« ハミギタン山岳地帯野生生物保護区 | トップページ | ピュー族の古代都市群 »

2014年7月22日 (火)

チャンアンの景観複合体

2014年に登録された、ベトナムの世界複合遺産です。

チャンアンは紅河デルタにあるカルスト地帯のようです。
風で削られて塔のようになった石灰岩が林立しているようです。洞窟も無数に存在するとか。
「ベトナムの桂林」とか「陸のハロン湾」とかって呼ばれる事もあるみたい。
ここには更新世後期〜完新世初期に人類が活動した跡が残っているようです。
チャンアンだけでなく、タムコック、ビックドン等が風景的なものとして範囲に含まれているそうです。
他にも古都ホアルー、宗教建造物といった文化的なものも含まれているんですって。
こういった寺院等は自然を上手に活用したものなんだとか。

文化・自然両方の面で普遍的価値を認められたからこその複合遺産登録です。







久々に朝行って日の明るいうちに帰り始めるという。
最近だととても珍しい。

ね、眠い…最近の生活リズムが夜型なもんで…。
ずっと眠いねw







XY展も行ったし、映画も行ったし、最近バトルしてなかったなぁ…という事で、ちょっくらバトルしました。

えいるさんとのバトル!
黒白で1度バトルした以来かね…。


3回やったんだけど、ガチだったのは1回だけなので、その1回の総評をば。
どんな流れでバトルが進んだかはえいるさんがブログに書いてくれるそうでw


まぁ、負けましたよw

総評

引っ張り過ぎた感。
メガルカリオの攻略が上手くできなかったので、そこが一番の問題かな。
メガルカリオの攻撃を受けられるポケモンも少なかったし、そういう意味でもっと慎重になるべきだったか。
不用意だった所もあったからね。


メンバー総評

アルル(カメックス♀/メガカメックス♀)
最後のポケモン。
ショウジョウ(マフォクシー)さんを倒したけど、その後、ロクショウ(ルチャブル)さんのパワフルゴッドバードがきゅうしょに当たって負けてしまいました。
きゅうしょに当たってなくても、その時点でHP半分近くになってたから耐えられなかったかなぁ…と。

メルボルン(クレッフィ♂)
ちょっと使ってみたかったので。
ルカリオ相手に今のわざ構成は厳しいかなぁ。
…とはいえ、テツコン(ルカリオ/メガルカリオ)さんの行動パターンを縛った事が突破の糸口になったのも確かなんだよね。
ちょっと、居座らせ過ぎたかな…と反省。
「うざい」と言わしめたので、バトルスタイルを考えると、そこは満足できる所。

ソチ(クレベース♂)
ちょっと使ってみたかったので入れてみたんだけど…えーと、何かしましたっけ?
テツコンさんの物理わざを1回耐えてワンパンかまそうとしたら、ラスターカノンを喰らって敢えなく轟沈しました。
つくづく運用が難しい子ですね!
(ここだけ艦艇的なイメージで文章を書いています)

鈴鹿(ヌメルゴン♂)
まぁ、ほら、能力割と高いしw
テツコンさんのじしんに耐えて倒したので、今回のMVP候補。
ただ、やっぱりたつじんのおびじゃ火力不足か。
りゅうのはどうでコガレコウ(ドラミドロ)さんを倒す事はできず。

コンコルド(イベルタル)
ちょっと使ってみたかったので、1番手で起用。
というのも、ウルミ(メレシー)さんが最初に来そうだったからね。
流石にめざパじゃ倒せないかーwww
その後にメルボルンに交換しちゃったんだけど、変えずにそのまま押し切っておけば良かったかなぁ。
その後、不用意な交換でテツコンさんのインファイトを喰らってしまい、敢えなく撃墜されました…。
マジごめん…。
もっと良い交換時、あった筈だよね。。
テツコンさんのじしんのターンとかあった訳だし…。
コンコルドでテツコンさんを倒せていれば、また違った展開になっていたかもしれない…なーんて思ってみたりして?

