« 高原の翼 | トップページ | 絹は語る »

2014年6月23日 (月)

高原を駆ける

いやぁ、寝過ぎてしまったようだ…。
一度起きたんだけど、また寝てしまってね。

ゴジラは週末まだやってるかなぁ?
久々に2連休なので、どちらかで観に行けるでしょう。






群馬県にある富岡製糸場が「富岡製糸場と絹産業遺産群」として世界文化遺産に登録決定!
日本にある近代化遺産としては初めての登録ですか。
世界にも影響を及ぼしたという点で登録はされやすかったんでしょうかね。
まぁ、世界遺産自体1000件に近くなっているんで、だいぶ絞ってきているとは思いますが…。

さて、25日で審議が閉幕するみたいなんで、そろそろ他の世界遺産もチェックするかね。






F1オーストリアGP決勝!


そうそう、チルトンもカナダGPでのクラッシュで5グリッド降格ペナルティ喰らってましたね。
忘れてました…。

改めて…スターティンググリッド!

ポールポジションはフェリペ・マッサ/ウィリアムズ
2番手からはバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ
3番手からはニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
4番手からはフェルナンド・アロンソ/フェラーリ
5番手からはダニエル・リチャルド/レッドブル
6番手からはケビン・マグヌッセン/マクラーレン
7番手からはダニール・クビアト/トロロッソ
8番手からはキミ・ライコネン/フェラーリ
9番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
10番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/フォースインディア

11番手からはジェンソン・バトン/マクラーレン
12番手からはセバスチャン・ベッテル/レッドブル
13番手からはパストール・マルドナド/ロータス
14番手からはジャン=エリック・ベルニュ/トロロッソ
15番手からはロマン・グロージャン/ロータス
16番手からはセルジオ・ペレス/フォースインディア

17番手からはエイドリアン・スーティル/ザウバー
18番手からはエステバン・グティエレス/ザウバー
19番手からはジュール・ビアンキ/マルシャ
20番手からは小林可夢偉/ケータハム
21番手からはマーカス・エリクソン/ケータハム
22番手からはマックス・チルトン/マルシャ

そして、グロージャンがピットスタート。
ギアボックス交換の他に、マシンの調整も施した為ピットレーンスタートを選択したとの事。


レッドブルなショープレーンが飛んでる。
低い所飛んでるなぁw


ウェバーがレッドブルの人と一緒にいる。
昨日はマクラーレンのモーターホームにいたような…?


おっ、ジャン・トッドもいるのか。
BSには映らなかったが、アラン・プロストも来ていたようだ。


上位勢ではヒュルケンベルグがソフトタイヤスタートだ。


シグナルがブラックアウト!!
マッサ、いつも通りの良いスタートでトップを維持!

ロズベルグがボッタスをかわして2番手に浮上!
ところが、2コーナーでボッタスがロズベルグをかわし返した!

ハミルトンが5番手にジャンプアップ!
そしてアロンソをかわして4番手にアップ!


2
オープニングラップはウィリアムズの2台がワンツーを維持。

…おっと、ベッテルがいきなりのスローダウン!
パワーロスしていて加速しない!!
ノロノロと動いてはいるが…ステアリングの上に両手を置いて、やりきれない感じのオンボード映像である。
パタパタしている辺り相当フラストレーションも感じているだろう。


3周目、ベッテルは周回遅れに。
…あ、動き出した。
ベッテル、周回遅れからのレース続行である。


スタートリプレイ。
いやぁ、ハミルトンのロケットスタートが凄い。
スタートしてすぐにライコネンをかわすと、1コーナーまでにリチャルドの後ろ、6番手に。
1コーナー後のストレートでリチャルドを押し出して5番手に上がってるけどね…。
2コーナーでもうアロンソに仕掛けていました。


8周目、トップ集団が飛ばしています。
マッサ、ボッタス、ロズベルグ、ハミルトン。
5番手以降を1秒以上離している状態。


12周目、ロズベルグがピットイン!
ボッタスへのアンダーカットかな?

リチャルドがピットレーンを走行していたら、前にクビアトが出てきた。
アンセーフリリース一歩手前だけど…大丈夫かな?


