« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月28日 (木)

体力持たない…

歯いてぇ…。
と、半年前くらいに貰った鎮痛剤を服用してみる…。

いやぁ、鎮痛剤偉大だね!
凄い!
流石にちょっと時間経ってるからか、効果時間短い気がしないでもないけど。
後、食べ物食べる時は流石に痛いから無理だけど。


それにしても、1ヶ月早いなぁ…。。






さて、地理会ですよ!
来月からはほぼ出れなくなるので、今日は貴重な地理会出席日であった。

Qma9_tiri_92
Qma9_tiri_92_result
3回戦目ちょと低くなったけど、そこそこ戦えたセット。


Qma9_tiri_93
Qma9_tiri_93_result
2回戦目と3回戦目が1問ミスくらいの感じ。


Qma9_tiri_94
Qma9_tiri_94_result
1回戦毎に調子を落としていく仕様です…。


平日だったからか、やってる人少なかったなかったなぁ。
最初の3回こそ4人揃ったけど後は4人揃わず。

COMが必ず入ってしまったりして半端に終わってしまいました。







続きからコメント返信!

続きを読む "体力持たない…"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年2月27日 (水)

暗いトンネル

わぁい、来月から更におかしい事になってきたぞー。
地理会も1〜2回程度しか出れないんだな…。
クソじゃん。

取り敢えず、意味分からない。
どんどん悪い方向にしか行ってない。
だいぶ追いやられてるなぁ…。


…そしてまた寝落ちておった。。
最近ダメだなぁ…。






ポケスマ!バトル!!

今回の挑戦者の女の子、ドラゴンタイプ好きなのか。
好きなポケモンはサザンドラ!
りゅうせいぐんが好きだからだとか。
夢の中でサザンドラと旅したらしい…w
すげぇwww


ゴルゴ社長(所長ですが…w)とバトルだ!


挑戦者はラティアスのテラミスとプクリン!
ゴルゴ所長はハリテヤマとヤミラミ!

まずは所長がダブルねこだまし。
さて、相方がハリテヤマに有利なラティアスですが…プクリンを速攻で落とさなかったのがどう出るか…?
ここでハリテヤマのどくどくだまが発動。
これでこんじょう発動ですね。
さて、この後の展開はどうなるかな?

所長のヤミラミが先制!
テラミスにメロメロを仕掛けるぞ!
メロメロを受けつつも動けたテラミス。
どんなわざが来るのかと思いきや…ダイビング…だと…。。
ハリテヤマはプクリンにインファイト!
流石に耐えられる筈もなく、プクリンは撃沈させられるのであった。

挑戦者の3番手はダイケンキのミジュ!
早速ヤミラミのあやしいひかりがミジュにヒット、混乱する!
水中に潜っているテラミスはメロメロで攻撃できない!
ミジュはこんらんもなんのその、あなをほるで穴の中に潜る。
…マジか、1ターン攻撃かわすタイプのパーティか。。
これでミジュはハリテヤマのインファイトをかわせました。

さて、ここでお互いにどう出てくるか…。
おっと、所長のヤミラミがふいうち!
テラミスにこうかはばつぐんだ!
…おぉ!
ギリギリ!
まさにギリギリで耐えた!
そしてダイビング!
ダイビング…。
えぇい、エスパーわざはないのか…?!
ミジュはこんらんが解け、あなをほるをヤミラミにヒットさせる!
…うーん、ダメージは3分の1くらいかな?
決定的なダメージにはならず、逆にハリテヤマのインファイトが決まり、ミジュが落ちる!

挑戦者の最後のポケモンは色違いサザンドラ!
配信であった、カリータのサザンドラである。
ヤミラミのふいうちはあくタイプのサザンドラにはあまり効果なく。
テラミスはメロメロもなんのその、ダイビングでハリテヤマを攻撃。
…ハリテヤマ、まだ耐えております。
サザンドラはそらをとぶ!
…あ、うん。

ヤミラミのふいうちが決まってテラミスが撃墜される。
サザンドラのそらをとぶはヤミラミ狙いだ!
しかも、ヤミラミは落ちない!
HPが結構削れているハリテヤマだけど、もうどくダメージにも耐えていましたので…。
そのハリテヤマのインファイトが決まり、勝負あり!


拘りのパーティだったとは思うんだけど、ゴルゴ所長とは相性悪かったように思います。






続きからコメント返信!

続きを読む "暗いトンネル"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年2月26日 (火)

北海道 宗谷総合振興局 幌延町

宗谷総合振興局最後の自治体。


幌延町。
ほろのべちょう。


天塩郡。


地名の由来はアイヌ語で「ポロ・ヌプ」(大きい・野原、つまり大平原)から。
「ほろのぶ」となり、更に「幌延」と漢字が当てられて、そして「ほろのべ」へと変遷したようだ。
現在の天塩大橋〜サロベツ川河口辺りはかつて泥炭湿地の原野であった事から、「ポロ・ヌプ」と呼ばれていたと推測されているとか。


北緯45度線の通る町として有名。因みに、東経142度線も通っているとか。東部で緯線と経線が交差するらしい。
道内2位の長さを誇り、最北の一級河川である天塩川によって天塩町と隔たれている。天塩川周辺には河川改修によって人工的に作り出された三日月湖が見られるとか。
西部は海岸砂丘が広がり、その内陸にはサロベツ原野(下サロベツ原野)や平野がある。
サロベツ原野は潟湖が堆積作用によって湿地帯となったもの、平野は湿地帯を農地や牧草地とする為に土壌改良してできたものである。
東部は山岳地や丘陵地等森林が多いとか。
その多くは北海道大学の天塩研究林だって。
かつて、原子力関連施設の誘致で揺れた幌延問題の地との事。高レベル放射性廃棄物中間貯蔵施設の建設を計画していたとか。

知駒岳という山がある。
河川は天塩川、サロベツ川の他、雄信内川、問寒別川というのがある。
問寒別川は東部を流れる川だそうで、その周辺は森林地帯ではないらしい。
湖沼はパンケ沼、ペンケ沼、長沼があるとか。


主要産業は酪農。飼育されている乳牛の数は約1万1千頭だとか。
それまでは馬鈴薯栽培が中心の畑作だったけど、収穫が冷害等の気候変動に左右される事から牧草地や酪農への転換が戦後より図られた…との事。
雪印メグミルクの基幹工場があり、バター製造が主だとか。脱脂粉乳等も作っているようで。
林業従事者が多かったらしいが、輸入材の増加等によって需要が軽減した事によって人口が少なくなっている。
また、幌延駅が2つの路線の分岐点だった為、国鉄職員関係者が多かったとか。

冷涼な気候なので、ヒマラヤに生息する青いケシ等の高山植物の栽培もされているそうだ。
また、1989年にフィンランドから輸入したトナカイの飼育で有名だとか。


観光地としては勿論利尻礼文サロベツ国立公園が挙げられる。
サロベツ原野に関する解説パネルや標本や写真を展示している「幌延ビジターセンター」、バードウォッチングポイントの「パンケ沼園地」、利尻富士や日本海やサロベツ原野を一望できる「名山台展望公園」等もある。
また、北海道道106号稚内天塩線は景色が良い事で知られる。
ここにあるオトンルイ風力発電所は風車が海岸線に一直線に並んでおり、ビューポイントとして人気。
そして北緯45度モニュメントなんてのもある。これは106号沿いだけでなく、町内数ヶ所にあるようで、記念撮影スポットとなっている。

トナカイ観光牧場では有料ではあるが、トナカイに餌付けも出来るとか。
また、ヒマラヤの青いケシも栽培されている。

他にも公園や法華宗寺院、幌延町出身の書道家・金田心象の書道美術館が観光地になっている。
北海道大学天塩研究林も観光地らしい…?


祭事で「おもしろ科学館」なるものがあるのだが…w


ホロベーとブルピーというマスコットがいるとか。


ポール牧は観光大使を務めていたらしい。
また、プロレスラーのラッシャー木村は学生時代に住んでいた事があるとか。






1日ゴロゴロしていただけで終わってしまったし、夕方からずっと寝てたし…。
どうにも調子悪かったってのもあるだろうけど、また無駄にしてしまったなぁ…と。


そういや、栃木北部で震度5強ありましたね…。
こっちは震度1か2くらいでしたが、その後も何回も揺れていたみたいで…。








F1は先週、スペイン・バルセロナでテストが行われていました。
カタルーニャサーキットはスペインGPが行われる会場でもあるので、より実戦に近い環境でテストできる訳ですね。
…この時期のカタルーニャは大体気温低いけど。
路面温度も低いからタイヤ理解はちょっとだけ難しくなります。


まだ2013年マシンを発表していなかったウィリアムズがFW35を発表!

紺色と白のカラーリングを継続。
基本的には昨年マシンFW34の進化型だと思うけど、そこそこ見た目が変わったなぁ。
後、化粧パネル装備か。
フェラーリのようにノーズが途中まで平行になってる。
後、ノーズ短いな…w
フロントウィングよりも短いよ!

サイドポッド、下が大きく抉れてますね。
他の多くのチームと同じか。

色々変えたらしいですね。
ギアボックス、リアサスペンション、ラジエーター、フロア、エキゾースト、ボディワーク、ノーズ…80%は再設計したらしい。
殆ど変わってるじゃん!
エキゾーストはケータハムに似た形の処理をしていたようだけど、これはFIAに規約違反の判定をされてしまいましたね。
開幕戦までに直されるのかな?

それと、ホイールナットも空力学的にアドバンテージを得られるように改良してきているようで。
レッドブルのスタイルを改良したバージョンだとか。
2012年レッドブルのソリューションは違法だったけど、ウィリアムズは改良して規約の穴を抜けられるようにしてきているようだ。
これもFIAが何て言うかだな…。


ウィリアムズ
ウィリアムズF1チーム

チーム国籍:イギリス
本拠地:イギリス・グローブ
チーム代表:フランク・ウィリアムズ
最高経営責任者:アレックス・バーンズ
テクニカルディレクター:マイク・コフラン
ドライバーメンター:アレクサンダー・ブルツ
レース・エンジニア:セヴィ・プホラール

16.パストール・マルドナド/ベネズエラ
17.バルテリ・ボッタス/フィンランド

テストドライバー:スージー・ヴォルフ/イギリス・スコットランド

マシン:FW35(フランク・ウィリアムズの頭文字、35番目のマシン)
エンジン:ルノー






続きからコメント返信!

