« 急転直下 | トップページ | おそろしあ »

2014年11月 1日 (土)

黒海を臨む

さて、月が変わります。
ハロウィンとか全く感じられなかったわ。

月初からちょっと変わるんで、それに備えて見ておかねば…と思っていたら、帰ったのがこんな時間でしたよ。。
これからヤバそうだぞ、これ…。







F1!!

初開催、ロシアGP!
冬季五輪が行われた、ソチオリンピックパーク内にある、ソチ オートドロームでの開催です。
オリンピックパーク内にある公道と常設のトラックを合わせた、半市街地サーキット。
出来立てですが、路面はかなりスムーズなようです。


今回ホームレースであるマルシャは鈴鹿でのビアンキのクラッシュを受けて、1台体制で挑みます。
一時はリザーブドライバーであるアレキサンダー・ロッシの起用を検討していたものの、ビアンキに敬意を表す為にこの決断をしたとの事です。
ガレージにはビアンキのマシンが走れる状態にまで組み立てられて置かれており、2台のマシンのサイドには「#JB17」の文字が書かれています。

また、トロロッソのドライバーで来季レッドブルへの昇格が決まっているダニール・クビアトの母国GPでもあります。
そして、金曜日午前のFP1ではザウバーもロシア人リザーブドライバーのセルゲイ・シロトキンを走らせています。


では、予選。


Q1
可夢偉のアタック。
…あ、2コーナーで止まれず、コースをカットしてる。
そしてタイムはエリクソンに上回られてしまっています。
うーん、可夢偉はやっぱりシンガポールの時のパッケージのままなのかなぁ。
エリクソンは日本でアップデートされた、最新版のパッケージのようですけど…。

…おっと、地元のクビアトが4番手に飛び込んできた!
セクター1、セクター2の高速区間を重視したセッティングにしているとか…?

…あ、ニキ・ラウダとジャン・アレジが並んでる。
何かすげぇ。

ボッタスが3番手、アロンソが4番手に飛び込んできていますね。


でっていうGLAのCM。


Q1も残り4分半です。
…えっ、マッサに燃圧トラブル?!
マッサはまだQ2進出できるタイムを出せていません。
このトラブル下でQ2進出なるか…?

んー…。
タイム更新したけど、17番手か…きっついなぁ。。

そしてマルドナドもキツそうですね。
現在、ノックアウト圏内。
ロータスのリザーブドライバー、シャルル・ピックも画面見つめていますね。


マッサはどんどんラップタイムが悪化していっている模様…。
マルドナドはチェッカーを待たずにガレージへ。
これでQ1敗退です。

可夢偉がタイムを更新して18番手だ!
…あー、マッサは結局あかんかったかぁ。。
エリクソンがタイムを更新、17番手!

マッサはまたしてもトラブルに泣かされました。
まだまだツイてないなぁ…。。

そして心配なのがマルドナド。
ケータハム2台の後ろで予選を終えています。


Q2
クビアトの故郷はソチから飛行機で4時間くらいらしい。
ロシアはめっちゃ広いからねぇ…。

最終コーナー立ち上がりにビアンキ応援メッセージが。
CG合成ですけどね。

リチャルドが無線で「フロントが入らない!」。
フロントタイヤの熱入れが上手く行っていない…という事だと思います。

…お、アロンソ、ライコネン共に順位を上げてきています。
で、リチャルドは何だかんだでフェラーリ勢を上回る6番手タイムを記録していますね。
ベルニュが9番手タイムを出してきました。
今週末調子の良いクビアトに続けるか?

残り2分30秒。
低迷が続くザウバーのチーム代表、モニシャが映っています。
今回もどうやら厳しそうですね…。

で、相変わらず、ライコネンとベッテルが苦しんでいるようだ。
そんな中、国際映像はアロンソ。
8番手タイムだ。
そしてライコネンのラストアタック!
…あ、若干タイヤスモークを上げたな。。
9番手タイムを記録。
さぁ…Q3進出なるか?

ここでベルニュが10番手タイム!
さぁ…トロロッソは2台揃ってQ3へ行けるのでしょうか?
まだベッテル、ヒュルケンベルグ、ペレス辺りが残っているぞ!