13周目、グティエレスがピットレーンで停止!
手押しでピットボックスまで戻されています…。
何があったんでしょう?

ハミルトン、ピットイン!
そして先にタイヤ交換を済ませていたロズベルグがファステスト!
ハミルトン、コースへ復帰。
ロズベルグが前だ!

グティエレスはタイヤ交換して発進したは良いけど、右リアがちゃんとハマってない状態だった為ストップしたようだ。


14周目、ラップリーダーのマッサがピットイン!
…ぬ。。
タイヤ交換時間は3.3秒…ちょっと遅れたぞ…。。
いつものウィリアムズっぽいけど、この局面でそれは…。

あー、やっぱりか。
ロズベルグに先行された!
ロズベルグとハミルトンの間でコース復帰。
…うわっ、2コーナーでハミルトンにインを突かれた!
こりゃダメだ。。

あーぁ、せめて、タイヤ交換時間が2秒台ならなぁ…。


15周目、ボッタスがピットイン!
タイヤ交換は2.1秒…これは…早い…。
ロズベルグの後ろではあるけど、ハミルトンの前。
ボッタスにも先行されてしまいましたか。
あーぁ、何でマッサはこう不運を被るのか…。。
これはもうあかんヤツやな。
次戦に期待するしかないか…。

グティエレスのアンセーフリリースが審議対象に。

今はペレスがトップ。
ペレス、ロズベルグ、ボッタス、ハミルトン、マッサという順位。
このままペレスがロズベルグを抑えてくれればマッサにもまだチャンスが…ないって訳じゃないけど、希望は薄いな。。


20周目、グティエレスに10秒ストップペナルティ!
グティも不運が続く。


23周目、レッドブルの総帥であるディートリッヒ・マテシッツがサインしてる。

ハミルトンのサーモカメラでリアが映る。
こっちの画像は珍しいなぁ。
アクセル踏んでる時は排気管から高温のガスが出ているのが克明に見えるのが面白い。


26周目、マルドナドがマグヌッセンとヒュルケンベルグに立て続けにかわされる。
ロータスはペースが上がらないようだ。

クビアト、コースオフ!
右リアタイヤがパンクしている!
左フロントが浮いていて、2輪走行になっていました。
リタイアである。

…コースを普通に走ってる時からもう既に2輪走行になっていたw
それでピットまで戻ろうとしていたのかwww


27周目、ロズベルグが2コーナーでペレスのインを突いてトップへ。
その際、ペレスがブロックしようとしたからか、若干膨らんだぞ。
続くDRSゾーンですかさずボッタスもペレスをかわしていった。

…あ、ハミルトンもペレスをかわした!
マッサは元々少しハミルトンと距離を置いていた為、ボッタスのように漬け込む事ができない。
しかも、ハミルトンがかわした時はペレスもミスしていなかったし…。
マッサはペレスとのバトルに関しては前戦の事もあって慎重なアプローチを取らざるを得ないのかもしれない。


30周目、ペレスがやっとピットイン。
これでマッサはまた前に追い付ける。

ボッタスがロズベルグにアタック開始!
後ろのハミルトンをブロックしながらのアタックという巧みな事をやっているな…。
ロズベルグはペースが上がらないのか、意図的にペースを落としているのか。


32周目、ペレスによってブロックされていたマッサが飛ばしています!
追撃態勢だ!

グティエレスに仕掛けていたベッテル、接触してフロントウィングを破損!
チームの母国で踏んだり蹴ったである。

ボッタスのピットボードにDrinkの文字。
ライコネンじゃないし、別に深い意味はない。
…でも、何かあったのかな?
ベッテルとグティエレスの接触が審議になりました。

アロンソのペースが良いみたいだ。
ロズベルグ、ボッタス、ハミルトン、マッサの先頭集団にアロンソが加わってくるか?


