« 鉱物を振り回す | トップページ | 情熱の探究者 »

2014年3月28日 (金)

地殻変動

何か、山岳標高を測定し直したらしく、そしたら間ノ岳(静岡/山梨)の標高が今までより高くなったとかで。
今まで3番目に高かった奥穂高岳と同じ標高になったみたい。

日本の山トップ10。
1.富士山(3775m 静岡/山梨)
2.北岳(3193m 山梨)
3.奥穂高岳(3190m 岐阜/長野)
3.間ノ岳(あいのだけ 3190m 静岡/山梨)
5.槍ヶ岳(3180m 岐阜/長野)
6.悪沢岳(わるさわだけ/荒川東岳 3141m 静岡/長野)
7.赤石岳(3120m 静岡/長野)
8.涸沢岳(からさわだけ 3110m 岐阜/長野)
9.北穂高岳(3106m 岐阜/長野)
10.大喰岳(おおばみだけ 3101m 岐阜/長野)

殆どが飛騨山脈(北アルプス)か赤石山脈(南アルプス)ですな。
木曽山脈の最高峰、木曽駒ヶ岳は25番目らしい。

安達太良山とか低くなった山も結構あるとか…。






2014年F1開幕戦、オーストラリアGP!!
決勝です。


グロージャンはピットスタートのようだ。
規定の時間にガレージを出られなかった為らしいよ。


グティエレスとベッテルがミディアムスタート。
他はソフトスタートか。


フォーメーションラップスタート!
…おっと、チルトンがスタートできずに立ち往生。

ベッテル、無線でブーストプレッシャーつってる。
早くもパワーユニットのトラブルか?


早くも色々と起こっているようですが…スターティンググリッドに各車ついていきます。
開幕戦独特の緊張感がありますね…。
今年はそれだけでなく、新しいレギュレーションになったからまた違った緊張感が漂う。


シグナルが………おっと、イエローランプが点滅。
一周を消費してフォーメーションラップに入ります。
これで全周回数が57周に減りますね。
中々に珍しい光景な気がしますが。

…おっと、今度はビアンキのマシンが止まっている!
ビアンキのマシンに異常が出た為、イエローランプが点滅したようですね。

マルシャは2台共ピットレーンに移動されております…。
前からグロージャン、チルトン、ビアンキ。

フォーメーションラップ中のボッタスのフロントウイングカメラ。
くるりんぱ。
最初はタイヤの裏側を映していたけれど、途中で正面向きに。

ベッテルの無線。
今度はノーパワーつってます。
エンジニアはテレメトリー上はトルクもちゃんと出てると言っているようだが…雲行きが怪しい感じですね。


再び、各車がスターティンググリッドに並びます。
シグナルが……今度はブラックアウト!

ハミルトンの加速が鈍い!
ロズベルグが良いスタートを気ってハミルトン、リチャルドをかわしてトップを奪取!

第1コーナー!
あーっと、ケータハムから白煙が!
あー、ウィリアムズに追突した!
位置的に可夢偉とマッサか…。。
これは可夢偉もマッサも続行不可能だな…。。
後に可夢偉のリアブレーキが壊れていた事が判明。
ドライバーのミスによる事故ではなかったが…。。
なんとも残念です。。

可夢偉はブレーキが効かなくて挙動を乱し、ライコネンに軽くヒット。
その後、真っ直ぐに滑って止まれず、マッサに追突。
そんな感じだな…。

今度は3コーナー辺りか?
ザウバーとフォースインディアが接触!
グティエレスとペレスかな?
メキシカンが絡む事に。

バックストレートでルーキー・マグヌッセンがハミルトンをパス!
そしてアロンソがベルニュをかわした。


2周目、ハミルトンはヒュルケンベルグにもかわされる。
ハミルトン、無線でリタイア宣告を受ける。

…あれ、ステイアウト?