続きを読む "北海道 宗谷総合振興局 幌延町"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年2月25日 (月)

寝落ち率上昇中

寝ちまったw






QMA、恐竜・古代生物検定最終日でした。


Dino_last_best_score
更に少しだけ自己ベスト更新!

5000点越える事も多かったけど、もうこれ以降は6000点まで届かなかった。


Dino_last_2
Dino_last_score_2
ラストプレイも全答&5000点越えで。

結局、今回はSが1回(初プレイ時)、それ以降SSでした。


昼間から酒飲んでQMAやって銀座でハンバーグを食べるとか充実していたな…。。
酒はアレですけど。
あんまり良くない内容だったけど。






続きからコメント返信!

続きを読む "寝落ち率上昇中"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年2月24日 (日)

壁の崩壊

うぐ、口腔内にデキモノが幾つか…。


明けでQMAる。
恐竜・古代生物検定も日曜で終わりかぁ…。
全答が当り前になった最近において、押し間違いとかで結構ゲンナリしつつ。


…。


Over_6000
ktkr!!


Dino_best_result
遂に6000点越えたぞー!!

これはきたわwww
テンション上がるわwww
いやぁ、素晴らしいね!!


因みに、流石に燃料が切れてきたらしく、帰ったらぐったりしてました。
寝ては歯?歯茎?の痛さで起きて…の繰り返しだったな…。。






続きからコメント返信!

続きを読む "壁の崩壊"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年2月22日 (金)

だるおも…

夜勤明けでパソの壁紙がダウナスになるとは…。
うぐぐ、寝たは寝たけど、体調が良くないな…。。
これは風邪でも引いただろうか。

歯…つーか、歯茎?が痛いのは悪いウイルスでも入り込んだか…?




だいぶ前のネタ。
River
地理会で微妙に流行ってる「川ネーム」。


Dino_best_wazukani
数日前に微妙に更新した恐竜・古代生物検定ベストリザルト。

…微妙過ぎて更新してるかどうかすら分からんwww


そして水曜辺りの地理会。
どっちもリザルト画面取るの忘れたw

Qma9_tiri_90
1問ミス。

Qma9_tiri_91
2問ミス。







コメント返信は明日にでも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月21日 (木)

勇猛の翼

また寝落ちていた…。
やっぱりダメだなぁ。







アニポケはN回である。
おい、タブンネ自重しろwww

背中にきりさくを受けても外見はなんともないNさん。
翼に傷を受けたウォーグルさん回復はえぇwww
そして旅のパーティにNが加わったwww

Nとプラズマ団の関係は殆どないように見える。
プラズマ団はBW2準拠みたいだけど、今回の2人組はNを知らないみたいだし。

今回のポケモン川柳適当だなwww






続きからコメント返信!

続きを読む "勇猛の翼"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年2月20日 (水)

今でしょ?

トヨタのCMがキチガイ過ぎてつらいwww






うわぁ、疲れたぜ…。
毎日寝落ちしてる気がする。
疲れが取れないし…。

ね、眠い…。






続きからコメント返信!

続きを読む "今でしょ?"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年2月19日 (火)

タイトル書くの忘れてたw

帰ってくるのが遅くなると途端に睡眠時間その他諸々が少なくなるな…。。
いやぁ…疲れたわぁ。

言葉少なにになるね…。


…そういや、福岡市のネット上での行政区、「カワイイ区」の区長が退任するとかで話題になってる?ますなぁ。
QMAに出たわ、カワイイ区w


…区民登録とかあるんだw
約4万人だとかで。






続きからコメント返信!

続きを読む "タイトル書くの忘れてたw"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年2月18日 (月)

神速の

昼前に帰ってきて寝ると大体もうギリギリになってしまうな…。
むむぅ、風呂入る前に寝落ちてしまって入れてないわ…。







続きからポケスマ!
コメント返信は明日で。

続きを読む "神速の"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月17日 (日)

夜の闇

帰ってきて飯喰った後、普通に寝てしまった。。
時間が押してるので取り急ぎ続きからコメント返信だけ…。

続きを読む "夜の闇"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年2月16日 (土)

遂にきてしまったか…

ロシアのウラル地方で隕石が落下したってニュースになっておりますね。
ウラル地方とはウラル山脈のある辺りの事で。
ロシアの中央部よりも西寄りですね。
チェリャビンスクに落ちたようですが。
その都市はウラル山脈の南東部に位置していて、カザフスタンに近い所にあります。
そのカザフでも隕石が目撃されているとか。
隕石はどうやら南方から北に向かって落ちてきたみたいなんで、カザフでも確認できるのは当り前でしょうけど。

建物のガラスが割れたとかそういうのは隕石が上空を通過した時に発生していたソニックブームによるものらしいですな。


さて、隕石騒ぎなので、新聞とかには過去にロシアで起こった「ツングースカ大爆発」と共に白亜紀末期の隕石(チチュルブ・クレーター作ったやつね!)の事が取り上げられる訳ですが。
有名ですからね。
白亜紀末期の隕石は今やほぼ大量絶滅の要員として確定していますが…その直径は約10km程。
この隕石により、約70%の生物が絶滅しました。
でも、これは地球の大量絶滅の中では一番軽微な方でして。

中生代の始まり、三畳紀の末期には76%の生物が絶滅。
古生代のデボン紀末期には約80%の生物が絶滅。
古生代のオルドビス紀末期には85%の生物が絶滅。
そして史上最も規模が大きいのが古生代のペルム紀末期。
95%の生物が絶滅しました。

ペルム紀末期には南極辺りに巨大隕石が衝突したらしく、それが絶滅の一因になったようです。
その直径、約50km。
白亜紀末期の隕石の5倍というね…。
更に、ペルム紀末期には今のロシア辺りでスーパープルーム現象という大規模な火山活動があったようで、それも大量絶滅の原因と言われています。
実は白亜紀末期にもインドのデカン高原辺りで火山活動があったようで、それも大量絶滅の原因とされていますが…ペルム紀末期のスーパープルームよりは規模が小さかったらしいです。






さて、今日から1週間夜勤とかいう非常に面倒くさい…というか、嫌なイベントでございまして。
なので、日記を時限式にしてみました。

…っつー訳で、コメント返信は明日。


生活リズムが真逆になるので、どうやって過ごせば良いかすっごい戸惑う。
だからしたくないってのもあるんだよなぁ。
それに、時間的に自分の時間なんてなさそうだし。
訳が分からないよ。







続きからアニポケ!

続きを読む "遂にきてしまったか…"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラーメン×ラーメン

いやぁ、帰ってくるのが遅いと、つい夜更かししてあかんねw
11時集合って言ったのに起きたのが11時だったよ…\(^O^)/www

友人もその30分前に起きたらしいから問題なかったけどwww


「じゃあ、1時集合ね!」ってメールして、1時ちょい過ぎに着いたら丁度友人から電話が。


「ごめん、今地元!着くの2時くらいになる!」


(´^ω^`) ………。


取り敢えず、時間潰しに散策。
普段は行かない場所ですからね。

…いやぁ、場所が場所だけに、オサレだなぁ。
駅前からして既にオサレだ…。


Aka_mon
有名な赤門w


流石東大のお膝元である。
キャンパスの向かいにはお洒落な喫茶店とか歯科とか写真屋とか画廊とか古書店とかが並んでおる…。
それから、顕微鏡専門店もあった!

…ラーメン屋が多いのは学生の町には良くある事。


スタバがあったので、ボッサして時間潰ししよう…。

Nazono_saibashi
…って、なんだこれ、樹木の植え込みに菜箸が何本も刺さっておるwww


Sakura_white_chocolate
って事で、スタバでさくらホワイトチョコを嗜む。
ホットでえぇですな。


…入る前からガラス窓越しに思う。
うおぉぉ、如何にも知的そうな人々が…!
とw


実際に町を散策するのも楽しいものだ。色々な発見があるからね。


時間になったので、友人を拾って目的地へ。
今回の目的地は東大の目の前にあるラーメン屋だったのですw
その模様はまた今度w

その後友人がアニメを見て検証する依頼を受けたので、喫茶店でゆっくりと検証。
そしてイッケブクローへ移動してゲーセンだ!
友人と久々にQMAやったなぁw

…あ、検定は5000点は行ったけど、あまり引きが良くない状態が続いてました。


そして最後に夕飯。
ラーメンですwww


Houzyun_koumi_soba_sio
「一燈」ってラーメン屋の…確か、商品名は「芳醇香味そば(塩)」とかだったかと。

いやぁ、スープ、コクがあって、後味も残る!
魚粉系のあっさりスープで良いですなぁ。
弥七を思い出した。

これが美味いラーメンだよ、と思った。

ほうれん草乗ってるのが結構面白いねw
後、豚トロみたいな肉とチャーシューも乗ってます。
…焼いた感じではない、薫製?とかなんかそんな感じ。
美味いっす。

あ、友人の頼んだつけめんも美味かったわw
つけ汁も魚粉系だけど、凄い濃厚なの。
割とこってりっぽく見えるけど、あっさり行けちゃうと思った。

スープ割がこれまた美味いわw
ダシも魚介系みたいなんだけど、何を使ってるのかな…?





…さぁて、現実に目を向けよう。。
明日から…うげぇ。。







続きからコメント返信!

