« 上の字 | トップページ | 北海道 十勝総合振興局 士幌町 »

2013年4月15日 (月)

湿地バトル

Omeshi_4Omeshi2
おめし。
鯛炊き込みご飯も鯛汁(あおさ入り)も美味かったしね。
カニは滅多に食べれるものじゃないので、中々上手く行きませんなぁ。。





続きからF1!



F1中国GP決勝!!

マクラーレンはリザーブドライバーラインナップにケビン・マグヌッセンを加えたそうだ。
これでオリバー・ターベイ、ゲイリー・パフェットと共に3人を擁する事となる。
ケビン・マグヌッセンは元F1ドライバーのヤン・マグヌッセンの息子である。


ウェバーはピットレーンスタートを選択。
この機に乗じてギアボックスを変更し、直線スピードを上げるようにセットアップも変更しております。
ソフトタイヤ…って事は、さっさとピットに入って残りのレースをミディアムタイヤで走り切るって作戦ですかね。
下位勢はミディアムとソフトで分かれてるなぁ。


シグナルがブラックアウト!
ライコネン、加速が鈍いな…?
アロンソ2番手、マッサが3番手!
ペレス対グティエレスの同郷対決が実現してた。
ウェバー、ミディアムタイヤに交換!

ポールスタートのハミルトン、タイムが落ちる!
4周目くらいかな、アロンソ、マッサがハミルトンをかわしていった!
そしてライコネンも続く。
その後ろではロズベルグトレインに。
メルセデス勢のタイヤが性能劣化してきましたねぇ…。

5周目、メルセデスAMGがダブルピットストップ!
ピットインしてきたスーティルのリアウィングが傾いとる。
…あ、火が出てる。
ヘアピンのとこでグティエレスが追突したらしい。
グティエレス、スーティルがリタイアだ。

ダブルピットストップできないマッサは辛いラップリーダーになったな…。
タイムがガタ落ちだ…。

15周目、コーナー部分でウェバーがベルニュと接触!
ベルニュがスピン、ウェバーもフロントウィングを破損だ!
ウェバー、ピットイン!

16周目、今度はペレスとライコネンが接触!
ペレスがコーナー侵入で抜きかけたライコネンを押し出したのだ。
縁石に乗ってバランスを崩したライコネンはペレスに接触。
アイスマン、怒る!
そしてバックストレートではペレスに対して、ライコネン怒りのオーバーテイク。

…おっと、ウェバー、今度はスローダウンだ!
ヘアピンのとこで右リアタイヤが外れてストップ!
あのヘアピンはウェバーの今年のバッドプレイスのようだ。

21周目。
ライコネン、ノーズの先端ぴろぴろしてるのに前のハミルトンより速いwww
…おっと、同時ピットインだ。

ロズベルグ、3回目のピットイン。
…さっき交換したばっかやん。

23周目、ロズベルグがガレージに戻ってリタイア!
マシントラブルのようです。

カーナンバー5と8にレース後審議?
バトンとグロージャンか…。
黄旗中のDRS不正使用に関してだそうです。

29周目、バトン対ハミルトン、元チームメイト同士・シルバーアローズ対決。
だが、バトンは作戦が違うので無用なバトルはしない。
アロンソ、ベッテルをかわしてトップ!
ベッテルもアロンソと直接戦っている訳ではないので、すんなり前に行かせたような感じか?

37周目、ヒュルケンベルグとマッサが同時ピットイン!
おっと、並んだ…。
マッサが前に。
ヒュルケンベルグは危険なリリースのペナルティとか押し出しのペナルティ取られる可能性があったからかな?