3周目、ライコネンがベルニュをかわしてフェラーリが連なる状態に。
ハミルトンがピットに戻ってきました。
ステアリングを外してガレージへ。
エンジンの6つの気筒のうち、5つしか点火していなかったらしく、エンジンへの影響を考えてリタイアとなったようです。

ベッテルもマシンがおかしいようだ。
どんどんペースが落ちていっているみたいですね。


5周目、ベッテルがピットへ。
エンジン切ってガレージへ。
…オーストラリアの観客の歓声が凄いなw

ベッテルの連勝記録はアルベルト・アスカリと並ぶ9連勝でストップとなりました。


10周目、ボッタスがアロンソを追いかける!
ウィリアムズ、良さそうだね。

…ん、ボッタスがウォールに接触したみたいだ。
途端に音がおかしくなったぞ!
右リアタイヤがパンクした!
あー、タイヤが外れたわ…。
チーム副代表、クレアの何とも言えない表情。
ボッタス、なんとかピットに戻ってタイヤ交換。
タイヤだけじゃなく、割れたホイールがコースに転がってる…。

流石に危ない為、セーフティカーが入ります!
バトンが絶妙のタイミングでピットイン!
バトンは上手いなぁ…。
レース巧者と言われる所以ですね。

ロズベルグのステアリングモニターにセーフティカーを表すSCの文字。
このモニター、好きなチャンネルを選べるらしい。
マクラーレンの子会社、マクラーレン・アプライド・テクノロジーズ社の製品…だった筈。

ロズベルグがピットイン!
メルセデスのピットクルーのヘルメットに取り付けられたカメラの映像だ。
国際映像は色々な所のカメラを利用しているなぁ。

っていうか、色々起こってるけど、まだ13周目だよね…。


16周目からリスタート!
ハミルトンは結局リタイアとなりましたか。
今度は北西に雨雲が接近しているとか…。

現在の順位。
ロズベルグ、リチャルド、マグヌッセン、ヒュルケンベルグ、アロンソ、バトン、ベルニュ、ライコネン、スーティル、クビアト、マルドナド、グロージャン、エリクソン、ボッタス、ペレス、グティエレス、チルトン、ビアンキ。
…あぁ、マルシャの2台は復帰したのね。
ロータスも大丈夫そうだ。

コーナーを曲がる際、タイヤの鳴く音が聞こえる!


21周目、トップのロズベルグと2番手リチャルドの差が結構開いている。
ロズベルグがプッシュしているというのもあるだろうけど、マシン性能もあるのかなぁ。
そしてボッタスが激走!
10番手までポジションを上げてきたぞ!

ロズベルグのフィアンセ、ヴィヴィアン・シボルトさん。
ロズベルグのゼッケン、6番はお父さんのケケ・ロズベルグがワールドチャンピオンを獲得した時のナンバー。
ヴィヴィアンさんのラッキーナンバーでもあるとか。


ヒュルケンベルグのマシンからタイヤの鳴く音!
すげぇ音してるんなぁw


25周目、ボッタスがクビアトをかわした!
相変わらずペースが良いなぁ。
そしてロズベルグがマルシャのチルトンとケータハムのエリクソンを周回遅れにしそう。


29周目、エリクソン、エスケープゾーンでリタイアだ。
エンジンオイルプレッシャーが下がったか何かのようだ。


31周目、マルドナドがコース脇でリタイア。
やっぱりロータスはまだまだ厳しいのか。


33周目、バトンがピットイン!
…ん?
フロントジャッキ外した時に何か飛んだ?

あっ、フロントノーズの先が壊れたwww
バトンのちんこがもげたwww
おちょぼ口って表現もアレだな…w


34周目、ヒュルケンベルグとベルニュがピットイン。
おや、バトンがヒュルケンベルグの前に出てるぞ?
バトン、アンダーカット成功か!
アロンソやバトンはヒュルケンベルグに引っ掛かってるような状態だったしなぁ。


35周目にはライコネン対ボッタス!
おっと、ライコネンがブレーキングミスった!
ボッタス、この隙を見逃さずにオーバーテイク!


36周目、アロンソがピットイン!
バトンの後ろ、ヒュルケンベルグの直前で復帰!
ヒュルケンベルグの挑戦をギリギリで跳ね退けた!
熱いバトルだ!