続きを読む "ラーメン×ラーメン"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年2月15日 (金)

北海道 宗谷総合振興局 豊富町

豊富町。
とよとみちょう。


天塩郡。


地名の由来は下エベコロベツ川から。
エベコロベツはアイヌ語で「魚(食物)を持つ川」の意。
それから、石炭、石油、天然ガス、温泉、泥炭等の天然資源に恵まれた土地だったので、「何でも豊富(ほうふ)にある町」→豊富(とよとみ)と転じたとか。


稚内市の南に位置し、日本海に面する町。
海岸沿いのサロベツ川流域にサロベツ原野と言う湿原が広がる。
丘陵部や山岳地帯があり、牧草地・森林となっているようだ。
南東部は山間部である。

河川はサロベツ川、その支流の下エベコロベツ川がある。
相変わらず、アイヌっぽい。
サロベツ川は天塩川水系に属す。由来はアイヌ語で「サルオペツ」(アシの生える川)から来ているようだ。
湖沼は兜沼、ペンケ沼、長沼湖沼群があるようだ。
登竜峠というイカした名前の峠があるらしい。
が、看板とかない為、地元の人でも名前を知っている人は少ないとか。


主要産業は農業、林業、漁業、鉱業、観光業。

農業は酪農が盛んで、農業実習生や研修生を積極的に受け入れているとの事。
地元ブランドの牛乳がある他、低温殺菌牛乳の生産、乳製品の加工販売、ハムやソーセージ等の加工販売といった高付加価値食品というものを製造販売する所が増えてきているとの事。

林業は森林整備計画や整備事業計画を定めて森林の計画的な維持管理が行われているとの事。
因みに、町の面積の52%以上が森林だとか。

漁業はほっき貝の水揚げで有名らしい。

鉱業は石炭、石油、天然ガスの良質な産出地であった為、盛んであった。
炭鉱の閉山理由はコストの採算が合わないから。
天然ガスは自然に吹き出しているようで、それを利用した発電を行って豊富町や稚内市に電力を供給していたとか。機材の老朽化と採算の問題で閉鎖された今も、天然ガスは豊富温泉で湯沸かしに使われているそうだ。
因みに、石油の埋蔵量は少ないので、事業化されてなかったとの事。

観光業は鉱業からの転換によって発達してきているようだ。
中心となるものが日本最北の温泉郷、「豊富温泉」。
その他、利尻礼文サロベツ国立公園に属するサロベツ原野も歓呼水源である。
酪農地帯も観光地として捉えられており、農場レストランやプレミアムな乳製品の製造販売を行う等観光業に積極的なようだ。
後、イチゴ狩りもできるようだ。


豊富ホッキチャウダーが名物だとか。
その他、豊富町で生産された牛乳等を使ったスローフードが食べられる牧場レストランがある等、名物も結構豊富。
牛乳を飲む事もできるぞ!


稚咲内海岸砂丘林が道指定天然記念物。
因みに、稚咲内漁港(わかさかないぎょこう)は前述のほっき貝の水揚げで有名な漁港である。

観光スポットは勿論、利尻礼文サロベツ国立公園に属するサロベツ原野。
ラムサール条約登録湿地でもある。
また、泥炭採取場跡地もあるサロベツ原生花園も含まれている。
その他、水鳥の飛来地でオートキャンプ場もある兜沼や稚咲内海岸砂丘林、展望台や牧草地の放牧場(展望台、レストハウス等がある)も観光地。
兜沼公園の近くには樹齢1200年以上と言われるイチイの木、「言問の松」がある。

日本最北の温泉郷、「豊富温泉」も主要な観光地のひとつ。
他、スキー場もあるし、カントリークラブもあるし、牛乳工場を見学できる「豊富牛乳公社」、日本最大級のドッグランがある「スコッチガーデン」等もある。


「サロベツ100マイルロードレース」という自転車競技の大会が開かれるようだ。
後、「全道ポニーばんば大会」とか。







行きがけに検定を1クレだけやったけど、流石にそれじゃあダメだったなぁ。

モスバーガーのモスチップスが気になっていたのだが…午後じゃないと販売しないらしく、喰えなかったわ。




最近、日ごとに話題が変わるなぁ。
遠隔操作の事、北朝鮮の核実験の事、グアム島の無差別殺人の事。
コロッコロ変わる。
まぁ、核実験とか無差別殺人は取り上げられて然るべきだけどね。
殺人は内容がどうしても被害者の情報が多くなるけど、それはマスコミだから仕方ないかな…。







Gosyoku
そうそう、誤植w

内容的に弱虫なのはデンリュウじゃないの?w







続きからコメント返信!

続きを読む "北海道 宗谷総合振興局 豊富町"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年2月14日 (木)

北海道 宗谷総合振興局 利尻富士町

利尻富士町。
りしりふじちょう。


利尻郡。


地名の由来は利尻山の通称、利尻富士から。
利尻山の由来は利尻町の由来と同じく、アイヌ語で「リ・シリ」(高い島)から。


利尻島の東部を占める町。
こちらも利尻町と同じく山と海に挟まれた険しい土地で、海岸部に集落が点在している。
夏冬の気温差が小さい事、風が強い事も利尻町と同じようだ。


利尻富士の別名を持つ利尻山の他、ポン山なんて山もあるらしい。
湖沼はオタドマリ沼、三日月沼、姫沼があるとか。
また、ペシ岬という岬がある。


主要産業は利尻町と同じく漁業と観光業。
観光客はやはり夏に多く訪れるようだ。
かつてニシン漁で栄えたが衰退した事、現在は利尻昆布やウニが漁獲される事も利尻町と同じ。


鹿児島県屋久島町と姉妹都市だとか。


鴛泊港(おしどまりこう)はフェリーが発着する。
ペシ岬から全景が眺められるようだ。


文化財は厳島神社とか金比羅神社とか結構色々ある。
観光名所のひとつ、利尻島郷土資料館も文化財になっている建物があるようだ。
「会津藩士の墓」とか「北海道三景の碑」とかモニュメントも幾つかあるようで。
その他、家屋跡?とかキャンプ場にある遺跡(で良いのかな…)とかが町の史跡に指定されている。
「ラナルド・マクドナルド渡島の地」という町指定の史跡があるようだ…。
神楽もあるぞ!

観光地は勿論、利尻礼文サロベツ国立公園や利尻富士、利尻島郷土資料館。
姫沼やオタトマリ沼の他、町指定天然記念物の湿原なんかもある。
ペシ岬展望台を筆頭に、展望台が幾つかあるようだ。
その他、温泉、「北のしーま」なんていう総合交流促進施設なんかもある。
甘露泉水って名水百選に選ばれた湧水もあるようだ。

文化財とか観光名所とかが利尻町より多く記述されているのはただ面積が広いからとかそういう理由だけじゃないと思う。








今日も割とギリギリに起きて、行きがけにQMAして。
そこそこの引きだったけど、やっぱり記録更新はならず。

そして今日は結構バタバタしたのでした。。
帰ったらもう日付越えてる訳でして。
それから何だかんだやっていたらもうこんな時間である。

全く、やーなっちゃうわねぇ…。

1日早い、というか…有効活用できてないというか…。
無駄にした感を感じて、複雑な心境である。






続きからコメント返信!

続きを読む "北海道 宗谷総合振興局 利尻富士町"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年2月13日 (水)

北海道 宗谷総合振興局 利尻町

利尻町。
りしりちょう。


利尻郡。


地名の由来はアイヌ語で「リ・シリ」(高い島)から。


北海道北西部にある利尻島の西部を占める町。
山と海に挟まれた険しい地形で、海岸部に集落が点在しているとか。
海に囲まれている為、夏と冬の気温差は小さい方らしい。
そしてやっぱり風が強い。

「利尻富士」とも言われる利尻山がある。
その他、沓形岬(くつがたみさき)という岬があるようだ。


主要産業は漁業と観光業。
かつてニシン漁で栄えていたらしいが、資源枯渇で衰退。
現在は利尻昆布の養殖やウニ漁が中心らしい。
夏季には多くの観光客が訪れるとか。


沓形は主要な集落のひとつで、フェリーやグラスボートが運行する沓形港もある。


貝塚や「会津藩士の墓」等が道指定の有形文化財であったり、町指定の有形文化財や町指定史跡になっている。
「利尻島のチシマザクラ自生地」は道指定の天然記念物。

観光地としては勿論利尻礼文サロベツ国立公園や鉱山植物が群生する利尻山が挙げられる。
その他、ゴマフアザラシが見られる「仙法志御崎公園」や沓形岬公園、見返台園地等自然を感じられそうなスポットが幾つかある。
麗峰湧水何かは如何にも美味しそうな水って感じがするし。
そして、「北のいつくしま弁天宮」や寝熊の岩、人面岩なんてものも。
キャンプ場の他、温泉(足湯もあるらしい)もあるようで、割と色々あるよなぁ、と。
利尻町立博物館には何が展示されているのだろうか…。







今日はQMAの琥珀魔龍だったので行きがけに少しやってみた…

が、ダメだねw
2クレでは成果は出ないか…。


そして検定は今日も引きが悪かったです。はい。







続きからコメント返信!

続きを読む "北海道 宗谷総合振興局 利尻町"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年2月12日 (火)

北海道 宗谷総合振興局 礼文町

礼文町。
れぶんちょう。


礼文郡。
この町のみが属する。


地名の由来はアイヌ語の「レプンシリ」(沖の島)から。


北海道の北西部に浮かぶ南北に長い礼文島が町域。
日本最北端の町として知られている。
西部は断崖絶壁なので、自転車やバイクで島一周ができないとか。
東部が晴天でも西部は霧が濃くなったり強風が吹いたりする事もあるとか。

島には礼文岳がある。森林限界が見られるとの事。

河川はホロナイ川(大沢川)があるとか。

湖沼は利尻礼文サロベツ国立公園にも含まれている最北の湖、久種湖(くしゅこ)がある。
アイヌ語で「山越えする沼」の意。流入・流出河川は大備(オションナイ)川。
展望台やキャンプ場があるようで、悲愛伝説まであるとか。

島は最北端の沖合にあるトド島(海驢島)の他、種島もある。

岬は礼文島最北端のスコトン岬(須古頓岬)の他、金田ノ岬、澄海岬、ゴロタ岬がある模様。
スコトン岬はアイヌ語で「ス・コタン」(夏の集落)の意。
最北限のトイレ、最北限の売店、最北限のバス停等「最北限」と冠するものが多いとか。