41周目、カーナンバー1、2、7、17、19にDRS不正使用の判定ありでレース後審議?
ベッテル、ウェバー、ライコネン、ボッタス、リチャルド、チルトン。
これも黄旗中の使用に関してか…。
スチュワードはレース後審議結構抱えたなぁ。

52周目、ベッテル、ピットイン!
マッサのピットタイムって2.4秒だったのかwww
今回の最速タイムである。

54周目、引っ張っていたディ・レスタがピットイン。
ソフトタイヤで3周します。

ベッテルがプッシュプッシュ!
前の周は前のハミルトンより3秒速い!
ハミルトン、最終コーナーで物凄いタイヤスモーク!
ベッテル、ハミルトンを抜けず!
その差、0.2秒差!


表彰台での飲酒シーンが見切れるライコネン。
もう1口www
アロンソはシャンパンファイトが終わった後に一口www
…あ、表彰台インタビューはDCや!
ペヤング先生!
ライコネン、中国で大人気www
黄色い歓声がwww

アロンソwww
表彰台インタビューでのろけおってwww
このリア充めwww

アロンソ、通算31勝目。
これはナイジェル・マンセルと並ぶ歴代4位の記録だ。


優勝はフェルナンド・アロンソ/フェラーリ
2位はキミ・ライコネン/ロータス
3位はルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
4位はセバスチャン・ベッテル/レッドブル
5位はジェンソン・バトン/マクラーレン
6位はフェリペ・マッサ/フェラーリ
7位はダニエル・リチャルド/トロロッソ
8位はポール・ディ・レスタ/フォースインディア
9位はロマン・グロージャン/ロータス
10位はニコ・ヒュルケンベルグ/ザウバー

ここまでがポイント獲得。

11位はセルジオ・ペレス/マクラーレン
12位はジャン=エリック・ベルニュ/トロロッソ
13位はバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ
14位はパストール・マルドナド/ウィリアムズ
15位はジュール・ビアンキ/マルシャ
16位はシャルル・ピック/ケータハム
17位はマックス・チルトン/マルシャ
18位はギエド・ヴァン・デル・ガルデ/ケータハム

ウェバーとグティエレス、次戦バーレーンGPでグリッド降格ペナルティ!
ウェバーは3グリッド、グティエレスは5グリッドダウンである。


ドライバーズランキング!
1位:ベッテル/レッドブル(52Pt)
2位:ライコネン/ロータス(49Pt)
3位:アロンソ/フェラーリ(43Pt)
4位:ハミルトン/メルセデスAMG(40Pt)
5位:マッサ/フェラーリ(30Pt)
6位:ウェバー/レッドブル(20Pt)
7位:ロズベルグ/メルセデスAMG(12Pt)
8位:バトン/マクラーレン(12Pt)
9位:グロージャン/ロータス(11Pt)
10位:ディ・レスタ/フォースインディア(8Pt)
11位:リチャルド/トロロッソ(6Pt)
12位:スーティル/フォースインディア(6Pt)
13位:ヒュルケンベルグ/ザウバー(5Pt)
14位:ペレス/マクラーレン(2Pt)
15位:ベルニュ/トロロッソ(1Pt)
16位:ボッタス/ウィリアムズ(0Pt)
17位:グティエレス/ザウバー(0Pt)
18位:ビアンキ/マルシャ(0Pt)
19位:ピック/ケータハム(0Pt)
20位:マルドナド/ウィリアムズ(0Pt)
21位:ヴァン・デル・ガルデ/ケータハム(0Pt)
22位:チルトン/マルシャ(0Pt)


コンストラクターズランキング!
1位:レッドブル(78Pt)
2位:フェラーリ(73Pt)
3位:ロータス(60Pt)
4位:メルセデスAMG(52Pt)
5位:マクラーレン(14Pt)
6位:フォースインディア(14Pt)
7位:トロロッソ(7Pt)
8位:ザウバー(5Pt)
9位:ウィリアムズ(0Pt)
10位:マルシャ(0Pt)
11位:ケータハム(0Pt)

|

« 上の字 | トップページ | 北海道 十勝総合振興局 士幌町 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 湿地バトル:

« 上の字 | トップページ | 北海道 十勝総合振興局 士幌町 »