トップ3はロズベルグ、リチャルド、マグヌッセン。
マグヌッセン、デビュー戦表彰台なるか?
そうなると、2007年のハミルトン以来だとか。
その前はジャック・ヴィルヌーブなんだって。


ロズベルグのピットイン!
タイヤを交換する際にハブの部分?の表面が一部吹っ飛んだけど…。
なんか、色々飛ぶなぁ。


42周目、レッドブルのリチャルド対マクラーレンのマグヌッセンの色が濃くなってきましたよ!
トロロッソのベルニュとウィリアムズのボッタスも良いバトルを演じていますね!
若手ドライバー達によるバトル、熱いものがありますねぇ。


45周目、グロージャンがコース脇でリタイア。
マルドナドと同じようなトラブルでしょうか?
ロータスは下位に沈んだだけでなく、完走もできなかったか。


47周目、ベルニュとボッタスのバトル継続中!
おっと、ベルニュが最終コーナーでリアを滑らせた!
芝生にリアタイヤを乗せてしまったようだが…素晴らしいコントロールで見事に立て直した!
…だが、ストレートの加速は鈍るよね。
ここでボッタスが華麗なオーバーテイク!
ボッタス、怒濤の追い上げですな。


49周目、バトンがマグヌッセンにじわじわと迫る!
…ノーズ先端もげてるのにwww

ヒュルケンベルグ、ボッタス、バトン…もう燃費を気にしなくて良いからプッシュするみたいです。


50周目、ヒュルケンベルグ対ボッタス!
ボッタスはまだまだ好調!
評価の高い2人による順位争い!
これは熱いバトルが続きそうだ!


55周目、トップのロズベルグは順調に周回を重ねています。
ロズベルグが1コーナーを曲がってちょっとしてからじゃないと2番手のリチャルドは見えないのね。
それ程の差が付いています。

…お、ベルニュがコーナー出口でミスってライコネンにオーバーテイクされたようです。
ベルニュのマシン、そろそろタイヤが厳しくなってきた頃でしょうか。

リチャルドが客席を通ると大歓声!
スタンドがスタンディングオベーション!
…まだ周回数ありますよwww

ケケの子ニコ。
ヤンの子ケビン。


57周目、ファイナルラップ!
そういや、ケケもオーストラリアGP優勝だったか。
ロズベルグJr.優勝!
メルセデス・エンジンが通算100勝を達成したとか。

大歓声を受けながらリチャルドが2位表彰台を獲得!
マグヌッセンが3位に入り、デビュー戦表彰台獲得!
父のヤン・マグヌッセンも為し得なかった、デンマーク人ドライバー初の表彰台獲得となりました。

…結局ボッタスはヒュルケンベルグをかわしていたようですね。
国際映像には出なかったけど。


開幕戦の表彰台!
マグヌッセンが一番クールな喜び方だなwww
インタビュアーはアラン・ジョーンズ!
…ドンかな?
凄い貫録あるw

リチャルドも初表彰台!
しかも、母国で!
これは同じオーストラリア人のジョーンズも嬉しそうだなwww

…あ、お父さんのヤンも地球の反対側でレースしてんのなwww
親子でレースしていたマグヌッセン家。

通訳さん「あ、戻ってきました」
これは良い通訳www


結果。
優勝はニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
2位はダニエル・リチャルド/レッドブル
3位はケビン・マグヌッセン/マクラーレン
4位はジェンソン・バトン/マクラーレン
5位はフェルナンド・アロンソ/フェラーリ
6位はバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ
7位はニコ・ヒュルケンベルグ/フォースインディア
8位はキミ・ライコネン/フェラーリ
9位はジャン=エリック・ベルニュ/トロロッソ
10位はダニール・クビアト/トロロッソ

ここまでがポイント獲得。

11位はセルジオ・ペレス/フォースインディア
12位はエイドリアン・スーティル/ザウバー
13位はエステバン・グティエレス/ザウバー
14位はマックス・チルトン/マルシャ

以下のドライバーは規定周回数を走れていない為、順位が付かなかったドライバー。
ジュール・ビアンキ/マルシャ

リタイアは…
ロマン・グロージャン/ロータス
パストール・マルドナド/ロータス
マーカス・エリクソン/ケータハム
セバスチャン・ベッテル/レッドブル
ルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
フェリペ・マッサ/ウィリアムズ
小林可夢偉/ケータハム

ダニール・クビアト、最年少でポイント獲得!
ウィリアムズ、早くも去年のコンストラクターズポイントを上回る。
去年は一度も表彰台フィニッシュできなかったマクラーレン、好調です。
そしてコンストラクターズ選手権でもトップとなっています。
チルトン、連続完走記録を更新中!


