« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月30日 (火)

大人味

御嶽山の噴火は想像以上に被害が大きいですね…。
秋の行楽シーズンに何の警報もなかったからでしょう。
前兆となる火山性振動が収まってしまっていたのも原因ですが、大事を取った対応をしなければならないのでしょうねぇ。
前兆があったからってすぐに起こる訳じゃない事が明確になりましたし…。

ところで、今回は水蒸気噴火だったようですけど、今後マグマ噴火が起こる可能性もあるらしいですね。
注視して行きたい所でしょう。


…ここぞとばかりに絡めてくるコメンテーターが香ばしかったです。







お菓子の世界って入れ替わりが激しいのよねぇ。
色々な変わり種の期間限定商品が出ては消え、出ては消えていくよねぇ。


で、またしても気になるものがあったので、買ってみた次第です…。


Roots_mike_popcorn_coffee
Roots マイク・ポップコーン コーヒー味!!


はい、またしてもフリトレーさんですwww

マイク・ポップコーンといえば、この前カルビーののりしおとコラボってましたけど…今度は、食品業界でもまた土俵の違う、飲料メーカーとのコラボですか!
フリトレーさんはチャレンジャーですねぇwww
良いねぇ、そういうの。


で、見た目はコーヒーを意識した、大人な渋いデザインのようですね。
Rootsのシルバーと商品名のゴールドが豪華です。


Coffee_coating
どうやら、ポップコーンにコーヒー味をコーティングしているようですね。
パッケージから見るに、液体状か何かにしたものでしょう。

…そうか、甘味とほんのりとした苦味があるのか。


Instant_coffee
勿論、原材料にはインスタントコーヒーの名前が。
水あめで液体状にしているのかな?

…あ、糖類が一番多いのねw


袋を開けると、こんな感じ。
Karikari_popcorn
…内容量少なく感じちゃうからこういう視点で撮るのはやめようかなぁw


Brown_popcorn
ポップコーンにコーヒー味であろう茶色い液体がコーティング。

一見すると、キャラメル味に見えなくも…ない。

匂いは特に特別それと分かる感じではなかったかなぁ。
ちょっと甘めの匂いがしていたかもしれない。


食べてみると、堅めなのね。
カリッとした食感が大人な雰囲気。
裏面にあった、ふわっと感は…ふわっと……してる……かなぁ?w

コーヒーの味…っていうのかな?
苦味のある味が全面に出ている印象。
フリトレーさんは前にカフェインたっぷりのスナック作ったからなぁ…w
あれはめっちゃ苦かったwww

それに比べればどうって事はないけど、ちょっと砂糖を入れた苦いコーヒーみたいな味かなぁ。
謳っているような気軽に食べられる場面で…っていうには敷居がちょっと高いような気がします。
だけど…そうだね、甘い飲み物と一緒に頂きたいお菓子かもしれません。







続きから、コメント返信!

続きを読む "大人味"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年9月28日 (日)

笑顔のナイスガイ

ポケテレ!観てました。
ポケサバの予告…またやるんだw
反響大きかったんでしょうね。
足立梨花参戦…ってキャプション、スマブラじゃないかwww


メガヤミラミ、メガチルタリス、メガサメハダー、メガバクーダ、メガヤドラン、メガエルレイド、メガボーマンダ、メガタブンネがちらっと出ていたなぁ。





また少しQMAプレイしてきた。


Fr_update
フェラーリのチーム代表になった順を当てる順番当て。
早速新チーム代表、マルコ・マティアッチ氏が入ってきましたw


Jesy
婚約したから新しく問題作られました。
日付入りで。

…結婚したロズベルグの問題とか作って良いのよ?
メルセデスのスポーツディレクター、トトとウィリアムズのテストドライバー、スージーのヴォルフ夫婦の問題とかあって良いのよ?


Kawai_chan
何故に名前だけを問う問題を作ったし…w
正解率が普通にあるので、遅くても最近追加された問題かな?
前回のモタスポ検定の時には見なかったけど…。


Max2
早速、話題のフェルスタッペン2世も問題となりました。
来年はダブルニコに続き、ダブルマックスになるんですかねw


Ric_winner
リチャルドの初優勝も問題になりました。
今シーズン、ここまでメルセデス勢以外で唯一の優勝者。
このままシーズンが終わったら、「メルセデス勢以外で唯一優勝したドライバーは?」みたいな、また別の問題が作られそうですね。
そしてその時はメルセデス勢以外で唯一ポールポジションを獲得したマッサも問題が作られそうだ。







続きから、コメント返信!

続きを読む "笑顔のナイスガイ"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年9月27日 (土)

大地の鼓動

なんと、長野県と岐阜県に跨がる御嶽山(おんたけさん)が噴火したのか!
この山が跨がっている長野県王滝村と木曽町、岐阜県の高山市と下呂市で火口周辺への入山規制を行っています。
周辺の方々は注意、ですねぇ…。

そういや、数カ月前か数週間前に火山性地震とか起こってなかったっけ?







QMAネタも久々かなぁ。
モータースポーツ検定やってたので、ちょっとプレイ。

9月に開幕したフォーミュラEの問題も入ってきていました。
Fan_boost
その出題はどうなんだ…。
出すならファンブーストって言葉とかだろう。
…と思ったが、まだまだ正解率低い。

Spot_race
アントニオ・フェリックス・ダ・コスタが参加できなかった為にスポット参戦した琢磨。
こちらも正解率が…。

他にもダニール・クビアトの並べ替え、マグヌッセンを答えさせるケビン・マグヌッセンの並べ替え、2015年に参戦するマックス・フェルスタッペンがデビューするチーム(トロロッソ)の四択等ありました。
退任したルカ・ディ・モンテツェモロや結局破局してた可夢偉とあびるの線結び等は問題文に修正が入っていた模様。
また、「ボータス」って答えになっていたボッタスの並べ替えは「ボッタス」に修正されている模様。


Tunnel_photo
…いつの間にこんな画像タイピング問題がw







続きから、コメント返信!

続きを読む "大地の鼓動"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

監視用サーチライト

録画しておいたアニポケを2週分観てました。
髪下ろしたコルニちゃん、可愛いな。
寝巻きも可愛い(


世界遺産、テープが切れちゃって最初しか撮れてなかったわ…。






スマfor。


…あ、そういえば、コンクエストなんも見てなかったわw
シュルクとマルスだったのか。

マスターハンド の手袋から何か出てるwww
スウォーム…?
この質量相手が決まる…形が変わるのかな?
そしてホンキ度が高い程質量も高まるのか。

ピクトチャット2にパックマン登場!
確かに、沢山いたねw
成程、パックピクス的なネタを被せたものだったか。
パックピクスってパックマン書いて色々やるやつだったもんなぁ。
で、ピクトチャット2は新ネタが導入されていますね。
その点はフラットゾーンとフラットゾーン2みたいな感じですね。
…奥行きがあるようでないような…あるステージも。
これ、3D機能ONで見ると騙し絵みたいで面白いですよね。

Miiファイターの帽子、ネタ感が強いものが多い…って自分で言ってるw
特に、自分のキャラを再現したMiiなんかだと、着こなし難しいですね。
俺はあんまり帽子使ってないなぁ…。

WiiUステージ、「ゲーマー」!
お母さんに見つからないように大乱闘するという、クレイジーなステージのひとつですかw
見つかると、怒られてダメージを受ける!これは大乱闘所じゃないですねwww
お母さん、眼光鋭いwwwサーチライトかwww
テレビから出てくるお母さんwww
きっと、後ろの窓からもでてくるんだろうなぁ…大変だなぁwww
これ、Wii Uのソフト、「ゲーム&ワリオ」の「ゲーマー」が出典のようですね。
ワリオらしいステージと言えます。







続きから、コメント返信!

続きを読む "監視用サーチライト"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年9月26日 (金)

高級感

いつも木曜日って割と大変なんだけど、今日はそうでもなく。
久々だなぁ、こういうのw







Happy_turn_suger_butter
ハッピーターン シュガーバター味!

シュガーでバターという、朝食やデザートのような味ですかねぇ。
…何となく、リッチな感じのパッケージですね。
そして、上の方がおフランスのようなトリコロールカラー。
これも何となく高級感を漂わせている…w


Koku_ama
バター風味のコクとシュガーの優しい甘味が特徴のようですね。

…やっぱりこの文言ってアブナイ感じがむんむんしますw


Coconut_milk
…あ、ココナッツミルクパウダーも入っているんですね。
これは甘いだろうなぁ。


開けた瞬間、バターの香りが漂ってきます。
そして、シュガーの香りもふんわりと香っていますねぇ。


…あ、見た目はいつものハッピーターンと大差ないから割愛ねw


食べてみた感じもシュガーバターだ。
ほら、香りだけが強くて食べてみたらそんな味がないって事も良くありますよね。
その点、これは香り通りの味だし、安心して食べられます。


…で、感じる若干のハッピーターン何処行った感w






続きから、コメント返信!

続きを読む "高級感"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年9月25日 (木)

肥後の国

F1シンガポールGP、リザルトが違っていたんで、しれっと修正。







熊本県の阿蘇が世界ジオパークに認定されたようです。
世界ジオパークとは世界的に貴重な地形や地質が残る自然公園に対して認定されるもの。
阿蘇は世界有数のカルデラを要していますね。27万年前から9万年前までに4回巨大噴火をしているらしく、その過程で誕生しているようです。
今も噴煙を上げている中岳やカルデラ内に広がる草千里等、多彩な火山地形が広がっているので、そういう点が評価されたらしい。

また、2010年に認定されていた京都、兵庫、鳥取に跨がる山陰海岸も再認定されたとの事。
しかも、指定範囲が広がったらしい。
日本の物件では初めての事とか。







続きから、コメント返信!

続きを読む "肥後の国"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年9月24日 (水)

過去と未来

軍艦島の愛称で知られる端島。
明治時代の遺産で構成される物件の1つとして来年の世界遺産登録を目指しているようですが…。
日本最古と言われる鉄筋コンクリート作りのマンション等の数棟がいつ倒壊してもおかしくない状態なのだとか。
建築の世界では大破状態と表現するのかな…。
これは世界遺産への登録を目指すなら是非とも阻止したい所ですね。
それだけでなく、端島の景観を失う事にも繋がるので、修復・保全に努めて貰いたいですねぇ。
…現代の技術じゃ修復不能なものもあるらしいけど。。





ベルギーでガイマイゴミムシダマシの幼虫(ミールワーム)を使ったバーガーを販売するそうで。
なんでも、冷凍乾燥させたミールワームを擂り潰して小麦粉やニンジン等と混ぜ合わせるようです。
ベーコンに似た味だとか…。

高たんぱくで栄養価の高い食材という事で注目されていたようで…ベルギー政府が食品として使用する事を許可したからこのようになったのだとか。
他にも、ナゲットやカツレツも販売するとの事…。
栄養満点だけど、牛肉使うよりはまだ高価みたいね。

他にも、イエコオロギとかトノサマバッタ等10種類を食用にできる事になったらしいよ…。
うーん、ちょっと、虫は苦手だからなぁ…。

…あ、ジャムとかもあるのねw







続きから、コメント返信!

続きを読む "過去と未来"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年9月23日 (火)

逆転ハイウェイ

いやぁ…終盤に入ってからやられた!
まさか、まるっと漏れているとはね…。

という事で、さっき帰ってきました。
さっさと寝ようと思います…。







続きから、コメント返信!

続きを読む "逆転ハイウェイ"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年9月22日 (月)

週末アドレナリン

今日は蒼蟲さんとポケモンXY、そしてスマfor3DSで通信対戦をしていました。
いやぁ、どちらも敵わないなぁ…。
これは凹む結果ね。

ただ、良い所がなかったという訳でもありません。
ポケモンではローテーションバトルで最後の判断ミスがなければおそらく勝てていた所でした。
リフレクター張って、ステロ撒いて、いちゃもん付けていたおかげでここまで行けたのかと。
後、とびひざ外してくれた事と、きあいだま連射しても外さなかった所(ここ重要
折角まんボ封じてボルチェンしか出せないようになってたのになぁ…。残念。

スマforでは最初のサシ対決でマルスを選択してマリオに勝てた事くらいでしたね。
キャラの性質的に、マルスもフォックスもマリオ苦手なんだよなぁ…。

タイムアップ寸前に俺のファルコンと蒼蟲さんのシュルクが相打ちして終わったのは劇的な終わり方だったなぁ。
ゲッコウガできりふだもドラグーンも外しておいて勝っていたりとか…。

ところで、うちは3DSを無線でネットに繋いでいるんですが、ちゃんとサクサク動いてくれてて助かりました。
思ったより全然悪くなかったですね。







F1シンガポールGP決勝!

ロズベルグにステアリングのソフトウェアトラブル発生!
ステアリングを交換しています。
フォーメーションラップ前にステアを切って気にしているなぁ…。

フォーメーションラップ、スタート!
…おっと、やっぱりというか、ロズベルグがスタートできていません。
ピットレーンに押し戻されています。

…おっと、可夢偉もマシントラブルか?
エスケープゾーンでストップ。
マシン後部から微かに白煙が…。

ロズベルグはピットレーン入り口にスタンバイ。
ステアリングを再び交換したようです。

可夢偉のマシンに消火器がかけられる。
これはあかんか…。
チームのツイッターによると、オイル漏れとの事。


シグナルがブラックアウト!

ライコネンが良いスタート!
アロンソも良いぞ!
マッサも良いスタートだけど、より汚れている偶数グリッドだと蹴り出しがイマイチ。

1コーナー!
おっと、アロンソが止まれずにコースオフ!
でも、2番手を維持。
マッサ、バトン、ボッタス、マグヌッセンが激しいバトルを展開中。
順位がコロコロ入れ替わっています。

アロンソがベッテルを先に行かせました。
1コーナーでコースオフしたので、ペナルティを受けないようにする措置ですね。
もしかしたら、リチャルドも前に行かせた方が良いかも知れない、との事。
これでベッテルが2番手。

ヒュルケンベルグ無線、フロントウイングをチェックしてくれ、と言っています。
接触があったか?

ロズベルグは一応コースに出ていますが、最後尾の21番手です。


2周目、ペレスの無線。
ヒュルケンベルグと同じく、接触による影響があったか?

アロンソのコースオフによるショートカットが審議になりました。
…問題なしか。

続いて、マグヌッセンにもショートカットによる審議が入りました。
マッサやバトンとのバトル中にコースを外れていたからのようです。

ベッテルがここ数周ファステストを出してハミルトンを追っていますね。


8周目、ロズベルグはチルトンをかわして20番手を走行中。
でも、エリクソンをかわせていません。
ソフトウェアトラブルの影響でしょうか。
2周目には無線で「ギア選択しか機能が使えていない」と言っていたようですし、ギアはシフトすると一気に2つ変わるみたいですし。

今回は市街地レース。
ロータス勢、ザウバー勢は久々のポイント獲得に期待がかかりますね。
クビアト、ヒュルケンベルグ、マルドナドやグティエレス、ペレス、グロージャンがバトルしています。

ロズベルグに無線。
ピットレーン速度を超過しないように指示が与えられています。
つまり、ピットレーン用のリミッターが機能していない可能性があるという事。
まぁ、ギアシフトしかできないっつってるんだからなぁ。


11周目、まずはマッサがタイヤ交換。
2.6秒…よし、早い!
…お、クビアトは早速ソフトに交換してますね。
この辺から1回目のピットインをする時間帯に入ります。

おっ、マッサがライコネンの前にいる。
アンダーカット成功ですね。


13周目、レッドブルはダブルピットイン!
中々攻めているなぁ。
リチャルドはそれを行うので、少しペースを抑えていたみたいだけど。


14周目、ベルニュに審議?

ロズベルグがピットイン!
ゆっくりピットボックスに入ってきたな…。
ソフトタイヤに換えて、ブレーキを冷やしつつステアリングを交換。
ブレーキは冷やして、タイヤはタイヤウォーマーで暖めて。
…あれ、やっぱ動かない。
いくら操作してもギアがニュートラルから変わりません。
ロズベルグがダメだとジェスチャーをしています。
無線でリタイアしてい良いよとの許可が出ています。
エンジンを止めてリタイア!
ハミルトンがこのまま優勝すればロズベルグを逆転する事になる、ターニングポイントになりそうですね。

マシンをガレージに戻して、チェックしている所でしょうか。
ロズベルグはマシンから降りていますが、ヘルメットはしたまま。
左足をとんとんと動かしてフラストレーションが溜まっていそうな感じですね。
…あ、チーム代表のトトが声をかけている。


でっていうCM。


21周目、ベッテル対アロンソの2位争い。
アロンソがベッテルに近付いてきています。

…それにしても、スーパーソフトだからかな、タイヤカス多いなw

ハミルトンとベッテルの差は既に10秒付きました。
メルセデスはやっぱ速いわ。
これは余裕だろうなぁ。


23周目、マッサが2回目のピットイン。
今度はソフトタイヤですか。
タイヤ交換時間は2.4秒、良いね!
早いよ!
…ただ、ちょっとピットストップするタイミングが早い?

マグヌッセンが1コーナーでコースオフしてたようですが、問題はなさそうです。


24周目、ボッタスもピットストップ。
こちらもソフトタイヤにチェンジ。
先程は3秒越えたけど、今回は2.5秒だ。
…ウィリアムズ勢は早め早めのタイヤ交換なのね。


25周目、アロンソがピットイン!
こちらは引き続きスーパーソフトだ!

マッサがヒュルケンベルグをかわしている。
このまま順調に行ってもらいたいものだ。


26周目、ベッテルがピットイン!
こちらはソフトタイヤだ。
アロンソが余裕を持ってベッテルの前に立ちました。
アンダーカット成功ですね。

…グティエレスがリタイアしてる。
いつの間にかリタイアしているからなぁ…。


27周目、トップのハミルトンがピットイン。
4.7秒、少しゆっくりだけど、余裕ある感じ。
…あぁ、フロントウイングのデブリを取っていたからか。
タイヤは引き続き、スーパーソフトだ。


…ほう、ベルニュがファステスト。


アロンソが2番手。
ファステストを出してハミルトンを追う態勢ですかね?


31周目、ペレスのフロントウイングがぷらぷらしてる…。
あ、落下!
マシンの下に入り込んで粉々に砕けた!

セーフティカー!
シンガポールのセーフティカー導入率は100%、今年も入りました。


…成程。
スーティルとのバトル中、リアタイヤを当てられてダメージを負ったようだ。
スーティルもタイヤが切れてなければ良いんだけどねぇ。

セーフティカーが入った事により、アロンソ、バトン、ライコネンがピットイン。
全員ソフトタイヤに交換しています。


でっていうCM。


36周目、スーティルにショートカットによる審議が入ったようです。
バトル中かな?


38周目、リスタート!

ハミルトンは上手く加速してトップを維持。
ハミルトン、ベッテル、リチャルド、アロンソ、マッサ、ボッタス、バトン、ライコネン、ベルニュ、マグヌッセンのトップ10。

ハミルトンはすぐに逃げの態勢を作り出しています。
1周で3秒6もギャップを広げるとは…。
ベッテルが抑えているのもあるのか?