主要産業は漁業と観光業。

漁業では夏に獲れるエゾバフンウニ、利尻昆布等が有名だとか。
また、ウニ丼発祥の地としても知られているようだ。
観光業では最北の島として有名であり、海抜ゼロメートルでも咲いている高山植物等が知られている。
「花の浮島」なんて言い方もあるようで。
礼文島固有種である稀少な高山植物もあるようで、レブンソウやレブンウスユキソウ、レブンコザクラ等「レブン」と名の付く固有種っぽいものも沢山。
中でもレブンアツモリソウは国内稀少野生動植物種に指定されているとか。
固有種や希少種を含め、約300種以上が自生しているらしい。


姉妹都市は国内に2つ。
岩手県の大迫町(現・花巻市)と広島県豊町(現・呉市)。


文化財が幾つかあり、歯牙製女性像及び動物像とか船舶遺跡とかがある。
また、「レブンアツモリソウ群生地」や「礼文島桃岩付近一帯の野生植物」は道指定天然記念物である。

観光地は流石に沢山ある。
利尻礼文サロベツ国立公園に含まれているので、まぁ観光地にはなるな。
スコトン岬や高山植物群落、澄海岬、礼文岳、久種湖等流石に自然豊かである。
他にも展望台とか金環日食観測記念碑、江戸の豪商の記念碑、トレッキングコースの「愛とロマンの8時間コース」とかある。
勿論、温泉もあるし、久種湖畔のスキー場は日本最北のスキー場だし。
明治時代に建てられたニシン漁の番屋跡は国の重要文化財である。

金環日食観測記念碑は昭和23年に日本の歴史的大事業として日米共同で行われたものらしく、1500人の科学者が観測を行ったとか。
それは世界の歴史に記され、それ以降天体科学の地となったんだとか。






休みの度に昼まで寝てるのは何とかしたいなぁ…。。

さて、恐竜検定は相変わらず5000点に載せられるそこそこの引き…から先に行かないんだよなぁ。
後は配点低いものが連続するセットか。
流石に配点低い○×が連続したのには辟易としたわ…。


さて、明日からまたアレな日々だ。
正直、疲れるわ…。







最近メディアを賑わせている「照射レーダー」事件。
「照射レーダー」ってピンとこないけど、成程。ロックオンの事か。
ロックオンされた、という事はいつ撃たれてもおかしくないという状態。
非常に緊張が走ると思います。ロックオンされると警報が鳴るし。
警戒感がとても高まるという意味では実害がないとは言い切れないと思うし、危険行為にあたると思う。
何よりも、明らかな挑発だろう。
敵意を剥き出している、そんな印象だ。

普通に考えて、これは度が過ぎている…そう思うんだが、どうだろうか。






続きからコメント返信!

続きを読む "北海道 宗谷総合振興局 礼文町"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年2月11日 (月)

北海道 宗谷総合振興局 枝幸町

枝幸町。
えさしちょう。


枝幸郡。


地名の由来はアイヌ語で「エサウシ」(岬)から。


宗谷総合振興局の最南部に位置する。
東部はオホーツク海、西部は山岳地帯。
面積の8割が森林で、幌別川の河口には湿地帯もある。

函岳やポロヌプリ山等があるようだ。
河川は幌別川の他、エサシウエンナイ川、フーレップ川等…。
音標川とか徳志別川なんてのもあるらしい。
岬が幾つかあり、神威岬、目梨泊岬、音標岬、ウスタイベ岬等があるようだ。


主要産業は漁業と酪農。

毛ガニの産地として知られており、漁獲高は日本一。
また、サケの水揚げも日本で3番目の水揚げ量を誇る。サケは遡上を開始する前に漁獲するようで、水揚げ高はとても高いらしい。
メヂカ鮭や鮭児といった高級なサケも漁獲されるとか。
近年はホタテの稚貝撒きによるホタテの漁獲高が伸びているようで、中国、フランス、北米等に貝柱を輸出したりしているとか。
夏でも水温が低いので貝毒が発生し難く、栄養豊富な海なので、貝柱は大きく、漁獲量は安定しているとか。
他にもカレイ、ナマコ、利尻昆布、エゾバフンウニ等が水揚げされる。

かつて、明治中期に金鉱床が発見され、採掘で賑わった事がある。


国内外に1個所ずつ友好都市がある。
福岡県のうきは市とスウェーデンの都市。


道の駅は「マリーンアイランド岡島」。
船の形をした建物である。
物産コーナー出入り口の外側にある階段からブリッジに行けるとか。


重要文化財や道指定の有形文化財に遺跡があったり。
神威岬は名勝である「ピリカノカ」のひとつ。

町の文化財には絵馬や鳥居といった厳島神社のものとか遺跡とか神楽とか。
…「幌別川川尻チャシ」とはなんぞや。。
音標のゴメ島とかエゾサンショーウオ生息地(何故かサンショーウオ表記…)もある。
ゴメ島はアイヌ語で「カモメ」が由来の無人島。海鳥繁殖地である。

観光地のひとつ、ウソタンナイ砂金採掘公園はゴールドラッシュの名残。
他にもウスタイベ千畳岩、北幸公園ショウブ園等があり、勿論温泉もあるぞ。
…で、観光の欄に「毛ガニ」とだけ書かれているんだが。。
これは名物って意味かな?
因みに、かにまつりがあるらしい。
毛蟹早食い競争とかやるらしいw
歌謡ショーとかアトラクションとか色々やっているようで、年々盛大になってきているとかw


北海道初の公立図書館が出来た地だとか。
皆既日食の観測に来たアメリカの天文学者、デビッド・トッド博士が住民にお世話になったお礼として百科事典や文学書を約千冊寄贈したのがきっかけだとか。


檜山支庁に江差町(えさしちょう)があるので、枝幸町は「北見枝幸」や「道北の枝幸町」、江差町は「檜山江差」や「道南の枝幸町」という区別する為の言葉があるようだ。







Kimyouna2
絶滅した奇妙な動物2!

2巻目をようやく買いましたw
今回既に知っているもの、知らないもの(サイトは観てたものの忘れてたもの)、奇妙なものが沢山。

QMAの恐竜・古代生物検定が熱いので、今のうちに…と勢いで。
だって、前からずっと買おう買おうと思いつつ買ってなかったから。

で、QMA的には前巻程ではないものの、登場する生物がちらほら。
約半数くらいかな…?

1巻は多分7〜8割は出てたと思う。






続きからアニポケ、コメント返信!

続きを読む "北海道 宗谷総合振興局 枝幸町"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年2月10日 (日)

おっと…

寝落ちしてしまった…。
ポケスマ!も観逃してしまった…。


むぐぅ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 9日 (土)

Toughness

何か言おうと思ったんだけど、こんな時間なので明日で…。


今日はもうダメダメな一日だったわ。
全く、これは酷い。

ちょっと帰るのが遅かったけど、帰りにQMAを3クレだけ。
…おい、時間あんまりないというのに少し居座りたくなるぞ。。

そこそこ引きが良くて、5500点とか出たしなぁ。


…だがしかし、なんと最高点が6449点にまで更新されていた。。
こりゃ無理だわwww
頻出問題の形式上、6500点くらいが最高だろうという事で…。
6000点行けばラッキーなのになぁ。






続きからコメント返信、世界遺産!

続きを読む "Toughness"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年2月 8日 (金)

北海道 宗谷総合振興局 中頓別町

中頓別町。
なかとんべつちょう。


枝幸郡。


地名の由来はアイヌ語の「トー・ウン・ペッ」(湖から出る川)から。
…浜頓別町と同じか。
頓別川の中流部に位置する為、「中」頓別となったようだ。


四方を山に囲まれた山間部に位置する町。
町の8割が森林である。
冬季は非常に寒冷らしく、全国一の冷え込みを記録する事も多いとか。

ポロヌプリ山、パンケ山、知駒岳、ピンネシリ山等がある。
ピンネシリって樺戸三山の…と思ったら、場所が違った。
河川は地名の由来、頓別川をはじめ、兵知安川(「倶知安、くっちゃん」的に読んだら、「へっちゃん」か?)、間の川、イッチャンナイ川、角田の沢川等個性的な川が流れる。
字面的には普通な笹野川は「ザリガニの川」という通称があったりして、やっぱり普通ではない。
湖沼は記載なし。


主要産業は酪農と林業。
森永乳業の支所とかあるようだ。


広島県豊田郡大崎上島町(旧東野町)が姉妹都市。


道の駅は「ピンネシリ」。
でも樺戸三山ではない…。
廃線になった駅の跡地に建てられた道の駅だとか。


旅館の和館、洋館が登録有形文化財になっている。
北海道指定天然記念物として中頓別鍾乳洞があり、観光地になっている。
後、温泉とか北海道三十三観音霊場のひとつとかある。






今日は引きが良くなくて中々5000点にも届かなかったなぁ…。
…え、恐竜・古代生物検定の話ですよ?






ドバイの経済はまた上向きなんだなぁ。
一時期ドバイ・ショックなんて言われてたけど。
どうして持ち直したのだろう?






続きからポケスマ!、コメント返信!

続きを読む "北海道 宗谷総合振興局 中頓別町"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年2月 7日 (木)

北海道 宗谷総合振興局 浜頓別町

浜頓別町。
はまとんべつちょう。


枝幸郡(えさしぐん)。


地名の由来はアイヌ語で「トー・ウン・ペッ」(湖から出る川)から。


宗谷総合振興局の東部に位置する町。
東部はオホーツク海に面し、湿地が広がっているとか。
西部と南部は山岳地帯。

珠文岳という山があるとか。
頓別川、豊寒別川という河川がある。如何にもアイヌ語っぽい名前だよね。
湖沼はラムサール条約登録地、クッチャロ湖がある。
…大沼、小沼があるのか。
QMAのパネルクイズ等で登場する、汽水湖である。
北オホーツク道立自然公園に属するとか。由来はアイヌ語で「沼の水が流れ出る口」。
因みに、「町の鳥」に指定されているコハクチョウが渡りの中継拠点とする湖である。


主要産業は酪農と漁業だとか。


竪穴群とか遺跡とかウソタンナイ砂金遺跡とかが町の文化財。
ベニヤ原生花園やクッチャロ湖一帯に棲むコモチカナヘビは生物だが、町の文化財だそうだ。
神威岬(カムイエトゥ)があるピリカノカは国の名勝。

観光地は日本最北のハクチョウ飛来地、クッチャロ湖。
それに、ベニヤ原生花園や神威岬もそうである。
クッチャロ湖の西にある「クローバーの丘」では鐘が鳴らせるとか。
観光地のひとつ、ウソタンナイ砂金採掘公園では2002年に「世界砂金掘り選手権大会」を開催したらしい。
勿論、温泉もある。







起きたらお昼ですよ…休みの日はこうなってしまうから恐ろしい。。
あぁ、雪は降ってなかったなぁ。
冷たい雨が降っていた。

QMAやりに行った訳ですが。
今日は少し引きが良かったと思ったけど、やっぱり記録更新できないわ。
5800くらいまでは行ったんだけどねぇ、5500越えるのが数回だけって…。

全答なら5回?6回?はできるんだけどなぁ。







F1テスト2日目!
ハミルトンがリアのブレーキ圧を失ってクラッシュ!
メルセデスは1日目の電気系統故障に続き、トラブルに見舞われているなぁ…。
尚、ハミルトンに怪我等はない模様。




さて、新車発表のターンですよ。
レッドブル、2013年マシン、RB9を発表!

