« ロングスリーパー | トップページ | 狂気の笑顔 »

2014年9月10日 (水)

跳ね馬の失速

いやぁ、寝方が良くなかった為か、調子が中々上がらなかったですね…。
暫くはフラフラ感があったし。
まぁ、治ったから良いんだけどね。






F1イタリアGP予選!

クビアトは金曜日に6基目のパワーユニットを使った為、10グリッド降格ペナルティ。
レギュレーションでは1人のドライバーにつき、1シーズンでパワーユニットを5期使う事ができます。
それ以上になると、新しいのを使う度にペナルティが科されます。
今季、このペナルティを受けたのはクビアトが初めてです。

…この後、まだフライアウェイ戦が残っているのに、厳しくなりましたねぇ。


松田次生さんがまたもや解説にきたね。

ティフォシが詰めかけている…が、空席も目立つな。


Q1
マルシャ勢、可夢偉が早速コースへ。
マルシャはスリップストリーム作戦か。
…あ、戻った。

グロージャンは目下作業中…。
Q1間に合うか?
アロンソがトップタイム、この歓声である。
ロズベルグが大きくタイム更新。
ハミルトン、アタック中。
パラボリカの手前でのスピードは250Km…わぁお。


クビアトが1コーナー飛び込みで右フロントを盛大にロックさせている…。
高速サーキット故、トップスピードを上げようとしてきているからねぇ。
そうすると、ブレーキとか厳しい訳だ。
特に、ここはストップ&ゴーのサーキットでハードブレーキングゾーンが多いからねぇ…。


いきなりでっていうGLA


おっ、マッサトップタイム!
…あ、パトリック・ヘッド来ているのかw

皆スリップストリーム使おうと狙っている…。
アレジとラウダ。

トップスピードは353Km台…www
ハミルトン、ロズベルグ、マッサ、ボッタス、バトン、マグヌッセンというトップ6。

残り5分20秒!
遂にグロージャンがコースへ!
セッションも終わりが近付いてきたので、ミディアムタイヤでアタックするマシンが増えてきました。
ヒュルケンベルグのオンボードで1周していますね…。
ちょっと走り難そう…?

ロータス勢厳しそうだなぁ…。
全然タイム伸びないや。
ロータスはリアウイングがぺったんこだから、DRS開いてもあんまり差はないようだ。
グロージャン無線。
小松さんからビアンキのスリップストリームを使うよう指示が入っています。
残りは1分切った!

あー、クビアトがあんまり良い所でスローダウンしてなかったな…。
グロージャン、リアが流れたぞ。

マルドナド無線。
マシンに問題があって、ギアシフトするな、と。
これはマルドナドあかんな…。

ビアンキ、シケインですっげえ動きしてたwww
なんとか暴れるマシンを押さえ込んだ感じ。
グロージャン、パラボリカへ。
うわぁ、マシンが挙動を乱すギリギリの線だ…。

グロージャン、18番手、ノックアウト。
マルドナドも17番手のままだったので、ロータスはこれでQ1ダブルノックアウトだ。

おぉ、可夢偉19番手!
ビアンキ、チルトンを上回った!
エリクソンのスリップストリームを使ってたかな?
…可夢偉の4輪ドリフトwww


可夢偉無線、可夢偉のテンションがいつもより高いwww
アルバースが無線に出ていた…だと?
アルバース「That's Mega!」
がっちりと握手もして、良くやったって感じ。


フェラーリガレージにいるこちらのファンキーな方は…アンドレア・イアンノーネw


ここからはビデオの録画が切れてしまったので、動画を観つつ…。


Q2
へぇ、リチャルドのお父さんってシシリア系なのか。

ハミルトン、マグヌッセンのスリップを使って堂々のトップタイム。
ロズベルグ、ボッタス、マッサとメルセデスエンジン勢が続き、アロンソが続いています。
5分切った時点ではライコネンが10番手。
チームのホームレースでQ2敗退は避けたい所。

残り3分切って、ラストアタックへ。
ロズベルグ以下のドライバーがガンガン出て行っていますね。
…あ、ハミルトンも出た。

ライコネンがアタック!
…おっと、シケインの切り返しでリアタイヤがグラベルに落ちている。
これはアタックし直しかな。


ベッテルが7番手!
ボッタスは3番手だ。
スーティルは15番手、Q2敗退。
ロズベルグは2番手で変わらず。
マッサも4番手で変わらず。
ヒュルケンベルグ、14番手タイムでQ2敗退。
最近調子悪いですね…。
リチャルドが9番手、ペレスが8番手と今の所Q3進出圏内。
5番手のアロンソはアタックをやめましたね。
ベルニュは12番手だ。
マグヌッセンがライコネンを上回り、10番手!
さぁ、そのライコネンは…?
…マグヌッセンを上回れず!11番手!!
なんと…。
クビアトがライコネンを上回って11番手だ!

