« 時間はとろけてしまったようだ! | トップページ | 予想された変化 »

2012年11月28日 (水)

目まぐるしい最終戦

うおぉ…。。
今日は予定があったのに、ちょっと離脱が遅れた…。。
走ったら疲れるわw

…あれ、体力何処行った。


自分の時間がもっと欲しいです…(´・ω・`)






皆も闘技会出場しなかったキャラでエントリーシート考えてみたら良いのにw


やっぱり正統派のアナサジだとこう派手な技があまりないのかなぁ、と思いつつ。
技の基本的な傾向とかはうちのも同じ感じになりますかね。
そして安定の必殺技が5ターン目&暴走系必殺技、と。

まさかの非公開www
せめて並び順だけでも…www

あー、うちの獣群の考えるの忘れてたなぁw
まぁ、技名とか考えてないからアレなんだけど。
職業タイプとか被りそうだしw

朱雀は割とバラエティ豊かな攻撃できるけど、青龍、白虎、玄武、2頭犬×2は割と技のレパートリーが狭そう。
2頭犬×2なんて似通ってるし…。





続きからコメント返信、F1ブラジルGP!



蒼蟲さん:勿論、日本人ですから。
日本人の活躍はやっぱり嬉しいものです。
後は、希望が持てそうってのもありますね。
先日フォーミュラニッポンで優勝した中嶋一貴はF1向きじゃなかったのかぁ、と思いつつ。
えぇ、接触して退場している事も多いですw
後は、最後尾まで下がってるとか。
グロージャンに限っては、集団でいるから以外の要因もありそうです…。


結構長くやってるので、そろそろあり得そうだな、とw


良かったのかwww
うちはそんな話聞かなかったなぁ…。
まぁ、あんまりクラスの会話を聞いているような立場じゃなかったしね。
うなぎって蒲焼きとか出ました?
うちはぶつ切りになったものがご飯に混ざってたんですが。


それに、ある程度掴まないと会議にもなりませんので…。
ネタ元すげぇですよwww
そうですね、勝たせたいと思っても、それは親としての気持ちで。
必ずしもそうなる訳じゃあないので。


トゲゾーコウラマジで痛いですよね…!
順位落とすと中々挽回できない所はレースらしい。
激しい攻撃をかいくぐりながら 走行する訳ですね!
なんてF-ZEROwww


パルシェンってそんな速かったっけwww
忘れてたwww
HP極端…って程ではないですけど、低いですよねぇ。
とくしゅこうげきなんて喰らったら死ぬw
あくびを使うならまもるあたり欲しい所ですかね…。


そういや、イッシュポケもリストラいるんですねwww
誰がリストラさせられるのか…。
これは中々世知辛い世の中。


牙だけじゃなく、特徴的な歯をしていると割と「ドン」って付けられたりしますねぇ。
結構率直な名前を付けるのが生物の命名。
ラテン語とかだから結構難しかったりもしますが。


伝説の悪魔やべぇwww
魔「王」すら凌ぐwww
悪魔のくせになまいきだwww


ふむふ、もしかしたら変わってる?
巨大イカwww
…ドラクエらしい、可愛げのある巨大イカですねwww
あれでSランク…www
巨体に相応しい大食漢www
何気に強いのかwww
そして更に何気に強い巨大ミミズwww
なんでこんげきりょく高いん?www


コメント、ありがとうございました〜!







2012年F1最終戦第20戦ブラジルGP決勝!!


