« 中間のカメ | トップページ | チョコフルーツ »

2014年1月29日 (水)

8気筒から6気筒ターボへ

昼に起きてちょっと出かけたりQMAしたりなんだり。






さて、F1は1月28日から2014年マシンのテストがスペインのヘレスサーキットで行われる訳ですが…割と各チームのマシンが割と出揃ってきたので、パッと見の感想でも…。


率直な感想で割とお下品な事を言っているので、反転しておきますwww

レッドブル・RB10-ルノー…黒塗りチ○コノーズwww
メルセデスAMG・F1 W05…F1最後の良心
フェラーリ:F14 T…掃除機ノーズwww
ロータス:E22-ルノー…マ○コノーズwww
マクラーレン:MP4-29-メルセデス…チ○コノーズwww
フォースインディア:VJM07-メルセデス…黒塗りチ○コノーズwww
ザウバー:C33-フェラーリ…シャープなチ○コノーズwww
トロロッソ:STR9-ルノー…チ○コノーズwww
ウィリアムズ:FW36-メルセデス…チ○コノーズwww
マルシャ:MR03-フェラーリ…未発表
ケータハム:CT05-ルノー…チ○コノーズ…?www お茶の水博士ノーズ、芝刈り機ノーズともwww


唯一発表されていないマルシャは技術的トラブルの為、土壇場でテストをキャンセル。
小さい問題だとの事で、ヘレステスト後半からの参戦を予定しているようです。
マシン披露は少し先延ばしになってしまいましたね。

マクラーレンのマシンが発表されてからすぐにロータスのマシンは発表されました。
そのノーズ形状の為、合体させるコラ画像多数…w
因みに、ロータスはヘレステストをスキップ、2回目のテストから参加するようです。





続きからコメント返信、2013年のF1最終戦!



コメント返信!
蒼蟲さん:カメの中ではワニガメが好きですね…。
ゴツくてかっこいい、そしてガメラのモデルとも言われています。
プロガノケリスやメイオラニアも良いですね。
アーケロンはロマンです。
小さいカメは可愛いですねw


えぇ、メソポタミアの「メソ」もそういう意味らしいですよ。


コメント、ありがとうございました〜!






F1ブラジルGP決勝!!
インテルラゴスは曇っている。


ウェバーのF1ラストラン。
マッサもフェラーリでのラストラン。
ガレージを出る際、拍手で送られています。

ウェバーにハグするアロンソ。
マッサファミリーが記念撮影。

国際映像はやっぱりマッサとウェバーを映すことが多い。
帰ってきたコバライネン。

ウェバーのヘルメットがアップで映し出されています。
ミラーにあるカメラかな?

バトンとグティエレスのみがハードタイヤ。
ウェバーのラジオ聞き取れないばっかりwww


フェリピーニョ可愛いなぁwww
…あ、マッサの息子さんね。


最終戦、シグナルがブラックアウト!

ロズベルグがトップ!
マッサが6番手!
フェラーリ勢のスタートは相変わらず良いですなぁ。
アロンソは蹴り出しが良過ぎてベッテルに引っ掛かってしまいました。

ロズベルグ、ベッテル、ハミルトン、アロンソ、ウェバー、マッサ、グロージャン、ヒュルケンベルグ、リチャルド、ボッタスというトップ10。

ベッテルがロズベルグのスリップに入った!
ベッテル、トップ奪還!
オープニングラップはベッテルのトップでした。
アロンソがハミルトンをかわした!
ハミルトンは更にウェバーにも先行されています。
既に厳しいのか…。
そしてロズベルグ対アロンソ!


3周目、グロージャンのマシンから白煙!
グロージャン、リタイアだ。
グロージャンのエンジンは一足早くバカンスに出掛けてしまったようだね!(本人談

アロンソがロズベルグをかわして2番手に浮上!


7周目、ウェバーがロズベルグをかわして3番手!
ロズベルグもペースが上がらないようだ。
メルセデス勢は序盤から厳しいレースを強いられていますね。

…やっぱ最終コーナー含めたホームストレートがオーバーテイクスポットのようで。


11周目、アロンソ対ウェバー!
…お、ロズベルグがハミルトンを先に行かせた。
ロズベルグはペースが上がらないようだ。


13周目、ウェバーがアロンソをかわしたぞ!
ボッタス対ペレスが熱い!
…あ、ペレスがかわした。

ヒュルケンベルグ対バトン。
バトン、ハードタイヤだけどペースが良い。
ヒュルケンベルグをかわしていきました。
…ミディアムタイヤ勢はもう結構辛い?

