« 黒海を臨む | トップページ | 西部の暴れ馬 »

2014年11月 2日 (日)

おそろしあ

起きた時はやっぱり眠いですね…。
今日は昨日よりはマシだったが…いやぁ…。








F1ロシアGP決勝!!

ビアンキを応援する旗がはためいている。
ドライバーがスタートラインに並んで、ロシア国歌タイム。
それから、ビアンキに敬意を表してドライバー全員で円陣組んでいる。
中心にヘルメットとかあるな…ドライバーの私物っぽい?


…ん?
グリッド紹介の時のヒュルケンベルグの画像、変わった?
こんなじゃなかったような。。


管制塔の中にはレースディレクターのチャーリー・ホワイティングと…え?ロシア首相?
首相なの?


上位勢はペレスがミディアムタイヤだ。
ペレスは異なるタイヤ戦略を働かせる事に定評がありますしね。
後方グリッドはマッサを含め、ほぼミディアムタイヤか。


シグナルがブラックアウト!
お、ロズベルグが良いスタート!
1コーナーは緩やかなコーナーなので、大丈夫でしょう…。
2コーナー!
ロズベルグが盛大にタイヤスモークを上げて飛び込んだ!
ハミルトンをかわしてトップになった!
…けど、続く3コーナーでコースオフだ!
盛大にタイヤスモークを上げた為、タイヤにフラットスポットを作ってしまったようです!

クビアト、ベッテル、リチャルドのレッドブル組が連なっています。
…おっと危ない。
リチャルドが危うくベッテルに当たりそうになりました。

ロズベルグここでピットイン。
フラットスポットができた事によって、振動するようになったからですね。
振動するとマシンに悪影響あるし、グリップとかもしなくなるし、手も痺れるし。
…おっと、マッサもピットイン。
これから沢山あるソフトで攻める作戦ですね。

ロズベルグはミディアムにチェンジ、これでチェッカーまでいくのでしょうか?
…あ、ベルニュは5番手にジャンプアップしていますね!


3周目、ベルニュとマグヌッセンのサイド・バイ・サイドのバトルだ!
ここはベルニュが前に出ました。
…が、DRSゾーンでマグヌッセンが再び前に!
マグヌッセンはこの時を待っていた感じですね。
ベルニュ、ベッテル、リチャルドに更にクビアトが加わって、レッドブル系のドライバーが全員連なりましたw

…お、マッサがファステスト!


7周目、ライコネンがクビアトをかわしてレッドブル系ドライバーの間に割って入りました。
ベッテル、リチャルド、ベルニュ、ライコネン、クビアトの順です。


9周目、ロズベルグは15番手、マッサは16番手を走行中。
マッサはひとまず、ロズベルグについていっているようです。


12周目、チルトンがマシントラブルでガレージに戻りました。
クルーがフロントサスの辺りを気にしているようなので、フロント辺りのトラブルみたいですね。
…チームの母国GPで、尚且つ唯一の出走だったのになぁ。
これは残念。。

2番手ボッタスと3番手バトンの間がかなり開いてるみたいですね。
マクラーレンはメルセデスはおろか、ウィリアムズにもついて行けていませんか。
これは厳しい位置関係ですね…。
後は、ロズベルグ次第かなぁ。


14周目、ロズベルグが12番手でマッサは13番手。
前にグティエレスがいますね。

…解説陣の無言時間が長い。

そして、ロズベルグとマッサがグティエレスをかわしてそれぞれポジションを1つずつあげています。


19周目、ロズベルグの無線。
もう少しペースを上げればバトンをかわせるようになる…という意味かな?
そしたら、ロズベルグがすぐにセクター1で自己ベストを叩き出しました!

ロズベルグがペレスをかわして10番手、ポイント圏内へ戻ってきています!


21周目、ここでクビアトがピットイン。
ミディアムタイヤにチェンジしました。
タイヤ交換時間は4.2秒か…。


23周目、バトンがピットイン!
ピットアウトすると…ロズベルグが前だ!
ロズベルグは見事にペースを上げて、バトンをかわしてみせました!