マッサとバリチェロがお話してたらしい!
…あ、ミカ・サロ。


サンパウロは曇りである。
数々の結果を生み出してきたインテルラゴス。
今年はどんな結果を生み出すのでしょうか…。


シューマッハがサンキューフラッグ掲げながら走っております。
シューマッハ、ラストラン。
そして2度目の引退をするのです…。

ハミルトンはマクラーレンでのラストラン。
ペレスと可夢偉はザウバーでのラストラン。
ヒュルケンベルグはフォースインディアでのラストラン。
ピックはマルシャでのラストラン。
ブルーノはウィリアムズでの、ペトロフとコバライネンはケータハムでのラストランになる可能性が高いと言えるかもしれません。
グロージャンもロータスでのラストランになる可能性が少しあったり。
カーティケヤンもHRTでのラストランになる可能性があり…っていうか、HRT自体ラストランになるかもしれない。
そうすると、デ・ラ・ロサのHRTでのラストランという事にもなりますが。


…おっ、小雨か?
ぽつぽつ雨が降ってきているようです。
その中での、スタートを迎えようというインテルラゴスのグリッドです。


どうやら、全車ドライ用のタイヤのようです。
可夢偉、シューマッハ、グロージャンがハードタイヤ。
その他は全員ミディアムタイヤです。
…通常は逆になる筈なんだけど、ハードタイヤの方がタイヤの暖まりが良いとか何とか。。


さぁ、いよいよです。
こういう時に何で塩原ポエムが聞けないのかと思いつつ。
2012年最終戦のシグナルがブラックアウト!!

レッドブル勢が遅れた!
フェラーリ勢が好スタート!!
マッサがベッテル、ウェバー、バトンをかわして2番手に浮上!
アロンソも2つくらい順位を上げてるかな?
5番手くらいだったか。

1コーナー、続く2コーナーでの混乱はあまりないようです…と、ライコネンが2コーナーでコースオフした!
が、大丈夫そうだ。
軽く接触があったか?

4コーナーで大規模なクラッシュが発生!
ベッテルが後ろ向きになっているぞ!
ブルーノがベッテルに追突、ベッテルがスピンして後ろ向きに!
弾かれたブルーノはやってきたペレスに激突!
マルドナドやロズベルグ?シューマッハ?達がベッテル達をかわしていく。
そしてベッテルのオンボードに映し出された可夢偉の神回避!

マッサ、バトンにかわされて3番手!

オープニングラップはハミルトン、バトン、マッサ、ウェバー、アロンソの順!
ホームストレートでウェバーがマッサにアタック!
アウト側から行きますか…。
おっと、アロンソがアタック開始!
マッサ、ウェバーを左に寄せた!
アロンソに道を開けた状態である。
そしてアロンソがマッサとウェバーをかわした!
アロンソ、3番手!
ベッテル、ピットインかと思われたが、ピットインなし。
左のフロアにダメージがあるようだ!

アロンソの彼女、ダーシャ・カプスティーナとマッサ母が同じリアクション取ってる。
ペレスとブルーノがリタイアしています。


3周目。
…あれ、マルドナドもリタイアしてた。
いつの間に。
スピンでリタイアらしいが。
これでウィリアムズは早々に店仕舞い。
少し復調したシーズンをこのような形で終えるとはなぁ。

…お、ヒュルケンベルグがウェバーをかわした!

ベッテルのチームラジオ。
恒例の「最初聞き逃した」www
マシンにダメージなし、だそうだ。
それを裏付けるかのようなベッテルのファステスト!


5周目。
アロンソ、コースオフ!
これで差が詰まったウェバーだが、アロンソをかわせない!
そしてウェバーの真後ろにいるマッサからのプレッシャーが物凄いwww


7周目。
グロージャン、ストップ!
単独スピンして壁に激突してしまったようだ!

おぉっと、ウェバーがスピン!
…可夢偉と接触したようだ。
可夢偉、フロントウィングに壊れた翼端板が挟まってるぞ!
うわぁ、マシンが安定せずにゆらゆらしとる。

ベッテル、はえぇ…!
そして雨が激しくなってきたようだ。


9周目。
可夢偉、ピットイン!
ウィング交換、そして雨用の浅溝タイヤ、インターミディエイトタイヤに交換!
ライコネンはもうインターミディエイトタイヤに換えているようだ。


10周目。
1コーナーでリチャルドがベルニュと軽く接触!
…あれ、パーツ飛んだ?
そしてそのパーツをマクラーレンが踏んだようだが…。

マッサだったらまさかwww


そしてここでインターミディエイトに交換ラッシュ!
ウェバー、滑ってピットボックスに止まりきれず。
危ない危ない。
アロンソ、ベッテルも交換!