ボッタスの無線。
今のタイヤでチェッカーまで持っていくという内容だ!
マッサにも同じ指示!
ただ、ちょっと疑問符ついてるっぽい。


40周目、ソフトタイヤに履き替えたアロンソのペースが上がっていない?
それとも、抑えている?
ハミルトンとベッテルの差は6秒にまで広がっています。
ハミルトンはまだタイヤレギュレーションを消化していないので、もう1度タイヤ交換しなければなりません。
その為に27秒はギャップを築きたい、との事。

ベッテル無線。
ベッテルも今のタイヤでチェッカーまで行くよう指示が入った!
さて、上位勢は今のソフトタイヤでチェッカーまで走り切る事が目標。
当然、ハミルトンを出し抜く為というのもありますね。
どうなるかな…?


44周目、マルドナド、グロージャン、ペレスという暴れん坊トリオが揃っています。
危険な香り言うなwww
ポイント圏外のバトルですが…。
そういや、グロージャンは市街地レース好きだったよな。

グロージャン、シケインでリアをスライドさせています。
フランス人を南米サンドイッチ状態www


45周目、ペレスがピットイン。
スーパーソフトに替えましたね。
大半はソフトタイヤなので、オーバーテイクに期待。
どんな追い上げを見せてくれるでしょうか?

…あれ、スーティルもリアタイヤしておる。
ザウバーは店仕舞いかぁ。
今だ無得点。


46周目、アロンソがペースを上げてきたみたいです。
そろそろピットインするであろうハミルトンを見据えてペースを戻してきたのかな?
ハミルトンはベッテルとのギャップを17秒に広げていますが、まだピットインしたらトップは維持できないタイム差ですね。
他のマシンのタイヤが古いんで、新しいタイヤのハミルトンはまぁ訳なくオーバーテイクできるでしょうが…。
抜き難いサーキットだし、数人をオーバーテイクしなければならないのは大変ですね。
少しでも前で戻りたい事でしょう。


51周目、ハミルトンとベッテルの差は24秒くらいかな?
まだもう少し足りないが、ハミルトンのタイヤも限界。
ラップタイムが落ちたり戻ったり。
ベッテル以下も苦しそうではありますが。


53周目、いよいよハミルトンがピットイン!
タイヤ交換時間は2.9秒、ピットクルーはしっかり仕事をこなしましたね。
さぁ、ハミルトンがピットボックスを離れます。
ベッテルはホームストレートに入った!

ベッテルがトップに立った!
ハミルトンは2番手!
すぐ後ろにリチャルド、アロンソがいます。
ハミルトンはリスクを最小限に抑えた感じですね。
そして、周りが古いタイヤであるのに対して、ニュータイヤ。
ベッテルは逃げ切れるか?
…あ、ハミルトンがすぐに接近できています。
ハミルトン、ベッテルを追い詰める!


54周目、ハミルトンがベッテルをかわしてトップに返り咲く!
かわす相手が1人ってのが楽でしたね。
リチャルドやアロンソの後ろだったらちょっと厳しかったのかも?
アロンソからかなり離されてマッサがいて、更に離れてボッタスがいるので、あってもアロンソの後ろくらいでしたが。

あ、黄旗…。
バトンがコース脇でストップしてしまいました。
突然パワーを失ったようですね…。
ポイント圏内を走行していただけに、残念な結果となりました。


55周目、ベルニュに5秒ストップペナルティ。
ここまできたら、レース中にペナルティを受けずに、レースタイムに5秒加算ペナルティを選択するだろう。


58周目、アロンソがベッテル、リチャルドに接近し、3台による2位争いが展開されています。

…あ、残り時間出てきたwww

ペナルティが決定しているベルニュがアグレッシブに攻めています!
…あ、コーナーでヒュルケンベルグを少し押し出している。
ヒュルケンベルグの前に立ったベルニュはライコネン、ボッタスを立て続けにかわしていきました。
ベルニュはこの中では一番タイヤが新しいですしね。
これでベルニュは6番手に浮上。
…おぉ、ペレス対ヒュルケンベルグのチームメイト対決やってるw
結構危ない。


残り1分切った!
60周目、ファイナルラップ!
ペレスがライコネンをかわそうと挑みかかっています。
だけど、ライコネンの絶妙なブロックに阻まれてかわせない。

…あ、ペレスが遂にライコネンをかわした!

…あれ?
ボッタスのマシン、挙動がおかしい!
ボッタスが蓋をしていたので、トレイン状態になっていましたが…これにより、まとめてかわされて大きく後退してしまっています!
一気にポイント圏外に脱落!

ハミルトン、堂々のトップチェッカー!
マシンを左右に大きく振って、出迎えた歓声と花火に応えているようです。

13.5秒離れて、ベッテル、リチャルド、アロンソが立て続けにチェッカー。
アロンソは結局レッドブル勢をかわすことは出来ず、4位入賞です。

更に26.7秒離れてマッサが単独5位でチェッカー。
アロンソにはおいてかれたけど、タイヤマネジメントをしっかりしてよく持たせたと思う。
後ろのボッタスはマッサより1周新しいタイヤだったけど、ペースが落ちて行っていたし…。
その14.6秒後にベルニュがいましたね。


ハミルトンのこのやりきった感。
チャンピオンシップリーダーにもなったし、流石に嬉しそう。


表彰台インタビュアーはエディ・ジョーダンだwww

…顔近いよ、エディw
ベッテルとリチャルドが何やら話している。
所にハミルトンのインタビューを終えたエディが入りました。

オーストラリア出身のリチャルドはホームレースみたいなもんのようですね。
出身地のパースからだとちょっと遠いのかな?って印象だけど。


いよいよ次戦は日本GPだ!


優勝はルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2位はセバスチャン・ベッテル/レッドブル
3位はダニエル・リチャルド/レッドブル
4位はフェルナンド・アロンソ/フェラーリ
5位はフェリペ・マッサ/ウィリアムズ
6位はジャン=エリック・ベルニュ/トロロッソ
7位はセルジオ・ペレス/フォースインディア
8位はキミ・ライコネン/フェラーリ
9位はニコ・ヒュルケンベルグ/フォースインディア
10位はケビン・マグヌッセン/マクラーレン

ここまでがポイント獲得。

11位はバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ
12位はパストール・マルドナド/ロータス
13位はロマン・グロージャン/ロータス
14位はダニール・クビアト/トロロッソ
15位はマーカス・エリクソン/ケータハム
16位はジュール・ビアンキ/マルシャ
17位はマックス・チルトン/マルシャ

リタイアは…
ジェンソン・バトン/マクラーレン
エイドリアン・スーティル/ザウバー
エステバン・グティエレス/ザウバー
ニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
小林可夢偉/ケータハム


ベルニュには5秒加算ペナルティがありますが、順位は変わらないとの事でした。


ドライバーズランキング。

1位:ハミルトン/メルセデスAMG(241Pt)
2位:ロズベルグ/メルセデスAMG(238Pt)
3位:リチャルド/レッドブル(181Pt)
4位:アロンソ/フェラーリ(133Pt)
5位:ベッテル/レッドブル(124Pt)
6位:ボッタス/ウィリムアズ(122Pt)
7位:バトン/マクラーレン(72Pt)
8位:ヒュルケンベルグ/フォースインディア(72Pt)
9位:マッサ/ウィリアムズ(65Pt)
10位:ペレス/フォースインディア(45Pt)
11位:ライコネン/フェラーリ(45Pt)
12位:マグヌッセン/マクラーレン(39Pt)
13位:ベルニュ/トロロッソ(19Pt)
14位:グロージャン/ロータス(8Pt)
15位:クビアト/トロロッソ(8Pt)
16位:ビアンキ/マルシャ(2Pt)
17位:スーティル/ザウバー(0Pt)
18位:エリクソン/ケータハム(0Pt)
19位:マルドナド/ロータス(0Pt)
20位:グティエレス/ザウバー(0Pt)
21位:チルトン/マルシャ(0Pt)
22位:可夢偉/ケータハム(0Pt)
23位:ロッテラー/ケータハム(0Pt)


コンストラクターズランキング。
1位:メルセデスAMG(479Pt)
2位:レッドブル(312Pt)
3位:ウィリアムズ(187Pt)
4位:フェラーリ(177Pt)
5位:フォースインディア(117Pt)
6位:マクラーレン(112Pt)
7位:トロロッソ(27Pt)
8位:ロータス(8Pt)
9位:マルシャ(2Pt)
10位:ザウバー(0Pt)
11位:ケータハム(0Pt)


ランキングは多分これで合ってる…と思う。







続きから、コメント返信!

続きを読む "週末アドレナリン"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年9月21日 (日)

闇夜を照らす道

いやぁ、起きられた!
夜中の着信には気付かなかったけど!w

ここ最近のリズムと違うからか、午後も夕方頃になると眠気がだなぁ…。
いやぁ、割と疲れるね、うん。





…スマfor3DSのサウンドテスト「初期化爆弾の恐怖(原曲)」、ちゃんと初期化爆弾撃破時のサウンド入るのねw
本編のサウンドテストだと入ってなかったと思うんだけどw







F1シンガポールGP!
市街地ナイトレースも7回目か…。

マッサは初代ポールシッターなのよね。
さて、今回はどうだろう?

…お、ボッタスのヘルメット、頭頂部にシンガポールの国旗デザイン?
特別ヘルメットかな?


Q1
ロズベルグが早速アタックを開始していますね。
まずはソフトタイヤでの走行。
…あ、ミスった。
ブレーキがちゃんとできなかったのか、止まれずにコースオフしてエスケープゾーンへ突っ込む。
黄旗。
リバースギアを使ってコース復帰していますね…。

ボッタスがトップタイム!
1分48秒743、中々良いタイムのようですね。

…お、ライコネンがボッタスを上回ってトップタイム!
そのすぐ後ろにいたアロンソが更にタイムを更新してトップ!
フェラーリ勢が元気ですねぇ。

ハミルトン、トップタイム!
1分47秒847…47秒台入りましたね。

ロズベルグのオンボードでグロージャンがコーナーでコースオフしていた場面が映っています。
エスケープゾーンに突っ込んでいますね…。
小松さん無線によると、ブレーキトラブルか?

残り8分、グティエレスがスーパーソフトで2番手タイム!
これは各チームへの影響が大きそうですね…。
ロータスはスーパーソフトでグロージャンが7番手、マルドナドが10番手。
グロージャンはちゃんと走れているようですね。

リチャルド、スーパーソフトでトップタイム!
…おぉ、ヒュルケンベルグもスーパーソフトでトップタイム!
ライコネンがセクター1、セクター2ファステストできています…ライコネンがトップタイムだ!
1分46秒685…!
同じく、スーパーソフトを履いているバトンは2番手につけました!
ベッテルは5番手だ。
アロンソが2番手!
ハミルトン、スーパーソフトを履いたものの、3番手タイム。
…前のフォースインディアに引っ掛かった?

チェッカー!

スーティルが16番手、ロータス勢を上回っています。
ビアンキが19番手に飛び込み、可夢偉を上回りました。
うーん、残念。
グロージャンが13番手に飛び込み、スーティルがノックアウト!
マルドナドはタイム更新できず、18番手。
ノックアウトです。


でっていうCMだw


Q2
…お、ライコネンが行った。
ハミルトンもスーパーソフトを履いてコース上へ。
ウィリアムズ勢は中古タイヤでのアタックのようです。

ライコネンがまずは1分46秒359でベンチタイムをマーク。
アロンソが1分46秒328でトップタイム!
ハミルトンがアタック中。
マーライオンコーナーで若干ステア修正入れてましたが、1分46秒287でトップタイム!

…あ、リチャルドがミスしとる。
グロージャン、縁石に当たったかで何か落とした?
破片は後でマーシャルが拾ったようです。

残り4分。
10番手以下にいるフォースインディア勢、ウィリアムズ勢とグティエレスがコースへ向かいました。
マッサ、ボッタス共に良い感じでアタック中。
ウィリアムズのタイムを見て、バトンやベッテルが動きましたね。
5番手のロズベルグまでが再びコース上に出ましたね。

マッサ、4番手!
ボッタスは8番手。
…うおぉ、マッサ、縁石で跳ねてる!

グティエレス、セクター3。
一番狭い観客席下を通過してコーナーを曲がる。
リアタイヤがスライドしてるなぁ…。
14番手、ノックアウトだ。
ペレスは15番手でした。

ザウバーのガレージにギエド・ヴァン・デル・ガルデがいますね。

…なんと、バトンが11番手!
ここでノックアウト!
ベルニュも12番手でノックアウトですね。
ロズベルグがトップタイム!
1分45秒825と一人だけ45秒台に乗せてきました!


Q3
リチャルドのアタック!
うっわぁ…ウォールギリギリですねぇ…。

…お、マッサがトップ!
以下、リチャルド、アロンソ、ライコネン、ボッタス、ハミルトン、ロズベルグ、ベッテル、クビアト、マグヌッセンという順位。
マッサ、このまま行けるか?


さぁ、残り2分半、各車ラストアタックへ入って行きます。
まずはウォームアップ走行…ライコネン無線。
…なんと、ライコネンにマシントラブル!
パワーがなくてアタックできない!
これまで好調だっただけに、これは惜しい…。

リチャルドが渾身のラストアタックをかましています!
…おぉ、1分45秒854!
45秒台に乗せてきてトップタイムだ!
そしてこの大歓声!
さぁ、このままトップを維持できるか?

ハミルトンがアタックに入った…おっと!
1コーナーでスモークを上げているぞ!

マッサは2番手…うーん、惜しい…!

ロズベルグがリチャルドを上回った!
1分45秒688…トップタイムだ!

最後にハミルトンが来た!
1分45秒681、ロズベルグを抑えてポールポジション獲得!
ロズベルグは無線で0.07秒差でポールを逃したと聞いて「チクショー!」と叫んだそうです。


…終わってみれば、やっぱメルセデスに次点レッドブルか。


徹子の部屋。
ロズベルグ、口の両脇が黄色いねぇ…なんだろうねぇ。
そういや、今回の湿度、82%とかw


ポールポジションはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2位はニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
3位はダニエル・リチャルド/レッドブル
4位はセバスチャン・ベッテル/レッドブル
5位はフェルナンド・アロンソ/フェラーリ
6位はフェリペ・マッサ/ウィリアムズ
7位はキミ・ライコネン/フェラーリ
8位はバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ
9位はケビン・マグヌッセン/マクラーレン
10位はダニール・クビアト/トロロッソ

11位はジェンソン・バトン/マクラーレン
12位はジャン=エリック・ベルニュ/トロロッソ
13位はニコ・ヒュルケンベルグ/フォースインディア
14位はエステバン・グティエレス/ザウバー
15位はセルジオ・ペレス/フォースインディア
16位はロマン・グロージャン/ロータス

17位はエイドリアン・スーティル/ザウバー
18位はパストール・マルドナド/ロータス
19位はジュール・ビアンキ/マルシャ
20位は小林可夢偉/ケータハム
21位はマックス・チルトン/マルシャ
22位はマーカス・エリクソン/ケータハム







続きから、コメント返信!

続きを読む "闇夜を照らす道"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年9月20日 (土)

疑似流星

今日も昼に起きた…ギリギリ\(^O^)/
ホント、最近このスタイルになっちゃって…。
直すのは大変そうだなぁ。

…って所で、明日は早いんだよなw
起きれるように頑張らないとなぁ。




で、スマforですが…
ひたすらトレーニング。
行き帰りにサウンドテスト聞いたりとかしてますけど。
寝る前に少しサウンドテスト聞いてると、高確率で寝落ちするw


で、トレーニング。
俺はスマデラから割とスピード1/4にしてキャラのモーション観察する事が多いんだけど…今回は新キャラやワザの刷新が多いんで、少しでも把握しようとトレーニングでワザについて確認中。
今の所は…
・多段ヒットワザのダメージ量が減っている
・空中後ろ攻撃に吹っ飛ばし力の高いワザが多い
・上投げに吹っ飛ばし力の高いワザが多い
・ダッシュ攻撃が全体的に隙が少ないものが多くなっている?
・疑似メテオスマッシュがなくなっている可能性あり(どれもメテオスマッシュと同じヒット音がする為。つまり、全ての叩き落とし系について、メテオ返しが可能?)
・一部キャラが持っている空中下の多段ヒットワザに関して、吹っ飛ばし力が従来より高めに設定されている?(つまり、とあるキャラの空中下で切り込んで一撃を叩き込むコンボが使い難くなっている)
・とあるキャラにおいて、従来だと必殺ワザ後落下になるワザが必殺ワザ後落下にならなくなっている(明確にメテオスマッシュできるようになった為かと思われる)
・きりふだのダメージが減っているものがある(C.ファルコンのブルーファルコンとかC.オリマーの一日の終わりとか)

特に、オリマーのきりふだは前作スマブラXだと最高90%もダメージを与えられたワザだったかと思うんだけど、今回40だか50くらいまでに減少してるっぽい。
後、ファルコンがブルーファルコンで突撃した時のダメージが20%だか30%だかしかなくて吃驚した。
発動時のダメージ10%をプラスしても30%だか40%なのには驚きだね。


それと、フィットレは割とワザを試すのが面白いかも。
横スマッシュや強横、空中前は背後の相手にも当たるんだよね。
空中前は後ろに足を少し伸ばしてる訳だけど、相手を足先で踏むような位置でヒットさせてやると、メテオスマッシュ攻撃になる。
それと、横必殺のヘディングはヘディング自体だけを当てると、斜め下方向に叩き落とすメテオスマッシュ攻撃になる事も確認した。
…でも、全体的にリーチ短いね。
緊急回避や小ジャンプ等で巧みに相手に纏わりつくように立ち回れれば強いだろう。

ロゼッタ&チコはチコシュートでチコを切り離さなくても割と戦えるけど、やっぱりチコの位置取りによって化けるんだろうなぁ。
ガノンドロフやクッパみたいなテクニックが要求されるキャラとはまた少し違って、かなり頭を使うテクニカルキャラだと思う。
そうそう、きりふだはやっぱりあんまり強くなかったな…。

ロックマンの強横やむらびとの空中前・空中後はちょっと特殊なんで、普段多用する人はマジで気を付けた方が良いわ…w
まぁ、ロックマンやむらびとも至近距離で当てればちょっと吹っ飛ばせるけど。
むらびとも空中前より空中後の方がダメージ、吹っ飛ばし力共に高かったかと。






スマfor。


フィールドスマッシュに登場する、ゴースとゴースト。
ゴーストつっても、ポケモンではありませんね。
あいつ、盾持ってて面倒くさいよね。
…あぁ、掴みが有効だったか。
そして、ゴースは射撃系攻撃じゃないとダメージを与えられない。
ディディーならピーナッツ・ポップガンとモンキーフリップで対応できそうですねw

…そういや、まだすれちがい乱闘やってないな。
まとめて多くのファイターと戦う程儲かる…と。
つまり、沢山すれ違ってからやった方が良いですね。

「戦いの記録」も何だか豪華になってきましたねw
見ていて楽しい記録になっているなぁ。
…さて、そろそろ回数がハードになってきた人もいるのでは?

