« オカバンゴ・デルタ | トップページ | アルビールの城塞 »

2014年7月 8日 (火)

洞窟地帯のミクロコスモスとしてのユダヤ低地地方マレシャ・ベトグヴリンの洞窟群

アジアの世界遺産シリーズ!
2014年に登録された、イスラエルの世界文化遺産です。

ベドグヴリンは古代都市の遺跡なのだとか。
マレシャってヘブライ語の古称…との事。

あんまり良く分からないですね…。
うーんと、つまり、洞窟都市遺跡って事なんだろうか。
ミクロコスモスは文化人類学において、人間社会を指す用語のようです。

洞窟において形成された人間社会とその文化、形成された場所の類い稀性とか特異性とかが評価されたんでしょうか。






終わった後、出掛けようかと思っていたのだが、それどころじゃないし、雨も降ってきたので大人しく家に帰りました。
そして不貞寝。





そういや、昨日の朝刊にイギリスの新鋭正規空母「クイーン・エリザベス」が2020年に就役予定だという記事が載っていました。
艦載能力は36機で、同型艦となる姉妹艦「プリンス・オブ・ウェールズ」も建造中だとか。
イギリスは1978年に「アーク・ロイヤル」が退役して以降、軽空母しか保有してなかったようですね。

…え?
いや、兵器の知識ないけど、やっぱりこういうの好きだから…。







続きからコメント返信!



蒼蟲さん:複数の地形が集まっている光景は壮観ですよね。
類い稀な光景である事が多いし、そこの生態系も独特な事が多い…。
カバさんは一般のイメージと実際のイメージが異なる動物の1種ですね!
ギャップ萌え…ってやつ?


鉱山はいつも危険と隣り合わせですよね…。
鉱物資源、本当に近代化するのに必要でしたし。


…え?
そりゃあ、勿論蒼蟲さんが言い続けるんですよ?w


ほう、コガネモチの方は皆勤賞なんですねw
別の種族だったのか…w
見た目もにているのに、どういうことなの…www
擬態でもしているの?www
MOTHER系も敵が多いので、多少なりとも出演するのでは…と期待しているのですが。
人間系敵キャラはほぼ無理でしょうね…。
「おにいさん」とか…出て欲しいんだけどw
シリーズでも特に象徴的な敵であるスターマンは動かし難そうですが、「なぞのゲージュツ」とか「うしなわれしきおく」とかUFO系の敵なんかはいても違和感ないと思う。
出て、ポーキーロボくらいか?


コメント、ありがとうございました〜!

|

« オカバンゴ・デルタ | トップページ | アルビールの城塞 »

コメント

ミクロコスモスって花みたいな名前ですねぇ。
小さなコスモス。
洞窟の中の古代の都市ってロマンがありますね。

兵器も好きなのですね。
クレベースもハボクックと言う空母がモデルだそうですよ。

カバさんは足も速いしライオンに噛まれても平気なほど皮膚が固いですね。
あとかなり凶暴...でも見た目はプ二プ二してて可愛いのぅ。

そっくりなのに別の種族なのはピクミンではよくありますね。

スターマンはワープ移動ですもんね。
敵キャラにするにも一から動きを作らねば...。

投稿: 蒼蟲 | 2014年7月 8日 (火) 15時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 洞窟地帯のミクロコスモスとしてのユダヤ低地地方マレシャ・ベトグヴリンの洞窟群:

« オカバンゴ・デルタ | トップページ | アルビールの城塞 »