« 大地の記憶 | トップページ | 炎と水 »

2014年5月21日 (水)

スロースタート

いやぁ、半日だけだと休んだ気がしませんな。
寝起き1時間くらいしか経ってない時に血圧計ったら最高が93とか出て低いなぁってw
前から低いって分かってたけど、こうしてみるとやっぱり低いですねぇ。







世界遺産!

メキシコ!!
古代都市ウシュマル!!

ユカタン半島にあるジャングル。
川に開いた洞窟を進み、岩を登ると…鍾乳洞が。
更に奥に行くと…1200年前の生贄の骨が残っていました。
古代マヤ人はここで雨乞いの儀式をしたのだとか。
洞窟世界とマヤの世界をつなぐ聖なる場所か…。

都市国家、ウシュマルは人口2万5千人だとか。
政治の中枢、会議所。
広場を取り囲む王宮?
石作りの建造物が並びます。
そしてピラミッド。
…ピラミッドの山肌をイグアナが通って行ったw
ピラミッド内部に入ると、狭い通路の片側に彫刻が施された壁が。
増築されているね。
5回も増築されたそうだw
そうか、古代マヤでは王が交代するとそれまでのピラミッドの上に新たに建てちゃうんだ。
最終的に高さ35mにもなったこの神殿ピラミッド。
階段が超急傾斜w
あれはいつ見ても登りたくないですね!
階段を登ると、4番目の神殿が。
更に上にあるのが、5番目の神殿!
神殿内は祠みたいになっていて、洞窟を表す空間になっているようです。
ピラミッドの階段脇に顔が…これは山の神様、ウィツだそうだ。
山が先祖の住処だと考えられていた、山信仰の部族なんですねぇ。
この辺、山ないから人工の山を建てた訳だ。


お、ベリーズ!
この国の洞窟でマヤに関する大発見が。
…急流流れる洞窟を進む。
鍾乳洞を通り…ってさっきのアレか!
あの生贄は少年だったのな…。
この世とあの世を繋ぐ入り口だった洞窟。
儀式に使う土器なんかも周囲から見つかっているようだ。


森の中に古代マヤの道路が残っている!
今も残ってるなんて凄いな…。
ウシュマルからの道を進むと、別の都市の門が。
カバフって都市である。
最も多い時で70もの都市国家が繁栄していたのかぁ。
その中でもウシュマルは最大の都市国家!
切り石を巧みに用いたモザイク建築は独特の建築様式だ。
王権のシンボルであるジャガー、豊穣の神ククルカン等が壁面を飾る。

街には水路の跡が残っていました。
雨季に降る、僅かな雨を利用するツールですね。
…お、森のなかに地下貯水タンクの入り口が。
そう、貯水槽!
ウシュマル一帯だけで数百もあるらしいぞ!
いずれも人の手で掘られたようだ。
貯水タンクの内側、防水効果の高い漆喰で固められている!
成程、タンクの入り口に向かって少し傾斜をつける事によって、水を貯水槽へと誘っている。
…当時の漆喰残ってる貯水槽!

この漆喰、石灰岩が原料だとか。
ここらには豊富にある材料ですな。
切り出した石灰岩を1000℃を越える高熱で焼く。
焼けた石灰岩に水をかけると、膨張して粉々に砕けるのである。
面白い!
こうする事で、石灰岩はその性質が変わるそうだ。
後は、水を入れて練り上げるだけ!


古代マヤの土器工房!
器に水で溶いた石灰を塗っている…。
絵柄や形は出土したものを再現しているようだ。
色付けはユカタン半島の赤土!
白と赤のコントラストが鮮やかだなぁ、
カカオを飲む為だけの器とかあるのかw
香炉の取っ手はイグアナ!
面白いデザインだね!


ウシュマルの遺跡にはあちこちでトウモロコシを象った彫刻が。
超もろこしの葉っぱ模様のレリーフとかあったりして、古代マヤ人はトウモロコシを大事にしていたそうです。
今もマヤ人の主食なんだね。
種撒きの前にはお祈り。
4色のトウモコロシ!
東西南北を意味するとか…。
トウモロコシを育てる為には、雨が降らなければならない。
その時期を正確に把握する必要がある訳だ。
王は民衆に種を撒くタイミングを知らせる役目を担っていたのね。

ウシュマルの中心にはピラミッドが幾つも築かれていたそうな。
王が民衆に神の言葉を授ける舞台。
王は正装した姿でピラミッドの頂に登り、農作業の日取り等を予言したとか。
時には暦を携える事もあったとか。
ドイツ、ドレスデンの国立図書館にそれがあった!
しかも、古代マヤ文字で書かれた、詳しいものだ。
これらの暦はスペイン人に征服された時に殆ど焼き払われてしまったらしいから、とても貴重なものですね…。
日食や月食の日すらも乗っているとは…古代マヤの人々の天文学は本当に凄い!

古代マヤでは最初の人々はトウモロコシから生まれた、とされているようだ。
トウモロコシを大事にしているのは、そういうものもあるのかもしれない。
命の作物、って事ですかね。

…春分の日にはピラミッドの中心から日が昇る!
これも優れた天文学の賜物ですね。


最後は古代マヤの儀式の様子。
焚き火焚いてます。
イグアナさんだ。







続きからコメント返信!



蒼蟲さん:恐竜つっても大きいのから小さいのまで幅広いですね!
小さいのは人間の下半身くらいのとかいますし。
でかいのは前の記事のようにでかいのもいますし。
ビル並みのでかさの生物が地球上を闊歩してたと考えると、凄いですよね…!
セイスモの時のCG映像とかも凄かったなぁ。
ビルの谷間をセイスモがゆったりと歩いているの。


食欲に忠実w
腹黒いのとはまた違いますかw
どのゲームにも魅力的なキャラクターっているもんですよね!


コメント、ありがとうございました〜!

|

« 大地の記憶 | トップページ | 炎と水 »

コメント

俺は結構血圧が高いようですね。
血の気が濃いですからねw

骨ってそんなに長く残るものなのですね。
どんどん神殿が巨大化していくのか。
自分達で山を作るとは...。
成程、王は人と神を繋ぐ役割もあるのか。

人間の下半身ぐらいとなると大きなトカゲみたいですね。
セイスモサウルスってゾイドにもなってるんですねw
歩くと地震が起きると言われるほどの巨体か。

投稿: 蒼蟲 | 2014年5月21日 (水) 14時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スロースタート:

« 大地の記憶 | トップページ | 炎と水 »