24周目、暫くピット表示だった可夢偉がリタイア。
そういや、プランCとかあったらしいな…。
C、とは?


26周目、アロンソがピットイン!
あ、タイヤ交換中にフロントジャッキが降りた…。
フロントタイヤが入ってないうちにジャッキ降りてるの…。。
…あ、慌てたのか、ジャッキアップした…。
タイヤの交換完了!
ジャッキ降ろしてさぁ、レースへ…って危なっ!!
ジャッキミスったと思ったのか、スペアのジャッキを持ったクルーが出動しかけた!
危ないよ!
アロンソ発進してたから!


…そういや、ソチってピットロード入り口がかなり狭いのね。
90度コーナーだし。


28周目、マッサが2回目のピットイン!
えーと、14番手かな?
前にいるのはペレス。
ペレスは抜きにくいんだよなぁ…。
なんか知らないけど、抜きにくいんだよなぁ…。

おっと、スーティルがスピン!
…でも、復帰。
スーティルはグロージャンをかわした時に接触したようです。
スーティルの右リアタイヤとグロージャンの左フロントタイヤが当たって、スーティルがグロージャンの目の前でくるりんぱしたみたい。
久々にグロージャンがやっちゃったようですね。


30周目、グロージャンとスーティルの件が審議。


31周目、ロズベルグがボッタスをかわして2番手にまで浮上!
…あ、かわす時、ボッタスを押し出してる。
厳しい攻めだなぁ。

ともあれ、これで最低限のリカバーはできた訳だ。
後はタイヤを持たせるだけになるでしょうね…。


あー…。
マッサはあかんなぁ…。
クビアトとペレスに引っ掛かってるわ…。


33周目、スーティルとの接触の件でグロージャンに5秒ストップペナルティ。
えーと、可夢偉はマネージメント側から止めるよう指示を受けてガレージに戻ったとか何とか。
特にトラブルとかじゃないけど、パーツのマイレージがなくなったから…。
とか…らしい。


35周目、ロズベルグがプランBに変更?
えっ…えっ…ファステスト出し始めました。

ザウバーピットにいるのは、金曜日のFP1に登場した、セルゲイ・シロトキン。


36周目、ペレス、そしてマッサがクビアトをかわしています。
クビアトは14番手にまで下がっていますねぇ…。
ん、エンジンモード変えろ、と指示があったようでですが…。

ロズベルグがまたファステストを出しました。
タイヤを使い切って、交換する気のなのでしょうか。


37周目、マッサ弟が日本に続きピットで観戦中。

クビアト対ヒュルケンベルグ。
クビアトが盛大にブレーキングスモークを上げてコースオフ!
ヒュルケンベルグにかわされています。


39周目、ここで遅ればせながら、プーチン到着!
バーニーとハグしています!
この2人、仲が良いらしいとも…。

ライコネンがグティエレスをかわして、9番手に上がりました。
グティエレスの後ろにペレスとマッサがいます。

…ほう、ロズベルグは最後まで行くらしい?
あんなに途中で飛ばしたのに、持つのか…?

川井ちゃん「ボッタスバトンかわすのめんどくさいですし。」
更にマグヌッセンもいるしね。


でっていうCM2回目。


45周目、貴賓席でバーニーとプーチンが何やら会話しています。
その前にパス?の贈呈もあったようで。
パワーユニットになって、音が小さくなってはいますが、耳元で話していますね。。

ペレスの無線。
エンジニア「お願いだから、燃料持たせてよ!」

…あれ、さっきペトロフ映ったのかぁ。
燃料持たせる関係のエンジニアに怒られた話とかやめて差し上げろwww


47周目、ボッタスがペースを上げてきています!
ボッタスもまだまだいけるようですね…あ、ロズベルグもセクター2で速いみたいだ。


49周目、ここでハミルトンが全体ベスト!
…あれ、ベッテルみたいにグランドスラム狙ってます?


