« トワイライトデザート | トップページ | 進化を越えろ »

2014年4月 8日 (火)

春寒

寝過ぎたのか、アレルギーからなのか、疲れているのか若干ふらふら。
つか、若干寒いな…。






F1バーレーンGP決勝!!
いやぁ、今日も良い夕日ですね!


ベッテル、スーティルがミディアムタイヤ。
他のクルマはソフトタイヤスタート。


ルカ・ディ・モンテツェモロ会長来てるwww
お、サー・フランク・ウィリアムズさんも来てるのね。

F1はなんと、900戦目!
だからでしょうか、モンテツェモロ会長やサー・フランクのパドック入りは。


シグナルがブラックアウト!

ロズベルグ対ハミルトンのトップ争い!
ハミルトンが先行するも、ロズベルグがトップを奪還!
だが、ハミルトンが再び前に!
そしてマッサがスタートダッシュを決めて3番手!
これは凄い!
しかも、コースのど真ん中をぶち抜いていった!

ライコネンがマグヌッセンに突っつかれたらしい。
ライコネンがおこである。

レッドブル勢もチームメイトバトルだ!
おっと、ベルニュが接触でパンク!
ロータスと接触か。


10周目、ボッタスがバトンとヒュルケンベルグにかわされる。
ウィリアムズ、タイヤ厳しいんでしょうか?
それとも、タイヤを温存する為か?
ボッタスを抜いたバトンのタイヤから黒い煙。
ブレーキが冷えてないからだとかなんとか。

ヒュルケンベルグの無線に「はぁ?」とか言っちゃう解説陣w
川井ちゃんか今宮さんか忘れたけど。

ここでボッタスがピットイン!
なんか、リチャルドがアグレッシブだなぁ。


12周目、ペレスがマッサをかわして3番手に。
やっぱウィリアムズ勢、タイヤ厳しいのだろうか?

13周目、クビアトがファステスト!
ちょいちょいファステスト出すね、クビアト。
…アロンソのタイヤ交換は4.2秒。
タイヤ交換に慎重になっている所もあるのだろう。

おっと、スーティルがストップ!
ビアンキとの接触によるようだ。
これでスーティルはリタイア。
ビアンキは左リアパンクしてたけど、まだ走れるみたい。
まぁ、これは審議になりますね。


17周目、ヒュルケンベルグがライコネン、クビアトをかわしていく。
…お、ヒュルケンベルグ対ペレス、チームメイト対決になるかな?

トップではハミルトン対ロズベルグが展開中!
後続を置いて行って、2人だけでバトルしてるよね…。

ロズベルグが前に出ればハミルトンが抜き返す!
こうもアクションが多いと見てて楽しいな…。
チーム側にしたら気が気じゃないと思うけど。


20周目、ハミルトンがピットイン!
タイヤ交換は2.7秒!
早いね。

ペレスも大暴れ中。
アロンソをかわしてヒュルケンベルグとのチームメイト対決に。

ハミルトン対ロズベルグ。
ハミルトンはソフト、ロズベルグはミディアム。
最後のピットインを終えた後、ハミルトンはミディアム、ロズベルグはソフトになる筈、との事。
ロズベルグはその時にハミルトンにバトルを挑もうと言う感じらしい。


…あれ、ベルニュはリタイア?


24周目、ボッタス、マッサ、ヒュルケンベルグ、ペレスが繋がった状態。
ウィリアムズ、フォースインディアが並ぶ光景ですね。
そうそう、皆メルセデスのパワーユニット。
マッサ無線「バルテリはリアタイヤが垂れてるよ!」
後ろからフォースインディア勢が迫っているので、早くボッタスの前に行きたいんですけどね…。


ベッテルがライコネンをかわしていってますね。
ライコネン、ここでも厳しいレース。

ボッタスとマッサはまだバトル中。
後ろからは相変わらずフォースインディア勢。
ボッタスがピットに入って、ようやく前が開きました。
ヒュルケンベルグに追われるマッサ。
マッサに挑戦しようとしたヒュルケンベルグの隙を突いてペレスが前に!
ヒュルケンベルグ、ペレスに対して「全然スペース残してくれなかった」。
不満を漏らしています。

他にも、ライコネン対リチャルドが展開中。

バトン、無線でDRSが働かない事を告げる。
他にも動いてないマシンいるんだっけ?
このサーキット、DRS壊れすぎwww


リチャルドとライコネンのバトルはまだ続いているようです。
マッサ、タイヤが厳しくなってきたのでしょうか。
ペレス、ヒュルケンベルグの先行を許しました。
これで5番手に後退。

ライコネン、遂にリチャルドにかわされる。
そして後ろから来ていたボッタスにも先行を許しました。
ライコネン、もうタイヤが厳しいみたいだ。
その直後からボッタスはリチャルドとのバトルへ。


34周目、ボッタスがリチャルドをかわして前に。
ここでライコネンがピットインしたぞ。


35周目、ペレスがピットイン。
ここからミディアムタイヤで走りきる、2ストップ作戦のようだ。
ベッテルのピットイン。
左リアの交換に少し時間かかったらしい。


36周目、エリクソンがコース脇でストップ、リタイア。
エンジンオイル漏れだかなんだからしい。


39周目、マッサがピットイン!
タイヤ交換時間は2.7秒…ウィリアムズのピット早くなってない?
でも、レッドブルの後ろか…。


41周目、マルドナドとグティエレスが接触!
グティエレス、ストップ!