Wii U版にて復活、FEステージ「攻城戦」。
Xの時よりも更に綺麗になってるかな?
FEは作品毎に設定が異なる事が殆どだと言うことで、「攻城戦」とか「闘技場」みたいに作品を絞らないステージになるんですってね。
更に、起伏の少ない地形が多いらしいので、そこも特定の作品に絞ったステージを登場させるのを難しくしているのかもしれませんね。







続きから、コメント返信!

続きを読む "疑似流星"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年9月19日 (金)

駆け巡れ

寝不足かなぁ…ふと眠くなる時があるんだよね。
日中…っていうか、夕方ですかね。

これは…。
帰ってきてから明け方までスマforやちゃうからか…w
だから、昼頃ギリギリになって起きるし、眠くなるのかw

土曜は早く起きないといけないし、ちょっと早めに寝るかねぇ。


ところで、未だに「大乱闘」と「トレーニング」くらいしかまともにやってないわw
「競技場」をクリアゲッター開けるのに少しやって、「フィールドスマッシュ」を2回やったくらいかな。
フィールドスマッシュの敵、割と攻撃激しいねw
ポックリとか新・パルテナの「電光石火の激突」ホンキ度5.0以上に激しい気がするわw
後、割とノコノコとパタパタが激しいなぁってw

タートナックとボンカースでけぇw
これが強敵…という事なのだろう。

フリージオとドガースも中々やらしいなぁw
ドガース膨らむとめっちゃでかくなるねw







続きから、コメント返信!

続きを読む "駆け巡れ"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年9月18日 (木)

鳥の巣は巡る

昼にしか起きれなくなってるの、マズいな…。
と思うのだが、起きるのがどうしても昼になってしまうなぁ…。







っていう訳で、先週の土曜に録画したFEを月曜に観てました。
電気自動車レースと言う新しいカテゴリ、フォーミュラEですね。
ePrix、EPって略すんだねw
北京EPです。


チームは10チームあり、それぞれ2人のドライバーを走らせます。
この部分はF1と一緒ですね。
マシンは全チームが同一の規格で作られたマシンを使用する所が違います。
こうなると、セッティング能力やドライバーの腕前、チームの戦略、オーバーテイクの上手さ、エネルギーマネージメントやタイヤマネージメントの上手さが試される訳ですね。

取り敢えず、チームとドライバーを書いておかないと分からんなw


アウディ・スポーツABTフォーミュラEチーム(ドイツ/アルゴイ)

ハンス=ユルゲン・アプトがチーム代表を務めています。
チームはアプト・スポーツラインというモータースポーツや自動車チューニングを行う会社が運営しているようです。
アウディとの繋がりが強そうなので、そういう縁でアウディの名前を使ったチームになったのかもしれません。

ドライバー
No.11 ルーカス・ディ・グラッシ/ブラジル
No.66 ダニエル・アプト/ドイツ

ディ・グラッシは2010年にF1初参戦したヴァージンで走っていました。その後、WECでアウディを走らせていたうえ、フォーミュラEのテストドライバーを務めていました。
アプトはチーム代表、ハンス=ユルゲン・アプトの息子です。最初からフォーミュラE参戦に名乗りを上げていました。GP3チャンピオンで、GP2でレースしている人のようです。


アムリン・アグリ・フォーミュラEチーム(日本/東京)

かつてスーパーアグリという名前でF1に参戦していたチームです。
勿論、元Fドライバー、鈴木亜久里さんのチーム。
彼は会長という肩書きのようですね。
アムリンはイギリスの大手保険会社のようです。

ドライバー
No.55 佐藤琢磨/日本
No.77 キャサリン・レッグ/イギリス

琢磨は元F1ドライバーで、現在はアメリカのインディシリーズに参戦していますね。F1、インディどちらでも優勝しています。
レッグはFEに参戦する女性ドライバーのうちの1人。ドイツツーリングカーシリーズ(DTM)やインディに参戦していたドライバーです。
琢磨はレッドブルの育成ドライバーであるアントニオ・フェリックス・ダ・コスタ(ポルトガル)の代役で参戦しています。
今後も出番があるでしょう。
また、ファビオ・ライマー(スイス)をリザーブドライバーに起用しています。


アンドレッティ・フォーミュラE(アメリカ/インディアナポリス)

アメリカでインディに参戦しているチームです。
チーム社長、会長兼CEOはマイケル・アンドレッティ。
F1とインディのチャンピオン、マリオ・アンドレッティを父に持ち、息子のマルコもレーシングドライバーである。

ドライバー
No.27 フランク・モンタニー/フランス
No.28 シャルル・ピック/フランス

モンタニーはスーパーアグリでF1に参戦したドライバーです。インディ含め、複数のカテゴリでレースをしてきた人ですね。
ピックは2012年にマルシャでF1デビューし、去年はケータハムでドライブしていましたね。今年はロータスのリザーブドライバーになっています。
また、マシュー・ブラバム(オーストラリア)をリザーブドライバーに起用しています。3度のワールドチャンピオン、ジャック・ブラバムの孫で、ルマンウィナー、ジェフ・ブラバムの息子でもあります。


e.ダムス・ルノー・フォーミュラEチーム(フランス/ル・マン)

ジャン=ポール・ドゥリオと元F1ドライバーのルネ・アルヌーが共同で設立したレーシングチーム、DAMS が所有するチームです。ルノーはメインのスポンサー…だと思うw
チームの共同設立者はドゥリオと4度のF1チャンピオン、アラン・プロスト。

ドライバー
No.9 セバスチャン・ブエミ/スイス
No.8 ニコラス・プロスト/フランス

ブエミは元々レッドブルの育成ドライバーで、F1ではトロロッソをドライブしていました。現在もレッドブルのリザーブ・テストドライバーです。また、トヨタでWECにも参戦しているので、すっかりお馴染になりましたね。横浜にレッドブルのデモ走行に来たし。
プロストはアラン・プロストの息子。
…うん、似てる。
彼もWECで活躍中です。


ヴァージン・レーシング・フォーミュラEチーム(イギリス/ロンドン)

2010年にHRT、チーム・ロータス(現ケータハム)と共にF1に参戦していたヴァージン・グループが再びレーシングの世界に飛び込んできました。F1チームとしてのヴァージンは撤退。チームはマルシャとして現在も参戦しています。
ヴァージンの設立者、リチャード・ブランソンは今回、表には出てこないものの資金を提供するとの事。
懲りないっつーか、なんつーか。

ドライバー
No.3 ハイメ・アルグエルスアリ/スペイン
No.2 サム・バード/イギリス

アルグエルスアリはレッドブルの育成ドライバー出身。史上最年少でイギリスF3チャンピオンに輝き、史上最年少でF1に参戦。フォーミュラ・ジュニア・ルノー1600やイタリア・フォーミュラ・ルノーといったカテゴリーでも最年少記録を持つ。F1ではトロロッソから走っていました。トロロッソを解雇された後はF1のタイヤサプライヤー、ピレリのテストドライバーとして活動。またDJとしても活動しているぞ!
バードはあんまりよく分からないけど、イギリスF3やGP2で活躍していたようだ。どっかで見た事ある名前だな…と思ったら、メルセデスのリザーブドライバーを務めていたからだったな。F1とも関わりがあるドライバーだったようだ。


ヴェンチュリー・フォーミュラEチーム(モナコ/モンテカルロ)

ヴェンチュリーはフランスの自動車メーカーが所有するチームです。
チーム共同設立者は4名おり、そのうちの一人に俳優のレオナルド・ディカプリオがいます。
F1にはそっくりさんが走っていますねw

ドライバー
No.23 ニック・ハイドフェルド/ドイツ
No.30 ステファン・サラザン/フランス

ハイドフェルドは「ステルス・ニック」の異名を持つ、ベテランドライバー。F1に11年在籍し、現在はWECに参戦中のようだ。ザウバー及びBMWザウバー、ジョーダン、ウィリアムズ、ロータスと数々のチームに在籍していた。2010年はピレリのテストドライバーを務めていたが、ペドロ・デ・ラ・ロサに代わってザウバーから復帰。可夢偉のチームメイトを務めた。
サラザンはトヨタからWECに参戦しているベテランドライバー。F1ではミナルディから1戦のみに出走し、プロストGPやトヨタのリザーブドライバーも務めた。WRCではスバル・インプレッサを駆っていたとか。2013年は地元大会のみに参加してたっぽい?


チャイナ・レーシング・フォーミュラEチーム(中国)

あんまりモーターレースの世界では名前を聞かない、中国のチーム。
なんでも、国家プロジェクトらしいぜ…。
マネージャーに元F1ドライバーのエイドリアン・カンポスを務めていたを迎えています。カンポス・レーシングを立ち上げてF1に参戦しており、2010年には今はなきHRTのチーム代表として活動していました。

ドライバー
No.99 ネルソン・ピケJr./ブラジル
No.88 ホーピン・タン/中国

ピケJr.は3度のF1ワールドチャンピオン、ネルソン・ピケの息子。2008年と2009年の途中まで、ルノーからF1参戦していました。2008年のシンガポールGPでのクラッシュに端を発するクラッシュ・ゲートもありましたね。F1を追い出されてからはNASCARに参戦していました。
タンは中国系オランダ偉人のようです。F3やGP2等数々のカテゴリーに参戦。F1ではルノーのリザーブドライバーを務めており、他にもインディ500にスポット参戦したり、ル・マンに参戦したりと世界を渡り歩いています。
また、アントニオ・ガルシア(スペイン)をリザーブドライバーに起用しています。
これはカンポスの影響でしょうか。


トゥルーリ・フォーミュラEチーム(スイス)

イギリスのレーシングチーム、スーパーノヴァが運営しているチームです。スーパーノヴァ自体、著名なドライバーを多く手がけていますね。最近だとGP2チームにマーカス・エリクソン(今はケータハムでF1に参戦中)がいました。
元F1ドライバーのヤルノ・トゥルーリが共同設立者。チームを立てておいて、自分が走るっていうのは一昔前まではちょいちょいあった事ですね。お金持ってるな、ワイン農家…w
チーム代表とかは別の人にやってもらってますね。
チーム国籍がスイスなのは多分税金とかなんかそういうあれかなーって。
参戦表明していたドレイソン・レーシングから参戦権を譲り受けての参戦です。

ドライバー
No.10 ヤルノ・トゥルーリ/イタリア
No.18 ミケーラ・セルッティ/イタリア

トゥルーリはイタリア出身のベテランドライバー。ルノーやトヨタ等でF1に出走し、ルノー在籍中にモナコで優勝しています。しかも、これが初優勝。かなり遅い年齢での初優勝だったかなー。
セルッティはフォーミュラEに参戦する女性ドライバーのうちの一人。AUTO GPに参戦しています。父親もレースドライバーだったらしい。女性である事、チームを運営するスーパーノヴァに所属するドライバーである事、トゥルーリと同郷である事が起用された理由に含まれているのでは、と思います。


ドラゴン・レーシング・フォーミュラEチーム(アメリカ/ロサンゼルス)

インディにも参戦しているチームです。
ジェイ・ペンスキーがチームオーナー兼社長。
元レーシングドライバーで実業家のロジャー・ペンスキーの息子だそうです。
ペンスキーと言うと、インディの名門チーム、チーム・ペンスキーが思い浮かびます。ロジャーはそのオーナーですね。
どちらもインディに参戦しているチームですねぇ。

ドライバー
No.7 ジェローム・ダンブロジオ/ベルギー
No.6 オリオール・セルビア/スペイン

ダンブロジオはヴァージンからF1に参戦しており、ロータスではリザーブドライバーも務めていました。その後観なくなっちゃったなぁ…と思ってました。
セルビアはCAETやインディに参戦しているドライバー。インディの下位カテゴリー、インディ・ライツで優勝した事もあるとか。機械工学の学位も持っているとか。


マヒンドラ・レーシング・フォーミュラEチーム(インド/ムンバイ)

アナンド・マヒンドラという人が会長兼MDを務めるインドのチームです。
マヒンドラはインドの自動車製造会社だそう。
インドでのモータースポーツといえば、やっぱりF1に参戦しているフォースインディアでしょうかね。
割とモタスポ好きだな、インド人…。

ドライバー
No.21 ブルーノ・セナ/ブラジル
No.5 カルン・チャンドック/インド

ブルーノは言わずと知れた、4度のワールドチャンピオン、アイルトン・セナの甥。F1ではHRT、ロータス、ウィリアムズに所属していました。その後、WECでアストンマーチンを駆っています。叔父のようなスピードはないかもしれないけど、安定感のある堅実な走りをすると思います。
チャンドックはHRTとケータハム(当時はチーム・ロータス)で参戦していた、インド人で2人目のF1ドライバーでした。F1の知識がとっても豊富で、「カルンペディア」との異名を取っていた程。因みに、父親のヴィッキー・チャンドック氏はインドのモータースポーツ連盟会長である。
2人は2010年のHRTでチームメイトになっており、再びタッグを組む事になりましたね。一度一緒に仕事しているし、割とやりやすいのではないでしょうか?




さて、北京でのレースですが…

電気自動車といっても、完全に静かな訳ではないですね。
マシンが近付くと、「キーン」というジェット機のような甲高い音が聞こえます。
また、シフトダウンの音も聞こえますね。
何だかんだ言われてましたが、俺は良いと思うなぁ。
…そうそう、タイヤの構造が違うから少なかったけど、コーナリング時にタイヤが鳴く音も多少聞こえました。

フォーメーションラップはF1よりもペースが遅く、タイヤを暖める「ウェービング」も控え目に少しやってたくらいでしたね。
バーンアウトさせるのもかなり控え目。
充電池でピットインはマシン丸ごと変更だから、フォーメーションラップも消費電力を抑える事を念頭にこなさなければならないようですね。
だから、ペース遅いし大きな動きも起こせない訳だ。
こりゃあ、タイヤに熱入れるのも一苦労だな…。
だからか、1コーナーは各車慎重なアプローチで混乱はありませんでしたね。


ピットインはワンメイクのマシン故に割と固まって入ってくる事が多そうですね。
特に、中団勢なんかはバトルしてるから消費電力が激しくてタイミングが一緒になりやすいのではないかと思います。
で、ピット作業はかなり大変ですね…。
ル・マンとか狭いコックピットをドライバーが出入りするのも大変だと思うけど、これもマシンを丸ごと乗り換えですからねぇ。
シートベルト装着とかでかなり時間かかりますね。
これもチームクルーとの共同作業なので、スムーズに行くか行かないかで順位が大きく変わるみたいですね。

で、ピットストップには時間制限が設けられているようです。
まず、ガレージにいられる時間。
これは上限時間が決まってるらしく、長くい過ぎてはいけないようです。
で、コースに復帰する時間。
こちらは下限時間が決められており、その時間を過ぎないとコース復帰できないんだとか。
その下限時間ってのは、はほぼ1周分くらいらしいです。

ピットストップの時間がかかるからか、順位を把握するのが難しいわwww
で、全員済んでみたら結構シャッフルされるのな。
最初のスティントではスタート時と同様、プロストがトップでディ・グラッシとアプトが続く形でしたが、ピットイン後ではプロスト、ハイドフェルド、ディ・グラッシと続いて、後方から追い上げてきたモンタニー、そしてアプトと大きく順位が変わっていました。


そうそう、市街地サーキットだからか、所々で黄旗が振られてました。
ブエミがリアタイヤのフェアリングを落とした時も出てた…かな?

市街地という事で、バトルが少ないかとも思ったんだけど、まぁ…頻繁にではないにしろ、バトルはありましたね。
ピケjr.と琢磨のバトルも白熱していたしなぁ。
サイド・バイ・サイドでバトルしていたし。
そうそう、アンドレッティの2台が並んでコーナーに入り、ウォールギリギリあわや接触…なんて場面もありましたね。
チームメイトに対して怒るピックがオンボードで映し出されていましたけれども。
ウォールギリギリってのは結構ある場面でしたね。

オープニングラップで琢磨とブルーノが接触して、ブルーノの左フロントのサスが破損。
リタイアとなるといったクラッシュもありました。
これでコース上にマシンが止まってしまったので、セーフティカーが入りましたね。
セーフティカーも電気自動車です。
BMW i8というスポーツカーですが!
セーフティカーが入ると、消費が減るので、リスタート時は皆ウェービングを入念にできていましたね。
この辺は現行のF1と変わらないようです。


国際映像、やっぱりオンボードカメラでリプレイやってくれるんですね。
スタートリプレイとか。
後方オンボードやノーズの前方オンボードが登場していました。

やっぱり、初めてのレースだからトラブルも多かったみたいですね。
予選ではトゥルーリ、ブルーノ、サラザンがタイムを記録できず。
トゥルーリはリアウイングが吹っ飛んだと聞いたんだけど…。
フォーメーションラップではチャンドック、サラザン、トゥルーリがスタートできず。
チャンドックはその後でスタートできて、フォーメーションラップに参加。
レースも走れましたが、トゥルーリはそのままレースもスタートできず、リタイアしていましたし。
タンもトラブルかな?でピットレーンスタートだけど、スタートできてませんでしたしね。
後でスタートできていたみたいですけど。

そして、琢磨もバトル中にマシントラブルを起こしてコース上でストップ。
黄旗が出てましたなぁ。
回復できたようですが、周回遅れにはなってましたね。

ブエミも落とし物したりとかありましたが、最終的にはガレージに戻ってリタイアしていましたし。
テストでは速さを見せていただけに、悔しい開幕戦となった事でしょう。


…ところで、地上波で延長なし、LIVE放送だからだろうけど。
ラスト2周でプロストとハイドフェルドのトップ争いが熱い時に時間切れで放送終了していました。
まぁ、BSで観られたようですが。
因みに、この後ファイナルラップの最終コーナーで2人が接触して大きなクラッシュになったようです。
凄い劇的な結末じゃないですか!
そして、プロストはこのクラッシュの要因を作ったとして、次戦で10グリッド降格ペナルティを受けています。


予選
ポールポジションからはニコラス・プロスト/e.ダムス
2番手からはルーカス・ディ・グラッシ/アウディ
3番手からはダニエル・アプト/アウディ
4番手からはカルン・チャンドック/マヒンドラ
5番手からはフランク・モンタニー/アンドレッティ
6番手からはニック・ハイドフェルド/ヴェンチュリー
7番手からはハイメ・アルグエルスアリ/ヴァージン
8番手からはシャルル・ピック/アンドレッティ
9番手からはセバスチャン・ブエミ/e.ダムス
10番手からはネルソン・ピケJr./チャイナレーシング
11番手からはオリオール・セルビア/ドラゴンレーシング
12番手からはサム・バード/ヴァージン
13番手からはジェローム・ダンブロジオ/ドラゴンレーシング
14番手からは佐藤琢磨/アムリンアグリ
15番手からはホーピン・タン/チャイナレーシング
16番手からはキャサリン・レッグ/アムリンアグリ
17番手からはミケーラ・セルッティ/トゥルーリ
18番手からはヤルノ・トゥルーリ/トゥルーリ
19番手からはブルーノ・セナ/マヒンドラ
20番手からステファン・サラザン/ヴェンチュリー

ブエミにペナルティ。
多分、モンタニーもペナルティがあったみたい。
何があってスターティンググリッド変更されてるのか分からんw

スターティンググリッド
ポールポジションからはニコラス・プロスト/e.ダムス
2番手からはルーカス・ディ・グラッシ/アウディ
3番手からはダニエル・アプト/アウディ
4番手からはカルン・チャンドック/マヒンドラ
5番手からはニック・ハイドフェルド/ヴェンチュリー
6番手からはハイメ・アルグエルスアリ/ヴァージン
7番手からはシャルル・ピック/アンドレッティ
8番手からはフランク・モンタニー/アンドレッティ
9番手からはネルソン・ピケJr./チャイナレーシング
10番手からはオリオール・セルビア/ドラゴンレーシング
11番手からはサム・バード/ヴァージン
12番手からはジェローム・ダンブロジオ/ドラゴンレーシング
13番手からは佐藤琢磨/アムリンアグリ
14番手からはキャサリン・レッグ/アムリンアグリ
15番手からはブルーノ・セナ/マヒンドラ
16番手からはミケーラ・セルッティ/トゥルーリ
17番手からはホーピン・タン/チャイナレーシング
18番手からはセバスチャン・ブエミ/e.ダムス
19番手からはステファン・サラザン/ヴェンチュリー
20番手からヤルノ・トゥルーリ/トゥルーリ


ファンブーストはブルーノ、レッグ、ディ・グラッシが獲得していました。

決勝結果。

優勝はルーカス・ディ・グラッシ/アウディ
2位はフランク・モンタニー/アンドレッティ
3位はダニエル・アプト/アウディ
4位はサム・バード/ヴァージン
5位はシャルル・ピック/アンドレッティ
6位はカルン・チャンドック/マヒンドラ
7位はジェローム・ダンブロジオ/ドラゴンレーシング
8位はオリオール・セルビア/ドラゴンレーシング
9位はネルソン・ピケJr./チャイナレーシング
10位はステファン・サラザン/ヴェンチュリー

ここまでがポイント獲得。

11位はハイメ・アルグエルスアリ/ヴァージン
12位完走扱いはニコラス・プロスト/e.ダムス
13位完走扱いはニック・ハイドフェルド/ヴェンチュリー
14位完走扱いはキャサリン・レッグ/アムリンアグリ
15位はミケーラ・セルッティ/トゥルーリ
16位はホーピン・タン/チャイナレーシング

リタイアは…
佐藤琢磨/アムリンアグリ(17位完走だが、規定周回に足りず)
セバスチャン・ブエミ/e.ダムス
ヤルノ・トゥルーリ/トゥルーリ
ブルーノ・セナ/マヒンドラ


アプトはフィニッシュ後、ピットレーンに戻る途中に電池消費を超過した為、タイム加算ペナルティ。
それによって、バードが3位に繰り上がりました。
レッグとアルグエルスアリも同様にペナルティを受けた模様。


最終順位はこんな感じかな?

