« 北海道 石狩振興局 当別町 | トップページ | 北海道 石狩振興局 千歳市 »

2012年7月21日 (土)

北海道 石狩振興局 新篠津村

新篠津村。
しんしのつむら。


石狩郡。
「篠津」の由来はアイヌ語で「シリノッ」(突き出たアゴ)。
石狩振興局唯一の村。

石狩川が流れる。
石狩川から分離した三日月湖、しのつ湖も。
しのつ湖ではわかさぎ釣りが楽しめるとか。

村域全てが石狩平野の中にあるとかで。
その面積の殆どが水田。
そして特別豪雪地帯だとか。
鉄道がないです。

しんしのつ温泉アイリス…だと…(←






おっとー、また寝落ち…。
まぁ、昨日の朝はやたら眠かったし、ちょっと体調悪かったしなぁ…。

取り敢えず、もう7月も下旬入りかけてる…!!
相変わらず何もしてない感満々である…。。








ニャース ヘルシアン
コタック コルタック
マンキー オコリサル
カーティ ウインティ
ニョロモ ニョロソ ニョロホン ニョロトノ
ケーシィ ユンケラー フーティン
ワンリキー コーリキー カイリキー
マタツホミ ウツトン ウツホット
メノクラケ トククラケ
イシツフテ コローン コローニャ
ホニータ キャロッフ
ヤトン ヤトラン ヤトキンク
コイル レアコイル シハコイル
カモネキ
トートー トートリオ
ハウワウ シュコン
ヘトヘター ヘトヘトン
シェルター ハルシェン
コース コースト ケンカー
イワーク ハカネール
スリーフ スリーハー
クラフ キンクラー
ヒリリタマ マルマイン


ヘルシアみたいだな…。
濁点がなくなるだけで凄い可愛い印象に…www
ヘトヘトみたいだしwww
コース(F1コースとか)、コースト(海岸)、ケンカー(喧嘩ー)






続きからコメント返信、世界遺産!



蒼蟲さん:お久し振りですねw
また寝落ちしてましたよ…。
こんな状態かどうかはともかく、忙しいでしょうねぇ…。


ついったーで「濁点抜いたら云々」とかいうタグ見つけたので、やってみたw
濁点付かないやつもいますしねw


最近更に朝が弱くなってきてる気がしてのぅ…。
昔から朝からのご飯は喉を通らんのだけれど。
「昔は臭いがアレだから苦手だった」って人もいるようですねw>シュール
…本場の人は室内で開けてたりするみたいだなぁ。
流石に窓を開けてるんだろうけど。
俺がシュールストレミングを食べる会をやる時はどっかの河川敷でやりたいですね…w


マリブラのやつらは何かアクション起こしてきますよね、確か。
…スタイリッシュなのだろうかwww


ドラピオンの弱点、じめんしかないですもんねぇ…。
で、でんじふゆうとかできないのかしらw
確かに、BキュレムもWキュレムも半分だけしか影響されてないように見えますね。
外道ゲェェェェェェェェェェチスが何か知ってるのかな?
血管的表現もほんの少しで、後はチューブみたいな感じなんですけどね。
ゲノセクトは乗り物になりそうw


一日で100レベにまでwww
キーを替えたんですねw
1日でなんちゃらの経験値を手に入れるやつか>メダル
やっぱりチャレンジモードにでもしないと達成できないんですかね。
結構かかってますねぇ。
まぁ、どうするかはお任せするしかないですが…。


コメント、ありがとうございました〜!






世界遺産!!

スペイン!!
テイデ国立公園!!

テネリフェ島、QMAのキューブクイズにもあったなぁ。
テイデもスロットであったかな。


火山の影響で17色の砂が採れるとか。
17色もあれば凄いのできそうだよね。
先住民の言葉で「悪魔の住処」、テイデである。


カナリア諸島最大の島、テネリフェ島。
火山の島。森にいたのは、カナリア。
カナリア諸島原産の鳥だからカナリア。

サン・クリストバル・デ・ラ・ラグーナ。
スペイン人が建てた、植民都市でこちらも世界遺産。
新大陸の街作りのモデルになったとか。


さて、島の中央に聳えるのがテイデ山。
別名「火山の博物館」。
奇岩が多い。斧みたいな形のとか。
草木が少ないので、18世紀から火山学者の研究フィールドになっていたんだとか。
自然環境を守る為、一日200人しか登れないのか。

雲海だー!!
山頂の標高は3718m。
白い噴煙が上がる噴火口。
1200万年前に海面から顔を出し始めたとか。
ゆっくりとマグマが噴出し続けた為、巨大な火山になったそうだ。
地球で3番目にでかい火山。ここよりでかいのはマウナロア、マウナケアだけ。
テイデ山は海底から数えると、標高7500mもある。
最西端の島、エル・イエロ島の近くで2011年10月に海底火山の噴火があったとか!
すげぇ…。蒸気を吹いてる岩がぷかぷか浮いてる!!


