« タイトル書くの忘れてたw | トップページ | 勇猛の翼 »

2013年2月20日 (水)

今でしょ?

トヨタのCMがキチガイ過ぎてつらいwww






うわぁ、疲れたぜ…。
毎日寝落ちしてる気がする。
疲れが取れないし…。

ね、眠い…。






続きからコメント返信!



蒼蟲さん:あ、タイトル忘れてたwww
出発前ギリギリに取り敢えず投稿するもんじゃないですな…w
カワイイ区は食・ファッション・美容・癒し等の分化やそれを支える産業の福岡の魅力や特性を「カワイイ」というコンセプトで発信する所らしいです。
…ぐぐってもらった方が早いかとw
区のページは割とガチでした。
因みに、久留米市にはカブトムシ特区というのも…。


そんなモードも階級もありませんよwww
「検定賢者」や「協力賢者」は俗称です。


…え、物理的に建てるんじゃないのかwww


そうか、俺はマリオブラザーズとほぼ同じ歳か…。
ナイスミドルとか言ってるけど、ほぼ同い年か…。
三十路www
いや、24〜26歳+30年と考えると…www


おぉ、湯沸かし器直りましたか!
やっぱり風呂とか良いですよね!


雨のように連続で斬撃を与えるんですね!
ふむ、能力が低くなった要因は特定できないんですね…。
…あ、メカバーンか。
機械系か。
1ターンに3回連続でまひとかwww
オーバーまひw


おばけキャンドル…なんかチープなキャラだなw
小さなナイフを持っている所を考えると、斬撃系が使える?
エスターク強いんですねw
ゼメルギアスを凌駕するとかw
そろそろ最強最弱パーティでは厳しくなってきたようですね。


コメント、ありがとうございました〜!

|

« タイトル書くの忘れてたw | トップページ | 勇猛の翼 »

コメント

俺はあのCM大嫌いなんですよ...w
でもニコニコ動画とかで人気になりそうなCMだなぁ。
MADとか作られそうw

帰りが12時だったりそれを過ぎてたりすると疲れも取れませんねぇ。
あと寝かたによっても長時間寝ていても疲れが取れないこともあるようですね。
自分に合ったスタイルを確立できればよいのですが...。

出発前ギリギリだったのですか...w
へぇ、カワイイ区公式ツイッターやフェイスブックまであるのかw
かなり本格的な企画なんですね。
しかし萌えキャラとか登場するかと思って多少警戒しましたが、
割と地味なのですねw
カブトムシはカッコよくていいですねw
性格も穏やかで人情派な所とか...。
この区が本物のカブトムシに関係あるかは分らないですけど。

俗称か、何も知らない俺には本当にあるのかと...w

まぁ昔は大工になりたいなとか思ってましたが。
足場の悪い所での作業は無理そうだな...w

俺ももうじきマリオの年に追いつくな...。
ナイスミドルと書かれたのは資料が無かったからでしょうね。
実際外見だけ見たらナイスミドルだしw
それだと54~56歳になっちゃうじゃないですかw
中年だw

風呂嫌いだったけどすっかり風呂好きになりましたね。
以前の生活によく耐えられたなぁ...。

恐らくいろいろな理由があるのでしょうね。
目に見えないシステムがいろいろ絡んでるから育成RPGは面白い。
メカバーンはメタルドラゴンの上級種ですね。
黄金に輝く鉄のドラゴン(ドラゴン型の機械)。
これが次のターンに麻痺させられたりしたらターン数が継続させられてたまらないですね。

おばけキャンドルはドラクエ5初登場のモンスターですね。
フィールド上では骸骨なのに戦闘に入るとこいつだったりして印象には残るかな?
スキルは炎の剣技を操る「レッドファイター」なので
剣技も扱えますね。
レッドファイターは炎の剣技と下級炎魔法が使えるので。
剣技を扱うけんごうSPと攻撃魔法のグランスペルSPをつけてみました。
実際は攻撃力も魔力も賢さも大して高くないので
この二つとは相性はよくないですがレッドファイター基準で。
エスターク、流石定番の裏ボスと言ったところでしょうかね。
しかしゼメルギアスより厄介だとは思わなかった。

エスタークにリベンジしたい所ですが...。
とりあえずこのゲームはこの辺で。
これ以上やると抜け出せなくなりそうなので。
深入りできない理由としては...このゲームには俺の好きなモンスターたちが出ていないのです。
そしてそのモンスターたちはこれの続編で恐らく全て登場します。
本当に戦いべきはその舞台か...。
このゲーム自体もかなり楽しめましたしいい作品だと思いますけどね。

では失礼しますね。

投稿: 蒼蟲 | 2013年2月21日 (木) 16時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今でしょ?:

« タイトル書くの忘れてたw | トップページ | 勇猛の翼 »