優勝はルーカス・ディ・グラッシ/アウディ
2位はフランク・モンタニー/アンドレッティ
3位はサム・バード/ヴァージン
4位はシャルル・ピック/アンドレッティ
5位はカルン・チャンドック/マヒンドラ
6位はジェローム・ダンブロジオ/ドラゴンレーシング
7位はオリオール・セルビア/ドラゴンレーシング
8位はネルソン・ピケJr./チャイナレーシング
9位はステファン・サラザン/ヴェンチュリー
10位はダニエル・アプト/アウディ

ここまでがポイント獲得。

11位はハイメ・アルグエルスアリ/ヴァージン
12位完走扱いはニコラス・プロスト/e.ダムス
13位完走扱いはニック・ハイドフェルド/ヴェンチュリー
14位完走扱いはキャサリン・レッグ/アムリンアグリ
15位はミケーラ・セルッティ/トゥルーリ
16位はホーピン・タン/チャイナレーシング

リタイアは…
佐藤琢磨/アムリンアグリ(17位完走だが、規定周回に足りず)
セバスチャン・ブエミ/e.ダムス
ヤルノ・トゥルーリ/トゥルーリ
ブルーノ・セナ/マヒンドラ


ドライバーズランキング
1位:ディ・グラッシ/アウディ(25Pt)
2位:モンタニー/アンドレッティ(18Pt)
3位:バード/ヴァージン(15Pt)
4位:ピック/アンドレッティ(12Pt)
5位:チャンドック/マヒンドラ(10Pt)
6位:ダンブロジオ/ドラゴンレーシング(8Pt)
7位:セルビア/ドラゴンレーシング(6Pt)
8位:ピケJr./チャイナレーシング(4Pt)
9位:プロスト/e.ダムス(3Pt)
10位:サラザン/ヴェンチュリー(2Pt)
11位:琢磨/アムリンアグリ(2Pt)
12位:アブト/アウディ(1Pt)
13位:アルグエルスアリ/ヴァージン(0Pt)
14位:ハイドフェルド/ヴェンチュリー(0Pt)
15位:セルッティ/トゥルーリ(0Pt)
16位:レッグ/アムリンアグリ(0Pt)
17位:タン/チャイナレーシング(0Pt)
18位:ブエミ/e.ダムス(0Pt)
19位:トゥルーリ/トゥルーリ(0Pt)
20位:ブルーノ/マヒンドラ(0Pt)


チームランキング
1位:アンドレッティ(30Pt)
2位:アウディ(26Pt)
3位:ヴァージン(15Pt)
4位:ドラゴンレーシング(14Pt)
5位:マヒンドラ(10Pt)
6位:チャイナレーシング(4Pt)
7位:e.ダムス(3Pt)
8位:ヴェンチュリー(2Pt)
9位:アムリンアグリ(2Pt)
10位:トゥルーリ(0Pt)


ポールポジションのプロストに3ポイント、決勝でファステストラップを出した琢磨に2ポイントが与えられています。
通所のポイントはF1と同じく、上位10台にまで付与。与えられるポイント数も同じようですね。

次は11月にマレーシア・プトラジャヤで行われます。







続きから、コメント返信!

続きを読む "鳥の巣は巡る"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年9月17日 (水)

サバンナの風

起きたら昼だし、地震だしで何か今日は忙しい日だなぁ…。
午後も忙しくて、少し落ち着けたのが夜くらいでしたね。
んー、こんなだったっけなぁ…?







世界遺産!

アフリカスペシャル2!!


東アフリカ、ケニアのトゥルカナ湖!
この湖の中に浮かぶ島へ。
島の中に3つの島があるよ!
この島は溶岩や火山灰でできていました。
噴火によってできた島で、噴火口に水が溜まって湖になっています。
硫黄の黄色が…まだ火山ガスが噴き出しているようだ。

…そうか、ケニア山もマグマが作った山か。


ナイル川を遡っていきます。
…やべぇ、カバが沢山www
ナイルワニもいるな?
お、アフリカゾウの群れが水浴びをしています!

マーチソンの滝、凄い数量w
ナイル川の源流の一つへ。
ウガンダの世界遺産、ルウェンゾリ山地国立公園!
ほうほう、アフリカ第3の山…なのか。
森を進むと…固有種、ジョンストンカメレオンを発見!
頭にある3つの角が特徴的ですね。
標高3000m、霧の森になっています。
湿度ほぼ100%…もわもわしていそうですね。。
コケが木に張り付いていますね。
コブ状に膨らんでいるのもある。
森林地帯を抜けると、岩場になりました。
雨が降ってきたわ…。
そして、標高5109m、ルウェンゾリ山頂。
キリマンジャロと同じく、氷河を頂いています。
ここがナイル川の源流の一つですね。
雪解け水が始まりでした。

続いて…ケニアの世界遺産、ケニア山!
これもグレートリフトバレーが産んだ火山だということで…まぁ、位置的にもそうだよね。
標高5199m、言わずもがな、アフリカの第2峰である。
かつては標高7000m級だったと言われている岩山だけど、雨風で削られて現在の形になったとか。
そして、前回も登場した、タンザニアの世界遺産、キリマンジャロ国立公園!
山頂の噴火口は直径2kmくらいあったと思うけど…それ以上に、山頂は広い。
キリマンジャロは「白く輝く山」という名前である。
で、キリマンジャロ周辺にも雨の森が存在していて、サバンナにキリマンジャロの伏流水が流れ込んでいるのだとか。


こちらはケニア山の麓の村。
昼下がりのティータイム、のんびりしているね。
ミルクティーだ…。
たっぷりのミルクで煮出すんだって。
ケニアは紅茶の輸出量世界一なのか!
斜面に茶畑が広がっています。
ケニア山がもたらす雨と火山灰の土壌が良い感じなんだねぇ。
紅茶作りは20世紀にイギリスから伝わったようだけど、イギリスは良い置き土産を残したようだな。
ケニアティー…濃厚でまろやかなんだとか!
これは良いなぁ…。


ルウェンゾリの森にはシロクロコロブスやアカオザル等、多数のサル達が生息しています。
ゴリラもその内の一種のようで…。
ウガンダの世界遺産、ブウィンディ国立公園!
玄関口となる村にはゴリラの歌と踊りがあるのね。
子供達が手作りのきぐるみを着て舞い踊っています。

マウンテンゴリラとご対面。
地球上には700頭しかいない、絶滅危惧種ですね。
霊長類である彼らは人間の病気が移ってしまうので、マスク着用!
オスゴリラが登場…撮影スタッフの足を掴んで引っ張ってる!
人間にとっては危険だけど、ゴリラにとってはほんのちょっとしたいたずら。
いやぁ、お茶目ですねぇ。

元々森林に覆われていたアフリカ大陸はグレートリフトバレーができた事により、環境が変化。
西からの湿った風がグレートリフトバレーに当たって西側には雨が降り、森林が残る。
だけど、東側には乾燥した風しかいかないから、サバンナとなった訳ですね。

世界遺産、タンザニア、セレンゲティ国立公園!
太古のサバンナが残る大草原!
動物の宝庫である。
マサイキリンもこのサバンナで進化してきた1種ですね。
首を長くしてアカシアの葉を独占するように、ね。
そして、ここはチーターの生息地でもあるのだ!
…おぉ、ある程度育った子チーターが2匹いる!
いやぁ、速いねぇ…。
時速100km以上!
全速力が出せるのは15秒だけだけど、狩りの成功率は肉食動物の中でも高い方みたいだ。
ヌーの大群もいます。
その数は150万頭!
草を求めて移動し続ける事で、生き延びてきました。
…お、ヌーの出産だ。
同じ時期に一斉に繁殖するのは、肉食動物への対抗策みたいですね。
数がいれば、多少は犠牲になっても種を維持できるから。

そして、人類の進化も森からサバンナに出る事によって成されたのである。
セレンゲティの東側にある360万年前の渓谷には人類が2足歩行で歩いた足跡が残されていたようです!
更に重要な発見をされたのは…ケニアの世界遺産、トゥルカナ湖!
グレートリフトバレーの谷底にあるこの湖畔で発見されたそうです。
そこでは、人類の化石が多く見つかり、発掘作業を行っていました。
で、重要な発見というのは、1984年に火山灰地層から160万年前に生きていた、原人の全身骨格が発見された事でした。
現代で言うと11歳くらいの年の少年…トゥルカナボーイ
身長168cm、ほっそりとした体型で、脳は現代人の3分の2程度の大きさ。
168cmってたけぇな…。
この頃、既に火や道具を使用していたとか。
グレートリフトバレーのサバンナこそが人類誕生の地と考えられているようですね。


トゥルカナ湖畔にあるエルモロの民の集落。
戸数は160戸っていうから、小さいよね。
家造りは女性の仕事のようで、椰子の葉を編んで作るみたい。
男性は湖に漁に出ていますね…網や罠等の道具を使って魚を捕らえています。
今は文明も進歩いているけど、その生活ぶりは当時を偲ばせますね。


人類と違い、森に留まった霊長類がゴリラである。
コンゴ民主共和国の世界遺産、カフジ・ビエガ国立公園!
…お、オスゴリラだ。
成熟したオス、シルバーバックですね。
彼らも家族を作る動物だけど、人類の家族の起源とも言われているとか。
母ゴリラは子供が乳離するまで手を離さないという。
乳離れをした1歳頃からは父親が子供達の面倒を見るとか…。
どっしり構えて寡黙に語る父の背中、良いねぇ…。
こういうのを見て、子供達は色々と学んでいくんだろうね。


最後は岩の渓谷。
アフリカの…マサイの老人かな?
杖を突いて歩いている…。







続きから、コメント返信!

続きを読む "サバンナの風"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年9月16日 (火)

愛されキャラ

最近の記述だといつも通りだけど、お昼過ぎに起きました、はい。
録画したフォーミュラEやポケテレ!や世界遺産を観たりなんだりしてました。
今日はゆっくりしてました。はい。







F1!
イタリアGP決勝!!


おぉ、モニシャ・カルテンボーン女史とペーター・ザウバーさんや。

…あれ?
アロンソに声かけたの、ドメニカリ??

ロン・デニスとアラン・プロストが話をしているな…。


スタートのタイヤ、11番手以降はミディアムとハード入り乱れています。
綺麗に半々に分かれているな…。
可夢偉はミディアムか。

観客席で煙焚いているwww


…スターティンググリッドの上位勢に写真表示がwww

シグナルが…ブラックアウト!!
おっと、ハミルトンが遅れたか?

1コーナー、2コーナー!
レッドブルとザウバー…かな?トロロッソかな?が押し出されたのか、シケインショートカットしています。
ロズベルグがトップ、マグヌッセンがジャンプアップして2番手だ!
3番手にマッサ、以後ハミルトン、ベッテル、バトン、ペレス、アロンソ、ヒュルケンベルグ、ボッタスと続いています。
ボッタスは最初のコーナーでミスったのか、かなり後退していますね。

マッサ、縁石乗ってフラフラしているー!
怖い!
アロンソがペレスをかわしていっています。

ハミルトンの無線。
ピー音入ったー!!www
スタートに失敗したからか、エキサイトしていますねw


2周目、ボッタスがライコネンにもかわされて11番手に後退しています。
マシン的には問題はないでしょうが、ちょっと辛い展開でしょうか。


3周目、マッサがマグヌッセンに仕掛けて行きます。
すぐ後ろにはハミルトン。

…お、グティエレスがクビアトをかわしたかな?


5周目、マッサがようやくマグヌッセンを完全に抜いて2番手に!
ハミルトンもすぐにそれに乗じてマグヌッセンをかわしていってますね。
マグヌッセンは抜き難いドライバーなので、上手くすり抜けた感じか。

そして、後方ではボッタスもヒュルケンベルグをかわしたようだ。
これで10番手ですかね。


6周目、黄旗…おっと、チルトンがクラッシュ!
縁石に乗り上げてジャンプし、グラベルに突っ込んだようだ。
リタイアである。

ボッタスがライコネンに仕掛けたが、シケインで若干オーバーランしてしまっています。
ここは1コーナーかな?

マッサとハミルトン、ボッタスとライコネンのバトルが続いています。


9周目、ロズベルグがブレーキミス!
1コーナーのシケインを通過せず、直進してしまいました。
少し2番手のマッサとのギャップが縮まったかな?

…お、ボッタスがライコネンをかわした。
9番手ですか。


10周目、ハミルトンがアウト側からマッサに並ぶ!
1コーナーはサイド・バイ・サイドだ!
切り返しの2コーナーで2番手に立つ。
その時のスピードは358kmか…。

まぁ、ウィリアムズのマシンが良いとは言っても…相手はメルセデスじゃあなぁ…。
仕方ないねぇ。


12周目、4番手のマグヌッセンが後続を蓋をし始めている。
マグヌッセン、ベッテル、バトン、アロンソ、ペレス、ボッタスと続いています。

ビアンキ対グロージャンが展開されていました!
グロージャンがビアンキに仕掛けて並びかける!
1コーナーのターンイン…おぉ、危ない!
ビアンキと接触しそうになって、グロージャンが避けた!
間一髪ですね…。
数年前のグロージャンではそうは行かなかっただろうなぁ。
とか思いつつ。


14周目、ボッタスがペレスをかわして8番手に。
ボッタスはさっき最高速度359km記録したのかw

もう既にロズベルグ対ハミルトンになってるなぁ。
マッサが置いてかれている辺り、やっぱりメルセデスは強い。
マッサもペースの上がらないマグヌッセンが蓋をしているから後ろとの差はかなり開いているけれどね。


16周目、ボッタスがアロンソをかわして7番手!
アロンソ、ホームストレートで抜かれる。
観客から野次入っているような…。


18周目、ボッタスがバトンをかわして6番手!
ホームストレートでオーバーテイク祭りが開催されていますねぇ。

…あれ、グロージャンw
サイドポッド上のパーツが外れかけてるwww
ぶらんぶらんしてるわw


19周目、ベッテルがピットイン!
交換時間2.8秒…だと…早いなぁ。。
ベッテルのピットロードへのエントリーのリプレイ。
タイヤロックしてる…ギリギリまで攻めていますね!
これでボッタスは5番手に上がっています。


20周目、ペレスがピットイン。
ベッテルの後ろでコースに戻っています。

メルセデス用語「HPP」?
色々な場面で聞いているようですが…。

さて、ボッタスがマグヌッセンを射程圏内に捉えているようです。
…お、ここでサックリとかわし、4番手!

