« 深まる秋 | トップページ | 豪華絢爛 »

2013年10月18日 (金)

暴君竜の絆

注文していたゾイド、ジェノリッターが届いていた!
Geno_ritter
モノクロのパッケージ。


本当は昨日届いてたんだけど、時間の都合上今日受け取り。
まぁ、HMMサイクスとHMMジェノブレ、1/72シンカー、1/72キラードーム、1/72ギルドラゴンと組んでないのそこそこあるんだけどね。


Geno_story
ストーリーも。
公式ファンブックとか見てるんで結構矛盾があったりとか…。

なんでこの時代にジェノが開発されてんだよ!
みたいな。


Geno_3type
このキットで3タイプのジェノが組めます。

まずは、ブルージェノザウラー。
ノーマルジェノの紺色バージョンってだけですね。
それから、ヤークトジェノ。
ここから装備的にオリジナル感がぐっと出てきます。野良ゾイドとかより野生的とかそんな感じのジェノ。
そしてジェノリッター。
パイロットと深い絆を結んだヤークトジェノがこの姿。ヘッドアーマーや脚部のマグネッサーウィングが追加されております。性能面も向上していますし、パイロットとの関係もありますんで、実際の戦闘能力はヤークトジェノを大きく上回っているんではないでしょうか。


機体説明のノーマルジェノの欄に「機動力の高い個体として、この他にも朱色のジェノザウラーが存在していたといわれている。」ってあるんですが…それってアレだろ、シャア専y(ry
本機は紺色だから、グフポジションだなw


Geno_clear_file
30th_clear_file
クリアファイルもついてました!
勿体なくて使えないけどね!!


やっぱジェノ系かっけぇわ!
ジェノ系ではジェノブレイカーが一番好きなんだけどね!






続きからコメント返信、ポケモンちょっと、世界遺産2回分!



コメント返信!
蒼蟲さん:そうですねぇ、頻繁に台風台風言ってますよね。
俺は大丈夫でしたが、その日の朝は凄かったらしい…w
まぁ、道の状態からしてなんかあったな、というのは分かりましたが…w


えっ…
と思ったので、見てみたらマジでしたwww
すみません、コメント返信しそびれていたようですwww
コフキムシがなんちゃらとかツッコミ待ちのコメントしてくれてたのにwww


ちょーーーっとどころじゃなく、だーーーーいぶですかねwww
皆、進度早すぎだよ!www
ほのお・エスパーとほのお・ひこうですね。
弱点は増えるけど、対応できるタイプも増えますしねぇ。
…うん、着地する動作凄いですよね!
リアルな感じするし、重量感溢れるし。


コメント、ありがとうございました〜!






ポケモン!

・ヒトツキ乱獲中
・多分出現率変わらないだろうけど、妙に♀の確率が高いな…
・そういや、某さんのヒトツキ(現ニダンギル)も♀だったか。
・タブンネちゃんフェアリー付いてないのか
・脱サンドバッグしたけど、依然として経験値は多めだな






世界遺産!

屋久島1回目!!


海に浮かぶアルプス、屋久島。
黒潮に育まれた亜熱帯の海の底には巨大な岩盤が。
海の底から突き上がった岩の島なのである。


…岩の上に誰か乗ってるぞwww
幾つもの峰が連なる、洋上のアルプス。
突き出た岩は集落の守り神なんだって。
この峰々は花崗岩でできているとの事。
いやぁ、激しい岩山が広がっていますね…。
九州最高峰、宮之浦岳だ!
標高は1936m!

標高1000m地点には巨木の森が広がる。
樹齢1000年を超える杉だけが屋久杉と呼ばれています。
1600mを超えると、視界が一気に開ける!
笹の草原が広がっています。
この辺りには不思議な形の岩がゴロゴロ。
神様が切ったと言われるトーフ岩w
笑顔の横顔っぽい感じの岩等々。
侵食されてこうなるまでに、どれくらい時間がかかっているのだろう。
岩の頂上!
…こえぇwww
日没寸前に宮之浦岳へ。
うおぉ、すげぇ景色!
珍しくあまり雲に覆われてない!
普段は温かい海からくる水蒸気が山に当たって雲が発生するんだけどね…。

ヤクシマリンドウ!
屋久島の固有種で、絶滅危惧種。
山頂近くに300株程しかないとか…。
繊細で可憐な花だけど、岩の割れ目に根を下ろすとは凛とした植物だ。


屋久島って川が100以上もあるのかw
夏のおすすめは川遊び!
地元の子供達と遊びてーwww
今はカヤックツアーが人気だとか。
安房川(あんぼうがわ)という一番大きい川を遡る。
良いねぇ、のんびり探検。