36周目、ベッテルがガレージに戻ってリタイア。
何ともツイていない週末である。


40周目、ハミルトンがピットイン!
アンダーカット狙いか?
ペレスの前でコース復帰。
まずはペレスより前に出ました。

ロズベルグ、ピットイン!
ロズベルグ、余裕持ってハミルトンの前で復帰。

ハミルトン、ピットアウト時に右フロントから炎が上がっていました。
ブレーキディスクから出ているようだ。
前回はブレーキトラブルでリタイアしていたよね。


42周目、ボッタスがピットイン!
3.4秒くらいだったかな?
いつものウィリアムズだ…。
そんなもんで、ハミルトンの後ろで復帰。
ハミルトンのアンダーカットが成功したようです。

で、そのハミルトンがファステスト連発して飛ばしている。


43周目、マッサがピットイン!
うーむ、3.4秒か…。
ウィリアムズはどちらも2回目のピットストップが時間かかってるなぁ…。
先頭争いしててもこれであっさりやられちゃうんだよなぁ。


45周目、アロンソがトップを走る!
マッサはペレスの後ろになってた…。
これはまたやらしいなぁ。
せめて、ペレスの前に出てはいたかったよね。
タイム的にも、精神的にも。

可夢偉、ペレス、マッサという画。


48周目、トップを走っていたアロンソがピットイン!
6番手で復帰しました。
ライコネンがポイント取れるか取れないかギリギリのラインにいる中でこれは励みになりますね。


52周目、ペレスとマッサのバトルが続く。
ハミルトンが近付いてきたから、ロズベルグとハミルトンのバトルも熱くなってきた!
ボッタスは完全にメルセデスの2台から離されてますね。


54周目、ライコネン「もっとパワーが欲しい!」
可夢偉はマルシャの2台を抑えているな!


56周目、ペレスがやっとピットへ。
プライム、プライムと繋いで最後にオプションを履く、ペレスお得意の戦略だ。
マッサはここからプッシュプッシュ!


59周目、ライコネン対バトンのポイント争い。
バトンがピットに入って、コース復帰。
ライコネンが前に出たようです。

ボッタス、マッサのウィリアムズ勢にアロンソが追い付いてきました。

スーパーソフトを履いたペレスがファステスト!

…む、可夢偉はビアンキにかわされてるな。
可夢偉はなんと、1ストップ戦略のようだ。


61周目、ベルニュがスローダウンしながらガレージへ。
左フロントタイヤから黒煙を上げていたようで、これはブレーキトラブルだ。
リタイアです。
母国レースとなったレッドブル系チーム、ボッロボロだな。
残っているのはリチャルドだけになってしまいました。

ベルニュがガレージで黒煙を上げた方のタイヤ見てる。


66周目、マグヌッセン対ペレス!
マグヌッセンの煙幕も何のその、距離を詰めていきます。
1コーナー立ち上がりでマグヌッセンがミスった!
これでペレスが6番手に浮上!

ロズベルグにハミルトンが接近。
もうボッタスは7.5秒も離されてるなぁ。

メルセデス勢がガチモード…だね。


あ、バーチャル映像出てるwww
バーニーも文字…かな?


71周目、ファイナルラップ!
どちらもガチモード全開!!

…おっと、ロズベルグからタイヤスモーク!
しかし、それに釣られたのか、ハミルトンもミスった!


ロズベルグ、3勝目!
またしてもメルセデスのワンツーであった。
ボッタス、F1参戦初表彰台獲得!

…なんだあのトロフィwww
武器になるんじゃないかな?

…あっ、ヴォルフ夫婦が揃ってる!


表彰台インタビュワーはウェバーだwww


ウェバーさん皆にベタベタ。
つか、やっぱウェバーでかいよな。


やっべwww
ロズベルグのチンポジチェック入りましたぁー!


優勝はニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
2位はルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
3位はバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ
4位はフェリペ・マッサ/ウィリアムズ
5位はフェルナンド・アロンソ/フェラーリ
6位はセルジオ・ペレス/フォースインディア
7位はケビン・マグヌッセン/マクラーレン
8位はダニエル・リチャルド/レッドブル
9位はニコ・ヒュルケンベルグ/フォースインディア
10位はキミ・ライコネン/フェラーリ

ここまでがポイント獲得。

11位はジェンソン・バトン/マクラーレン
12位はパストール・マルドナド/ロータス
13位はエイドリアン・スーティル/ザウバー
14位はロマン・グロージャン/ロータス
15位はジュール・ビアンキ/マルシャ
16位は小林可夢偉/ケータハム
17位はマックス・チルトン/マルシャ
18位はマーカス・エリクソン/ケータハム
19位はエステバン・グティエレス/ザウバー

