« 華の南雲 | トップページ | 新たな舞台着々 »

2014年12月 7日 (日)

服も含めて

うおぉ…これは寒い。
真冬の寒さだね、こりゃ!
ここ数日、綺麗な夕焼けが見られているけれども…。
綺麗だったり、不思議だったりする夕焼けを見ると、改めて冬だなぁ…と思う。







F1、2015年ラインナップ。

メルセデスAMG
No.44 ルイス・ハミルトン/イギリス
No.6 ニコ・ロズベルグ/ドイツ

ラインナップに変わりなし。
2015年もこのコンビで白熱したバトルが行われるかもしれません。
ハミルトンはチャンピオンだけが使えるカーナンバー1を使わない方針のようだ。


レッドブル
No.3 ダニエル・リチャルド/オーストラリア
No.26 ダニール・クビアト/ロシア

ベッテル離脱により、トロロッソからクビアトが昇格。
同じく、トロロッソからの昇格組であるリチャルドとコンビを組みます。


ウィリアムズ
No.77 バルテリ・ボッタス/フィンランド
No.19 フェリペ・マッサ/ブラジル

こちらも変化なし。
クレバーで優れたスピードを持つボッタスにワールドチャンピオン争いもした経験豊富なマッサ。
チームにとって理想のコンビなのではないでしょうか。
フィンランド人と組むのは2度目のマッサ。2人の仲は中々良好なようで…。
リザーブドライバーだったフェリペ・ナスルが離脱した代わりに、テストドライバーだったスージー・ヴォルフがリザーブドライバーに昇格しています。


フェラーリ
No.7 キミ・ライコネン/フィンランド
No.5 セバスチャン・ベッテル/ドイツ

離脱したフェルナンド・アロンソに替わり、レッドブルからベッテルが移籍。
2年連続チャンピオンコンビでのシーズンとなります。
それと、チーム代表が交代。
元フェラーリ北米CEOだったマルコ・マティアッチに替わってマウリツィオ・アリヴァベーネが就任。
彼はフェラーリのスポンサーであるフィリップモリスのマーケティングプロモーション部門で上級職を務めていたようで、サッカーのユベントスにおいては社外取締役。また、F1委員会の全スポンサーを代表している人物でもあるとの事。フェラーリとマールボロのスポンサーシップを取りまとめたのも彼なのだとか。
当然の事ながら、F1のボス、バーニー・エクレストンを良く知っているようだ。
結果的に、マティアッチの在任期間は7ヶ月だけでした。


マクラーレン
未定
未定

パワーユニットメーカーにホンダを迎え入れ、マクラーレン・ホンダとなる2015年。
まだ発表はありませんが、アロンソが加入すると見られています。
チームメイトは今年のドライバーであるジェンソン・バトン、ケビン・マグヌッセンのどちらか、はたまた別のドライバーという説も…。
12月に入ってから決定すると伝えられており、1週目の取締役会で決められると見られていたが、決定せず。2週目以降に持ち越しとなっています。
また、長年テスト兼リザーブドライバーを務めていたゲイリー・パフェットがチームを離脱しています。


フォースインディア
No.27 ニコ・ヒュルケンベルグ/ドイツ
No.11 セルジオ・ペレス/メキシコ

こちらもラインナップの変更はなし。
高い評価を得ているヒュルケンベルグとカルロス・スリム率いるテルメックスから支援を受け、タイヤマネジメントにも定評のあるペレス。
何気に安定したコンビなのかもしれません。


トロロッソ
マックス・フェルスタッペン/オランダ
No.55 カルロス・サインツJr./スペイン

ルーキーを採用する為、今年のドライバーであるジャン=エリック・ベルニュの続投が噂されていたが、ベルニュが離脱を発表。これにより、スペイン人のサインツJr.がシートを獲得しています。
サインツJr.の父は世界ラリー選手権で活躍し、ダカールラリー優勝者のカルロス・サインツ。
一方のフェルスタッペンの父は1994年〜1998年、2000年〜2001年、2003年に活躍していた元F1ドライバーのヨス・フェルスタッペンである。
ニコ・ロズベルグと中嶋一貴を有していたかつてのウィリアムズみたいに2世ドライバーコンビである。
後、サインツJr.は父親とはカテゴリーが違うから「Jr.」ってつけないでって言ってます。
多分、エントリー名はカルロス・サインツになると思われる。


