプとして扱った方がいいかもですね。

投稿: 蒼蟲 | 2015年2月 9日 (月) 14時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水上と樹上の戦い:

« 守護のツインタワー | トップページ | 新たな幕開け »