12周目。
バトン、ピットに入らないようです。
ヒュルケンベルグも入ってないね。


13周目。
…ん?
ウェバー、ベッテルを先に行かせた?
チームオーダーしないって言ってたのにwww

ピックが可夢偉を幅寄せ。
あれは厳しいなぁ…。

シューマッハは最後尾の20番手。
だが、ペースは速いらしい。

…あ、マルシャの1台がコースオフってる。
位置的にグロックか?


15周目。
マッサ、ドライタイヤだが、厳しい!
ずるずる後退中。
ドライタイヤの方が速いようなそうじゃないような微妙な感じらしい。


16周目。
マッサ、ここでインターミディエイトに交換!
マジか…。
バトンにヒュルケンベルグがアタックを開始しました!

ニューウェイ先生がベッテルのマシンのダメージ写真見てるwww
ピットの時に撮ったんだろうか。


小雨の中のバトル!

19周目。
ヒュルケンベルグがホームストレートでバトンをかわした!
ヒュルケンベルグがトップ!


20周目。
ベッテルに恒例のBox!Box!Box!
タイヤは…ハードタイヤ!
…え?ウェバーもピットイン?
7秒あればダブルピットストップできるのかwww
あれ、結局しなかったようだ。


21周目。
ロズベルグ、右リアがパンク!
ゴムが飛ぶ飛ぶ。
ピットに戻ってきたけど、フロアにダメージがあるらしい。

ヒュルケンベルグがファステスト!

ニコニココンビ、明暗がくっきりと分かれています。


23周目。
アロンソが文句言ってる。
まぁ、確かにデブリが酷いねwww
そしてアロンソの希望通り(?)セーフティカー!


24周目。
ヒュルケンベルグ、バトンここでピットイン!
…リタイアしたペレス、ブルーノ、グロージャンが連れ立ってピットに歩いていくw
グロージャンが2人に合流する形になったらしい。


29周目。
可夢偉が1コーナーでレッドブルの2台をまとめてオーバーテイク!
これで5番手!
可夢偉、頑張ってるぞ!
更に、アロンソに迫っていく!


31周目。
ハミルトン、バトンかわした!
割とマクラーレンバトルやってたんだよな、この2人。
あまり目立ってなかったけど、良いバトルしてた。
2人共楽しんでたんだろうなぁ。


32周目。
可夢偉がアロンソをかわした!
そしてマッサがディ・レスタをかわした!
ディ・レスタがずるずる下がっております。


33周目。
アロンソが可夢偉を抜き返した!
まぁ、仕方ないね。

おっと、ライコネンがコースオフってた!


34周目。
おぉ、マッサがベッテルをかわしたぞ!
ベッテルのマシンにダメージがあるのもそうだけど、マッサも調子が良いからなぁ。


37周目。
マッサが可夢偉をかわして5番手!
おっと、ディ・レスタがスピンしてるぞ!

…ベッテル、DRSゾーンでもKERS使ってない。
ってことは、今は使えない状態って事か?


39周目。
ホームストレートから2コーナーにかけて、ライコネンがシューマッハをかわす!
サイド・バイ・サイドの熱いバトル!!
これがワールドチャンピオン同士のバトルか…。

…あ、シューマッハはディ・レスタにも抜かれた。

マッサ、後ろの可夢偉がDRS使える状態になるように調整してる?
それでベッテルに可夢偉を抜かせないようにしてる気がする。


47周目。
ハミルトンがヒュルケンベルグに近付いている!

…おっと、ペトロフがスピン!
路面が濡れてるからかね。
どうやら、雨がまた激しくなってきたか?


