« 削り性能 | トップページ | 湿地バトル »

2013年4月14日 (日)

上の字

流石に1日中起きてたらフラフラしますね…。
訳の分からないイベントもあったせいか、午後は10時過ぎまでQMAをがっつりやってたわ…。
そしてずっとキングガーゴイル組とミノタウロス組を行ったり来たり。
所謂ミノガースパイラルである。
未だにミノタウロス組が前までの下位ドラゴン組みたいに濃ゆいメンツなんだが…www
決勝にすら行けないくらいだねwww
組分けの経験値の上下判定が厳しいからなぁ…。


F1観てその後寝てしまった…。
そしたらこの時間だよwww






続きからF1!



F1中国GP!!
風の強い上海でございます。

…中国語のロゴが多いな、マシンもヘルメットも。


Q1スタートから7分、まだ誰もアタックしてないwww

残り11分切ってマルシャのビアンキが初めに出たぞ!
トロロッソ、プライムタイヤであるミディアムタイヤでワンアタックだけする作戦のようだ。。
中々凄い作戦だ…。
で、トロロッソの2人はビアンキにすらタイム届いてないけど、どうすんの、これ。

うおぉ、メルセデスAMG勢が速い…。

…あ、小松ラジオ。
小松さんはグロージャンのレースエンジニア。
前回のマレーシアでは一時帰国してた…って子供生まれたのか、それはめでたいな!

相変わらず中々調子が良さそうなマッサ。
トロロッソ勢はやっぱりワンアタックじゃダメだったね。
追加でアタックして、Q1通過。しておりました。


Q2
ベッテルが最初にアタック。
その次はウェバー。
レッドブルが積極的に行っていますねぇ。
…お、アロンソがトップ!

ウェバーが最終コーナー手前の退避エリアでマシンストップ!
…え、ガス欠?
トップが次々と入れ替わります。
ライコネン、そしてロズベルグ。
最後にハミルトンがトップ!

下位に沈んでいたバトンは最後にタイムを出してQ3進出!
ガス欠でリタイアしたウェバー、後続にタイムを抜かれ、Q2敗退!


Q3
ベッテル、ここでも最初にアタック。
レースではソフトタイヤを使わないようにする戦略…らしい。
あまりにも性能差が激しいのね。
タイムを出さずにガレージへ戻ってる。

残り4分、誰も出てこないwww
静かな戦いである。
これで誰もタイム出さなかったら、一度コースに出て途中までアタックしてたベッテルがポールポジションになりますw

…お、ロズベルグが準備開始。
ライコネン、ベッテル…続々と出てきた!
ベッテルはミディアムタイヤである。
バトンもミディアムだ!

ハミルトン、トップタイム!
ロズベルグも2番手でメルセデスAMGがフロントロー独占かと思われたが、ライコネンとアロンソが割って入った!
マッサは惜しくも届かず5番手か…。
バトンはあまりタイヤを使わずに8番手グリッドを獲得。
ベッテルはノータイムである。
バトン、まずはベッテルを出し抜いたようだ。
ベッテルは最終コーナーでタイヤをロックさせてたけど、狙って?
不可抗力?
タイヤをロックさせてなかったらタイム出してたのだろうか?
でも、タイムを出さなかった事によって決勝をどのタイヤで走れるかは自由に決められる。
新品タイヤも使えるぞ。
それかどう出るか?

結局タイムを出さなかったのはベッテルとヒュルケンベルグだけでした。


徹子の部屋はワールドチャンピオン勢揃い。
ハミルトン、ライコネンを右の人呼びwww


ポールポジションはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2番手からはキミ・ライコネン/ロータス
3番手からはフェルナンド・アロンソ/フェラーリ
4番手からはニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
5番手からはフェリペ・マッサ/フェラーリ
6番手からはロマン・グロージャン/ロータス
7番手からはダニエル・リチャルド/トロロッソ
8番手からはジェンソン・バトン/マクラーレン
9番手からはセバスチャン・ベッテル/レッドブル
10番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/ザウバー

11番手からはポール・ディ・レスタ/フォースインディア
12番手からはセルジオ・ペレス/マクラーレン
13番手からはエイドリアン・スーティル/フォースインディア
14番手からはマーク・ウェバー/レッドブル
15番手からはパストール・マルドナド/ウィリアムズ
16番手からはジャン=エリック・ベルニュ/トロロッソ

17番手からはバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ
18番手からはエステバン・グティエレス/ザウバー
19番手からはジュール・ビアンキ/マルシャ
20番手からはマックス・チルトン/マルシャ
21番手からはシャルル・ピック/ケータハム
22番手からはギエド・ヴァン・デル・ガルデ/ケータハム


ウェバー、決められた量の燃料サンプルすら提出できない程のガス欠だったらしく、ペナルティを食らってグリッド最後方へ。
決勝は「ウェバー怒りのファステストラップ連発」が見られるということですかね?


ポールポジションはルイス・ハミルトン/メルセデスAMG
2番手からはキミ・ライコネン/ロータス
3番手からはフェルナンド・アロンソ/フェラーリ
4番手からはニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
5番手からはフェリペ・マッサ/フェラーリ
6番手からはロマン・グロージャン/ロータス
7番手からはダニエル・リチャルド/トロロッソ
8番手からはジェンソン・バトン/マクラーレン
9番手からはセバスチャン・ベッテル/レッドブル
10番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/ザウバー

11番手からはポール・ディ・レスタ/フォースインディア
12番手からはセルジオ・ペレス/マクラーレン
13番手からはエイドリアン・スーティル/フォースインディア
14番手からはパストール・マルドナド/ウィリアムズ
15番手からはジャン=エリック・ベルニュ/トロロッソ
16番手からはバルテリ・ボッタス/ウィリアムズ

17番手からはエステバン・グティエレス/ザウバー
18番手からはジュール・ビアンキ/マルシャ
19番手からはマックス・チルトン/マルシャ
20番手からはシャルル・ピック/ケータハム
21番手からはギエド・ヴァン・デル・ガルデ/ケータハム
22番手からはマーク・ウェバー/レッドブル

|

« 削り性能 | トップページ | 湿地バトル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上の字:

« 削り性能 | トップページ | 湿地バトル »