« 虚弱体質と泥魚 | トップページ | 烈風の戦士と鳥成らざる者 »

2012年11月21日 (水)

万能ヒロイン?と慈しみの海賊

おひゃあ、またやってしもうた…!!
あかん…あかん…。。
寝坊あかん…。。






Gutexi_toomoikiya
グティ問題…と思いきや、ペ○ス問題でしたーw

…一昨日のです。。


今日はよっぽどやって帰ろうかと思ったけど、ちょっと遅くなってしまったので諦めて帰りました。
明日はやりたい…。
モタスポ検定できるの、日曜までだからな…。






突発!!「もしもうちのあの子が闘技会に参戦していたら」のコーナー!!
とても誰得なコーナーですね。

次はヒロインポジションかと思いきやそうでもないこの子!

●キャラ名:ホルム(ジオライト♀)

●職業タイプ:祈祷師
技種類:10種類

●行動
1・B
「ホルム式護身術」:相手の攻撃を逸らしつつ反撃を加える。相手のパンチやキックの勢いを利用したり空振らせるように仕向けて転ばせ、追い討ちで拳や蹴りを叩き込んだり、懐に潜り込んで鉄山靠をかましたり。
剣や槍といった近接武器を相手にするなら相手の間合いに入ったら一気に距離を詰めて剣の柄等を抑えて勢いを殺してしまうとか。そのすぐ後にダイレクトアタックをかましたり、バランスを崩させて隙を作り、攻撃を叩き込んだりする。
銃や弓等の場合、見切ってかわして近付いて武器を叩き落とすとか相手にダイレクトアタックするとか。
2・A
「ホルムコンビネーション Ver.P」:通常打撃のコンビネーション。ジャブ、アッパー、ストレート、肘打ち、アームハンマー(拳で思いっきり叩く)、捻り入りパンチといった殴り技が主体。
3・A
「ホルムコンビネーション Ver.K」:通常打撃のコンビネーション。ジャブ、ストレートの他、回し蹴り、ミドルキック、ローキック、ハイキック、跳び蹴り、膝蹴りといった蹴り技が主体。
4・B
「ラリアット」:相手の攻撃をかわしつつ懐に潜り込んでラリアットをかます。痛い。
5・D
「官能小説詠唱」:自作の官能小説をひたすらに音読する。という超羞恥プレイ。




次はポケ擬サイドの看板娘2人目!

●キャラ名:リヴァイア(ミロカロス♀)

●職業タイプ:魔術師

●行動
1・C
「たつまき」:扇子を振るって巨大な旋風を巻き起こす。進む方向を自由に操る事が出来る。
2・D
「ハイドロポンプ」:扇子を一振りして強力な高圧水流を放つ。シンプルな攻撃だが、いりょく120の必殺技の威力はダテじゃない!
水流の速度は多分音速とかそれよりちょっと速いとかそれくらい。直線的な攻撃だが、何発も撃つぞ!
3・C
「れいとうビーム」:閉じた状態の扇子の先から冷気のビームを発射する。直接攻撃する他、地形を変えたり相手の攻撃に撃って迎撃したり等の使い方ができる。こちらも速度は結構な速さ。
4・B
「じこさいせい」:強引に接近し、ツッコミをしただけで張り倒せるくらいの凄まじい腕力でぶん殴る。何処が「じこさいせい」かって?強引に接近している時にダメージを受けても回復してしまうから。これは強引に接近している時限定。また、銃弾や炎、雷といった攻撃は飛び道具は跳ね返す。精神攻撃は回復しようがないし、必殺技は突撃中であっても無理です…。
5・C
「れいとうビーム」


ジオライト2名が割とアレな事になっているのは仕様です。




さぁ、闘技会本編もいよいよ終盤へ…!
大会最終日となる3日目の開会式ですね…!


うわぁ、豪華で美麗…!
ちょっと映像化もとかしたら凄いんじゃない?!って感じの描写!
そしてすごくワクワクしてくる!
密かに盛り上がってきつつ、いよいよなんだなぁ、と若干寂しさもありつつ。
さて、勝ち残った4名のキャラクター達。
一体、どんなバトルを見せるのでしょうか。
そして、誰が頂点を獲得するのでしょうか。


…あ、噛んだwww


いやぁ、某君じゃないけど、ムズ痒いねwww
詳細は闘技会が終わった後にでも。






続きからコメント返信、F1アメリカGP!



