« おそろしあ | トップページ | 堂々行進曲 »

2014年11月 3日 (月)

西部の暴れ馬

起きたのは夕方…3連休中唯一の休みが…。
録画したビデオ観て終わり、ですね。
録画したポケテレ!観て、今日の世界遺産観て、録画したWTCC鈴鹿観て。

さて、明日は朝から晩までか…。
なんで赤い日だというのに朝早くから日付変更近くまでいるんだろう…。
なんだろうね、自分の時間なんてないよね。







F1アメリカGP!!

ケータハムとマルシャの欠場を受けて、予選方式が変更されました。
予選は今まで通り3部構成。
だけど、ノックアウトするのはそれぞれ4台に減りました。
なので、Q1では18〜15番までが決まり、Q2では14〜11番までが決まります。


バトンはギアボックス交換により、5グリッドダウンペナルティを受けました。
規約ではギアボックスを6戦連続使用しなければならないのですが、様々な理由で持たないことが多いので、このペナルティが多く見受けられるんですよね。

そして、ベッテルがピットレーンスタートとなります。
6基目のパワーユニット使用する為、予選に出走してペナルティを受けるのではなくピットレーンスタートを選択するとの事。
新しいパワーユニットでの走行距離をセーブする為なのだとか。
ブラジルとアブダビの2戦でより良い状態のパワーユニットを使おうという事でしょうね。

…結局、予選Q1には出走するみたいです。
ファンの為に1、2周するみたいで…。


解説は松田次生さん!

ベッテル、クルーと談笑していますね…。

観客トリオのユニオンジャックシャツwww

近いからか、メキシコの旗も揺れていますね。
今の所、母国レースがないペレスとグティエレスにとって、ホームといっても良いレースとなっています。


そして、クビアトがエンジン交換で10グリッドダウンペナルティを受ける事になっていますね。


Q1
開始直後からペレスをはじめ、続々とマシンがコースへ入って行きます。
ロズベルグも早速向かうみたいですね。
フォースインディアはソフトタイヤを使っているようだ。

メルセデスとウィリアムズはミディアムタイヤでも速いなぁ。
そして、まずはハミルトンがトップタイム!
タイヤロックさせたようだが…。
タイヤロックさせた前後のハミルトンのオンボードリプレイ。
タイヤにだけサーモ映像が…w
何だか奇妙ですねw

残り11分切って、ベッテルがコースへ!
ソフトタイヤでアタックするようです。
これで107%タイムをクリアしておいて、後はパワーユニットを温存、ピットレーンスタートを行うという事でしょう。
ベッテル、9番手!
どの位置で終えてもピットレーンスタートは変わらないとは言え、そこそこちゃんとしたアタックでしたね。
ファンに向けて、のものなのかもしれません。

ロズベルグがセクター1、セクター2全体ベスト…!
そして、トップタイムを記録!

残り6分を切って、リチャルドがアタックへ。
こちらもソフトタイヤですね…。
5番手タイムを記録しています。
14番手だったライコネン、ソフトタイヤでアタックして、5番手タイムだ。
…おぉw
マルドナドが4番手にきたwww

グティエレスが11番手タイム!
ヒュルケンベルグは10番手だ!

ハミルトン、ソフトタイヤでラストアタック!
ここでロズベルグを上回り、トップタイムを記録!

ウィリアムズもソフトタイヤでラストアタックですね!
マッサ、2番手!
…でも、やっぱりメルセデス勢速いわ。
ロズベルグはトラフィックに引っ掛かったのか、ラストアタックをやめました。

…ん?
国際映像に映った人…誰?

マルドナドは8番手、中々良さそうです。
おっと、現在18番手のグロージャンが少しコースオフ!
このミスは痛い!
4輪がコースから完全に出てしまっているし、タイムロスもしているぞ!