マッサがロズベルグをかわしていた。
いやぁ、特にロズベルグは辛いねぇ。

18周目、ボッタスとスーティルがピットイン。
スーティルがピットでボッタスを逆転!
最近では珍しい光景です。

ボッタス対ベルニュ!
ボッタスがベルニュをかわしたけど、コーナーで膨らんで再度抜かし返された。
そのうえにコバライネンにも先行を許す。
コバライネンはよく見ていましたなぁ。


21周目、マッサオンボードだ!
ごちゃついてる中を走るバトン。
タイヤを替えたばかりなので、ちょっとツラい。


22周目、マッサファステスト!
気合い入ってます!

…カメラに少し雨粒?

ボッタスのフロントウイングに付いた、くるりんぱカメラ。
トロロッソをかわしていく様が見れます。

カメラに映らないレッドブル。
24周目でようやくウェバーがピットインして映りました!
…左リアが少し時間かかった!
アロンソがハードタイヤでファステストを記録したのもあって、ウェバーを再逆転!

そしてベッテルもピットイン!
ベッテルは上手く交換できたようだ。
磐石のトップである。

現在はベッテル、アロンソ、ウェバー、マッサ、ハミルトン。


26周目、ウェバーがファステストを叩き出してアロンソをかわす!
親友同士のアロンソとウェバーが熱いバトル!
その後ろではマッサ対ハミルトン!
ハミルトンはハードタイヤに変えてペースが改善したらしい。
2008年の主役2人です。


29周目、ウェバーが更にファステスト。
ウェバーとアロンソ、マッサとハミルトンの攻防が続く!
ウェバーはベッテルにもプレッシャーを与えつつ、という形になるようだ。

ハミルトンとマッサのチームラジオ。
KERSを含めた駆け引きが行われていますね。


30周目、マッサに審議?
ピット入り口のホワイトラインを4輪全てで越えたから…らしい。。
マジかよ…。

グティエレス対ボッタス!
1コーナーでタイヤが接触!
幸い、どちらにもダメージはないようだ。


23周目、マッサとハミルトンの1コーナーにおけるブレーキング勝負!
お互いにブレーキングスモークを上げておりますね!
マッサが前を守る!

…え、マッサにドライブスルーペナルティ?
これは残念…。
そしてマッサ激怒!
そりゃあ、納得行かん!

雨粒が少し大きくなってきてるかな…。

35周目、マッサがドライブスルーペナルティを行う。
引っ張りましたねぇ。
納得行かないからってのもあるけど、ハミルトンを抑えておくってのもあるでしょう。
ハミルトン陣営はマッサがペナルティを行うと知ってプッシュするのをやめてますからね。


38周目、ディ・レスタとスーティルのフォースインディア勢が映っています。
スーティルがピットイン。
スーティルは不運が重なった時期があったから、ディ・レスタにポイント面で差をつけられてしまいました。


40周目、サーキット周辺がめちゃくちゃ靄っぽくなってる。
ウェバーのミラーカメラ、再び。


43周目、スーティルがボッタスをかわした。
少し静かな時間帯ですね。
ですが、雨はポツポツ来ているようだ。
まだドライタイヤで行けるようですけれど。
そういや、バトン、ロズベルグ、ペレスのシルバーアローズが連なっていますな。


44周目、バトンとマッサがピットイン!
…お、ケビン・マグヌッセンか?
グランドスタンドのお客さんがカッパを着始める。
結構降ってきた?

スーティルがベッテルをかわしてる?
ん…?
ベッテル、この周、1秒半くらい遅かった?
何かあったんでしょうか。


46周目、ベッテルは特に問題ないらしい。
ここらでぞろぞろとタイヤ交換していますねぇ。
…お、マッサがディ・レスタをかわして9番手!


47周目、ベッテルが今度はトロロッソにかわされる。
どうしたんだろ?
ボッタス、タイヤが外れてスピン!
ハミルトンは右リアがバースト!