コメント返信!

蒼蟲さん:アセト「やらしいとはなんなのだ!やらしいとは!ワガハイ、健全キャラなのだ!やらしさのカケラなんてないのだ!!」
藺牟田「ぐへへへへへへへへへへ!可愛いおにゃのこいないかなぁ?」
…だそうです。
盗賊とアサシンって結構イメージ的には似てる…いや、スキル的な意味で?
ナルトはまた違う感じがしますが…w
忍者らしいのもいれば、前線で戦う人もいますしねぇ。
忍たまは…何だろう?w
忍者は情報収集に長けていると良いですね。本業ですし。


ほほぅ、魚を捌くのが上手いのはえぇですのぅ。
中々上手く捌けないでしょうしね、魚。
俺は多分無理ですwww
親がいない時は、ですがね…w


贔屓してるつもりはないんだけどなぁw
ただ、モジャンボが攻撃してる所見てないのでなんとも…。
取り敢えず、分かってるのはいかりのこなとじこあんじですね。
このパーティの運用目的に合いそうなギガドレインとか使いそうですが。
トリルを使うので、絶対それも見込んでいると思います。
2体同時攻撃できて、ひるみも狙える。いわなだれは強力ですね!
…え、似てる…かぁ?www
ドナルdオーバさんあんなえっちぃ科白言わんwww
ヒヒダルマか…。
ストーンエッジも十分威力あるから、どっちを取るかは諸々考慮ですね。
ペンドラーに覚えさせるとむしやひこう、ほのおに有効なのが嬉しいですね。
ヘラクロスとかハッサムとかエアームドとかだとダメだけど。
あー、うん、いわなだれもちょっと地味になった感じが…w
ブースターさんはキックできるような感じじゃないんで、どちらにしろお預けですねw
サンダースはキックするけど、にどげりだし…w
ブレイスキックみたいに勢いのある飛び込み蹴りみちあなイメージの技はちょっとブースターさんじゃイメージできないなぁw


ラプトルは恐竜の名前に付けられますね。
メガラプトル、ヴェロキラプトル、エオラプトル、オヴィラプトル、シンラプトル等…。
ヴェロキラプトルに代表されるように、結構すばしっこい方ですが…メガラプトルやシンラプトルのように巨体を持つ者もいます。
素早さは当然、まぁ、仕方ないですね。
他にはディノニクスといった小型肉食恐竜やガリミムス、オルニトミムスのような「ダチョウ恐竜」と呼ばれる仲間達はすばしっこかったようです。


死ぬ直前に絶望させてからとかえぐいな!
ちょっと採用してみたい。
洗脳されてるから色々オカシイですねwww


デビルスナイパーとかあるのかw
強そう…。
超強力な狙撃銃なんでしょうか。
強化版ホーミングランチャーですか!
いやぁ、デビルランチャーって言っときつつ性能知らなかったんで…w
良いですねぇ、強そう!


兵士っぽいですもんね、デビルアーマーw
ギャンブラーパーティとか出来るって事ですね…w
なにそれ安定してなさそう!w
ギャンブルと言いつつ強化カウンターじゃないですかw
発動するかしないかのギャンブルか…。
したらラッキー、レベルか…w
自分達の実力を見せて仲間に誘うんですか…w
スライム♂「おい、見ろよ!俺達、こんなにもすげぇんだぜ!!俺達と一緒に行こうぜ!!」 しんりゅう♀「え〜?どうしよっかなぁ〜?気ままに暮らしたいしぃ〜。でも、一緒に冒険するのも悪くないかもぉ〜。」
みたいな感じですかね?w
お腹いっぱいになると怒らなくなるのか…?
ネタ魔王様か…w
最近巷に溢れつつあるな…w
自称魔王だったりして…w
Bランクなんだしw
でも、流石自称魔王だけあって、中々強力なんですね。
マダンテとか…。
にじくじゃくから魔王になるのか…。そして魔王が配合されたら破壊神になるのか…。
まぁ、まぁ、それらに匹敵する程危険視されてるって事でw
名前のインパクトとかそういうのはうん、度外視しましょw
名前より実力ですよwww
…あ、魔王っつーか怪鳥なんだw
そりゃあBランクにもなるわwww


コメント、ありがとうございました〜!