ブルーのカラーリングにバイオレットが加わりまして、昨年までとは違った印象となりました。
サイドポッドには「Red Bull」の文字の代わりに冠スポンサーになったインフィニティのロゴが大きく描かれています。

マシンは昨年同様、段差ノーズを採用してきています。
形状はほぼ変わってないかもだけど、斜面が緩やかに、長くなってますね。
実は、部分的に化粧パネルを使っているようです。
おそらく、重量増加を抑えつつ気流の流れを整える為なんじゃないでしょうか。

そして、ノーズの先端部分は下に下がっている。
鳥の嘴みたいになってますね。これも昨年のRB8と同じか。
サイドポッドの小ささも変わっていないっぽいし、正統進化って感じですかねぇ。
因みに、搭載はしていませんが、受動的ダブルDRSについては前向きに捉えているようです。

発表会での撮影は凄い厳重だったみたい。
マシンに近付いて撮影する事はできなかったようだし。
さてさて、このRB9で4年連続ダブルチャンピオンを得られるでしょうか?
そして、ベッテルがマシンに名付ける名前にも注目w


メルセデスAMG、2013年マシン、W04を発表!

カラーリングはほぼ変更なし。
当初は2013年マシンを大幅に変えてくる予定だと話していたようだけど、外を見る限りは進化型って印象。
ノーズに化粧パネルを装備。
かまぼこのような丸みを帯びたノーズはそのカラーリングも相まって、戦闘機のよう。
何かかっこいいw
ノーズ自体は段差があると思われている部分から折れて下に緩やかに下がっていっています。

サイドポッドも変更が加えられているようです。
上部の付け根部分は整流板みたいな突起も2枚生えている。
気流を整える役目があると思われるけど、何か面白い所だなぁ。

そして、昨年、一時期装備していたコアンダエキゾーストを復活させておりました。

一方で、サスペンションは今までの方式を持続。
タイヤの寿命とタイヤのパフォーマンスを最適化するかららしい。
また、リア周辺は空力学の観点からアグレッシブなデザインになっているとの事。
フロントウイングも新しい要素が5つ加わったとかそんなような話があるらしい。


新しくスポンサーとなった「ブラックベリー」のロゴがノーズ付け根部分のノーズ上部、両サイドに見えます。
コンピュータ関係の企業であるブラックベリーはメルセデスに色々なツールやサービスを提供し、共同でアプリの開発もするようだ。


メルセデスAMGはツイッターでマシンを先行公開すると宣言。
ハッシュタグ付きのツイートをメルセデスのアカウント向けにツイートすると、ツイートされた分だけ公式サイトのシャッターが上がり、中のマシンが見える…という仕掛けでした。
が。
アクセスが多過ぎてメルセデスAMGのサーバーがダウンw
復旧までサイト自体が観られませんでした〜。
メルセデスAMGはツイッターで「技術チームが頑張っている!」とツイート。
それと、焼けたサーバーの写真をアップして遊んでおりましたw(あの写真、どっかから拾ってきたんじゃないか…?)
復旧後、マシンが観られるようになっていたけど、イマイチ不鮮明でぼかされておりまして。

W04はこういうトラブルとかなければ良いですね、なんて言われつつ。
そんな矢先のヘレステスト1日目では11周目に問題発生し、コース上でストップ。
早くもトラブルに見舞われるのでした。
どうやら、配線危機器が原因らしい。


トロロッソ、2013年マシン、STR8を発表!

カラーリングに然程違いはなさそうですが…お、姉妹チームと違って、化粧パネルを装着してきた。
すべすべノーズである。
そしてノーズ先端部分は緩やかに下がっております。

ジェームス・キーをテクニカルディレクターに、ルカ・フルバトをチーフデザイナーに迎えて、初めての新車はトロロッソが確か長年採用していたダブルフロアコンセプトを変更し、新たなステージに向かっている模様。
そして流行りのコアンダエキゾーストを搭載してきているようだ。
サイドポッドは下側が抉れているので、外側が細くなっている。ちょっと面白い形。
他チームも結構似たような感じだけどね。

背番号がある、F1では珍しいレーシングスーツ。
番号はカーナンバーだ。
後、ちゃんとドライバーの名前も入っておりますwww
面白いからこれ流行らねぇかなぁwww


マルシャ、2013年マシン、MR02発表!

テクニカルコンサルタントのパット・シモンズが監修した新車は赤と黒のカラーリングに加えてノーズ部分に白い面積が増えました。
そのノーズは去年のマシンMR01と同じくローノーズコンセプトにより、低いノーズ。
なので、前回も段差ありませんでしたが、今年もなし。
緩やかに下に下がっております。

エンジンカバーなだらかなラインを描き、終点は結構高い位置にあるようだ。
サイドから見るとエンジンカバーとノーズの影響で滑らかな感じのシルエット。

…サイドポッドが凄い幅広に感じる。
そして上部が真っ平らw
何か…遅そう…。。(←
カラーリングは好みなんだけどなぁ。

因みに、マルシャ初の「開発段階から風洞を使用したマシン」となりました。
マクラーレンに協力してもらってます。
ウィリアムズ製のKERSを搭載。
マルシャはF1参戦以来初のKERS搭載です。

因みに、1日目のテストではサスペンションにトラブルがあり、クラッシュした模様。

そしてブラジル人ルーキー、ルイス・ラジアと契約した事を発表!
マルシャはチルトンとラジアのルーキーコンビで2013年を戦います。


ケータハム、2013年マシン、CT03発表!

カラーリングがメタリックになっとるwww
ロータスの有名な緑と黄色のカラーリングは若干変更されていて、黄色の部分が少なくなったなぁ。
ノーズの部分に黄色ないし。

そしてノーズは段差ノーズです。
カモノハシノーズである。
両側が高く、真ん中は凹んだ形はV字ノーズコンセプトを応用しているかもしれない。
去年とかどっかのチームが似たようなノーズだったよな…。
他のチームが化粧パネル装備でケータハムだけ段差ノーズだった場合は化粧パネル装備する構えだったらしいw

サイトポッドは結構幅が狭めだろうか。
そして下部が抉れているので、トロロッソ等のように外側が細くなっている。
レッドブル等のように上部には整流用と思われるフィンが付いています。
3枚ついているね。

ディフューザーやエンジンカバー等が強化されているようだ。
そのエンジンカバーの終点はマルシャMR02より下で終わっている印象。

全体的に、マルシャより速そうな印象ではあるw
因みに、ギアボックスはレッドブル製。
多分ルノーエンジンとの親和性が高いだろう。

因みに、エキゾースト回りに規約違反がある可能性があるそうだ。





レッドブル
インフィニティ・レッドブル・レーシング

チーム国籍:オーストリア
本拠地:イギリス・ミルトンキーンズ
チームオーナー:デートリッヒ・マテシッツ
チーム代表:クリスチャン・ホーナー
最高技術責任者:エイドリアン・ニューウェイ

01.セバスチャン・ベッテル/ドイツ
02.マーク・ウェバー/オーストラリア

リザーブドライバー
セバスチャン・ブエミ/スイス(レースドライバーにならなければ。)

マシン:RB9(レッドブルの頭文字、9番目のマシン)
エンジン:ルノー


メルセデスAMG
メルセデスAMGペトロナス F1チーム

チーム国籍:ドイツ
本拠地:イギリス・ブラックレー
メルセデス・ベンツ・モータースポーツ責任者:トト・ヴォルフ
チーム代表:ロス・ブラウン
テクニカルディレクター:ボブ・ベル
エンジニアリングディレクター:アルド・コスタ
テクノロジーディレクター:ジェフ・ウィリス
チーフエグゼティブオフィサー:ニック・フライ
非常勤会長:ニキ・ラウダ

09.ニコ・ロズベルグ/ドイツ
10.ルイス・ハミルトン/イギリス

マシン:W04(多分ドイツ語で「車」を意味する「Wagen」から、新生メルセデスになってから4台目のマシン)
エンジン:メルセデス


トロロッソ
スクーデリア・トロロッソ

チーム国籍:イタリア
本拠地:イタリア・ファエンツァ
チームオーナー:デートリッヒ・マテシッツ
チーム代表:フランツ・トスト
テクニカルディレクター:ジェームス・キー
スポーティングディレクター:スティーブ・ニールセン

18.ジャン=エリック・ベルニュ/フランス
19.ダニエル・リチャルド/オーストラリア

リザーブドライバー
(セバスチャン・ブエミ/スイス) レースドライバーにならなければ。

マシン:STR8(スクーデリア・トロ・ロッソの頭文字、8番目のマシン)
エンジン:フェラーリ


マルシャ
マルシャ F1チーム

チーム国籍:ロシア
本拠地:イギリス・バンベリー
チーム代表:ジョン・ブース
最高経営責任者:アンディ・ウェブ
テクニカルディレクター:パット・シモンズ

22.マックス・チルトン/イギリス
23.ルイス・ラジア/ブラジル

マシン:MR02(マルシャの頭文字、マルシャに改名してから2番目のマシン)
エンジン:コスワース

テクニカルコンサルタントのパット・シモンズがテクニカルディレクターに就任。
2008年の「クラッシュゲート」事件に関わったとして去年までレース出席が禁止されていたのです。


ケータハム
ケータハムF1チーム

チーム国籍:マレーシア
本拠地:イギリス・リーフィールド
前チーム代表(オーナー?):トニー・フェルナンデス
チーム代表:シリル・アビテブール
チーム副代表:カマルディン・メラヌン
ケータハムグループ最高経営責任者:リアド・アスマット
ケータハムグループ最高技術責任者:マイク・ガスコイン
テクニカルディレクター:マーク・スミス

20.シャルル・ピック/フランス
21.ギエド・ファン・デル・ガルデ/オランダ

マシン:CT03(ケータハムの頭文字、3番目のマシン)
エンジン:ルノー






続きからコメント返信!

