« 満天の星空の元 | トップページ | 今年のF1も終わりかぁ。 »

2012年11月25日 (日)

ミッドナイト・フィナーレ

今朝起きた時はあまり具合が良くなくて。
うっかりピザパン食べなければ良かったなぁ。。

まぁ、昼間のうちに収まったけどね!
良かった良かった。

QMAしてきたけど、特に何もなしだよ。







遂にラストバトルな闘技会!

決勝戦!
すばしっこくいモンスターハンターと強烈な必殺技やクセのある技を持つ軍人との勝負となりました!
なんと、技の相性は互角!
5ターン目は同じタイプの技ですが、それまでは相手より有利な技を交互に繰り出しています。
この展開、決勝も面白くなりそうだ、と思いました。
実際、良いバトルになったんじゃないかなぁ、と思っているのですが、どうでしょうか。
濃ゆい内容のバトルが堪能できるんじゃないかと。
ただでさえ神秘的な夜のフィールドを、更に神秘的にする最初の必殺技。
ラストバトルに相応しい幕開けだなぁ、と思いましたとも。そして、相変わらず必殺技が時間差コンビネーションの始点となるのである。
軍人さんの必殺技で使う武器(銃器)選びは少し時間がかかりましたね…。手数の多さでマシンガン、そして威力と広範囲攻撃が出来るショットガンがチョイスされました。
片手でショットガンぶっ放したら、普通は腕をもってかれますが…ほら、彼、軍人だし。テンション↑↑だし。
軍人さんがレイピアを使ったのは鍛えてくれた人の影響で。
リスペクトとかあったのかもしれませんね。
レイピアの仕込み傘は相方発案です。こういう提案は俺にはできないだろうなぁ、と。
柔軟な発想良いなぁ…。
そしてハルバード、最初見た時、交流時のネタが即座に取り入れられたか!とちょっと嬉しくなりました。
更に、上手い事このハルバードが活躍する機会も生まれていました。
そんなハルバードに投げナイフを普通に使って対するってのも中々に燃える…と個人的には思っていますが、それは置いておいて。
軽量化されているとはいえ、重量のあるハルバードを片手で扱う。いやぁ、見応えばっちりですよね!
そしてアクロバティックな動きである。盗賊タイプらしい、俊敏さと身体能力の高さを活かしたアクションです。
5ターン目はまさかの花火攻撃被りw
片方は偶然出してる感じですがねw
ラストを飾るターン、非常に華々しくなったと思います。
そして、折角氷のフィールドになるのだから、ラストで盛大に崩せたら楽しいだろうなぁ、と思っていました。
…ら、どっちも火薬使うから願いが叶っちゃいました!
今回は面白そうな要素が互いに鑑賞せずに表せるようになっていたので、凄いです。
こういう事って中々ないのではないだろうか。
今回もちょくちょく会議時と変わっている所があります。
特に大きい変更だと感じたのは2ターン目と5ターン目です。
2ターン目は「シールドの破片を竜巻に巻き込ませたい!」なんてわがまま言ってしまいまして。会議時はシールドを張るのは1回だけでしたが、2回に変更されていましたね。そしてそれによってそんなわがままも不自然な事にはならず、描写された訳です。本当にすみませんでした。
5ターン目は結構曖昧な表現になってたけど、より具体的に書かれていましたし、勝敗も最後までわかり辛くしていましたし、過去の試合を再現するような展開が加わっていて燃えました。
因みに、変更になった展開にはモンスターハンターが「エンターティナーなら…こうするっ!!」なーんて言う場面がありましたw
そして華麗に採用されている俺のネタ発言w


まさか、ネタで言ったあの科白がそのまま採用されていようとは…www
まさか、あの部分であの技を使うとは…w
驚きである!
VIPルームも解散ー。
この部分も何だか祭りが終わったんだなぁって思わせられる部分だなぁ。
ちょっと寂しい感じ?
本人達はそんな事も無いんだろうけどね。
いやぁ、それにしても、凄いバトルを間近で見れるとか良いなぁ…。
新しい物語の登場人物も出てきたりして、中々豪華な顔ぶれになったものだ。
そして驚きの七賢率www
そりゃあなぁwww



さぁ、遂に決まりました!
優勝はオルナ!
準優勝はミィヤ!
3位はジル!
4位はジェント!
おめでとうございます…!!
閉会式があって、そして本当に終わる。





続きからコメント返信!