F1アメリカGP決勝!!


マッサがギアボックス交換したと判断されて5グリッド降格ペナルティ。
実際には交換してないけど、封印シールをはがしたらギアボックス交換と見なされるらしいよ。
これによってアロンソ7番手、マッサ11番手スタート。
どちらもコースの綺麗な側、奇数グリッドからのスタートとなります。


って訳で、スターティンググリッド。
ポールポジションはセバスチャン・ベッテル/レッドブル
2番手からはルイス・ハミルトン/マクラーレン
3番手からはマーク・ウェバー/レッドブル
4番手からはキミ・ライコネン/ロータス
5番手からはミハエル・シューマッハ/メルセデスAMG
6番手からはニコ・ヒュルケンベルグ/フォースインディア
7番手からはフェルナンド・アロンソ/フェラーリ
8番手からはロマン・グロージャン/ロータス
9番手からはパストール・マルドナド/ウィリアムズ
10番手からはブルーノ・セナ/ウィリアムズ

11番手からはフェリペ・マッサ/フェラーリ
12番手からはジェンソン・バトン/マクラーレン
13番手からはポール・ディ・レスタ/フォースインディア
14番手からはジャン=エリック・ベルニュ/トロロッソ
15番手からはセルジオ・ペレス/ザウバー
16番手からは小林可夢偉/ザウバー
17番手からはニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG

18番手からはダニエル・リチャルド/トロロッソ
19番手からはティモ・グロック/マルシャ
20番手からはシャルル・ピック/マルシャ
21番手からはヴィタリー・ペトロフ/ケータハム
22番手からはヘイキ・コバライネン/ケータハム
23番手からはペドロ・デ・ラ・ロサ/HRT
24番手からはナレイン・カーティケヤン/HRT


ベッテルの3年連続チャンピオン獲得が濃厚となっております。
ベッテルが優勝の場合、アロンソが5位以下であればチャンピオン決定です。


ペレスパネルを振るファンwww
メキシコ国旗を持つファン。


バトン、ロズベルグがハードタイヤスタート。
その他は全員ミディアムタイヤスタートです。


さぁ、第19戦、シグナルがブラックアウト!
やはり、奇数列のグリッドからスタートしているマシンは加速が良いですねぇ。
アロンソがクリーンなライン取り。

非常にワイドな1コーナー!
ここは上り坂になっているので、左側にある縁石が見えなかったりして結構特徴的なコーナー。
また、コース幅が広いので、様々なラインが取れ、オーバーテイクポイントとしても有望そうですね。
ピックとリチャルドが接触してどちらもフロントウィングに微妙にダメージを負ったらしいけど、それ以外はクリーンなスタートだと言えます。
とても汚れた所を走っていた何台かはコースオフしたりしてますが。
タイヤも暖まってないだろうし。
…あ、ライコネンもフォースインディアのマシンと接触してたみたい。
ポジション的にはヒュルケンベルグとの接触か?
問題なかったようですけどね。

さて、アロンソが7番手から4番手まで順位を上げてきました!
マッサは11番手から1つ上げて10番手!
可夢偉は偶数グリッドからのスタートだった為か、スタートはあまり良くなかった模様。
ハミルトンも同様にウェバーにポジションを奪われて3番手に後退しておりますね。

オープニングラップを終えてのトップテンはベッテル、ウェバー、ハミルトン、アロンソ、ヒュルケンベルグ、シューマッハ、ライコネン、グロージャン、ディ・レスタ、マッサ。


シューマッハ対ロータス勢。
まずはシューマッハとライコネンがバトルしてて、ライコネンが先行!
…したと思ってたけど、次に見たらグロージャン、シューマッハ、ライコネンになってたり。
どうやら、激しいバトルはグロージャンが先攻したようですね。

コーナーでウェバーをかわそうとしたハミルトン、膨らんで若干コースオフった。
でも、まだまだぴったりくっついて、チャンスを窺える位置にはいるようです。


5周目。
ハミルトンがウェバーをかわし、2番手を取り戻す。
…あれ、シューマッハが9番手までポジションを落としているぞ。
予選は良かったものの、決勝は厳しいか?
つか、メルセデスはタイヤの暖まり悪いし…。


6周目。
ヒュルケンベルグ対グロージャン。
…に集中してたら、バトンが1コーナーでマルドナドをかわしておりました。
グロージャンも1コーナーでヒュルケンベルグをかわそうとイン側を突く!
…が、ブレーキしきれず、膨らんでしまったのでかわせず。

おっと、グロージャンが単独スピン!
復帰した先はマッサ対シューマッハにの渦中。
マッサが復帰してきたグロージャンとシューマッハをかわして8番手!
直後の1コーナーではシューマッハにアタックされるが、ポジションをキープしていますね。
中段以降が団子状態。
順位の変動が多いっぽいなぁ。
…お、バトンが1コーナーでグロージャンをかわした!
バトンは1コーナーのインを突くの上手いなぁ。


13周目。
ヒュルケンベルグ対ライコネン。
ライコネン、1コーナー出口でヒュルケンベルグに並び、2コーナーで華麗なオーバーテイク!
しっかりと走行ラインを握っていたライコネンに軍配ですね。
走行ライン外だったヒュルケンベルグはブレーキするしかなかった。
マルドナドがシューマッハをかわしております。
レースペースが上がらない者同士な気がしたけど、マルドナドの方がまだレースペースは速いようだ。

14周目。
ここで可夢偉がピットイン!
ハードタイヤに替えて、1ストップ作戦か?
それにしては早過ぎるけど。

…おっと?
ベルニュがグラベルでストップ。
どうやら、サスペンションが壊れたらしい。
メルセデス勢とのバトルでコースオフしたけど、それが原因か?

その間にマッサがヒュルケンベルグをかわして6番手!
マッサのペースが良いのか、ヒュルケンベルグのペースが落ちたのか。
或いは両方か。


18周目。
ウェバー、KERSトラブル発生!
ウェバーにKERSトラブルってよくある気がするんだけど、気のせいですかね?
それに伴うブレーキバランスの事について無線が入っていたが…あらら、ウェバーがコースオフ!
そしてストップである。
どうやら、またしてもオルタネータのトラブルで停止せざるを得なかったようだ。
今年のレッドブルのアキレス腱、オルタネータがまた切れた。

取り敢えず、順位…。
ベッテル、ハミルトン、アロンソ、ライコネン、マッサ、ヒュルケンベルグ、ディ・レスタ、ペレス、ブルーノ、バトン、リチャルド、マルドナド、ロズベルグ、ヒュルケンベルグ、グロージャン、ペトロフ、コバライネン、グロック、シューマッハ、可夢偉、、ピック、デ・ラ・ロサ、カーティケヤン。


19周目
マッサ、がファステスト!
アロンソはピットイン!
あ!
右リア遅れた…!!
タイヤ交換に6秒ちょいかかっております。


22周目。
ベッテル、ピットイン!
タイヤ交換時間は2.7秒…!

ブルーノ、コーナーを曲がったら横からバトンが接触!
ブルーノ、姿勢を崩すが、持ちこたえた。


24周目
アロンソ、バトンにかわされる。
ハードタイヤの暖まりが悪いようだ…。

お、ブルーノがファステスト。
そしてハミルトンがライコネンをかわした。
そのライコネンがピットイン!
こちらもタイヤ交換に時間かかったなぁ。
6秒台?
そしてリチャルドにかわされるライコネン。
ハードタイヤはロータスのマシンでも簡単には暖まらない。


27周目
マッサ、ピットイン!
取り敢えず4番手。
だが、暖まらないハードタイヤ。
後ろにいたリチャルドに簡単にかわされる。
その真後ろにいたライコネンはブロック成功。
まぁ、リチャルドはまだピットインしてないけど。

で、マッサ対ライコネン。
1コーナーでかわされました。
グリップせず、ディフェンスしきれないとか。

順位。
ベッテル、ハミルトン、バトン、アロンソ、ライコネン、マッサ、グロージャン、ロズベルグ、ヒュルケンベルグ、ブルーノ、マルドナド、ペレス、リチャルド、シューマッハ、可夢偉、ディ・レスタ、ペトロフ、コバライネン、グロック、ピック、デ・ラ・ロサ、カーティケヤン

35周目
ロズベルグがピットイン!
ピットインしてないのは後はバトンだけかな?
そのバトンも36周目にピットイン!

ハミルトン、ベッテルに猛チャージを続けております。
だが、ベッテルがファステストを連発、突き放す!

ミディアムタイヤを履いたバトンもいよいよタイヤに熱が入ってきた!
ここから猛チャージか?


40周目
マッサがライコネンを、バトンがグロージャンをかわしていた!
おっと、シューマッハがピットイン!
タイヤ交換は2.8秒!
早いな…。
しかし、2回ストップは助けにははらないだろう。
ディ・レスタもそれは同じだね。


42周目
ベッテル、ファステスト!
マッサがファステスト塗り替え!
マッサのペースが良い!

ハミルトンが遂にベッテルを捉えた!
DRSゾーンのストレートでベッテルをかわし、ハミルトン、トップに躍り出る!

そしてバトン対ライコネン!
ライコネンはバトンを何処まで抑えられるか?


…ベッテルが今のオーバーテイクに関して文句言ってるようだ。


45周目
バトンがDRSゾーンのストレートとその後でライコネンに仕掛ける…!
が、まだ抜けない。


46周目
ストレートでバトンがライコネンに並ぶ!
ホイール・トゥ・ホイール、凄いギリギリの戦い!
ワールドチャンピオン同士のクリーンな戦いですね!
並んだままうねうねゾーンに、走行ラインを掴んでいたバトンが先行、5番手に浮上しました。


53周目
1コーナーでブルーノをマルドナドがかわしたようだ。
タイヤがぶつかっとる気がする。
チームメイト同士、少しでもミスれば同士打ちもあり得る展開でヒヤヒヤしますね!
特に、マルドナドなので…。
ブルーノはこの時、チームの為を思って、できるだけの事をしていたような印象。


54周目
ハミルトンが自己ベストを出せば、ベッテルは全体ベストを出す!
まだまだこの2人のバトルは終わってないかもしれませんね。

バトンはマッサの5秒後ろか…。
ちょっと近付いてきたな…。

可夢偉、1分40秒台で走行。
最も速い集団のうちの1台です。
…もっと前で走れてればなぁ。。


55周目
ハミルトン、ファステスト!
1分39秒台!
それをマッサが塗り替える!
マッサの調子が良いなぁ。
左回りはやっぱり強いなぁ…。


56周目、ファイナルラップ!
特にドラマはない周回ですが。

2007年、インディアナポリスで勝利したハミルトンが逆転優勝!

ベッテル、2位でチェッカー!
これでレッドブルはコンストラクターズチャンピオンに!

アロンソ、7番手スタートからの3位表彰台!
マッサは11番手からの4位入賞!


特別ヘルメットの2人がワンツーですか。
ポディウムにはカウボーイハットで登壇!
テキサスだしねwww
何気にかっけぇwww
また、ハミルトンに良く合うなぁwww
レッドブル的な意味でベッテルも似合う。


ベッテル、今回はポディウム近辺に女の子がいないからか、大人しめ。

…あ、女の子だ。
今回の表彰台インタビュアーはマリオ・アンドレッティ!
息子のマイケルも孫のマルコもレーサーである。

まず、カウボーイの皆さん降りてくださいwww

ハミルトン、「アメリカGP」って括りで見れば2連勝ですね!

ベッテル、5年前にインディアナポリスでデビューしてたんだっけ。
前戦カナダGPでBMWザウバーのロバート・クビサが大クラッシュしたからだったな。

…おぉ、アロンソコールwww


優勝はルイス・ハミルトン/マクラーレン
2位はセバスチャン・ベッテル/レッドブル
3位はフェルナンド・アロンソ/フェラーリ
4位はフェリペ・マッサ/フェラーリ
5位はジェンソン・バトン/マクラーレン
6位はキミ・ライコネン/ロータス
7位はロマン・グロージャン/ロータス
8位はニコ・ヒュルケンベルグ/フォースインディア
9位はパストール・マルドナド/ウィリアムズ
10位はブルーノ・セナ/ウィリアムズ

ここまでがポイント獲得。

11位はセルジオ・ペレス/ザウバー
12位はダニエル・リチャルド/トロロッソ
13位はニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
14位は小林可夢偉/ザウバー
15位はポール・ディ・レスタ/フォースインディア
16位はミハエル・シューマッハ/メルセデスAMG
17位はヴィタリー・ペトロフ/ケータハム
18位はヘイキ・コバライネン/ケータハム
19位はティモ・グロック/マルシャ
20位はシャルル・ピック/マルシャ
21位はペドロ・デ・ラ・ロサ/HRT
22位はナレイン・カーティケヤン/HRT

リタイアは…
マーク・ウェバー/レッドブル
ジャン=エリック・ベルニュ/トロロッソ


流石左回りマイスター、マッサが良い走りを見せてくれました。

ウィリアムズ、ダブル入賞!
メルセデス、5戦連続ノーポイント!
ザウバー、またノーポイント。
後1戦でメルセデスを捉えられるか?
ディ・レスタ、最近調子悪いなぁ。対するヒュルケンベルグは調子が良い。
ヒュルケンベルグと同じように移籍が発表されたペレスも調子は悪い。
そしてウェバーはまたオルタネータトラブルに泣かされるのであった。


ドライバーズランキング!
1位:ベッテル/レッドブル(273Pt)
2位:アロンソ/フェラーリ(260Pt)
3位:ライコネン/ロータス(206Pt)
4位:ハミルトン/マクラーレン(190Pt)
5位:ウェバー/レッドブル(167Pt)
6位:バトン/マクラーレン(163Pt)
7位:マッサ/フェラーリ(107Pt)
8位:グロージャン/ロータス(96Pt)
9位:ロズベルグ/メルセデスAMG(93Pt)
10位:ペレス/ザウバー(66Pt)
11位:可夢偉/ザウバー(58Pt)
12位:ヒュルケンベルグ/フォースインディア(53Pt)
13位:ディ・レスタ/フォースインディア(46Pt)
14位:マルドナド/ウィリアムズ(45Pt)
15位:シューマッハ/メルセデスAMG(43Pt)
16位:ブルーノ/ウィリアムズ(31Pt)
17位:ベルニュ/トロロッソ(12Pt)
18位:リチャルド/トロロッソ(10Pt)
19位:グロック/マルシャ(0Pt)
20位:コバライネン/ケータハム(0Pt)
21位:ペトロフ/ケータハム(0Pt)
22位:ダンブロジオ/ロータス(0Pt)
23位:ピック/マルシャ(0Pt)
24位:カーティケヤン/HRT(0Pt)
25位:デ・ラ・ロサ/HRT(0Pt)

ベッテル、アロンソを更に3ポイント離して、合計13ポイント差でトップ。
最終戦で今年のワールドチャンピオンが決定します。
ライコネン、3位をキープできるか?
マッサが7位に浮上。グロージャンやロズベルグとの差が僅差なので、位置を守れるか?
可夢偉、チームメイトに追い付けるか?
可夢偉はフォースインディア勢から順位を守らなくてはなりませんね。

コンストラクターズランキング!

1位:レッドブル/オーストリア(440Pt)
2位:フェラーリ/イタリア(367Pt)
3位:マクラーレン/イギリス(353Pt)
4位:ロータス/イギリス(302Pt)
5位:メルセデスAMG/ドイツ(136Pt)
6位:ザウバー/スイス(124Pt)
7位:フォースインディア/インド(99Pt)
8位:ウィリアムズ/イギリス(76Pt)
9位:トロロッソ/イタリア(22Pt)
10位:マルシャ/ロシア(0Pt)
11位:ケータハム/マレーシア(0Pt)
12位:HRT/スペイン(0Pt)

レッドブル、コンストラクターズチャンピオンシップ3年連続優勝決定!
フェラーリ、2位を維持できるか?
メルセデスとザウバーの差は埋まらず、最終戦に持ち越し。
マルシャが10位を守れるかも最終戦で期待される所。


来週は今シーズンの最終戦、第20戦目・ブラジルGP!!
天気は大荒れの予想…?!

|

« 虚弱体質と泥魚 | トップページ | 烈風の戦士と鳥成らざる者 »

コメント

寝坊する癖がついてしまったんですかね?
一度習慣になると治りにくいですよね...。

何故に真ん中を○で隠す?w
いつもの事だけど。
日曜になったらできなくなるんですかね?
検定だから期間があるのか...。

技の名前に自分の名前を多用するとはなかなかのナルシストだな。
官能小説詠唱ってw前回のコピペ詠唱並みだなw
BWのハイドロポンプってマシンガンみたいでしたもんね。
某サイトでパルシェンの救済策に「アクアバルカン」って技を提案してた人がいたなぁ。
もはや救済など必要なくなりましたが...。
何で自己再生が攻撃技なのですかw
説明もなんか無理やりだぞw
これってイラストとかも表示されてるんですかね?
無くても雷龍さん達は言葉だけで脳内で再現できそうですけど。

前者は健全だと言い張るけど後者は完全に変態と認めているわけですね。
素早さや服装、使う武器などが似ているからですかね。
FEではたまに盗賊からアサシンにクラスチェンジしてしまうと
盗みのスキルが使えなくなることもあります。
なので一人は盗賊系のキャラを残しておきたいですね。
どちらかと言うとアニメとかだとパワータイプの忍者が多い気がするw
闇に生きる職業で目立たないけど影響力があるところがいいのですよ。

まぁいつか俺にも料理をふるまってくださいよw

モジャンボは耐久力も優秀ですしね。
特殊耐久もHPが高いから悪くない。
意外と攻撃力はずば抜けてるって訳でもないですし。
攻撃しなくても問題ないかな?
俺はペンドラーに岩雪崩を覚えさせてましたね。
名前が「しっこく」(アイクのライバルの漆黒の騎士)
で、蒼炎だと彼は瓦礫の下敷きになったのでw(実は鎧の中身は空っぽで本人じゃなかったけど)
しかし炎の牙では威力不足フレドラは反動と相性が悪いとなると
新技に頼るしかないか...炎版電光石火とか
威力100前後で反動の無い物理技が求められてますね。
あとイーブイ系共通で自動でタイプ一致になる技を提案している人もいました。

ディノニクスは園児の頃に粘土で作ったので好きな恐竜なのですよ。
以前も言ったと思うけど。
そう言えば鳥の祖先は恐竜なんでしたっけ?

雷龍さんも結構えぐい設定が好きだな...w

デビルスナイパーはアーウィンやランドマスターなどの乗り物を
一撃で破壊できる武器らしいですね、スナイパーライフルの強化版かな?
確かに強いですけどある程度慣れてると自分が使うことが少なくなりますね。
俺は自分がゲームを所持している関係上相手に使われることが多かったので...w

カウンターは50%でギャンブルカウンターは25%で反撃するようですね。
ギャンブルと言いつつ何も持ってない時と比べるとデメリットが無いのがあれですね。
しかし発動すれば一撃必殺の威力
全体攻撃ができるギガボディのモンスターなら特に強いですね。
逆にこれらの特性を持っているモンスターにはうかつに通常攻撃をしないように。
特にムチとかでグループ攻撃すると当たった数だけカウンターされてフルボッコにされますw
スライムで神竜をスカウトするのもどうかと思いますけどねw
いえ、お腹いっぱいになっても怒ります。
これ以上肉をあげられない=怒りを阻止できないので
確実に次の一撃で決める必要があります。
なのでテンションの特性と持つモンスターはなるべくテンションを上げて
(テンションを上げると次の攻撃の威力が上がる、5、25、50、100と上がっていき高いほど強い、攻撃したり行動不能に陥ると0に戻る)。
スカウト率を高めるといいでしょうね。
しかしGB版では強かったですが最近は落ちぶれており。
Bランクだと結構強いはずなのにジャミラスは最大値が非常に低い。
賢さが高いので魔法の威力に期待できますが素早さ、耐久力共に低く動く前に倒されやすいです。
怪鳥と言うか鳥の頭にライオンのような体を持った
キメラみたいな魔物ですね。
下級種にサイレスと言う魔物がおり。
演説が得意でうるさいジャミラスとは異なり
サイレスと言う名前だけあって非常に無口だそうですw
最近だと妖魔ゲモンという上級種も。
こいつはジャミラスより大きいメガボディのモンスターで
DQMJ2ではジャミラスの父親と言う事になってましたw
「せがれの嫁っこにするべ!」とか言ってたらしいw

では失礼しますね。

投稿: 蒼蟲 | 2012年11月21日 (水) 18時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 万能ヒロイン?と慈しみの海賊:

« 虚弱体質と泥魚 | トップページ | 烈風の戦士と鳥成らざる者 »