« 回転逆転 | トップページ | 人口世界第二位 »

2013年10月27日 (日)

靄の中で

今日からまた例のイベント。
起きるのが遅くなってしまって、何もできずに何もできない1週間を過ごす事に。

んなもんで、ブログも予約投稿じゃなくて、リアルに今打っている訳です。
そして、今日はポケモン起動してないと言うね…。
チゴラス育てたら先に進むと思います。
マーイーカ2体目もか。


昼もまともに食ってなかったので、先程ようやくまともな食事をしたのでした。
…っていっても、コンビニ弁ですがね。






久々にF1の話題話せて面白かったわ。
普段、中々話せる人いないし。

ちょっとスッキリするね!








続きからコメント返信、世界遺産!



コメント返信!

蒼蟲さん:まぁ、人によりますよねwww
俺はそこそこ早いみたいですが…。
伸びてからも割と放置してるので、間隔が長くなりますね。
髪がぶっといのですか!
将来有望ですね!


久々ですかね…。
そういや、ラーメンそんなに食べてないなぁ。
このラーメンは中々美味かったですよ!
相方にも食べさせたい…が、ネギ嫌苦手なんだよなぁ…。


えぇ、お菓子ですし…あんまり高くはできませんからね。
それ相応の含有量になると思います。


今回の施設は一巡すればパワーリストとかが幾つか手に入るレベルらしいですな。
カラマネロ、想像以上に脳筋ですねwww
脳筋版ともう一種類やってみたいわざ構成がありまして。
まぁ、100時間は越えてますよね。
その4倍になる可能性ありか…。
学生時代みたいに、999時間59分にするまでにどれくらいかかることやら…。


コメント、ありがとうございました~!







世界遺産!

南アフリカ!!
イシマンガリソ自然公園!!


生きた化石、シーラカンス!
南アフリカの水深100mにて発見、シーラカンス。
岩場の影にいた…。


南アフリカの東海岸か…モザンビーク海峡辺りか?
広大な砂浜から始まる湿地帯やサバンナ等の地形。

入江を進むと…マングローブ林が両脇に。
…お、ナイルワニだ!
1500匹程いるらしいw
ワニがカヤックに体当りしてきたwww
こえぇだろうなぁ。

今度はカバ。
岸辺に集まっております。
海棲哺乳類みたいにぶしゅーつってますね。
鼻に蓋があるから…。
子カバや。
夜、住宅街を回っていると…こんなところにカバ!
道路を普通に横切っております。
庭や空き地の草が目当てな訳ですね。
1晩で40kg食べるとかなんとか…。
保湿効果のある赤い汗も流しておりました。
縄張りを示す為にフンを尻尾で撒き散らす。
そうすると、魚が現れ、魚目当てに鳥がやってくる。


淡水の湿地帯!
透明度の高い水中は素潜り漁にうってつけのようだ。
ティラピアが採れた!
木で作った生け簀!
生け簀の中で銛を使って漁をするのね。
クロダイの仲間がいた。
先住民たちの漁。自分たちで食べる為に漁を行っております。


内陸部はサバンナ。
ニャラがおりました。
シカみたいだけど、ウシの仲間だそうで。
角が捻れておるのが特徴的。
これは頭蓋骨の一部だそうで、一生生え変わらないとか。

水辺にはキリンやクロサイ?やシマウマ。
キリンは両足を開いてようやく水が飲めます。

更に内陸に行くと、アンモナイトの化石が露出していました。
4億年前はこの内陸も海底だったそうで。
…お、シーラカンスの仲間の化石。

シーラカンスが発見されたのは1938年、底引き網に引っかかった個体が最初。
その剥製がロンドンの博物館に!
体長1.5m…。
胸鰭が手のように進化しつつある状態。
そのまま現代まで生き続けていたのだ!

潜ってシーラカンスに会うのって大変だそうで。
深さによって酸素とヘリウムの濃度が違うタンクを幾つも使い分けないといけないようで。
タンクの数、6本!
それで海底にいられるのは15分。
海底には岩場があって、複雑な地形。
シーラカンスはまさにそこを好むのである。
青っぽい体色に白い斑点。
胸鰭を左右交互に動かして泳ぐようだ。
2007年にはタンザニアでシーラカンスを発見!
近くを通りがかった魚を丸呑みするとか。


先住民、ズールー。
ヨシに似たリードって植物を刈り取ってますね。
家の材料がリード。
壁は4〜5年もつらしい。
窓がないけど、風通しが良くて涼しいんだって。
…呪術師!
貝占いですな。


強い風によって作られた、高さ150mもある砂丘。
木々に覆われているんだけど、それらは低い木々。
強い風に負けないよう、枝を絡ませ合って支えているとか。
砂地には細かい根を張り巡らせているんだって。

砂浜はウミガメの産卵地。
お、世界最大のウミガメ、オサガメだ!
年々上陸するウミガメが増えてきているらしい…。
余分な塩分を目から出していますね。
超音波でお腹を調べてみる。
卵が残ってたらそのカメはまた別の砂浜に移動して卵を産むそうだ。

アカウミガメの赤ちゃんが生まれた!
メスばかりが生まれるようだ。
砂の温度が関係しており、29℃より高いとメス、低いとオス。
温暖化の影響と考えられている…。
温度が高くなりすぎると卵が傷んで、死亡率が上がるとか。


ズールーの言葉で「驚きの場所」。
イシマンガリソ。


最後は湿地帯?
海?
ピンクのお花。

|

« 回転逆転 | トップページ | 人口世界第二位 »

コメント

飯もまともに食えないとはなかなかハードですね。

うん、話題が合う人がいると楽しいですよね。
俺も最近趣味の合う人が見つかったんですよ。

何が将来有望なのですか...w
髪は太いけど年齢と比較して白髪も多いんですよね...。
抜けないか心配だ。

俺もネギは苦手で...でも最近はラーメンのネギは無いと物足りなくなってきたかな。
味噌汁には豆腐とワカメしか入れません。

欲しいパワー系アイテムは手に入れたので
お釣りでピントレンズを購入しました。
今育てているポケモンに持たせたいので...。
ポケパルレのおかげでバトル施設や対人戦以外では急所率が凄いですね。
ふむ、どんな技構成になるのか...。
俺もBW2は最終的に700時間ぐらいでカンストしなかったな...。
今回は余裕でいけそうな気がしますw

投稿: 蒼蟲 | 2013年10月27日 (日) 17時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 靄の中で:

« 回転逆転 | トップページ | 人口世界第二位 »