…あーっと!!
ヒュルケンベルグ、ツルケンベルグ。
スピンは免れたが、スリップ!
その隙にハミルトンがトップに躍り出た!


53周目。
ベッテルに2度目のBox!Box!Box!
今度はミディアムタイヤだ!
…あ、いつの間にかシューマッハが9番手に!

ライコネン、スリップ!
フェンスの間にある出入り口を通ってコースに復帰しようってのか。
サポートレース用のピットレーンらしいが…。
…あ、ゲート締まってるwww
袋小路状態www
キミ・ライコネン、君・迷子ネンwww
結局Uターン(できるんだな…w)して泥を撥ね飛ばしつつコース復帰w

ライコネンは完全にネタキャラだなwww
フィンランドの酔っ払い漫才師w
木曜日にサンパウロに来てコース下見していれば良かったのにwww


55周目
ヒュルケンベルグ、ホームストレートでハミルトンにアタック!
1コーナーでバックマーカーを巻き込んだバトルか…ってあっー!!
ハミルトンとヒュルケンベルグかヒット!
ヒュルケンベルグ、曲がろうとしたらリアが滑ってハミルトンに接触!
ハミルトンの左フロントサスペンションが逝ったー!

ハミルトン、ここでまさかのリタイア!
マクラーレン最後のレースはリタイアか…。


可夢偉、ベッテル、ピットイン!
アロンソ、現在3番手!
だがドライタイヤじゃ厳しいらしい!
やっぱりピットイン!
…あれ、ベッテルのピットストップ結構時間かかってたんだな。
タイヤの用意がされてなかった…っていうか、用意が間に合わなかった?

ヒュルケンベルグがピットイン、雨用のタイヤにチェンジだな?


58周目。
ヒュルケンベルグ、前の周のピットインに続き、ドライブスルーペナルティを消化。
…おや、ベッテル、デブリ踏んだ?
それとも、ベッテルのマシンから飛んだ?


62周目。
アロンソ、2番手のマッサに順位を譲ってもらって現在2番手!
マッサはホント今日は凄いサポートしているね!
そして、自身も速いのだ…。


雨、結構強いかもしれん。


レッドブルのチーム無線。
ベッテルにあまり無理するなって言っておりますwww
でも、ベッテルは速く走っちゃうんだよねぇ。それがレーサーである。
…おい、ホームストレートwww
ウォータースクリーンで見えないwww

ベッテル、前のシューマッハが見えてきた!
…あ、シューマッハはベッテルに順位譲っちゃったなぁ。
まぁ、ワールドチャンピオンかかってるし、同じドイツ人だし…。


68周目。
今度は可夢偉がシューマッハに近付いてきた!
7番手争いです。

…でたぁ、恒例のホナ足www
レッドブルのチーム代表、クリスチャン・ホーナーさんはプレッシャーのかかる環境になると足を貧乏揺すりさせるよなw


70周目。
うおぉ…可夢偉、この場面でスリップ!
1コーナーでシューマッハにアタックしたが、接触して滑ったのか…!!
可夢偉、何とか9番手!
因みに、君・迷子ネンが現在10番手であるw
迷子になったのにポイント圏内とかwww


おーっと!!
ディ・レスタが滑って派手にクラッシュ!
デブリがめっちゃ飛んでるがな!
マシンは壊れたが、彼自身は大丈夫。
でも、彼の後半戦を象徴しているようだな…。


そして勿論入るセーフティカー!!
そのまま71周目、ファイナルラップだ!

セーフティカーが入る…けど、最終コーナー手前のデブリが全然片付けられてないぞwww
マシン1台分しか通れないから行列に。
セーフティカーはピットに戻ったけど、これはバトルできないだろwww

そしてそのままの順位でチェッカーフラッグを受ける各車!