チームホームレースのトロロッソ勢とライコネンがQ2敗退。

ライコネンはシケインのエントリーでミスしてしまったのね。
…おぉ、グティエレスが豪快に飛び出していた。


Q3
まずはペレスがコースに出てきたか。
ロズベルグ、ボッタスがアタック開始。
ボッタスはロズベルグのスリップストリームを使えているか…と思ったら、やっぱり使えなくなっていたか。
スタート前は近かったんだけどなぁ。
マッサ、まずは3番手タイムか。
ハミルトン、ロズベルグにコンマ4秒差を付けてのトップタイム!
バトンが5番手、以下ベッテル、アロンソ、マグヌッセン、リチャルド、ペレスと続いています。
ここまでで残り5分切りました。
さぁ、これから各車ラストアタックに向けて準備をしていきます。

残り2分30秒…ロズベルグ、ボッタス、ベッテル、アロンソとコースに出たぞ!
次々と出て行きましたね。
フェラーリがここでよく使う、チームメイト同士でのスリップストリーム使い合いは今回はないようです。

さぁ、残り1分切って、全車コース上です!
アロンソ、ロズベルグのスリップストリームを狙っていますね…w
近いwww

ボッタスのアタック、オンボード!
1コーナーで少しリアタイヤがタイヤスモークを上げた…。
前にはチラッとベッテルが映る。

さぁ、ロズベルグセクター1全体ベスト!
…あ、セクター2遅れた。

ベッテル、6番手。
ボッタスはタイム更新ならず、3番手だ。
ロズベルグは自己ベスト更新するも、ハミルトンのタイムを上回れず、2番手。
アロンソはベッテルを上回って6番手。
ペレスは10番手。
マグヌッセンがタイムを上げて、5番手に食い込んできたぞ!
マッサはタイム更新できず、4番手。
ハミルトンは自己ベストを更新できなくなったものの、ピットには戻らずチェッカーを受ける。
勿論、トップ維持です。
バトンはタイムを更新するも、順位は変わらず6番手。
リチャルドもタイム更新はしたが、順位は変わらず9番手でした。


ハミルトンはあんまり喜びを表していないけど、パパハミルトンはにっこりしているwww
写真撮影。
立ち去る寸前にロズベルグがチンポジチェックしている…。


徹子の部屋。
ハミルトン「またワンツー取れて嬉しいです」(真顔


予選結果。
ポールポジションからはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2番手からはニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
3番手からはバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ
4番手からはフェリペ・マッサ/ウィリアムズ
5番手からはケビン・マグヌッセン/マクラーレン
6番手からはジェンソン・バトン/マクラーレン
7番手からはフェルナンド・アロンソ/フェラーリ
8番手からはセバスチャン・ベッテル/レッドブル
9番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル
10番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア

11番手からはダニール・クビアト/トロロッソ
12番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
13番手からはジャン=エリック・ベルニュ/トロロッソ
14番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/フォースインディア
15番手からはエイドリアン・スーティル/ザウバー
16番手からはエステバン・グティエレス/ザウバー

17番手からはパストール・マルドナド/ロータス
18番手からはロマン・グロージャン/ロータス
19番手からは小林可夢偉/ケータハム
20番手からはジュール・ビアンキ/マルシャ
21番手からはマックス・チルトン/マルシャ
22番手からはマーカス・エリクソン/ケータハム


クビアト、今季6基目のパワーユニットを使った為、10グリッド降格ペナルティ。
エリクソンはマシンを弄ったのか、不具合を直したからなのか、ピットレーンスタート。


ポールポジションからはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2番手からはニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
3番手からはバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ
4番手からはフェリペ・マッサ/ウィリアムズ
5番手からはケビン・マグヌッセン/マクラーレン
6番手からはジェンソン・バトン/マクラーレン
7番手からはフェルナンド・アロンソ/フェラーリ
8番手からはセバスチャン・ベッテル/レッドブル
9番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル
10番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア

11番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
12番手からはジャン=エリック・ベルニュ/トロロッソ
13番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/フォースインディア
14番手からはエイドリアン・スーティル/ザウバー
15番手からはエステバン・グティエレス/ザウバー
16番手からはパストール・マルドナド/ロータス

17番手からはロマン・グロージャン/ロータス
18番手からは小林可夢偉/ケータハム
19番手からはジュール・ビアンキ/マルシャ
20番手からはマックス・チルトン/マルシャ
21番手からはダニール・クビアト/トロロッソ
ピットレーンスタートはマーカス・エリクソン/ケータハム







続きから、コメント返信!



蒼蟲さん:うむ、ガッツリ寝てしまったのでな…。


好きな…まぁ、組み合わせとしては面白いけどもwww


なーんだ、教えてくれないのかー。
ざーんねんw
A氏…?
問題ないっしょwww
ほう、メヂカラ…。


発言もかなり腹黒い場面が多いですね。
新・パルテナになって、言動の腹黒さも目立ってますよねぇ。
メデューサは割と常識人…。
周囲の神々がおかしいだけだとも思いますがw


コメント、ありがとうございました〜!

|

« ロングスリーパー | トップページ | 狂気の笑顔 »

コメント

俺も暑いせいか昨日はあまり調子が良くありませんでした。
そっちの気温はどうでしたか?

パワーユニットと言う物があるのか。
強力な分使用制限があるのですね。
ところでベッテルは最近調子が良くないのでしょうか?
順位の見方とかよくわからないしあんまり聞かないようにしてるけどやっぱり気になります。

最悪顔に目が付いてなくても大丈夫ですw(ドラクエのモンスターとかそういうやつ多いし)
見てるだけで恥ずかしいから教えることもできません。
任天堂の女性キャラだったらしずえさんがお気に入りかな?目力は無いですけど。
男性キャラでワリオだとかギラヒムが好きなのもあざといデザインが好きなのが極端な形で出たからかもしれませんw

出番少ないけどポセイドンは割とまともだったかな?
ディントスとかも相当な変わり者でしたね。

投稿: 蒼蟲 | 2014年9月10日 (水) 14時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 跳ね馬の失速:

« ロングスリーパー | トップページ | 狂気の笑顔 »