そのベッテルは……あぁ、なんと!
ベルニュに届かない!
11番手、Q2でノックアウト!!
そしてヒュルケンベルグも12番手、ノックアウトだ!
ペレスもやめたんだか更新できなかったんだかでノックアウトしてしまいました。
これにより、トロロッソ勢がQ3へ進出しています!


Q3
聖火台のある広場をぐるりと回ったり、各スタジアムやアリーナを横目に走るこのコース。
いやぁ、何だか贅沢ですねぇ。
そしてターン5からは黒海沿いを走る。
長いストレートと直角のコーナーが多く、コンクリートウォールに囲まれた箇所もあるこのコース。
かつてレースが開催されていたスペインのバレンシア市街地コースや韓国の霊岩と似たような感じらしい。
その2つがミックスされているという話もあります…。
コースレイアウトを見ると、割と単純そうな感じに見えるけど、走ると意外とバンプとかもあって難しいらしい。

ここでもメルセデス勢は強いですねぇ。
ハミルトンがトップタイム!
ロズベルグがセクター2全体ベストで来ているぞ…!
…あ、届かない!
ロズベルグは2番手!
ウィリアムズのマシンはこのコースに合っていると語っていたボッタスが3番手!
それだけに、マッサのマシントラブルは残念です…。

残り2分半!
ここでクビアトが6番手タイムを叩き出した!
ホームで強いですねぇ、クビアト。
ホームで強いってのは凄い事だと思います。
通常、様々なプレッシャーがある筈なので…。
しかも、初開催のサーキットで今年から参戦した、ルーキーですからね!
こりゃあベッテルの後釜としてレッドブルに昇格するのも頷けます。

ハミルトンの無線、エンジニアから「コースが遅くなっている。」との事。
つまり、コースコンディションが変化してラップタイムが改善し難くなっているという事で。
路面温度が下がってきたとかそういうのだからでしょうか?

リチャルドがアタック中。
…おっと、ピットへ戻った。
どうやら、リアタイヤのライフが0になったらしい。
この時間じゃ再びアタックに行くのは無理か?

ハミルトンはコースが遅くなってる筈なんだけど、更にタイム更新!
ソフトタイヤが一番性能を発揮するのは3周目らしいんだけど、ハミルトンのこのアタックはその3周目でした。
コースコンディションが低下する中、上手くタイヤのパフォーマンスを引き出して、しっかりと仕事をこなしましたね!

…おぉ?
ボッタスがセクター1、セクター2で全体ベスト!
つまり、ハミルトンを上回っている…!!
ロズベルグはハミルトンを上回れず、2番手…これはボッタスガ初ポール行けるか?

……あーっと!!
ボッタス、最終コーナー手前のコーナー立ち上がりでリアがふらついた!
あー!!
最終コーナーで滑って若干コースオフ!
これは勿体ない!
川井ちゃん、思わず叫ぶ。
ボッタス、結局3番手タイム!

おっと、ここでバトンが4番手に飛び込んできた!
クビアトがタイムを更新、5番手だ!
予選自己最高位だな…!


ハミルトン、ソチでの初代ポールシッターに!
そしてマクラーレンは今週末中々良さそうみたいね。

バトンが鼻息荒くwww
ボッタス、バトン、クビアトの表彰台争いが熱いだろうなぁ。


徹子の部屋。
ボッタスのインタビューになると、ハミルトンもロズベルグも注目したw
今回はボッタスとクビアトのインパクトは凄かったからねぇ。

マッサは決勝でのオーバーテイクショーに期待!!


最後に、ベルニュお手製ビアンキ応援ステッカーが映し出されていました。
全ドライバーがヘルメットの何処かに貼り付けています。
バトンは下顎の所、ベッテルは頭頂部(オンボードカメラから見える)だったかな?


