« ブラジリア | トップページ | コスタ・ド・デスコブリメントの大西洋岸森林保護区群 »

2012年5月15日 (火)

サン・ルイス歴史地区

「セラ・ダ・カピバラ国立公園」はもう使っていたので、飛ばす。






暖かくなってくると、ちょっとした事で頭痛がしてくる季節になってきたから気を付けなくては。
…とは言え、朝晩は気温下がってアレですね。。

最近ぽんぽんする傾向にあるので、ちょっとアレ。


取り敢えず、眠かったです。。
疲れたー。

そして今日は比較的のんびりできました。
明日明後日は忙し…いや、明日はまだ大丈夫かな?


んー、今日は何だか口がよく乾いたなぁ…と。
何だろう、気温が上がったからかな?
今週後半は暑くなるとかなんとかで。






…また電気とパソ点けっ放しで寝ちまったよ。。






続きからコメント返信、F1!



コメント返信!
蒼蟲さん:ブラジルの首都はブラジリアですw
割とリオデジャネイロと間違えやすい…らしいw
リオは確か旧首都だったかな。


あんまり寝過ぎると今度は活動時間がだなぁ…w
はい、録画し直しは出来ないんです…(´・ω・`)
トリネロスってマジなんすかw
やっぱりフュージョンとかなんすかwww


うーんと、ビクトリアかイグアスだと思います。
…多分ビクトリア?
Safariだと表示されないからイマイチ把握してないw
「ばくふ」違いwww
滝って凄いですよねぇ…。
綺麗なものは綺麗だし、豪快なものは豪快。
自然の芸術です。


ラーズさんは新しい物好きですねw
オーラム乗っ取ろうと思ったのはだからかどうか知らんけどwww
まぁ、偶然見つけて、調べて、これなら世界支配できそうだとか考えちゃったんじゃないっすかねw
一瞬無敵とおドール化と打ち上げ花火と死んだフリでコテコテに固めていきますかw
まぁ、一番ヤバいのはケツプリ星人だと思いますがw


一定しないけど、同一世界じゃないだろうしまぁ良いかwww
ヤンデレイケメンってwww
いあいあ、ガタイの良い男キャラの筋肉のラインとか女性得でしょwww
エフラム兄ちゃんェ…www
FEはファンサービスに勤しんでいるゲームですね!(棒
レギンレイヴってかっこいいよね、言葉の響きが。
「神々の残されたもの」かぁ…。これまたかっこいいw
しかし、ヴァルキュリアはレギンレイヴ以外聞いた事なかった…。
エフラム兄ちゃんは熱血残念野郎、とw


どうでも良いけど、「戦乙女」で調べたら、なんか18禁ゲームのWikipedia先生が出てきたんだが…www
Wiki先生…www


コメント、ありがとうございました〜!






F1スペインGP決勝!!
カタロニアは曇り空。気温も路面温度も昨日よりちと低いかな?


スペインでWe Will Rock You。


シューマッハがラスカスで路上駐車www
確かにモナコは市街地サーキットだけど、路上駐車www
なんか笑えるwww


さて、今回のレースは…全員ソフトタイヤでスタートのようですね。
…あ、マルドナド、右…だったかな?フロントタイヤをロックさせたw
ちょいっとフラットスポットができたな。


今、シグナルがブラックアウト!!

マルドナド、普通にスタート!
…おっと、アロンソが良いスタートを切って、マルドナドの防衛を突破、トップに!
可夢偉が9番手!
マッサが11番手!
フェラーリ勢はまたしても良いスタートを切っておりますねぇ。


ペレスが3コーナーでコースオフ!
左リアタイヤを既にパンクしてたようだ…。
可夢偉がバトンに抜かれた。
10番手。
ペレス、ピットに戻ってこれて、ここからレース巻き戻し。

2周目
…あ、ピックがスピンしてた。


9周目
ハミルトンがガンガン行っております。
ハミルトンのオーバーテイク祭り…か?


