« 秋も深まる | トップページ | クリエイター魂 »

2014年10月17日 (金)

砂の島

いやぁ、久々に帰ってきてほぼすぐに寝落ちしてしまった…。
そしてこの体力回復できてない感。
電気とか点けっ放しだったしね…。







世界遺産!

オーストラリア!!
フレーザー島!!


オーストラリア東部に位置する、世界最大の砂の島である。
…おぉ、7月になると海流に乗って、南極からザトウクジラがやってくるんだとか!
ブリーチングしていますね…。
メスへの求愛、天敵への威嚇…他にも寄生虫を落とす為とも言われていますね。
色々な目的があるようです。

フレーザー島は南北に120kmもある島。
世界最大の砂の島と言われるだけあって、でかいですね…。
引き潮の時は砂が水を含んで硬くなった状態だから、車が楽々通行できちゃうみたい。
でも、少しでも海岸線を外れると、凸凹としていますね…。
標高240mの丘もあるけど、当然ここも砂が積もってできた丘だ!
木々の下も砂である…そして、砂嵐だって起きるぞ。
…おぉ、風紋ができている。

島の砂はうっすらと黄色いけど、98%が石英、2%がミネラルで構成されているようだ。
このミネラルを調べると、海流に乗って運ばれてきた事が分かったそうだ。
この周辺の海域は潮の流れがかなり速いみたいだから、それが理由のようですね。
海に潜ってみると、ダイバーがあっという間に流されて、岩に掴まるのがやっとの状態。
10kgのおもりもグイグイと引っ張られるくらい潮流が速いみたい。
結局、ダイバーは10分で20mも流されてしまっています。
海底を見てみると、流れが速くて砂が流されていますね…川みたい。
研究によると、フレーザー島の砂は1000km南方のシドニー湾付近から海流によって流されてきているようです。
このシドニー湾付近にあるのは…世界遺産、グレーター・ブルーマウンテンズ地域。
ここの断崖は主に脆い砂岩なので、それが雨等で崩れて、川に流れ込んでいるようだ。
それが海に注ぎ、海流に乗ってフレーザー島へと運ばれているとのこと。
海流はフレーザー島にある岩礁に当たって流れが変わり、結果砂が島の方面に流れ着くようになっているらしい。
だから、今も砂が堆積している場所があり、島はまだまだ大きくなり続けているぞ!


世界遺産にみる島の成り立ち。
出来方は色々ですね。
エクアドル、ガラパゴス諸島は火山によってできた島。
海底火山の溶岩によってできています。
…あ、ウミイグアナだ!
リクイグアナもいるぞ!
かーわいいなぁー。
パラオ、南部ラグーンのロックアイランド群はサンゴの島。
隆起した珊瑚礁が波等で削られてマッシュルームのような形になっています。
島の中の湖には大量のクラゲが住まう場所も。
元々は毒を持っていたが、天敵がいないので毒を持たなくなりました。
だから、一緒に泳いでても大丈夫なのである。
マダカスカル、アツィナナナの雨林群。
マダガスカル島はアフリカ大陸から分かれた島。
地球のプレートに乗っていおり、その動きによって分かれました。
ここは原始的なサル、キツネザルの宝庫。
様々な種類が住んでいますねぇ…俺はマダガスカルのサルと言えば、アイアイとワオキツネザルだと思ってる。


フレーザー島の崖が朝日に照らされて赤く輝いている…。
この崖も砂でできたものだけど、酸化した鉄分の色が出てるから赤く輝くんですね。
ここでは動物達も砂を活用しているようだ。
砂浜にはオーストラリアミヤコドリが登場。
黒い体色に色鮮やかな朱色の足と嘴が鮮やか。
砂の中の貝を捕らえる事が得意で、別名はオイスターキャッチャーだとか。
…おぉ、貝を探し当てた!
嘴で器用に開けて中身を食べてる…。

フレーザー島の内陸部は広大な森林になっています。
その奥の方には高い木々もありますね…。
サティネーという樹木は直径4m、高さ50mもあるんだって!
海水に強い種類のようだから、枯れないんですね。
かつてはその特性から桟橋や波止場の建築資材になっていたようですよ。
…いやぁ、それにしても、でかい。
この巨木の森には大陸から渡ってきた動物達が住んでいます。
例えば…レースオオトカゲ。
オーストラリアの固有種である。
…木の幹を登っているな。
どれくらいでかいかはあんまり比較対象がないから分からん。
アシナガミツアリの仲間がいました。
彼らは天敵であるクモの真似をして身を守ります。
腹を上に折り曲げてクモの腹みたいにしていますね…。
触覚も使ってクモの足のように見せている。
で、そのクモもいます。
砂の中に巣を設けていますね…巣穴は崩れないように糸で壁を作ってる。
黒光りしてるクモが出てきました。エンマグモの仲間である。
猛毒を持ち、時にはネズミすら襲ってしまうとか!