マッサのマシン降りる時のあの哀愁ある背中よ…。


ポールポジションはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2番手からはニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
3番手からはバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ
4番手からはジェンソン・バトン/マクラーレン
5番手からはダニール・クビアト/トロロッソ
6番手からはケビン・マグヌッセン/マクラーレン
7番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル
8番手からはフェルナンド・アロンソ/フェラーリ
9番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
10番手からはジャン=エリック・ベルニュ/トロロッソ

11番手からはセバスチャン・ベッテル/レッドブル
12番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/フォースインディア
13番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア
14番手からはエステバン・グティエレス/ザウバー
15番手からはエイドリアン・スーティル/ザウバー
16番手からはロマン・グロージャン/ロータス

17番手からはマーカス・エリクソン/ケータハム
18番手からはフェリペ・マッサ/ウィリアムズ
19番手からは小林可夢偉/ケータハム
20番手からはパストール・マルドナド/ロータス
21番手からはマックス・チルトン/マルシャ


マルドナドは前戦で受けた6基目のエンジン使用によるペナルティが後5グリッドダウン分残っていたので、ここでも受ける事となります。
また、ヒュルケンベルグはギアボックスを交換した為、5グリッドダウンペナルティ。
前戦日本GPの終盤でストップしたものの、赤旗中止により完走扱いとなった為、ペナルティを受ける事となりました。
マグヌッセンとチルトンもFP3の後にギアボックス交換を行った為、それぞれ5グリッドダウンペナルティ。

…で、マルドナドはギアボックスを変更したので、更に5グリッドダウンペナルティを受けます。
順番的には一番最後に受けるから、最後尾スタートですね。
エンジンのペナルティ、まだ4グリッド分残ってると思うんだけど、それはまた次回に持ち越し…という事はないみたいですね。


スターティンググリッド。

ポールポジションはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2番手からはニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
3番手からはバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ
4番手からはジェンソン・バトン/マクラーレン
5番手からはダニール・クビアト/トロロッソ
6番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル
7番手からはフェルナンド・アロンソ/フェラーリ
8番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
9番手からはジャン=エリック・ベルニュ/トロロッソ
10番手からはセバスチャン・ベッテル/レッドブル

11番手からはケビン・マグヌッセン/マクラーレン
12番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア
13番手からはエステバン・グティエレス/ザウバー
14番手からはエイドリアン・スーティル/ザウバー
15番手からはロマン・グロージャン/ロータス
16番手からはマーカス・エリクソン/ケータハム

17番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/フォースインディア
18番手からはフェリペ・マッサ/ウィリアムズ
19番手からは小林可夢偉/ケータハム
20番手からはマックス・チルトン/マルシャ
21番手からはパストール・マルドナド/ロータス






スマfor。

シュルクのカラバリは旅の仲間のカラーをモチーフにしているんだとか…。
ってことは、リキモチーフもいるのね。
…あれかな?
そして、ただ1人だけ違うのがいますね…この露出狂っぽいやつw
画像の恣意的なポーズがまたなんとも言えませんな…www
元ネタはあるのかな?
そういえば、この画像の並びはゼノブレイド公式のキャラ紹介の並びと同じ順番(正確にはその並びを反対にした)みたいですね…これ気付いた人すげーな。
また、ルキナのカラバリもFE 覚醒に登場する女性キャラをベースにしているようで。
だから髪の色とかコロコロ変わるんですねw

体力制ででかくてうさみみでバックシールドで反射かつふわふわゆっくりな画面見下ろし乱闘

Wii U版シンプルの紹介を見ててなんだっけなーと思っていたけど、そうか、武闘会風か!
自分の他にもライバルとかが活動しているのね。
そして、8人対戦形式も入ってくると…。
対戦したいグループに喧嘩ふっかけて、対戦。
対戦が終わると、敗者はステージから吹っ飛んで行って離脱させられる訳ですね。
…あ、チームバトルもあるのですか。
これはシンプル…ではないですねwww
そして、ライバルキャラは生き残れば残る程強くなるとか…。
これは、ある程度の所で叩いておいた方が良いと言う事もあるのか。

「指がくさーい!!」
くっそwwwこれは酷いwww
サブレ王国の王子の指、そんな泣く程臭いのかwww
「にがくておいしい」
くっそwwwなんてコメント残しやがるんだwww
ローランって苦いの好きなのだろうか…。
そしてまだ後ろで泣いてるw
何気に後ろにどっかの妖精さんか何かがいる…。


前回とは異なり、ステージ作りは自分で描いて作れる!
…カービィとワドルディのステージだw
すげぇぞ、これwww
背景の太陽っぽいのがスマブラマーク…って良く気付いたなwww







続きから、コメント返信!