リチャルド、燃料流量が規定の100kg/hを越えていたとして決勝リザルトを剥奪!
母国で表彰台を獲得していただけに、残念ですね…。
燃料流量センサーは冬季テスト中から値が信頼できない事があったらしく、この週末もやはり値が不安定だったようだ。
その為、チームは土曜日から独自のセンサーを使用していたとの事。
FIAは予選後とレース中にアナウンスしていたが、チームが従わなかった為にこの裁定となったようだ。
因みに、他のチームはFIAのアナウンスに従っていた模様。

簡単に言うと、
レッドブルは燃料流量100kg/hを守る事に主眼。(レギュレーション遵守)
FIAはチームがFIAの許可なく指定外の装置を使った事に主眼。(技術指南書にはチームが勝手に異なる装置を使って良いとは書いていない)
こんな感じだろうか。
両者が重きを置いている部分が違うように思えるね。

当然の事ながら、レッドブルはFIAに対して控訴。
公聴会は第3戦中国GP後に行われるとの事。
その為、現在の順位/ポイントは変わる可能性がある。


現在の結果。
優勝はニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
ダニエル・リチャルド/レッドブル(リザルト剥奪)
2位はケビン・マグヌッセン/マクラーレン
3位はジェンソン・バトン/マクラーレン
4位はフェルナンド・アロンソ/フェラーリ
5位はバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ
6位はニコ・ヒュルケンベルグ/フォースインディア
7位はキミ・ライコネン/フェラーリ
8位はジャン=エリック・ベルニュ/トロロッソ
9位はダニール・クビアト/トロロッソ
10位はセルジオ・ペレス/フォースインディア

ここまでがポイント獲得。

11位はエイドリアン・スーティル/ザウバー
12位はエステバン・グティエレス/ザウバー
13位はマックス・チルトン/マルシャ

以下のドライバーは規定周回数を走れていない為、順位が付かなかったドライバー。
ジュール・ビアンキ/マルシャ

リタイアは…
ロマン・グロージャン/ロータス
パストール・マルドナド/ロータス
マーカス・エリクソン/ケータハム
セバスチャン・ベッテル/レッドブル
ルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
フェリペ・マッサ/ウィリアムズ
小林可夢偉/ケータハム






続きからコメント返信!



蒼蟲さん:海底2万マイルは絵本持ってます。
絵本なんで、だいぶ端折ってますけど。
飯は写真が多いですねw
載せられるようなの、飯以外あんまりなかったので…w


そうかー、撃剣メインだったんですね。
俺は「ひとりで」はツインベロスの爆筒メインでエレカの神弓も使ってます。
「みんなで」はツインベロスと豪腕お椀。
一応、初めて手にした神器は試したりしていたんで、鉱物の塊がどんな弾を出すのかは知ってました。
斧かぁ。
マグナかヒュードラーのがそれぽいですかね。
ビッ死にが巨塔になってたら、鎌みたいな形状だったんでしょうね。


コメント、ありがとうございました〜!

|

« 鉱物を振り回す | トップページ | 情熱の探究者 »

コメント

飛騨山脈ならここら辺から見えそうですねぇ。
小学生の頃は家の近くから雪山が見れて感動したなぁ。

リザルト剥奪って事は実質脱落って事ですかね?
ベッテルもリタイアだし...いや、特にレッドブルを応援しているわけではないですけど。

投稿: 蒼蟲 | 2014年3月28日 (金) 15時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地殻変動:

« 鉱物を振り回す | トップページ | 情熱の探究者 »