フレーザー島は砂で出来た島にも関わらず、川もあります。
…川のせせらぎが殆どしないね。
普通の川って岩があるから音がするのかぁ。
このように水が豊富で森や川もあるフレーザー島。
水が豊富に存在する理由は、黒い岩のようなものにありました。
見た目がコーヒーの色のようだから、コーヒーロックって言われています。
これ、触ってみるとすぐに砕けてしまって、サラサラになる。
岩のように固まっているけど、これも砂でした。枯れた植物と砂が固まったもののようだ。
そして、水捌けが悪いことが最大の特徴なのだとか。これは粒子間に隙間がないからみたいです。
フレーザー島の地下にはコーヒーロックの層があって、雨水の受け皿になっているようだ。
つまり、島の地下に水を貯めているという事ですね…その容量、推定200億リットル。
…200億リットルってどんだけだ。。
だから、砂を掘るとすぐに水が湧き出してきます。
この貯水システムのおかげで、サティネーをはじめとした木々が育つ訳ですね。
森ができると、木々が砂をその場所に留めておく事ができるようになるので、フレーザー島はその形を保てているのだとか。


そんなフレーザー島にも観光施設があったり。
島へはフェリーで15分、車で上陸できちゃいます。
ホテルもあるのね…料理に使うハーブが自家栽培されておる。
…あ、良い手付きで刻んでる。
ハーブをたっぷり使ったラム肉のステーキ、美味そう!
これはマジで美味そうだ!
…ほう、島にはマングローブまであるのね。
ここでカヌー体験ができるそうです。
エコツーリズムができる観光地として人気がありそうですなぁ。


フレーザー島の朝、砂浜で大量にわさわさ動いている動物が…ミナミコメツキガニの仲間です。
砂についた栄養分を摂取する為、砂ごと口に運んでいくカニ達。
米粒のような砂が沢山あるけど、これはその食べかすである。
…ねぐらに入る時は横から入るのね。
しかも、体を器用にねじりながら入っていく。

フレーザー島には湖まであります。
しかも、100以上もあるらしい。
中でもハイライトになっているのは赤、緑、青の湖があるという事。
まずは雨水が溜まってできた赤い湖、ブーマジン湖。
湖畔にはティーツリーが生えていました。
湖の周りにある木々の葉に含まれるタンニンが赤い湖を作り出しています。
綺麗な色やなぁ…。
今度は緑の湖、ウォビー湖。
ナマズっぽい魚が泳いでいる…。
この緑色は水中で大量に増えた藻の色である。
ここも綺麗な色だ…。
しかし、ウォビー湖には砂が押し寄せており、湖面が減少してきています。
70年前よりも25%減少してしまい、このままでは消滅してしまうのだとか…。
そして、青い湖、マッケンジー湖。
観光客的にはここが一番有名みたいだ。
いやぁ、澄んだ青色が実に美しい!
湖底には白い砂が積もっており、この砂が太陽の光を反射しているから綺麗な青い湖を作り出しているんだって!
湖の周りも白い砂が沢山。
これは楽しいだろうなぁ…砂遊びとか。

風、砂、水が織り成す絶景であった…。


最後は夕方?の海岸線に夕方?の砂丘。
風紋の陰影がこれまた美しい。
そして難破船か?夕暮れに浮かぶ、朽ちた感じの船が砂浜に横たわる。







続きから、コメント返信!



蒼蟲さん:大人向け過ぎて合わなかったのかな…www
取り敢えず、うん、粉っぽいwww


そんなフリフリしていたんですかwww
ちゃんと絡まなかったんですねぇ…。
激辛マニアはアレはガチだからな…w


やっぱりキマワリか…w
あ、キマワリはトリルしないとダメかw
オニドリル、初代から好きですよ?
その頃からピジョットよりオニドリル派でした。


第一艦隊に限らず、旗艦が大破するとその時点で進撃不可能になるのでロストはしません…。
ロストは大破状態で進撃すると起こるようになるようなので。


リセット厳選+モンスターボール縛り…あ、はいw
それの良い所は伝説BGMを堪能できる所ですかねw
歴代が揃っちゃうのがやべぇですな…。
レシラムゼクロムとかもいるのがマジヤバい。
2体目か?!って感じで。
HGSSはホウエン伝説いましたよねw


コメント、ありがとうございました〜!

|

« 秋も深まる | トップページ | クリエイター魂 »

コメント

「フレーザー島」が一瞬「フリーザー島」に見えてしまった...
ふたごじまってフリーザーがいる割にはほとんど凍ってないのよね、不思議

Amazonでセールやってるのでペタリ、第2弾はゲームボーイのVCが対象
間に合ってる人が多そうな名作がずらり、ゼルダにカエルとはわかってらっしゃる
サントラの発売が決定したソリティ馬も絶賛セール中、値段が中途半端だ

2通ほどメールを送りましたが届きました?
前回もお互い使用しているフリーメールの相性が良くなかったのか、届かなかった~とかありましたなぁ;
個人的に、ログが残りそうな場所にコメントするのはちょい気が引いてしまうので、なるべくメールや拍手で済まそうかなぁと思ってるんですけども...なんか他に方法考えなきゃかな?
度々すいません

投稿: アルディガー | 2014年10月18日 (土) 00時48分

すぐに眠れるのはいいですけど疲れは次の日に持ち越したくないですね。

島全体が砂でできてるわけですね。
島が成長しているのか...。
海イグアナと陸イグアナですかw
毒が無ければクラゲも可愛いものですね。
ネズミを捕食するとはまさに閻魔ですね...。
ピクミン2のダマグモキャノン(アシボソエンマツユハライ)みたいな。

俺はピジョット派かな?
最初に赤緑をやった時はオニドリルを使ってましたけど。
なんか(進化前の)顔が強そうだったので...w

FEみたいにすぐにロストはしないんですね。
余程無茶なプレイをしなければ大丈夫か。

準伝も登場するんでしょうかねぇ...?
そう言えばコロコロ付属の体験版で厳つい2匹のメガシンカが登場したそうですね。

投稿: 蒼蟲 | 2014年10月17日 (金) 15時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 砂の島:

« 秋も深まる | トップページ | クリエイター魂 »