蒼蟲さん:そう感じますかw
どの辺りがそう思いますか?w
因みに、俺はポップコーンよりマシだと思いましたwww
だって、ポップコーンはコーヒーと思われる部分がべったりくっついていたんですものwww
わさビーフあんまり食べないんですけどね…彼(?)は山芳を代表する顔ですしねぇw
えぇ、友人の評価もあって、期待していたんですが…一応ちゃんと食べられましたw
食べ進めて行くと本当に甘さがどんどん大きくなるんですよねw
これはゆっくり食べたり、緑茶や麦茶といったお茶系の飲み物を飲みながらだと良いかも…。


俺がみどりラーメン食べた時も気になる程味ありませんでしたしね…。
あれは最初からバジル風味のスープになってたのもありますけれども。


チームは参戦料とか人件費とか移動費とか開発費とか色々かかりますからね…。
スポンサーが多いとか支援者・オーナーがしっかりお金を出さないとすぐに運営が厳しくなります。
資金面で安定しているのって、フェラーリ、マクラーレン、レッドブル、メルセデスといった、最大手チームとレッドブルと同じオーナーのトロロッソくらいなもんです。
その他は多かれ少なかれ資金面は厳しいですね。
ザウバーやロータスがかなり厳しい状況ですが、フォースインディアやウィリアムズといったチームもかなり辛い状況ではあるかと思います。
今年、メルセデスやレッドブルってマシンとかエンジンとかに年間約348億円は費やしたそうですよ。
セナが亡くなってから劇的に安全性が上がっているので、マッサも復帰できたのだと思います。
マッサは2009年ハンガリーGP予選で前を走る当時のブラウンGPに所属していたルーベンス・バリチェロ(マッサの同郷で友人でもある)のマシンから落下したスプリングが頭部に当たって負傷しました。
確か、皮膚の移植手術とかやってた筈。
2009年最終戦ブラジルGP頃にはすっかり元気になっていたので、そのレースでチェッカー振ってましたけどね。
2010年の開幕戦から復帰しました。
他にも、2007年には当時BMWザウバーで出走していたロバート・クビサがカナダGPで大クラッシュしてますね。ウォールに激突しても尚マシンが転がったりして激しいクラッシュでしたが、軽い脳震盪と右足首捻挫だけで済んだという。
しかも、2戦後には復帰しています。
2009年にはトヨタのティモ・グロックが鈴鹿での予選でクラッシュした事もありましたね。
そんなに派手なクラッシュではありませんでしたが、以降の2戦は欠場し、復帰は2010年、新規参入チームのヴァージン(現マルシャ)でになりました。
鈴鹿でグロックがクラッシュしたのは、トヨタのリザーブドライバーだった小林可夢偉がF1デビューできたというきっかけにもなりました。
天候が荒れた時は本当に分かりませんね…。
水飛沫が凄くて前が全然見えませんし。


あー、クリムガンさんのアイアンヘッド痛そうwww
アイアンテールもヒレが痛そうですねw
しかも、鮫肌質感だろうし…。
かみつき系も痛そうなんだけどなぁ…w
意外と素早く移動できそうですよね、見た目w


コメント、ありがとうございました〜!

|

« 急転直下 | トップページ | おそろしあ »

コメント

オリンピック会場を含めたコースですか。
華やかで盛り上がりそうですねぇ。

俺はラインが好きなのでオレンジ色を使ってましたが、
最近はリキカラーをよく使いますね、水色が爽やかだ。
海パン一丁なのは装備を全部外した時の姿ですねw

ポップコーンは甘い味のやつもありますが
ポテトチップスは聞いたことないですからねぇw

384億って桁がでかすぎてよく分からんぞ;
お金をかけられるチームとそうでないのとで差が大きいですな。
マシンのパーツが飛んでくるなんて予想できませんね...。
安全性は上がってるけどまだ不測の事態はあるって感じですね。

覚える技も格闘技とかトリッキーな技が多いですしね。
タイプがドラゴン・かくとうとかだったら面白かったかな。
そう言えばクリムガンのモデルは「ムワンザ・アガマトカゲ」って言うらしいですけどスパイダーマンにそっくりですねw

投稿: 蒼蟲 | 2014年11月 1日 (土) 14時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黒海を臨む:

« 急転直下 | トップページ | おそろしあ »