テネリフェ島はワインの島!
ぶどう畑が斜面にあるわ。この島独特のものか。
スペイン本土では害虫被害によって全滅した品種らしい…。
昔ながらの品種。
フルーティな味わい、らしい。


火山灰の地層、色が全然違うね。
噴火の大きさや含まれる成分によって違う。
岩石もまたカラフル。
黄色に緑に赤に…

テイデ山が朝日を浴びて赤く輝く。
巨大カルデラ、ラス・カニャダス。
ポルトガル語で「大鍋」という意味の「カルデラ」。
この山を見て名付けられたそうですね。

噴火が起きると、火山の下に空洞ができる。
その天井が崩れて陥没した地形がカルデラ、だそうです。
テイデはカルデラの縁で2回、大きな噴火があって、カルデラが広がったそうです。

カルデラ内の岩石は火山の高い熱やガスに晒されて様々な色に変化。
それが17色の岩石ができた要因だそうで。
緑の岩は噴火が終わっても高温のガスに晒され続けた結果、できたもののようです。
カルデラの内側は雨が少なく、乾燥しているから鮮やかな色が残ったようだ。
緑の岩石の隣にあるのが赤い砂。
紫色もあるのか。鉄分とマンガンを多く含む溶岩が熱いうちに大気に触れたもの。
黄色い岩石も。溶岩に硫黄が加わって。


麓の町では年に一度、砂を使った祭礼が行われるとか。
市庁舎前を飾ってきた巨大砂絵…。
めっちゃ綺麗だなぁ…。。
50日でできちゃうのか?!
砂粒を手に握り、少しずつ撒いていく。
立体感が半端ない。
凄すぎだろwww


地球上で最も長生きと言われる樹木、竜血樹。
カナリア諸島の固有種。
ソコトラ島にもあったよね、竜血樹。
あっちは亜種だったかな?

カルデラの外側にある森はカナリアマツ。
これも固有種だそうで。
一方、内側は火山性土壌。
背の高いタヒナステって植物。背丈が高いのは風に乗せて種子を飛ばす為、だとか。
花の開花時には3mまで背丈を伸ばして、小さな赤い花を沢山咲かせる。
養蜂業やってるのね。
タヒナステの花だけで作ったハチミツ。
白くてどろどろ。
爽やかな甘味だそうです。

ビロードのような綿毛の植物は絶滅危惧種…。
固有のシダ、テイデエニシダ。
葉にように見えるのは茎だそうで、葉は水分の蒸発を防ぐ為になくしたんだって。


テイデの最後の噴火は200年前かぁ。


最後は溶岩台地にカナリア。






スリランカ!!
スリランカ中央高原!!


世界でも珍しい、高地に広がる大平原!
3つのエリアが世界遺産。

…トカゲさんだ!
アカショウビン的な鳥?
青い羽との対比が素晴らしい。


登録エリアの一つ、モートン平原。
明け方には氷点下になる事もあるとか!
流石は高地。
サンバーってシカが生息しておりました。
サンバーって聞いたことないわ。

1000mの断崖がある谷w
うひぃ、こえぇwww
ワールズエンドと呼ばれる場所。まさしく世界の果てw

上空から見ると、平原には森がまだらに散在。
その森の中には…トクモンキー、スリランカの森の固有種。

寄生植物?
ハマウツボの一種。
赤紫と白のグラデーション。
美しい花ですね。
でも、他の植物に根を絡めて栄養を奪って成長するとか。

滝だ!
水、凄い綺麗みたい。
いいねぇ…。
湿地には食虫植物の代表格の一つ、モウセンゴケ!
独特の生態系ですねぇ。
霧が毎日のように垂れ込め、雨も降る。
水が豊かな平原ですね。
森があるのは小高い場所だけ。ちょっと低地になってる所は川や湿地が広がる。


この場所にはホートンプレインズホソロリスって幻の原始的な猿がいるとか。
アカホソロリスって低地に住む種類が動物園にいるそうで。
彼等は原猿。
動作がゆったりしてるなぁ。
手の形がしっかり物を掴めるし、目が正面に並んでるから物が立体的に見える。夜行性で、目がでかいから微かな光を捉える。

ホートンプレインズホソロリスを見つける為にホートン平原へ。
早速猿だ。
カオムラサキラングール?
スリランカの固有種だそうです。
顔の毛が長いのは高地で暮らす為だとか。

夜、ホートンプレインズホソロリスを探すぞ。
50年間で数回しか目撃されてないとか…幻だなぁ。


世界遺産で暮らす原猿達。
マダガスカル!
アツィナナナの雨林群!
キツネザルである。
アカビタイブラウンキツネザルだ。
活発に動き回るぞ!

夜のキツネザルはネズミキツネザル。
最も原始的な猿と言われる、体長10cmの原猿だ。
見た目は恐竜時代の哺乳類と近いなぁ。
あっちはネズミの方が近いか。

そして有名なアイアイ。
全身真っ黒!
猿らしくない容姿である。
細く長い中指で木の中から虫を掻き出して食べる!


2009年に地元の調査チームがホートンプレインズホソロリス見つけたのか…!!
暗闇に光る2つの眼…!
3年もかかったのか…。

1937年に発見されたホートンプレインズホソロリス。
目撃回数がとても少ないので、絶滅も危ぶまれていた動物。
…あぁ、何か可愛いwww

アカホソロリスと比べると、毛が深く、耳が小さい。
寒冷な土地だからか。
全体的に黒い印象。
あー、可愛いw


この大地は大陸移動の賜物。
インド亜大陸がユーラシア大陸と衝突した後の2000万年前。
インドとスリランカの間に海が流れこんできて、分離。
スリランカは大陸の一部だった頃から一度も海に沈んだことはない土地。
雨風で大地が侵食されてきたのである。

とんがり帽子のようなスリーパーダ(アダムスピーク)も侵食で削られて、硬い岩盤が残ったもの。


木の前で祈りを捧げて…採取るすは樹皮。
骨折等で固まった筋肉を柔らかくする薬に使用されるのか。
骨折の治療で使うオイルも植物の葉っぱからできる。


はい、アーユルヴェーダです。
アーユルヴェーダ、スリランカが本場なのか。
4000年の歴史を持つ民間療法。
森の中のアーユルヴェーダ治療所。
湿布薬やオイルは木の皮や葉で作られる。
これらは秘伝のレシピがあるんだな。

患部にオイルをよく塗りこんで…力技www
すっげぇ痛そうwww
耐えられる自信ないわwww
患者の大半は骨折や捻挫だそうで。
自然の力で治癒する療法である。


とんがり帽子の山です。
さっきのスリーパーダだな。
神が降り立った山とされる、スリランカ随一の巡礼地。
麓に祠が…。白い布に包まれたお賽銭を結ぶのか。
満月の日に登頂する人が多いそうな。
標高2500m…何気に高いな。。
一歩一歩祈りながら登るから、登頂に2時間もかかる…?
日が暮れてからが巡礼のピークだそうで。
なんでや。

山頂寺院。
仏教徒にとっては仏陀が、ヒンドゥー教徒にとってはシヴァが足跡を残した地、だそうです。
2つの宗教の聖地なんだな…。

山頂からのご来光だ!
日が暮れてから登頂する人が多いのはこのご来光を拝むから、ですね。
綺麗だろうなぁ…。
いいよなぁ、朝日とか夕日とか。


スリランカは時にこう呼ばれる…「インドが零した、一粒の涙」。。
どういう意図があるかな…?


最後は夕焼け?朝焼けに浮かぶ山々。
そして眠そうな?アカホソロリス。

|

« 北海道 石狩振興局 当別町 | トップページ | 北海道 石狩振興局 千歳市 »

コメント

突き出たアゴ...なんか猪木さんを思い出すなw
あの人のアゴは凄いですよね...骨はどうなってるんだろ...。
温泉アイリス...ライオンじゃなくてドラゴンの口の中からお湯が出てるんですねw
ん、温泉にはライオンはいなかったっけ?

うむ、あまり無茶なさらないように。
俺もぶっちゃけ何もできてないな。
今年は修行の年にするはずだったが...。

コローニャって可愛い所しかないですねw
シェルターって非難する所じゃないかw

忙しくなるのは夏だからか...?
んー、まぁその辺はいいとしますか。
よく言いますけど体調には気を付けてくださいね。

俺は寝てる時眼が長すぎて基本的に一日二食しか食べてないですね。
朝は食わないことが多い...朝起きてる時は昼が食えない。
河川敷でシュールストレミングをクラッカーに乗っけてパーティか?w
匂いの他にガスがかなりたまってるようなので
噴射には注意ですねw爆発はしないだろうけど。

クリボーはともかくノコノコはスタイリッシュだと思いますよw
ベイブレードみたいにスピンして体当たりしてますからw
その割に威力が弱いw

金属じゃないから電磁浮遊は覚えませんねw
でも風船との相性は抜群。
ゲーチスも知ってるかもしれないけどドラゴンタイプの専門家はもっと詳しいかもですね。
あれで乗り物と言うと戦車的な。
サザンドラで没になったのが復活するかもしれませんねぇ。

チャレンジモードにしなくてもタブンネちゃんをひたすら倒せば達成できそうですね。
ただ1匹で達成しようとするとLv90近くまで上げないといけないし
獲得経験値が下がっていくので複数使うのがいいかと。
チャレンジモードは経験値も多いし適度に歯ごたえがあってなかなかいいですね。
たまに厄介な技をくりだされたりしますけどノーマルモードでも変わりないと思うので...。
ちょっと基準を下げて明日再チャレンジだ!
最低でも100個に1匹は使える個体が欲しい所。
3Vあれば他は低くても何とかなるでしょう。
問題は俺のトレーナーとしての経験不足ですからもっと戦闘を...。

カルデラって湖の事だと思ってましたが。
水が溜まってなくてもカルデラなんですね。
スリランカって島の形も涙みたいですよね?
モートン平原なんて場所があるのか...クッパの息子(現手下)を思い出すなw
ワールズエンドか...なんか惹かれる名前ですねw

では失礼します。

投稿: 蒼蟲 | 2012年7月21日 (土) 17時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北海道 石狩振興局 新篠津村:

« 北海道 石狩振興局 当別町 | トップページ | 北海道 石狩振興局 千歳市 »