ベッテル、ワールドチャンピオン3連覇決定!!
25歳と145日…かな??
史上最年少3連覇だ!
3年連続は今の所ベッテルのみ。
その上はファン・マヌエル・ファンジオ(4年連続)とミハエル・シューマッハ(5年連続)だ。

因みに、ファステストラップはハミルトンでした。


各国の国旗が舞う。
マッサ、隊列から外れて観客に挨拶!
母国だからね!


ベッテルとシューマッハの熱い包容!
シューマッハは自分の事のように喜んでいるだろうなぁ。

アロンソ、ヘルメットを被ったまま無表情で佇む。
…放心状態?

表彰台はまずフェラーリの2人が登場!
…うおぉ、マッサが泣いてる!!

バトンとマッサが話してる。何を話しているのだろうか。


トロフィ授与!
やっぱりマッサの時の歓声が大きいね!


シャンパンファイトのBGMがサンバのリズムwww
陽気な音楽で複雑なシャンパンファイトである。


バトンは開幕戦と最終戦を優勝で締めるという功績を残したね!

今年最後の表彰台インタビューはネルソン・ピケだと…?

「自分のせいじゃないアクシデント」=グロージャン
の事かなwww


ピケ、マッサの肩を揉み揉みwww
ブラジル人の友人が表彰台上がってちょっと嬉しそうなピケ。


優勝はジェンソン・バトン/マクラーレン
2位はフェルナンド・アロンソ/フェラーリ
3位はフェリペ・マッサ/フェラーリ
4位はマーク・ウェバー/レッドブル
5位はニコ・ヒュルケンベルグ/フォースインディア
6位はセバスチャン・ベッテル/レッドブル
7位はミハエル・シューマッハ/メルセデスAMG
8位はジャン=エリック・ベルニュ/トロロッソ
9位は小林可夢偉/ザウバー
10位はキミ・ライコネン/ロータス

ここまでがポイント獲得。

11位はヴィタリー・ペトロフ/ケータハム
12位はシャルル・ピック/マルシャ
13位はダニエル・リチャルド/トロロッソ
14位はヘイキ・コバライネン/ケータハム
15位はニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
16位はティモ・グロック/マルシャ
17位はペドロ・デ・ラ・ロサ/HRT
18位はナレイン・カーティケヤン/HRT
19位完走扱いはポール・ディ・レスタ/フォースインディア


リタイアは…
ルイス・ハミルトン/マクラーレン
ロマン・グロージャン/ロータス
パストール・マルドナド/ウィリアムズ
ブルーノ・セナ/ウィリアムズ
セルジオ・ペレス/ザウバー


…ラップチャートの前半がぐちゃぐちゃすぎるwww


ドライバーズランキング!
1位:ベッテル(ドイツ)/レッドブル(281Pt)
2位:アロンソ(スペイン)/フェラーリ(278Pt)
3位:ライコネン(フィンランド)/ロータス(207Pt)
4位:ハミルトン(イギリス)/マクラーレン(190Pt)
5位:バトン(イギリス)/マクラーレン(188Pt)
6位:ウェバー(オーストラリア)/レッドブル(179Pt)
7位:マッサ(ブラジル)/フェラーリ(122Pt)
8位:グロージャン(フランス)/ロータス(96Pt)
9位:ロズベルグ(ドイツ)/メルセデスAMG(93Pt)
10位:ペレス(メキシコ)/ザウバー(66Pt)
11位:ヒュルケンベルグ(ドイツ)/フォースインディア(63Pt)
12位:可夢偉(日本)/ザウバー(60Pt)
13位:シューマッハ(ドイツ)/メルセデスAMG(49Pt)
14位:ディ・レスタ(イギリス・スコットランド)/フォースインディア(46Pt)
15位:マルドナド(ベネズエラ)/ウィリアムズ(45Pt)
16位:ブルーノ(ブラジル)/ウィリアムズ(31Pt)
17位:ベルニュ(フランス)/トロロッソ(16Pt)
18位:リチャルド(オーストラリア)/トロロッソ(10Pt)
19位:ペトロフ(ロシア)/ケータハム(0Pt)
20位:グロック(ドイツ)/マルシャ(0Pt)
21位:ピック(フランス)/マルシャ(0Pt)
22位:コバライネン(フィンランド)/ケータハム(0Pt)
23位:カーティケヤン(インド)/HRT(0Pt)
24位:デ・ラ・ロサ(スペイン)/HRT(0Pt)