ロータス
No.8 ロマン・グロージャン/フランス
No.13 パストール・マルドナド/ベネズエラ

来年、パワーユニットを長年使用してきたルノーからメルセデスに変更するロータス。
燃料もトタルからペトロナスに変わりますが、トタルの支援を受けるグロージャンが続投。結果的にラインナップに変更はなし。


マノー
未定
未定

元マルシャ。
2015年の暫定リストには掲載されていたものの、ほぼ復帰は絶望的です。
日本GPで負傷したジュール・ビアンキはまだ回復中。一度シートを失いかけたマックス・チルトンは将来に向けて動いている事でしょう。
チーム名は2010年にヴァージンとして参戦する前に登録していた名称と同じようだ。


ザウバー
No.9 マーカス・エリクソン/スウェーデン
フェリペ・ナスル/ブラジル

今年のエイドリアン・スーティルとエステバン・グティエレスからドライバーラインナップを一新。
ケータハムからエリクソンを、ウィリアムズからリザーブドライバーを務めていたナスルを迎え入れました。
両ドライバーとも資金豊富なスポンサーを持っており、ナスルの発表の際はそれと共にブラジル銀行とのスポンサーシップも発表している程。
スーティルもスポンサー持ち込んでいた筈だし、グティエレスはペレス程ではないにしてもテルメックスの支援を受けている筈。
でも、更に資金力のあるペイドライバーを起用しなければならない程、財政状況は逼迫しているようだ。
尚、トロロッソのフェルスタッペンにも言える事だが、ナスルのカーナンバーはまだ決定されていないのか、公表されていないのか…。


ケータハム
未定
未定

アブダビGPで復帰したが、2015年も続けて参戦できるかは今後次第。
最終レース後の話では、チームの管財人で暫定チーム代表のフィンバー・オコンネル氏曰く「今後3週間が勝負」との事。
今年のレースドライバーを務めたエリクソンは既にザウバーと契約。
アブダビGPで離脱したエリクソンに代わって出走したウィル・スティーブンスはチームに気に入られたようだが、チームが存続しなければ別の道を探さなければならないだろう。
小林可夢偉は将来に向けて活動中。
スーパーフォーミュラのエンジンメーカー兼ルーキーテストに参加するとの事なので、状況次第では国内レースに参戦、という事も…。







続きから、コメント返信!



蒼蟲さん:遂に、Wii U版も発売ですね!
まだソフトも買ってないけど…。
8人対戦はステージが広くてもカオスそうですねぇw


うん、今作はメンバーをどうするか決めあぐねているのもあって、レベル上げする人数が少ないので、割と早いです。
まぁ、前回育てたいのかなり育てちゃったし…。


6年後もこのままですかw
今よりも症状が軽くなっていると良いですね…もっと、自由度増えるでしょうし。


揚陸艦とか工作艦とか持ってない艦種もありますw
駆逐艦は特に数が多いので、割とあれもこれもとかやってるとあっという間に人数が…w
実際の各艦種がどんなもんなのかはマジでWikiとか見た方が良いw


コメント、ありがとうございました〜!

|

« 華の南雲 | トップページ | 新たな舞台着々 »

コメント

冬の夕焼けか、いいな。

カーナンバー1ってチャンピオンでも使うのに気が引けたりするんでしょうか?

8人で戦えるってだけでもだいぶ違いますね。
3DS版よりも断然気に入りました。

それはそれで寂しい話ですね。
クリア後とこかにも育成するつもりはないんですか?

ああ、そっちの事ですか。
どうなんでしょうね?w

駆逐って言うからにはアタッカーなのでしょうな。
守備に向いたキャラも出てくるんだろうか。

投稿: 蒼蟲 | 2014年12月 7日 (日) 15時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 服も含めて:

« 華の南雲 | トップページ | 新たな舞台着々 »