ピットアウトしてきたマルドナドが1コーナーにアプローチした所、ひと足先に1コーナーに入っていたグティエレスの横っ面に追突!
グティエレスが横に1回転。
1回ひっくり返った状態でコースに落ち、更にバウンドして元の状態に戻った…。
これは危ない。
本人は自力で立ち上がったから大丈夫そうだけど、無線で「何があったの?」って。
「グティエレス君に言いたいですね。マルドナードです。」

セーフティカー!


42周目、セーフティカー中。
マグヌッセンがマシントラブルでコース脇にストップ、リタイア。
ロールフープの部分に緑色のランプが灯ってるなぁ。
メルセデス、この間にダブルストップ!
ロズベルグ、新品のソフトでミディアムのハミルトンを捕らえられるか?


46周目、リスタート!
トップ集団のメルセデスとフォースインディアがチームメイトバトル!
レッドブル、ウィリアムズ、フェラーリもチームメイトバトルだな。
マルドナドに10秒ストップペナルティ!

あ、ベッテルがDRS壊れてたん。
でも、問題なく起動してるね。
リチャルドとベッテルのチームメイトバトル!
ベッテルをリチャルドがかわしていく…!
マッサがバトンをかわす!
バトンはボッタスにもかわされてますね。

ハミルトン、ノーパワーとか言いつつトップ維持。
しかも、ファステスト叩き出してる。
何のこっちゃ。

現在、ハミルトン、ロズベルグ、ペレス、ヒュルケンベルグ、リチャルド、ベッテル、マッサ、ボッタス、バトン、アロンソ、ライコネンの順。

50周目、ベッテルがヒュルケンベルグを追っています。
レッドブルは順位入れ替わったんかな。

それにしても、メルセデス速すぎだな…。
ロズベルグがファステスト出しつつハミルトンを追っています。
後続のフォースインディアとかもう置き去りだもんな…。

ホームストレートでリチャルドがベッテルをかわした!
かなりレーシングライン外れた攻防。
再びかわした、って言い方で良いのかな…?
ベッテルが再度かわそうと狙うが、リチャルドが順位を守っています。
ベッテル、無線で直線スピードが伸びない?

つか、レーシングラインのすぐ近くにパーツ落ちてるwww
危ないな…。

リチャルド対ベッテルはまだまだ続く!
ベッテル、狙ってるねぇ。
リチャルドはベッテルから順位を守りつつヒュルケンベルグを追っています。

おっ、ロズベルグがハミルトンに勝負を挑んだ!
ハミルトン、ミディアムタイヤでソフトタイヤのロズベルグを抑える!
…ちょっとはみ出てるよ。


53周目、ロズベルグがハミルトンのインに入った…が、ハミルトンが刺し返す!
熱いバトルが展開しています。

ホント、後ろのフォースインディアがかなり離れちゃってるよね。
ロズベルグ、回生エネルギーをチャージする為に少し後退。

…お、リチャルドがヒュルケンベルグをかわしていった!
リチャルド、これで4番手だ!


54周目、今度はベッテルがヒュルケンベルグを狙う。
後ろにはマッサとボッタスのウィリアムズ勢も付けています。


56周目、バトンがここでスローダウン!
なんと、マシントラブルでしょうか。

ベッテル対マッサ!
抜けそうで抜けないな…。
ホームストレートで並んだ…!!
あっと、ベッテル、それは押し出しすぎだよ…。

バトンはガレージへ到着し、リタイアだ。


57周目、ファイナルラップ!
今度はマッサ対ボッタスのチームメイト対決!
前のベッテルも十分狙える位置にはいるな…。
ペレス対リチャルドも展開していて、そしてトップではハミルトン対ロズベルグも継続中。
…そういや、チルトンが13番手なのか。
ホント、完走率MAX!チルトンだな。


メルセデス、2戦連続のワンツーフィニッシュ!
ハミルトン、ファン・マヌエル・ファンジオに並ぶ24勝目。
フォースインディア、2009年のフィジケラ以来となる表彰台獲得!