ライコネンがピットインしていますね。
…おぉ、タイヤ交換時間2.7秒!!
これは早い!!
ライコネンもピットレーンエントリー、ギリギリまで粘ってますなぁ。
まぁ、モンツァでは皆そうだよね。


22周目、マグヌッセンとアロンソがピットイン!
マグヌッセンは2.6秒、アロンソは2.7秒…いやぁ…トップチームはマジで早いね。

…ほう、グロージャンが最下位か。


23周目、バトンがピットイン。
3.2秒…ややかかったな。
マグヌッセンの後ろ、ペレスとアロンソの間で戻っています。
トラフィックの中ですねぇ。


24周目、マッサピットイン!
2.8秒…ウィリアムズにしてはやるじゃないかw
5番手で復帰。

ロズベルグ、ハミルトン、ボッタス、リチャルド、マッサの順ですね。


25周目、ラップリーダーのロズベルグがピットイン!
2.8秒…マッサと同じタイムですな。

…お、ボッタスもピットインしたようだ。
3.0秒、まぁ、ウィリアムズにしてはそこそこかと。
…あ、コース復帰した場所が悪そう。
ベッテルの後ろでコースへ復帰しました。
だけど、2コーナーで並んでしまったので、うまくアクセルが踏めず、後続のマグヌッセンやペレスにかわされてしまっていますね。


26周目、ハミルトンがピットイン!
2.7秒…当然の如く、ロズベルグが前です。

さぁ、ボッタスのオーバーテイクショー再開!
まずはペレスをかわして8番手です。


27周目、マッサがリチャルドに接近している…。
ここでリチャルドがピットイン。
2.8秒、盤石のタイムですかね。
12番手でコースに復帰。
フェラーリ勢の後ろのようだ。


28周目、パラボリカのブレーキングでボッタスが白煙。
この周のホームストレートでは順位を上げられず。


29周目、ロズベルグが1コーナーでまたしてもブレーキングミス!!
またしても右フロントをロックさせていますね。
その間にハミルトンがトップに立つ!!
この歓声である。

うおぉ…!!
アロンソがホームストレートエンドの路肩でストップ!!
なんという事だ…よりによって、チームのホームレースでのリタイア…!!
ブレーキする時かな?
一気にパワーユニットがダウンしたようで、もうこれはどうしようもできませんね。
呆然とするフェラーリクルー。
マシンが止まっても、アロンソには声援が送られています。


31周目、ボッタスがマグヌッセンとサイド・バイ・サイドで1コーナーへ!
…おっと、ボッタスがマグヌッセンにブロックされて1コーナーを曲がれない!
仕方なくシケインを通過して接触を回避しました。

ボッタスは次の周でもマグヌッセンに仕掛ける!
そのすぐ後ろではバトンがペレスに仕掛けていますね!
ボッタスもバトンも順位を上げられなかったようですが。


アロンソ、ガレージへ戻る。
何だか、いつも以上にトボトボ感が出ているな。。


34周目、ボッタスはマグヌッセンを攻めあぐねている。
ペレスの無線でエンジニアに「バトンとクリーンに戦おうよ」って怒られてるwww
川井ちゃん「ペレスはマグヌッセンはヒヤヒヤする方ですから」www

おっと、1コーナーでリチャルドがライコネンをかわした!
このバトル、すげぇ!
全然見ててヒヤヒヤしないもんw
しかし、リチャルド上手いな…絶妙な仕掛け方だもん。
流石にレース巧者のライコネンも防ぎようがないもん。

アロンソが観客の声援に応えてますねぇ。
ヘルメットはしたまま。

マグヌッセンとボッタスの件が審議になりました。


36周目、ボッタスはまだマグヌッセンに挑戦中。
ボッタスがブレーキングしようとしたらパッとマグヌッセンが防御ラインに動く。
中々、嫌らしい防御である。


37周目、ボッタスがやっとマグヌッセンを攻略。
後ろでバトンはペレスをかわせず。

マグヌッセンに5秒ストップペナルティ!
さっきから微妙に可夢偉が映っている。


39周目、バトンがペレスを攻略。
…おっと、1つ目のDRSゾーンでペレスがまた並んできたぞ?
そのままコーナーに…おっと、ペレスがコーナーを若干カットw
尚もサイド・バイ・サイド!
コース幅狭い所でも並んでるwww
若干バトンを押し出してるよ…w
結構強引だけど、ペレスがバトンから順位を取り戻した。


40周目、ボッタスがベッテルをかわして4番手!
リチャルドがバトンをかわして8番手だ!

ペレスのオンボードリプレイ。
更に、無線。
ドヤ顔してるかな?w

41周目、リチャルドがペレスに仕掛けた!
2コーナー立ち上がりで並び…一度後ろに下がったな。
スリップを得てサクッとかわしていきましたね。
一度アウト側入ると見せかけてライン戻したなw
上手いw
これで7番手。


42周目、バトンがホームストレートでペレスをかわす!
でも、真後ろにピッタリくっついてるな…。
1つ目のDRSゾーンはペレスを抑えていたけど、シケイン後にペレスが再びかわしていく!
…あ、バトンはシケインのブレーキングで左フロントロックさせちゃってたのね。

リチャルドの最高速度、362kmw
全体最速である。


44周目、リチャルドがマグヌッセンをかわして6番手に!
リチャルド、タイヤが割と新しいからか、好調ですね。


46周目、クビアトがヒュルケンベルグに仕掛けているなぁ。
ベルニュがその後ろにいる。
これは11番手争い。

…お、ホームストレートでクビアトがヒュルケンベルグをかわした。
これで11番手。
レッドブルはベッテルが5番手、リチャルドが6番手。
ベッテル、パラボリカで少し挙動を乱している!
リチャルドがホームストレートで並んだ!
2コーナーをベッテルの直後で通過して…ストレートでかわしていった。
ベッテル、やられちゃいましたね。
初優勝の地なんだけどなぁ。


50周目、接近戦が続きます。
ベッテル、マグヌッセン、ペレス、バトンの6番手争い。
前には可夢偉が映っていますねぇ。

おっと、ハミルトンが盛大にタイヤスモークを上げていました。
祝砲かな?w

おっと、グロージャンとグティエレスが当たった!
グティエレスがグロージャンをパスした…までは良いんだけど、その後、グティエレスがラインを戻したら当たりましたね。
タイミングが早かったのではないかな…。
だって、ちょっと欠片飛んでいたよ…?
グティエレスは接触した後、シケインもカットしていたけど…止まれなかったみたい。
もしかして、リアタイヤがグロージャンのフロントウイングに当たって切れちゃったかな?

久々にマッサのオンボード。
前に誰もいないねぇ…。

あ、グティエレスは右リアタイヤが完全にパンクしてましたわ。
これはピットに戻らなければなりませんね…。


52周目、グティエレスとグロージャンの接触、レース後審議です。
ところで、ペレスはさっきからブレーキングの度にブレーキから黒煙上げてるよなぁ。

わぁ…!
クビアトが1コーナーで止まれずにオーバーランしてる!
芝生に乗って超フラフラしてた!
…あっぶねー、何とかコースへ復帰。


53周目、ファイナルラップ!
クビアトはブレーキ壊れたとか何とかで、その影響で止まれなかったみたい。
後1周、大丈夫か…?

国際映像は6番手争いをずっと映してたので、先頭を映したのはチェッカーの瞬間だけなのであった!
そして、マッサが3位表彰台獲得!!
去年のスペインGP以来だ…。
ウィリアムズ移籍後、初表彰台である!

マグヌッセンはペナルティを消化しなかったので、ペナルティがレースタイムから5秒加算ペナルティに変化しました。
レース中にペナルティ消化してたら、ポイント圏外になっていたみたい。

ハミルトン無線…って、ちょwww川井ちゃん何余所見してんのwww


イタリアン・美女ロードw

でかいスクーデリア旗がホームストレートを進む。


控室。
談笑するハミルトンとマッサ。目を合わせないロズベルグ。
マッサがロズベルグと話している時はハミルトンが目を合わせない。
この何とも言えない雰囲気…マッサ、板挟みにされて辛いだろうなぁ。


表彰台。
イタリア旗、フェラーリ旗が振られる。
ブラジル旗も割と見られるなぁ。

ハミルトンに大歓声!
ロズベルグはブーイングなんだから、歓声なんだか分からんな…。
心なしか、歓声の多いマッサw
メルセデスの2人、シャンパンファイトするのはえーよw
2人にぶっかけられるマッサ。
トロフィーで飲むハミルトン。

マッサはティフォシから見たら、まだまだフェラーリファミリーの一員なのだろうね!
歓声が大きいよ!


おぉ、表彰台インタビュワーはジャン・アレジ!
またしてもイタリア美女いたわw

…え、なに、フェラーリ旗の先端に付いたボードにサインするの?w
メルセデスのドライバーに要求するとはwww
つか、サイン旗邪魔だwww

マッサのインタビューになった瞬間観客が超湧いてるんだけどwww
愛されキャラだなぁw
そしてイタリア語で挨拶?!
通訳さん黙ったんだけどwww
ちょwww
何て言ったのか知りたいwww

マッサのインタビュー、やっぱり一際歓声大きいよね。
うんうん、良い事だ!


優勝はルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2位はニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
3位はフェリペ・マッサ/ウィリアムズ
4位はバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ
5位はダニエル・リチャルド/レッドブル
6位はセバスチャン・ベッテル/レッドブル
7位はケビン・マグヌッセン/マクラーレン
8位はセルジオ・ペレス/フォースインディア
9位はジェンソン・バトン/マクラーレン
10位はキミ・ライコネン/フェラーリ

ここまでがポイント獲得。

11位はダニール・クビアト/トロロッソ
12位はニコ・ヒュルケンベルグ/フォースインディア
13位はジャン=エリック・ベルニュ/トロロッソ
14位はパストール・マルドナド/ロータス
15位はエイドリアン・スーティル/ザウバー
16位はロマン・グロージャン/ロータス
17位は小林可夢偉/ケータハム
18位はジュール・ビアンキ/マルシャ
19位はエステバン・グティエレス/ザウバー
20位はマーカス・エリクソン/ケータハム

リタイアは…
フェルナンドアロンソ/フェラーリ
マックス・チルトン/マルシャ


マグヌッセン、5秒加算ペナルティで順位が落ちます。
グティエレスはグロージャンとの接触で20秒加算ペナルティが科され、完走した中での最下位になりました。


最終結果。
優勝はルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2位はニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
3位はフェリペ・マッサ/ウィリアムズ
4位はバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ
5位はダニエル・リチャルド/レッドブル
6位はセバスチャン・ベッテル/レッドブル
7位はセルジオ・ペレス/フォースインディア
8位はジェンソン・バトン/マクラーレン
9位はキミ・ライコネン/フェラーリ
10位はケビン・マグヌッセン/マクラーレン

ここまでがポイント獲得。

11位はダニール・クビアト/トロロッソ
12位はニコ・ヒュルケンベルグ/フォースインディア
13位はジャン=エリック・ベルニュ/トロロッソ
14位はパストール・マルドナド/ロータス
15位はエイドリアン・スーティル/ザウバー
16位はロマン・グロージャン/ロータス
17位は小林可夢偉/ケータハム
18位はジュール・ビアンキ/マルシャ
19位はマーカス・エリクソン/ケータハム
20位はエステバン・グティエレス/ザウバー

リタイアは…
フェルナンドアロンソ/フェラーリ
マックス・チルトン/マルシャ


フェラーリはアロンソがリタイア、ライコネンが8位入賞、トロロッソはダブル完走もノーポイントとホームレースで輝きを見せられず。
それもあったのか、マッサへの歓声が凄かったんでしょうねぇ。


ドライバーズランキング。
1位:ロズベルグ/メルセデスAMG(238Pt)
2位:ハミルトン/メルセデスAMG(216Pt)
3位:リチャルド/レッドブル(166Pt)
4位:ボッタス/ウィリアムズ(122Pt)
5位:アロンソ/フェラーリ(121Pt)
6位:ベッテル/レッドブル(106Pt)
7位:バトン/マクラーレン(72Pt)
8位:ヒュルケンベルグ/フォースインディア(70Pt)
9位:マッサ/ウィリアムズ(55Pt)
10位:ライコネン/フェラーリ(41Pt)
11位:ペレス/フォースインディア(39Pt)
12位:マグヌッセン/マクラーレン(38Pt)
13位:ベルニュ/トロロッソ(11Pt)
14位:グロージャン/ロータス(8Pt)
15位:クビアト/トロロッソ(8Pt)
16位:ビアンキ/マルシャ(2Pt)
17位:スーティル/ザウバー(0Pt)
18位:エリクソン/ケータハム(0Pt)
19位:マルドナド/ロータス(0Pt)
20位:グティエレス/ザウバー(0Pt)
21位:チルトン/マルシャ(0Pt)
22位:可夢偉/ケータハム(0Pt)
23位:ロッテラー/ケータハム(0Pt)


コンストラクターズランキング。
1位:メルセデスAMG(454Pt)
2位:レッドブル(272Pt)
3位:ウィリアムズ(177Pt)
4位:フェラーリ(162Pt)
5位:マクラーレン(110Pt)
6位:フォースインディア(109Pt)
7位:トロロッソ(19Pt)
8位:ロータス(8Pt)
9位:マルシャ(2Pt)
10位:ザウバー(0Pt)
11位:ケータハム(0Pt)







続きから、コメント返信!

続きを読む "愛されキャラ"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年9月15日 (月)

龍神の住み処

今日は江ノ島に行ってきました。
江ノ島上陸したの、初めてな気がする。


11shirasu_tenpura
しらす天ぷら。

12sansyoku_don
こちらは相方が頼んだ、3食丼。
生しらす、マグロ、イカが入っています。


江ノ島は何処も生しらすをウリにしていますが…今日は不漁だったようで。
昼頃に一度入ったようですが、そうするとすぐに何処も行列ができていましたね。


で、江ノ島の名物といえば、これですか。

13ebi_senbei
まるごとエビせんべい。

14ebi_senbei_ura
その裏側。

いやぁ、殻ごとなので、もっさもっさするw
割と食べ辛いw
後、尻尾の方は身がもさもさしててこっちも中々の食べ辛さw


俺はこっちを…
15kurage_senbei
まるごとクラゲせんべい。

取り敢えず、これと言った味はなく…。
それっぽい部分が一部弾力がある感じがしただけでしたね。


16enoshima_yori
江ノ島の中腹部くらいからの眺め。
いやぁ、晴れて良かったわ。


17suiheisen18suiheisen2
こちらは展望台近くのデッキから。
水平線が良い感じですねぇ。


20cat
キャット。


23enoshima_gake
江ノ島の裏側辺りまできたので、ガケをパシャリ。
至る所に落石防止用の装備が為されています。


24enoshima_ura
岩場。
この近くに岩屋と呼ばれる洞窟がありました。
湿気凄かったっす。


25tobi27tobi3
トビが岩にちょこんといたので。
いやぁ、かっこいいなぁ…。


30enoshima_twilight31enoshima_twilight2
暮れに佇む江ノ島。






スマfor3DSは「大乱闘」だけやって隠しキャラを全て出し切りました。
…予想してなかった参戦とかもあったなぁ。

そして、自社キャラでリストラもあり。
うーん、それは残念…。







続きから、コメント返信!

続きを読む "龍神の住み処"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年9月14日 (日)

携帯開戦

Sumabro_for_3ds
スマfor 3DSゲットー。

午前中の数時間だけプレイ。
まだ、「大乱闘」しかやってないんですが。
それも約50戦くらいまでしかできてないんですよね。
それでも隠しキャラが数人出てきたので、色々とホクホクしている所です。

まぁ、ゆっくりやっていこうかな。






そして、今日は電気自動車レースシリーズ、フォーミュラEの開幕戦でした。
今年から初開催されたFIAの自動車レースシリーズで、開幕戦の舞台は北京。
「鳥の巣」近辺とか走るみたいですよ。

このシリーズのウリは特設コースで各会場のランドマーク近くを走る、元F1ドライバー等が多く集まっている、女性ドライバーも2名参戦、1日で全てのイベントが終了するコンパクト性等挙げられると思うのですが、一番はやっぱり「環境に優しい自動車レース」ですかね。
電気自動車で、二酸化炭素も出しませんから。

バッテリーが持たないので、ピットストップはクルマを丸ごと乗り換える事になります。
なので、1人につき決勝で2台のクルマを使うんですが…それでも、F1に比べると出費も少ないんですよね。
チームの懐事情にも優しいシリーズ…という側面もあるようです。

音は基本的に静かなんだけど、そこにジェット機のような甲高い音が聞こえるもんだから独特ですねぇ。
中国人観客の話し声の方が大きいなんてツイートもありましたが…w


ピットストップはクルマを丸ごと乗り換えるので、それまでにタイヤやバッテリーを持たせないといけないんですが…それがまたチャレンジングですよね。
それに、基本的に都市部の公道を特設コースにするので、バンピーだしウォールは近いし…みたいなチャレンジングな要素も多そうです。
割と、楽しそうなシリーズなのだと思います。

日本ではテレ朝系で放送だったかな。
フリー走行をBS、予選をCS、決勝を地上波とめちゃめちゃCS見させる戦略見え見えですけれど…w
っていう事で、俺は大体決勝だけかなー。
タイミングが合えば、フリー走行観るのも悪くないね!
取り敢えず、F1のように詳しくフォローしないつもりですが。







続きから、コメント返信!

続きを読む "携帯開戦"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年9月13日 (土)

お祭り騒ぎ

そういや、世間様は3連休じゃないですかー。
今日の忙しさ…そりゃあ、3連休ですものね。
明日もヤバそうだ…。


さて、もうこんな時間になってしまったけど、明日は朝からスマforをやるべく、少しでも寝ておこうと思います、はい。
起きれるかなー?


そういや、明日はフォーミュラEも開幕するじゃない。
予選はCSかなんかだから観れなかったけど、決勝は地上波だから録画しておこうかなー。






スマfor。

発売が今週末に迫ってきているからか、引き続き機能の説明が行われていますね。
今日は「コレクション」の中身。
フィギュア、アルバム、リプレイ、サウンドテスト、戦いの記録、スマちしき…フィギュアは最初に1つだけ、フィギュアがセットされているらしい…何が手に入るかはランダムだそうで。
アルバムにはポーズ中に撮った写真が収録されるようですが、ちゃんと立体視対応みたいですね。ONで撮ったらちゃんと立体に見えるし、OFFなら平面に見える。
…で、スマちしきとはw

続いて、「シンプル」について。
「シンプル」をやると報酬が手に入る…とどっかで言っていた気がするけど、対戦前にドラムロールが回って、どの報酬が手に入るか変わるんだって。
カスタマイズ、フィギュア、ゴールドのどれかが報酬になり、その数量はホンキ度によって変わります。
報酬は各対戦毎に溜まって行くけれど、「シンプル」をクリアしないと全て貰えないんだって。
まぁ、そりゃあそうか。
勿論、途中でミスをすると一部を落としてしまうとか…。

ピクミン3より、アルフ参戦!
…オリマーのカラバリの延長線上ですけどね!
だから、性能は一緒。
残念ながら、岩ピクミンも使わないようで。
でも、別々のキャラクターなので、ちゃんとキャラクターセレクト画面ではコールも「ピクミン&アルフ」になるそうですよ。

「大観戦」もグローバルになっている為、地図が用意されていますね…。
観戦しまくるとプレイヤーの出身地が登録されて、段々と地図が賑やかになって行くのでしょうか。
ソフトを購入したらまずはインターネットに接続しておく事がオススメだそうで。
今回の目玉のひとつ、「世界戦闘力」もインターネットに繋がっていないと出現しないようですしね。
…あ、パッケージ版は更新データをダウンロードしておかないといかんのかw
っていう訳で、ダウンロードだけ先に済ませてみました。
はい。







続きから、コメント返信!

続きを読む "お祭り騒ぎ"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年9月12日 (金)

古代の証

昼過ぎまで寝てしまった…。
いやぁ、中々朝に起きられないですな。。







Jagachoco_creamcheese
じゃがchoco クリームチーズ!!


何気に人気なんですかね、これ。
割とノーマル版売ってるのとか見るけども。

その、じゃがchocoの新作と思われるものがクリームチーズ味。
…パッケージね、「じゃがchoco White」とほぼ一緒じゃね?w
クリームチーズって書いてある判子風デザインの色が違う(確か、Whiteは青)だけかと。


Whitechoco_base
…って事で、パッケージからしてホワイトチョコがベースなのは明白。
クリームチーズ味のホワイトチョコを使用しているようです。
一応、一体感はあるんだろうね。


Cheese_powder
…うん、チーズパウダーとか書いてありますね。


Yellow_madara
中身。
相変わらず、あんまり入ってないな…。

よく見ると、見慣れたホワイトチョコの中に斑に黄色が混ざっています。
これがクリームチーズ部分でしょうか。
チーズパウダーが固まったりしてるのかな?
それとも、チーズパウダーとかがジャガイモの表面を覆ってるから黄色いのかな?


蓋を開けた瞬間に漂ってくる匂いはホワイトチョコの独特な匂い。
ホワイトチョコ版の派生だけあって、本家と同じように鼻を突くような強烈な匂いがしています…。
チーズ香料使用とはあるけど、匂いじゃそれは感じられませんね!

俺、あんまりホワイトチョコの匂い好きじゃないんだよなぁ。
鼻に痛いんだよ、うん。
よりケミカルな感じだよね。


では、食べてみましょう。


ふむ…(食

White_choco


…ん。
ホワイトチョコ味なもんで、ほぼ完全にチョコスナックって感じ。
ジャガイモと思われる風味はもう微かなものになっているなぁ。

…だけど、ホワイトチョコ版にあった、あのホワイトチョコ然とした鋭い味がチーズによって幾分かマイルドになっているようです。
これはノーマル版より食べやすいな!
うん、これは良いぞ!
匂いさえ我慢できれば、普通に食べられる。
純粋なチョコスナックとして。







世界遺産!
アフリカスペシャル1!!


おぉ、すげぇ…1200℃の溶岩湖!
いやぁ、ロマンだねぇ。

マグマの動きが作ったグレートリフトバレー!
幅30km以上、南北7000kmの巨大な谷。
宇宙から見て初めて谷だと分かるとか凄いよね!


まずは、グレートリフトバレーの北の果て。
ジブチに向かいました。
アッサル湖からグレートリフトバレーは始まっているようです。
この湖はかつての噴火口だとか。
…でかいなぁ。
この湖、塩湖のようです!
しかも、地球で一番塩分の度が濃いんだとか!
海水の10倍…って割と想像つかねぇな。
波打ち際は塩ができてるし、湖畔は天然の塩田だし。
あ、この湖って海面より低いのか。
気温50℃とか暑いな…。

そこから南に行くと、砂漠地帯が広がっています。
黒い岩が多数屹立している光景が広がっていますね。
この岩々、石灰岩を含む熱水が吹き出した跡なんだって。
…おぉ、岩の先端から蒸気が上がってる。
地球の息吹だな…。

グレートリフトバレーが出来始めたのは4000万年前。
巨大な谷が形成された後、マグマが台地の裂け目に沿って吹き出し、火山が多く生まれたのだとか。
アフリカ最高峰、キリマンジャロもこうして生まれた火山なのだそうですよ。

…って事で。
世界遺産、キリマンジャロ国立公園!
ジャングルを進み、山頂を目指していると…ブルーモンキーというサルがいますね。
毛がふさふさ。
どういう所がブルーなのかな?

標高3500m付近までくると、森林限界。
ここから先は樹木が生育できず、森を形成する事ができないようです。
その代わり、この地にはでかい植物が沢山生えています…固有種のジャイアントセネシオですね!
高さ8m、巨大な草である。
夜は氷点下になるので、枯れた葉を衣代わりにして寒さを防いでいます。

標高5895m、雪で覆われたキリマンジャロ山頂へ。
噴火口は直径2km!
数万年前まで噴火していた為か、今も噴煙が見えますね。
噴火口の反対側には氷河が!
岩の台地に忽然と現れている氷河…面白い光景だ。


…おぉ、上空から見ると噴火の後が沢山www
上空から見ればそれと分かる物ですが、アフリカで一番大きい噴火口の跡はもう上空から見てもすぐにはそれと解らないでしょうね。
それが、世界遺産、ンゴロンゴロ保全地域!!
キリマンジャロよりもでかい火山が噴火して、その後陥没した所なのだそうだ。
ンゴロンゴロは「大きな穴」という意味。
その名の通り、断崖に囲まれた草原なのである。
豊かな大草原で草食動物達が多数暮らしています。
…ということで、ライオン等の肉食動物も多数集まります。
ここに暮らす大型動物は2万5千頭にものぼるとか!
…お、チーターだ!
群れから外れたヌーの子供を捕らえた!
このチーターは親子連れですね…。
まだ毛が残ってる子チーター、狩りをお勉強中でしょうか。

遊牧民、マサイ。
アフリカの部族でも特に有名な部族の1つだと思います。
彼らもンゴロンゴロで放牧を行っているんですって。
ウシは神からの贈り物…か。


エブルル村という火山の麓の小さな村では、その地熱エネルギーを利用しているとか。
パイプに蒸気を通して、水滴を作り出す。
その水滴を一箇所に集めて飲料水等に利用しているとか。
近くに井戸も川もないから、とっても重宝されていますね!
このシステムが出来る前は遠くまで水汲みに行っていたとかで…。
想像しただけでも大変そう。。


アフリカ東部にはグレートリフトバレーの窪地に沿って沢山の湖ができています。
その中のひとつ、ケニアにある世界遺産、ボゴリア湖!!
公園長が話しかけると…間欠泉が吹き出したwww
何しとんwww
ボゴリア湖は地表近くまでマグマが迫っている為、間欠泉だらけなんだって。

ここに集まるのがコフラミンゴ。
200万羽、いやぁ…沢山いるねw
この湖はマグマの成分が溶け込んでいて、強いアルカリ性。
普通の生物は溶けてしまうようですね!
そんな湖にも生命はいる訳で。
コフラミンゴ達はここに住まう藻を食べています。
その藻に赤い色素が含まれているから、赤くなるんでしたよね。
200万羽で1日120万tもの藻を食べるのか…いやぁ、凄い。
見た目によらず、大食漢に思えますね!
まぁ、餌が藻だし、飛ぶのってエネルギーいるし…。

更に、南に行くと真っ赤な湖が…タンザニアのナトロン湖と言うようです。
ここは世界遺産ではありませんが、特異な湖ですね。
赤道直下の強烈な太陽が水を蒸発させ、赤い藻が凝縮しているから真っ赤何だとか!
すぐ近く、ケニアのマガディ湖はナトロン湖とは違って、薄めのピンク色に染まっていますね。
熱い風が吹き付けるから、湖が干上がっている…炭酸ナトリウムの結晶が足元を覆っています。
しょっぱいってより苦い…らしいw
マガディ湖畔には温泉が湧き出ている為、マサイの民が療養に訪れているようです。
温泉は弱アルカリ性…丁度良さそうw
…あ、マサイ族、温泉にはバイクで通ってるのねw


いよいよグレートリフトバレーの南端へ。
マラウイにある世界遺産、マラウイ湖国立公園!!
ここには口で子育てをするマウスブリーダー、シクリッドが800種もいるという。
何をどう食べるかによって姿形を変えていってこうなったそうだ。
口が下向きになってる黄色っぽいやつ。
こいつは岩に付いた藻を食べていますね…。
同じ藻を食べるシクリッドだけど、こちらは口を180℃開いて葉でこそげ取って食べている…。
食べる方法によっても違う種になるんだから、面白いなぁ。
分厚い唇のシクリッドは砂の中にいる小さな生き物を食べるのだとか。
唇はクッション代わり…んと、水底に打ち付けるようにするからかな?

マラウイ湖で何故このように多様な進化を見られるかって言うと、湖の特異な性質からきているようです。
普通の湖は段々土砂等が積もっていって、数万年もすれば消滅してしまいます。
マラウイ湖は台地の裂け目にあり、裂け目は年々広がり続けています。
その為、土砂等も積もるけど、裂け目が広がる事によって深度・面積が増していく結果となっているようです。
だから、300万年近くも残っている古代湖なんですねぇ。

シクリッドの親子がいますね…。
敵に襲われたので子供達を口に避難…って、子供達はもう結構でかいから全員を収容できてないwww
800種のシクリッド全てがマウスブリーダーである訳ですが、これは1種類から分化したという証のようです。


エチオピアの世界遺産、シミエン国立公園!!
溶岩の大地に溶岩の岩山が広がる荒涼とした、荒々しい光景が広がっています。
大噴火で溶岩が厚く積もり、それを雨風が削って出来た地形なんだって。
…お、高さ1500mの岩山に絶滅危惧種で固有種のワリアアイベックスがいますね。
ヤギの仲間で、地球上に400頭しか生息していないという非常に貴重な動物ですな!
茶色系の毛並みに立派な角。
良いねぇ…中々かっこいいよ!
ここはまさに彼らの最後の砦な訳だ。

今度は固有種、ゲラダヒヒがいますね…。
遠い昔に他のヒヒに追われ、この岩山にやっていたのだという彼ら。
胸に赤い箇所があるのが特徴的ですね…。
多分、オスだけかな。
オスは上唇をめくり上げて威嚇する事で無駄な争いを避けるんですって。
彼らは標高3000mの岩山のてっぺんで食事をします。
イネ科の草が生えている草原…皆自由に食べているなぁ…w
見渡す限りにゲラダヒヒがいるじゃないかwww
まさに、彼らの楽園ですね!


最後はンゴロンゴロかな?
ヌーの群れ。
そして夜の溶岩湖…かな?
これは神秘的だ…!







続きから、コメント返信!

続きを読む "古代の証"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年9月11日 (木)

狂気の笑顔

暑いんだか涼しいんだか…いや、暑いかなw
そして、今日は夕立(?)が凄かったなぁ。
めちゃめちゃ雷鳴ってましたしね、光ってましたしねw






昼頃にツイッター見てたら、桜井さんが呟いていたので…スマfor体験版ダウンロード、落としてみました!
「大乱闘」のみ可能で、使用キャラは5体。ステージは戦場のみでルール等の変更できない、アシストとかも一部しかでない、と。
スマちしきは開いているんですねw


で、やってみました。
なんと、崖掴まり阻止できなくなっているのねw
崖に先客がいても押しのけて掴まれるのかw
そしてもう1つ大きいのが、一度掴んだ相手は約1秒経たないと再び掴めないという事。
デデデの下投げが強かったからですかねぇ。
これはかなり大きいですよ、はい。

むらびとの狂気たるや…w
むらびとの空中前と空中後ろは少し使い難い。
ロックマンは弱攻撃、横強攻撃、空中ニュートラル攻撃が同じタイプのワザなのですな。
使いやすいような、使い難いような。
ロックマンの上強攻撃は相手のダメージが少ない時は使わない方が良いな…一緒に飛び上がるから、こちらが動けるようになる前に相手の方が動けるようになる。
リンクのダッシュ攻撃が変わりましたね。攻撃前の隙が更に大きくなったけど、強いな。
そして、ハイリアの盾が強い強い。ロックマンの弱攻撃含めた各種飛び道具、むらびとの横スマッシュ、ボム兵とガンガン防いでくれるw
クローショットもXより隙が少なくなっている感じ。
一方で、下突きはかなり弱体化していると思う。
ピカチュウのきりふだは操作性が使いやすくなったな、うん。
他にも、スマちしきを見る限りアイクの「噴火」は剣先がメテオ効果とかピカチュウのかみなりは雲から出てきた直後にメテオ効果とか色々と微調整入ってるようで。
アシストフィギュア、ギラヒムさんが強い強い。
マザーブレインも避け難い攻撃ですね。
モンスターボールでいうと、ユキノオーやアルセウスをよく見た訳だが。
アルセウスのじゅうりょくは相手が空中にいないと効果がないのね。
ユキノオーは割とアクティブだなぁ。
ふぶきを連発し、れいとうパンチまでかましますかw

アイテムの豪腕 ドリルヘッド、使い切りなのにワロタw
ドリルが連続ヒットしている間に残った基部をぶん投げれば追撃がかけられますね!
スティールダイバーは魚雷が当て難いけど、結構面白いな…w
そして巨塔 鉱物の塊は若干振りが遅いけど、当たれば強い件。流石巨塔だぜ…。
トゲこうらの嫌らしさ…。
マリカーよりは避けやすいけど!
コッコさん怖いwww
ハンマー持ってる最中に現れないでくださいwww
ドラグーンやきりふだは割と調整入っている気がする。
その影響か、ジェネシスもそんなに強いという印象は…あ、当たればほぼ撃墜できるから強いけど。
発射までに時間がかかるから、割と逃げられるね。

スマちしきでフィールドスマッシュの敵紹介、割と新・パルテナの敵を多く紹介していたなぁ。
…あ、ドガースとかゴースとかチュリネとかフリージオとかも敵として出てくるのねw
そして、デビルカー(なんでその人選w)、スターマンも登場するとの事で。
ネスとリュカ、確実にいそうですねぇ。







続きから、コメント返信!

続きを読む "狂気の笑顔"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年9月10日 (水)

跳ね馬の失速

いやぁ、寝方が良くなかった為か、調子が中々上がらなかったですね…。
暫くはフラフラ感があったし。
まぁ、治ったから良いんだけどね。






F1イタリアGP予選!

クビアトは金曜日に6基目のパワーユニットを使った為、10グリッド降格ペナルティ。
レギュレーションでは1人のドライバーにつき、1シーズンでパワーユニットを5期使う事ができます。
それ以上になると、新しいのを使う度にペナルティが科されます。
今季、このペナルティを受けたのはクビアトが初めてです。

…この後、まだフライアウェイ戦が残っているのに、厳しくなりましたねぇ。


松田次生さんがまたもや解説にきたね。

ティフォシが詰めかけている…が、空席も目立つな。


Q1
マルシャ勢、可夢偉が早速コースへ。
マルシャはスリップストリーム作戦か。
…あ、戻った。

グロージャンは目下作業中…。
Q1間に合うか?
アロンソがトップタイム、この歓声である。
ロズベルグが大きくタイム更新。
ハミルトン、アタック中。
パラボリカの手前でのスピードは250Km…わぁお。


クビアトが1コーナー飛び込みで右フロントを盛大にロックさせている…。
高速サーキット故、トップスピードを上げようとしてきているからねぇ。
そうすると、ブレーキとか厳しい訳だ。
特に、ここはストップ&ゴーのサーキットでハードブレーキングゾーンが多いからねぇ…。


いきなりでっていうGLA


おっ、マッサトップタイム!
…あ、パトリック・ヘッド来ているのかw

皆スリップストリーム使おうと狙っている…。
アレジとラウダ。

トップスピードは353Km台…www
ハミルトン、ロズベルグ、マッサ、ボッタス、バトン、マグヌッセンというトップ6。

残り5分20秒!
遂にグロージャンがコースへ!
セッションも終わりが近付いてきたので、ミディアムタイヤでアタックするマシンが増えてきました。
ヒュルケンベルグのオンボードで1周していますね…。
ちょっと走り難そう…?

ロータス勢厳しそうだなぁ…。
全然タイム伸びないや。
ロータスはリアウイングがぺったんこだから、DRS開いてもあんまり差はないようだ。
グロージャン無線。
小松さんからビアンキのスリップストリームを使うよう指示が入っています。
残りは1分切った!

あー、クビアトがあんまり良い所でスローダウンしてなかったな…。
グロージャン、リアが流れたぞ。

マルドナド無線。
マシンに問題があって、ギアシフトするな、と。
これはマルドナドあかんな…。

ビアンキ、シケインですっげえ動きしてたwww
なんとか暴れるマシンを押さえ込んだ感じ。
グロージャン、パラボリカへ。
うわぁ、マシンが挙動を乱すギリギリの線だ…。

グロージャン、18番手、ノックアウト。
マルドナドも17番手のままだったので、ロータスはこれでQ1ダブルノックアウトだ。

おぉ、可夢偉19番手!
ビアンキ、チルトンを上回った!
エリクソンのスリップストリームを使ってたかな?
…可夢偉の4輪ドリフトwww


可夢偉無線、可夢偉のテンションがいつもより高いwww
アルバースが無線に出ていた…だと?
アルバース「That's Mega!」
がっちりと握手もして、良くやったって感じ。


フェラーリガレージにいるこちらのファンキーな方は…アンドレア・イアンノーネw


ここからはビデオの録画が切れてしまったので、動画を観つつ…。


Q2
へぇ、リチャルドのお父さんってシシリア系なのか。

ハミルトン、マグヌッセンのスリップを使って堂々のトップタイム。
ロズベルグ、ボッタス、マッサとメルセデスエンジン勢が続き、アロンソが続いています。
5分切った時点ではライコネンが10番手。
チームのホームレースでQ2敗退は避けたい所。

残り3分切って、ラストアタックへ。
ロズベルグ以下のドライバーがガンガン出て行っていますね。
…あ、ハミルトンも出た。

ライコネンがアタック!
…おっと、シケインの切り返しでリアタイヤがグラベルに落ちている。
これはアタックし直しかな。


ベッテルが7番手!
ボッタスは3番手だ。
スーティルは15番手、Q2敗退。
ロズベルグは2番手で変わらず。
マッサも4番手で変わらず。
ヒュルケンベルグ、14番手タイムでQ2敗退。
最近調子悪いですね…。
リチャルドが9番手、ペレスが8番手と今の所Q3進出圏内。
5番手のアロンソはアタックをやめましたね。
ベルニュは12番手だ。
マグヌッセンがライコネンを上回り、10番手!
さぁ、そのライコネンは…?
…マグヌッセンを上回れず!11番手!!
なんと…。
クビアトがライコネンを上回って11番手だ!

チームホームレースのトロロッソ勢とライコネンがQ2敗退。

ライコネンはシケインのエントリーでミスしてしまったのね。
…おぉ、グティエレスが豪快に飛び出していた。


Q3
まずはペレスがコースに出てきたか。
ロズベルグ、ボッタスがアタック開始。
ボッタスはロズベルグのスリップストリームを使えているか…と思ったら、やっぱり使えなくなっていたか。
スタート前は近かったんだけどなぁ。
マッサ、まずは3番手タイムか。
ハミルトン、ロズベルグにコンマ4秒差を付けてのトップタイム!
バトンが5番手、以下ベッテル、アロンソ、マグヌッセン、リチャルド、ペレスと続いています。
ここまでで残り5分切りました。
さぁ、これから各車ラストアタックに向けて準備をしていきます。

残り2分30秒…ロズベルグ、ボッタス、ベッテル、アロンソとコースに出たぞ!
次々と出て行きましたね。
フェラーリがここでよく使う、チームメイト同士でのスリップストリーム使い合いは今回はないようです。

さぁ、残り1分切って、全車コース上です!
アロンソ、ロズベルグのスリップストリームを狙っていますね…w
近いwww

ボッタスのアタック、オンボード!
1コーナーで少しリアタイヤがタイヤスモークを上げた…。
前にはチラッとベッテルが映る。

さぁ、ロズベルグセクター1全体ベスト!
…あ、セクター2遅れた。

ベッテル、6番手。
ボッタスはタイム更新ならず、3番手だ。
ロズベルグは自己ベスト更新するも、ハミルトンのタイムを上回れず、2番手。
アロンソはベッテルを上回って6番手。
ペレスは10番手。
マグヌッセンがタイムを上げて、5番手に食い込んできたぞ!
マッサはタイム更新できず、4番手。
ハミルトンは自己ベストを更新できなくなったものの、ピットには戻らずチェッカーを受ける。
勿論、トップ維持です。
バトンはタイムを更新するも、順位は変わらず6番手。
リチャルドもタイム更新はしたが、順位は変わらず9番手でした。


ハミルトンはあんまり喜びを表していないけど、パパハミルトンはにっこりしているwww
写真撮影。
立ち去る寸前にロズベルグがチンポジチェックしている…。


徹子の部屋。
ハミルトン「またワンツー取れて嬉しいです」(真顔


予選結果。
ポールポジションからはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2番手からはニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
3番手からはバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ
4番手からはフェリペ・マッサ/ウィリアムズ
5番手からはケビン・マグヌッセン/マクラーレン
6番手からはジェンソン・バトン/マクラーレン
7番手からはフェルナンド・アロンソ/フェラーリ
8番手からはセバスチャン・ベッテル/レッドブル
9番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル
10番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア

11番手からはダニール・クビアト/トロロッソ
12番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
13番手からはジャン=エリック・ベルニュ/トロロッソ
14番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/フォースインディア
15番手からはエイドリアン・スーティル/ザウバー
16番手からはエステバン・グティエレス/ザウバー

17番手からはパストール・マルドナド/ロータス
18番手からはロマン・グロージャン/ロータス
19番手からは小林可夢偉/ケータハム
20番手からはジュール・ビアンキ/マルシャ
21番手からはマックス・チルトン/マルシャ
22番手からはマーカス・エリクソン/ケータハム


クビアト、今季6基目のパワーユニットを使った為、10グリッド降格ペナルティ。
エリクソンはマシンを弄ったのか、不具合を直したからなのか、ピットレーンスタート。


ポールポジションからはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2番手からはニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
3番手からはバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ
4番手からはフェリペ・マッサ/ウィリアムズ
5番手からはケビン・マグヌッセン/マクラーレン
6番手からはジェンソン・バトン/マクラーレン
7番手からはフェルナンド・アロンソ/フェラーリ
8番手からはセバスチャン・ベッテル/レッドブル
9番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル
10番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア

11番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
12番手からはジャン=エリック・ベルニュ/トロロッソ
13番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/フォースインディア
14番手からはエイドリアン・スーティル/ザウバー
15番手からはエステバン・グティエレス/ザウバー
16番手からはパストール・マルドナド/ロータス

17番手からはロマン・グロージャン/ロータス
18番手からは小林可夢偉/ケータハム
19番手からはジュール・ビアンキ/マルシャ
20番手からはマックス・チルトン/マルシャ
21番手からはダニール・クビアト/トロロッソ
ピットレーンスタートはマーカス・エリクソン/ケータハム







続きから、コメント返信!

続きを読む "跳ね馬の失速"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年9月 9日 (火)

ロングスリーパー

寝過ぎたからなのか、電気点けっ放しだったからなのか…いやぁ、眠い。疲れた。
という事で、お昼になってからの投稿でした…。
ちゃんと寝なきゃなぁ。







続きから、コメント返信!

続きを読む "ロングスリーパー"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年9月 7日 (日)

高速の木漏れ日

むぐぐ…F1録画したのに、まさかの野球延長で半分撮れてなかった…。
BSに移ってまで延長の影響を受けますか。そうですか。

仕方ない、動画を探すか…。





以前にも書いた、トヨタの水素燃料電池自動車、「ミライ」という名前になるそうです。
正式決定は11月みたいですね…。






先週の世界遺産!

コスタリカ!!
ココ島国立公園!!


うわぁ、波が荒い。
潮流も速いらしい…。
そうかぁ、ココ島は宝島やジュラシック・パークのモデルになったのかぁ。
滝も大小合わせて40もあるのね。


ギンガメアジの大群がぐるぐる回っている…お食事中かな?
岩場ではイエローテール サージョンフィッシュが群がって藻を食べています。
その名の通り、尾びれが黄色いですね。

ココ島は「サメの島」とも呼ばれているとかで…おぉ!!
アカシュモクザメの群れが来たぞ!
大群だ…!!
これは凄い…。
これも餌となる小魚が豊富だからですね。
他にも、砂地には足が生えている奇妙な魚がいるという…。
…お、いたいた。
胸鰭と腹鰭が足のようになっている魚…ココ島の固有種、ロージーリップド バットフィッシュです。
その名の通り、口がバラ色のコウモリのような魚である…。
天狗みたいに鼻先が尖っているね。
この魚の他にも固有種がいるとか…。
ココス バーナクルブレニーという魚もその1つ。
ヤドカリやゴカイが岩場に開けた穴で暮らす魚だそうなので、細長い魚ですかね。
…おぉ、黒い体色に顔の先端だけ赤いw
これは好みの配色www

火山島であるココ島への上陸は崖を登るという重労働なもののようです。
…ロープとかなしでそのまま登るのねw
溶岩ってことは脆いだろうに…。
登ってるすぐ横にカツオドリが…w
岩場は鳥の糞だらけだとの事。脆い上に滑りやすいってか。
おぉ、島はカツオドリの繁殖シーズンでした!
カツオドリ達は人間への警戒心がないので、巣にカメラを近付けても割と平気。
島にはアノールトカゲの仲間がいました。
こいつ、固有種だそうで。まぁ、絶海の孤島だから固有種だらけでしょうねぇ。
面構えが何となくかっこいい…。
膨らませた喉がオレンジ色w


コスタリカ本土からココ島へ向かうクルーズ船が出ているらしいです。
環境に配慮して定員に制限があるうえに人気なので、予約は1年待ちだとかw
ダイバー憧れの地だからか、乗客の殆どは経験豊富なダイバーなのだとか。
…着くまではリゾート気分ですかねw
おぉ、コスタリカの郷土料理!
料理用バナナのオーブン焼き…シナモンを振っているようです!
これはこれで美味しそうだな。
地鶏の煮込みはサルサソースで煮込む。
…うむ、美味そう!!
コスタリカはかつてのスペイン領で移民が多い国の為か、マイルドな郷土料理が多い…らしい。
んーと、色々な人種の人が食べられる、クセの少ない料理って事かな?


ココ島は溶岩でできた島なので、割と侵食が激しいみたいですね。
ゾウの横顔とか…。
海に浮かぶ岩は貿易風によって削られてアイパッチをした海賊の顔のよう。
この島の周りの海は深く落ち込んでいる為、深海探査ができるようです。
…って事で、小型潜水艇で水深300mへ。
おぉ、半球状の透明キャノピーかっこいい!
これで視界も広いね!

いよいよ水深200m、深海へ。
…お、カエルアンコウの仲間が溶岩の隙間にいますね。
顔の前に突き出した疑似餌で餌をおびき寄せている…あ、でかい魚がきたw
擬似餌をヒラヒラさせるのをやめていますね…自分が食われちゃいそうだもんなぁ。
…潜水艇のパイロットも見たことがない新種と思われるウツボが!
黒地に白い斑点の斑模様ですね。
しかも、狩りの場面も捕らえた!
お、底に魚がいる…体長1mのシャチブリの仲間が浮遊するように泳いでいる。
よく見たら、逆さまに泳いでいた…何故そのように泳いでいるのかは謎だそうで。
骨格の殆どが軟骨だそうだ。
更に切り立った断崖絶壁が海の底まで続いているようですが…水深300mまでしか行けないみたいなので、ここまで。

ココ島は深海からそそり立っている火山島だからか、深海から栄養を伴った海流が島肌に沿って上がってくるようで、栄養豊富な海だから海洋生物たちが集まってくる訳ですね。
更に、幾つもの海流がぶつかり合う地点だというのも関係しているようですね。
その生態系の頂点に立つのが、サメである。
…お、ネムリブカ!
夜は彼らのお食事タイム!
おぉおぉ、集まっておる!
…あれ、今獲物を違う魚が狙ってたぞwww
ネムリブカがわんさかしている岩場でブダイが眠っている…w
動かなければどうという事はないのである。
…お、今タグ付けてるネムリブカいなかったかな?
今度はメガネクロハギがターゲットですね。
必死に逃げていたけど、食べられてる。


ココ島には僅かに遠浅になっている岩場があるようです。
岩には何か刻まれていますね…。
1851年と刻まれているものもある。
海賊が財宝を隠したという伝説から、数多くのトレジャーハンターが訪れた痕跡だとか。
島にはトレジャーハンティングの為に掘った穴も残っている。
ドイツ人船長が宝探しの為に20年くらい暮らした事もあるとか。
お宝は全く見つからなかったようだけどね。
今は宝探しはおろか、周辺での漁も禁じられているようで、ココ島は悠久の時を過ごしているようです。


満月の夜、海底にはチョコレートチップスターというヒトデがわんさか。
茶色い星が瞬いてるなー。
…おっと、マダラエイの大群が地を這っていました。
先頭を行くのはメス。その後ろにいるのは皆オスなのか。
魚類の中では珍しく、交尾をする種類なんだって。
この時期はシマハギをはじめ、様々な魚にとっても恋の季節。
黒い縦縞のシマハギはオス。子孫を残そうとメスにピッタリひっついていますねぇ。

…おぉ、ジンベエザメがやってきた!
体長は8mを越えるようだ。
まだまだ、成長途中ですかね。
この優雅さ、良いねぇ!


最後は荒波を船で進む。
海中探検中。沢山の魚が…。
そして、悠々と泳ぐマンタが!
ジンベエザメと同じく、下からのアングルですね。







続きから、コメント返信!

続きを読む "高速の木漏れ日"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年9月 6日 (土)

恥曝し

今日から例のイベントでして。
今月はイタリアGPもシンガポールGPも放送時間中に観られないんだよなぁ…。
タイミングの悪い事に。





近所で開催されるという事だったし、時間あったので行ってきました。


Smabro_taiken
スマfor体験会!

待機列出来ていたけど、予想通りくらいだったか。
1時間しないうちに遊べました。

…あ、4人対戦席ねw
しかも、晒し席じゃないですかー!ヤダー!


1回目:マルス/子犬のいるリビング
…うおっ。
ボタン配置同じ筈なのに慣れない…。
全然慣れない。。
誤操作ばっかりして全然立ち回れないわwww
こりゃあかんwww

結果:ダントツの4位(←


普段テレビ画面でやってるから、否応なく少し見難く感じてしまいますね。
操作感覚としては、滑らかに動く。
まぁ、新・パルテナもちゃんと動いていたし…。
そういや、滑らかに動くようにフレーム数多いという話もありましたね。
操作感覚は違和感ないと思います。

ステージですが…「落とし物に注意」ですねw
上から積み木だのクッション(?)だのが落ちてきて地形が変わる訳ですが…降ってきたそれらに当たると痛い痛い。
画面が引いたらちゃんと確認しておかないといけませんなぁ。


…そういや、アイクが高い所で天空出したらお星様になったな。


2回目:ゲッコウガ/レインボーロード

ゲッコウガはそこまでスピードタイプって感じはしなかったんですが、割とクセのない操作感覚で使いやすいかなーと。
空中での制御も良好だし。
踏み台ジャンプするとすっげぇ高く飛び上がりましたw
流石はニンジャや。
随所に水の忍者刀が登場しますね。
みずしゅりけんは溜め保持ができないみたい…射程もそんなに長くはないですね。
みがわりはルカリオのかげぶんしん同様、決めワザになり得ると思います。

…おぉ、勝ったw
ゲッコウガ=サンかっこいいなぁ。

ステージは移動足場に乗ってコースを巡るもの。
レインボーロードらしくガードレールとかないんで、普通に落ちる所では落ちますw
唯一のミスが落下自滅でしたから。
いや、復帰しようとしたらボタン押し間違えたんだ…。


モンスターボールからダークライとツタージャを確認。
ダークライはダークホール、ツタージャははっぱカッターかな?


Smabro_guide
無料配布のガイドを貰ってきました。
後、対戦後団扇貰いました。


Smabro_assist
おぉ、マグナさんもアシストとして参戦ですか!

…あれ、川島教授www
なにしてんですかwww
しかも、ポリゴンアンドルフと同じ感じwww

ゾロアーク、ユキノオー参戦を確認。
ゾロアークはシャドークローでしょうか?
ユキノオーはこごえるかぜとかふぶきとかかな?


マリオの必殺ワザカスタマイズの名称が分かったものが幾つか。
「ファイアボール」は「高速ファイアボール」と「巨大ファイアボール」。
まぁ、そのまんまですね。
「スーパージャンプパンチ」には「爆発パンチ」、「ポンプ」には「熱湯ポンプ」というバリエーションが用意されているようです。


キャラクターの必殺ワザ表もありました。

マリオ
必殺:ファイアボール
横必殺:スーパーマント
上必殺:スーパージャンプパンチ
下必殺:ポンプ
きりふだ:マリオファイナル

特に大きな変更はなさそうです。


ドンキーコング
必殺:ジャイアントパンチ
横必殺:ドンキーヘッドバッド
上必殺:スピニングコング
下必殺:ハンドスラップ
きりふだ:タルコンガビート

こちらも大きな変更はなし。
余談だけど、Xではきりふだをちゃんと使いこなせなかったんだよなぁ…。


リンク
必殺:勇者の弓
横必殺:疾風のブーメラン
上必殺:回転斬り
下必殺:爆弾
きりふだ:トライフォースラッシュ

こちらも変更なし。
トワプリ準拠のワザのままですかね。


サムス
必殺:チャージショット
横必殺:ミサイル
上必殺:スクリューアタック
下必殺:ボム
きりふだ:ゼロレーザー

こちらも変更なし。
ミサイルはちゃんとスーパーミサイルの存在も示唆されています。


ヨッシー
必殺:たまご産み
横必殺:ごろごろたまご
上必殺:たまご投げ
下必殺:ヒップドロップ
きりふだ:スーパードラゴン

ワザ自体に変更はなし。
ごろごろたまごは登場からよく自滅するパターンを見てきましたね…。
今回から…かな?ジャンプする事が可能だとか。


カービィ
必殺:すいこみ
横必殺:ハンマー
上必殺:ファイナルカッター
下必殺:ストーン
きりふだ:ウルトラソード

きりふだがコックから変更されているのは周知の事実。
ハンマーを溜めると鬼ごろし火炎ハンマーになる事も紹介されていましたね。


フォックス
必殺:ブラスター
横必殺:フォックスイリュージョン
上必殺:ファイアフォックス
下必殺:リフレクター
きりふだ:ランドマスター

こちらも変更なしのようですね。


ピカチュウ
必殺:でんげき
横必殺:ロケットずつき
上必殺:でんこうせっか
下必殺:かみなり
きりふだ:ボルテッカー

こちらも変更なしのよう。


ルイージ
必殺:ファイアボール
横必殺:ルイージロケット
上必殺:スーパージャンプパンチ
下必殺:ルイージサイクロン
きりふだ:オバキューム

スーパージャンプパンチはちゃんとファイアジャンプパンチの存在も示唆されていました。
きりふだがネガティブゾーンから変更。
掃除機で吸い込んだ後吹っ飛ばすようです。


キャプテン・ファルコン
必殺:ファルコンパンチ
横必殺:ファルコンナックル
上必殺:ファルコンダイブ
下必殺:ファルコンキック
きりふだ:ブルーファルコン

振り返りファルコンパンチにまで言及されている…。
F-ZEROマシンで轢くきりふだも健在。


ピーチ
必殺:キノピオガード
横必殺:ピーチボンバー
上必殺:ピーチパラソル
下必殺:野菜ひっこ抜き
きりふだ:ピーチブラッサム

ピーチブラッサムの欄に「大きな桃を出す」とあるので、Xより大きな桃が出てくるのでしょうか。
だとしたら、回復量が高いんだろうなぁ。


クッパ
必殺:クッパブレス
横必殺:ダイビングプレス
上必殺:スピニングシェル
下必殺:クッパドロップ
きりふだ:ギガクッパ変身

クッパブレスはスティックで方向調節が可能なのだとか。多分、今回からだよね?
Xで変更された、クッパドロップの仕様も書かれていました。


ゼルダ
必殺:ネールの愛
横必殺:ディンの炎
上必殺:フロルの風
下必殺:ファントムアタック
きりふだ:光の弓矢

変身しなくなった事で枠がひとつ空いたゼルダ。
ファントムアタックは溜める事が可能のようで、溜めた時間に応じてファントムの攻撃方法が変化するとかなんとか。


シーク
必殺:仕込針
横必殺:炸裂丸
上必殺:浮身
下必殺:跳魚
きりふだ:光の弓矢

こちらも枠がひとつ空いた所にチラッと紹介されていた跳魚という新ワザが入りました。
ヒットさえすれば連続で繰り出せるらしい。
横必殺は鉄糸舞から炸裂丸に変更。
より原作っぽくなりましたね。時間が経つと自動で爆発するのかどうかは分かりませんが、取り敢えずBボタンを離すと爆発するらしいです。


マルス
必殺:シールドブレイカー
横必殺:マーベラスコンビネーション
上必殺:ドルフィンスラッシュ
下必殺:カウンター
きりふだ:必殺の一撃

特に変更はないようですね。


メタナイト
必殺:マッハトルネイド
横必殺:ドリルラッシュ
上必殺:シャトルループ
下必殺:ディメンジョンマント
きりふだ:ギャラクシアダークネス

Xでかなり強かったメタナイト。だからか、かなり調整が入っています。
マッハトルネイドは着地後の隙が大きくなっている模様。
シャトルループはXのようにループせず、マリオのスーパージャンプパンチのような軌道なのだとか。


ピット
必殺:パルテナの新弓
横必殺:豪腕ダッシュアッパー
上必殺:飛翔の奇跡
下必殺:衛星ガーディアンズ
きりふだ:三種の神器

Xの後に新・パルテナが発売された為、ガラリとワザが変更されています。
Xで「パルテナアロー」という名前だった通常必殺は新・パルテナでの名称に変更。性能には特に変わりはない…かな?
横必殺は王道の突撃攻撃に変更。突進中は攻撃を受けても怯まないタイプ。
上必殺はより迅速な移動が出来るものに変更。
…パルテナ様が対戦相手の時はどうしてるんでしょうね?ナチュレ様がやってるのか?
下必殺は前後に判定がある強力なリフレクトワザ。打撃攻撃も防げそうな事が書いてあります。
必殺ワザはちょいちょい出ている、連射ワザ。


ゼロスーツサムス
必殺:パラライザー
横必殺:プラズマウィップ
上必殺:ブーストキック
下必殺:フリップジャンプ
きりふだ:スターシップ

変身がなくなった事と装備がパワーアップした事によって3種類のワザが変更。
上必殺はプラズマワイヤーから変更。ジェット噴射しながら上方に蹴りを繰り出すものになっています。新装備を象徴するワザなのかもしれませんね。
…プラズマワイヤーの連続ヒット好きだったんだけどなぁw
下必殺には「分だ相手を地面に埋める」という見慣れない記述が。新装備の影響でしょうか。ジャンプ中にキックが出せるのはXの時と変わりませんね。
きりふだはスターシップの乗り込んで主砲で攻撃すると言うまたしてもなチートワザw
写真を見ると、スネークのグレネードランチャーのような感じなんですね。


アイク
必殺:噴火
横必殺:居合い斬り
上必殺:天空
下必殺:カウンター
きりふだ:大天空

ワザのラインナップに変更はなし。
…噴火の写真、炎の色が青くなっている。
これは恒常的なものなのか、最大溜め時なのか…。


リザードン
必殺:かえんほうしゃ
横必殺:フレアドライブ
上必殺:そらをとぶ
下必殺:いわくだき
きりふだ:メガシンカ

ピンでは初参戦。前作と違い、枠が1つ空いたので、新ワザを習得しましたね。
横必殺にフレアドライブが入りました。自分もダメージ受けるとか原作を忠実に再現w
Xでは横必殺だったいわくだきは下必殺に移動。使い勝手は変わらなさそうだ。
かえんほうしゃはクッパブレスと同じように方向調整可能だとか。


ディディーコング
必殺:ピーナッツ・ポップガン
横必殺:モンキーフリップ
上必殺:バレルジェット
下必殺:バナナのかわ
きりふだ:バレルジェットパニック

特に変わりはないようです。


デデデ
必殺:すいこみ
横必殺:ゴルドー投げ
上必殺:スーパーデデデジャンプ
下必殺:ジェットハンマー
きりふだ:デデバースト

横必殺がワドルディ投げからゴルドー投げに変更されたのは紹介されていましたが、きりふだも変更されたようです。
すいこみで相手を引き寄せ、ハンマーによる連打を叩き込むワザらしい。
…で、写真に載ってる、ハンマーから出てきたバクダンはなんですかねぇ?


