« パープルガール | トップページ | 新章初陣 »

2013年12月 7日 (土)

疾風怒濤2013年

ここから先はやりたいことがまともにできないだろうなぁ。
…という訳で。
時限投下。


年賀状なんかは11月からやろうと思っていたのに、気付いたら…あ、いつもの事ですね!
取り敢えず、構想はあるんよ、構想は…(^q^)

時間がないと言うか、厳密には生活のリズムと合ってないと言うか。
いや、朝は苦手だけど…やっぱ朝からじゃないと何にもできないね。
だからか、1日が凄く早いし…1年もまた然り。






そして、俺は来年も鈴鹿には行けそうにはないかなぁ。
来季のF1カレンダーが発表されたけど、連休の前の週に開催されるんだよね。
これじゃあ行けないなぁ…。


折角F1の話題になったんで、もういっこ。

長いこと話題になっていた、ロータスの2014年ドライバーラインナップが決定しました。
やはり、ロマン・グロージャンは残留。
残りのシートにはウィリアムズから離脱したパストール・マルドナドが加入。

ロータス加入の最有力とされてきたニコ・ヒュルケンベルグは古巣のフォースインディアに移籍。
ロータスはヒュルケンベルグ獲得に必要な資金を得る為の契約が上手く行かなかった模様。
マルドナドを獲得すれば、ベネズエラの国有石油企業、PDVSAからの財政的支援を受けられますからねぇ。






続きからもF1!


もうシーズンは終わってしまったけれど…F1アメリカGP予選!


グティとペレスのほぼ母国GPとなる今回。
メキシコ国旗が揺れておりますねぇ。
テキサス州旗も揺れております。

ハミルトン、特別ヘルメット。
マイケル・ジャクソンヘルメットである!
音楽も好きな彼らしいヘルメットですかね。


そして国際放送には登場しないコバライネン。
背中の手術の為、ライコネンはラスト2戦を欠場。
代わりにコバライネンが出走しております。


Q1
残り16分、レッドブル勢以外がコース上。
ほぼ全員がハードタイヤのようだ。
ミディアムタイヤなのは下位チームのみ?

マルドナド、タイヤを暖めている前のマシンと接触しそうになる。
20台がコース上なので、混雑している部分もありますね。

残り12分、グティエレスがセクター2で全体ベスト!
ザウバー勢は好調なようです。
…お、ボッタスがセクター1全体ベスト。
ボッタスも今週末はかなり良いみたいです。
ハミルトンがトップタイムを出したし、各車段々タイムを出してきましたよ?
ハードタイヤだから数周走ってタイヤのウォームアップを念入りにしている訳ですね。
ボッタスが今度はセクター1、2全体ベストを叩き出したぞ!

ヒュルケンベルグ、タイヤのグリップ不足を訴える。
ソフト側に替えれば解消する、とピットウォール。

…あ、バルセッキ。
結局ロータスはコバライネンを起用したからなぁ。

残り10分切ったが、レッドブル勢はまだ動かず、残り8分くらいでようやくウェバーがコースへ。
…ハードタイヤだ。

グティエレスとロズベルグがミディアムタイヤへ交換。
残り5分でようやくベッテルがアタック開始!
そしてベッテルのサーモカメラ映像。
もうこの時点だとグロージャンとレッドブル勢以外全員がミディアムタイヤのようです。

マルドナド、ケータハムやマルシャをかわしながらのアタック。
かなりやりにくそう…。

グロージャン、ハードタイヤで4番手タイムだとか。
グロージャンはピットに戻っております。
…お、グティエレスが2番手タイム!

残り2分、グロージャンがコースへ。
スーティル、17番手でノックアウトの危機。
ラストアタックの1コーナーで曲がれずにコースオフしていしまいました…。

…あれ、そのスーティルがスローダウン。
そのまま路肩にストップ。
どうやら、右フロントがパンクしたらしい。
スーティルのノックダウンが確定。
最後までトラフィックの中にいたマルドナドもQ1敗退。
マッサ16番手、アロンソ15番手とフェラーリ勢はかなりギリギリ…!


Q2
セクター1の連続コーナーとか4Gかかる。
12コーナーとかほぼ5Gだし。

…お、ボッタスが2番手。
このまま良いポジションで決勝を迎えれば初ポイントの可能性も見えてきますね!

レッドブル勢とグロージャンはまだピット。
ロータスの1台、コバライネンはコース上でアタック中。

ロン・デニスの前の奥さんがいるのかwww

残り8分、ペレスがセクター1全体ベスト!
マクラーレンが調子を上げてきたのでしょうか?
7分切ってウェバーがコースへ。
ペレスは2番手タイムでした。

残り6分切ってベッテルがコースへ。
風が強いらしい。
…18m?
取り敢えず、マシンの右側から吹いてくるようだ。

グロージャン、ファーストアタックでトップタイム!
グロージャンは本当に上手い事速さだけが残った感じだよなぁ。

アロンソがセクター1全体ベスト!
それをベッテルが塗り替える!

ヒュルケンベルグ、3番手!
ボッタスが2番手!
アロンソが2番手に!

おっと、タイムアタッカー・ロズベルグが11番手、ノックアウトゾーンですね…。
ベッテル、堂々のトップタイム。

ボッタス、タイヤをロックさせておいてあのタイム?
すげぇなぁ…つか、調子が良いなぁ。

…小松さんが国際映像に。
何やら、無線で話してる。

残り1分切ってアロンソ、ベッテル、グロージャンがガレージへ戻る。

チェッカー!
ラストアタック勢が戻ってきますよ。

グティエレス、8番手!
バトンは12番手。
コバライネン、9番手!
ロズベルグはピットに入ってノックアウト。
ペレスが9番手!

あー、15番手だったマッサもピットに戻ったか…。
残念だ…。

バトン、ロズベルグ、マッサがノックアウト。
来季レッドブルへ移籍するリチャルドもノックアウトだ。


Q3
残り7分半くらいでウェバーが早々とアタックに。
新品ミディアムか。
ベッテルも早々と出ていますね。
2番手タイムです。

ザウバーガレージの女性…誰?

残り3分半になって、ボッタスがコースへ。
3分切って辺りでグロージャンもコースへ。

ボッタス、セクター1全体ベスト!
ボッタスの車載カメラ、タイヤ側から前にくるりと回転。
ボッタス、ブレーキングスモーク上げまくる。
それでも3番手タイム。
本当に調子が良いのか…。

ウェバーがセクター1全体ベストだ!
残り20秒、各車アタックへ!
ベッテルは時間切れギリギリにラストアタック開始!

ウェバーがトップタイムを更新!
グティエレス、5番手!
ボッタスは4番手だ。
ヒュルケンベルグ、3番手!
グロージャンが3番手に!
アロンソは5番手!
ハミルトンが5番手に!
コバライネンは7番手!

ベッテル、トップタイム!
…え?
セクター3だけでポールポジション?!
セクター1、2はウェバーの方が速かったのにwww
変態走りぱねぇな…。

コバライネンは黒と蛍光ピンクのヘルメット。
いやぁ、目立つなぁ…www

メキシコ国旗が揺れるな中、ペレスとグティエレスがQ3進出となりました。
ペレスとグティエレスに挟まれたコバライネンとボッタス。
メキシカンによるスオミサンドか…www


グロージャン、グラサンはあるけど、キャップは?
忘れた?www

ホーナーさんまだ40歳なんwww


ポールポジションはセバスチャン・ベッテル/レッドブル
2番手からはマーク・ウェバー/レッドブル
3番手からはロマン・グロージャン/ロータス
4番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/ザウバー
5番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
6番手からはフェルナンド・アロンソ/フェラーリ
7番手からはセルジオ・ペレス/マクラーレン
8番手からはヘイキ・コバライネン/ロータス
9番手からはバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ
10番手からはエステバン・グティエレス/ザウバー

11番手からはダニエル・リチャルド/トロロッソ
12番手からはポール・ディ・レスタ/フォースインディア
13番手からはジェンソン・バトン/マクラーレン
14番手からはニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
15番手からはフェリペ・マッサ/フェラーリ
16番手からはジャン=エリック・ベルニュ/トロロッソ

17番手からはエイドリアン・スーティル/フォースインディア
18番手からはパストール・マルドナド/ウィリアムズ
19番手からはギエド・ヴァン・デル・ガルデ/ケータハム
20番手からはジュール・ビアンキ/マルシャ
21番手からはシャルル・ピック/ケータハム
22番手からはマックス・チルトン/マルシャ


バトン、FP1で赤旗中にオーバーテイクした為、3グリッド降格ペナルティ。
グティエレス、Q1でマルドナドのアタックラップを妨害したとして10グリッド降格ペナルティ。
ピック、ギアボックス交換で5グリッド降格ペナルティ。
チルトンはスーティルをブロックしたとしてペナルティ。だが、最後尾からのスタートなので、決勝レーススタート後、5周目までにドライブスルーペナルティを受けなければならない


スターティンググリッド。

ポールポジションはセバスチャン・ベッテル/レッドブル
2番手からはマーク・ウェバー/レッドブル
3番手からはロマン・グロージャン/ロータス
4番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/ザウバー
5番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
6番手からはフェルナンド・アロンソ/フェラーリ
7番手からはセルジオ・ペレス/マクラーレン
8番手からはヘイキ・コバライネン/ロータス
9番手からはバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ
10番手からはダニエル・リチャルド/トロロッソ

11番手からはポール・ディ・レスタ/フォースインディア
12番手からはニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
13番手からはフェリペ・マッサ/フェラーリ
14番手からはジャン=エリック・ベルニュ/トロロッソ
15番手からはジェンソン・バトン/マクラーレン
16番手からはエイドリアン・スーティル/フォースインディア

17番手からはパストール・マルドナド/ウィリアムズ
18番手からはギエド・ヴァン・デル・ガルデ/ケータハム
19番手からはジュール・ビアンキ/マルシャ
20番手からはエステバン・グティエレス/ザウバー
21番手からはマックス・チルトン/マルシャ
22番手からはシャルル・ピック/ケータハム

|

« パープルガール | トップページ | 新章初陣 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 疾風怒濤2013年:

« パープルガール | トップページ | 新章初陣 »