マニクール(ゴーゴート♂)
割とバトルでの使用率高い気がする彼。
最後から2番目に登場。
すばやさの差を利用して、鈴鹿が倒し損ねたコガレコウさんを倒すも、ショウジョウさんのかえんほうしゃに焼かれました。
まぁ、アルルと組み合わせてショウジョウさんを倒しても、まだロクショウさんがいたし、そもそも相性があんまり良くなかったから仕方ないね。


以上!
後、ビビヨン沢山見せてもらったぞ!!







世界遺産!


ジンバブエ!!
マナ・プールズ国立公園!!


ゾウの親子に5mまで接近!
これは凄いぞ…。
小象の兄弟もw
おぉ、親が威嚇している。
子供を守る為、盾みたいな陣形になっているな。

大河、ザンベジ川。
おっ、世界遺産、ビクトリアの滝や。
そのザンベジ川の下流にある大平原がマナ・プールズ。
歩いて猛獣に接近できる、珍しい所なのだとかw
…車で移動中、茂みにヒョウが潜んでいました。
昼間だからゆったりしているけど、夜は狩りの時間なのです。
抜き足差し足していますね…。
かっこいい。
今度はハイエナが立っていました。
どうぶつ奇想天外!の常連だったよね。

…お、サバンナを歩く観光客がwww
これ、ウォーキングサファリと呼ばれています。
撮影隊も早朝、ウォーキングサファリ。
夜付けられた昆虫の足跡の上にライオンの足跡。
ライオンが早朝歩いてた痕跡のようだ。
マーキングの跡も発見。
茂みに入ると、鳴き声が聞こえ始めましたね…。
…チャクマヒヒの声でした。
リーダーが自分の力を誇示する為に吠えているようだ。
結局、ライオンは見つからず。

翌朝、今度はオスライオンの足跡を発見。
…おぉ、いた!!
ほう、姿勢を低くして接近するのね。
相手を刺激しない為でしょうか。
オスライオンが2頭もいるよ!
30m先で獲物となったカバの子供を奪い合っている。
更に、近くには狩りを終えたばかりのメスライオンが!
こちらはインパラを仕留めたようだ。
皮を食いちぎる音、地を飲む音まで聞こえるとかスゲーなwww

…おぉ、ゾウにあんなに近く接近して。。
木々がまばらで見通しが効きやすいから、ウォーキングサファリが可能なんだね。


マナ・プールズの水辺に集まる動物を観察するなら、ザンベジ川をカヌーで進むツアー。
漕ぐのをやめたら、水鳥の鳴き声も聞こえるくらいの静けさ。
カバの縄張りに近付いたら、パドルで水面を叩く!
最も危険な動物である、カバに向けての警告だそうだ。
水辺にいるウォーターバックを観察できたり、岸壁にいるゾウを下から見上げられたり。
ウォーキングサファリと並んで、人気のツアーなんだとか。


マナ・プールズは2つの断崖に挟まれた場所にあるのか。
その位置的に、雨季には水が氾濫するようで。
だが、乾季は水溜まりが所々にあるだけになるらしい。
マナ・プールズは「4つの水溜まり」という意味なのだとかで、乾期の状態から命名されたんでしょうかねぇ。
乾季にはザンベジ川の支流も枯れるとか…w
そこにゾウがやってきましたよっと。
確か、ゾウは匂いで水脈を探し当てるんだよね。
…お、足で地面を掘って水を得たようだ。
そこにチャクマヒヒがやってきたw
ゾウの掘った穴で水分補給…お尻を突き出して水を飲んでいるw
可愛いポーズだなwww
インパラも現れたぞ。
…いつの間にか草食動物が沢山w
あ、ここから湧き出す水は綺麗な水なのね。
砂が堆積している場所なのだが、その地中には水が流れ込んできているらしい。
綺麗な水なのは、砂の層を通っているから、濾過されるとかなのかな?
この一帯はザンベジ川が運んだ砂の層が厚さ1000mも堆積しているんだとか!
水をたっぷり蓄えた砂の大地の上に平原ができているんですね。