ピクミン&オリマー
必殺:ピクミンひっこ抜き
横必殺:ピクミン投げ
上必殺:羽ピクミン
下必殺:ピクミン整列
きりふだ:一日の終わり

仕様変更によって、ピクミンを3匹までしか連れ歩けなくなったオリマー。
更に、どの色のピクミンが出てくるかの順番は決まっているのだ。それでも、ピクミン整列で並び順を変えられるのは変わらないらしい。
上必殺はピクミン繋がりから羽ピクミンに変更されているのは発表済み。連れ歩くピクミンが多いと性能劣化するらしいですね…。
きりふだはXだと合計で90%くらいダメージを与えられる強力なものだったけど、今作はどうだろうか?


ルカリオ
必殺:はどうだん
横必殺:はっけい
上必殺:しんそく
下必殺:かげぶんしん
きりふだ:メガシンカ

メガシンカするようになった以外はワザに変更なし。
メガシンカの説明は「波導が最大になる」…とだけ。身体能力はどうなんでしょうねぇ?


トゥーンリンク
必殺:勇者の弓
横必殺:ブーメラン
上必殺:回転斬り
下必殺:バクダン
きりふだ:トライフォースラッシュ

こちらもリンク同様、変更はないようだ。


むらびと
必殺:しまう/取り出す
横必殺:ハニワくんロケット
上必殺:バルーントリップ
下必殺:タネ植え/水やり/伐採
きりふだ:ゆめのマイハウス

ニューカマー、むらびと。
ワザに関しては一通り紹介されていましたね。
横必殺はBボタン長押しで搭乗できるようです。
下必殺の伐採はやっぱりオノで攻撃もできるらしい。
…そしてどう見ても狂気の沙汰としか思えないよなぁ、きりふだw
説明文は「相手をおうちに閉じ込めてふっとばす。」


Wii Fit トレーナー
必殺:太陽礼拝
横必殺:ヘディング
上必殺:燃焼フープダンス
下必殺:腹式呼吸
きりふだ:Wii Fit

ニューカマーFiトレ。全てのワザを紹介されている訳ではなかったなー、と思いつつ。
横必殺は初お目見えかな?
取り敢えず、遠距離攻撃のようですねw
通常必殺は最大溜めになると蓄積ダメージ回復するのかw
下必殺は成功失敗があるようで、タイミングが命と言えますね。


ロゼッタ&チコ
必殺:チコシュート
横必殺:スターピース
上必殺:ギャラクシージャンプ
下必殺:アイテムキャプチャー
きりふだ:パワースター

マリオシリーズからのニューカマー、ロゼッタ&チコ。
ワザは一通り紹介されてたし、特筆すべき新しい要素も書いてないので言うことがないですね…。
きりふだがそんなに強くなさそうな感じするし、アイスクライマー以上に別々の操作と管理が求められるのでかなりテクニカルなキャラクターだと思います。
使いこなせれば強いキャラでしょう。


リトル・マック
必殺:気合いストレート
横必殺:ジョルトブロー
上必殺:ライジングアッパーカット
下必殺:スリッピングカウンター
きりふだ:ギガ・マック変身

パンチアウト!からのニューカマー、リトル・マック君。
こちらもワザは一通り紹介されているからなぁ…。
通常必殺にK.O.アッパーを匂わせる記述がありますね。
きりふだは取り敢えず攻撃力が上がるらしい。


ゲッコウガ
必殺:みずしゅりけん
横必殺:かげうち
上必殺:ハイドロポンプ
下必殺:みがわり
きりふだ:しのびのひおうぎ

ポケモンXYからのニューカマー、ゲッコウガ=サン。
みずしゅりけんとみがわりくらいしか紹介されていませんでしたね。
…横必殺は少々テクニカルそうですね。今回の試遊では使ってなかったかも。
上必殺はハイドロなんだw
しかも、ピカチュウのでんこうせっかと同じく2回移動。
あぁ、成程。
下必殺は発動後、スティックを倒した方向にカウンター攻撃を見舞うようですね。
きりふだは名前がかっこいいな…w
忍びの秘奥義か…w
発動はやはり「たたみがえし」のようです。


パルテナ
必殺:オート照準
横必殺:反射板
上必殺:テレポート
下必殺:カウンター
きりふだ:ブラックホール+波動ビーム

パルテナの鏡からのニューカマー。
新・パルテナでピットをサポートした「奇跡」を駆使します。
パルテナ様はMiiファイターと同じく、キャラ作りでワザをガラリと変更できるうちの1人ですね。
デフォルトのワザラインナップは常用にするには少しツライか…?
通常必殺は勝手に相手に向かって弾を打ってくれるので、便利でしょう。
横必殺はリフレクトだけでなく、触れた相手を押し出す効果もあるとか。


ルフレ
必殺:サンダー
横必殺:ギガファイアー
上必殺:エルウインド
下必殺:リザイア
きりふだ:ダブル

FEからのニューカマー、マイユニット!
魔道書とサンダーソード、どちらも回数制限があるので、頭を使っていかないといけませんね。
通常必殺は溜める事で高位の魔法を撃てると。
…名称変更されるよね?
ギガファイアーは最初からギガファイアーなのか。
上必殺は反動でジャンプするタイプの復帰ワザか。メテオワザかな?
リザイアはスマブラには珍しく攻撃と回復一体のワザ故にやっぱり下必殺でしたか。
きりふだはとてもシンプルな名前ねw
クロムさんの出番である…。


シュルク
必殺:モナドアーツ
横必殺:バックスラッシュ
上必殺:エアスラッシュ
下必殺:ビジョン
きりふだ:チェインアタック

ゼノブレイドからのニューカマー。
モナドアーツによって能力を変化させながら戦えるが、代償として下がる能力もあるという。
最近発表されたキャラなので、ワザはあんまり分からなかったけど…これで一気に分かりましたね。
モナドアーツが通常必殺か…じゃあ、カービィもモナドアーツを使う事になるんだよね。
横必殺は背後から当てると強力になるという特殊な性能のワザですね。ムービーでも登場していましたなぁ。
上必殺は攻撃中にもう一度Bボタンを押せば追加攻撃ができるとか。1回目の軌道としてはドルフィンスラッシュに似ているか?
きりふだは仲間達が登場しての連撃。こういった、皆で攻撃するタイプのきりふだが増えていてとても…豪華です。


ソニック
必殺:ホーミングアタック
横必殺:スピンダッシュ
上必殺:スプリングジャンプ
下必殺:スピンチャージ
きりふだ:スーパーソニック

他社キャラながら、続投したソニック。
ワザに関しては変わらないようですね。


ロックマン
必殺:メタルブレード
横必殺:クラッシュボム
上必殺:ラッシュコイル
下必殺:リーフシールド
きりふだ:ロックマンスペシャル

カプコンからのニューカマー。
彼のワザは通常ワザも含めて紹介されていましたね。
通常必殺は相手を貫通するらしい。複数攻撃できるのがイイね!
下必殺はBボタンを押せば飛ばせるのか。
きりふだの名前が公開…スタンダードな名前だねw


パックマン
必殺:フルーツターゲット
横必殺:パワーエサ
上必殺:パックンジャンプ
下必殺:消火栓
きりふだ:スーパーパックマン

ナムコからのニューカマー。
あんまりワザに関しては言及されてなかったよなぁ。
通常必殺は投擲攻撃みたいですね。フルーツよりベルの方が痛そう。
横必殺はスティックを倒した方向にパワーエサを出して、それを食べながら進むというワザ…突進ワザなのか?パワーアップワザなのか?
説明だけじゃ謎です…。
上必殺はトランポリンで飛び跳ねるというスタンダードなものですね。
下必殺は前後に水流を飛ばして相手を押す…崖際の攻防とかに使えそう。自分は自由に動けるんですかね。だとしたら、自分は水流の影響は受けるのか?
きりふだはなんともスタンダードな名前w
そしてスタンダードにパックマンしてるwww
巨大パックマンが口をパクパクさせながら進み、触れた相手を食べてから吹っ飛ばすw


Miiファイター
【格闘】
必殺:鉄球投げ
横必殺:瞬発百烈キック
上必殺:天地キック
下必殺:くい打ちヘッドバット
きりふだ:超絶ファイナルラッシュ

横必殺は間合いを詰めての連続キック。名前が…厨っぽいですwww
上必殺は蹴り上げてからの踵落し。
…。
もしかして:天空と同じような軌道
下必殺は上空に飛び上がってからの急降下攻撃…多分。クッパドロップやヒップドロップと同じ感じでしょうか。
…どうしてヘッドバットなんやwwwワリオの空中下みたいじゃないかwww
きりふだも厨っぽい名前www
アッパーで打ち上げてからラッシュのようなので、初手のアッパーを当てないと発動しないタイプでしょう。


【剣術】
必殺:トルネードショット
横必殺:変則急襲斬り
上必殺:ロケット下突き
下必殺:カウンター
きりふだ:ファイナルエッジ

通常必殺は名称通り竜巻を発射する…が、長距離になると風になるってあるので、多分相手を押し出すんだろうな、と。
格闘タイプと良い、横必殺の厨臭い名称どうにかならんのかwww
飛び込みながら斬りつけるらしいけど、居合い斬りみたいに溜めが可能なんだって。溜めたら威力とか飛び込む距離が上昇するのかな?
上必殺は斬り上げた後、急降下…。
もしかして:天空と同じような軌道
多くの剣キャラと同じく、カウンターも持っていますね。
きりふだは刃型の衝撃波を無数に飛ばすらしいです。接近戦・遠距離戦どっちも可能な剣キャラ特有のきりふだと言えますね。


【射撃】
必殺:ガンナーチャージ
横必殺:フレイムピラー
上必殺:ボトムシュート
下必殺:リフレクター
きりふだ:フルスロットル

通常必殺は溜めが可能な射撃攻撃。チャージショットと同じでしょう。
横必殺は斜め下に火炎弾を放つワザ。空中から、とか相手より高い足場にいる時に狙ったりしても良さそうだし、接近してくる相手への牽制や塹壕としても使えそうですね。
上必殺は反動でジャンプする系のようだ。
射撃の専門家らしく、リフレクターも使える、と。
きりふだも射撃の専門家に相応しいものだと思います。一斉射撃。


…このガイドにルキナだけいないのは、必殺ワザに何か秘密があるのでしょうか?
それとも、まるっきりマルスと同じワザだからハブられたんでしょうか?







帰りに久々にスタバへ。
Maccha_cream_flape
抹茶クリームフラペチーノ。







続きから、コメント返信!

続きを読む "恥曝し"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

半島制圧

いつも通り、お昼に起きるという…。
今日は溜まったビデオ観たり、スマブラXやったりしてました。
…いやぁ、腕が鈍ってる感じするね。




朝刊に載ってた、米韓が編成する「連合師団」とかいう響きが気になる。
強そう。(小並感






スマfor。

ゼノブレイドから登場、勇者リキ!
なんと、シュルクのきりふだとして参戦しておきながら、アシストフィギュアとしても参戦!
これは贅沢ですねぇ。
アシストフィギュアのリキは「ヨロコベも」とか「イタダクも」とか複数の効果を与えると言う…。
いっぺんに与えるっていうか、多分トゲピーとかチンクルみたいにランダム発動なんでしょうけれど。
…で、「ヨロコベも」とか「イタダクも」とかってどんな効果があるんだろう?
アシストフィギュアで登場している時にシュルクのきりふだを使ったら、あたかもリキが2人いるような感覚に…w
まぁ、シュルクのきりふだはファルコンみたいに画面切換あるみたいだから、ダイレクトに2人いるような感じはないと思いますが。
で、今回からアシストフィギュアやポケモンの頭上にプレイヤーカーソルが入る事になったようです。
これで誰が召喚したのかが一目瞭然ですね!
逆に言えば、乱戦時に誰が出したのか分からないという事もなくなる訳で。

オールスターモード、今回も健在。
なんと、今回は最初から遊べるとか!
だけど、キャラクターが全員揃うまでは最初から選べるキャラクターのみが出てくるとか…あれ?
隠しキャラいませんよー的な噂あったけど、やっぱり隠しキャラいるんですねw
まぁ、いた方が面白いよなぁ。
で、大まかに登場した年代順に並んでいて、その順番通りに出てくるようだ。
1つのステージに数人が登場して、その全員を倒したら休憩所に行けるのね。
キャラクター数がXよりも多くなったし、まぁそういう風になるよね。
その分、難易度も高そうだ…!

カラバリの話がありましたね。
サムス。
今までは基本4色、ノーマルカラーとチーム分けカラーみたいになっていたけど、今回は一律で8パターンのカラバリがあるとかで…。
…おぉ、おぉ、あるある。
「バリアスーツ」はスタンダードなやつかな?
前回もあった、フュージョン風の青いスーツ。
スーパーメトロイドのグラビティスーツ風はピンクのでしょうかね。
ダークスーツ風…茶色いのですね。かっこいいなぁ。
メトロイド プライム等のグラビティスーツ風は紫ですね。
スマブラに昔からあるカラバリ、緑。
ライトスーツ風という白いものが登場していますね…中々かっこいい。
そして、ダークサムス風。…アシストフィギュアでダークサムス登場しますね。一瞬見分け付かなくなったりして?これもかっこいいなぁ。
で、むらびとは男の子4人、女の子4人という内訳だそうで。
それぞれが顔や服が異なるとか。
…初登場の4人が登場している。どれも狂気に満ちた顔ですねwww

そうか、「初期化爆弾の森」ステージは「初期化爆弾の恐怖」空中戦BGMっぽいのか。
ちと残念だけど…まぁ、仕方ないね。
自然軍メインテーマはこのBGMが最初みたいだし?

フィールドスマッシュの最後にある特殊バトル、複数種類あるらしいけど、その1つがクローズアップされていますね。
その名も「走れ!」。
ゴールに向かってひたすら走る特殊バトルである…。
まぁ、ただ走り抜ければ良いと言うものではないようですが…。
赤い機雷みたいなデンジャーゾーンが設置されているようですので。
それに当たると、ミスした事になり、少し戻されてしまうとか。
誰かが触れたデンジャーゾーンは消滅するので、後続の方が有利になる事も…ちゃんと駆け引き要素があるのが憎いね!
同じくフィールドスマッシュ後の特殊バトルである「のぼれ!」にもデンジャーゾーンが設置されているとかw
画面外から急に現れるデンジャーゾーン、気を付けねばならない存在ですね!w

スマfor3DSのメニュー画面にある「いろんなあそび」。
ここには「大乱闘」以外のモードが詰まっているようですね。
「ひとりで」、「みんなで」、「キャラ作り」、「コレクション」、「オプション」と。
「ひとりで」の中に「シンプル」、「オールスター」、「トレーニング」、「競技場」がありますね。
「競技場」には「ホームランコンテスト」、「スマッシュボンバー」、「組み手」が入っているとの事。
発売日も近い為、そろそろ機能の説明が入ってきますね。







続きから、コメント返信!

続きを読む "半島制圧"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年9月 5日 (金)

超弩級

4日連続!!


(´・ω・`)


なんだよー、今日は行けそうだと思ったのになぁ。。
…そうか、そう思う事自体がフラグなのか!!




新種の恐竜の化石がアルゼンチンのパタゴニア南部で見つかったとか!
パタゴニアと言えば、雷竜とも言われる竜脚類の宝庫じゃないですかー!

…と思ったら、また竜脚類だったらしい。
ティタノサウルスの仲間、とこれまた巨大恐竜の新種になりましたねぇ。
発見された個体はまだ若かったらしい。体長は26m、体重は60tと推定…このスペックは成長後なのか、この若い個体なのか不明。
ジュラ紀後期の北南米に生息していた雷竜には全長約25mのブラキオサウルスをはじめ、約21mのアパトサウルス、22m〜33mのディプロドクス、23m〜27mのバロサウルス、33mのスーパーサウルス、20m〜60m?のアンフィコエリアス等々、長大な雷竜がひしめいています。
まぁ、この時代は北南米分離していたみたいだけどね!
また、中国には27mのチュアンジエサウルス(ジュラ紀前期)、20m〜35mのマメンチサウルス(ジュラ紀後期)もいました。
更に、白亜紀になると約30mのサウロポセイドン(白亜紀前期)、32m〜34mのフタロンコサウルス(白亜紀後期)、35m〜40mのプエルタサウルス(白亜紀後期)、35m〜45mのアルゼンチノサウルス(白亜紀前期・後期)、40m〜50mとも言われるブルハスカヨサウルス(白亜紀後期)なんてのもいましたしねぇ。
それらと比べると、26mは普通だなぁ…と。


で、この新種に「ドレッドノータス」と付けたようだ。
「怖いもの知らず」という意味で、彼の巨大戦艦「ドレッドノート」に由来するという。
これは良い名前ですね!
名前に負けぬ、巨大種だと良いなぁ。







続きから、コメント返信!

続きを読む "超弩級"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年9月 4日 (木)

恐怖の落とし物

3日連続でタクシーさんのお世話になってるぞー!
なんだよ、繁忙期みたい。


…と、少し溜まっているので愚痴が出てしまう。
極力そういうのは乗せたくないけど、まぁ…ねぇ。
最近ホント色々あるからなんかあかんねぇ。




涼しくなったからか、順調にまた起きれない生活に戻りつつある…。
これまたあかんねぇ。
もう少し、時間を作らないとなぁ…何も出来ずに過ぎて行くのが悩み所。







続きから、コメント返信!

続きを読む "恐怖の落とし物"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年9月 3日 (水)

沖合不通過

まさか、2日連続でタクシー使用するとは。
やっぱさぁ、ダメだね、10時以降は。
何かが起こる。


…そういや、もう9月ですね。
早い物だ。
…そうか、もう来週末にはスマfor3DS発売なんだな。
早い物だ。

っていうか、もう9月じゃん。
1年早いなぁ。







続きから、コメント返信!

続きを読む "沖合不通過"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年9月 2日 (火)

半島を迂回する

うーん、起きたらギリギリ。
どうやら、寝過ぎたようだ…。
おかしいなぁ、昨日は早めに布団に潜った筈だが…。

きっと、時間があると思っちゃうとずっと寝てしまうんですね!
さて、明日はもう少し早く起きるぞ…。






アニポケ!
ゼルネアス登場回。
…例の如く、シルエットだけど。

久々にヒノヤコマ登場。
捜索要員である。
あ、シトロンのアームってエイパムアームって言うんだ…。
全然でんき関係ないじゃないか!www

オーキド博士はアマルスか…
あ、珍しくロトムも一緒に凍ったwww
すぐに復活してたけどな!www
ギャグキャラか!www







続きから、コメント返信!

続きを読む "半島を迂回する"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »