« 曙の鳥 | トップページ | 塩の輪舞曲 »

2013年6月 1日 (土)

氷結の極東

おぉ、ロシアのサハ共和国で見つかった冷凍マンモスに血液が残っていたとかで!
すげぇ!!
しかも、腹部に穴を空けたら流れ出たって液体状だよ!
かなりレアなケースだという事!

これで研究が進んで生態解明とかされるのかしら?

最近古生物学も熱そうですねぇ…!!




QMAがバージョンアップしたので、プレイしてきてみた。
中国・四国検定はあれだ、トレイン問題多いからあまり好きじゃないんだな…。
ムシ検定は動物に比べて種が多様だから若干苦手なんだな…。
まぁ、チャンスがあればやるか。

それと、ようやく理系タイピングを★5に。
相変わらずミノタウロス組が意味不明な場になっとるな…。


さて、キャラの作画&アニメーションがチェンジされた訳だが。
うーん、俺には必ずしもフィットしなかったかな…。
今ん所だけどね。慣れだとは思うし。

キャラ間の差が結構あるような気がするなぁ…。
一部キャラはモーションが大きくなっていて見てて面白くなったと思う。
生徒キャラのモーションはまだルキアのものしかほぼ見れていない訳だが、正解時のモーションとかが少し早い…アニメーションのコマ数が少ないのかな?と思った。

全体的にスリムな印象になった気がする。
後、太ももがやらしいな…。







続きからF1モナコGP!!



モナコGP決勝!!
土曜日のどんより空とは打って変わって、雲一つない快晴!


チルトンがギアボックス交換か何かで5グリッドダウンペナルティ。
これによって、最後尾からのスタートになっております。

ポールポジションはニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
2番手からはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
3番手からはセバスチャン・ベッテル/レッドブル
4番手からはマーク・ウェバー/レッドブル
5番手からはキミ・ライコネン/ロータス
6番手からはフェルナンド・アロンソ/フェラーリ
7番手からはセルジオ・ペレス/マクラーレン
8番手からはエイドリアン・スーティル/フォースインディア
9番手からはジェンソン・バトン/マクラーレン
10番手からはジャン=エリック・ベルニュ/トロロッソ

11番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/ザウバー
12番手からはダニエル・リチャルド/トロロッソ
13番手からはロマン・グロージャン/ロータス
14番手からはバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ
15番手からはギエド・ヴァン・デル・ガルデ/ケータハム
16番手からはパストール・マルドナド/ウィリアムズ

17番手からポール・ディ・レスタ/フォースインディア
18番手からはシャルル・ピック/ケータハム
19番手からはエステバン・グティエレス/ザウバー
20番手からはジュール・ビアンキ/マルシャ
21番手からはフェリペ・マッサ/フェラーリ
22番手からはマックス・チルトン/マルシャ


アラン・プロストだ!
そしてジャン・アレジもいるぞ!
…グリッドではエリック・ブリエとクリスチャン・ホーナーが話してる。


フォーメーションラップ!
…あれ、マルシャの1台…多分ビアンキ?がスタートできず。
ピットスタートになりそうです。

伝統の一戦、世界三大レースのひとつが遂に始まります!
シグナルがブラックアウト!

スタート直後、1コーナーのサン・デ・ボーテは混乱の名所ですが…今年は皆慎重だったな。
何も起こらず。
グリッドの前方の方ではベッテルが前を窺ってたけど、順位の変動はなし。
…黄旗?
誰か接触してた?
おっと、ロウズヘアピンでバトンとスーティルが軽くヒット。
更にそのすぐ後ろではヴァン・デル・ガルデがマルドナドと当たってフロントウィング落とした!
マルドナド、もうこの時点でフロントウィング外れかけてたようだ。
バトン対ペレスのチームメイト対決、再び。
…はい、ヌーベルシケインでペレスがシケインカットしました。

マッサは3周走って18番手まで上がってきています。

9周目、ピックがピットレーン入り口でマシンストップ。
エンジンから火が上がって消火活動!
その横をマシンが通る。
煙に包まれたピットレーン入口を通ってディ・レスタがピットイン。
スーパーソフトからソフトに交換だ。

ハミルトンやライコネン、ベルニュのヘルメットに言及。
アロンソのヘルメットについてもその前に言及してたよなぁ。
…あれ、ベッテルのは?