続きを読む "北海道 宗谷総合振興局 浜頓別町"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年2月 6日 (水)

北海道 宗谷総合振興局 猿払村

猿払村。
さるふつむら。


宗谷郡。
この村のみが属する。


地名の由来はアイヌ語の「サラ・プツ」(葦原の河口)から。


東部をオホーツク海に面する村。
日本最北の村で、北海道本島の中で最も面積の広い村だとか。
西部は丘陵地帯、山岳地帯が広がり、村の8割が森林だとか。

幌尻山がある。
…尚、日高振興局にある日高山脈には幌尻岳がある。
河川は猿払川、猿骨川、鬼志別川等があるようだ。
凄い名前だ。
湖沼はポロ沼、カムイト沼、モケウニ沼と如何にもアイヌの地らしい名前が並ぶ。
カムイト沼はアイヌ語の「カムイ・ト」(神・沼)が語源。なので、直訳すると「神沼沼」である。
モケウニ沼はアイヌ語ので「枯れ木のある沼」の意。来たには原生花園もある等、重要な湿地のようだ。


主要産業は漁業と酪農。
特に、ホタテは北海道を代表する水揚げ地であり、漁獲量日本一だとか。
昔は炭鉱業、林業も盛んだったらしい。
ここでもニシンが獲れたそうだ。
ホタテは一時、乱獲で衰退したが、放流事業を実施した事により復活、今日に至ったようだ。
尚、横浜にある有名な「崎陽軒」のシウマイは猿払産の干貝柱を使っている…らしい。


ロシアのサハリン州に姉妹都市が1つある。


道の駅は「さるふつ公園」。
公園…。


観光はエサヌカ原生花園、ポロ沼、カムイト沼、モケウニ沼等自然が多い。
これらは「北オホーツク道立自然公園」に属しているらしい。
また、猿払川、カムイト沼、ポロ沼ではイトウ釣りが楽しめるとか。
北オホーツクサイクリングロードなるものがある。
勿論、温泉もある。


大韓航空機撃墜事件により、海岸に遺体や漂流物等が多数漂着したとか…。






今日は早く帰ると思ったけど、まぁ昨日よりは早いけど、中々早く帰れないなぁ。

今日もQMA。
調子はそこそこだったな。
知り合いがいたので話たり教えながらやってたけど、5000点越えたり全答したりしてたし。




ちょっと遅くなってしまったので、F1の話はまた明日w







続きからコメント返信!

続きを読む "北海道 宗谷総合振興局 猿払村"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年2月 5日 (火)

ブルーマンデー。

さて、今日は疲れたし、具合悪い兆候がありそうだし、時間が時間なので早めに退散。


もう、早々から色々な事があって疲れたよ…。
苛立っていたし、早く帰れなかったし。

少しQMAやろうと6クレだけ恐竜・古代生物検定したんだが…。
見切りミスとか押し間違いはしなかったものの、疲れてるのかな…判断力が少し鈍ってた気がする。
それでも5000点乗るセットはあったし、全答も2回程あったけど。





F1は遂に始動が近くなってきました。
昨日から今日にかけてレッドブル、メルセデスAMG、トロロッソが2013年のマシンを発表しています。
詳細は明日か明後日にでも。
…そうか、明日から冬季テスト1回目か。
スペインのヘレスサーキットで行われます。

ってことは、明日はケータハム、マルシャも発表だったかな。
残りウィリアムズは2回目のテスト前に発表するそう。
フォースインディアの2人目のドライバーとテストドライバーも同時期に発表されるようで。
フォースインディア、ドライバー発表を延ばしに延ばしたなぁ。






続きからコメント返信!

続きを読む "ブルーマンデー。"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年2月 4日 (月)

北海道 宗谷総合振興局 稚内市

稚内市。
わっかないし。


地名の由来はアイヌ語で「ヤム・ワッカ・ナイ」(冷たい飲み水の沢)から。


QMAのタイピングで出たりする。
日本最北の市で、宗谷総合振興局所在地。
北海道で唯一、日本海とオホーツク海に面している北の玄関口。
宗谷岬の北西に浮かぶ弁天島が日本の最北端。
ロシアに近い為か、道路標識や店舗の看板などにはロシア語表記があったりするらしい。
市街地はノシャップ岬の付け根部分。
宗谷岬付近の宗谷丘陵は幾度も大火に見舞われ、更に侵食もあった為、樹木がない独特の地形や風景を見せているとか。寒冷で強い風が吹くらしい。
現在は牧草地。

山はモイマ山、タツナラシ山等。
河川はウエンナイ川、声問川(こえといがわ)、増幌川等。
湖沼は大沼等。

市の木はナナカマドとサクラ、市の花はハマナスである。

稚内といえば犬ゾリのイメージ。
特別豪雪地帯には指定されているらしいけど、冬の気温自体は比較的温暖らしい。
…風が強いけど。
夏は気温が上がらないとか。
自衛隊分屯地がある。

風が強いので、風力発電が行われている。
また、太陽光発電(メガソーラー)も研究を行っているとか。
自然エネルギーの発電は稚内市内で使われる電力の8割を賄っているようだ。


産業は漁業、農業、観光業等。

水産業は港湾都市であり、近くに良質な漁場があるので漁業の街として発展していた過去がある。
北洋漁業基地として発展したが、旧ソ連が排他的経済水域を設定してからは衰退したそうだ。
旧ソ連やロシアからの活ガニ等の輸入も盛んであったようで、1988年〜2005年まで18年連続活ガニ輸入日本一だったとか何とか。資源枯渇等の問題により、ロシア政府が輸出規制をした為、 衰退した。
また、水産加工業も盛んであり、主力産業のひとつとなっている。
ミズダコの水揚げ量の多さが有名だそうだ。
しかし、漁業・水産加工業は全体的に衰退していっているようだ。

農業はジャガイモ栽培が盛んであった。
天候的に畑作に剥かないので酪農への転換が行われ、現在は酪農が中心となっている。
生乳は全脂粉乳、脱脂粉乳、ホエーパウダー等に加工されているようだ。
また、「稚内牛乳」という地方ブランドでも売っている。
宗谷岬では宗谷黒牛という肉牛の生産がされている。

観光業が盛んで、名所が幾つもある。
近年は世界遺産の知床や旭山動物園等に人気が集まり、原油高騰やリーマンショック後の不景気等に煽られて観光客が激減。
力を注いでいた第3セクターも観光客の減少や他の大型ビジネスホテルの進出等により経営破綻。
その他、旅館も廃業が多数あるとか。
観光業以外のサービス業は元々盛んではなく、所謂「歓楽街」も存在しない。
企業や官公庁関係、地元企業等が撤退や廃業をしている為、衰退しているとの事。
大手コンビニ、大手スーパーも進出していないとか。

現在、再開発中。
複合商業施設とか映画館とか出来てるとか。

海上保安部、自衛隊、税務署、裁判所、区検察庁等が置かれている官公庁の街でもある。
これは旭川市以北の地方で最大の都市だからだそうだ。
稚内港は重要港湾、宗谷港は地方港湾と漁港が多い。更に、稚内空港等もある。
これらを支えていた建設業者であるが、やはり最近では建設業も厳しいようだ。


マルハニチロや明治の工場等があるようです。

衰退しているとは言え、名産品は盛り沢山。
水産物ではホッケ、サンマ、カジカ、サケ、マダラ、ヒラメ、カレイ、ケガニ、タラバガニ、ズワイガニ、ボタンエビ、アマエビ、ホタテ、ホッキ貝、ツブ貝、ミズダコ、イカ、ウニ、ナマコ、ホヤ、モズク、利尻昆布等。

農産物はブランド肉牛・宗谷黒牛、ジャガイモのブランド・勇知いも等。
また、宗谷海峡の海水で作る高級塩「宗谷の塩」なんてのもある。


名物料理はたこしゃぶ。
ミズダコの足を新鮮なうちに冷凍して薄くスライスしたものを使うとか。
最後の締めは像に、中華麺等らしい。
稚内ラーメンという御当地ラーメンもあるようだ。利尻昆布と豚骨のダブルスープが多いらしいが、豚骨使ってても透明スープらしい。


姉妹都市は沖縄県石垣市と鹿児島県枕崎市。
海外はフィリピンの他、ロシアのサハリン州にある3つの市と締結しているようだ。
…港もアメリカやロシアと姉妹港湾を締結しているようで。


最北の駅、稚内駅がある。
また、礼文島、利尻島へのフェリー航路があり、稚内港から出港している。


道指定史跡は1件、市の文化財は幾つか。
オンコロマナイ遺跡、シュプントゥ遺跡、ピリカタイチャシといった名前が気になるものから海軍望楼跡とかまで。
高山植物群落やミズナラ群落等自然のもある。

観光地は多い。
最北の岬、宗谷岬。
QMAのタイピングに登場したりする。
「日本最北端の碑」、宗谷岬灯台、間宮林蔵(ロシアとサハリンの間にある海峡、「タタール海峡」の別名「間宮海峡」に名を残す探検家)の立像等がある。
宗谷岬平和公園には海軍望楼跡、祈りの塔、世界平和の鐘等がある。