ハミルトンとロズベルグの健闘の称え合い方が…じゃれてるようにしか見えないwww子供かwww
ペレスは久々の表彰台で嬉しそうwww

ロズベルグ、帽子を取ってペレスからのシャワーを受ける。


優勝はルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2位はニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
3位はセルジオ・ペレス/フォースインディア
4位はダニエル・リチャルド/レッドブル
5位はニコ・ヒュルケンベルグ/フォースインディア
6位はセバスチャン・ベッテル/レッドブル
7位はフェリペ・マッサ/ウィリアムズ
8位はバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ
9位はフェルナンド・アロンソ/フェラーリ
10位はキミ・ライコネン/フェラーリ

ここまでがポイント獲得。

11位はダニール・クビアト/トロロッソ
12位はロマン・グロージャン/ロータス
13位はマックス・チルトン/マルシャ
14位はパストール・マルドナド/ロータス
15位は小林可夢偉/ケータハム
16位はジュール・ビアンキ/マルシャ
17位完走扱いはジェンソン・バトン/マクラーレン

リタイアは…
ケビン・マグヌッセン/マクラーレン
エステバン・グティエレス/ザウバー
マーカス・エリクソン/ケータハム
ジャン=エリック・ベルニュ/トロロッソ
エイドリアン・スーティル/ザウバー


ザウバー勢、未だにノーポイント。
そして2戦連続でダブルリタイア。
まぁ、今回はどっちも当てられてリタイアでしたけどね。
マクラーレンもダブルリタイア。バトンはレース出走250回目のメモリアルで完走もできなかった。
ロータスはマルドナドがグティエレスをひっくり返して行ったけど、今季初めてのダブル完走。
レッドブルはリチャルドがようやくポイントを獲得できました。
チルトンが13位となった事で、マルシャがコンストラクターズランキング10位に浮上。
マルシャとケータハムのバトルが激しいですねぇ。
フォースインディア、今回のポイントでコンストラクターズランキング2位に浮上!


マルドナドはグティエレスとの接触により、中国GPで5グリッド降格ペナルティを科されています。ペナルティポイントも3ポイント受けています。
また、ビアンキはスーティルとの接触により、2ポイントのペナルティポイントが加算。
2戦連続でペナルティポイントを貰っているビアンキです。

マグヌッセン、ボッタスが2ポイント。
マルドナドが3ポイント。
ビアンキが4ポイント。
12ポイントに達すると次のグランプリで出走停止になります。


ドライバーズランキング。

1位:ロズベルグ/メルセデスAMG(61Pt)
2位:ハミルトン/メルセデスAMG(50Pt)
3位:ヒュルケンベルグ/フォースインディア(28Pt)
4位:アロンソ/フェラーリ(26Pt)
5位:バトン/マクラーレン(23Pt)
6位:ベッテル/レッドブル(23Pt)
7位:マグヌッセン/マクラーレン(20Pt)
8位:ボッタス/ウィリアムズ(18Pt)
9位:ペレス/フォースインディア(16Pt)
10位:リチャルド/レッドブル(12Pt)
11位:マッサ/ウィリアムズ(12Pt)
12位:ライコネン/フェラーリ(7Pt)
13位:ベルニュ/トロロッソ(4Pt)
14位:クビアト/トロロッソ(3Pt)
15位:グロージャン/ロータス(0Pt)
16位:スーティル/ザウバー(0Pt)
17位:グティエレス/ザウバー(0Pt)
18位:チルトン/マルシャ(0Pt)
19位:可夢偉/ケータハム(0Pt)
20位:マルドナド/ロータス(0Pt)
21位:エリクソン/ケータハム(0Pt)
22位:ビアンキ/マルシャ(0Pt)


コンストラクターズランキング
1位:メルセデスAMG(111Pt)
2位:フォースインディア(44Pt)
3位:マクラーレン(43Pt)
4位:レッドブル(35Pt)
5位:フェラーリ(33Pt)
6位:ウィリアムズ(30Pt)
7位:トロロッソ(7Pt)
8位:ロータス(0Pt)
9位:ザウバー(0Pt)
10位:マルシャ(0Pt)
11位:ケータハム(0Pt)







続きからコメント返信!



蒼蟲さん:しずえさんはアシストで決定なんですね。
蓄積ダメージ回復…だけでしょうか?
他にも何かありそうだなぁ。
水曜朝7時ですね!
…他の時間帯とかでも観られるだろうけれど。


コメント、ありがとうございました〜!

|

« トワイライトデザート | トップページ | 進化を越えろ »

コメント

調子が悪い時はあまり無理なさるなよ。
無茶するのは調子が戻ってからでいいですしね。

チルトン選手ってマックス・チルトンってフルネームなんですねw
プレッシャーもあるのに見事な完走率ですねぇ。
こういう形で注目された選手って過去にいたんでしょうか?

投稿: 蒼蟲 | 2014年4月 8日 (火) 15時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春寒:

« トワイライトデザート | トップページ | 進化を越えろ »