ハミルトンをかわそうとしたボッタスだが、並んだ際に接触してしまったようだ!
ボッタスの無線にピー。
クレアも怒ってる!

ベッテル、ピット!
おっと、右フロントのタイヤが来てないよ!
ハードとミディアムタイヤ間違えたのか!
そこにウェバーもピットイン!
…ベッテル待ち。
アロンソもピットインしてますね。

ベッテル、ウェバー、アロンソ、バトン、ロズベルグ、ペレス、マッサ、ハミルトン、ヒュルケンベルグ、スーティルのトップ10。
アロンソ、ファステスト連発でウェバーを追いかける!


52周目、ハミルトンがドライブスルーペナルティ!
なんとなんと、今度はハミルトンだ!
ハミルトン、怒る。
そして雨の量が増えつつあるみたいだ。


58周目、ハミルトンがリチャルドをかわして9番手に浮上。
巻き返しを図っています。
画面にがっつり雨粒ついてきてるな…。
バトン、安定した走行で4番手。
流石はワールドチャンピオンを取っただけある。


64周目、コバライネンは表彰台に上がれる能力を持ったロータスのマシンに乗ってるけど、あんまり元気がないですねぇ…。


65周目、マルドナドがベルニュと交錯してスピン!
マルドナド、イン側閉めすぎだ。
リタイアしたボッタスがピットボックスで見ております。

…お、グティエレスが12番手や。
そのグティのオンボード。


70周目、ウェバーのミラーカメラ三度。
ウェバーも不運が多いドライバーだったなぁ…。
アロンソの無線、イタリア語で分からんwww


71周目、ファイナルラップ!
レッドブル、盤石のワンツー体制。
再びウェバーのミラーカメラ。
後1周、楽しめって無線が入りました。
もしかしたら、感極まっているかもしれません。


ベッテル、9連勝!!
そしてやっぱりドーナツターンを披露!


ウェバー、フライングシャンパンファイトwww
おおはしゃぎだwww
サンバのリズムでシャンパンファイトでございます。

インタビュー、まずはウェバー!
来年はF1観戦勢に回るとの事。
…ベッテルのインタビュー中、ウェバーとアロンソが話してる。

アロンソ、マッサに関する質問に答える。
マッサが後ろにいる時、譲る約束だったと告白。
表彰台をプレゼントしたかった、と残念がっていました。
ホント、表彰台に上れれば良かったのになぁ…。


ウェバーがヘルメット脱いでスローダウンラップ!
これは凄い画だ!
もっと見たかったぞ…。

マッサもベッテルと同じとこでドーナツターンwww
のオンボード。
結果は残念だったけど、母国の観客にご挨拶。
ここもちゃんと見たかったなぁ…。


結果。
優勝はセバスチャン・ベッテル/レッドブル
2位はマーク・ウェバー/レッドブル
3位はフェルナンド・アロンソ/フェラーリ
4位はジェンソン・バトン/マクラーレン
5位はニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
6位はセルジオ・ペレス/マクラーレン
7位はフェリペ・マッサ/フェラーリ
8位はニコ・ヒュルケンベルグ/ザウバー
9位はルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
10位はダニエル・リチャルド/トロロッソ

ここまでがポイント獲得。

11位はポール・ディ・レスタ/フォースインディア
12位はエステバン・グティエレス/ザウバー
13位はエイドリアン・スーティル/フォースインディア
14位はヘイキ・コバライネン/ロータス
15位はジャン=エリック・ベルニュ/トロロッソ
16位はパストール・マルドナド/ウィリアムズ
17位はジュール・ビアンキ/マルシャ
18位はギエド・ヴァン・デル・ガルデ/ケータハム
19位はマックス・チルトン/マルシャ


リタイアは…
シャルル・ピック/ケータハム
バルテリ・ボッタス/ウィリアムズ
ロマン・グロージャン/ロータス


最終戦もやっぱりレッドブルのワンツー。
そしてベッテルがシーズン9連勝を達成。
ウェバーは引退してしまいますが、今季1回も優勝する事ができませんでした…残念。

アロンソが意地で3位表彰台。
マッサは途中までは表彰台も狙えそうだっただけに残念です…。

マクラーレンはダブル入賞。そしてバトンが今季のチームベストリザルトを叩き出しています。

メルセデス勢はダブル入賞もここ最近のパフォーマンスを見る限りは期待外れだったかもしれません。

ザウバーはヒュルケンベルグがしっかりポイント獲得。
グティは追加のポイントをゲットする事ができませんでしたね…。

トロロッソもリチャルドがポイント獲得。
来季からレッドブルに移籍するので、その前に良い結果を出したと思います。

フォースインディア勢、ウィリアムズ勢、ロータス勢は入賞ならず。
コバライネンは予選では見せてくれたものの、決勝がイマイチでポイントを獲得する事が出来ず。

下位チームではマルシャのビアンキがトップ。
ここ最近の力関係を現しているようだ…。
そしてチルトンが19戦全戦完走!
ルーキーシーズンで全戦完走した人はいなかったとの事で、新たな記録が生まれました!
完走率、MAX!チルトン!!(←


ドライバーズランキング!
1位:ベッテル/レッドブル(397Pt)
2位:アロンソ/フェラーリ(242Pt)
3位:ウェバー/レッドブル(199Pt)
4位:ハミルトン/メルセデスAMG(189Pt)
5位:ライコネン/ロータス(183Pt)
6位:ロズベルグ/メルセデスAMG(171Pt)
7位:グロージャン/ロータス(132Pt)
8位:マッサ/フェラーリ(112Pt)
9位:バトン/マクラーレン(73Pt)
10位:ヒュルケンベルグ/ザウバー(51Pt)
11位:ペレス/マクラーレン(49Pt)
12位:ディ・レスタ/フォースインディア(48Pt)
13位:スーティル/フォースインディア(29Pt)
14位:リチャルド/トロロッソ(20Pt)
15位:ベルニュ/トロロッソ(13Pt)
16位:グティエレス/ザウバー(6Pt)
17位:ボッタス/ウィリアムズ(4Pt)
18位:マルドナド/ウィリアムズ(1Pt)
19位:ビアンキ/マルシャ(0Pt)
20位:ピック/ケータハム(0Pt)
21位:コバライネン/ロータス(0Pt)
22位:ヴァン・デル・ガルデ/ケータハム(0Pt)
23位:チルトン/マルシャ(0Pt)


コンストラクターズランキング
1位:レッドブル(596Pt)
2位:メルセデスAMG(360Pt)
3位:フェラーリ(354Pt)
4位:ロータス(315Pt)
5位:マクラーレン(122Pt)
6位:フォースインディア(77Pt)
7位:ザウバー(57Pt)
8位:トロロッソ(33Pt)
9位:ウィリアムズ(5Pt)
10位:マルシャ(0Pt)
11位:ケータハム(0Pt)


2位争いはメルセデスが獲得。
逆転した後に逃げ切りました。
ロータスは追い付けず。
下位チームではマルシャがケータハムを抑えきって10位を獲得!
初めてケータハムに勝ちました。
これで賞金も出ますね!


エンジンやらなにやらが色々変わる2014年。
さて、勢力図はどうなる事やら。
そして2015年には新たな参戦チームがあるかもしれない…とかなんとか。
個人的にはウィリアムズの復調が見たい。

|

« 中間のカメ | トップページ | チョコフルーツ »

コメント

チ○コと聞いて...
値段の割には特リボより一回り大きい程度らしいので美少女フィギュアと絡めてして遊ぼう(意味深
因みにガメラは当時の大映社長が空飛ぶ亀の幻覚を見て思いついたという説もあるとかないとか


株式会社サイバーフロントの解散に伴い配信コンテンツが軒並み販売停止になってきているので、
あと2日しかないけど砕魂 ~さいたま~を宣伝
上下2画面に分かれた同時進行する平行世界を、主人公の能力(LRボタン)で行き来しながら出口を目指す海外のアクションゲーム

操作方法が独特で、仕掛けも普段ゲームやってて使わない脳の部分を刺激してくるやらしいのがあったりと難易度は高めです、手が汗でびしょびしょになりますw
残機無限・時間制限なし・戻り復活ポイントが1ステージにつき10か所・リトライも早い・体験版も配信しているので、気に入ったら忘れないうちに買ってあげてくださいね~

投稿: アルディガー | 2014年1月29日 (水) 16時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 8気筒から6気筒ターボへ:

« 中間のカメ | トップページ | チョコフルーツ »