北海道遺産の宗谷丘陵には国内最大級の風力発電群であるウィンドファーム、ゲストハウス等がある。

日本海側には利尻礼文サロベツ国立公園があり、利尻富士(利尻山)がある利尻島、高山植物や動物の宝庫・礼文島等がある。礼文島はアンモナイトの化石等も見つかるようだ。
礼文島の最北端、スコトン岬はQMAのパネルクイズで登場する。また、この問題の問題文中にあるトド島も有名なようだ。
久種湖(くしゅこ)という日本最北の湖があるようだ。
他にも温泉とかゴマフアザラシ観測所とかがある。
…日本海オロロンラインなる国道が。
どうやら、景色が良いようだ。

ノシャップ岬付近にはノシャップ岬、稚内灯台の他、水族館もある。
青少年科学館…。

稚内市街地近辺には稚内公園、北海道遺産に指定されている稚内港北防波堤ドーム等。
利尻島・礼文島等へのフェリーターミナルもここにある。
稚内公園には「氷雪の門」、「九人の乙女の像」、足湯、森林公園キャンプ場、南極観測樺太犬記念碑、
樺太犬供養塔等の見所がある。
また、複合ショッピング施設「稚内副港市場」には温泉や松坂大輔スタジアムなんかもあるらしい。

声問地区にはオートキャンプ場等がある公園、大沼、原生花園、稚内空港公園等自然を楽しめそうな感じのスポットが多い。
また、メガソーラー実験施設もここにある。

また、勇知地区という所にはイチゴ狩りやトマト等の野菜狩りが出来るファームがある。
冬季は休業しているとの事。


全国犬ぞり稚内大会が開かれている。
…「ムツゴロウとゆかな仲間たち」でやってたけど、今でもしっかり稚内でやってるんですね。
俺はこれで稚内を知った。


「ラブひな」とか「ハチミツとクローバー」とか「おジャ魔女どれみ」とかに登場しているらしい。


松坂大輔選手の祖父は稚内出身らしい。







布団干したら曇りおった…www


結構QMAやったけど、全然6000点数越えないわ。(恐竜・古代生物検定の話)
つか、全国1位が6020点くらいに上がってたw
ってことは、現時点で3位か2位ですかね。







続きからコメント返信!

続きを読む "北海道 宗谷総合振興局 稚内市"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年2月 3日 (日)

北海道 留萌振興局 天塩町

留萌振興局シリーズ最後の自治体です。


天塩町。
てしおちょう。


天塩郡。


地名の由来は天塩川から。
天塩とはアイヌ語で「テシ・オ」(梁(やな)・ある)から。かつて、天塩川の中流域で梁状の岩が川を横切っていたからだとか。


留萌振興局最北部に位置。天塩川下流域に広がる。
中心市街地は天塩川河口部にある。
雄信内(オヌプナイ)集落ってのがあるようだ。

河川は最北の一級河川で、北海道第2位の大河、天塩川がある。
QMAのビジュアル問題にあったり、四択で出てきたり結構色々な所で出てきてた筈。
湖沼は鏡沼というのがあるようだ。


主要産業は漁業、酪農、林業。
漁業はサケ漁の他、大振りなシジミの産地なのでシジミ漁が盛ん。
天塩川やサロベツ原野パンケ沼といった漁場で漁獲されるヤマトシジミは北海道一の漁獲量を誇る。
「しじみまつり」ってある程盛んである。

酪農は1万頭以上の乳牛が町内にいる関係で盛ん。
生乳の年間生産量は約5万トンだとかで。

天塩川河口の砂嘴によって形成された天然の防波堤があった事から、過去には良港として機能していたようだ。
和人とアイヌ人の交易地として、木材等の集積地として、漁業基地として等…。
大正時代に入ると、鉄道の敷設で船による運搬が必要なくなり、森林資源の枯渇で林業自体も次第に衰退していったとか。
漁業も日本海のニシンや天塩川中流域のチョウザメが乱獲によって激減し、衰退していったようだ。


シジミやシジミ料理、シジミ加工製品が名産品。
アキアジという秋シャケや天塩川羊羹、プリン等もある。
「天塩はシジミだけじゃないタコキムチ丼」なるご当地グルメがあるようだ。
…で、アサヒ飲料から出しているマスカットサイダーとはwww


姉妹都市は海外に1つ。
また、サハリンには友好交流協定を結んだ街(和名があり、現在の名前も和名が由来)がある。


町指定の史跡は船場跡等、産業に関する建物が5件程。
観光は温泉とか展望台とかから、キャンプが出来る「鏡沼海浜公園」、天塩川河川公園、いつくしま公園(天塩厳島神社)、「てしおこもれびの森」等自然を感じられそうな場所がある。
川口遺跡風景林って自然的なのか文化的なのか分からんなぁ。
で、勿論歴史資料館もある。


ポール牧の出身地である。
因みに、雄信内の出身。






キーボード探しにアキバ行ってきたよ!
ついでに、へたれかけてたLANケーブル買ってきた。
10mもいらなかったかなwww


キーボードは中々ないねぇ…。
Mac対応のを探したんだが、Windows用のしか売っていない!
MacCollectionなら多少はあるだろう…と見に行くと、売っていたのはOS 10.7とかそういう新しいバージョン対応のものだけでして。
…うちの、OS 10.4なんだよなぁ。。
中古で買ったやつだし、多分そろそろ色々と危なくなってくる(本体自体は8年前に中古で買ったもの)だよな…。
と、パソの買い替えも検討しておこうと思う。
HDDは今のHDDをサブ扱いで使えたら、と思う。
どーせ丸ごと買ったら1TBとかのHDD付いてんだろwww

あー、うん、自作しないから丸ごと買う事になるし、余裕で給料1ヶ月以上ぶっ飛ぶな…www
でも、データの安全性を確保するならそろそろ買い替え時なのかもしれん…。

メモリも結構厳しいのかなぁって気がしてるし。
最近テキストエディタ(メモ帳)ですら変換する時に時間かかる時が出てきたりしてる。

メモリ数768MBで良く動いてるよな、このパソコン…。
そのせいなのか、一番回線速度遅いADSLだからなのかどっちもなのか分からないけど、動画関係さくさく観られないしw


で、キーボードっす。
結局Mac OS10.2から使える中古JISキーボードを買ってみました。
テンキーはあるけど、電源はなし。
今のキーボード、電源も付いてて凄い楽なんだけどなぁ…。
そういうのがない今、仕方ないな…。

中古ショップは詳しくないので、巡りませんでした…。


…あ、恐竜検定やったけど、調子良くなかったから早々にやめました。
5000点は行くけど、見切りミスとか押し間違いとかしてたんで。








ザウバー、2013年マシン、C32を発表!

…あ、あれ??
HRT?www

カラーリングが大幅に変わっていてワロタwww
去年はマレーバク状態だったけど、今年はHRTのマシン、F110状態www
完全に一致www
黒光りであれ状態ってレベルじゃねーぞwww

これ、見た目が結構面白いマシンだと思います。

マシンは横から見たら、ノーズは化粧パネルを使って段差を隠しているように見える。
だけど、正面から見たらノーズは段差ノーズであった!
両サイドが盛り上がっていたので、横からはすべすべノーズに見えていた、という訳。
ちょっと前に流行ったV字ノーズコンセプトを応用したかのような処理がなされていて、これは今まで発表してきたルノー、マクラーレン、フェラーリ、フォースインディアには観られなかったものなので面白いなぁと。
これ、規約の穴を突いてきた処理なのかもしれませんね。

…少なくとも、去年のC31のような「カモノハシノーズ」ではなくなっているってことですなw
個人的にダムの堤防っぽいから「ダムノーズ」と呼ぶ事にしようwww

段差がある辺りからなだらかに下がっていってるノーズもなんだかシャープなイメージに繋がっている気がする。


さて、目立って際立っている所はサイドポッドですかね。
幅がかなり狭くなっていて、凄く小型化されております。
これは一昨年のモナコGPでペレスが事故を起こした時の事がヒントだとか。
あの事故後、べっちゃりと潰れたサイドポッドを見て、幅を約50%縮められると思ったそうな。
ラジエーターや中に入っているものを全部収めるのが大変だった事の一つだったようで。

他には、ブレーキシステム、リアエンド周り、エキゾースト周り、フロントウイング等が大きく変更されてきているようです。

ブレーキシステムは去年から開発していたものだそうです。
リアエンドはラジエーターの位置の関係でとてもスリムになっているようだ。そして、排気管出口周りを結構弄くっているようで。
リアサスペンションは新しく開発されたようだ。リア周りの気流をより効果的に使えるようになったようで、この変更によってタイヤの管理も改善したらしい。
去年、C31は予選でのタイヤの使い方がしばしば問題になっていたようだが、C32はこれが改善される可能性があるとかで。
エキゾーストやフロントウイングは昨年最終戦からの進化バージョンのようです。

また、冬季テストで受動的DRSの実験を行う予定らしい。


今回、発表会の様子をゆーつべで観られた訳ですが…画面が表示されず、ラジオ状態www
どういう状況かあまり把握できなかったですwww


ザウバー
ザウバーF1チーム

チーム国籍:スイス
本拠地:スイス・ヒンウィル
取締役会理事長:ペーター・ザウバー
チーム代表:モニシャ・カルテンボーン
マーケティング・ディレクター:アレックス・ザウバー
チーフデザイナー:マット・モリス
現場エンジニアリング責任者:ジャンパオロ・ダラーラ
ビークルパフォーマンスグループ責任者:ピエール・ワシェ

11.ニコ・ヒュルケンベルグ/ドイツ
12.エステバン・グティエレス/メキシコ

テストドライバー(&リザーブドライバー?)
ロビン・フラインス/オランダ

マシン:C32(ペーター・ザウバーの妻・クリスティーヌの頭文字、32番目のマシン)
エンジン:フェラーリ






続きからコメント返信!

続きを読む "北海道 留萌振興局 天塩町"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年2月 2日 (土)

今年も早いもので、後10ヶ月

いやぁ、早いものですな…。
今年も結局何もしてない年になるフラグがびんびんなんですが…。


寒中見舞いは誠意作成中だよ!
…そろそろ「寒中」じゃなくなる気がするけど。

ガンバリマス\(^O^)/


さて、今日は遅いので…。
寝るのが遅くなったので、ギリギリまで寝てしまっておりまして。


…まぁ、行く前に2クレ恐竜検定してから行ったんだけどね。
それくらいの時間はあった。







フェラーリが2013年マシン、F138を発表!