屋久杉の老木を診断している樹木医さん。
樹皮が赤くない部分は枯れているんだって。
木の根っこが土砂で埋まって呼吸できなくなってた事が原因だそうで。
石の入った袋を差し込んで根の周りに隙間を作れば解決!
すげぇなぁ…。
樹齢2000年以上の屋久杉達!
地元ガイドさえ行かない奥地へ…。
樹齢3000年くらいのヒノキ!
ヒノキ自体屋久島では珍しいとか。
すっげぇ形になってるな、ヒノキ。
幹とか枝から他の植物が生えておる。

…有名な縄文杉!
薄く霧がかった中に佇む姿はとても神秘的だ…。
しかも、薄日が射してるのがまた何とも言えないな…。
荘厳な雰囲気だ…。


台風の屋久島。
風速70m近くだって…?
激しい風で枝や皮が吹き飛んで白骨のようになった白骨樹も…。
岩場の地面は栄養分に乏しい。
木々は苔むした岩に根を張って生きているという過酷な環境。
モスフォレストってすげぇ辛い所なんだな。
そんな屋久杉の森に佇んでいるのが、縄文杉!
当初考えられていた樹齢は7000年、それが縄文杉の由来になったとか。
幹回りは16mwww
屋久島で最大の太さ!
木の表面に染み出した赤い樹脂は普通の杉の10倍も幹に詰まっているとか。
水を弾き、虫もつかない!
環境柄、成長が遅くて年輪が密になる為、硬くて丈夫な幹にるんだって!
それが長寿の秘訣だそうだ。
幹の上部は台風で折れた跡があるとか。
1000年程前に15m辺りが折れたけど、折れたところから新たな枝が成長して生きながらえてきたんじゃないかとか。
推定樹齢、2170年以上…!
コブは台風で樹が軋んだ跡。
傷ついた所を樹脂で治しているうちにボッコボコになったとか。


屋久杉の工芸品!
香炉…美しいなぁ。
黒く見えるのは樹脂だそうで、密になってるから、石のような重さなんだとか。
屋久杉の伐採は今は禁じられているので、江戸時代の切り株や倒木を利用しているとのこと。
数百年眠っていた樹を利用したものもあるとかで。
…お、木彫の仏様。
コブを生かした茶釜…!


今度は山師…!
巨木を伐る技を持つ職人の事だとか。
40年以上前の倒木、全然朽ちてない。
樹齢2000年程の屋久杉みたいです。
屋久島の伐採は江戸時代から始まる。
昭和30年台には住宅ブームで大量のスギが必要になり、森の8割に人の手が加わったとか。
かなり伐採してんな…。
伐採が終わったのは1982年、ごく最近だね。
山師がこうして杉の苗木を植えなければ環境は悪化してただろうな。
裸にさせられた斜面、今はヤマザクラの名所か。
樹齢100年の杉って言うと、まだまだ若造なんだな。

幻の屋久杉。
真っ直ぐに伸びる巨木。
地元でも殆ど存在が知られていないとか…。

お、倒木の上に巨大な杉が…。
すげぇな…。
1000年後の屋久島かぁ、見てみたいなぁ…。


最後は滝壺?の子供達?
白い花だ。




屋久島2回目!!

2月の屋久島は雪景色!
山登ったら台風並みの風が吹く!
過酷な世界だった…。
縄文杉にも雪が積もる。
本当に過酷な環境だなぁ。

屋久島の山の割合は9割。
流石洋上アルプスだね!
峰々の数は40もあるのかw
いやぁ、屋久島って感じがしない景色だね。

幻の滝へ。
道無き道を進む。
コケに足を取られたりとか。
安房川に出ましたよっと。
え、川に飛び込んだwww
綺麗だなぁ、エメラルドの川。
その上流にあったのが落差30mの滝。
豪快な滝だ…!
トンゴの滝と呼ばれる滝。
存在は知られていたけれども、人が殆ど立ち入らないんだとか。
滝壺、底が見えないwww
滝の上流は壮大なV字谷!
うわぁ、良いなぁ。

岩の滑り台w
岩に窪みが…w
露天風呂みたいになってるぞwww
窪みに落ちた石が激流で窪み内をぐるぐると周り、窪みを丸く削ったからあんな露天風呂みたいになってるようです。

今度は屋久島最大の滝!
大川の滝!!
落差88m、おおこのたきと読みます。
QMAのエフェクトクイズでも出題されますね。
2筋の水の流れがなんともダイナミック!


屋久島名物、薩摩芋焼酎!
屋久島の水はミネラルの少ない軟水だそうで。
口当たりが柔らかい、まろやかな焼酎になるんだとか。
屋久島のエネルギーが詰まった芋焼酎。
ちょっとこれは飲んでみたくなるぞ…w
トビウオも特産だそうだ。


お、ハイビスカス。
亜熱帯だからね。
1年の平均気温は約20℃。
良い砂浜だ。
海岸沿いの森はジャングルのよう。
ガジュマルもあるのか!
…でかいwww
無数の根が…w
屋久島はガジュマルの北限だそうです。

年間1万ミリも降るのか。
地球で最大級と言われる照葉樹の森!
シイ、カシ等が生い茂る。
ヤクシマサルやヤクシカが棲んでおります。
ヤクシマサルのお昼寝タイムw

梅雨の時期にだけ永田岳の山頂付近に現れる「天空の花園」を目指して。
ハリギリって植物の大木。
日本最大級の大きさだとか…。
いやぁ、屋久島ってスゲー!!
標高600m辺りから屋久杉の森へ。
特に大きな杉には固有名が付けられる。
高さ35mの大和杉。
まだ若いんだろうね。しゃんと幹が伸びております。
大きな木のウロがある大王杉!
樹齢3000年、縄文杉に次ぐ高齢縄文杉かな?
標高1600mへ。
尾瀬、釧路のような湿原ができております。
コケスミレは固有変種っていう分類らしい。
白い花弁に中心部の赤紫が良いアクセント。
そして森林限界である。
風強そうだなぁ。
霧…雲で霞む。
固有変種のヤクシマシャクナゲが咲いておりました。
断崖に点々と見えるカラフルな色。
ここが「天空の花園」か。
蕾が赤で、開くとピンク、白と変わっていく。
ここには固有種が47種あるんだって!


屋久島に行ったら、まずはここ!なスポット。
屋久杉自然館!
屋久杉の倒木を活用した内装。
触れちゃうのがいいね!
年輪凄い!
ここにある樹が芽吹いた頃は古墳時代だってwww
すげぇなぁ。
縄文杉の折れた枝!
2005年の大雪で折れたものが展示されております。
「いのちのえだ」って名付けられてるようで。
枝だけで重さ1.2t!!
枝の樹齢は900年!!
すげぇ…!!


宮之浦岳からの夜明け。
素敵な風景だ…。
海に映る影宮之浦岳!
なんてこった!!

森を抜ける幾筋もの川。
落ち葉等の栄養分を黒潮の海に運ぶぞ。
この海で漁師が狙うのは…トビウオ!
栄養豊富、プランクトン豊富な豊かな海だ!
ここに住まう魚は500種!
キビナゴの大群が泳いでおります。

ほう、屋久島の砂浜は山の岩が長い年月をかけて砕けたものだったのか。
この砂浜にはアカウミガメが産卵にやってきます。
1回で100個〜120個を一晩で産み落とすんだとか。
一夏で1万回も上陸するんだって。
2ヶ月後の夕暮れ時、僅か5cm程の子ガメが旅立って行くのであった。


岩場に虹が…!!


最後は雪山で撮影中。
宮之浦岳…かな?の雪化粧した山頂。
植物から水滴が落ちる。

|

« 深まる秋 | トップページ | 豪華絢爛 »

コメント

おお、ゾイドは分らないけどこれはかっこいいな。
朱色で...3倍なのかなぁw
ノーマルの方は緑系統だったりするんですか?

また次の台風が近づいてるそうですね...。

いえいえ、こうやってほぼ毎回返信してくれるだけでもありがたいのでw
リザードンがいるので岩タイプが特に厳しかったですね。
ホルードが着地するときに耳を地面につけるじゃないですか。
あれが忍者っぽくていいなぁって、まぁ忍者もっと適役がいるんですけど。

枝だけで1.2tってすげぇっすね。
立派な武器じゃないか...。
樹齢900年ともなると全てが桁違いなんですね...。

投稿: 蒼蟲 | 2013年10月18日 (金) 17時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暴君竜の絆:

« 深まる秋 | トップページ | 豪華絢爛 »