« なんじゃもんじゃ | トップページ | 超高速の伝統 »

2013年9月 8日 (日)

眠れる海の口

いやぁ、雷雨が凄かったなぁ。
雨も激しく降ったり止んだりで中々小降りにならないね。
雷は去っていったけれど…。






今日の朝刊に書いてあったけど、太平洋に世界最大の海底火山が見つかったとかなんとか。
それは日本の東にある「シャッツキー海台」と呼ばれる海底にある台地の一部なんだって!

その面積は日本の国土の約8割程だそうで。
8割っていうと小さいって思うかもしれない人もいるだろうけど、太陽系最大の火山であるオリンポス山に匹敵する程の面積なんだとか!
勿論、標高の話をしたらオリンポス山には遠く及ばないだろうけれどね。
海底から山頂までの標高は約3500mだそうです。

今までは複数の火口から溶岩が流れてその面積になったと思われていたらしいけど、詳しく調べてみたら、1つの火口から噴出した溶岩によってできてるらしいよ!
きっと粘性の低い溶岩なんだろうね。

今は休火山だと見られているので、噴火のリスクはまだ低いと思う。







続きからコメント返信、F1!



コメント返信!

蒼蟲さん:ほほぅ、近所に展望台があるのですか!
それは良いなぁ。
見晴らし良いんだろうなぁ。
是非、その景色を目に収められる事を願っています。


お、早速マッシュルームスープシャカポテが出ましたかw
…そうそう、シイタケパウダー入ってるんだよねwww
画像にも出したけど…。
そしてその為にダウンか…。
味はシイタケの味っていうよりマッシュルームの味だと思うんだけどなぁ〜。
量はマッシュルームの方が多いし。


ゴロンダは普通に強そうですもんね。
おそらく、生半可な素早さのポケモンで対峙したら手が付けられないくらいなんだろうなぁ。
マンティコア…よりはまぁかっこよさ重視でw
マンティコアモチーフとかだったら良いですけどwww


コメント、ありがとうございました〜!






F1イタリアGP予選!!


2013年度のヨーロッパラウンド最終ラウンドです。
うひぇ、ティフォシ凄い!

…お、尻でかいリチャルドだ。
来季はウェバーが抜けるレッドブルで走ることが決まっています。
ベッテルのチームメイトというチャレンジングな状況になりますね。


芝の上に何か置いてあるwww
黒いテーブル?ピアノ?に黒いイス。
ただのオブジェだろうか?


Q1開始!
さっそくフェラーリがスリップストリーム作戦。
まっさんの腕の見せ所ですなぁ。
後ろにいるアロンソとの絶妙な位置関係が重要になってくるうえに、速く走らなければならないのでかなり難しい。
スリップストリームを利用してお互いに引っ張り合い、スピードを高める。
言うのは簡単だけど…。

ディ・レスタのサーモ映像きた!
ブレーキングですぐタイヤの温度が変わる。
面白いなぁ。

グロージャンがアスカリシケイン出口で少しはみ出ております。
ただのミスかな?

Q1も後半戦!
リチャルド、ヒュルケンベルグ、グティエレス、マルドナド等がミディアムタイヤを投入。
ペレスもミディアムですねぇ。

…ほう、グティエレスは最高速度ランキングでいったら2番目か。
コーナーでタイムを多く失っているのかな?

おっと、ロータスもミディアムタイヤを使い始めました。
ハードタイヤだとグリップがない、と週末中言っていたようで、その影響でしょうか。

Q1のチェッカーを迎えました!
マルドナドがタイムを更新して、グティエレスがノックアウトされました。
グティはQ1落ち常連になっちゃってるなぁ。
マルドナドのチームメイト、ボッタスはトラフィックに引っ掛かったかなんかでタイム更新ができず、Q1ノックアウト。


Q2、グロージャンは1コーナーのシケインをカットする場面が多いそうです。
やっぱりグリップがないとかそういうのだろうか?

フェラーリ、ここでもスリップ作戦。
練習も兼ねているのでしょう。

む、誰かがパラボリカで煙幕撒いたな…ハミルトンだったようだ。

残り5分切って、レッドブル勢が登場。
そしてあっさりとベッテルがトップタイム。
その上で更にアタックをして全体ベストを塗り替える。
「やめないベッテル」www

マッサ、9番手でラストアタックに入ります!
リチャルドが4番手、ヒュルケンベルグが5番手!
おぉ、頑張ってるねぇ。
ペレスは8番手!
マッサ、この時点で10番手です。
バトンが7番手に滑り込み、マッサがノックアウトゾーンに…お、タイム更新!
7番手に入った!

地元レースのトロロッソ、2台共Q3進出!
元直線番長のフォースインディアは2台揃ってQ2ノックアウトだ。
ライコネン、グロージャンのロータス勢にハミルトンもQ2ノックアウト!
ロータス勢はモンツァのコース特性に合わないのだろうか。
ハミルトンはスイッチを入れられなかったようで。

「イタリアスパ」www
ちゃうがなwww

つか、メルセデスの歴代モータースポーツ役員総登場回なのかwww


Q3、フェラーリはスリップ作戦本番ですよ!
それにしても、ティフォシの声援すげぇなぁ…。

アロンソの無線。
ちょっと怒ってる?
「マンマミーヤ」って聞こえた。
マッサとの距離に関してだとかなんとか。

フェラーリ勢のファーストアタックはトップのウェバーに届かず!
その直後、ベッテルがトップタイムを更新!
レッドブルやべぇなぁ…。

チームのホームレースであるトロロッソのリチャルドがアタック中。
…おっと、コーナー出口でリアが流れた!
それでも4番手タイム!

つか、ベッテルはまた出るのか。
…お?
マクラーレンもスリップ作戦?

フェラーリ勢のセカンドアタック!
ちょっとマッサとアロンソの間が開きすぎてる…。
これはミスだろうか。ちょっと間が開き過ぎててスリップストリームが使えないな。
それにしもて、ウェバーとベッテルが止まらないなぁ。

…また誰かパラボリカで煙幕撒いたな。
今度はベルニュのようだ。


チェッカー!
マッサ3番手!アロンソ4番手!

…うおっ、ヒュルケンベルグが3番手!
ベッテル、ダメ押しのタイム更新。
ウェバーも2番手を守って、レッドブルがフロントロー独占!

レッドブルが物凄く強い。
今までレッドブルのマシンはモンツァではそこまで強い訳ではないように思えてたんだけど、この結果。
これはもう圧倒的に見えるな…。


…ニコがニコニコしとるw


ポールポジションはセバスチャン・ベッテル/レッドブル
2番手からはマーク・ウェバー/レッドブル
3番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/ザウバー
4番手からはフェリペ・マッサ/フェラーリ
5番手からはフェルナンド・アロンソ/フェラーリ
6番手からはニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
7番手からはダニエル・リチャルド/トロロッソ
8番手からはセルジオ・ペレス/マクラーレン
9番手からはジェンソン・バトン/マクラーレン
10番手からはジャン=エリック・ベルニュ/トロロッソ

11番手からはキミ・ライコネン/ロータス
12番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
13番手からはロマン・グロージャン/ロータス
14番手からはエイドリアン・スーティル/フォースインディア
15番手からはパストール・マルドナド/ウィリアムズ
16番手からはポール・ディ・レスタ/フォースインディア

17番手からはエステバン・グティエレス/ザウバー
18番手からはバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ
19番手からはギエド・ヴァン・デル・ガルデ/ケータハム
20番手からはシャルル・ピック/ケータハム
21番手からはジュール・ビアンキ/マルシャ
22番手からはマックス・チルトン/マルシャ


スーティルによってハミルトンのアタックラップの妨害されたとして、スーティルに3グリッド降格ペナルティ。
ハミルトンはアタック中にパラボリカでスーティルに引っ掛かったようです。
これによって、スターティンググリッドが変わります。


ポールポジションはセバスチャン・ベッテル/レッドブル
2番手からはマーク・ウェバー/レッドブル
3番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/ザウバー
4番手からはフェリペ・マッサ/フェラーリ
5番手からはフェルナンド・アロンソ/フェラーリ
6番手からはニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
7番手からはダニエル・リチャルド/トロロッソ
8番手からはセルジオ・ペレス/マクラーレン
9番手からはジェンソン・バトン/マクラーレン
10番手からはジャン=エリック・ベルニュ/トロロッソ

11番手からはキミ・ライコネン/ロータス
12番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
13番手からはロマン・グロージャン/ロータス
14番手からはパストール・マルドナド/ウィリアムズ
15番手からはポール・ディ・レスタ/フォースインディア
16番手からはエステバン・グティエレス/ザウバー

17番手からはエイドリアン・スーティル/フォースインディア
18番手からはバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ
19番手からはギエド・ヴァン・デル・ガルデ/ケータハム
20番手からはシャルル・ピック/ケータハム
21番手からはジュール・ビアンキ/マルシャ
22番手からはマックス・チルトン/マルシャ


ライコネン、ハミルトン、グロージャンがどっちのタイヤを選んで、どのような作戦で来るのか。
決勝は天気が悪くなるという予報もあるので、どうなるでしょうか。
そして地元チーム2チームは好成績を残せるのか、最近復調気味のマクラーレンはどうか、等色々と気になります。

|

« なんじゃもんじゃ | トップページ | 超高速の伝統 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 眠れる海の口:

« なんじゃもんじゃ | トップページ | 超高速の伝統 »