アロンソ、3ポイント差でワールドチャンピオンを逃す。
今年も接戦となったシーズンでしたね…。

ライコネン、20戦全戦完走、かな?
そして17戦連続でポイント獲得。安定しておりました。

マッサ、苦しいシーズンだったけど、最終戦を終わってみたら7番手!
ウェバーには離されているものの、前半の不調を考えるとよくここまで持ち直したものだ!

可夢偉、最後にヒュルケンベルグに逆転され、ランキング12位。だが、多くポイントを取っているペレスより入賞回数は多いぞ!2回くらい多い筈である。

シューマッハ、ラストシーズンは13位で終える。
7度のワールドチャンピオンはラストランとなった今回、7位でフィニッシュ。308戦前の1991年ベルギーGPで予選7番手を獲得(決勝は0周リタイア)しており、メルセデスGP-メルセデスAMGにおいてカーナンバーは「7」だった。
因みに、今回の表彰台3名、バトン・アロンソ・マッサは1度目の引退時のラストラン(2006年ブラジルGP)と同じメンバーらしい。
その時の順位はマッサ、アロンソ、バトン。なんと、今回の結果を反転するとこの結果になる!

11位を獲得したペトロフが下位3チームのドライバーのトップに躍り出る。
そして12位を1回獲得しているグロック、ピックがコバライネンの前に出ました。


コンストラクターズランキング!
1位:レッドブル/オーストリア(460Pt)
2位:フェラーリ/イタリア(400Pt)
3位:マクラーレン/イギリス(378Pt)
4位:ロータス/イギリス(303Pt)
5位:メルセデスAMG/ドイツ(142Pt)
6位:ザウバー/スイス(126Pt)
7位:フォースインディア/インド(109Pt)
8位:ウィリアムズ/イギリス(76Pt)
9位:トロロッソ/イタリア(26Pt)
10位:ケータハム/マレーシア(0Pt)
11位:マルシャ/ロシア(0Pt)
12位:HRT/スペイン(0Pt)

マクラーレン、バトンが優勝するも、フェラーリがダブル表彰台を獲得した事により2位を奪えず。

ザウバー、メルセデスAMGを捕らえる事ができず、ランキング6位。

ペトロフが11番手を獲得した為、ケータハムがマルシャをかわしてランキング10位に浮上。
これにより、ケータハムは賞金の分配を受けられるようになりました!
マルシャ、最後の最後でコンストラクターズ10位、そして賞金の分配を逃す。
HRT、おそらく初めてコンストラクターズランキング最下位。


そして2012年のF1も終わってしまいました。
あまりレギュレーションが変わらない来季、やはりレッドブルが開幕から強さを見せるのでしょうか。
それとも、フェラーリ、マクラーレン、ロータス辺りが巻き返しを図ってくるのか?
メルセデスAMG、ザウバー、フォースインディア、ウィリアムズ、トロロッソ辺りの争いも激しくなりそうですね。

下位3チームはどうなるでしょうか。
今季、中団チームに食い込む自信を見せていたケータハムだが、結果はこの通り。
主にマルシャとの戦いでした。
来年こそは中団チームと戦えるのか?