50周目、今度はボッタスがファステストを記録!
やりますねぇ…。
…あ、メルセデスのピットウォールにペトロフがいたw

貴賓席にはFIA会長のジャン・トッドも登場。
プーチンの横にはロシア訪問中だったバーレーン国王もいますね…。
バーレーンでもレースしてますし。
つか、この辺り一帯の画のヤバさったら…www
所謂「ドン」ばっかりじゃないかwww
不良の集まりか何かか?www


52周目、更にボッタスがファステスト!
ボッタスがガンガン飛ばしています!

メモ:森脇さんはボッタス大好き。


53周目、ファイナルラップ!
…おぉ、ロズベルグがファステスト!
ロズベルグは今のタイヤで52周くらい走ったのにまだタイム出るのか!
これは驚きですね…。
いくら、タイヤがミディアムで、路面がスムーズで、しかもラバーが乗った状態とは言え…。
しかも、割とペース速いよ、メルセデスのマシンとは言っても、ファステストを何回も出している訳だし。

ハミルトン、ポール・トゥ・ウィン!
ロズベルグが2位に入ってメルセデスが2014年のコンストラクターズチャンピオンに決まりました!

ボッタスが3位表彰台!
そして、更にファステストラップを記録!
1分40秒台に突入しています!


表彰台にプーチン登場。
今回のプレゼンターである。
プーチンからハミルトンとメルセデスの最高経営責任者、パディ・ロウにトロフィが手渡される。
実はドライバー控え室にもプーチンとバーニーが訪ねてたりして。
ドライバー達は控室でも割と気が抜けなかったでしょうねw
控室でプーチンは3人と握手していたみたいです。

まず飲むボッタス。
流石に空気を読んで、プーチンにはかけないかぁ…w
…シャンパンファイト時にプーチンが退場しているけど、良く見ると、首を竦めているな。
これはすなわち、シャンパンぶっ掛けられてもOKというサインでは。
つまり、来年のロシアGPで再びプーチンが登場した場合はシャンパンファイトの犠牲に…ごくり…。

いやぁ、中々緊張感ある表彰式でありましたね!
…って、表彰台インタビュワー、誰やねんwww


ハミルトンはイギリス人における最多優勝回数でトップタイだとか。
ナイジェル・マンセルと並んでいます。

ウィリアムズのチーム代表代理、クレア・ウィリアムズが映ってる。
ボッタスはF1で初のファステスト記録となりましたね。

「お祝いはウォッカですか?」
「スパスィーバ!」


トト・ヴォルフの苦々しげな表情はロズベルグのミス時かな?
映像の最後にも映される貴賓席。
…あ、コサック兵のパフォーマンスとかあったのか。
ハミルトンとロズベルグが美女と記念撮影…。


優勝はルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2位はニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
3位はバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ
4位はジェンソン・バトン/マクラーレン
5位はケビン・マグヌッセン/マクラーレン
6位はフェルナンド・アロンソ/フェラーリ
7位はダニエル・リチャルド/レッドブル
8位はセバスチャン・ベッテル/レッドブル
9位はキミ・ライコネン/フェラーリ
10位はセルジオ・ペレス/フォースインディア

ここまでがポイント獲得

11位はフェリペ・マッサ/ウィリアムズ
12位はニコ・ヒュルケンベルグ/フォースインディア
13位はジャン=エリック・ベルニュ/トロロッソ
14位はダニール・クビアト/トロロッソ
15位はエステバン・グティエレス/ザウバー
16位はエイドリアン・スーティル/ザウバー
17位はロマン・グロージャン/ロータス
18位はパストール・マルドナド/ロータス
19位はマーカス・エリクソン/ケータハム