蒼蟲さん:そうなのかwww
明け方に朝飯食って寝るのかwww


明日は記録更新しないだろうし、あれが最後だと思います。
良い結果が残せて良かった良かった。
えぇ、初めて間近で見ました!
鈴鹿行った時よりも間近でした!
…え、謙遜じゃないっす。。


同じオープンホイールであるF1とインディじゃ随分と違うらしいし、複雑ですね。
オーバルコースも独特なレースらしい…。
まぁ、日本語的にするなら代役ドライバーって感じでしょうかね。
例えば、2輪の選手権であるロードレース世界選手権ではMotoGP(排気量1000cc)、Moto2(排気量600cc)、Moto3(排気量250cc)と3つのクラスがあります。
それだけでも結構複雑…。


「とげキャノン」って強そうな名前なのにねぇwww
エフェクトは良いのに、残念だ…。
あぁ、ドラゴンボールのキャラだったかw
ブロッコリーなのに激しい性格してるんですねぇw
リーフィアサブわざ少ないかぁ。。
リーフブレード、シザークロス、つばめがえし辺りあれば良いと思っていたwww


サウロポセイドンはブラキオサウルスに近縁とされ、最も背の高い恐竜と言われています。
高さ18m。
特に水辺に棲んでいたとかそういう記述はないですが、そもそもこんな感じの巨大な雷竜は水辺に棲んでいないとあかんかもしれませんね。体重が支え切れなくて。
そこら辺は分からん。
名前の由来は勿論ポセイドンですが、ポセイドンって海の神だけじゃなく、色々司ってますよね。地震を起こすとも言われていますし。


そりゃあ、悪役のトップが沢山いたらアレですもんねwww
デスタムーアってヘタレ魔王なのか…www


ふむ、技を使い続ければ続ける程強化されるのか。
だから通常攻撃が大幅に弱体化したんだな。
もう通常攻撃いらんやんwww
…と思ったけど、ヌケニン戦では役に立つなw
強化された技が使えるのはそのポケモンだけじゃないのか、それは心強い。
…補助系の技は割とすぐに強化されそうですねw
COMに覚えさせてれば勝手に使いますしw


コメント、ありがとうございました〜!

|

« 満天の星空の元 | トップページ | 今年のF1も終わりかぁ。 »

コメント

ピザパンか、学生の頃給食で
やたらでかくて固くて焦げててチーズが固まってるのを食わされたから。
あまりいい印象が無いな...市販のやつは普通に美味しいんですけどね。
今は調子が戻ったなら良かった。

決勝が終わったのですね。
俺も最初はただ設定作って頭の中で戦わせるだけかと思ってましたが。
結構登録したキャラの能力とか技が重要になってて
口には出しませんでしたが結構楽しめましたよw
ただ単に厨設定なら勝てるわけじゃないですしねぇ。
雷龍さんも次があったら優勝できるようにキャラを鍛えるんだ。

いや、普通に朝食の時間に食うのですがw
だからそれまで起きて待つわけですね、腹減ってると眠れないし。

今日の記録はどうなったやら...。

同じスポーツでもモータースポーツ全体だったら
野球だったらその一競技だけでなく球技全体(サッカーなど)
と同じぐらいの広がりがあると言う事ですね。
排気量1000ccか、マリオカートなんて150ccが最大なのにw
まぁあれは分りやすいように簡略してるのでしょうけど。

ダイパ時代はパルシェンの物理技の中では威力が高い方だったんだ...。
それでも恩返しにすら負ける威力だけど。
凶暴さだけなら随一でしょうね。
おつむの方はあまりよろしくないようですが...。
どれも威力が低く飛行に効きにくいのが厳しいですね。
恩返しや穴を掘るすら候補に入ってしまう。
草タイプらしい補助技も少ないですしね。

ただでかいからポセイドンなのですか。
確かにポセイドンってやたら大柄な神様ってイメージだけど。
そうか、それなら雷「龍」さんも海底に住むんだw
地震を起こすのか...巨大なナマズみたいなイメージ?
ドラクエにもポセイドンってモンスターがいますね。
DQM2で初登場した水系最強のモンスター(当時)
能力的にはずば抜けたところのないバランス型って感じでしたけど。

デスタムーアはラスボスとしては結構実力がある方で
お約束の3段形態に最終形態はドラクエのラスボスでも異例の
顔と右手左手に分かれての戦闘。
おまけに右手と左手は回復魔法や蘇生魔法まで使うという
本体である顔を蘇生されたらもうどうにもならないですね。
しかしシナリオにおいては彼の手下の一人で
シリーズでも強敵と名高いムドーの印象が強く
更にクリア後のイベントで隠しボスのダークドレアムにフルボッコにされてしまうという大魔王らしからぬオチがw
それらの要素が組み合わさってヘタレな魔王と言われているわけです。

使用したポケモンの技しか強化されないと
やはり最初から使える技やポケモンが強くなってしまいますからね。
これはいいシステムだと思う。
剣の舞のPPを強化できたら強そうだなぁ。
効果は高いけどPPが8しかなかったから連結しにくい。
今回は連結は無いようですけどね。

では失礼しますね。

投稿: 蒼蟲 | 2012年11月25日 (日) 18時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミッドナイト・フィナーレ:

« 満天の星空の元 | トップページ | 今年のF1も終わりかぁ。 »