« レッド・ベイのバスク人捕鯨基地 | トップページ | 熱気再来 »

2013年8月 3日 (土)

エル・ピナカテ・イ・グラン・デシエルト・デ・アルタル生物圏保護区

2013年に登録された、メキシコの世界自然遺産です。
あんまり情報がないけど、どうやら荒涼とした大地にある保護区のようです。
草がまばらに生えていますね…。
こういった所にも独特の生態系がありますしね…。

メキシコ北西部、アメリカとの国境近くにあるみたいです。
カリフォルニア半島の付け根辺りかしら。

南アメリカには新規登録・拡充登録がないので、2013年の世界遺産シリーズは終わり。





一昨日辺りの朝刊にF1のニュースで2014年にインドGPが開催されないという記事が載っていました。
F1のボス、バーニー・エクレストンは前々からインドGPをシーズンの最初の方に持ってきたかったようで。
そうすると2013年の10月か11月開催した後に2014年の3月か4月開催くらいになって、開催間隔が短くなってしまう為、今回のような措置になった、との事でした。
マレーシア辺りだったかな、今のシーズン初めになる際、開催間隔が短くなったらしけど…。






さて、夏のお祭りの前に1週間のアレイベントだ。
…今年は花火全然観てないなぁ。。

|

« レッド・ベイのバスク人捕鯨基地 | トップページ | 熱気再来 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エル・ピナカテ・イ・グラン・デシエルト・デ・アルタル生物圏保護区:

« レッド・ベイのバスク人捕鯨基地 | トップページ | 熱気再来 »