リタイアは…
小林可夢偉/ケータハム
マックス・チルトン/マルシャ


ドライバーズランキング。
1位:ハミルトン/メルセデスAMG(291Pt)
2位:ロズベルグ/メルセデスAMG(274Pt)
3位:リチャルド/レッドブル(199Pt)
4位:ボッタス/ウィリアムズ(145Pt)
5位:ベッテル/レッドブル(143Pt)
6位:アロンソ/フェラーリ(141Pt)
7位:バトン/マクラーレン(94Pt)
8位:ヒュルケンベルグ/フォースインディア(76Pt)
9位:マッサ/ウィリアムズ(71Pt)
10位:マグヌッセン/マクラーレン(49Pt)
11位:ペレス/フォースインディア(47Pt)
12位:ライコネン/フェラーリ(47Pt)
13位:ベルニュ/トロロッソ(21Pt)
14位:グロージャン/ロータス(8Pt)
15位:クビアト/トロロッソ(8Pt)
16位:ビアンキ/マルシャ(2Pt)
17位:スーティル/ザウバー(0Pt)
18位:エリクソン/ケータハム(0Pt)
19位:マルドナド/ロータス(0Pt)
20位:グティエレス/ザウバー(0Pt)
21位:チルトン/マルシャ(0Pt)
22位:可夢偉/ケータハム(0Pt)
23位:ロッテラー/ケータハム(0Pt)

コンストラクターズランキング。
1位:メルセデスAMG(565Pt)
2位:レッドブル(342Pt)
3位:ウィリアムズ(216Pt)
4位:フェラーリ(188Pt)
5位:マクラーレン(143Pt)
6位:フォースインディア(123Pt)
7位:トロロッソ(29Pt)
8位:ロータス(8Pt)
9位:マルシャ(2Pt)
10位:ザウバー(0Pt)
11位:ケータハム(0Pt)







続きから、コメント返信!



蒼蟲さん:あの辺り、普段は割と華やかな感じではないらしいですね…。
華やかなのは、ゲストの顔ぶれくらいだったな…www


オレンジ色…って誰のモチーフだっけw
リキカラーは割と爽やかな感じですよねぇ。
…あ、あれってあのまま冒険できるんですか?w


甘いポテトチップスと言えば、チョコポテトですかね。
甘さのベクトルがまた違いますが…。


スクーデリア・フェラーリのドライバー、アロンソとマッサの意見が取り入れられたというスポーツカー、「ラ フェラーリ」の新車価格が1億6000万円なので…「ラ フェラーリ」が238台くらいは買える…か?(あかん、計算すらあやしいwww
国際宇宙ステーションに1週間滞在できるオービタル宇宙旅行が20億〜40億くらいらしいので、19回〜9回くらいはいけるのか。
ウィリアムズ、フォースインディア、ザウバーといった所は自動車会社等の世界的大企業をバックボーンに持たない、プライベーターチームですしねぇ…。
そりゃあ、やっぱり使える資金も多くない訳です。
安全性はまだまだ改善の余地がありそうですね。
まぁ、まず、フォーミュラはオープンコクピットの時点で頭が露出していますから…。


リベンジとかも覚えますねw
あれは鈍足を活かせるんで、決まれば結構楽しいかもw
あー、ドラゴン・かくとうってないですよね!
それは面白そうだ。
メガクリムガンはそれでwww
…あぁ、ムワンザ・アガマトカゲ、確かに配色がそれですねwww
そこまでゴツゴツはしてませんが…確かに、スパイダーマみたいだwww


コメント、ありがとうございました〜!

|

« 黒海を臨む | トップページ | 西部の暴れ馬 »

コメント

こういうタイトルも珍しいですねw
レーサー以外にも大物が沢山出演ですね。
不良w黒い噂もありますが...w

五輪をやるぐらいだから華があると思ってました。

ラインって線って意味じゃなくてキャラの名前ですよ。
メリアのフィギュアの横にいた盾を持ってる人です。
ええ、あのまま冒険できますが防具が無いので打たれ弱いです。
反面素早さは上がるので有利な場面も、中には裸と同じ外見になる装備もあります。

ラ フェラーリの値段の時点でとんでもないけどな...w
実際宇宙ステーションに旅行に行ったお金持ちがいるんだろうか?
プライベーターチームか...羨ましようなそうじゃないような。

強い格闘家の事を「ドラゴン」と呼ぶこともありますし相性良さそうなんですよね。

投稿: 蒼蟲 | 2014年11月 2日 (日) 16時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おそろしあ:

« 黒海を臨む | トップページ | 西部の暴れ馬 »