23周目、ロズベルグはじめ、トップ勢がペースを上げ始めた!
いよいよピットのタイミングが近付いてきましたよ?
…お、リチャルドがタイヤ交換!
ソフトからスーパーソフトへ。


30周目、マッサがクラッシュ!
うわぁ、ハードなクラッシュ…。。
FP3でクラッシュした所と同じ所か…。
…どうやら、メカニカルトラブルのようだ。。
…あれ、首を痛めた?
大丈夫かな…(´・ω・`)

大きな事故だったので、セーフティカーが入ります。
今季初だそうです。

39周目にリスタート!
42周目、ペレスがヌーベルシケインでバトンをかわす。
…なんだ、またペレスか。

44周目。
ペレス、アロンソを狙う。
…ヌーベルシケインでオーバーテイクを仕掛ける。
…おい、アロンソに対してスペース残してねぇじゃねぇか。
おかげでアロンソはシケインをカットせざるを得ませんでした。
じゃなきゃ接触する。

46周目、今度はタバコ屋コーナー手前でマルドナドとチルトンが接触!
マルドナドが宙に浮きかけつつクラッシュ!
あーっ!!
バリアが飛び出たー!
バリアが飛び出て殆どコースを塞いじゃってるので、赤旗です。
ビアンキが飛び出たバリアに接触してノーズにダメージを負った模様。ピットに戻るがサスもイってるらしい?
ヴァン・デル・ガルデがバリアに阻まれて通行できなくなっていた。


セーフティカー先導で1周してからのリスタート!
…お、チルトンにドライブスルーペナルティ。
アロンソ、先程のペレスとの攻防でポジション落とした判定か…。

53周目、スーティルがロウズヘアピンでバトンのインを突いた!
あれは凄い!
ライコネンがペレスと軽く接触してヌーベルシケインをカット!

57周目、スーティル大暴れ!
ロウズヘアピンでアロンソのインを突いてかわした!
すげぇな…。
2010年の可夢偉の鈴鹿でのヘアピンオーバーテイクを見ているようだ…。

63周目、遂にグロージャンミサイルが発動!
ヌーベルシケイン前でリチャルドに追突し、そのまま両車共直進。
あー、パーツが飛び散ってるよ…。
めちゃくちゃ飛び散っちゃったので、セーフティカー入ります。
ガンガン入るねぇ…。
リチャルドはピットに戻れたようだが、グロージャンはその場でストップか?
双方リタイアだ。
この事故は審議になりました。

…ロズベルグの前にハトがw
危うく接触する所でした。

67周目、リスタート!
ロズベルグ、落ち着いてトップを堅持しております。

69周目、ライコネンとペレスが接触して共にヌーベルシケインカット。
タイヤ同士が当たってペレスはウォールに接触!
ペレスのフロントウィング破損!
ライコネンがパンクしてピットイン!
ライコネンは連続入賞記録が途絶えるかもしれない…。

74周目、ペレス、マシントラブルでリタイア。
ブレーキディスクの異常加熱か何かだったかな?
大暴れした末にリタイアか…。

77周目ファイナルラップ!
ベッテル、飛ばしてエンジニアに怒られるw
ライコネン、怒りのスパートで10番手、ポイント圏内に飛び込んだ!

ニコ・ロズベルグ優勝!
ニコの父、ケケ・ロズベルグがここで優勝してから丁度30年。
親子二代での優勝を成し遂げたのでした。
因みに、ニコはフリー走行1回目から予選(Q1とQ2以外)まで全てトップタイムを記録。
レースでは1度もトップを譲る事なく走りきったのでした。
まさに完璧に近い週末だったと言えるでしょう。


…チルトンのファステストっていつ?
後、ペレスとの絡み後のライコネンの無線聴きたかった…w


徹子の部屋におけるベッテルの話はいつも通りの長さだった。


優勝はニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
2位はセバスチャン・ベッテル/レッドブル
3位はマーク・ウェバー/レッドブル
4位はルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
5位はエイドリアン・スーティル/フォースインディア
6位はジェンソン・バトン/マクラーレン
7位はフェルナンド・アロンソ/フェラーリ
8位はジャン=エリック・ベルニュ/トロロッソ
9位はポール・ディ・レスタ/フォースインディア
10位はキミ・ライコネン/ロータス