まず、思ったのが昨年マシンF2012よりレゴっぽさがなくなっている事でしょうかw
F1マシンになってました、はいw
フロントノーズ先端が厚くなり、丸みを帯びているのがレゴっぽくなくなった要因のひとつかと。
後は化粧パネルの装着により角張った段差が隠れた事もですかね。
サイドポッドからは角張っていてスリムな印象だったF2012とは対照的にふっくらした印象となっています。
その一方で、リアは更にぎゅっと絞り込んできているのかな、とそんな感じ。
ノーズはハイノーズを採用していて、若干下がっている先端部まではコクピットからほぼ水平になってる感じ。何だか奇妙に感じつつ、昨年マシンも化粧パネル付けるとしたら同じ事になってたんだろうし、まぁあれかな…。
最近新しくスポンサー発表された、中国の大型車両向け機械部品製造会社「ウェイチャイ・パワー」のロゴもノーズの付け根上部と両サイドに掲載。
両サイドのは少し小さいですが…。
それと、リアの黒さとマシン下部のホワイトラインが目を引きますね。

見た目がちょこちょこ変わっていますが、内部的にも相当変えてきているようです。
排気管の位置とレイアウトを変更する為にマシンのボディワークを再設計したり、リアを絞ってきたり。
今年からDRSに関する規約が変わったので、DRSも改良と最適化が行われている。
フロントウイング、リアウイングは昨年マシンF2012からの進化派生型のようだ。
続いて、去年のトレンドとなったコアンダ効果という空力学の現象を利用したコアンダ・エキゾースト。主にこれの為に排気管の位置やレイアウト、マシンのボディワークを弄っている…筈。
電子装置を変えてきているようで、2014年に使用されるユニットを導入。
大幅に規約が変わる2014年に向けての準備の一環だろうか。
こういうものの全ての機能を最適化するのって大変なんだろうなぁ…。

一方で、変わっていない所も幾つか。
まずは昨年、フェラーリが復活させたフロントプルロッド・サスペンション。
空力学的アドバンテージを高めるらしいですよ。
KERSをマシンの中心部下部に設置している事も変わらないらしいです。安全性が高いんだって。
KERSの事だと思うんだけど、重量やサイズの縮小とかされているらしい。
また、部品の一部については効率改善されてるとの事。


DRSは去年まではフリープラクティス、予選において何処でも使えるようになっていた。
だが、今年からはフリープラクティスも予選も決勝で使えるセクションでしか利用できなくなった。
その為、フェラーリはDRSを調整してきているようです。
どう調整したかは知らん。


続いて、フォースインディアが2013年マシン、VJM06を発表!

カラーリングはカラフルなインド国旗モチーフで変わりませんな。
見た目的には化粧パネルを装着して段差ノーズを隠している所が一番の変わった所か。
後、昨年マシンVJM05はオンボードカメラの位置の問題でそうじゃなかったけど団子っ鼻っぽいのも復活ですかね。
フロントノーズ先端が厚く、丸い形なのである。フォースインディアは伝統的にそういうイメージだったし。
去年のが革新的だったんだな…。
今年のカメラの位置はレッドブルとかその辺のっぽい。

後は…サイドポッド下の抉り込みが多少浅くなったか?
って感じかなぁ。
リアは比較してないから分からないけど。
兎に角、ノーズがシャープな印象からふっくらした印象に戻ったのが印象的ですね。

内部的には色々変えてきている筈である…。。


フェラーリ
スクーデリア・フェラーリ

チーム国籍:イタリア
本拠地:イタリア・マラネロ
会長:ルカ・ディ・モンテツェモロ
チーム代表:ステファノ・ドメニカリ
シャシーディレクター:パット・フライ
チーフデザイナー:ニコラス・トンバシス
ビークル&タイヤインタラクション・デベロップメント:浜島裕英

03.フェルナンド・アロンソ/スペイン
04.フェリペ・マッサ/ブラジル

テストドライバー
ジャンカルロ・フィジケラ/イタリア(発表されてないけど、冬季イベント出てたし…)
マルク・ジェネ/スペイン

テストドライバー&リザーブドライバー
ペドロ・デ・ラ・ロサ/スペイン

リザーブドライバー
ダビデ・リゴン/イタリア(多分リザーブドライバーって認識で良いかと…)

マシン:F138(フェラーリの頭文字、2013年、8気筒エンジンから)
エンジン:フェラーリ


フォースインディア
サハラ・フォースインディア F1チーム

チーム国籍:インド
本拠地:イギリス・シルバーストン
会長&チーム代表:ビジェイ・マリヤ
共同オーナー:ミシェル・モル
最高執行責任者:オットマー・サフナウアー
チームディレクター:ボブ・ファーンリー

14.(ポール・ディ・レスタ/イギリス・スコットランド) 正式に発表はないが、VJM08発表会参加・シェイクダウン実施までしたんだから残留だろう。
15.

テストドライバー
ジェームズ・ロシター/イギリス(前からシミュレータ作業やってたみたいです)

マシン:VJM06(ビジェイ・マリヤの頭文字、6番目のマシン)
エンジン:メルセデス

2つ目のシートを争っているのは現時点でエイドリアン・スーティル/ドイツ、ジュール・ビアンキ/フランスに絞られているようだ。
ビアンキはレースシート獲得ならなかった場合、フォースインディアのリザーブドライバーを続ける可能性がある。


それと、マクラーレンMP4-28は段差ノーズだという事です。
化粧パネルが装着されている訳ですが…やべぇ、見た目じゃわからんwww


ケータハムがレースドライバーにギエド・ファン・デル・ガルデの起用を発表。
2012年にケータハムのリザーブドライバーを務めていた彼がレースドライバーに昇格、という形になりました。
これでケータハムのドライバーラインナップが完成。
フランス人のシャルル・ピックとオランダ人のギエド・ファン・デル・ガルデの若手ペイドライバーコンビで臨みます。
GP2ではコンビを組んだ事がある2人です。






続きからアニポケ、コメント返信!

続きを読む "今年も早いもので、後10ヶ月"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年2月 1日 (金)

北海道 留萌振興局 遠別町

遠別町。
えんべつちょう。


天塩郡。


地名の由来はアイヌ語で「ウェンペッ」(悪い川)から。


留萌振興局の北部に位置。
やっぱり海に面している部分がある。

山はピッシリ山というのがあるようだ。因みに、天塩山系の最高峰らしい。
河川は遠別川。
湖沼は記述されていない。


主要産業は漁業、農業、酪農、林業等。
日本の稲作の北限地だとか。


カナダのブリティッシュ・コロンビア州に姉妹都市がある。


道の駅は「富士見」。
利尻富士という別名がある利尻岳が見えるとか。


利尻富士が見えるらしい「富士見ヶ丘公園」や「金浦原生花園」等が観光スポット。
原生花園(げんせいかえん)とは人為的な手を加えず、自然のままにした状態の湿地帯や草原地帯の事。自然のままでも色鮮やかな花が咲き、植生豊かである。その殆どが北海道内に存在する。
因みに、QMAで原生花園を答えさせるパネル問題がある。

また、やっぱり温泉もある。
旭温泉という。


エゾモモンガの「モモちん」というマスコットキャラクターが町のホームページに登場しているとか。
ゆるキャラとして定着しているのか…??







今日は月が変わるとは行っても、そこそこ落ち着いていた…。

で、QMAはするのであった。

全答5回くらいできるようになったなぁ。
具体的には覚えてないけど。

Dino_under6000
記録更新!

…しかし、個人的には凄く惜しいセットでした。。
だって、1問ミスだし、それ合ってたら6000点越えてたし…。
紛らわしい選択肢がある四択問題だったので、しっかり覚えていればなぁ。。
ぐぬぬ、悔しいのぅ…。





マクラーレン、2013年マシン、MP4-28を発表!

パッと見は変わらないかな?
と思ったけど、随所に変更が加えられておりました。
フロントノーズはここ最近のマクラーレンの流れをそのままにした、滑らかなもの。
段差がないだけで綺麗で速く見えてしまう不思議w

フロントサスペンションはフェラーリの昨年マシンF2012に倣ったプルロッドサスペンションを使用。
フロントサスペンションにプルロッド構造を使用するコンセプトはフェラーリが去年復活させる前にミナルディが2001年シーズンでやっておりますが、それ以来という事で。
去年、フェラーリがトレンドを作り、それに乗った形ですね。
どうやら、マクラーレンもアグレッシブにきているようです。

また、MP4-28はノーズ周りやリアのボディワークも変更が加えられているようです。
昨年マシンMP4-27とのリアの比較とかしてないから分からんけど。
ノーズは去年より高さが高くなっていて、より「ハイノーズ」になってる印象。
後、ノーズもそうだけど、全体的にスリムになってる感じがする。

外から見て分かりやすいのはサイドポッドの形状でしょうか。
昨年は長方形でしたが、今季はサイドポッドの外側下部が抉られているので形状変化。
幅も短くなっているかな?

尚、ロータスとは違って受動的ダブルDRSを搭載していない模様。

マクラーレンは今年で50周年。
その為か、発表会は結構派手に演出されたみたいですね。
さて、今年はどのような活躍をするのだろうか…?


マクラーレン
ボーダフォン・マクラーレン・メルセデス

チーム国籍:イギリス
本拠地:イギリス サリー州ウォーキング
グループ最高経営責任者:ロン・デニス
チーム代表:マーティン・ウィットマーシュ
テクニカルディレクター:パディ・ロウ
ディレクター・オブ・デザイン&デベロップメントプログラム:ニール・オートレイ
マネージング・ディレクター:ジョナサン・ニール
スポーティングディレクター:サム・マイケル

05.ジェンソン・バトン/イギリス
06.セルジオ・ペレス/メキシコ

テストドライバー(2人とも未発表)
ゲイリー・パフェット/イギリス
オリバー・ターベイ/イギリス

マシン:MP4-28(Marboro Project4の略。28番目のマシン。)
エンジン:メルセデス







続きからコメント返信!

続きを読む "北海道 留萌振興局 遠別町"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »