« 超高速の伝統 | トップページ | カヴァリーノ・ランパンテ »

2013年9月10日 (火)

赤い熱気

そういや、2020年の夏季五輪が東京に決まってましたね。
まだどれくらいの接戦だったかとかまでは見てないですけど、どうだったんだろう。


そういや、ビッグサイト使えなくなるよね。
コミケとかどうするんだろう?






続きからコメント返信、F1!



コメント返信!
蒼蟲さん:動画でフジNEXTのものがあったので、何とか観れました…。


コメント、ありがとうございました〜!






F1イタリアGP決勝!!

スタート前にパラパラっと雨降ったらしい?
今後の雨の予報はないようだ。


サッカーの元ブラジル代表、ロナウドが来てるw


ライコネン、ハミルトン、グティエレスがハードタイヤ。
それ以外は皆ミディアムタイヤスタート。

ディ・レスタのサーモカメラ。
フォーメーションラップ中のタイヤの温まり方も分かるねw


シグナルがブラックアウト!
アロンソ、ヒュルケンベルグをかわすも、レッドブル勢のブロックに遭い、更なる順位アップはできず。
マッサがウェバーと並んで1コーナーに!

タイトな1コーナーは…
おっと、パーツが飛んだ!
マクラーレンが1台コースオフ!
ディ・レスタがマシンを壊してリタイア。

マッサ、ウェバーをかわして2番手!

ハミルトン、ライコネン、バトンのスリーワイド。
ライコネン、フロントウイングの右側が壊れてるわ…。
ライコネン、ピットイン。

グティエレス対マルドナドがなんか熱いw
グティエレスが中々アグレッシブな動きしてるなぁ。


3周目、アロンソがウェバーをかわして3番手!
シケインでの攻防、際どいけどクリーンだね。

スタートのリプレイ映像。
ライコネンがバトンに追突していた為、バトンがコースオフしたようです。
ディ・レスタのリタイアは…1コーナーではないな。
グロージャンとの接触のようだ。
「グロージャンですか?」
「またですか?」
…去年の暴れっぷりがあるからなぁw
ディ・レスタがフロントタイヤをロックさせてグロージャンに追突したようだ。
追突時もサーモ映像。
左フロントタイヤがあっさり持ってかれてるわ。


6周目、ハミルトンに無線トラブルか?
聞こえないとか。


8周目、アロンソとマッサの順位入れ換え。
アロンソが2番手、マッサが3番手。
ファステストを出して逃げるベッテルを追撃する。

バトン対ハミルトンが熱いなぁw
…お、ハミルトンの前に出た。


10周目、バトンが割と元気だな…。
今度はベルニュの前を窺ってる。

ディ・レスタとグロージャンの接触が審議に。


12周目、ハミルトンにピットイン指示。
右フロントタイヤがスローパンクチャーを起こしている、とのこと。
…だが、ハミルトンにその無線は聞こえていないようだ。
スローパンクチャーにも気付いてない?
14周目、ようやくピットイン。


15周目、ベルニュがコース脇にマシンをストップ。
右リアタイヤ辺りから白煙が出てリタイア。
今までバトンを抑え続けていただけに、惜しい。


17周目、ベッテルが久々に国際映像に映ったw
難解なアロンソの無線。


18周目、後方に沈んだライコネンが尚もファステスト。
飛ばしております。

お、ペレスがリチャルドに抑え込まれておるな…。
トロロッソ、直線スピード速いからかね。


21周目、グロージャンがピットイン!
…5.6秒?
長かったなぁ。


24周目、ベッテル→ウェバーの順でダブルピットストップ。
ウェバー、フロントウイングの右翼端板がない。

マッサ、25周目にピットストップ。
あー、ウェバーのアンダーカット成功か…。
ウェバー3番手、マッサ4番手。


29周目、ロズベルグとハミルトンが順位入れ換え。
戦略が違う2台です。

リチャルドがマクラーレンの2台を抑えております。
いちゃいけないところにいると言われているヒュルケンベルグ、ロズベルグを抑え込んでいます。
36周目ロズベルグがシケインを曲がりきれずにカット。

…あ、セルゲイ・シロトキン。
グティエレスのファステストラップのタイムは6番目。
チームメイトのヒュルケンベルグよりも速いのかぁ。


38周目、グロージャンがホームストレートエンドでペレスをかわす。
危険な2人www
グロージャンはこれで10番手、ポイント圏内だ。


39周目、ウェバーがアロンソに接近してきた。
セクターのベストタイムと自己ベストの叩き出し合いというとても熱いバトル。

ライコネンはまたファステスト。
飛ばしてるなぁ。


42周目、ヴァン・デル・ガルデのピット…あれ?
タイヤスモーク上げてちゃんと止まれてないですけど。

今度はハミルトンがファステスト!
こちらも飛ばしています。

グティエレスがスーティルにかわされて12番手。
ライコネンにもあっさりかわされて13番手。
…ライコネンに対して幅寄せ。
今日のグティエレスは割とアグレッシブだな…。

グティエレス、ハミルトンにもかわされて14番手。
ハミルトンには抵抗する術がなかったようだ。


45周目、ライコネン、スーティルをかわして11番手!
…お、スーティルとハミルトンの絡み。
一瞬でハミルトンが先行したけど。

46周目、ウェバー、2速3速のギアが不調気味?
これはマッサにも再逆転のチャンスがありそうだ。
だが、ウェバー本人は凄いアロンソに付いていってる。

…お、ライコネン対ハミルトン!
前ではグロージャンがリチャルドに仕掛けようとしていて、バトンとペレスがその後ろにいて、ライコネンとハミルトンがその後ろでバトル。
ライコネンとはミルトンはペレスに近付いているようだ。
あちこちで接近戦である。


49周目、ハミルトンがライコネンをかわして11番手!
ワールドチャンピオンに挟まれたペレス。
前はバトン、後ろにはハミルトンとライコネン。
豪華だなぁ…w

ケータハムを挟んで団子状態の1コーナー。
ハミルトンがペレスをかわして10番手、ハミルトンは続けてバトンとのバトルに入る。


51周目、ハミルトンがバトンをかわして9番手。
抵抗しないバトンさん…w
ライコネンは現在12番手。

…あ、久々にベッテルだ。

52周目、ライコネンがペレスをかわして11番手。

アロンソとウェバー、ヒュルケンベルグとロズベルグ、グロージャンとハミルトン、ライコネンとペレス。
あちこちで接近戦ですねぇ。
…お、ペレスが再びライコネンに仕掛けた!
守るライコネン、流石です。

53周目、ファイナルラップ!
ベッテル、ウェバー共にマシンにトラブルがありながらも、問題はなさそうだ。

…お、グティエレスがスーティルをかわした?
あら、スーティルがピットイン。
トラブルでしょうか。

ハミルトンがグロージャンとバトル!
ハミルトンがシケインカット!
…惜しい。
ヒュルケンベルグとロズベルグのバトルも熱いようだ。


ベッテル、優勝!
勝利数がアロンソと並んだらしい。
30勝目、か。

ウェバーとライコネンがマシンを止めた。
実はライコネンも際どい所だったらしい?

フェラーリの2台がエスケープゾーンに入ってティフォシに挨拶しているようだ。


ベッテルの初優勝はここイタリアでしたね。
その時もポール・トゥ・ウィンだったっけ。

色々な国旗が踊ってるなぁ。
イタリア、フィンランド、ブラジル、スペイン等…。

ウェバーがシャンパンファイトで大はしゃぎwww
ベッテルも勿論だけど。
そして勿論アロンソも。


表彰台インタビュアーはジョン・サーティース!
…え?ジャン・アレジも?
アレジさん何しにきたんwww
ピレリのブランドアンバサダーだからか?w


ベッテルのインタビュー。
凄いブーイングだwww

ベッテルをサーティース、アロンソとウェバーをアレジがインタビュー。
ウェバーのラストモンツァ、ティフォシからも暖かい拍手。

アロンソ、表彰台でスマフォでカメラ撮りまくる。
ツイッターにうpされるのかな?


…なに、マルシャの2台も熱いバトルしてたん?


優勝はセバスチャン・ベッテル/レッドブル
2位はフェルナンド・アロンソ/フェラーリ
3位はマーク・ウェバー/レッドブル
4位はフェリペ・マッサ/フェラーリ
5位はニコ・ヒュルケンベルグ/ザウバー
6位はニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
7位はダニエル・リチャルド/トロロッソ
8位はロマン・グロージャン/ロータス
9位はルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
10位はジェンソン・バトン/マクラーレン

ここまでがポイント獲得。

11位はキミ・ライコネン/ロータス
12位はセルジオ・ペレス/マクラーレン
13位はエステバン・グティエレス/ザウバー
14位はパストール・マルドナド/ウィリアムズ
15位はバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ
16位完走扱いはエイドリアン・スーティル/フォースインディア
17位はシャルル・ピック/ケータハム
18位はギエド・ヴァン・デル・ガルデ/ケータハム
19位はジュール・ビアンキ/マルシャ
20位はマックス・チルトン/マルシャ

リタイアは…
ジャン=エリック・ベルニュ/トロロッソ
ポール・ディ・レスタ/フォースインディア


ドライバーズランキング!
1位:ベッテル/レッドブル(222Pt)
2位:アロンソ/フェラーリ(169Pt)
3位:ハミルトン/メルセデスAMG(141Pt)
4位:ライコネン/ロータス(134Pt)
5位:ウェバー/レッドブル(130Pt)
6位:ロズベルグ/メルセデスAMG(104Pt)
7位:マッサ/フェラーリ(79Pt)
8位:グロージャン/ロータス(57Pt)
9位:バトン/マクラーレン(48Pt)
10位:ディ・レスタ/フォースインディア(36Pt)
11位:スーティル/フォースインディア(25Pt)
12位:ペレス/マクラーレン(18Pt)
13位:リチャルド/トロロッソ(18Pt)
14位:ヒュルケンベルグ/ザウバー(17Pt)
15位:ベルニュ/トロロッソ(13Pt)
16位:マルドナド/ウィリアムズ(1Pt)
17位:ボッタス/ウィリアムズ(0Pt)
18位:グティエレス/ザウバー(0Pt)
19位:ビアンキ/マルシャ(0Pt)
20位:ピック/ケータハム(0Pt)
21位:ヴァン・デル・ガルデ/ケータハム(0Pt)
22位:チルトン/マルシャ(0Pt)

ベッテルが2戦0ポイントでアロンソが2戦1位でも追い付けない程の差となっている。


コンストラクターズランキング!

1位:レッドブル(352Pt)
2位:フェラーリ(248Pt)
3位:メルセデスAMG(245Pt)
4位:ロータス(191Pt)
5位:マクラーレン(66Pt)
6位:フォースインディア(61Pt)
7位:トロロッソ(31Pt)
8位:ザウバー(17Pt)
9位:ウィリアムズ(1Pt)
10位:マルシャ(0Pt)
11位:ケータハム(0Pt)

フェラーリが再びメルセデスを上回って2番手。
だが、1位レッドブルとはこの差である。

|

« 超高速の伝統 | トップページ | カヴァリーノ・ランパンテ »

コメント

決まったようですねぇ。
2020年って俺三十路じゃないかw
雷龍さんは7年後もコミケに行く気満々なんだな。

おー、観れましたか、それは良かった。
今度はTVで観たいですねぇ、どのみち録画だけど。

ベッテルにブーイングw

投稿: 蒼蟲 | 2013年9月11日 (水) 17時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 赤い熱気:

« 超高速の伝統 | トップページ | カヴァリーノ・ランパンテ »