ここまでがポイント獲得。

11位はニコ・ヒュルケンベルグ/ザウバー
12位はバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ
13位はエステバン・グティエレス/ザウバー
14位はマックス・チルトン/マルシャ
15位はギエド・ヴァン・デル・ガルデ/ケータハム
16位完走扱いはセルジオ・ペレス/マクラーレン

リタイアは…
ロマン・グロージャン/ロータス
ダニエル・リチャルド/トロロッソ
ジュール・ビアンキ/マルシャ
パストール・マルドナド/ウィリアムズ
フェリペ・マッサ/フェラーリ
シャルル・ピック/ケータハム


ドライバーズランキング。
1位:ベッテル/レッドブル(107Pt)
2位:ライコネン/ロータス(86Pt)
3位:アロンソ/フェラーリ(78Pt)
4位:ハミルトン/メルセデスAMG(62Pt)
5位:ウェバー/レッドブル(57Pt)
6位:ロズベルグ/メルセデスAMG(47Pt)
7位:マッサ/フェラーリ(45Pt)
8位:ディ・レスタ/フォースインディア(28Pt)
9位:グロージャン/ロータス(26Pt)
10位:バトン/マクラーレン(25Pt)
11位:スーティル/フォースインディア(16Pt)
12位:ペレス/マクラーレン(12Pt)
13位:リチャルド/トロロッソ(7Pt)
14位:ヒュルケンベルグ/ザウバー(5Pt)
15位:ベルニュ/トロロッソ(5Pt)
16位:グティエレス/ザウバー(0Pt)
17位:ボッタス/ウィリアムズ(0Pt)
18位:マルドナド/ウィリアムズ(0Pt)
19位:ビアンキ/マルシャ(0Pt)
20位:ピック/ケータハム(0Pt)
21位:チルトン/マルシャ(0Pt)
22位:ヴァン・デル・ガルデ/ケータハム(0Pt)


コンストラクターズランキング。
1位:レッドブル(164Pt)
2位:フェラーリ(123Pt)
3位:ロータス(112Pt)
4位:メルセデスAMG(109Pt)
5位:フォースインディア(44Pt)
6位:マクラーレン(37Pt)
7位:トロロッソ(12Pt)
8位:ザウバー(5Pt)
9位:ウィリアムズ(0Pt)
10位:マルシャ(0Pt)
11位:ケータハム(0Pt)


63周目の事故でグロージャンは次戦カナダGPで10グリッド降格ペナルティを受けました。


それと、ウィリアムズが来年からエンジンをルノーからメルセデスに変更する事を発表。
ウィリアムズ・ルノーの期間が短かったな…。
また、トロロッソが来年からエンジンをフェラーリからルノーに変更する事を発表。
トロロッソは2006年の参戦以来ずっとフェラーリエンジンだったけど、ここで姉妹チームのレッドブルと同じエンジンサプライヤーになりましたね。

レッドブル-ルノー
フェラーリ-フェラーリ
マクラーレン-メルセデス
ロータス-未定(ルノー?)
メルセデスAMG-メルセデス
フォースインディア-メルセデス?
ザウバー-フェラーリ?
ウィリアムズ-メルセデス
トロロッソ-ルノー
ケータハム-ルノーの予定?
マルシャ-フェラーリの予定

|

« 曙の鳥 | トップページ | 塩の輪舞曲 »

コメント

その様子だと風邪はちょっとはよくなったようですね。
少し安心かな、でもしつこいようだけど無理はなさらぬように。

液状で血液が残ってるって事はかなり保存状態がよさそうですね。
今になってもまだまだそんなものが見つかるんですねぇ...。
俺はその手には詳しくないのですがやはり固形化した血液よりも研究が進みやすい物なんですかね?

慣れたころには新バージョンってこともありますしね。
最初からしっくりこれば一番でしょうね。

投稿: 蒼蟲 | 2013年6月 1日 (土) 17時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 氷結の極東:

« 曙の鳥 | トップページ | 塩の輪舞曲 »