12周目。
グロージャンとブルーノが接触!
グロージャンのフロントウィングの翼端板が飛んだようです。
ブルーノはそこまで被害はないか…?
でも、リアがフラついてるからタイヤ厳しいんだろうな…。

っと、更に、ブルーノとシューマッハが接触!!
ホームストレートエンドですね。
シューマッハがDRSを使って接近した所、コーナーを曲がろうとブレーキをかけたブルーノに追突。
派手にパーツを撒き散らしながら両者、グラベルへ。
ブルーノ、タイヤがキついからか、ブレーキングゾーンが普段より手前だったんでしょうかね。

シューマッハ、フロントウィング壊すわ動けなくなるわでリタイア。
シューマッハが怒ってるw
ブルーノは左リアパンク。
…でも、あれ、明らかにシューマッハが突っ込んでるっしょ?
そしてブルーノも戻れなかった…。


15周目。
ハミルトンがピットイン!
…発進しようとしたらマシンが跳ねたwww
タイヤが交換したタイヤに接触してたのかな?w

20周で周回遅れか…。。
カーティケヤン滑っとるがなwww
トップのアロンソに食らいつくマルドナド。
そして3位のライコネンは置いてけぼり。


マッサの後ろにハミルトン。
色々な所で、色々絡みました。

…え?
ベッテルとマッサがどうしたって?
黄旗無視で審議?


25周目。
マルドナドがピットイン。
アロンソを抜く為に先にピットインしましたね。
…あれ、ピットレーンとコースの合流地点脇にカーティケヤンが止まってたwww
いつの間にw
母国レースのHRTです。


27周目。
アロンソがピットイン。
戻った先は…マルドナドの後ろか。
マルドナドが作戦通り、逆転しました。

こちらはディ・レスタ対ベルニュ。
…あ、ベルニュが押し出されたwww
まぁ、若干コースオフしただけで大丈夫ですがね。


29周目。
ベッテルとマッサに黄旗無視でドライブスルーペナルティ。
うーん、黄旗出てる時にDRSを使っていたから?
マッサがペナルティ消化。
31周目にはベッテルもペナルティ消化。
ベッテルはともかく、マッサはまた厳しくなったなぁ…。
ポイント圏内は入れそうだったのに。


33周目。
可夢偉がさっくりバトンの前に!
…タイヤ同士がぶつかってますけどw
これで7番手。

トップはマルドナド。


36周目。
ハミルトンがピットイン。
…ハードタイヤとは言え、あのハミルトンが30周走るのか。。
タイヤもつのかな?


37周目。
ピックがガレージに戻って、リタイア。
店仕舞いですね。

ロズベルグとバトルしている可夢偉の後ろでバトンとベッテルがバトル。
…ベッテルがバトンを抜いていった。
バトンは何か元気ないねぇ。

タイヤ交換を終えたハミルトンはトロロッソ地帯へ。
…さくっと抜いて行った訳だけど、なんだかトロロッソ2台がハミルトンの取り巻きみたいになってるw

ペレスのピットイン。
おっと、クルーが何か挟まれたか?
大丈夫だろうか。。

…って思ってたら、ペレスがリタイア。
タイヤがちゃんと付いていなかったのか、マシントラブルか。


42周目。
マルドナドがピットイン。
…あれ、何かトラブルってる。
ピットストップだけで6秒。
大体3秒〜4秒程なので、時間がかかってますね。
…あぁ、左リアタイヤの装着がもたついたのか。

ベッテルがノーズを交換。
…おや?
さっきから変えまくり?
何か不具合があるのでしょうか。
地味に時間かかるからアレですね。


…あ、ライコネンがアロンソに抜かれた。
ライコネン、タイヤが崖から落ちたかな?
解説陣からタイヤ交換のタイミング遅いって言われまくるw
この叩きようwww
解説陣はフリーダムだからなぁwww
…まぁ、ライコネン、グロージャンよりは上位だったんだけどね。

57周目。
マルドナドの後ろにアロンソが迫る!
アロンソのプレッシャーはハンパないでしょうねぇ…w

バトンは自分のレースに集中しているようですね。
もう、抵抗しても無駄だって分かってるからかなw


61周目。
可夢偉、ロズベルグを抜けそうで抜けない。
…が、バックストレートエンドで遂にかわした!
これで5番手!


アロンソ、マルドナドに離された。
リアタイヤふらついてる辺り、もうチャンスはなさそうですね…。

ウェバーはヒュルケンベルグを抜けないなぁ。
ヒュルケンベルグを抜けば10番手でポイント圏内なんだが。
…あ、マルドナドが入ってきて、ウェバーのアタックオワタwww

マルドナド、ポール・トゥ・ウィン!
F1初優勝!!
そしてアロンソのすぐ後ろにライコネンがいた。
ライコネン、マルドナドより速かったもんな。


フランク・ウィリアムズ御大70歳の誕生日をこういう形で祝うとは…マルドナド、やりおる。

ウィリアムズの優勝は2004年ブラジルGP以来!
ポールポジションは2010年ブラジルGP以来、かな。
ヒュルケンベルグのセンセーショナルなポールでした。


さて、ベネズエラ国歌です。
割と控えめなポディウム上のマルドナド。
そしてその教祖様を小突くアロンソ。

あの不発弾が優勝…。
史上のベネズエラ人ドライバー優勝ですねぇ。
ベネズエラ人ドライバーは3人目らしいが…いやぁ、これはめでたいですな。

チャンピオン経験者2人に担がれる教祖様www
これで史上最高額のペイドライバーって評判を覆せるかな?


…徹子の部屋のライコネンがパンダ顔でワロタwww


さて、結果です。
優勝はパストール・マルドナド/ウィリアムズ
2位はフェルナンド・アロンソ/フェラーリ
3位はキミ・ライコネン/ロータス
4位はロマン・グロージャン/ロータス
5位は小林可夢偉/ザウバー
6位はセバスチャン・ベッテル/レッドブル
7位はニコ・ロズベルグ/メルセデスAMG
8位はルイス・ハミルトン/マクラーレン
9位はジェンソン・バトン/マクラーレン
10位はニコ・ヒュルケンベルグ/フォースインディア

ここまでがポイント獲得。

11位はマーク・ウェバー/レッドブル
12位はジャン=エリック・ベルニュ/トロロッソ
13位はダニエル・リチャルド/トロロッソ
14位はポール・ディ・レスタ/フォースインディア
15位はフェリペ・マッサ/フェラーリ
16位はヘイキ・コバライネン/ケータハム
17位はヴィタリー・ペトロフ/ケータハム
18位はティモ・グロック/マルシャ
19位はペドロ・デ・ラ・ロサ/HRT

リタイアは…

セルジオ・ペレス/ザウバー
シャルル・ピック/マルシャ
ナレイン・カーティケヤン/HRT
ブルーノ・セナ/ウィリアムズ
ミハエル・シューマッハ/メルセデスAMG


可夢偉、自己ベストタイの順位!
バトン、何だかんだで9位ポイントゲット。
ウェバー、ヒュルケンベルグを追い抜けず、ポイントが手をすり抜けて行った。
ペトロフ、やっぱり安定のコバライネンの後ろ。
デ・ラ・ロサ、HRTで母国GPを完走!
これは嬉しいでしょうね!

…はやくマッサがポディウムに立つ姿が見たいです…(´・ω・`)


ドライバーズランキングは…
1位:ベッテル/レッドブル(61Pt)
2位:アロンソ/フェラーリ(61Pt)
3位:ハミルトン/マクラーレン(53Pt)
4位:ライコネン/ロータス(49Pt)
5位:ウェバー/レッドブル(48Pt)
6位:バトン/マクラーレン(45Pt)
7位:ロズベルグ/メルセデスAMG(41Pt)
8位:グロージャン/ロータス(35Pt)
9位:マルドナド/ウィリアムズ(29Pt)
10位:ペレス/ザウバー(22Pt)
11位:可夢偉/ザウバー(19Pt)
12位:ディ・レスタ/フォースインディア(15Pt)
13位:ブルーノ/ウィリアムズ(14Pt)
14位:ベルニュ/トロロッソ(4Pt)
15位:ヒュルケンベルグ/フォースインディア(3Pt)
16位:リチャルド/トロロッソ(2Pt)
17位:マッサ/フェラーリ(2Pt)
18位:シューマッハ/メルセデスAMG(2Pt)
19位:グロック/マルシャ(0Pt)
20位:ピック/マルシャ(0Pt)
21位:ペトロフ/ケータハム(0Pt)
22位:コバライネン/ケータハム(0Pt)
23位:デ・ラ・ロサ/HRT(0Pt)
24位:カーティケヤン(0Pt)


コンストラクターズランキングは…

1位:レッドブル(109Pt)
2位:マクラーレン(98Pt)
3位:ロータス(84Pt)
4位:フェラーリ(63Pt)
5位:メルセデスAMG(43Pt)
6位:ウィリアムズ(43Pt)
7位:ザウバー(41Pt)
8位:フォースインディア(18Pt)
9位:トロロッソ(6Pt)
10位:マルシャ(0Pt)
11位:ケータハム(0Pt)
12位:HRT(0Pt)


…ウィリアムズのガレージで火災発生!
ピットレーンの人々が避難する程の大きなものだとかで。
マシンの作業が行われる場所の背後で爆発があって、それが原因だったとみられている。

あぁ…でかいもんだったんだなぁ。。
火災当時、ブルーノのマシンがガレージに入っていたけど、大ダメージを負っている可能性が。。
マルドナドのマシンは別の所で検査を受けていて無事だったようだ。

消火活動にあたったケータハム、フォースインディア、ウィリアムズのクルーが31人負傷したとの事…。
全員命に別状はないようだ。
マルドナドが足を骨折したいとこ(12歳)を救出した、とかで英雄になっておりました。


シューマッハ、モナコで5グリッド降格ペナルティ!
ブルーノとの接触の件ですね。

|

« ブラジリア | トップページ | コスタ・ド・デスコブリメントの大西洋岸森林保護区群 »

コメント

雷龍さんは結構頭痛になることが多いのですね。
人によってはあまりならないこともあるようですが...。
ぽんぽんって腹痛って事ですかね?w

水分は多めにとりましょうね。
あと塩分を取るといいかも。
ナトリウムって言うとなんか嫌われがちですが
暑い夏には大切な栄養なんですよね。

投稿時間は9時か...これは確かに寝落ちしたなw

ブラジルって言うとリオのカーニバルを思い浮かべる人も多いのでしょうね。
華やかだけど首都ではないのかw

詳しくはBW2の最新情報を見てくださいねw
でもトリネロスはポケモンARサーチャーの所にしかついてないかな?
任直で見たのですが外伝的作品なのに
本編にポケモンを持って行けるのは凄いですねぇ。

すぐ真下に「イグアスの国立公園」って書いてあったので
イグアスで間違いないと思います。
俺はほぼ毎日ここにきているので
あのブログパーツを見る回数も多いのですよ。
美しくもあり荒々しくもある...自然の顔ですなぁ。

しかし仮にも太陽神ともあろうものが
世界征服を狙うなんてなんと軽率な。
あれも結構後半のボスだから2.0で一回戦ったきりだなぁ。
見た目といい戦い方といいあまり何度も戦いたくない相手だw

本来FEはファンサービスとか少ないと思いますが
今回は凄いなぁwてか最近の任天堂のゲームは
ファンサービス多めですよね、カービィとか。
作品数や歴史が増えたのでそれに伴ってでしょうか。
俺の知ってるヴァルキュリアはブリュンヒルデぐらいでしょうかね。
シグムンドの息子であるシグルズと恋仲でしたが
シグルズが記憶喪失になったことを知らずに彼を殺してしまうという...。
ヴァルキュリアにもヤンデレはいたんですねぇw

ん?「戦乙女」だけだと出てこないようですが。
他に何か言葉を付けたしたんでしょうかね?
まぁあれだな、きっとそれをプレイしろと言う
神からの思し召しだw

マクドナルドかと思ったらマルドナドか。
ついにF1に参入かと思ったw

では失礼しますね。

投稿: 蒼蟲 | 2012年5月15日 (火) 18時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サン・ルイス歴史地区:

« ブラジリア | トップページ | コスタ・ド・デスコブリメントの大西洋岸森林保護区群 »