そしてマルシャは来季、KERSを手に入れるので、更なる飛躍があるのか?
…分配金受け取れないからアレだけど。

HRTはまず、来季のグリッドに並ぶ事ができるのでしょうか?!
チーム売却とか色々出てますけど!

|

« 時間はとろけてしまったようだ! | トップページ | 予想された変化 »

コメント

うん、無いからこそ自分の時間が欲しいと思えるんだよ、多分。

そんな事を考えるのはあんただけだ!w
と、あえて厳しくw

日本出身のF1選手として引っ張っていく存在ですからね。
そりゃ嬉しいよな。
誰もが向いているとは限りませんしな。
でも他の競技で活躍しているなら喜ばしいこと。
やはり狂人って言うだから自分からぶつかっていくのか?w
それで退場になったら意味が無い気が...。

まぁ俺が知る限りではそこまで早く潰れたシリーズはあまりないですね。
親会社が倒産でもすれば別ですけど。

ええ、蒲焼は1回か2回...。
あんないいものはそう何度も出ないですね。
俺も一時期混ぜて食ってたっけなぁw
今は普通に乗っけて食ってます。

それで勝たせようといろいろ工作するようではただの親馬鹿ですね。
自分のキャラの能力を信じるからこそいいんだよな。
中にはどうあがいても勝てないキャラもいるでしょうけど
それは仕方ない事ですね。

ダイパ時代は速さを生かして自爆とかさせられてたんですよw
今はそういう事はする必要はないというかそもそも大爆発が使いにくくなったというか。
下手したら真空波でも倒されかねないw
HPに振れば耐えるでしょうけど氷柱針があるので素早さに振る型が多いようで。
守るも入れるといいかもですね、こう考えるとリーフィアは結構技が多彩だな。
問題は補助技は多いけど攻撃技が少ない所だけど。

意外なことにタツベイ系統は3匹とも入ってるようでw
ポケナガでも600族で唯一出演できなかったり。
ポケセンの配布でもハッサムに枠を奪われたり
何かと不遇でしたが出演できてよかったw
しかしこの限られた枠の中で出るって事は何かストーリーに関わるんでしょうかねぇ。
サザンドラと戦ったりするんだろうか...。

日本だとドンは怪獣の名前によく使われますね。
こういう濁点の多い名前は子供にカッコいいという印象を与えるとかどうとか。

「破壊と殺戮の神」という二つ名まであるそうですw
何者も彼を無に帰すことはできないとか...。
ちなみに彼はドラクエで唯一カンストダメージの9999を出したキャラでもあります。
相手はデスタムーア...。

オセアーノンはドラクエ8に登場したボスキャラですね。
直接プレイはしてないけど動画で見たことあるな。
髭っぽいものがついているせいかやけに顔グラが凛々しい印象w
マヒャドか何か使ってきた気がするけど
ブオーンの灼熱やジゴスパークと比べたら軽いですね。
しかしまともにやると全体の通常攻撃ですぐに全滅するので
手持ちを一度にすべて出さずに1匹づつ出して
全体攻撃で全滅しないようにするようにしました。
これで怒らせるまでは何度もスカウトできる。
ミミズ強いですねぇ、殆どの敵を一撃で葬り去る圧倒的なパワー。
素早さが低いんで攻撃をよく外しますけど...それが気にならないほど火力が高い。
まさにタイラント(暴君)。
賢さなんて完全に終わってますけどwまぁ呪文を使わなければいい事だ。
ミミズなんで全長を含めたらギガボディモンスターの中でもトップクラスの大きさなんじゃないでしょうかねぇ。
DQMJ2の時と比べると体色がグレーと緑になって若干ヘビっぽくなってますが。
ちなみに俺のタイラントワームは♀ですw
同種族のおおみみずを♂にして配合して擬似的な転生をさせようかなと。
しかしおおみみずの入手条件がややこしくて仲間にするには相当時間がかかりそうだな。
こいつも「おお」とはいえせいぜい人間大ぐらいかと思われてたら...w

では失礼しますね。

投稿: 蒼蟲 | 2012年11月28日 (水) 18時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 目まぐるしい最終戦:

« 時間はとろけてしまったようだ! | トップページ | 予想された変化 »