今度はチャクマヒヒが野生のイチジクを食べていますね。
乾季において、貴重な栄養源になっているようです。
…お、木の下にインパラが。
ヒヒのおこぼれを頂いていますね。
皆賢く生きています。


マナ・プールズには宿泊ロッジがあるとか。
ザンベジ川の畔にあるようですね…あ、綺麗な部屋w
オープンエアのシャワールームwww
レストランが離れになっています!
ザンベジ川産の魚料理が食べられるようですね。美味しそうだなぁ…。
敷地内には観察台もあるのねw
ゾウとか観れます。
施設にはフェンスがないので、野生動物が自由に出入りできるみたい。
夕食に行く時は銃を持ったガイドさんが同行。
ライトも持って…肉食動物が活発な時間ですからね。


朝、車で道を進んでいたら、リカオンの群れがいました!
…あ、リカオンって絶滅の可能性があるんだ。。
凄いゆったりしてるwww
毛づくろいかな?

ザンベジ川は下流域だからか、川幅が凄く広くなっていますね。
中洲が多い。
8頭のゾウの群れがこの中州に草を食べに来ました。
雨季に大地の栄養分が川に流れ込むから、中洲には栄養豊富なイネ科の草が生えるです。
ゾウはそれを知っている為、川を渡って中洲に赴くそうで。
この群れ、ちょっと離れた中洲に行こうとしているな…。
川を渡り始めたけど、ちょっと水深が深いみたい。
1m程の小象、既に足ついてないみたいだし…。
あ、8頭共流された!
…あ、無事に全頭浅瀬に辿り着いたようだ。
命がけである…。


最後はザンベジ川の向こう側に沈む夕日。
そしてリカオンだー!
あの独特の動き、懐かしいなぁ…。







続きからコメント返信!



蒼蟲さん:俺もウツボカズラとかモウセンゴケとかハエトリソウとか割と好きですw
変わった植物達ですよねw
…おぉ、買った事があるのですか!
それは羨ましい…。
だけど、彼らは虫を与えないと途端に枯れてしまいそうですね。。
…だからと言って、ウツボットは今まで育てた事がなくてだなぁ。
蒼蟲さんはどうですか?


…え?
何の事かなぁ?www
ただ、バックの目隠しなだけですよー?www
俺もまだメガデンリュウ育てる気にはなってないなぁ…。
その前に、クリアしてないけどw
あぁ、確かにレシラムとゼクロムですねwww


…え、だって、これから食べるんだしw


ふむ、一番安い武器が結構活躍するのですか。
戦闘力が落ちる筈ですが、そこら辺はどうなんでしょう。
扱いやすいってのは…どういう事ですか?


コメント、ありがとうございました〜!

|

« ハミギタン山岳地帯野生生物保護区 | トップページ | ピュー族の古代都市群 »

コメント

文化と自然が両立された場所ですか。
理想的な形ですけど難しそうだ。

お、バトルしましたか。
負けたらまた鍛えて挑戦ですね。
この様子だとパンプジン辺りを入れておにびを使わせると良さそうですね。

マナ・プールズはそういう意味ですか。
ファンタジー好きとしては「魔力の湖」的な感じがw

ハエトリソウも育てた事がありますね。
虫さえ取っていればかなりの生命力を発揮できるようです。
ウツボットはまだ育てた事が無いですね。
なかなか面白そうなやつだとは思うのですが...。

威力の低い武器は命中が高いことが多いので一概に強さが下がるともいえないですね。
敵に攻撃が当たりやすければ当然扱いやすいと言う事です。

投稿: 蒼蟲 | 2014年7月22日 (火) 15時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チャンアンの景観複合体:

« ハミギタン山岳地帯野生生物保護区 | トップページ | ピュー族の古代都市群 »