« 2度目の謁見 | トップページ | 夢見る3人組 »

2014年8月25日 (月)

赤い川の壁

昼まで寝てしまっていた…w
うだうだしながら何かやったり…あ、あんまり進まなかったですね。
あらら。。






F1ベルギーGP決勝!

決勝はドライコンディションのようですね…。
…あれ、水溜まりに波紋が。。
ポツポツきてる?

フォーメーションラップの時間です。
…ん?
アロンソ、どうした?
ジャッキアップされたままだ…。
時間切れでフォーメーションに参加できず。
台車が外れないとかどうとか。

…あ、外れたようだ。
自分のポジションまで急いで戻って行きます。

あー、スタート時間遅らせてしまったから、やっぱ審議みたいですね。

…おっと、軽い雨が降ってきたとの情報も。
でも、そんなに降らなければドライ用タイヤでのレースになるでしょう。


シグナルが…ブラックアウト!!

おっと、ハミルトンが良いスタート!
後ろからはリチャルドも良さそうだぞ?

1コーナー、ラ・ソース!
ベッテルがアウト側からロズベルグに仕掛ける!
かわしてベッテルが2番手だ!
トップ3はハミルトン、ベッテル、ロズベルグ。

…ん、後方で接触?
フロントウイングのパーツが飛んでたとか。。

ケメルストレートでベッテルがハミルトンに仕掛ける!
並んだ…!!
あっと、ベッテル、レ・コームで止まれずコースオフ。
ロズベルグの後ろで戻った。
ハミルトン、ロズベルグ、ベッテルのトップ3。


…おっと、ビアンキの右リアタイヤがパンクしているぞ!
誰かと接触した影響だな。


2周目、ハミルトン対ロズベルグ!
早くもこの2人のトップ争いが始まりましたね。
ケメルストレートを進み、レ・コームへ…あっと、接触!
ロズベルグ、フロントウイングの右側翼端板が吹っ飛んだ!
おっと、ハミルトンが挙動を乱した…あらら、左リアタイヤがパンクした!
ずるずると順位を下げるハミルトン。
一方のロズベルグはトップを維持。


6周目、あれ…ロッテラー終わってたの?
うーん、残念。
出走するからには完走して欲しかったですね。。

あら、マルドナドもリタイアですか。
マルドナドも運がないなぁ…いや、単独事故?接触?
分からん。

リチャルドがベッテルをかわして2番手。
ベッテルが挙動を乱して加速が鈍った所を抜いて行ったみたいですね。
珍しいなぁ、ミスるとは。
縁石で滑ったかな?


8周目、ボッタスがアロンソをかわして4番手!
ボッタスはまだまだ元気な予感。

…お、ロズベルグがピットイン!
ノーズ用意されているぞ!
ハード側の…ミティアムタイヤを装着。
状況が変わってしまったので、作戦変更でしょうね。
ミディアムで少しだけ長く走ろうって感じでしょうか。


10周目、ロズベルグに再びのアクシデント!
今度はアンテナになんか引っ掛かってるwww
ぺしぺしバイザーにも当たってるから、視界的にも邪魔そうだなぁwww
ハミルトンが撒き散らしたタイヤの繊維でしょうかね。
…ハミルトンの呪いかwww

ピットインしていたベッテルがビットアウト。
…おぉ、ベッテル滑ってる。

ライコネン、ファステスト!
流石スパ王…今回は元気だなぁ。


ロズベルグのリプレイ。
前を走るザウバーが巻き上げたタイヤの繊維がアンテナに引っ掛かった所が映し出されています。
ストレートを走っているうちに左手で取り除こうと頑張っているけれど…取れないw
その様子がじゃらされているかのよう!
TLではニコじゃらしと呼ばれていましたwww
どうやら、スピード計測する「ピトー管」に引っかかっていたみたいですね。


12周目、アロンソに5秒のストップ&ゴーペナルティが科せられました。
一方、ライコネンはというと…更にファステストを出していました。
マジで今回元気だぞ…。


13周目、ボッタスのタイヤ交換。
2.4秒は早いなぁ…。
マッサの時とは違うねぇ。

…あ、アロンソがタイヤ交換に入り、ついでにペナルティ消化していますね。

マグヌッセンとベルニュが激しくやり合ってますねぇ。
ベルニュもケツに火付けられてるしなぁ。


でっていうGLAのCMきたw


17周目、ベッテル対ロズベルグ!
ロズベルグがブランシモンで仕掛けていった!
最終コーナー、バスストップシケイン!
…おっと、ブレーキが盛大にロックした!
いやぁ、見応えあるバトルだなぁ。
ロズベルグ、ホームストレートからラ・ソースにかけて、今度は防御体勢。
後ろからボッタスが迫っていますからね。
…ケメルストレートでボッタスがロズベルグをかわした!

ロズベルグ、繊維取れてたんだwww


…すげぇw
ボッタス、ケメルストレートで330km出てるよ。


19周目、いつの間にか…ライコネンが2番手にwww
良いねぇ、元気だねぇ。


20周目、ロズベルグの無線。
さっきのフロントタイヤロックアップでバイブレーションが酷いらしい。
あー、バイブレーション酷いと、ステアリング握る手が震えまくって感覚無くなる事もあるのか…。
ロズベルグ、堪らずビットインだ!
ここまで予定外のピットインばかりなんだろうなぁ。


23周目、3位争い!
マグヌッセン、アロンソ、バトン、ロズベルグ、ライコネンと続いています。
バトン、ロズベルグに抜かれていたけれど、抜き返してこの順位。
ロズベルグがコーナーの出口でシフトダウンした所をかわしていったようですね。
…ロズベルグのシフトダウンはトラブルなのか、ミスなのか。
あの場所ではシフトダウンしないだろうからなぁ。寧ろシフトアップして行く所だろう。

アロンソはマグヌッセンに引っ掛かってる感じで、後続も付き合わされているような。
…あ、マグヌッセンがビットイン。


25周目、まだまだ3番手争いが熱い!
ロズベルグが再びバトンをかわした!
続けてアロンソとのバトルに入ります。
バトンはライコネンとのバトルに。
ケメルストレートでライコネンがバトンをかわす!
その前方ではロズベルグがアロンソをかわしていました。


26周目、今度はベッテルがバトンをかわした!
いやぁ、アクション満載だね!

…まっさんは?(´・ω・`)
なんか、ずっとポイント圏外なんだけど。


27周目、18番手スタートのヒュルケンベルグが映りました。
今は8番手まで上げてきているようです。
多分、タイヤ戦略違うんだろうなぁ。

あれ、あれって…もしかして…。
2代目ダンブルドアか?www


ハミルトン、無線で「もうやめたい」って駄々をこね始めるw
19番手とか17番手とかそこら辺だもんねぇ…。


31周目、ベッテル対ボッタス!
ベッテルは何とかディフェンスをしていたが、流石にウィリアムズのストレートスピードには敵わないか。
ボッタスがケメルストレートでかわしていき、4番手!
レッドブルはセッティングを変更してストレートスピードを上げてきてはいるものの…。


ハミルトン、また無線でリタイアしたいって訴える。
完全に心が折れてるよ…w


32周目、ペレス対バトンはバトンがペレスをかわして8番手に。

ハミルトン、次のモンツァ等を見据えて戦略的なリタイアも視野に入ってくるかな。
ほら、高速サーキットだし、パワーユニットを温存したいだろう。
…ん、普通にピットインしてる。
チーム的にはまだ続けさせるようですね。
タイヤ交換後、なんか嫌々発進してるような…www

ほう…珍しくクビアトの無線だ。
エンジニアの発音、聞き取りやすいなぁ。


でっていうGLA2回目。


35周目、グロージャンかガレージへ。
マシントラブルか…。
ロータスはどちらもリタイア。
今季は本当に信頼性に苦しめられているなぁ。

ロズベルグ、ベッテルがピットイン!
彼らは2ストップ戦略だった勢ですかね。
…流石にタイヤが持たなかったようで。
まぁ、ロズベルグなんて予定より早くタイヤ交換してたしなぁ…。
ロズベルグはボッタスのすぐ後ろで復帰。

しゃがんでマシンを見ているグロージャン。
…あ、小松さんだ。
髪が若干ボサボサ。


ロズベルグ、ボッタスをかわして3番手に。
流石、ニューのソフトタイヤだ。

ライコネンは2番手だが、タイヤがかなり古い!
あっさりロズベルグにかわされてしまったなぁ…。


37周目、ロズベルグがファステスト!
1分50秒www
はやーい!
これを連発したら、トップのリチャルドにも迫れるくらいの勢いらしい。

アロンソがマグヌッセンに仕掛ける!
セクター2で仕掛けるとはw
アウト側から狙ってきてますねぇ…あぁ、抜けない!
ちょっと寄ってきたから回避したな…あ、怒ってるwww
かわしてから怒るアロンソwww


39周目、ライコネン対ボッタス!
お酒大好きフライングフィン対決!
ライコネンはボッタスを抑えておく事ができるのか?
ボッタスはストレートが早いマシンでタイヤもライコネンのものより新しいぞ。

ハミルトン、ここで遂にリタイアできる事に。
表向き戦略的なリタイアですね。
…いや、実際半分は戦略的なリタイアですけれども!
もう半分はハミルトンのヤル気がなくなったから。


ライコネンは17周走ったミティアムタイヤであの守備。
…いやぁ、スパ王すげぇなぁ。


40周目、流石のライコネンも力尽きる。
ボッタス、3番手へ。
ライコネンは表彰台ならずかぁ…。
惜しい。実に惜しい。
そういや、ライコネンが2位でボッタスが3位だったら表彰台でまず飲むフィンランド人コンビになる訳か。
見たかったなぁ…。


41周目、リチャルドとロズベルグのギャップは10秒!
ここまで詰まってきているぞ!
ロズベルグのペースやべぇwww
でも、後3周である。

で、出たー!!www
ホナ足www
久々のホナ足やー!www

レッドブルのドライバーがトップを走っている時に終盤辺りになるとストレスからか、貧乏揺すりを始める。
それがレッドブルのチーム代表、クリスチャン・ホーナーなのである。
そうなると、どれがホナ足なのか非常に分かりやすい!


…お、5番手争いが熱い!
マグヌッセン、アロンソ、バトン、ベッテルである。
そのすぐ前では周回遅れのエリクソンとチルトンがバトルを展開しています。
何このバトル地帯w


ん、ビアンキがガレージに。
リタイアのようです。


…ちょっwww
ケメルストレートで4ワイドwww
なにこれ怖いwww
エリクソン、マグヌッセン、バトン、アロンソだ!
アロンソが若干コースからはみ出してる。

…あぁ!!
レ・コームでバトンがアロンソのインを突いた!
更にマグヌッセンをかわして一気前に出ようと…!
…あ、失敗してる。
あっと、今度はアロンソが盛り返してきた!
後退したバトンとベッテルがバトル!
すぐにベッテルがバトンをかわしたぞ!

マグヌッセン、アロンソ、ベッテル、バトンの順。
ワールドチャンピオン達を抑えるルーキー・マグヌッセン。


44周目、ファイナルラップ!
再びアロンソがマグヌッセンに仕掛けた!
…おっと、アロンソ、押し出された!
少し接触してるみたいだ!
スローダウンしたアロンソの前に出るベッテル!

ホームストレートでベッテルがマグヌッセンをかわして行ったー!!
アロンソとバトンのバトル!
ラ・ソースで接触か?
アロンソの翼端板が吹っ飛んでるぞ!
ケメルストレートでバトンがアロンソをかわして行きました!
アロンソ、翼端板を失ってスローダウン!


ここでマグヌッセンに審議!
アロンソとのバトル中、結構予測不可能な動きをしていたようですので。

マグヌッセン対バトン!
ブランシモンで前を行くマグヌッセンにピッタリ付いて追走するバトン!
バスストップシケインも守り切り…マグヌッセンが前でチェッカー!


リチャルド、優勝!
なんと、2連勝である!
レッドブルは通算50勝目だってさ!


表彰台!
ロズベルグにめちゃめちゃブーイング。


ボッタス、まず、飲む!
飲んでからシャンパンファイトに参加。

表彰台インタビュワーは胡散臭いエディ・ジョーダン。
ボッタスが後ろで怪しい動きを…w

…つーか、なんでエディ・ジョーダンの旗があるんだよwww

ロズベルグへのブーイングに対して、エディ・ジョーダンのナイスフォロー。
髪とか色々胡散臭いけど、良いMCだよね。


マグヌッセンは最後のアロンソとのバトルでアロンソを押し出した為、20秒加算ペナルティが課されました。
これにより、マグヌッセンは12位に。
その間のドライバーが繰り上がりました。
ヒュルケンベルグが繰り上がって10位、1ポイント獲得していますね。


優勝はダニエル・リチャルド/レッドブル
2位はニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
3位はバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ
4位はキミ・ライコネン/フェラーリ
5位はセバスチャン・ベッテル/レッドブル
6位はジェンソン・バトン/マクラーレン
7位はフェルナンド・アロンソ/フェラーリ
8位はセルジオ・ペレス/フォースインディア
9位はダニール・クビアト/トロロッソ
10位はニコ・ヒュルケンベルグ/フォースインディア

ここまでがポイント獲得。

11位はジャン=エリック・ベルニュ/トロロッソ
12位はケビン・マグヌッセン/マクラーレン
13位はフェリペ・マッサ/ウィリアムズ
14位はエイドリアン・スーティル/ザウバー
15位はエステバン・グティエレス/ザウバー
16位はマックス・チルトン/マルシャ
17位はマーカス・エリクソン/ケータハム
18位完走扱いはジュール・ビアンキ/マルシャ


リタイアは…
ルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
ロマン・グロージャン/ロータス
パストール・マルドナド/ロータス
アンドレ・ロッテラー/ケータハム


ドライバーズランキング。
1位:ロズベルグ/メルセデスAMG(220Pt)
2位:ハミルトン/メルセデスAMG(191Pt)
3位:リチャルド/レッドブル(156Pt)
4位:アロンソ/フェラーリ(121Pt)
5位:ボッタス/ウィリアムズ(110Pt)
6位:ベッテル/レッドブル(98Pt)
7位:ヒュルケンベルグ/フォースインディア(70Pt)
8位:バトン/マクラーレン(68Pt)
9位:マッサ/ウィリアムズ(40Pt)
10位:ライコネン/フェラーリ(39Pt)
11位:マグヌッセン/マクラーレン(37Pt)
12位:ペレス/フォースインディア(33Pt)
13位:ベルニュ/トロロッソ(11Pt)
14位:グロージャン/ロータス(8Pt)
15位:クビアト/トロロッソ(8Pt)
16位:ビアンキ/マルシャ(2Pt)
17位:スーティル/ザウバー(0Pt)
18位:エリクソン/ケータハム(0Pt)
19位:マルドナド/ロータス(0Pt)
20位:グティエレス/ザウバー(0Pt)
21位:チルトン/マルシャ(0Pt)
22位:可夢偉/ケータハム(0Pt)
23位:ロッテラー/ケータハム(0Pt)


コンストラクターズランキング。
1位:メルセデスAMG(411Pt)
2位:レッドブル(254Pt)
3位:フェラーリ(160Pt)
4位:ウィリアムズ(150Pt)
5位:マクラーレン(105Pt)
6位:フォースインディア(103Pt)
7位:トロロッソ(19Pt)
8位:ロータス(8Pt)
9位:マルシャ(2Pt)
10位:ザウバー(0Pt)
11位:ケータハム(0Pt)







続きから、コメント返信!



蒼蟲さん:ふむ、そちらは雷が鳴っていましたか!
西日本が割と天気悪いですよねぇ。
西日本〜北日本まで天気悪くなると言いつつ、割と安定しているカントーです。。


そうですね、典型的なスパ・ウェザーですね。
スパ・フランコルシャンは高低差があり、全長7kmと長いサーキット。
ある場所では雨が降っているけれども、ある場所では晴れているとか…急に雨が降り始めるとか…そういった事が多いんです。
因みに、鈴鹿も似たような天気になる事があるようです。


非常にがっかりしますね、トラップ系モンスターw
流石にバンナムの本拠地で作っている為か、バンナム陣も豪華ですねぇw
あー、メテオス的なのこないかなー。


コメント、ありがとうございました〜!

|

« 2度目の謁見 | トップページ | 夢見る3人組 »

コメント

ホナ足なんて通称までついたのですかw
足がよく動いてしまうタイプなので気持ちはわかるかもしれないなぁ。

場所によって天候が違うとピットも大変でしょうね。
その場合どうやってセッティングするんだろう?

俺がやってるドラクエモンスターズだと
人食い箱だとかミミックだとかは必ず小さなメダルと言うレアアイテムを落とすのですが、
それでも割に合わないぐらい強いですね、クリティカル率がおかしい。

そう言えば景山将太さんっていつの間にか独立してたんですね。

投稿: 蒼蟲 | 2014年8月25日 (月) 17時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 赤い川の壁:

« 2度目の謁見 | トップページ | 夢見る3人組 »