スーティルが10番手!
ヒュルケンベルグは12番手!
クビアト、13番手!
グロージャンは結局18番手、最後尾でレースをスタートする事になりました。

レッドブルガレージにキアヌ・リーブスがいますね。
午前中にはウィリアムズガレージにファン・パブロ・モントーヤがいたみたいですね。


でっていうGLAのCMだw


Q2
やっぱりメルセデス速いわ。
ロズベルグ、中古タイヤで1分37秒099!
ハミルトンも37秒台に入れてきてますね…。
ロズベルグはアンダーステアが強いと訴えてるのにこのタイム。
一方のハミルトンはバイブレーションが起きていた。
マシンが決まってないのにこの速さとは…。

残り4分、各車ラストアタックへ向かいます。
ペレスのアタックをオンボードで!
ペレス、Q3進出圏内となる10番手!
かなり限界までプッシュしているように見えますね。

マッサがセクター2全体ベスト!
続いて、ボッタスがセクター2全体ベストだ!
マッサは3番手、ボッタス4番手!
ウィリアムズはセクター3苦手みたいですね。

ロズベルグが新品ソフトタイヤでアタックを開始しました。
レーススタートはQ2最速タイムを出したタイヤでスタートする為、新品タイヤでタイム更新しておかないと辛くなります。
しかも、タイヤも温存しておかないといけない、大変な作業ですね!

さぁ、チェッカーですよ。
ペレスが10番手!
ロズベルグ、1分36秒290でトップタイム更新!
ヒュルケンベルグは11番手、Q2ノックアウト!
スーティルがタイム更新、10番手に飛び込んできたぞ!
これにより、ペレスがQ2で敗退だ!
…おぉ、マルドナドが11番手!
ここ最近低迷しているロータスにあって、中々のリザルト!
マルドナドは中々調子良いですねぇ。
クビアトは更新ならず、14番手だ。

スーティルの無線でガレージの喜びの声がw
スーティルもなんだか嬉しそうだ。
ザウバーは今季初めてQ3に進出しました!
マルドナド、ラストアタック中にリアが流れて、惜しくも10番手に届かず…。


Q3
リチャルドがまずはコースへ。
DRSを開けながらウェービングしとるwww

ハミルトン曰く、このサーキットはタービュランス(乱気流)を受けにくいから前のマシンについて行きやすい…との事。
へぇ〜そうなのかー。

ボッタスがセクター2全体ベスト…でも、後ろのロズベルグが速い!
ボッタスは1分36秒906、36秒台に入れてきました。
マッサが2番手に入っています。
ロズベルグ、1分36秒282でトップタイム!
ハミルトンが1分36秒443で2番手に入っています。
やっぱり、メルセデスが速い。

川井ちゃん「途中からになっちゃったかもしれませんけど」
「頭聞き逃しました」と同義かw

今の所、ロズベルグ、ハミルトン、ボッタス、マッサ、バトン、マグヌッセン、アロンソ、リチャルド、ライコネンの順。
スーティルはまだコースに出てきていません。

お、ニキ・ラウダとマリオ・アンドレッティが一緒にいたのかw
時代がほぼ同じだからなぁ。

残り3分切って、各車ラストアタックへ!
スーティルもコースに入りましたね!

メルセデス、見るからにセクター1はえぇ…あの切り返しが凄いシャープ。
セクター1はハミルトンよりロズベルグが速い!
ロズベルグ、セクター2も全体ベストで刻んでできています!

ライコネン、7番手!
ボッタスはタイム更新するも3番手のままだ。
ロズベルグ、1分36秒067、タイム更新だ!
マッサも4番手のままだ。
アロンソは6番手。
リチャルドが5番手に入った!
ハミルトンはタイム更新ならず、2番手のままだ!
マグヌッセンが7番手、バトンの前に出ました!
スーティルは10番手!
最後に来たのはバトン…7番手、マグヌッセンを上回った!


いつものメンバーやね。
ロズベルグとボッタス、ハミルトン待ち。
…あ、ロズベルグとハミルトンが握手してるわ。


徹子の部屋。
ハミルトンはブレーキが決まってなかった事に苦しんでいるようだ。
それがなくても、ロズベルグの方が速かったかも、と。


ポールポジションはニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
2番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
3番手からはバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ
4番手からはフェリペ・マッサ/ウィリアムズ
5番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル
6番手からはフェルナンド・アロンソ/フェラーリ
7番手からはジェンソン・バトン/マクラーレン
8番手からはケビン・マグヌッセン/マクラーレン
9番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
10番手からはエイドリアン・スーティル/ザウバー

11番手からはパストール・マルドナド/ロータス
12番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア
13番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/フォースインディア
14番手からはダニール・クビアト/トロロッソ

15番手からはジャン=エリック・ベルニュ/トロロッソ
16番手からはエステバン・グティエレス/ザウバー
17番手からはセバスチャン・ベッテル/レッドブル
18番手からはロマン・グロージャン/ロータス


バトンが5グリッドダウン、クビアトが10グリッドダウンなので、スターティンググリッドは…

ポールポジションはニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
2番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
3番手からはバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ
4番手からはフェリペ・マッサ/ウィリアムズ
5番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル
6番手からはフェルナンド・アロンソ/フェラーリ
7番手からはケビン・マグヌッセン/マクラーレン
8番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
9番手からはエイドリアン・スーティル/ザウバー
10番手からはパストール・マルドナド/ロータス

11番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア
12番手からはジェンソン・バトン/マクラーレン
13番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/フォースインディア
14番手からはジャン=エリック・ベルニュ/トロロッソ

15番手からはエステバン・グティエレス/ザウバー
16番手からはロマン・グロージャン/ロータス
17番手からはダニール・クビアト/トロロッソ
ピットレーンスタートはセバスチャン・ベッテル/レッドブル

になるかな?


そして、ザウバーが2015年のレースドライバーとして、マーカス・エリクソンと契約した事を発表。
一方で、ウィリアムズの代表、フランク・ウィリアムズが入院しているようです。。
褥瘡の治療…という事らしい。







続きから、コメント返信!



蒼蟲さん:あれ、そうでしたっけw
貴賓席があまりにも恐ろしい事になっていたのでね…www
割と黒い人達が集まってましたな、うん。
ツイッターで現在のソチの様子みたいなのが流れてきてたと思います。


…あ、あぁ、えーと、そうか。
幼なじみか。
そりゃあ、パンツ一丁じゃあなぁ…w
なに、肉襦袢的なものがあるのか?www


中古車はプレミアがつくらしいので、更に高いらしいですぜw
確か、宇宙旅行した人もいるとかいう話が…。
自分のチームを持てる事はやっぱり誇らしい事だと思います。
相応に大変ですがね…。
ウィリアムズは1975年から、ザウバーは1993年から参戦しています。
フォースインディアは2008年にスパイカーを買収して参戦を始めました。
ザウバーは2006年〜2009年まではBMWのワークスチームとして、BMWザウバーという名前で参戦していました。


プロレス団体とかでも結構「ドラゴン」の文字を見ますもんねぇ。
確かに、今までドラゴン・かくとうのポケモンがいないのは不思議な事だ。


コメント、ありがとうございました〜!

|

« おそろしあ | トップページ | 堂々行進曲 »

コメント

メルセデスって本当に強いんですね...。
でっていう効果...は無いか。

オイル系装備だったかな?
装備しても裸のままになりますw
肉襦袢ではありませんw

そこまで行くと車じゃなくて芸術作品だな...。
確かに誇らしい事ですね。
雷龍さんは可能なら持ちたいと思いますか?

ファイアーエムブレムのドラゴンについて調べてたら
「戦闘竜」って言うプロレス選手が出てきました。
いかなる分野でもドラゴンは強さの象徴ですな。

投稿: 蒼蟲 | 2014年11月 3日 (月) 15時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西部の暴れ馬:

« おそろしあ | トップページ | 堂々行進曲 »