リタイアは…
ジャン=エリック・ベルニュ/トロロッソ
セバスチャン・ベッテル/レッドブル
ダニール・クビアト/トロロッソ

見事にレッドブル系の人々だけリタイアか。


ドライバーズランキング。
1位:ロズベルグ/メルセデスAMG(165Pt)
2位:ハミルトン/メルセデスAMG(136Pt)
3位:リチャルド/レッドブル(83Pt)
4位:アロンソ/フェラーリ(79Pt)
5位:ベッテル/レッドブル(60Pt)
6位:ヒュルケンベルグ/フォースインディア(59Pt)
7位:ボッタス/ウィリアムズ(55Pt)
8位:バトン/マクラーレン(43Pt)
9位:マッサ/ウィリアムズ(30Pt)
10位:マグヌッセン/マクラーレン(29Pt)
11位:ペレス/フォースインディア(28Pt)
12位:ライコネン/フェラーリ(19Pt)
13位:グロージャン/ロータス(8Pt)
14位:ベルニュ/トロロッソ(8Pt)
15位:クビアト/トロロッソ(4Pt)
16位:ビアンキ/マルシャ(2Pt)
17位:スーティル/ザウバー(0Pt)
18位:エリクソン/ケータハム(0Pt)
19位:マルドナド/ロータス(0Pt)
20位:グティエレス/ザウバー(0Pt)
21位:チルトン/マルシャ(0Pt)
22位:可夢偉/ケータハム(0Pt)


コンストラクターズランキング。
1位:メルセデス(301Pt)
2位:レッドブル(143Pt)
3位:フェラーリ(98Pt)
4位:フォースインディア(87Pt)
5位:ウィリアムズ(80Pt)
6位:マクラーレン(72Pt)
7位:トロロッソ(12Pt)
8位:ロータス(8Pt)
9位:マルシャ(2Pt)
10位:ザウバー(0Pt)
11位:ケータハム(0Pt)


次回はF1の故郷、イギリス・シルバーストン!







続きからコメント返信!



蒼蟲さん:起きたのが遅くて観に行けませんでしたw
いや、横浜まで行くなら観れたんですが、横浜駅周辺とかにあって欲しかったなぁ…と。


久々に来たんで、楽しみでした。
…まぁ、決勝が本番ですからね。。
このコースはオーバーテイクしにくそうなようなので、予選ポジションも大事ですが…。
メルセデス勢は依然としてとても速かったです。
そして最近タイヤ交換苦手なウィリアムズがしっかりと完遂できるかも重要なんですが、ダメですね…。


金曜にいきなり現れたんですかw
拳自体に攻撃力があるかは謎ですね。
たまにそういうの、あるじゃないですか。


マグロ高いですし、個体数も減っていますからねぇ…w
ゴジラVSデストロイアではゴジラジュニアがクジラを襲った場面があったりしたので、日本のゴジラも肉食じゃない訳ではないですね。
出自の関係もあって、核のエネルギーを取り込んでいる事ばかりがクローズアップされますけれども。
初代ゴジラに対しては生贄を捧げていたみたいだし。


高性能だけど、使い手が少ないのがまたレアリティがありますね。
キングラー、シザリガー、ブロスター…後はあれか、ドーブルか。


コメント、ありがとうございました〜!

|

« 高原の翼 | トップページ | 絹は語る »

コメント

観に行く予定だった映画ってゴジラの事ですか?

トロロッソってレッドブル系列のチームなんですね。
レーサーだけでなくチームにも得意不得意がありますね。

うーん、思い浮かぶのはスト2のヨガフレイムって技かな?
炎の根元には攻撃判定が無いって言う。

むしろあの外見で草食だったら驚きですw

ブロスターとドーブルは物理向きじゃないので前者二匹の特権でしょうか。
シザリガーは一時期滝登りに流れてましたね。

投稿: 蒼蟲 | 2014年6月23日 (月) 14時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高原を駆ける:

« 高原の翼 | トップページ | 絹は語る »